日々生活。 新型コロナウイルス感染拡大でいまの生活者の意識は?デイリー調査で追う意識の変化

「日々の生活」に関連した英語例文の一覧と使い方

日々生活

新型コロナウイルスの感染拡大による、人々の生活への影響が増しています。 4月2日現在、大都市を中心に感染者数が増加傾向にあり、爆発的な感染拡大を防ぐために、複数の自治体で休日や夜間の行動自粛要請が出ています。 また、今後の推移によってはさらなる行動制限がかかる可能性も出てきています。 この記事では、日々変わる状況の中で、生活者の意識はどのように変化していったのかをデータでご紹介します。 3月25日から6月30日まで、毎日約500サンプルに調査を行った結果となります。 【目次】• 日々の主な動き まず、これから追う生活者意識の動きの背景にあたる、感染者数の動きと日々の主なできごとを確認します。 政府や自治体の動きだけでなく、タレントやスポーツ選手といった有名人の感染が徐々に報道されるようになってきています。 今の生活者の不安の実態は? 生活者はいま、様々なことに不安を感じています。 新型コロナウイルスの感染が拡大し、それに伴う自粛要請が広がる中、この要請を受け入れ、実際に行動変容を起こしている人はどのくらいいるのでしょうか。 また、今後の動きについて、どのようにとらえているのでしょうか。 生活者の気持ちと行動の 日々の動きを追いました。 はじめに、感染が拡大しているこの状況に対する不安度の動きです。 感染拡大を防ぐうえで、多くの人が密集する場所は避けるべきという発信が繰り返しなされています。 実際に繁華街等でクラスターが発生しているといった報道や行動自粛の要請が出る中、このような人が集まる場所に出かけることに対する不安度はどのように動いているのでしょうか。 この不安はどの程度行動に反映されているのでしょうか。 不要不急の外出自粛を要請している自治体が増えてくる中で、実際に外出を減らすようにしている人がどのくらいいるのかを見てみましょう。 4月1日現在、生活者や各事業者は自粛という形で普段の行動を変えることを求められています。 この自粛に対し、生活者はどのように感じているのでしょうか。 まずは自粛ムードに対して「適切」と感じるかどうかを聞いてみました。 続いて、特に感染リスクが高いとされ、2月26日から自粛要請が続いている大規模イベントの自粛についての気持ちを聞きました。 感染拡大が続く中、感染防止のためのマスクや除菌剤が手に入らない状態が続いていることも、生活者の不安に影響を与えていると考えられます。 現時点で買えないことで困っている人はどのくらいいるのでしょうか。 まだまだ先の見えない新型コロナウイルスの感染拡大。 これから先をどう捉えるかという気持ちによってこの事態への不安は変わってきそうです。 そこで、今後3ヶ月の感染状況をどう捉えるのかを聞いてみました。 消費に関する生活者マインドは? ここまで、生活者の不安と行動変容を見てきました。 現在は飲食店や百貨店の営業自粛や渡航制限など、消費行動に制約があるため、収束後の消費回復が重要となります。 生活者の消費回復のキーとなる消費マインドは日々どのように変化しているのでしょうか。 今後の3ヶ月間の自身の暮らし向きと国内景気について、生活者の実感を聞きました。 既に多くの企業が経済的なダメージを受け、今後の収束の見通しも立っていないことから、景気悪化の懸念が高まっています。 そんな中で生活者の節約意識はどのように変化しているのでしょうか。 そこで、旅行という行動に対してどの程度不安を感じているのかを聞いてみました。 最後に、この開催について、どのように感じているのかを聞いてみました。 この記事ではこれからも日々刻々と変わる生活者の気持ちを捉え、お伝えしていきます。 本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。 【転載・引用に関する注意事項】 以下の行為は禁止いたします。 ・本レポートの一部または全部を改変すること ・本レポートの一部または全部を販売・出版すること ・出所を明記せずに転載・引用を行うこと ・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと ・自社商品の宣伝・広告・販促目的での使用はご遠慮ください。

