関西みらい銀行 口座開設。 ‎「りそな 口座開設&サービス申込アプリ」をApp Storeで

‎「りそな 口座開設&サービス申込アプリ」をApp Storeで

関西みらい銀行 口座開設

関西みらい銀行の定期預金 関西みらい銀行の定期預金の金利 関西みらい銀行には、数種類の定期預金があります。 その中で一番の主力となる定期預金が「スーパー定期」です。 ここではまず、その「スーパー定期」の金利をお示しします。 すべての預入期間と預入金額において、金利は一律で年0. 01%です。 関西みらい銀行の定期預金の金利 預入期間 1ヶ月以上〜 3ヶ月以上〜 6ヶ月以上〜 1年以上〜 2年以上〜 3年 4年 5年 1円以上 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% (2019年5月27日現在) 関西みらい銀行は2019年4月に、「近畿大阪銀行」と「関西アーバン銀行」が合併して誕生した地方銀行です。 人口減少や金利低迷が叫ばれる中、システム統合や支店の統廃合で経営コストを削減するのが合併の狙いで、競争力の強化も期待されています。 実際、 合併後の関西みらい銀行は関西地域の地方銀行の中で最大規模となり、大阪府や滋賀県、京都府、兵庫県など関西地域に多数の支店を展開しています。 関西みらい銀行のシステム統合 今後の関西みらい銀行のサービス強化にも期待できます。 とはいえ、合併後しばらくはシステム統合が不完全なので、注意も必要です。 2019年5月の時点では、関西みらい銀行のシステム統合はまだ不完全で、 「旧近畿大阪銀行支店」と「旧関西アーバン銀行支店」で取扱いサービスが異なります。 関西みらい銀行の「スーパー定期」 関西みらい銀行の「スーパー定期」も、旧近畿大阪銀行支店と旧関西アーバン銀行支店のものの2種類があり、それぞれ旧近畿大阪銀行支店と旧関西アーバン銀行支店の店舗窓口で取引する必要があります。 商品内容自体はほとんど同じですが、取引できる店舗窓口が異なり、システム統合によって商品内容が変わる可能性もあるため、注意して口座開設しましょう。 関西みらい銀行の「スーパー定期」の預入条件 関西みらい銀行のスーパー定期は、旧近畿大阪銀行支店と旧関西アーバン銀行支店でほぼ同じ商品内容で、 預入期間1カ月以上5年未満、預入金額1円以上となっています。 利息の計算方法も共通して単利型と複利型を選ぶことができ、単利型では中間利払い、複利型では据置期間後の一部解約をそれぞれ利用できます。 そのため運用計画に合わせて預入条件を決めるとよいでしょう。 ただし両支店とも複利型のスーパー定期は個人利用者しか口座開設できないため、法人が口座開設できるのは単利型のスーパー定期のみです。 関西みらい銀行の「スーパー定期」の金利 関西みらい銀行のスーパー定期の店頭表示金利は、全支店共通で年0. 01%です。 これは決して高金利とはいえませんが、現在スーパー定期の店頭表示金利は全国的に低い傾向にあり、とくにマイナス金利政策以降はネット銀行などの一部を除いて軒並み低金利になっています。 関西みらい銀行の「スーパー定期」の金利 預入期間 1ヶ月以上〜 3ヶ月以上〜 6ヶ月以上〜 1年以上〜 2年以上〜 3年 4年 5年 1円以上 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% 0. 01% (2019年5月27日現在) 関西みらい銀行の「スーパー定期」の特別金利キャンペーン もっとも、関西みらい銀行は旧近畿大阪銀行と旧関西アーバン銀行が提供していた金利上乗せ定期預金を複数取扱っており、特別金利キャンペーンを実施することもあるため、 スーパー定期以外で高金利な定期預金が期待できます。 金利上乗せ定期預金や特別金利キャンペーンは、スーパー定期の店頭表示金利に上乗せ金利が付くケースが多いため、普通にスーパー定期を利用するよりも断然お得です(2019年5月27日現在)。 関西みらい銀行の「期日指定定期預金」 関西みらい銀行では「期日指定定期預金」も便利です。 「期日指定定期預金」は、 口座開設後1年の据置期間を過ぎてから満期日を指定する定期預金で、指定した満期日には元金の全額を払い戻せます。 一般的な定期預金は口座開設時に満期日を設定するため、預入期間中に急に預金を払い戻したくなっても対応しにくいデメリットがあります。 しかし、期日指定定期預金は預入期間中に満期日を決めるため、好きなタイミングで預金を払い戻せます。 定期預金をいつでも払い戻せる状態にしておきたいという人にオススメです。 関西みらい銀行の2つの「期日指定定期預金」 2019年5月現在、関西みらい銀行の期日指定定期預金は、 「旧近畿大阪銀行支店」のものと「旧関西アーバン銀行支店」のものの2種類に分かれています。 とはいえ商品内容はほぼ同じで、たとえば預入期間はどちらも最長3年で、預入金額300万円未満という部分も共通しています。 