エアリー マットレス カバー。 エアリーマットレスってどうですか?【口コミ暴露!】

ミニマリストの寝具はエアリーマットレス一択?人気の理由を解説!|ミニマリストの森

エアリー マットレス カバー

ミニマリストに大人気のエアリーマットレス。 低価格で高品質で有名なアイリスオーヤマが手がけるマットレスです。 ここでは、 エアリーマットレス全種類の口コミ・評判を徹底的に独自調査し、メリットやデメリットなどを洗い出し、わかりやすく解説しています。 項目 詳細 商品ランク Bランク コスパ 4. 0 寝心地 3. 5 腰痛対策 3. 5 耐久性 2. 5cm〜 重さ シングル:4. 5kg〜 セミダブル:5. 4kg〜 ダブル:6. 2kg〜 折りたたみ あり 製造国 日本 どのマットレスがいいか悩んでいる場合は も参考にしてみてください。 エアリーマットレスのメリット・デメリット 口コミや機能を元に、エアリーマットレスのメリット・デメリットをまとめました。 デメリット エアリーマットレスのデメリットは次の3つです。 通気性が良いというメリットはあるのですが、これが冬になると寒さの原因になってしまうのです。 冬は風を通さないシーツを使うなど、寒さ対策が必要なのがデメリットです。 同じ方向に力をくわえ続けるとへたりやすいため耐久性が低いのがデメリットです。 この音が気になってしまう人がいるのも事実です。 ただし、寝てしまえば気にならないという意見も多くありますので、この点に関しては人それぞれです。 メリット エアリーマットレスのメリットは3つです。 何度でも洗えるので、汚れるたびに洗うことができ、常に清潔感を保つことができます。 綺麗好きの人にはぴったりのマットレスです。 ある程度敷きっぱなしにしても大丈夫なほどカビやダニには強いです。 ただ、カバーがカビる可能性はあるため、すのこベッドなどを使うとよりパーフェクトです。 一番人気のものは15,000円程度とかなりリーズナブルです。 洗えるマットレスを安く買いたいという人には、とてもマッチした商品になります。 それぞれの特徴や口コミ・評判を詳しく紹介していくぞい! エアリーマットレス(5cm)MAR-Sの特徴と口コミ・評判 エアリーマットレスMAR-Sは、 スタンダードなタイプで、低価格が魅力です。 5cmという薄さなので、寝心地を重視する人はMAR-S一枚で寝ることはおすすめしません。 一枚で寝ると底つき感を感じる可能性が高いので、マットレスや敷き布団の上に敷くと良いでしょう。 カバーがリバーシブルになっており、メッシュ生地とニット生地を使い分けることで春夏秋冬一年中、快適に使えます。 折りたたみで収納性が高いのも特徴です。 硬さは「ハード」と「スーパハード」から選べますが、どちらも200N(ニュートン)を超えているのでかなり硬いです。 硬め好きにはおすすめのマットレスです。 ウレタン側はふんわりとした寝心地、エアロキューブ側はしっかりとした寝心地です。 片方がウレタンフォームになっているので、ウレタン部分は洗えないのでそこだけ注意しましょう。 カバーもメッシュ生地とニット生地を使い分けられるリバーシブル仕様になっており、一年中快適に使えます。 三つ折りになっており、真ん中の腰が当たる部分のパーツは硬め、両サイドの頭と足が当たる部分のパーツは柔らかめというこだわりの構造になっていますので、正しい寝姿勢を保つことができます。 ですので、下にすのこベッドを敷いたり、除湿シートを敷いたりという対策をするとさらに安心でしょう。 それが難しいようであれば、一週間に一回程度マットレスとカバーを干してあげると良いです。 エアリーマットレスは専用カバー(シーツ)は必要? エアリーマットレスは専用カバーが付属されています。 基本的にその一枚で事足りるのですが、カバーだけ洗った時のことを考えると、もう一枚買っておいても良いかもしれません。 ただ、専用カバーは意外に高額で7,000円〜10,000円ほどするのでコスパはあまり良くありません。 ほかの安いカバーやシーツを購入した方が良いでしょう。 ズレないように、サイズが対応しているボックスシーツがおすすめです。 エアリーマットレスの使い方!フローリングや畳に直接敷ける? エアリーマットレスは、フローリングや畳にも直接敷くことができます。 ただし、注意点としては畳に敷くと寝汗がそのまま畳に染み込んでしまう可能性があるので定期的に陰干ししたり、除湿シートを下に敷いたりした方がより良いです。 エアリーマットレスを直置きする場合の注意点などは次の記事を参考にしてみてください。 耐久性が低い• 体圧分散性が低い エアリーマットレスは高反発なので、一見腰痛対策には良さそうですが、やや耐久性が低くへたりやすさが見えます。 へたってしまうと、正しい姿勢が保てずに腰に負担がかかってしまうのです。 また、エアリーマットレスは体圧分散性があまり高いとは言えず、一部にに負荷がかかりやすい仕様になっています。 体重がかかりやすい腰部分にも負荷がかかる可能性があるため、腰に良いとは言えません。 腰痛対策したい場合は、次の記事を参考にしてみてください。 赤ちゃんや子供にも使える? エアリーマットレスは赤ちゃんや子供にも使えます。 ただし、通気性が良すぎておねしょをすると尿がマットレスを通り過ぎて床に到達する可能性が高いです。 特に、畳などで使う場合はおねしょ対策をしっかり行うようにしましょう。 お試しできる? エアリーマットレスは30日間の返金保証があるので、お試しして気に入らなければ返品することが可能です。 ただし、 アイリスオーヤマの公式通販ショップ(アイリスプラザ)で買ったものにしか返金保証は付いてきませんので注意しましょう。

