心配してくれてありがとう 敬語。 気を使ってくれてありがとうって英語でなんて言うの?

気を使ってくれてありがとうって英語でなんて言うの?

心配してくれてありがとう 敬語

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の意味と違いについて

心配してくれてありがとう 敬語

「気遣い」とは、「あれこれと気をつかうこと・心づかい・配慮」という意味があります。 それに尊敬 丁寧 語の「お」つけたものが、「お気遣い」。 つまり、 「お気遣いありがとうございます」とは、相手が自分のために気をつかってくれることや配慮してくれることに感謝の気持ちを伝える言葉になります。 「お気遣いありがとうございます」を使うタイミングとしては、自分が体調を崩したときに「お大事に」と言われた場合や、順調ではない仕事の進捗状況を気にかけてもらった場合などが挙げられます。 相手からの配慮や心づかいに対して、丁寧にお礼・感謝の気持ちを伝えられる敬語表現が「お気遣いありがとうございます」になります。 「お気遣いありがとうございます」は目上の人に使えるのか? 「お気遣いありがとうございます」と似た敬語に、「お心遣いありがとうございます」というものがあります。 「お心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること・心付け」。 言葉の意味だけに着目すると「お気遣い」も「お心遣い」もよく似ていますが、二つの言葉はニュアンスが異なります。 「気遣い」は、相手が自分に対して配慮や心配をしてくれたときに使う言葉。 「心遣い」は、相手が自分に対して思いやりのある言動をしてくれた時に使う言葉です。 祝儀・香典・寸志・餞別などの金品をもらった場合は「お心遣いありがとうございます」が適切。 「お心遣い」は、普通のお礼だけではなく、金品など物をもらったシーンでの感謝するフレーズとしてもよく使われます。 「心遣い」の類語の「配慮」には、「手落ちのないように良い結果になるように、あれこれと心を配ること」という意味があります。 その「配慮」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご配慮」。 よって、敬語表現である「ご配慮」は、目上の人や上司に使える言葉です。 「ご配慮ありがとうございます」のフレーズには、注意を向けてもらったり、 相手が思いを巡らせて気を配ってくれたことに対してのお礼の意味が含まれています。 一般的なお礼には「お気遣いありがとうございます」が使われますが、相手から非常に気にかけてもらったときや、先回りして気をきかせてもらったときなどは、「ご配慮ありがとうございます」が使われます。 「ご配慮ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「高配」は、「他人を敬ってその心配り」を意味する言葉です。 「高配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご高配」。 目上の人や上司に使える敬語表現です。 「ご高配ありがとうございます」のフレーズを分かりやすく言うと、「特別に配慮していただいて感謝しています」「親切な気遣いをありがとうございます」という意味合いになります。 相手から自分に対しての特別な配慮や思いやりを感じたときは、「お心遣いありがとうございます」ではなく「ご高配ありがとうございます」を使うと、感謝の意がより深く伝わります。 ビジネスシーンではメールの文頭によく用いられるポピュラーな決まり文句でもあります。 「ご高配ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「厚情」の言葉の意味は「手厚いなさけ・思いやりのある心・親切な気持ち」です。 そんな「厚情」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご厚情」になります。 尊敬語である「ご厚情」は、目上の人や上司に対して使える言葉です。 「ご厚情」はフォーマルで堅い言葉なので、日常生活で使うことはほぼありません。 ビジネスシーンでの使い方は、取引先に対する年賀状・暑中見舞い・改まったメールや、就任セレモニー・祝賀会などです。 このようなフォーマルな場面では、「お心遣い お気遣い ありがとうございます」よりも、「ご厚情ありがとうございます」というフレーズの方が相応しいと言えるでしょう。 「ご厚情ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「心配」には、「物事の先行きなどを気にして心を悩ますこと・気がかり」という意味があります。 「心配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご心配」。 「ご心配ありがとうございます」は、相手から心配をしてもらったときにお礼や感謝の気持ちを伝えるフレーズです。 目上の人や上司に使って問題ない敬語表現ですが、 より丁寧に気持ちを伝えたいときは「ご心配いただき」「ご心配くださり」と装飾語を付け加えた使い方が一般的。 相手から何か心配をしてもらった場合、「お心遣い お気遣い ありがとうございます」でも間違いではありませんが、「ご心配ありがとうございます」というフレーズの方が適切です。 「ご心配ありがとうございます」の例文.