また総合口座の担保にして当座貸越を利用できるという点も同じなので、支店を気にせずに総合口座を利用できます。 関西みらい銀行の「期日指定定期預金」の預入方法 しかし預金の預入方法は異なっており、「旧近畿大阪銀行」の期日指定定期預金は、現金や小切手、証券、振替などで随時預入できます。 しかし、「旧関西アーバン銀行」の期日指定定期預金は口座開設時に一括で元金を預けなくてはいけません。 そのため預入方法にこだわりがある場合は注意しましょう。 関西みらい銀行の「期日指定定期預金」の金利 関西みらい銀行の期日指定定期預金の店頭表示金利は、支店に関係なく年0. 01%です(2019年5月27日現在)。 一部の金融機関の期日指定定期預金は、預入期間に応じて店頭表示金利が異なりますが、 関西みらい銀行の期日指定定期預金は店頭表示金利が変わらないため注意しましょう。 また年0. 01%というのは全国的に高金利とは言えず、さらに預入金額の上限が300万円未満と少ないため、まとまった利息を受け取りにくいデメリットがあります。 そのため利息よりも、「預入期間中に満期日を指定できる」という特徴を活かした運用が向いています。 関西みらい銀行の「期日指定定期預金」のデメリット 期日指定定期預金は便利な一方で、特別金利キャンペーンの対象になりにくいデメリットがあります。 特別金利キャンペーンとは期間限定で金利上乗せ定期預金が提供されるイベントで、全国の金融機関が様々な特別金利キャンペーンを実施しています。 関西みらい銀行でも特別金利キャンペーンを実施して、合併記念定期預金などを提供しています。 しかし、上乗せ金利の対象となった定期預金はスーパー定期や大口定期預金だけで、 期日指定定期預金には特別金利キャンペーンがありません。 関西みらい銀行の「新年金定期」 関西みらい銀行では年金受給者や退職者向けの定期預金が充実しており、旧近畿大阪銀行や旧関西アーバン銀行時代の定期預金も多数提供されています。 最大のメリットはスーパー定期の店頭表示金利に上乗せ金利が付くことで、老後資金などの余裕資金を高金利で資産運用できるため、セカンドライフに備えるのに最適です。 関西みらい銀行の「新年金定期」の金利 「新年金定期」は預入期間1年、預入金額100万円以内です。 預入金額の上限が少ない代わりに適用金利は高くなっており、 1年ものスーパー定期の店頭表示金利に年0. 35%の上乗せ金利がつきます。 1年ものスーパー定期の店頭表示金利は年0. 01%なので、「新年金定期」は年0. 36%ということになります。 そのため余裕資金が少ない利用者や、高金利で資産運用したいという利用者にオススメです。 「新年金定期」はもちろんのこと、一般的な年金受給者向けの金利上乗せ定期預金よりも預入金額の上限が多いのが特徴で、まとまった余裕資金を預けて効率的に資産運用できます。 退職金や老後資金などを預けるとよいでしょう。 しかし、預入金額の上限が多い分適用金利は低くなっており、 1年ものスーパー定期の店頭表示金利につく上乗せ金利は年0. 05%です。 1年ものスーパー定期の店頭表示金利が年0. 06%となり、他の金融機関の金利上乗せ定期預金に比べると少々低金利な部類に入ります(2019年5月27日現在)。 関西みらい銀行の「プレ年金定期」 関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店の店舗窓口では、「プレ年金定期」も利用できます。 「プレ年金定期」とは57歳以上65歳未満の利用者のための金利上乗せ定期預金で、関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店で公的年金の受取予約を行うことで口座開設できます。 たとえば、通常の「プレ年金定期」は、預入金額100万円以内、預入期間1年で、1年ものスーパー定期の店頭表示金利に年0. 35%の上乗せ金利が付きます(2019年5月27日現在)。 預入金額の上限が少ないと満期日に受け取る利息が少なくなりますが、余裕資金が少ない利用者や、高金利で預金を預けたいという利用者にオススメです。 05%です。 (2019年5月27日現在) 「プレ年金定期」と違って多額の余裕資金を資産運用できるのが特徴で、退職金などの積極的な資産運用が可能です。 ただし、その分、金利は控えめとなっています。 関西みらい銀行の「相続定期預金」 関西みらい銀行では、相続定期預金を取扱っています。 相続定期預金は相続金の資産運用に特化した定期預金で、 通常よりも適用金利が高いため相続金を効率的良く預けられるメリットがあります。 昨今は高齢化社会ということもあって、相続や生前贈与などの注目度が高まっており、関連した金融サービスを強化したり、キャンペーンを実施する金融機関が増えています。 関西みらい銀行でも旧近畿大阪銀行や旧関西アーバン銀行当時の相続定期預金を提供して、相続金の資産運用を支援しています。 