美味しい チャーハン レシピ。 ひと工夫で誰でもプロの味!チャーハンの味付けアイデアレシピ10選

絶品チャーハンを作るコツ【これぞ決定版】

美味しい チャーハン レシピ

もくじ 1. 手軽に冷めても旨い炒飯のポイント2つ お弁当とは、調理から時間をおいて食べることを前提にするため、「冷めること」「時間が経つこと」を意識する必要があります。 お弁当用に炒飯を作る際、私がポイントだと思うことは以下の2つです。 1.弱〜中火で、炒めすぎない 「炒飯と言えば高温でがっつり炒める!」というイメージがありますが、お弁当にする場合、高温から冷めていく過程が長いと水分どんどん蒸発してしまいます。 よって パサパサになってしまうことを防ぐため、弱〜中火で、かつ短時間で加熱をやめます。 具の部分を色々とアレンジするれば無数のアレンジ炒飯ができると思います。 2・塩気のある食材を使う 基本的に、人間の舌は温度が低い状態ほど塩辛く感じます。 味噌汁が冷めるとしょっぱく感じるあれです しかし逆の作用として、食材を調理した後、時間経過等により調味料が食材の内部へ浸透し、塩分量の割にしょっぱさを感じにくくなる場合もあります。 炊き込みご飯、おでんの大根などがそれにあたります。 食材の表面に調味料が付いていると味をダイレクトに感じますが、食材に染み込んだ場合、塩分の濃淡が均一になり、かつ食材の味と調和するため塩気がマイルドになるためのようです) よって、炒飯の場合も同様に、調理後しばらく時間を置くとごはん表面についた調味料が内部へ浸透します。 では実際にお弁当を作って食べる際、調理した直後に対して、塩辛さはどう変化するのでしょうか? 私個人の感想としては「 お弁当にした炒飯は少し塩気が足りなく感じる」気がします。 そこで私がお勧めしたいのは、塩気のある具を使って炒飯を作ることです。 いつもの味付け+塩気のある食材を使って調理することで、ちょうどいい塩加減の炒飯になるように思います。 (塩気のある食材:鮭フレーク、梅干し、ベーコン、漬物などのご飯に合う系の具がおすすめです) 補足 卵にはしっかり火を通す「弱〜中火で、炒めすぎない」で炒飯を作るのがコツであると書きましたが、卵はしっかり火を通しましょう。 卵の殻に付着しているサルモネラ菌を加熱により殺菌し、食中毒のリスクを減らすためです。 また炒飯の具には水分が少ない食材を選びましょう。 液体は菌が繁殖しやすいため、水分の多い食材だと食中毒のリスクが高まるからです。 弁当用炒飯のレシピ それではレシピです。 私は一人暮らしなので1人前分の食材を使用していますが、作る人数に合わせて食材を倍にして頂ければOKです。 また具について、以下の食材は冷凍して保存しておいたやつを解凍したものです。 皆さんの冷蔵庫にある適当なもの 水分が少なめの食材がおすすめ を炒飯にしてしまいましょう! (写真では醤油ベースの香味ペーストを使用していますが、個人的に炒飯には塩ベースの香味ペーストの方が合うように思います。 バリエーションの増やし方 炒飯は具材を変えるだけでバリエーションを増やしやすくて便利ですよね。 以下2点を意識すると、お弁当の炒飯がよりおいしくなると思います。 1.水分少なめの食材(べちゃべちゃにしないため) ・しらす ・ネギ ・ごま ・ピーマン などなど… 2.塩気のある具材 ・漬物 ・サケフレーク ・梅干し ・ベーコン などなど… ーーーー 以上がお弁当用炒飯のレシピでした。 今後もより美味しく手軽なお弁当用炒飯の作り方を考えていきたいと思います。 最後まで読んで下さりありがとうございました!! —————————— 【お店の炒飯を目指した記事:リンク】 スポンサーリンク.

次の

豆腐チャーハンの人気レシピ!美味しくてダイエットにもおすすめ!

