ネットワーク の 品質 が 向上 すると 接続。 メディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス

Wi

ネットワーク の 品質 が 向上 すると 接続

はじめに 本ドキュメントでは、以下の Cisco Webex Meetings のネットワーク要件のドキュメントを要約・補足したものとなります。 (英語版が日本語に翻訳されるまでに時間がかかる場合があるため、差分がある場合は英語版をご参照ください) Webex Devices クラウド登録、オンプレミス や Webex Teams クライアントからの Webex Meetings への接続については、本ドキュメントの対象外です。 クラウド登録した Webex Devices からの Webex Meetings への接続は [] のドキュメントをご参照ください。 Expressway を経由したオンプレミスからの接続は [] をご参照ください。 本ドキュメントは 2020 年 6 月 12 日 時点の情報です。 概要 Webex Meetings でミーティングを開始するための初期設定は TCP ポート 443 が利用されます。 通常の Web アクセスと同様に Web プロキシを経由してアクセスすることができます。 音声やビデオなどのメディアパケット SRTP: Secure RTP は、UDP ポート 9000、TCP ポート 5004、TCP ポート 443 などを利用して送受信されます。 メディアパケットはリアルタイム性が求められるため、 安定した音声・ビデオ品質を保つために UDP ポート 9000 の利用が強く推奨されています。 TCP ポート 443 を利用すると音声・ビデオ品質が大きく劣化します。 メディアパケットは、UDP ポート 9000 が利用できない場合は、TCP ポート 5004 にフォールバックし、さらに TCP 5004 が利用できない場合は TCP ポート 443 にフォールバックします。 UDP ポートがファイアウォールで開いていないとき、メディア接続性のためのポートをフォールバックします。 Webex Events 音声ブロードキャスト送信。 通常の DNS ルックアップは UDP で行われますが、クエリ応答が UDP パケットに収まらない場合は、TCP が必要な場合があります。 最高品質のメディアのエクスペリエンスのために、このポートを開くことを強くお勧めします。 ファイアウォールはこれらの返される接続を許可するように構成される必要があります。 TCP 443 受信 Proximity 接続するデバイスは HTTPS を使用して自身とデバイス間で IPv4 でルーティング可能な経路がある必要があります。 すべての 3 つのポート UDP 9000、TCP 80、TCP 5004 がブロックされると、音声とビデオは送受信に対して機能しません。 しかし、スタティック共有の送信は機能しません。 High FPS 共有では、コンテンツの送受信の両方が機能しません。 IP アドレスの範囲 メディアパケットの送信先となる IP アドレスの範囲は以下の通りです(TCP ポート 443 で利用する制御関連のパケットはドメインで指定します)。 109. 192. 109. 192. 0 - 62. 109. 255. 255 net range• 0 - 64. 127. 255 net range• 114. 160. 114. 160. 0 - 66. 114. 175. 255 net range• 163. 163. 0 - 66. 163. 255 net range• 160. 160. 0 - 69. 191. 255 net range• 114. 192. 192. 0 - 114. 223. 255 net range• 150. 253. 128. 253. 128. 0 - 150. 253. 255. 255 net range• 170. 133. 128. 133. 128. 0 - 170. 133. 191. 255 net range• 173. 224. 224. 0 - 173. 255. 255 net range• 173. 243. 243. 0 - 173. 243. 255 net range• 207. 182. 160. 182. 160. 0 - 207. 182. 191. 255 net range• 209. 197. 192. 197. 192. 0 - 209. 197. 223. 255 net range• 210. 192. 192. 0 - 210. 207. 255 net range• 216. 151. 128. 151. 128. 0 - 216. 151. 159. 255 net range Webex は Akamai コンテンツ配信ネットワーク CDN を利用します。 akamaicdn. webex. com および lp. webex. com が対象とするアドレスはスタティック コンテンツで、Akamai によりホストされ、Webex IP 範囲外の IP 範囲を持ち、これらはいつでも変更の対象になります。 ホワイトリストに追加する必要のあるドメイン Webex では、コンテンツが一切キャッシュされない設定を推奨しています。 Webex Meetings に接続する際に、ミーティング クライアントは次のドメインを使用します。 webex. com• accompany. com ユーザの総合情報機能を用いる場合• quovadisglobal. com 証明書の失効リストを通じた証明書の確認• digicert. com 証明書の失効リストを通じた証明書の確認• accompany. com ユーザーの総合情報のインテグレーション• walkme. com Webex Teams ユーザー ガイド クライアント。 新しいユーザーのためのオンボードと使用法のツアーが提供 アドバタイズされる AS の許可 すべての Webex ホスト サービスは、 AS13445 の下でアドバタイズされます。 その AS13445 からのすべてのトラフィックが許可されなければなりません。 他のサービス プロバイダーにより主催されているサービスは、ここには含まれていません。 これには、TSP パートナー システムまたは当社のコンテンツ配信パートナーを含みます。 パートナー VoIP システムなど、パートナーがホストするシステムに接続している場合は、適切な IP アドレスとポートについてパートナーに連絡するか、またはを参照してください。 プロキシサーバーの設定 Webex をプロキシの例外リストに追加する方法は下記をご参照下さい。 Webex と互換性のあるプロキシについては下記をご参照下さい。 帯域の設計 帯域の設計については下記のドキュメントをご参照ください。 ] をクリックして確認できます。 [接続ポート] にはクライアント側のエフェメラルポートが表示されますが、ここに TCP と表示されている場合はファイアウォールで UDP ポート 9000 が遮断され、TCP にフォールバックしている可能性があります。 参考情報• Control Hub トラブルシューティング サイト管理者は Control Hub のトラブルシューティングの項目から、各ミーティングの詳細なネットワーク品質に関する情報を確認することができます。 各参加者のパケットロス・遅延・ジッターや、メディアトランスポート TCP or UDP などが確認できます。 テクニカルサポート.