関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店の「相続定期預金」 関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店の相続定期預金は、 過去1年以内に相続金を受け取った個人利用者なら、誰でも口座開設できます。 預けられるのは原則として相続金だけですが、関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店で受け取った相続金はもちろん、他の金融機関で受け取った相続金も預けられるので、すでに相続金を受け取っている利用者にもオススメです。 さらに預入金額は100万円以上で上限がないため、相続金の全額を預けられます。 しかし一方で預入期間は6カ月と1年の二択なので、よく考えて口座開設をしたいです。 関西みらい銀行の「相続定期預金」の金利 相続定期預金は預入金額が1,000万円未満だとスーパー定期、1,000万円以上だと自由金利型定期預金(大口定期預金)の店頭表示金利に上乗せ金利が付きます。 上乗せされる金利は預入期間に応じて異なり、預入期間6カ月だと年0. 30%、預入期間1年だと年0. 15%が上乗せされます。 また、上乗せ金利は初回満期日で終了し、満期日以降の適用金利はスーパー定期、または自由金利型定期預金(大口定期預金)の通常の店頭表示金利が適用されるため、自動継続する際には金利の低下への注意が必要です(2019年5月27日現在)。 関西みらい銀行の「相続定期預金」のキャッシュバックサービス 関西みらい銀行の旧近畿大阪銀行支店の「相続定期預金」は、振込手数料等相当額キャッシュバックサービスが利用できます。 これは他の金融機関から旧近畿大阪銀行支店へ相続金を資金移動する利用者のためのサービスで、移動時に支払った振込手数料がキャッシュバックされるものです。 「相続定期預金」は他の金融機関で受け取った相続金を預けられますが、他の金融機関で受け取った相続金を相続定期預金へ預けるには旧近畿大阪銀行支店へ相続金を移動させる必要があり、その際に振込手数料がかかるのです。 振込手数料等相当額キャッシュバックサービスはそんな振込手数料の負担を解消できるサービスで、これによって気軽に相続定期預金を利用できます。 関西みらい銀行の定期預金とインターネットバンキング 関西みらい銀行では、各支店の店舗窓口で金融商品の取引を受け付けていますが、一部の金融商品やサービスはインターネットバンキングでも取引できます。 インターネットバンキングはパソコンやスマートフォンから取引や諸手続きができるサービスで、来店しなくても自宅や外出先から利用できるというメリットがあります。 2019年5月現在、 関西みらい銀行では旧近畿大阪銀行の利用者向けインターネットバンキングと旧関西アーバン銀行の利用者向けインターネットバンキングが提供されています。 それぞれ取引支店や取扱いサービスが異なるため、注意して利用しましょう。 関西みらい銀行のインターネットバンキング「マイゲート」 旧近畿大阪銀行のインターネットバンキング「マイゲート」は、様々な特典が付いた便利でお得なサービスです。 たとえば、各種明細照会や振込振替などの基本的な取引はもちろんのこと、定期預金や外貨預金、投資信託やファンドラップ、融資商品など様々な金融商品を取引できます。 そのため資産運用や資金調達まで来店せずに行えます。 さらにマイゲートは振込手数料が安い、関西みらい銀行クラブポイントが貯まる、専門家による住宅関連情報や遺産相続などのコラムが読める、マイゲート限定キャンペーンを利用できるなどのメリットもあります。 関西みらい銀行の「旧関西アーバン銀行のインターネットバンキング」 旧関西アーバン銀行のインターネットバンキングは、関西みらい銀行の旧関西アーバン銀行支店の利用者が契約できるサービスです。 残高照会や入出金明細照会、振込振替だけでなく、定期預金やカードローン、投資信託を取引できます。 人気商品を取引できるため、なかなか来店できない利用者にオススメです。 ただし、 スマートフォンからは定期預金や投資信託などの取引が行えないため、パソコンを持っていない利用者は少々不便になる恐れがあります。 関西みらい銀行のスマートフォンアプリ 関西みらい銀行は、合併に伴ってりそなグループの金融機関になったため「りそなグループおまとめアプリ」というスマートフォンアプリも利用できます。 「りそなグループおまとめアプリ」は主に各種明細照会に特化したスマートフォンアプリで、残高照会や入出金明細照会、確定拠出年金残高照会、クレジットカード引き落とし額照会などを利用できます。 また関西みらい銀行だけでなく、りそな銀行や埼玉りそな銀行など、りそなグループの金融機関の預金口座を全て管理できるため、関西みらい銀行以外のりそなグループの金融機関を利用する際にもオススメです。 メニュー• コラム• カテゴリー•

