なつ ぞ ら 朝ドラ キャスト。 朝ドラ【夏空(なつぞら)】のキャストは?豪華な出演者を紹介!

広瀬すずの朝ドラの演技力は?モデルやキャストをまとめてみた!

なつ ぞ ら 朝ドラ キャスト

広瀬すずが主演するNHKの朝ドラ第100作「なつぞら」のあらすじを紹介します。 朝ドラ「なつぞら」のあらすじ ・奥原咲太郎(岡田将生)・奥原千遥(清原果耶)の3兄弟は東京大空襲で焼け出され、幼なじみの佐々岡信哉(工藤阿須加)と共に靴磨きなどをしながら、焼け野原となった東京で生きていた。 そのようななか、戦死した父親の戦友・が現れ、奥原なつ(広瀬すず)を引き取った。 そして、妹の奥原千遥(清原果耶)は、親戚の家に預けられ、奥原咲太郎(岡田将生)と佐々岡信哉(工藤阿須加)は施設に入り、兄弟はバラバラに暮らすことになったのだった。 柴田剛男(藤木直人)の家は、北海道で牧場を営んでおり、奥原なつ(広瀬すず)は牧場を手伝いながら、学校へ通い、絵の上手いや、菓子屋「雪月」の息子・と出会い、交流を深めるのだった。 そうした一方で、奥原なつ(広瀬すず)は、兄・奥原咲太郎(岡田将生)の事を忘れられず、孤児院に手紙を書き続けていたが、一向に返事は無かった。 しかし、高校3年生の夏、奥原なつ(広瀬すず)の手紙を読んだ佐々岡信哉(工藤阿須加)が現れ、奥原なつ(広瀬すず)に奥原咲太郎(岡田将生)の消息を伝えた。 奥原咲太郎(岡田将生)は、孤児院を出た後、芝居小屋で働いていたが、芝居小屋が潰れてからは消息不明なのだという。 奥原なつ(広瀬すず)は、柴田家に頼んで、東京へ奥原咲太郎(岡田将生)を探しに行くが、奥原咲太郎(岡田将生)を見つけることは出来なかった。 しかし、山田天陽(吉沢亮)の兄・山田陽平(犬飼貴丈)のアルバイト先のアニメ製作会社を見学し、奥原なつ(広瀬すず)はアニメーターという夢を得て北海道へと戻ったのだった。 さて、奥原なつ(広瀬すず)はアニメーターになることを夢見ながらも、自分がアニメーターになれるかどうか不安だった。 その一方で、育ててくれた柴田家にも恩義を感じていた。 苦悩した奥原なつ(広瀬すず)は、柴田家に、「高校を卒業したら、牧場で働くので、何年かしたら、東京へ行かせて欲しい」と頼んだ。 すると、柴田家は奥原なつ(広瀬すず)を応援して、東京へ送り出したのだった。 こうして、奥原なつ(広瀬すず)は小畑雪次郎(山田裕貴)と共に東京へ出てきた。 小畑雪次郎(山田裕貴)は銀座の「川村屋」で修行することになっており、奥原なつ(広瀬すず)は「川村屋」に頼んで下宿させてもらい、アニメーターの試験に備えた。 そのようななか、消息不明になっていた奥原咲太郎(岡田将生)が「川村屋」に現れた。 奥原咲太郎(岡田将生)は、「川村屋」のマダム前島光子(比嘉愛未)に借金をしており、前島光子(比嘉愛未)が奥原なつ(広瀬すず)を借金の人質として「川村屋」に置いていると思い、奥原なつ(広瀬すず)を助けに来たのだ。 こうして、奥原咲太郎(岡田将生)と奥原なつ(広瀬すず)は9年ぶりに再会を果たし、奥原咲太郎(岡田将生)が消息不明になっていた理由が明らかになる。 奥原咲太郎(岡田将生)は孤児院を出た後、劇団「ムーランルージュ」のダンサー岸川亜矢美(山口智子)と出会い、劇団「ムーランルージュ」で働くようになった。 