美味しい チャーハン レシピ

「チャーハンを家のキッチンで上手に作る」って永遠の課題ですよね。 ごはんと具材を炒めるだけなのに、「ごはんがくっついてベチャっとする」「パラッとなるまで炒めようとすると時間がかかりすぎて焦げてしまう」「なんだか油っぽくなる」など、なかなか上手にできないもの。 やはりお店のように強い火力のコンロや鉄の中華鍋がないと無理なのか……と諦めるのはまだ早い! 実はそんな悩みを簡単に解決する驚きの裏ワザがあるのだそう。 教えてくれるのは、<銀座アスター>伊勢丹新宿店料理長、安蒜(あんびる)義政シェフです。 チャーハンをパラッとさせる裏ワザは、ごはんを水洗いすること! 「レストランのチャーハンは、火力の強いコンロでよく油のなじんだ中華鍋を使って作ります。 そのため、ごはん同士がくっつく余地がなくパラパラに仕上がりますが、ご家庭だとコンロの火力も弱く、そもそも中華鍋をお持ちでないことも多いですよね。 事前にさっと水洗いすれば、表面のぬめりが取れて、炒める前にごはんがパラパラの状態になります。 このとき使うのは余分な水分が飛んだ冷やごはんがおすすめ。 ただし洗ったあとは、しっかりと水けをきりましょう」 実際に作り方を見ていきましょう。 今回は「家庭のコンロ&フッ素樹脂加工のフライパン」という条件で上手にチャーハンを作る方法を教えていただきます。 量が多いと具材や調味料が全体に混ざりにくくなるので、直径26㎝のフライパンなら多くても2人分まで。 パラパラに徹底的にこだわるのであれば1人分ずつ作るのがベストでしょう」 <材料>(1人分)• 冷やごはん…180g(茶碗山盛り1杯)• 卵(L玉)…1個• チャーシュー(細かく刻む)…30g• えび(ボイルしたもの・細かく刻む)…20g• 青ねぎ(小口切り)…15g• しょうが(みじん切り)…少々• サラダ油…小さじ2• 塩、こしょう…各少々• ごはんは水洗いし、よく水けをきる 冷やごはんはさっと水洗いしてザルにあげ、ペーパータオルでしっかりと水けをふき取ります。 「水のきり方があまいと、ベチャっとした仕上がりになるので、よく水分をふき取るようにしましょう」 2. フライパンにサラダ油、しょうがを入れて中火にかける フライパンにサラダ油を入れて全体になじませ、しょうがを加えて強火にかけます。 「しょうがは『風味づけ』ではなく、油の『におい消し』という理由で加えます」 3. 卵を加え、大きく混ぜる 油を十分に熱したら溶いた卵を一気に加え、木べらで大きくかき混ぜます。 Q:フライパンはあおらなくていいの? A:プロの料理人が鍋をあおるのは、火力が強いから。 食材が鍋肌に当たって焦げるのを防ぐためです。 家庭のコンロはそこまで火力が強くないのであおる必要はありません。 むしろ温度が下がってしまうので、なるべく避けて。 Q:手早く作業しないとダメ? A:チャーハンというとスピーディに仕上げるイメージが強いですが、家庭のコンロなら強火にしたところであまり火力は強くないので、慌てなくても大丈夫です。 それよりもここではある程度時間をかけて、卵とごはんをよくほぐし、しっかりと水分を飛ばすことがチャーハンをパラパラに仕上げるポイントです。 塩、こしょうをふる ごはんと卵がよく混ざり、水分が飛んだら、塩、こしょうをふってさっと炒めます。 Q:チャーシューがない場合は? A:ベーコンやハム、ウインナソーセージなど、旨みの強い食材で代用可能です。 チャーハンの具材はチャーシューなどの味が出るもの、ねぎ、卵があれば十分おいしく作れます。 今回は彩りでえびを使いましたが、それ以外の具材は季節に応じて好みのものを使ってみてください。 青ねぎを加えてさっと炒める 軽く炒めたら青ねぎを加えます。 「緑色が映えるので、九条ねぎや万能ねぎなどの青ねぎがおすすめですが、長ねぎでも問題ありません」 8. しょうゆを鍋肌から加え、さっと混ぜたら完成! さっと炒めたらしょうゆを鍋肌に当てるようにして加え、全体をよく混ぜます。 「しょうゆは最初に加えると、チャーハンが黒く焦げてしまう可能性があるので、仕上げに加えましょう。 鍋肌に当てることで香ばしい香りを引き出します。 ここまで『フライパンはあおる必要はない』と言っていましたが、最後は『一気に全体を混ぜる』という意味で、あおるのも有効です」 Q:仕上げにごま油は入れなくていいの? A:ごま油は「香り油」といって、中華料理では風味づけによく使われますが、今回はしょうゆの香りを生かしたいので不要です。 シンプルなのに滋味深い! パラパラ絶品チャーハンの完成 器に盛ったとたん、パラッと崩れる黄金のチャーハン。 食べると、ごはん粒と具材の旨みが一体となって口いっぱいに広がります。 チャーシューの噛み応え、ねぎのシャキシャキ感がアクセントになっていて、食べる手が止まりません。 やさしくて滋味深い、毎日でも食べられそうな飽きのこない味わいです。 「特別な調味料や食材を使わずともおいしいチャーハンは作れます。 シンプルが一番!」 プロが教えてくれた驚きの裏ワザ。 騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。 まるでお店のような仕上がりにきっと驚くはずです。

次の

豆腐チャーハンの人気レシピ!美味しくてダイエットにもおすすめ!