次の

おねしょされた(泣)エアリーマットレスを洗ってみた。

エアリー マットレス カバー

エアリーマットレスはアイリスオーヤマが販売している寝具です。 マットレスと言う名前がついていますが、イメージとしては敷布団に近い。 床に直接、置くことができるうえ、エアリーマットレス一枚でも快適な寝心地を目指した寝具なのです。 エアリーマットレスの中には「エアロキューブ」という素材が使われています。 極細のストローのような素材。 この素材が空気を含むことで快適な寝心地を実現しているのです。 エアロキューブはプラスチックなので洗うことができて衛生的。 しかも洗ってもすぐに乾くのです。 エアリーマットレスがミニマリストに人気なワケ エアリーマットレスはミニマリストから絶大な支持を得ています。 理由は以下の3つ。 コンパクトに収納可能• 一枚でも快適な寝心地• 価格が安い コンパクトに収納可能 ミニマリストたるもの、モノはコンパクトにすべきです。 しかし、寝具は結構かさばる・・・。 毛布、枕、マットレス、ベッド。 寝具を一つにまとめた 「寝袋」という選択肢がありますが、日常生活に寝袋を使うのは勇気が必要ですよね。 私もちょっと無理です。 そこでエアリーマットレスと言うわけ。 エアリーマットレスは床に直接置けるマットレス。 そのため、ベッドを捨てることができました。 さらにエアリーマットレス一枚でも寝ることができるのです。 これだけで寝具はかなり断捨離できますよね。 ちなみに現在の私の寝具セットは、エアリーマットレス、枕、掛布団の3点。 無駄のない最高のセットです。 (個人的には掛布団をもう少しコンパクトにしたい) さらにエアリーマットレスは3つ折りにすることができるんですよねぇ。 畳んでしまえば超コンパクト。 部屋がかなり広くなります。 この状態で座れば簡易的なソファーにもなります。 一枚でも快適な寝心地 気になるのは寝心地ですよね。 省スペースでも寝具なんですから 「寝心地」が大切です。 ちなみに私が使っているのはコンパクトさを考えて1番薄いタイプ。 厚みはなんと5㎝! 薄い!5㎝と言ったらペラペラですからね。 通販で5㎝のマットレスが届いたらクレームものですよ。 エアリーマットレス5㎝はどうかと言うと、 正直、問題ありません。 この薄さでこんなに寝心地が良いのは本当に驚きでした。 反発力が強く、腰が必要以上に沈むこともありません。 体を気持ちの良い力で支えてくれる感じですかね。 反発力が強いので硬いのかと聞かれると、そうではないのです。 何とも説明が難しい寝心地。 私はスプリングマットレスや敷布団よりも好きな寝心地です。 薄い一枚でここまでの寝心地を実現できるのはちょっとした事件ですよ。 しかも通気性が良いため、ジメジメとした夜も快眠できるのです。 最初はエアリーマットレスの寝心地を信用していなかったので他に薄めのマットレスを買って、エアリーマットレスの下に敷いていました(来客用も兼ねてね) しかし、結局捨ててしまいましたよ。 来客なんて来る予定ないし、エアリーマットレス一枚で十分すぎる寝心地だったもので。 横向きで寝る人は5cmでは不満かも… 横向きで寝る人は5cmのエアリーマットレスでは不満かもしれません。 横向きで寝ることによって、マットレスにかかる体重が集中してしまって、エアリーマットレスの許容範囲を超えてしまう可能性があります。 つまり、床で寝ているかのような感覚になってしまうのです。 普段は横向きで寝る、という人は厚めのエアリーマットレスをご検討してみてはいかがでしょうか? 厚めのエアリーマットレスの種類 コンパクトさと寝心地のバランスが最も良いのは厚さが9㎝のエアリーマットレスですね。 