麻雀 プロ 年収。 小林剛(麻雀プロ)の結婚と嫁は?出身高校や年収についても調査してみた!

【画像】かわいい・美人な女流雀士まとめ!プロフィールや結婚・年収は?

麻雀 プロ 年収

麻雀のプロになるには そもそも麻雀のプロになるには、どのような試験を受けるのでしょうか。 日本には7つ、競技麻雀の団体があるそうで、その中の 日本プロ麻雀連盟を例に調べてみました。 年1回都内でプロテストが行われています。 テスト内容は、一次試験が書類審査。 二次試験が面接と実践対局。 そして二次試験に合格した人は、5ヶ月間にわたり、月一回の三次試験を受け プロとしての適性を見極められる。 といった内容だそうです。 ちなみに、プロテストの応募に必要なのは、履歴書や住民票に加え、 受験料が15000円必要です。 また、プロテスト用に問題集などはなく、過去の問題なを参考に 勉強するようです。 参考までに、2011年 第28期日本プロ麻雀連盟 プロテストの筆記問題です。 挑戦してみてください。 画像をクリックすると、拡大できます。 これが解答です。 画像をクリックすると、拡大できます。 プロの雀士の年収は? プロテストに合格したとしても、給料が支払われるわけではなく、 平日はサラリーマンや、雀荘で働き、週末プロリーグや、イベントに参加して 僅かな収入を得る人がほとんどだそうです。 麻雀からの収入は、30000円から50000円とういう方が多く、 毎月5000円から10000円のお金を、協会や連盟に支払わなければならないそうです。 それではトッププロはどの位稼いでいるのでしょうか。 たとえば、大人気女流雀士の、二階堂亜樹さんは、1000万円以上稼いでいる という話を聞いたことがあります。 1000万円というとすごい気がしますが、ほかの競技やスポーツのトッププロと 比べると かなり少ない年収です。 資格なしでも麻雀から収入を得る方法 最近、プロの資格も持たず、麻雀から収入を得ている人が多いそうです。 それって賭博では? と思ってしまいますよね。 しかしそれが違法ではなく安全な方法だとしたら・・・。 試験を受ける必要もなく、協会や連盟にお金を支払う必要もない。 仕事をしながら、家に帰って好きな時間に麻雀をして、勝てば現金が もらえるという画期的なオンライン麻雀があるんです。 「天鳳」や「Maru-Jan」で腕試しや練習をしたいる方が多いとおもいますが、 このDORA麻雀なら、リアルマネー(現金)を賭けて真剣勝負ができるんです。 つまり収入を得ながら麻雀が上達する、画期的なオンライン麻雀なのです。 レートも無料から高レート(東風戦一回の最高獲得金額50000円)まで 自分のレベルに合ったレートで勝負できます。 さらに毎週開催されるトーナメントも無料で参加できるものもあり、 大きなトーナメントで勝てば、10万円以上稼ぐことも可能です。 登録も無料で簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください。 参考になれば幸いです。

次の

麻雀プロの収入源−ブラック麻雀

麻雀 プロ 年収

麻雀の実力に自身のある方は、プロ雀士を目指してみようと思った方もいるのではないでしょうか? とはいえいくら好きなことだと言っても、それでホントに生活できるの?って心配になる人もいるでしょう。 そもそもプロの雀士と言っても毎日毎日大会に出てるわけじゃないし、普段どんな仕事してるんだ?って気になりますよね。 そんなプロ雀士の普段の仕事や収入について説明したいと思います。 プロ雀士の普段のお仕事は「雀荘の店員」がメイン! プロ雀士が大会に出ていない間やってることといえば、ズバリ「雀荘の店員」が多いのだそうです。 というか、プロを目指す人はまずは雀荘の店員になり、そこで技術を積んでいく人が多いようですね。 知名度が高くなってくると ・書籍の執筆 ・ゲームの監修やタイアップ ・イベントへの出演 なんて仕事も舞い込んでくるようですが、これはトップのほんの一握りの人のみのようです。 気になる年収は?250~1000万円超えまで! プロ野球選手やプロサッカー選手でも収入に大きな幅があるのと同様、 プロ雀士も相当の幅があるようです。 大会で優勝すると賞金は出ますが、運に大きく左右される競技ですから、それを頼りにすることはできません。 必然的に、収入はそれを除いたもので考える必要があります。 先ほど書いた雀荘の店員のみをやっていて、麻雀大会などでも良い結果が残せなかった場合は、 年収250万円程度となるケースが多いようです。 これだとちょっと苦しいですね。 最も稼いでいると言われる女流麻雀プロの場合、年収1000万円を軽く超えているのだそうです。 ここまで行くと安心ですね。 でも、あれ?思ったより少ない?と思う方もいるかも知れません。 まとめ もしあなたが麻雀プロを目指しているのだとしたら、そう簡単に食べていくことはできないという覚悟は持ってください。 ただ、それでも強い意志を持っていて、その世界に身を置きたいならば、、、 好きなことに打ち込みつつ高収入も望めるチャンスはあります。 やってみる価値はあるでしょう!.