次の

「日々の生活」に関連した英語例文の一覧と使い方

日々生活

新型コロナウイルスの感染拡大にともない政府の緊急事態宣言が継続されていた5都道県(東京都・北海道・神奈川県・埼玉県・千葉県)も5月25日に全面解除された。 感染者の発生が続く東京都でも「夜の街」関連以外に目立ったクラスター(感染者集団)は出ていないという。 そのため小池都知事は、6月2日、独自の「東京アラート」を発令していたが、昨夜専門家対策会議に諮問し、本日12日午前0時に解除した。 STEP3に緩和され、接待をともなう飲食店やライブハウスについても、19日から営業再開を認める方針を決めた。 新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動再開の両立を模索する厳しい舵取りがスタートすることになる。 82ドルの2万5,128ドル17セント(前日比-6. 90%)と、過去4番目の下げ幅となった。 今日の日経平均株価に大きな影響を与えることになりそうだ。 【表1】を見ていただきたい。 全国47都道府県の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 全国シェアは32. 09%。 ・2位は大阪府で1,785人(前日比0人)。 全国シェアは10. ・3位は神奈川県で1,396人(前日比0人)。 全国シェアは8. 26%。 ・4位は北海道で1,137人(前日比+5人)。 シェアは6. 73%。 ・5位は埼玉県で1,011人(前日比+6人)。 シェアは5. 98%。 ・6位は千葉県で909人(前日比+2人)。 シェアは5. 38%。 ・7位は福岡県で810人(前日比+2人)。 シェアは4. 79%。 ・8位は兵庫県で699人(前日比0人)。 シェアは4. 13%。 ・9位は愛知県で516人(前日比+2人)。 シェアは3. 05%。 ・10位は京都府で360人(前日比0人)。 シェアは2. 13%。 ・11位は石川県で299人(前日比0人)。 シェアは1. 77%。 ・12位は富山県で227人(前日比0人)。 シェアは1. 34%。 20位の奈良県以下27県が100人以下で、岩手県だけが感染者がゼロとなっている。 【表2】を見ていただきたい。 全国9地方別の新型コロナウイルス感染者の推移表である。 ・トップは関東地方(7都県)で9,127人(前日比+26人)。 シェアは53. 98%と過半数を超えている。 また6月4日からの1週間の新規感染者の累計は174人。 全国累計の248人に対して70. 16%と高い比率を占めている。 ・2位は近畿地方(2府4県)で3,099人(前日比0人)。 シェアは18. 33%。 1週間累計は4人と大幅な減少。 兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の4県は1週間ゼロが続いている。 ・3位は中部地方(10県)で1,666人(前日比+3人)。 シェアは9. 85%。 1週間累計は11人。 ・4位は北海道で1,137人(前日比+5人)。 シェアは6. 73%。 1週間累計は35人。 ・5位は九州地方(7県)で1,009人(前日比+2人)。 シェアは5. 97%。 1週間累計は24人。 ・6位は東北地方(6県)で281人(前日比0人)。 シェアは1. 66%。 1週間累計は6県ともゼロ。 ・7位は中国地方(5県)で257人(前日比0人)。 シェアは1. 52%。 1週間累計は1人(広島県)。 ・8位は四国地方(4県)で189人(前日比0人)。 シェアは1. 12%。 1週間累計は4県ともゼロ。 ・9位は沖縄地方(1県)で142人(前日比0人)。 1週間累計はゼロ。 全国シェアは4. 79%。 新規感染者の1週間累計の24人はすべて福岡県。 ・2位 (全国32位)は大分県で60人(前日比0人)。 シェアは0. 35%。 ・3位 ( 〃 33位)は熊本県で48人(前日比0人)。 シェアは0. 28%。 ・4位 ( 〃 34位)は佐賀県で47人(前日比0人)。 全国シェアは0. 28%。 ・5位 ( 〃 41位)は長崎県で17人(前日比0人)。 全国シェアは0. 10%。 ・5位 ( 〃 41位)は宮崎県で17人(前日比0人)。 全国シェアは0. 10%。 ・7位 ( 〃 44位)は鹿児島県で10人(前日比0人)。 全国シェアは0. 06%。 <まとめ> 東京都の新規感染者の4割程度は新宿・歌舞伎町など「夜の街」関連といわれる。 また神奈川県では複数の院内感染の広がりが目立つ一方、最近は経路不明が4~5割を占める。 鎌倉・江の島・箱根などの観光地では賑わいを取り戻しつつあるが、「レジャー関連の感染は確認されていない」という。 市民生活に目を移すと、繁華街の人出が戻っても、百貨店やスーパーでは会計待ちの列の間隔保持や入店制限などが行われ、飲食店でも客席を間引くなど「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)を意識した3密(密閉・密集・密接)を避ける取り組みが進んでいる。 今後、コロナショックによる企業倒産(個人から上場)の増加は必至との見方が多い。 また企業の業績も悪化しており、生き残りを賭けて、従業員やパートの解雇なども本格化することになりそうだ。 夏に向け第二波のコロナショックの到来も予想されており、梅雨が始まりマスクが手放せない状況は当分続くことになる。 個人としては、目に見えない敵にビクビクすることなく、今こそ、「日々の生活変化を楽しむ余裕をもつこと」が求められているのではないだろうか。 【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】.