その後、劇団「ムーランルージュ」が潰れてしまうと、奥原咲太郎(岡田将生)は岸川亜矢美(山口智子)のために劇団「ムーランルージュ」を再建しようと考えた。 そして、奥原咲太郎(岡田将生)は、「川村屋」のマダム前島光子(比嘉愛未)から10万円を借りて、劇団「ムーランルージュ」を再建する話に乗った。 しかし、その話は詐欺で、奥原咲太郎(岡田将生)は10万円を騙し取られてしまったため、10万円を作るまでは戻って着ないと決め、姿を消していたのだった。 やがて、奥原なつ(広瀬すず)は東洋動画のアニメーターの試験を受けるが、奥原咲太郎(岡田将生)が「赤い星座」という劇団で働いていたことが原因で、アニメーターの試験に落ちてしまう。 しかし、東洋動画のの勧めもあり、奥原なつ(広瀬すず)は「仕上げ」の採用試験を受け、「仕上げ」の試験に合格し、「仕上げ」として東洋動画に入社したのだった。 そして、奥原なつ(広瀬すず)は、東洋動画で、やと出会うのだった。 さて、奥原なつ(広瀬すず)は妹・奥原千遥(清原果耶)に会いたいと思うが、奥原咲太郎(岡田将生)によると、妹・奥原千遥(清原果耶)を預かった親戚は引っ越しており、居場所は分からないのだという。 そこで、奥原なつ(広瀬すず)は、報道記者になった佐々岡信哉(工藤阿須加)に、妹・奥原千遥(清原果耶)の行方を捜してもらい、親戚の引っ越し先が判明した。 しかし、妹・奥原千遥(清原果耶)は、親戚の家で差別を受けて冷遇されたため、直ぐに親戚の家を飛び出しており、妹・奥原千遥(清原果耶)と会うことは出来なかった。 さて、奥原なつ(広瀬すず)・大沢麻子(貫地谷しほり)・坂場一久(中川大志)は短編アニメの制作を任された。 そのようななか、北海道の柴田家に妹・奥原千遥(清原果耶)が現れた。 連絡を受けた奥原なつ(広瀬すず)は、仕事を休んで北海道の柴田家に駆けつけるが、既に妹・奥原千遥(清原果耶)は柴田家を出ていた。 そこへ、妹・奥原千遥(清原果耶)からの手紙が届き、奥原なつ(広瀬すず)は妹・奥原千遥(清原果耶)が柴田家を出て行った理由を知る。 妹・奥原千遥(清原果耶)は親戚の家を出た後、復員兵に助けられて東京へ行くことが出来たものの、置屋に売られてしまった。 しかし、置屋の女将さんが良い人で、妹・奥原千遥(清原果耶)を養女にしてくれたので、妹・奥原千遥(清原果耶)は人並みに暮らすことが出来た。 そして、妹・奥原千遥(清原果耶)は、縁談が持ち上がったのだが、結婚相手が良家だったことから、戦争孤児だった事を知られると破談になる可能性があった。 そこで、妹・奥原千遥(清原果耶)は、女将さんのためにも結婚することを決めたが、もし、奥原なつ(広瀬すず)が不幸な暮らしをしていたら、全てを捨てて奥原なつ(広瀬すず)を助けようと思い、北海道を訪れた。 しかし、妹・奥原千遥(清原果耶)は、奥原なつ(広瀬すず)が北海道で幸せに暮らし、今はアニメーターを目指していることを知り、奥原なつ(広瀬すず)に会うこと無く、柴田家を後にしたのだった。 続きは準備中です。 なお、朝ドラ「なつぞら」の登場人物のモデルは「」をご覧ください。

次の

なつぞら:広瀬すず主演朝ドラ “にぎやか”キャストポスター解禁 NACS音尾&戸次&ヤスケンも!

