朝の歌。 保育園の朝の会のポイントと朝の会で歌えるピアノ曲【演奏動画】

朝のうた 朝に関する民謡・童謡・音楽

朝の歌

・朝の挨拶をする ・出席を取る ・朝の歌を歌う ・好きな歌を歌う ・今日の当番を発表する ・子どもに発表してもらう時間を作る(休日の楽しかったことなど) ・今日の活動を子どもたちに伝える ・大切なことを子どもたちに伝える こんなところでしょうか。 【 朝の会】は内容をたくさん盛り込めばいいというものでもないし、長すぎても子どもも飽きてしまいますよね。 伝えるべきことを簡潔に伝えてあげると、子どもたちも分かりやすく集中して聞くことが出来ます。 細かい項目ごとにポイントを挙げます。 【 朝の会】でも1番最初に行うことが多いです。 ポイントは「1日が明るく始まるように元気に笑顔で挨拶をする」ということです。 言葉としては 「せんせい、おはようございます。 みなさん、おはようございます」というのが一般的でしょうか。 これも園によって色々と違うと思うので、園で統一されたものを使いましょう。 一人ひとり名前を呼んで出席を取ることも行います。 その時も一人ひとりの名前を呼びながら、しっかりと顔を見て子どもの体調や様子をしっかり見るようにしましょう。 「朝の歌」や「今月の歌」を歌う 【 朝の会】で歌を歌うと1日の始まりがさらに楽しく感じられます。 クラスで決まった「 朝の歌」を歌ったり、クラスで歌っている好きな歌や今月の歌など元気に楽しく歌いましょう。 【 朝の会】で歌える歌はのちほど紹介します。 今日の当番を発表する 4歳・5歳クラスになるとその日の当番活動があると思います。 当番も呼び方は「日直」だったり「リーダー」だったり、それぞれです。 当番も1名であったり2名であったり、グループ単位で決めることもあります。 子どもは自分が当番の日は「特別感」を感じ、とても嬉しそうに登園します。 【 朝の会】でそのことをみんなに発表すると、さらに子どもにやる気が生まれます。 子どもの発表する時間を設ける 保育をしていて 子どもが「自分の気持ちを話す」ことや「みんなの前で堂々と話す」ことを身に付けさせていくことが難しいなと感じます。 保護者からも「大きな声で話せない」「挨拶が出来ない」「自分の気持ちを伝えられない」という相談内容がとても多いです。 そのためにもみんなの前で話したり、自分のことを話すという時間を設定してあげることはとても重要だと思います。 月曜日などの休み明けは子どもたちも休日にあそんだことなどを話したくてウズウズしていますよね。 そのことをみんなの前で話し、話したことを受け止められる経験が「自分の思いを伝える」「みんなの前でも堂々と話す」という成長に繋がっていきます。 今日の活動やみんなに伝えたいことを伝える 主活動に入る前にその日に行うことを子どもたちに説明してあげると、活動への期待が高まります。 活動が複数ある場合も順序立てて説明すれば、子どももしっかり理解出来ます。 「この次は~するんだよね」といった順番を把握する能力も育ってきます。 もちろん各クラスの年齢に配慮しながら活動ごとに1つ1つしっかり説明してあげることも大切です。 当日のことに限らず、子どもたちに伝えなければいけないことがある時もあります。 場合によっては良いことだけでなく、注意をしなければいけないこともあるでしょう。 【 朝の会】はみんなに対して話をしたり子どもたちの声を聞くことが出来る、貴重な時間です。 子どもたちとしっかり対話をしながら、日々信頼関係を築いていけるといいですね。 以上のことを 私は【 朝の会】を行う上でポイントにしてます。 ただ、毎日必ずすべてをやらないといけないわけではありません。 早く散歩に出たかったり、あそぶ時間を長く取りたい時もありますよね。 そんな時はいくらでも簡略化していいと思います。 毎日少しの時間でも習慣として続けていき、子どもたちと対話していくことが大切なポイントです。 【朝の会】 ピアノで簡単に弾けて楽しく歌える「朝の歌」3曲 【 朝の会】で歌える曲はたくさんあります。 どの曲も1日を楽しく始められるような元気な曲です。 シンプルで短いのも特長ですね。 「 朝の歌」が長すぎても困りますもんね(笑) 年度が始まる前に、どの曲を歌うか決めて1年間固定して歌ってあげると子どもたちにもよく馴染み、親しみが生まれると思います。 本日は3曲ほど「演奏動画」も含めて紹介します。 おはようの歌• 【朝の会】では「朝の歌」を有効に活用して、1日を楽しい気持ちでスタートしましょう! 今回は 保育園の【 朝の会】に注目して書きました。 【 朝の会】は1日を元気にスタートするためにとても有効です。 そこに「 朝の歌」を取り入れることでさらなる効果が期待出来ます。 年度が始まる前にクラス担任同士で【 朝の会】の流れを考えて共有しておくと、 新年度もスムーズに始められると思います。 勘の良い読者の方は【 朝の会】を記事にしたということは【帰りの会】も記事にするんじゃないか?」と思ったかもしれません。 ご名答です(笑) 「 朝の会」で歌えるその他のおすすめ曲についてはこちらに書きましたので、合わせてご覧になってください。 それではまた明日!.