次の

「気にかけていただき」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

心配してくれてありがとう 敬語

時間の配慮を受ける状況として感謝の気持ちを伝える場合はどうでしょうか。 例えば、仕事での待ち合わせや打ち合わせで、相手があなたの時間にできるだけ合わせてくれたり、あなたに負担のない予定で時間を組んできてくれたことなど挙げられます。 これに感謝の気持ちを伝える場合「ご配慮くださりありがとうございます」「ご配慮いただきありがとうございます」「お心遣いありがとうございます」などが相応しい表現です。 また「お気遣いありがとうございます」も便利な表現です。 相手が自分や自分の周りの物事に細かく気を遣ってくれたり、心配をしてくれることに対し使用する言葉です。 「お気遣いありがとうございます」も「心配してくれてありがとう」と同じ意味合いで感謝を伝える敬語表現なので、ケースに応じて使うといいでしょう。 事故に遭遇したり、巻き込まれたりすることの無いよう「気をつけて来てね」「車に気をつけて」など、相手があなたへ気遣いの言葉をかけてくれたことに対する感謝を伝える場合「お気遣いくださり(いただき)ありがとうございます」となります。 この「気遣い」は「心遣い」と似ていますが、「心遣い」は、相手が自分や自分の周りの物事に対し、助けになることを積極的に行う行為を意味します。 「気遣い」は、相手が自分や自分の周りの物事に細かく気を遣ってくれたり、心配をしてくれる行為を意味します。 「心遣い」は一段階上の親切を受けたときに使うのに対し、「気遣い」が主にマナーとして使用することが多いため、しっかり覚えましょう。 事故に配慮してくれたときも、時間に配慮してくれたときと同様「心配してくれてありがとう」を「お気遣いありがとうございます」と丁寧に言い換えることができます。 「気遣い」とは「心をつかうこと」であり、相手や相手の身の周りの物事に対しての配慮や優しさのことをいいます。 「私のために気配りや配慮をしてもらいありがとうございます」という意味の表現です。 例えば、取引先のところへ訪問時にお茶をいただいたり、体調悪いときに心配してくれたりしたとき、何かのお誘いを受けて都合がつかず行くことができなかったときなどで使う表現です。 「平素よりお気遣いいただきまして誠にありがとうございます」「ご多忙のところお気遣いいただきありがとうございました」「その日は都合がつかず参加できそうにありません。 お気遣いありがとうございます」などの使い方ができます。 「お気遣いありがとうございます」も「心配してくれてありがとう」と同じ意味合いで使える丁寧な表現法です。 「心遣い」とは、相手や相手の身の周りのことに対して助けになることを積極的に行う行為のことをいいます。 例えば、自分の入院時にお見舞いの品を持ってきてくれたり、仕事のプロジェクトなどで相手から配慮を受けたときなど「気遣い」よりさらに一段階上の親切を受けたときに、感謝の気持ちを伝える表現です。 「日程の件、お心遣いいただきありがとうございます」「お心遣いいただきありがとうございました。 お蔭さまで無事に退院することができました」などの使い方ができます。 「お心遣いありがとうございます」も「心配してくれてありがとうございます」と同じ意味合いで使えることができ、さらに「お気遣いいただきありがとうございます」より、実際に助けになる行動を受けたときに使えることが分かります。 「心配してくれてありがとう」に似た表現で、上で紹介した例文の他に「ご心配いただき恐縮です」という表現もあります。 この「恐縮」とは「相手に心配をかけたことに対し、申し訳なく感じる、畏れ入る」という意味があります。 また、「ありがとうございます」の意味も含まれているので「心配してくれてありがとう」と同じ意味合いで使えます。 「お忙しい中、ご連絡いただき恐縮しております」「この度はご丁寧な計らいをいただき、大変恐縮です」というように使います。 「恐縮ではございますが、何卒宜しくお願いいたします」というような使い方の場合は「申し訳なく思う」という意味が含まれていますので、相手への配慮の意味も含めることができます。 このとき「すみませんが」「失礼ですが」などの言い回しだと軽率な印象を与えるので、この「恐縮ですが」を使うようにしましょう。

次の