次の

新設法人が銀行口座を開設する時のポイント・必要書類など

関西みらい銀行 口座開設

屋号付きの銀行口座開設にあたり、銀行によって異なる点をまとめてみました。 「通常口座」と「屋号付き口座」開設にあたっての違い 個人事業主が「通常口座」を開設する場合と「屋号付き口座」を開設する場合には、以下のような違いがあります。 通常口座• ネットでの申し込み、テレビ電話、郵送などさまざまな方法での開設可能• どの支店の口座も開設可能• 初回来店時に口座開設が可能(キャッシュカードは後日郵送) 屋号付き口座• 窓口のみの受付• 自宅や事務所から最も近い支店の口座しか開設できない• 開設までに1週間程度かかる場合もあり• その際に、印鑑は個人名のものを使用可能となっています。 以下、各メガバンクの注意点となります。 三菱UFJ銀行 屋号の郵便物や屋号が記載された公共料金領収書、事務所の賃貸契約書などの提出が初回来店時に求められます。 みずほ銀行 個人口座の開設の際と同様に、初回来店時は本人確認書類と印鑑のみ持参。 屋号付き口座開設に関するヒアリングを行ってから、後日必要書類を提出する流れとなっています。 また、営業性個人口座は個人口座の扱いとなるので、既に個人口座を開設している場合には、屋号付き口座の開設は難しいようです。 三井住友銀行 営業性個人という区分での口座開設となります。 開業届はコピーではなく控えの原本が必要です。 りそな銀行 事業用口座は、りそなビジネスダイレクト口座扱いとなり、月額2,100円の経費が発生します。 本名を伏せたいという方にとって、それはちょっと…と思うかもしれませんが、先方からの振込の場合は屋号のみとすることもできます。 窓口でそのようにする旨を伝え、書面できちんと申請するようにしましょう。 裏ワザ!どうしても屋号のみの口座を開設したい場合 ゆうちょ銀行では、屋号のみの銀行口座を開設することができます。 サークルや同好会の会費徴収という名目での口座開設となりますので、通常必要となる本人確認書類と印鑑以外に、 会員規約や会員名簿なども必要となります。 自宅で簡単!ネットバンクの屋号付き銀行口座開設手続きの流れと持ち物 続いてネットバンクで屋号付きの口座を開設するための手順をご紹介いたします。 国民年金第1号被保険者 国民年金第2号被保険者 国民年金第3号被保険者 自営業者・フリーランス・学生 民間企業のサラリーマン・公務員 第2号被保険者の配偶者 楽天銀行 事前準備として、個人口座の開設が必要となります。 その後、個人ビジネス口座開設に必要な書類を取り寄せます。 後日、開業届のコピーを返信用封筒で郵送することで開設できます。 ジャパンネット銀行 ウェブサイト上で事業内容が確認できる、かつ開業後6か月以上経過していれば開業届の提出は不要です。 対して、6か月以内の場合には開業届の提出が必要となります。 ウェブサイトが存在しない場合には、開業届と合わせて 許認可証や会社案内のパンフレットが必要となります。 住信SBIネット銀行 セブン銀行のATM利用手数料が365日24時間無料かつ振込手数料が月3回まで無料となっている住信SBIネット銀行ですが、営業性個人口座の開設をすることはできません。 法人か個人のみでの開設となります。 WEB上での操作性が抜群!事務所や自宅のPCから簡単に取引可能• 実店舗がないことが、不安要素になる場合もある メガバンクの場合とネットバンクの場合、それぞれに存在するメリット・デメリットを見てきました。 それぞれのメリット・デメリットを比較した上で、どちらかに絞るのもいいですし、両方で作るというのもひとつの判断として考えられるかもしれません。 まとめ 信頼が全てといっても過言ではない個人事業主。 振込先の口座に屋号が付いていることで、振込を行う側の安心につながることが考えられます。 個人事業主のみなさんは屋号付きの銀行口座の開設をぜひ検討してみてください。