価格が安い 私は、特別高価なモノを買わないと決めています。 私がミニマリストになったのはモノに縛られて生活したくないから。 高価なモノは所有欲を満たしてくれますが、所有欲が強すぎると結局モノに対して依存してしまうのです。 そのモノが必要ないと感じても高価だったから捨てづらい、なんてことにはしたくない。 だからこそ、私は特別高価なモノは買わないと決めているのです。 エアリーマットレスは価格と言う面でも優れていました。 エアリーマットレスのような一枚で快適に寝ることができる寝具と言うのは、それなりに存在しているのです。 エアウィーヴとか、エムリリーとかね。 それらは確かに素晴らしい寝心地でした。 ただ、高いんですよ。 私が目指すのはモノに執着しない生活。 ということでエアリーマットレスの安さはありがたい。 いざとなったら迷わず捨てることのできる、そんな値段。 それでいて寝心地が良いのですから買わない理由なんてありませんでした。 エアリーマットレスのシーツ問題 エアリーマットレスにはシーツ問題があります。 シーツをどうするのか?という問題。 一応、本体にカバーがついているのでそのまま寝ることもできるのですが、衛生面を考えるとあまりよろしくない。 そうなると別にシーツを用意する必要があります。 私が最初に使っていたのはフラットシーツ。 つまりは一枚布です。 しかし、エアリーマットレスを毎日折りたたんでいるので非常にストレスなのです。 いちいち畳むときに崩れるフラットシーツ。 寝る前に必ず直さなくてはなりません。 そこでおすすめしたいのは、マットレスをグルっと覆ってしまうようなシーツです。 エアリーマットレス愛用者の中でオススメされているのが無印の敷布団用カバー「オーガニックコットン天竺敷ふとんカバー」です。 オーガニックコットンなので、体に優しい。 柔らかく寝心地も良い、と素敵なふとんカバーです。 ただ、ちょっと高いんですよね。 シーツって何枚か買わなくてはならないので、無印のシーツだと結構な出費になってしまうのです。 エアリーマットレスにはニトリの敷布団カバー! 私が現在利用しているのは、ニトリの敷布団用カバー。 エアリーマットレス(厚さ5cm)は薄いので敷布団用カバーに問題なく入れることができます。

次の

おねしょされた(泣)エアリーマットレスを洗ってみた。

エアリー マットレス カバー

お気に入りの我が家で唯一のエアリーマットレス、夜中にダニらしき?にいっぱい刺されて 食われて? しまった敏感肌の次男に貸していました。 綿布団の34倍の通気性なら、ダニも住み着かないかなと思って。 カバーのファスナーが3つに分かれていますが、全体は繋がっています。 ネットに入れ、洗濯機の手洗いモードで洗いました。 夏で天気が良く、数時間で乾きました。 これが結構ぴっちりで、外すのも着けるのもちょっとだけ大変でした。 マットレス自体は、ビニールっぽい素材です。 ビニールじゃないけれど。 すごく軽いです。 水分を弾く素材だし、空洞が多いので、もし防水シートなかったら、床におしっこ到達していたと思います。 とりあえず、外の水道で洗って干しました。 天気も良かったので、すぐ乾きました。 全部を元に入れ直すのも、まあ大丈夫でした。 楽過ぎて、水を含んで長くて重〜い綿布団や普通のマットレスを洗っていた自分がバカらしく思えました 笑 おねしょが心配なお子様にこそ向いてると思いました。 ただ、畳の方は気をつけてください。 小さい子達は寝てても結構敏感で、カサカサ音で起きられたらたまったものじゃありません!笑.

次の