次の

新型コロナウイルス感染拡大でいまの生活者の意識は?デイリー調査で追う意識の変化

日々生活

新型コロナウイルスの感染拡大にともない政府の緊急事態宣言が継続されていた5都道県(東京都・北海道・神奈川県・埼玉県・千葉県)も5月25日に全面解除された。 感染者の発生が続く東京都でも「夜の街」関連以外に目立ったクラスター(感染者集団)は出ていないという。 そのため小池都知事は、6月2日、独自の「東京アラート」を発令していたが、昨夜専門家対策会議に諮問し、本日12日午前0時に解除した。 STEP3に緩和され、接待をともなう飲食店やライブハウスについても、19日から営業再開を認める方針を決めた。 新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動再開の両立を模索する厳しい舵取りがスタートすることになる。 82ドルの2万5,128ドル17セント(前日比-6. 90%)と、過去4番目の下げ幅となった。 今日の日経平均株価に大きな影響を与えることになりそうだ。 【表1】を見ていただきたい。 全国47都道府県の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 全国シェアは32. 09%。 ・2位は大阪府で1,785人(前日比0人)。 全国シェアは10. ・3位は神奈川県で1,396人(前日比0人)。 全国シェアは8. 26%。 ・4位は北海道で1,137人(前日比+5人)。 シェアは6. 73%。 ・5位は埼玉県で1,011人(前日比+6人)。 シェアは5. 98%。 ・6位は千葉県で909人(前日比+2人)。 シェアは5. 38%。 ・7位は福岡県で810人(前日比+2人)。 シェアは4. 79%。 ・8位は兵庫県で699人(前日比0人)。 シェアは4. 13%。 ・9位は愛知県で516人(前日比+2人)。 シェアは3. 05%。 ・10位は京都府で360人(前日比0人)。 シェアは2. 13%。 ・11位は石川県で299人(前日比0人)。 シェアは1. 77%。 ・12位は富山県で227人(前日比0人)。 シェアは1. 34%。 20位の奈良県以下27県が100人以下で、岩手県だけが感染者がゼロとなっている。 【表2】を見ていただきたい。 全国9地方別の新型コロナウイルス感染者の推移表である。 ・トップは関東地方(7都県)で9,127人(前日比+26人)。 シェアは53. 98%と過半数を超えている。 また6月4日からの1週間の新規感染者の累計は174人。 全国累計の248人に対して70. 16%と高い比率を占めている。 ・2位は近畿地方(2府4県)で3,099人(前日比0人)。 シェアは18. 33%。 1週間累計は4人と大幅な減少。 兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の4県は1週間ゼロが続いている。 ・3位は中部地方(10県)で1,666人(前日比+3人)。 シェアは9. 85%。 1週間累計は11人。 ・4位は北海道で1,137人(前日比+5人)。 シェアは6. 73%。 1週間累計は35人。 ・5位は九州地方(7県)で1,009人(前日比+2人)。 シェアは5. 97%。 1週間累計は24人。 ・6位は東北地方(6県)で281人(前日比0人)。 シェアは1. 66%。 1週間累計は6県ともゼロ。 ・7位は中国地方(5県)で257人(前日比0人)。 シェアは1. 52%。 1週間累計は1人(広島県)。 ・8位は四国地方(4県)で189人(前日比0人)。 シェアは1. 12%。 1週間累計は4県ともゼロ。 ・9位は沖縄地方(1県)で142人(前日比0人)。 1週間累計はゼロ。 全国シェアは4. 79%。 新規感染者の1週間累計の24人はすべて福岡県。 ・2位 (全国32位)は大分県で60人(前日比0人)。 シェアは0. 35%。 ・3位 ( 〃 33位)は熊本県で48人(前日比0人)。 シェアは0. 28%。 ・4位 ( 〃 34位)は佐賀県で47人(前日比0人)。 全国シェアは0. 28%。 ・5位 ( 〃 41位)は長崎県で17人(前日比0人)。 全国シェアは0. 10%。 ・5位 ( 〃 41位)は宮崎県で17人(前日比0人)。 全国シェアは0. 10%。 ・7位 ( 〃 44位)は鹿児島県で10人(前日比0人)。 全国シェアは0. 06%。 <まとめ> 東京都の新規感染者の4割程度は新宿・歌舞伎町など「夜の街」関連といわれる。 また神奈川県では複数の院内感染の広がりが目立つ一方、最近は経路不明が4~5割を占める。 鎌倉・江の島・箱根などの観光地では賑わいを取り戻しつつあるが、「レジャー関連の感染は確認されていない」という。 市民生活に目を移すと、繁華街の人出が戻っても、百貨店やスーパーでは会計待ちの列の間隔保持や入店制限などが行われ、飲食店でも客席を間引くなど「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)を意識した3密(密閉・密集・密接)を避ける取り組みが進んでいる。 今後、コロナショックによる企業倒産(個人から上場)の増加は必至との見方が多い。 また企業の業績も悪化しており、生き残りを賭けて、従業員やパートの解雇なども本格化することになりそうだ。 夏に向け第二波のコロナショックの到来も予想されており、梅雨が始まりマスクが手放せない状況は当分続くことになる。 個人としては、目に見えない敵にビクビクすることなく、今こそ、「日々の生活変化を楽しむ余裕をもつこと」が求められているのではないだろうか。 【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】.

次の