次の

個人事業主必見!屋号入り銀行口座を開設できる銀行比較

関西みらい銀行 口座開設

歴史 [ ] 発足前史 [ ] 関西みらい銀行の上のにあたるりそなホールディングス は、の創造を目標に掲げたリテールバンクとして、事業を行ってきた。 とりわけ、関西地区におけるスーパーリージョナルバンクの構築は、りそな銀行の前身であるの時代より、の設立とやの子会社化などと言った形で行われてきたものであった。 一方で、発足前の2017年当時、及びの親金融機関等であり、日本のメガバンクの1行でもあるやそのであるにあっては、 ()などの国際的な金融規制の対象となっており、その規制強化により、資産の効率化による資本効率の向上が最重要課題となっていたうえ、ゼロ金利政策の継続で利ザヤが縮小しているうえに、人口減少で融資や手数料収入の増加が見込めず今後の先行きが不安視される地方銀行を傘下に抱えることはリスクとなっていた。 こういった問題がある中で、傘下地銀2行を売却し自己資本比率を0. 5%程度引き上げるなど、この課題をクリアすることが求められていた。 更に、持ち合い株式を放出することで、コーポレート・ガバナンスの改善を図るというメリットもあった。 このようななか、三井住友銀行及び三井住友フィナンシャルグループは、からにかけて、に本店を置きを地盤としつつ及びへの進出を模索するに対して、みなと銀行との経営統合を持ちかけるも、固辞されるなどしていた。 また、関西アーバン銀行においても、との経営統合以前にに本店を置くの豊富な預金量を当て込んで経営統合を持ちかけ、統合後の名称を「都ホールディングス」とするところまで合意に至っていたなど、三井住友フィナンシャルグループの意向のみならず、各行においても地銀再編にコミットしようとする動きがあった。 こうした経緯もあり、関西地区でのグループの規模を拡大を求めるりそなホールディングスと傘下地銀の早急な切り離しを目論む三井住友フィナンシャルグループの利害が一致したことから、両行の傘下にあり関西地区に本店を置くりそなホールディングス傘下の及び三井住友フィナンシャルグループ傘下の並びにが経営統合し、を創設すること、そして、同FG傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併することが決定した。 2017年9月26日、りそなホールディングス及び経営統合予定の3行が経営統合の最終合意に至る。 あわせて各社より、関西みらいフィナンシャルグループ発足後の組織形態等の見通しが示され、2019年4月にに本店を置き、大阪府内で営業エリアが大きく被る近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の両行を合併させ、 関西みらい銀行を発足させることが公表された。 2018年4月1日、当行の親金融機関等にあたる関西みらいフィナンシャルグループが設立される。 2018年10月22日、関西みらい銀行の発足に先立ち、両行合併時に重複することを避けるため、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行のそれぞれにおいて、一部支店の店名及び店番の変更を実施。 2018年12月19日、2019年4月の発足を前に、当行の初代代表取締役社長に関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役社長の菅哲哉が就任することが報道された。 2019年1月15日、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行がそれぞれ「合併に伴うお知らせ」を公表。 2019年2月26日、関西みらい銀行発足時の新体制が公表される。 2019年3月29日、金融庁より近畿大阪銀行と関西アーバン銀行に対し、第30条第1項の規定に基づき、両行が合併し関西みらい銀行となることについて認可した旨が公表される。 発足当初 [ ] 2019年4月1日、関西みらい銀行が発足し、大阪市中央区の本店で発足式が開催される。 発足と同時に、旧関西アーバン銀行傘下の「関西アーバン銀リース株式会社」を「関西みらいリース株式会社」に、旧近畿大阪銀行傘下の「近畿大阪信用保証株式会社」を「関西みらい保証株式会社」に商号変更したほか 、旧関西アーバン銀行傘下の「株式会社関西クレジット・サービス」が個人ローン部門信用保証業務を関西総合信用株式会社に吸収分割したうえでりそなカード株式会社完全子会社となり、りそなカードに吸収合併された。 