次の

朝のうた 朝に関する民謡・童謡・音楽

朝の歌

かくれんぼ(共通教材)(p. 12)/文部省唱歌/林柳波 作詞/下総皖一 作曲 虫の こえ(共通教材)(p. 30)/文部省唱歌 夕やけ こやけ(共通教材)(p. 38)/中村雨紅 作詞/草川信 作曲 春が きた(共通教材)(p. 54)/文部省唱歌/高野辰之 作詞/岡野貞一 作曲 朝の リズム(p. 2)/吉田覚 作詞・作曲/吉田和子 補作 小さな はたけ(p. 8)/作詞者不明/アメリカの遊び歌 山びこ ごっこ(p. 10)/おうち・やすゆき 作詞/若月明人 作曲 NEW! こいぬの ビンゴ(p. 14)志摩桂 作詞/アメリカ民謡 NEW! ぴょんぴょこ ロックンロール(p. 16)中田留美 作詞・作曲 NEW! かえるの がっしょう(p. 22)岡本敏明 作詞/ドイツ曲 NEW! みんなで 九 く 九 く(p. 60)西澤健治 作詞・作曲 音楽•

次の

朝の歌: 中原中也・全詩アーカイブ

朝の歌

朝のレクリエーションオススメ7種 それでは、早速紹介していきます。 今回は 朝のレクリエーションについてです。 特に、 朝利用者の方が来られることがほとんどのデイサービスにおいてこのレクリエーションはかなり大きな意味を持っています。 というのも、 朝のレクリエーションをしっかり行うことでその日一日をアクティブに過ごしてもらうことも、逆に なんとなくつまらないいや~な気持ちになることもあり得るからです。 デイサービスに来られる方は、帰った後でまた家での生活が待っています。 折角住み慣れた家を離れ、デイサービスに来てくださっているのです。 朝のスタートから、すがすがしい良い気分になってもらえるよういろいろな工夫を行っていきましょう! それでは、 朝一番の時間にオススメするレクリエーション7つをご覧ください。 今日は何月何日でしょう まずは大定番、 今日は何月何日か、という質問です。 「これ毎日やっているけどいるの? 」 「別に聞かなくてもいいんじゃ・・・」 という方もいるかと思います。 ですがこの質問、案外大事なものなんです。 まず一番に、 認知症予防。 毎日の日付を確認することで、記憶力をつかさどる脳の部分を刺激し、脳の活性化を促します。 活性化することで、認知症を予防し若々しい脳を保つことが可能なのです。 そしてもう一つ、 この質問によって季節感が得られるのです。 今日が何月何日、というのはわかっていても、いざ口にしてそのあとの会話を聞いていく中で 「ああ、そういえばもうすぐ冬休みか」 「もう桜が見ごろかな~」 と改めて実感するのです。 頭で理解していることと、自分で話、耳にする事とは全くの別物です。 五感で味わってこそ、情報はその身に染みわたります。 この定番のレクを活用して、認知症予防を行い、同時にしっかり高齢者の方に季節感を養ってもらいましょう! 今日は何曜日? お次は、これまた定番の 「今日は何曜日」という質問です。 ただし、 ただ何曜日か尋ねて終わりではいけません。 その曜日にしかないイベントについても交えて会話を進めていきましょう。 例えば・・・• 日曜日なので、新婚さんいらっしゃいがあります• 火曜日なので今日はお風呂の日• 木曜日なのでリハビリの日• 金曜日なので笑点がありますね などです。 曜日を尋ねるだけよりも、何かを関連付けたほうが高齢者の方たちにとっては思い出しやすく、また会話もしやすくなるからです。 その日の出来事や雑学 更にその日の出来事や、雑学も披露してしまうのもおすすめです。 国民の祝日である• 文化の日• 海の日• 山の日 などはもちろんですが、それ以外にも日本には毎日いくつも記念日があるって知っていましたか? 毎月22日は上に15(いちご)が乗っているのでショートケーキの日• 毎月8日は果物の日・カレーパンの日• 毎月12日は豆腐の日にパンの日、更に育児の日 といった具合に毎日記念日があるんです。 