なつ ぞ ら 朝ドラ キャスト

2019年前期! 連続テレビ小説100作品目となるNHK 朝ドラ「 なつぞら」。 豪華 キャスト陣が出演し、戦後の北海道の大自然の中でヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動ドラマが幕を開けようとしています。 「お前のそばに、もう家族はおらん。 だが、わしらがおる」 戦争で両親を失った少女をたくましく育てる優しい大人たちと十勝の大自然。 豊かな想像力と開拓者精神を生かし漫画映画と呼ばれていたアニメーションにチャレンジする物語。 脚本家・大森寿美男さんによるオリジナル作品「 なつぞら」。 今回は 朝ドラ「 なつぞら」の キャスト陣や あらすじをみていきたいと思います。 また、主演である 広瀬すずさんについてもみていきましょう。 なつぞら「夏空」朝ドラキャスト NHK朝ドラ「なつぞら」の豪華キャスト陣をみていきたいと思います。 連続テレビ小説100作品目に出演するキャスト陣の方々。 気になるキャスト陣を早速みていきましょう! 〈朝ドラ「なつぞら」登場人物〉 ヒロイン:奥原なつ(おくはら なつ) 広瀬すず(ひろせ すず) 1937年生まれ。 戦争で両親を亡くし兄妹とも別れ、父の戦友である柴田剛男に引き取られ十勝に移り住みます。 剛男の義父である泰樹のもとで牧場を手伝うなつは次第に持ち前の明るさを取り戻します。 高校を卒業したなつは上京し、草創期を迎えていたアニメーションの世界に飛び込むのでした。 十勝の大自然の中で育まれた感性を活かしてアニメーターとして活躍していきます。 なつの兄:奥原咲太郎(おくはら さいたろう) 岡田将生(おかだ まさき) 歌とタプダンスが大好きななつの兄・咲太郎。 両親を亡くしてからもなつと千遥の親代わりとして面倒をみて育ててきました。 柴田家になつを預け、親戚に千遥を預けた咲太郎はしばらく孤児院で過ごします。 しかし、家出してしまい行方不明になってしまいます。 十勝のガンコじいさん:柴田泰樹(しばた たいじゅ) 草刈正雄(くさかり まさお) 1902年当時18歳の時に一人で十勝に入植。 荒地を切り開き、酪農を始めた泰樹。 妻が病死した後、男手一つで娘・富士子を育てます。 偏屈でガンコな性格ですが、深い愛を持った大樹のような男・泰樹。 なつに人生を生き抜く術を教え込んでいきます。 泰樹の娘:柴田富士子(しばた ふじこ) 松嶋菜々子(まつしま ななこ) 父・泰樹譲りの優しさとたくましさを持ち芯の強い女性である富士子。 家族で唯一、泰樹に対等にモノを言える存在。 なつとの関係に戸惑いをみせますが、我が子同然のように育てていきます。 明るい前向きな性格の持ち主です。 富士子の夫:柴田剛男(しばた たけお) 藤木直人(ふじき なおひと) 富士子に恋をした剛男は婿養子として柴田家に入ります。 戦友だったなつの父とどちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒をみるという約束をします。 義理堅くとても優しい男・剛男。 しかし、義父の泰樹にはいつも気を使い頭があがりません。 長男:柴田照男(しばた てるお) 清原翔(きよはら しょう) 父に似て真面目で責任感の強い男・照男。 跡取りとして祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれます。 しかし、要領が悪くなつにいつも先を越される照男。 泰樹から、なつとの結婚を勧められるが密かにそうなることを願っているもう一人のお兄ちゃん。 長女:柴田夕見子(しばた ゆみこ) 福地桃子(ふくち ももこ) なつと同じ年の長女・夕見子。 甘やかされて育てられた夕見子は、牛乳も酪農も北海道も大嫌い。 読書が大好きで生意気盛りのツンデレ。 なつとの出会いをきっかけに少しずつ嫌いな物へも目を向けていきます。 従業員:戸村悠吉(とむら ゆうきち) 小林隆(こばやし たかし) 泰樹の右腕的存在の従業員・戸村。 貧しい開拓農家に生まれ、15歳の時に豪農に奉公に出されてしまいます。 しかし、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た際に、泰樹の情熱に惹かれ居座るのでした。 穏やかで楽しい人物・戸村はとても頼りになる男。 悠吉の息子:戸村菊介(とむら きくすけ) 音尾琢真(おとお たくま) 悠吉の息子である菊介。 独立して、いつか自分の土地で牧場を経営したいと夢を持っています。 しかし、泰樹の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている菊介。 なつにとっては頼りになる酪農の良き先生。 のちに照男の後見役となる菊介は、柴田牧場の発展に大きく貢献していきます。 お菓子発明王:小畑雪之助(こばた ゆきのすけ) 安田顕(やすだ けん) 帯広に父の代から和菓子屋を構える雪之助。 砂糖が統制品となる中でアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切っていきます。 のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発し北海道有数の製菓メーカーへと発展させていきます。 雪之助の母:とよ 高畑淳子(たかはた あつこ) 菓子職人の先代の元に嫁ぎわがままな夫に苦労するうちに強い性格になってしまったとよ。 とてもおしゃべりなばあさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる帯広のおしゃべりばあさん。 十勝のことなら何でも知っています。 雪之助の息子:雪次郎(ゆきじろう) 山田裕貴(やまだ ゆうき) お調子者で目立ちたがり屋の雪次郎。 農業高校時代は演劇部にはまり、クラスメイトだったなつを部活に誘います。 卒業後は日本一の菓子職人になるための修業のためになつと一緒に上京。 何でも話せるなつの幼なじみ。 青年画家:山田天陽(やまだ てんよう) 吉沢亮(よしざわ りょう) 貧しいため進学せずに農業を手伝う、美術の才能の持ち主。 農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆。 躍動感あふれる馬の絵を得意としています。 アニメーターを目指すなつに絵心を教える天陽は、なつの生涯に大きな影響を与えていきます。 天陽の父:山田正治(やまだ まさはる) 戸次重幸(とつぎ しげゆき) 戦争で家を失い一家での北海道移民を決意。 政府にあてがわれた土地は荒れ地であり農業経験もほとんどない正治。 開墾は難航し郵便配達をして生活費を稼いでいました。 その後、泰樹たちの助けもあり人並みの生活を送れるようになっていきます。 天陽の母:山田タミ(やまだ たみ) 小林綾子(こばやし あやこ) 正治の妻・タミ。 近隣の農家を手伝いながらアルバイト収入で家計を支えています。 東京育ちのおっとりとした性格なタミは農業も苦手です。 同じ東京育ちのなつがお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来ると話が弾んでしまいます。 以上がNHK朝ドラ「なつぞら」に出演されるキャストの方々です。 登場人物の性格などみていると面白そうな作品だなと想像できます。 豪華キャスト陣出演の朝ドラ「なつぞら」は2019年前期から始まります。 なつぞら「夏空」朝ドラあらすじ 1946年の初夏、戦争が終わり奥原なつ(広瀬すず)は柴田剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝にやって来ました。 戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家である柴田家は、北陸からの開拓移民でした。 剛男となつの父とは戦友で、万が一の時にはお互いの家族の面倒を見るという約束をしていました。 剛男の父・泰樹(草刈正雄)は偏屈者で知られていました。 泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、可哀想に思っていた。 子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う毎日。 なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込みます。 なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していきやがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽(吉沢亮)と出会います。 天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられたなつ。 『絵が動く』夢のような世界があるのかと感動を覚えます。 高校生になり、なつは天陽の影響で絵を描く仕事に夢を持ち始めていました。 そんな時、生き別れていた兄・奥原咲太郎(岡田将生)が東京で働いていると知らされた…。 なつに旅立ちの日が近づいてくるのでした…。 なつぞら「夏空」朝ドラ 主演に広瀬すず 最後に主演である女優・広瀬すずさんについてみていきたいと思います。 プロフィール 広瀬すず(ひろせ すず)• 【生年月日】1998年6月19日(20歳)• 【出身】静岡県静岡市• 【職業】女優・ファッションモデル• 【血液型】AB型 【経歴】 姉・アリスさんが専属モデルを務めていた雑誌「Seventeen」のイベントに来場した広瀬すずさん。 そこで現事務所の社長から声をかけられたことがきっかけとなり芸能界入りを果たします。 2012年8月に開催された「Seventeen」の専属モデルオーディション。 広瀬すずさんは「ミスセブンティーン2012」のグランプリに選ばれ芸能界デビュー。 2013年4月には「幽かな彼女」で女優デビューを果たします。 また、大塚食品「MATCH」のCMで姉・アリスさんと姉妹初共演。 2015年1月には「学校のカイダン」で連続ドラマ初主演。 2015年には映画「海街diary」での演技が評価され映画賞で新人賞を獲得。 2016年第40回日本アカデミー賞において「ちはやふる-上の句-」で優秀主演女優賞を獲得。 「怒り」で優秀助演女優賞とダブル受賞に輝きます。 また将来の活躍が期待されるエランドール賞新人賞も受賞した広瀬すずさん。 声優やCM出演なども多数出演している広瀬すずさんの朝ドラ「なつぞら」ではどのような演技をみせてくれるのか楽しみですね。