次の

メディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス

ネットワーク の 品質 が 向上 すると 接続

こんにちは!コラム担当です。 コールセンターは、顧客対応の最前線にあり、顧客満足を向上させ、企業イメージをアップさせるのに大事な役割を担っています。 顧客満足の向上という目標を達成するためには、コールセンター全体の品質を維持することが欠かせません。 今回はコールセンターの応対品質管理について、その方法や改善方法についてご紹介します。 応対品質管理とは コールセンターの品質は、大きく接続品質と応対品質の2つに分けられます。 接続品質は、お問い合わせの電話がつながりやすいと「よい」と判断されます。 回線の数とオペレーターの人数、またオペレーター1人あたりの通話時間などが関係します。 応対品質とは、顧客への電話対応の適切さです。 「応対中の受け答えは迅速か」「言葉づかいは丁寧か」「マナーは守られているか」「顧客の問い合わせの意図を正確に読み取れているか」といったポイントから判断されます。 そしてこの応対品質を管理する施策を「応対品質管理」と言います。 応対品質管理は、応対をモニタリングすることが基本となります。 モニタリングによって、一人ひとりのオペレーターが十分な知識を持っているか、ビジネスマナーを備えているかなど、実践的なスキルを計測します。 具体的な施策内容としては、オペレーターが顧客応対を行っている様子をモニタリングして、チェックし、評価とフィードバックを繰り返します。 モニタリングとフィードバックを繰り返すことで、コールセンター内で求められている応対レベルの維持管理が可能となります。 もちろんモニタリングはオペレーター全員に対して行い、コールセンター全体の品質を確認します。 このことから、応対品質管理は応対スキルを向上させるためには欠かせない施策だと言われています。 応対品質管理はなにをするべきか 応対品質管理として、現場ではどのようなことが行われているのでしょうか。 各コールセンターの状況によって方法はさまざまですが、管理者が応対中の音声をネットワーク越しにモニタリングする方法や、過去の記録から任意に取り出した対応音声を確認するといった方法が一般的です。 また、端末操作の状況がわかるように管理者が物理的にオペレーターのそばに座り、音声と同時に端末操作手順をモニタリングする場合もあります。 モニタリング結果は、その時点でのコールセンター全体の状況を把握するためにも役立ちますし、各オペレーターにフィードバックを行って改善を促すための資料にもなります。 応対品質の測り方 応対状況のモニタリングにおいて確認するポイントは「礼儀正しいか」「応対に必要な知識を備えているか」「対応は正確か」「顧客との情報のすり合わせができているか」などが重要なポイントと考えられています。 なお、ポイントの確認を伴うモニタリング作業は、スーパーバイザーや応対品質管理の専門スタッフ、役職者が行うケースのほか、応対品質管理を専門とする外部業者に委託する場合があります。 また、より数値的な指標としてATT(Average Talk Time)と呼ばれる1件あたりの平均通話時間やACW(After Call Work)平均後処理時間を基準にすることもあります。 ただし、この2つの時間が短すぎる場合、ATTなら顧客満足が低下し、ACWはミスを誘発する場合もあるので、注意が必要です。 応対品質をよりよくしていくためには とはいえ、モニタリングをして評価とフィードバックさえ行っていれば、対応品質が管理されるわけではありません。 モニタリングの結果を人事評価に利用している企業もありますが、対応品質管理はオペレーターのモチベーションや意識の向上にも役立てることが大切です。 結果をふまえた具体的なフィードバックとアドバイス、さらには全体に向けたマニュアル作成や情報共有がオペレーターのモチベーションの維持にもつながります。 さらに、対応品質の向上には応対品質管理自体にKPIを設けることが欠かせません。 たとえば、モニタリングの頻度も重要です。 人事評価のタイミングのみで行っているならば、回数が少ないと言えます。 対応品質管理は、対象者全員に対するモニタリングが定めた期間で行われていること、モニタリング結果のフィードバックが定めた期限内に行われていることが必要です。 くわえて、合格率と合格した人数などのKPIを設定し、全体的な傾向とその変化を繰り返し確認し、改善施策につなげていく必要があります。 まとめ コールセンターの品質管理が重要なのは、企業や商品・サービスのイメージに対してのリスクヘッジや、リピーターのような優良顧客の獲得による利益増大という両側面でのアプローチをコールセンターが担っているためです。 対応品質管理においてKPIの設定が重要視されているのは、この施策が非常に労力がかかる内容だということも要因のひとつでしょう。 その労力のかかる対応品質管理を行う目的はなにか、そもそも自社のコールセンターはどのような体制や品質のもとで応対を行うべきなのかをしっかりと議論することが、よりよいコールセンター運営につながります。