勘定系システムの統合 [ ] 旧近畿大阪銀行及び旧関西アーバン銀行の両行の勘定系システムの統合を2019年10月15日に実施した。 これにより、同行のすべての店舗・ATMで、同社(並びにりそな銀行及び埼玉りそな銀行)の通帳の利用及びキャッシュカードを利用した入金が可能になった。 なお、システム統合後は、旧関西アーバン銀行の通帳(もともと関西アーバン銀行だった関西みらい銀行の店舗で発行した通帳を含む)は、合併後、窓口では一切の使用ができなくなり、来店時に窓口での切り替えが必要となる。 店舗の移転統合(ブランチインブランチ実施店舗) [ ] 店名 移転先店名 旧住所 移転日 名古屋中央支店 名古屋支店 名古屋市中区錦2-15-22 2019年11月11日(月) 岸和田支店 岸和田駅前支店 大阪府岸和田市宮本町2-5 2019年11月18日(月) 沿革 [ ]• 2019年(31年・元年)• 04月 01日 - 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併し、関西みらい銀行が発足。 10月15日 - 旧関西アーバン店舗の勘定系システムのりそな統合システムへの移行(勘定系システムの統合)が完了。 関係会社 [ ] 連結子会社 [ ]• 関西みらいリース株式会社• 関西みらい保証株式会社• 関西総合信用株式会社• びわこ信用保証株式会社• 株式会社びわこビジネスサービス• 幸福カード株式会社 脚註 [ ] [] 註釈 [ ]• 関西みらい銀行の発行済株式のすべてを保有する関西みらいフィナンシャルグループは、自社の発行済株式の過半数をりそなホールディングスに保有されている。 銀行法施行令第四条の二の二及び同第四条の二第2項並びに銀行法施行規則第十四条の七の定義するところにより、銀行法第十三条三の二第2項に基づき、関西みらい銀行はりそなホールディングスの子金融機関等に当たることとされる。 これについて、ロイター通信は、大手銀行傘下の地方銀行が系列の垣根を超えて統合することは珍しいとコメントしている。 なお、に本店を置くみなと銀行については、関西みらい銀行には加わらず「県民銀行」としての経営に徹するとしている。 これについて、りそなホールディングスの幹部の一人は「みなとは形式的には関西みらいに加わるが、勝手にやらせてもらうと言っているようなもの」であるというコメントを月刊FACTAの取材に対して残している• 発足時に取締役社長に就任した菅哲也は「お客様の成功、地域活性化に全力を尽くす覚悟。 『なくてはならない』と思ってもらえる銀行を目指す」「時代の転換期で銀行のあり方そのものが問われている。 関西みらい銀行の存在感しっかり示せるよう、サービスを届けていきたい」等とコメントした。 同日より、関西みらい銀行発足を記念した合併記念定期預金が発売される。 出典 [ ]• 2019年4月に銀行の合併が行われたが、については同年10月15日のシステム統合まで合併前の旧両行のものを使用していた。 - 合併に関するお知らせ|関西みらい銀行 2019年4月10日閲覧. 日本経済新聞 2019年4月1日. 2019年4月3日閲覧。 (e-gov 2018年8月15日公布)• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (『経済界』 2014年6月26日配信 2017年2月25日確認)• (投資家向け資料 2000年公表)• ( 2017年10月10日06:30配信) 2017年10月29日閲覧• ( 2017年2月20日14時38分配信 配信日に確認)• (NHK 2017年2月20日15時51分配信) 配信日に確認• 『三井住友・りそなの関西3地銀、来春統合で大筋合意』( 2017年2月25日朝刊5頁)• (産経新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (日本経済新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (近畿大阪銀行 2019年1月15日公表)公表日に確認• (関西みらいフィナンシャルグループホームページ)2019年4月2日確認• ( 2019年3月29日公表)公表日に確認• ( 2019年4月1日11:01配信)配信日に閲覧• (関西みらい銀行公式ホームページ) 2019年4月4日閲覧• (2018年12月19日)• (2019年4月1日)•

次の