次の

朝ドラ『なつぞら』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【広瀬すず主演】

なつ ぞ ら 朝ドラ キャスト

見出し• 『なつぞら』のあらすじ 1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。 戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。 剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。 剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。 泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。 子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。 なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。 なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。 やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。 天陽から当時、アメリカで流行(はや)っていた漫画映画の魅力を教えられ、" 絵が動く" 夢のような世界があるのかと感動する。 高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。 そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。 (公式ホームページから引用) スポンサードリンク 『なつぞら』のキャスト ヒロインと家族「奥原家の人びと」 奥原なつ(おくはら・なつ)/広瀬すず 昭和12(1937)年生まれ。 両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られ、十勝に移り住む。 剛男の義父・泰樹(たいじゅ)のもとで、牧場を手伝ううちに、持ち前の明るさを取り戻す。 高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。 アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。 奥原なつ(おくはら・なつ)(子供時代)/粟野咲莉 なつの子供時代。 奥原咲太郎(おくはら・さいたろう)/岡田将生 歌とタップダンスが大好きな陽気な兄。 両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。 なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。 奥原咲太郎(おくはら・さいたろう)(子供時代)/渡邉蒼 咲太郎の子供時代。 奥原千遥(子供時代)/田中乃愛 なつの妹。 心あたたまる「牧田牧場の人びと」 柴田泰樹(しばた・たいじゅ)/草刈正雄 明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。 荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。 妻が病死した後、男手ひとつで、富士子を育てる。 偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹(たいじゅ)のような男。 なつに人生を生き抜く術(すべ)を教え込む。 柴田富士子(しばた・ふじこ)/松嶋菜々子 父譲りの優しさとたくましさを持ち、芯の強い女性。 泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。 なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。 明るい前向きな性格で、牛乳やバターを使ったお菓子や料理づくりが得意。 柴田剛男(しばた・たけお)/藤木直人 婿(むこ)養子として柴田家に入る。 戦友だったなつの父と交わした、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束を果たし、なつを十勝に連れてくる。 義理堅く優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭があがらない。 柴田照男(しばた・てるお)/清原翔 父に似て、真面目で責任感の強い男の子。 跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、不器用で、なつにいつも先を越される。 泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。 柴田照男(しばた・てるお)(子供時代)/岡島遼太郎 照男の子供時代。 柴田夕見子(しばた・ゆみこ)/福地桃子 なつと同じ年の長女。 なつに初めはわだかまりを感じるものの、一緒に暮らしていく中で、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていく。 大嫌いだった牛乳も、なつのおかげで飲めるようになる。 柴田夕見子(しばた・ゆみこ)(子供時代)/荒川梨杏 夕見子の子供時代。 柴田明美(しばた・あけみ)/平尾菜々花 柴田家の次女で、長女の夕見子とは7つ違い。 自由に振る舞う姉・夕見子とは対照的に、いつでも家事を手伝うしっかり者。 物心がついたときから柴田家にいるなつを、本当の姉のように慕っている。 柴田明美(しばた・あけみ)(子供時代)/吉田萌果 明美の子供時代。 戸村悠吉(とむら・ゆうきち)/小林隆 泰樹の右腕的存在。 貧しい開拓農家に生まれ、15歳の時に豪農に奉公に出されるが、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た時に、彼の情熱にひかれ、そのまま居座る。 穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。 戸村菊介(とむら・きくすけ)/音尾琢真 悠吉の息子。 なつたちにとって、何でも気さくに話せる楽しい親戚のおじさんのような人。 ユーモアある物言いで、柴田家のみんなをいつも和ませる。 のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に貢献する。 いつもにぎやか「菓子屋 雪月の人びと」 小畑雪之助(おばた・ゆきのすけ)/安田顕 父の代から帯広に和菓子屋を構える。 砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。 新しもの好きで次々とおいしいお菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。 小畑とよ(おばた・とよ)/高畑淳子 菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。 お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなバアさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。 十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。 小畑妙子(おばた・たえこ)/仙道敦子 旭川の菓子屋で働いていた時に、修業中の雪之助と知り合い、結婚。 おっとりしているように見えるが、気の強い姑(しゅうとめ)・とよにもサラっと自分の意見をぶつける気が強い一面も。 しかも最近、とよに似てきたと言われ…。 富士子とは気が合い、いつも話が弾む。 小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう)/山田裕貴 お調子者で目立ちたがり屋。 農業高校時代は演劇部にハマり、クラスメイトのなつを部活に誘う。 卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。 一緒にいると気分が明るくなる、なつの大親友。 小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう)(子供時代)/吉成翔太郎 雪次郎の子供時代。 戦後、東京から入植した「山田家の人びと」 山田正治(やまだ・せいじ)/戸次重幸 戦争で家屋を失い、一家での北海道移住を決意する。 政府にあてがわれた土地は荒れ地で、農業経験もほとんどなく、開墾は難航。 郵便配達をして生活費を稼ぐ。 その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。 山田タミ(やまだ・たみ)/小林綾子 正治の妻。 近隣の農家を手伝い、そのアルバイト収入で家計を支える。 東京育ちでなかなか十勝暮らしになじめず、農業も苦手。 同じく東京で育ったなつがお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来るとついつい話が弾んでしまう。 山田天陽(やまだ・てんよう)/吉沢亮 美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。 農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。 アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。 山田天陽(やまだ・てんよう)(子供時代)/荒井雄斗 天陽の子供時代。 山田陽平(やまだ・ようへい)/犬飼貴丈 弟・天陽と同様に、絵画の才能に恵まれ、貧しい農家の長男でありながらも一家の期待を背負い上京、奨学金を得て芸術大学で学ぶ。 兄を探しに東京に出てきたなつに、漫画映画の世界を紹介する。 山田陽平(やまだ・ようへい)(子供時代)/市村涼風 陽平の子供時代。 ヒロインを取り巻く「その他の登場人物」 佐々岡信哉(ささおか・のぶや)/工藤阿須加 なつの幼なじみ。 戦争で家族を失い、なつたちと行動をともにしていたが、生き別れてしまう。 その後、苦学して大学に合格するも、なつや咲太郎と再会する日を夢見て、みんなの消息を探す。 なつの運命を左右する人物として、ある日、突然現れる。 佐々岡信哉(ささおか・のぶや)(子供時代)/三谷麟太郎 信哉の子供時代。 阿川弥市郎(あがわ・やいいちろう)/中原丈雄 十勝の深い森に住み、木彫りの熊など民芸品をつくり、暮らしている。 以前は東京に住んでいたが、あることをきっかけに娘と一緒に十勝に移住してきた。 吹雪の中で倒れたなつを救い出したことがきっかけで、柴田家とも交流を深めていく。 阿川砂良(あがわ・さら)/北乃きい 弥市郎のひとり娘。 十勝に移り住み、父とふたり、ひと気のない森の中で暮らしている。 自ら狩りや漁をして、朴訥(ぼくとつ)な父を支える働き者の美しい娘。 やがて、なつの家族との交流を通して、外の世界との関わりを持ち始める…。 居村良子(いむら・よしこ)/富田望生 女子学生が少ない十勝農業高校において、なつと仲良しのクラスメイト。 いつでものんびりしていて、しっかり者のなつとは対照的な性格。 なつが演劇部に誘われると、いっしょに入部するが…。 倉田隆一(くらた・ゆういち)/柄本佑 十勝農業高校の演劇部の顧問。 自ら脚本も書く、演劇にものすごい情熱を注ぐ熱い男。 理屈っぽい難しい発言が多く、なつを悩ませることもしばしばだが、その言葉がなつの問題解決のヒントとなる。 アニメーション編の登場人物(上京後) 仲努(なか・つとむ)/井浦新 東洋動画アニメーターのリーダー、日本初の長編アニメーションの作画監督として活躍。 穏やかな物腰で人望が厚く、かわいいキャラクターデザイン、繊細な表現を得意とし、みんなから師と仰がれる。 大沢麻子(おおさわ・あさこ)/貫地谷しほり 美大を卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーター。 通称「マコ」。 作画監督の仲をサポートし、現場をまとめる。 クールに見えるが内面は熱く、誰に対しても物おじしない性格から、社内で孤立することも。 なつにとっては厳しい先輩である。 坂場一久(さかば・かずひさ)/中川大志 東洋動画所属の監督見習い。 絵は描けないが、アニメの知識は人一倍多く、企画力に優れ、思いもよらないストーリーを考えつく。 その一方で要領が悪く、無理難題を言って、アニメーターたちをいつも困らせる。 なつも初めは苦手意識を感じるが・・・。 神地航也(かみじ・こうや)/染谷将太 抜群の画力で入社したなつの後輩アニメーター。 好きなことについて話すと止まらない情熱的な性格で、坂場とはいつも息が合う。 新人ながらも歯に衣着せぬ物言いで周囲を圧倒し、既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していく。 三村茜(みむら・あかね)/渡辺麻友 絵を描くのが大好きな、眼鏡をかけたおっとりとした女の子。 漫画映画をよく知らず、東洋動画には見習いとして就職、次第にその面白さにひかれていく。 なつと一緒に社内試験を受け、繊細な絵が評価され、なつより一足先に合格し、正式にアニメーターとなる。 森田桃代(もりた・ももよ)/伊原六花 通称「モモッチ」。 高校卒業後、絵が好きという理由だけで、アニメーションのことは全く知らずに、東洋動画に入社する。 セル画の彩色を担当しており、なつの親友となる。 なつからアニメーションの面白さを教えられ、その魅力にとりつかれていく。 下山克己(しもやま・かつみ)/川島明 元警察官という異色の経歴を持つアニメーター。 ひょうきんで明るい性格で周りを楽しませるのが大好き。 その一方、ディズニーアニメを独自に分析して、新しい動画表現を研究するという努力家でもある。 後輩の面倒見が良く、なつの優しい先輩。 井戸原昇(いどはら・のぼる)/小手伸也 仲とともに作画監督として、アニメーターたちをけん引するツートップのひとり。 芸術家肌の仲とは対照的に、驚異的なスピードで上質な作画を仕上げる実務家肌。 大柄な体格ながらも、繊細な心の持ち主で、個性派アニメーター集団をうまく束ねていく。 露木重彦(つゆき・しげひこ)/木下ほうか 東洋映画所属のベテラン映画監督。 日本初の長編アニメーションの監督に起用されるものの、実写映画しか経験がなく、不慣れなアニメーションの世界に戸惑うばかり。 