更に、9月6日で調べてみると、• 黒豆の日• クレームの日• 生クリームの日• クロスワードの日• 妹の日 まだまだ他にもたくさんありました。 なんとなく選んだ1日で、こんなにもたくさんの記念日が出てくるのです。 毎日の雑学は簡単に調べられるのに、高齢者の方たちとの会話のネタとしてはかなり優秀といっていいネタの一つです。 今はスマホで調べれば1分もかからずこういった情報は出てきます。 しっかり活用していきましょう。 こちらも鉄板中の鉄板ですよね。 さらに踏み込んで色々な方の誕生日を話題にしていきましょう! 北島三郎さんは10月4日が誕生日• 美空ひばりさんは5月29日• 天童よしみさんは9月26日• 島倉千代子さんは3月30日• 都はるみさんは2月22日• 氷川きよしさんは9月6日 といった具合に、 高齢者の方が大好きな芸能人・歌手などを中心にあらかじめ調べてリストにしておくのをオススメします。 土方歳三は5月31日• 近藤勇は11月9日• 織田信長は6月23日• 徳川家康は1月31日• 夏目漱石は2月9日 等があげられます。 この方たちは歴史上の偉人なわけですが、 誕生日の話はもちろんのことその後の会話の広がりも期待できるのでどんどん調べて活用してもらえればなと思います。 体操 朝体を動かすメリット説明 さて、 朝の定番レクリエーションといえばやはり体操ですよね。 朝からしっかり体を動かしておけば寝ている間に固まってしまった筋肉がほぐれ、血流がよくなります。 これにより• 肩こり改善• 血圧改善 等の効果も期待できますし、しっかりまじめに体操すればほんの数分で• 体力向上• 心肺機能の維持・向上• 筋力の維持・向上• 筋が柔らかくなり怪我しにくくなる といった体にとっていいことだらけの効果があります。 更にさらに、適度な運動を行うことにより• 脳の活性化• 気分が上向く• やる気がわいてくる といった 朝のスタートにふさわしい効果も持ち合わせています。 特に適度な運動によって気分が上向けばその効果は1日持続します。 高齢者の方にとって1日1日は非常に貴重な時間です。 その大事な時間をより良いものにするためにも、朝は必ず適度な運動を促していきましょう。 朝の体操を介護士の方も一緒に行えば・・・ダイエット効果も高いです  ̄ー ̄ 朝しっかり体を動かしておけば、そのあとの仕事で消費するカロリーがグッと高まります。 正しい深呼吸・腹式呼吸は体の機能改善、向上に大変効果的です。 また、 朝の新鮮な空気を吸い込むとそれだけで元気が出てきますよね。 実際 数分間深呼吸を行うだけで集中力が増し、ストレスも軽減するという実験結果も既に出ています。 科学的にもその効果はお墨付きというわけです。 更に、 激しい運動を行うのが難しい高齢者の方にとって、深呼吸は呼吸一つで楽に体力をつけることのできる貴重な手段の一つです。 積極的に取り入れてもらえたらなと思います。 朝一番で季節の歌を歌うことによって、季節感を感じてもらうことができます。 今の季節を歌で感じてもらうという事です。 この歌というものは、 寝たきりや重度の認知症で歌うことが叶わない方でも耳にはしっかり届いています。 そして、 耳からしっかりと季節を感じ取ってもらうことが可能なのです。 すると 体内に新鮮な空気がたくさん入り、好循環となり、体は健康になっていきます。 季節感• 朝のいいスタート これらすべてが朝季節の歌を歌うことによって得ることが叶うのです。 良い一日を送れるかは朝にかかっている! いかがだったでしょうか? 今回は デイサービスなどでぜひ取り入れてほしい、高齢者向け朝の簡単レクリエーション7つを紹介させていただきました。 どれも少しの準備で行えるので明日からでも取り入れてもらえるのではないでしょうか。 この記事にて何度も言っていますが、 朝の時間というものは非常に貴重です。 朝の時間をしっかりと満喫できれば、自然とその日1日が良い1日となっていくものです。 高齢者の方に満足いく1日を過ごしてもらうためにも、しっかりと朝のレクリエーションを活用していきましょう!!

次の