インスタメッセージリクエスト。 【インスタ】DMメッセージの開催中とは?意味やオンラインとの違い

【インスタ】DMメッセージの開催中とは?意味やオンラインとの違い

インスタメッセージリクエスト

インスタでDM(メッセージ)を拒否する方法 DMを拒否できるのはメッセージリクエストに保留されている相手に限ります。 こちらがフォローしておらず、過去にDMのやり取りを行ったことがない相手からのメッセージがメッセージリクエストに保留される仕組みになっています。 相互フォローや以前にDMした人からのメッセージをブロックせずに拒否したい場合は、先に相手のアカウントをして、次にメッセージリクエストにDMが届いた時に拒否するようにしてください。 それではDMを拒否する手順を具体的に解説していきます。 上記の手順であればDMを拒否したことが相手にバレる心配はないのですが、「アカウントをブロック」もしくは「報告する」を選択してしまうと、 相手にブロックしたこととDMを拒否したことが伝わってしまうので注意が必要です。 メッセージの内容が悪質であったり、こちらが返信していないにも関わらず、繰り返しメッセージが送られてくるような場合以外は「無視する」で拒否するのが無難です。 Androidから行う場合 まずはDMマークをタップしメッセージリクエストへと進みます。 DMの拒否設定を解除する方法 特定のユーザーからのDMを受け取り拒否したものの、やはり解除したい場合は、そのユーザーのプロフィールページを開いてメッセージを送信すると解除することができ、拒否する前のメッセージも見れるようになります。 ブロックリストやミュートリストのようにDMを拒否したリストは存在しないので、DM内の検索から相手の名前やユーザーネームを入力して探すようにしましょう。 ユーザーネームの一部を入力しただけでも候補として表示されます。 知らない人がDMを送れないようにする設定 その都度、DMを拒否するのではなく見知らぬユーザーからDMが届かないようにしたい場合は、DMを閉鎖してしまいましょう。 そして、新しいメッセージリクエストを許可する対象ユーザーを「フォロー中の人のみ」に変更してください。 これでフォロー外のユーザーからのDMは、メッセージリクエストにも届かなくなります。 まとめ インスタでDMを拒否する方法やDMを解放しない設定は以上です。 ごくたまにしか迷惑なDMが届かない場合は拒否を、フォロワー数が多い方やスパムDMが蔓延しているような時期は解放しない設定がおすすめです。

次の

【インスタ】DMメッセージの開催中とは?意味やオンラインとの違い

インスタメッセージリクエスト

Instagramのダイレクトメッセージってどんなもの? Instagramのダイレクトメッセージとは、お互いがフォロー関係にあってもなくても、ダイレクトメッセージを送信することができる機能です。 Instagramの投稿に対して行うコメントのように、誰もが見える場で交わす会話とは異なり、相手と自分だけのクローズドな場で会話をすることができます。 相手のアカウントさえ知っていれば「送信」はできる 相手のアカウントさえ知っていれば、ダイレクトメッセージを送ることができます。 より深いトークを個別にしたい場合などに便利です。 フォロワーじゃない場合は「承認」してもらう必要がある しかし、ここで注意したいのは、ダイレクトメッセージを送信しても必ずしも相手に届くわけではない、という点です。 自分のフォロワーではない相手にダイレクトメッセージを送信した場合には、その相手にはまず「リクエスト」という形で通知が行きます。 そのリクエストを「承認」してもらって初めて、ダイレクトメッセージを受信者に読んでもらえるようになるのです。 つまり、見ず知らずの人にダイレクトメッセージを送信する際は、承認してもらえない可能性もあるので注意が必要です。 ダイレクトメッセージの使い方とメッセージの見え方 では、ダイレクトメッセージがどんな風に送受信されるかを、実際に行って確かめてみましょう。 送信者:ダイレクトメッセージを送信する ダイレクトメッセージを送信するのは、以下の手順です。 この例では、フォロワーではない人に送信する前提で解説します。 ホームタブの「紙ひこうき」のアイコンをタップ• 相手先のアカウントを指定する(「おすすめ」から選ぶことも可能)• メッセージを送信する(写真や動画などを送ることも可能です) 受信者:承認してメッセージを見る• 通知アイコンをタップ• 「リクエスト〇件」をタップ• 「承認する」をタップ 承認をしなくても、一部のテキストは見ることができるようになっています。 画像や動画などは、基本的には承認後に見えるようになるようです。 承認すると、このように画像も表示されました。 送信できるメッセージの種類は? テキスト以外にも、画像や動画の送信もできるInstagramのダイレクトメッセージ。 どんな機能が利用できるのか、みなさんが使い慣れているLINEと比較してみました。 大きく異なるのは、 Instagramのほうが送信できる写真や動画の表現力に長けている、という点でしょう。 ここは、写真のSNSとして栄えたInstagramならではの強みと言えます。 逆にLINEは、生活に密着した機能が充実しており、送金を依頼したり日程調整をしたり、といった機能も利用できますよね。 ですが個人的に思う一番の相違点は、 LINEは身内同士での連絡ツールという役目が強いのに対し、Instagramは知らない人ともつながりやすい本来のSNSの側面が強い点です。 そのため、機能の違いでどちらを利用するか決めるというよりは、だれとコミュニケーションをしたいかでどちらを利用するかが決まってくると感じます。 Instagramのダイレクトメッセージの注意点 最後に、ダイレクトメッセージを使ってみて感じた注意点をいくつかご紹介します。 ダイレクトメッセージを一度拒否したら、再度見つけ出すのは困難 知らない人からダイレクトメッセージのリクエストが届いたとき、その承認を拒否してしまうと、リクエストのリストから消えてしまいます。 アカウント名を覚えていれば、検索してそのリクエストを再度見つけ出すことは可能なのですが、知らない人のアカウント名なんてそうそう覚えてるわけもありません。 拒否をする場合は、しっかり検討してから拒否をしましょう。 スクリーンショットを撮ったことが相手に通知される 一度きりしか表示できないコンテンツが送られてきて、それを表示している際にスクリーンショットを撮った場合、スクリーンショットを撮ったという事実が通知されます。 スクリーンショットを撮る場合は、そのことを念頭に入れてから行いましょう。 改行したいときは? 文字入力を行う場合、スマホ上の文字入力では改行ができません。 メモ帳アプリなどで改行した文章をあらかじめ作成のうえ、ダイレクトメッセージ欄にコピーペーストすると改行した文章を送信することができます。 どうしても改行したい、という方は試してみてください。