アニメーターたちと時にぶつかり、時に協力して、プロジェクトの成功に尽力する。 大杉満(おおすぎ・みつる)/角野卓造 東洋動画の親会社・東洋映画社長。 アニメーションに未来を感じ、東洋一のアニメスタジオを設立、日本初の長編アニメーション制作に取り組む。 帯広の映画館で見た大杉社長からのメッセージ動画に、なつは心を動かされる。 『anone』(広瀬すず、瑛太、阿部サダヲ):2018冬ドラマ• 『ちはやふる-結び』(広瀬すず、野村周平、新田真剣佑):2018公開の映画• 『怒り』(渡辺謙、広瀬すず、綾野剛):2016公開の映画 [U-NEXTで視聴できる岡田将生出演作品】• 『小さな巨人』(長谷川博己、岡田将生、香川照之):2017春ドラマ• 『ゆとりですがなにか』(岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥):2016春ドラマ• 『ST 赤と白の捜査ファイル』(藤原竜也、岡田将生、窪田正孝):2014夏ドラマ• 『黄金の豚』(篠原涼子、岡田将生、大泉洋):2010秋ドラマ• 『告白』(松たか子、岡田将生、木村佳乃):2010公開の映画 [U-NEXTで視聴できる吉沢亮出演作品】• 『ママレード・ボーイ』(桜井日奈子、吉沢亮、佐藤大樹):2018公開の映画• 『銀魂2』(小栗旬、菅田将暉、吉沢亮):2018公開の映画• 『銀魂』(小栗旬、菅田将暉、吉沢亮):2017公開の映画• 配信が終了している可能性もありますので、 でご確認ください。 [U-NEXTで視聴できる最新ドラマ】• 『』(杉咲花主演):2019冬ドラマ• 『』(山口紗弥加主演):2019冬ドラマ• 『』(沢村一樹主演):2019冬ドラマ• 『』(小芝風花主演):2019冬ドラマ• 『』(高橋一生&永作博美主演):2019冬ドラマ• 『』(野村周平&桜井日奈子主演):2019冬ドラマ• 『』(木村佳乃主演):2019冬ドラマ• 『』(玉木宏主演):2019冬ドラマ• 『』(岡田結実主演):2019冬ドラマ• 『』(中村勘九郎&阿部サダヲ主演):2019大河ドラマ• 『』(濱田岳主演):2019冬ドラマ• 『』(真木よう子主演):2019冬ドラマ• 『』(深川麻衣主演):2019冬ドラマ• 『』(本田翼&岡山天音主演):2019冬ドラマ• 『』(石橋菜津美主演):2019冬ドラマ• 『』(米倉涼子主演):2018秋ドラマ• 『』(高橋一生主演):2018秋ドラマ• 『』(相葉雅紀主演):2018秋ドラマ• 『』(真矢ミキ主演):2018秋ドラマ• 『』(木村佳乃主演):2018秋ドラマ• 『』(高畑充希主演):2018秋ドラマ• 『』(安藤サクラ主演):2018下半期の朝ドラ• 『』(岡田将生主演):2018秋ドラマ• 『』(唐沢寿明主演):2018秋ドラマ• 『』(田中麗奈主演):2018秋ドラマ• 『』(蒼井優主演):2018秋ドラマ• 『』(渡辺麻友主演):2018夏ドラマ• 『』(山田孝之&菅田将暉主演):2018夏ドラマ• 『』(窪田正孝&川口春奈主演):2018夏ドラマ• 『』(石原さとみ主演):2018夏ドラマ• 『』(吉岡里帆主演):2018夏ドラマ• 『』(東山紀之主演):2018夏ドラマ• 『義母と娘のブルース』(綾瀬はるか主演):2018夏ドラマ• 『』(滝藤賢一&広瀬アリス主演):2018夏ドラマ• 『』(仲村トオル主演):2018夏ドラマ• 『』(上川隆也主演):2018夏ドラマ• 『』(清原果耶主演):2018夏ドラマ• 『』(清水尋也主演):2018夏ドラマ• 『』(山田杏奈&上杉柊平主演):2018夏ドラマ• 『』(佐野史郎主演):2018夏ドラマ• 『』(新川優愛主演):2018春ドラマ• 『』:(岩田剛典主演):2018春ドラマ• 『』(吉高由里子主演):2018春ドラマ• 『』(田中圭主演):2018春ドラマ• 『』(神木隆之介主演):2018春ドラマ• 『』(佐々木希主演):2018春ドラマ• 『』(江口洋介主演):2018春ドラマ• 『』(井ノ原快彦主演):2018春ドラマ• 『』(松岡昌宏主演):2018春ドラマ• 『』(松重豊主演):2018春ドラマ• 『』(池松壮亮主演):2018春ドラマ• 『』(内藤剛志主演):2018春ドラマ• 『』(永野芽郁主演):2018上半期朝ドラ• 『』(滝沢秀明主演):2018冬ドラマ• 『』(亀梨和也主演):2018冬ドラマ• 『』(仲里依紗主演):2018冬ドラマ• 『』(志尊淳主演):2018冬ドラマ• 『』(鈴木亮平主演):2018大河ドラマ• 『』(佐藤流司主演):2018冬ドラマ• 『』(米倉涼子主演):2017秋ドラマ• 『』(沢口靖子主演):2017秋ドラマ• 『』(竹野内豊主演):2017秋ドラマ• 『』(内山理名主演):2017秋ドラマ• 『』(三浦春馬主演):2017秋ドラマ• 『』(黒島結菜主演):2017秋ドラマ• 『』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ• 配信が終了している可能性もありますので、 でご確認ください。

次の