次の

無料ネットワークユーティリティ一覧

ネットワーク の 品質 が 向上 すると 接続

製造業におけるIoT(モノのインターネット)活用を製品品質向上にどう生かすかを説明する。 前回の「」では、MES(Manufacturing Execution System)について説明しました。 第4回となる今回は前回も触れた「QAネットワーク」とAIの適用について解説します。 「QAネットワーク」とは 「QAネットワーク」は、トヨタ自動車とその系列会社が使用している品質保証体系を構築するための技術の1つです。 簡単に目的と機能を説明します。 「QAネットワーク」の目的と機能を簡単に説明すると、本連載のでも説明した自工程完結のプロセス管理の一部であり、現状の不具合の発生防止と、流出防止のレベルを定量化し、改善施策を実施することにより、品質保証のレベルを向上させるためのものです。 通常は、製造段階(特に最終組み立てなどの、アセンブリー段階で有効)で使用されていますが、さらに上流の開発や設計段階での適用も可能です。 図1はQAネットワークのサンプル事例です。 組み立て段階におけるコネクターの接合作業を例に説明します。 図1:QAネットワークのサンプル(豊田エンジニアリングの素材を元にKPMGコンサルティングが作成)(クリックで拡大) 表の下段にある「コネクター(改善前)」では改善前の状況が示されています。 こうした状況を防ぐ、発生防止策は通常4M(人、材料、方法、設備)の観点で出されます。 改善前の状況をまず見てみましょう。 改善前の発生防止の観点での得点は「設備」のみの「1」となり合計点も「1」です。 ということで、上のレベル基準表と照らし合わせると、発生防止の観点では「レベル4」であることが分かります。 一方で、流出防止の観点でみると、こちらも「器具」での得点「1」のみで合計得点は「1」です。 こちらもレベル基準表と照らし合わせると「レベル4」であることが分かります。 つまり、改善前は発生防止の観点でも、流出防止の観点でも「レベル4」であり、左上の評価からすると自工程完結レベルは「- -(ダブルマイナス)」ということになります。 これらに対し、コネクターの新機種導入時に改善した場合はどうなるでしょうか。 発生防止の観点では、4Mそれぞれで発生防止策を行い「人」「材料」「方法」「設備」でそれぞれ得点「1」となり合計点は「4」となります。 これは「レベル1」を示します。 一方で流出防止の観点でも「目視」「器具」のそれぞれで得点「1」を獲得し合計得点は「2」です。 これは「レベル3」となります。 これらを基準とし、現場でさまざまな施策を実施することで「得点」を獲得し、こうした取り組みを継続していくことで、品質向上を実現していくのです。 実際のQAネットワークは、現状ではスプレッドシートで入力されたものが多く、非常に大きな表になってしまうケースが多いです。 例えば、自動車開発においては、車両全体で600種類にもなります。 アッパーボディー系はスタイリングの関係もあり、使い回しできる施策を出すのが多少難しいですが、アンダーボディー系は、比較的、共通部品も多いことからうまく使うことができます。 最近では、QAネットワークがきちんと整備できていない場合、量産開始が承認されません。 グローバル化が加速される中、不良の発生防止と流出防止の2つの観点で価値を生むQAネットワークがますます重要になってきています。 日本人の技術者なら簡単に対応できるFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)やFTA(Fault Tree Analysis)が、海外現地生産が進む中でその国のメンバーだけで運営することが難しいためです。 こうした背景を受け特に、この10年で海外でもQAネットワークの利用が進んでいます。

次の