次の

【麻雀】高宮まり 年齢&年収が気になる!驚くべきカップ数でグラビア写真集の売れ行き好調か?

麻雀 プロ 年収

プロ雀士の収入・稼ぎ方について|給料形態とオンライン麻雀で稼ぐ方法 プロ雀士を目指す上で目を背けることができない問題。 そのうちの1つが間違いなく収入面ですよね。 テレビに引っ張りだこのプロ雀士の年収も大切ですが、 その他大勢の埋もれているプロの平均収入額もしっかり理解しながら、 今後の方針や対策も検討してみましょう! プロ雀士の収入・給料形態とは?? プロ雀士を目指す際に最も気になるのが収入面です。 麻雀プロの平均的な年収はよくて300万円、 稼げない人だと月収20万円いくかどうか、といったところが現状です。 まず、プロ雀士として資格を取っただけでは給料は得られません。 というより、プロ団体への入会金や年会費などで逆に支払うことになります。 また、所属団体が主催する大会への半強制参加も、交通費等すべて自腹です。。 メディア等によく露出している麻雀プロや 名前の知られているプロ雀士で大体年収500~600万、 最高レベルでも800万円行けばいいくらい、とも言われています。 ですが、プロ雀士としての収入が500万円を超えているのは本当に一握りで、 あとは月収10万円やそれ以下のプロ雀士もいる、 ということもしっかり認識しておく必要があります。 プロ雀士の稼ぎ方 プロ雀士の稼ぎ方の例として、以下が挙げられます。 【本職としての収入源】 ・大会で入賞し、賞金を獲得する ・フリー雀荘に勤務する(メンバーさんとして自腹勝負も) ・執筆活動、雑誌コラム担当 ・各種イベントへの参加 ・グラビアやモデル活動を展開(女流プロ雀士) ・各種ゲームとタイアップ その他に、副業的に行う稼ぎ方も紹介しておきます。 【本業以外の収入源】 ・本業、本職を別で持つ(サラリーマンプロ雀士) ・オンライン賭け麻雀で稼ぐ ・インターネットビジネスに挑戦する このほかにも様々な稼ぎ方があるとは思いますが、 プロ雀士として食べていきたいのであれば、 まずは収入や稼ぎ方に対しても明確に、 かつ具体的なライフプランを立てることをお薦めします。 (参考記事) オンライン麻雀でも稼げる方法、知っていますか?? オンライン麻雀で強くなるのは今後プロ雀士として生きていく上で 非常に強力な武器にすることができます。 ですが、多くのオンライン麻雀は無料サービスであり、 9割のプレイヤーは「暇つぶし」「楽しむ」ことを目的として 惰性の中で打っているのが現状です。 しかし、ガチなプレイヤーしか参加しないオンライン麻雀で、 かつお金を稼ぐことができる麻雀ゲームがあります。 それが です。 DORA麻雀は合法的に賭け麻雀ができる、 日本で唯一のネット麻雀ゲームですが、 「そもそも自腹切って賭けていること」が ガチで勝負できる環境を造っています。 また、高レート卓では1万を超える額が動くので、 高レートであればあるほどプロ雀士以上の実力者が集まっています。 あなたが高レートでも勝てるレベルなら、 DORA麻雀の高レート卓は絶好の稼ぎポイントですし、 かつ本気の勝負ができるのでオンライン麻雀の実力も付きます。 あなたの明るい未来を支える大切な収入源の、1つの選択肢として、 ですね。

次の