美味しい チャーハン レシピ

「チャーハンを家のキッチンで上手に作る」って永遠の課題ですよね。 ごはんと具材を炒めるだけなのに、「ごはんがくっついてベチャっとする」「パラッとなるまで炒めようとすると時間がかかりすぎて焦げてしまう」「なんだか油っぽくなる」など、なかなか上手にできないもの。 やはりお店のように強い火力のコンロや鉄の中華鍋がないと無理なのか……と諦めるのはまだ早い! 実はそんな悩みを簡単に解決する驚きの裏ワザがあるのだそう。 教えてくれるのは、<銀座アスター>伊勢丹新宿店料理長、安蒜(あんびる)義政シェフです。 チャーハンをパラッとさせる裏ワザは、ごはんを水洗いすること! 「レストランのチャーハンは、火力の強いコンロでよく油のなじんだ中華鍋を使って作ります。 そのため、ごはん同士がくっつく余地がなくパラパラに仕上がりますが、ご家庭だとコンロの火力も弱く、そもそも中華鍋をお持ちでないことも多いですよね。 事前にさっと水洗いすれば、表面のぬめりが取れて、炒める前にごはんがパラパラの状態になります。 このとき使うのは余分な水分が飛んだ冷やごはんがおすすめ。 ただし洗ったあとは、しっかりと水けをきりましょう」 実際に作り方を見ていきましょう。 今回は「家庭のコンロ&フッ素樹脂加工のフライパン」という条件で上手にチャーハンを作る方法を教えていただきます。 量が多いと具材や調味料が全体に混ざりにくくなるので、直径26㎝のフライパンなら多くても2人分まで。 パラパラに徹底的にこだわるのであれば1人分ずつ作るのがベストでしょう」 <材料>(1人分)• 冷やごはん…180g(茶碗山盛り1杯)• 卵(L玉)…1個• チャーシュー(細かく刻む)…30g• えび(ボイルしたもの・細かく刻む)…20g• 青ねぎ(小口切り)…15g• しょうが(みじん切り)…少々• サラダ油…小さじ2• 塩、こしょう…各少々• ごはんは水洗いし、よく水けをきる 冷やごはんはさっと水洗いしてザルにあげ、ペーパータオルでしっかりと水けをふき取ります。 「水のきり方があまいと、ベチャっとした仕上がりになるので、よく水分をふき取るようにしましょう」 2. フライパンにサラダ油、しょうがを入れて中火にかける フライパンにサラダ油を入れて全体になじませ、しょうがを加えて強火にかけます。 「しょうがは『風味づけ』ではなく、油の『におい消し』という理由で加えます」 3. 卵を加え、大きく混ぜる 油を十分に熱したら溶いた卵を一気に加え、木べらで大きくかき混ぜます。 Q:フライパンはあおらなくていいの? A:プロの料理人が鍋をあおるのは、火力が強いから。 食材が鍋肌に当たって焦げるのを防ぐためです。 家庭のコンロはそこまで火力が強くないのであおる必要はありません。 むしろ温度が下がってしまうので、なるべく避けて。 Q:手早く作業しないとダメ? A:チャーハンというとスピーディに仕上げるイメージが強いですが、家庭のコンロなら強火にしたところであまり火力は強くないので、慌てなくても大丈夫です。 それよりもここではある程度時間をかけて、卵とごはんをよくほぐし、しっかりと水分を飛ばすことがチャーハンをパラパラに仕上げるポイントです。 塩、こしょうをふる ごはんと卵がよく混ざり、水分が飛んだら、塩、こしょうをふってさっと炒めます。 Q:チャーシューがない場合は? A:ベーコンやハム、ウインナソーセージなど、旨みの強い食材で代用可能です。 チャーハンの具材はチャーシューなどの味が出るもの、ねぎ、卵があれば十分おいしく作れます。 今回は彩りでえびを使いましたが、それ以外の具材は季節に応じて好みのものを使ってみてください。 青ねぎを加えてさっと炒める 軽く炒めたら青ねぎを加えます。 「緑色が映えるので、九条ねぎや万能ねぎなどの青ねぎがおすすめですが、長ねぎでも問題ありません」 8. しょうゆを鍋肌から加え、さっと混ぜたら完成! さっと炒めたらしょうゆを鍋肌に当てるようにして加え、全体をよく混ぜます。 「しょうゆは最初に加えると、チャーハンが黒く焦げてしまう可能性があるので、仕上げに加えましょう。 鍋肌に当てることで香ばしい香りを引き出します。 ここまで『フライパンはあおる必要はない』と言っていましたが、最後は『一気に全体を混ぜる』という意味で、あおるのも有効です」 Q:仕上げにごま油は入れなくていいの? A:ごま油は「香り油」といって、中華料理では風味づけによく使われますが、今回はしょうゆの香りを生かしたいので不要です。 シンプルなのに滋味深い! パラパラ絶品チャーハンの完成 器に盛ったとたん、パラッと崩れる黄金のチャーハン。 食べると、ごはん粒と具材の旨みが一体となって口いっぱいに広がります。 チャーシューの噛み応え、ねぎのシャキシャキ感がアクセントになっていて、食べる手が止まりません。 やさしくて滋味深い、毎日でも食べられそうな飽きのこない味わいです。 「特別な調味料や食材を使わずともおいしいチャーハンは作れます。 シンプルが一番!」 プロが教えてくれた驚きの裏ワザ。 騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。 まるでお店のような仕上がりにきっと驚くはずです。

次の