次の

【インスタ】DMメッセージの開催中とは?意味やオンラインとの違い

インスタメッセージリクエスト

そもそもフォローリクエストって何? フォローリクエストとは、非公開に設定しているアカウントに対して、他のアカウントが 「フォローしていいですか?」とリクエストすることです。 非公開アカウントは、他の人には投稿が見られないようになっています。 しかし、自分をフォローしている フォロワーには見えるようになっています。 なので、そのフォロワーになるために一度、あなた自身に許可を求めているわけです。 この時点では、 フォロワーになっていないので、あなたの投稿が見られているわけではありません。 フォローリクエストをされたときの対応 フォローリクエストを受けたときにできる対応は、 ・承認する ・拒否する ・放置する の3つです。 もし相手が友達や知り合いだった場合は、承認してフォロワーにしてあげたらよいでしょう。 ただ、相手が知らない相手だった場合は、「 拒否する」か「 放置する」のどちらかです。 「 放置する」をすると何も起こりません。 相手は「無視されている! 」と考えるかもしれませんが。 相手に何も通知をしたくないなら「 放置する」のも、選択の一つでしょう。 拒否した場合相手にはどのように表示されるか では、「 拒否する」場合にはどうなるのでしょうか。 相手が再びフォローリクエストすることができる状態に戻るだけで何も起こりません。 「 リクエスト済み」が表示されていますが… 拒否されると「 フォローする」の状態に戻ります。 フォローリクエストをしたとき では、間違えて「 フォローリクエスト」をしてしまった場合はどうなるのでしょうか。 相手には、あなたのフォローリクエストがあったことが すぐに通知されます。 インスタグラムのアプリ内での表示のされ方です。 「 フォローリクエスト」が相手の画面に映っています。 相手は「 承認する」を押して、リクエストを承認できます。 あなたのアカウントのプロフィール画面です。 相手は、「 承認」か「 削除」を選ぶことができます。 顔見知りでもない場合は、「 削除」か「 放置」されるでしょう。 相手が削除した場合は、以前のフォローしていない状態にもどります。 相手が承認した場合は、あなたは相手のフォロワーになり、相手の投稿やプロフィールがみえるようになります。 フォロワーになっても、 相手に個人情報が漏れたり、相手に迷惑になることはないので大丈夫です。 したときはどうすればいいか 相手のフォロワーになりたくない場合は、すぐにリクエストを解除しましょう。 上の「 リクエスト済み」を押せば、取り消すことができます。 相手にリクエストが来たという通知はされますが、リクエストを承認できないようになります。 相手は 「通知が来たのに、なぜか表示されない」という状態になります。 リクエストを取り消したと分かるので、不審に思うかもしれませんが、特に迷惑はないので大丈夫でしょう。 まとめ 「フォローリクエスト」を知らない相手からされたとき、 間違ってしてしまったときの対処法を説明しました。 フォローリクエストをしても、受けても何かしらの被害に合うことはほとんどないので、 安心してください。 誰かの迷惑にならないように、リクエストは考えて対処しましょう。

次の