外貨預金 初めて。 FXと外貨預金との違い――外貨建てMMF

はじめての外貨預金!初心者が身につけておきたい外国為替の基礎知識

外貨預金 初めて

ニュース番組で「円高ドル安です」などと言及しているのは、まさに外国為替レートの情報です。 各国通貨の価値は日々変動しています。 外貨預金の預入時より引出時のほうが有利なレートになっていると、為替差による利益が生まれます。 たとえば、1ドル=100円のときに米ドル外貨預金に預け、1ドル=103円のときに解約したとします。 この際、預入時は100円だったお金が、手元に返ってくると103円になっています。 つまり、3円の為替差益が得られます。 この為替差益にくわえて高金利な利息も受け取れるため、外貨預金はときに予想以上の利益を生み出す可能性があります。 為替差損による元本割れリスク 一方で、為替変動によって損失が生まれることもあります。 為替変動による利益を「為替差益」というのに対し、損失は「 為替差損(かわせさそん)」といいます。 為替差損が大きくなると、外貨預金が 元本割れとなることもあります。 たとえば、1ドル=100円のときに外貨預金へ預け、為替レートが1ドル=97円のときに解約すると、3円の為替差損となります。 預入時は100円払ったのに、解約時は97円しか受け取れません。 為替差損の避け方 外貨預金で為替差損が生まれそうなとき、損失を抑える方法があります。 より円安になるまで、外貨預金を預けたままにしておくことです。 外貨預金を解約する(円預金に戻す)タイミングは、原則として任意です。 為替差益が出るタイミングまで待ってから解約をすれば、元本割れを回避できます。 ただし、為替レートが長く円高のままだと「今解約すると為替差損が出るので、売るに売れない状態」になる場合もあります。 為替差益と為替差損は日々変動しますが、 利息は確実に受け取れる利益です。 預金金利が高い銀行で外貨預金を利用すれば、為替差損を金利でカバーできる可能性があります。 長期的に外貨預金へお金を預けておけば、そのあいだに利息も増え、元本割れのリスクも下げられます。 長期的に外貨預金で運用するなら、 外貨定期預金も検討することをおすすめします。 外貨定期預金も存在する 外貨預金は普通預金だけでなく、定期預金もあります。 円預金と同じく、預入時に満期を決め、原則途中で引き出さずに運用します。 外貨定期預金は、外貨普通預金よりさらに預金金利が高い傾向にあります。 高い金利で長期的に預け入れれば、より多くの利息を受け取れます。 特にネット銀行は、外貨定期預金の金利アップキャンペーンも積極的に行います。 通常の数倍から数十倍の金利で運用できるプランが出ることもあります。 満期時の取扱方法は3種 外貨定期預金は、満期時に 自動継続するかか 自動解約するかを預入時に選べます。 基本的には円定期預金と同じです。 しばらく外貨預金を使う予定がなければ、「元利金継続型」がおすすめです。 満期時に増えていた利息を含めて「元金」として運用し続けるため、満期を迎えるたびに利息が雪だるま式に増えます。 元利金継続型(自動継続型) 元金・利息ともに預入時と同じ期間の定期預金で自動継続します。 元金継続型(自動継続型) 満期を迎えると、利息部分は外貨普通預金口座に入金され、 元金のみ自動継続されます。 自動払戻型 満期が来たら、元金・利息ともに外貨普通預金口座に払い戻されます。 満期で定期預金を自動解約したい場合におすすめです。 自動継続中の外貨定期預金を「次の満期で払い戻そう」と思った際は、満期を迎える前に自動払戻型へ戻します。 ネットバンキングを利用していれば、スマホやパソコンからすぐに変更できます。 解約と同時に、円に戻されて損することはないので安心です。 外貨普通預金の残高を円に戻す際は、為替レートがより円安なときを選ぶことで為替差益を得られます。 外貨預金に有利なのは円高?円安? 外貨預金を利用するには、円高・円安の理解が不可欠です。 改めて、円高と円安の違いをおさらいします。 円高・円安とは、2つの通貨の為替レートがどちらに動いたかを表す言葉です。 たとえば、「円高」と「ドル安」はどちらも「ドルに対し円の価値が上がった」ことを指します。 外貨預金を預ける際は円高、 外貨預金の解約は円安のほうが有利だと覚えておくと安心です。 円高のタイミングで外貨預金に預け、その後円安になるほど利益が出ます。 円の価値が高く、多くの外貨を買い付けられるため、外貨預金の 預け入れに向いています。 円の価値が下がり、今まで100円あれば1ドルを買えたのに、130円が必要になってしまいました。 逆に、ドルから円を買い付けるのに有利なので、外貨預金の 引き出し(解約)に向いています。 為替相場のチャートは、基本的にドルベースで表示されています。 チャートのグラフが右肩上がりになっている状態は「円安ドル高」が進んでいることを意味します。 つまり、 チャートが上がると利益、チャートのグラフが下がると損になります。 ファイナンス 米ドル/円チャート 外貨預金の「為替手数料」に注意 円預金も外貨預金も、預金サービスの利用自体には手数料はかかりません。 ただし、外貨預金は預入時と引出時に 為替手数料(為替コスト)がかかります。 為替レートは、売るときと買うときに差があります。 この売買レートの差が、為替手数料にあたります。 以下は、とある日の三井住友銀行の為替レートです。 TTS(買いレート) 円預金から外貨預金に預入れるときの為替レート。 TTB(売りレート) 外貨預金を円預金に戻すときの為替レート。 解約する時はこちらのレートが適用される。 上記の図を見ると、米ドルの買いレートと売りレートのあいだに「1円(100銭)」の差があります。 これが三井住友銀行の為替手数料となります。 この時点で、三井住友銀行の米ドルの外貨預金へ預け入れると、1ドル買うのに102円98銭がかかります。 この外貨預金をすぐに解約すると、101円98銭しか受け取れず、1円(100銭)の損失が出ます。 実際は、為替レートは刻一刻と変化しています。 為替レートが変動し、売りレートが1ドル=103円になったときに解約すれば、為替差益として0. 02銭の利益が出る計算になります。 大手銀行の為替手数料は高い 外貨預金の為替手数料は、銀行によって異なります。 大手銀行は、為替手数料はかなり高めに設定されています。 為替手数料が低い銀行を選ぶと、利息や為替差益を手数料で圧迫しないため、元本割れしにくくなります。 外貨預金を利用する金融機関を選ぶ際は、金利だけでなく為替手数料も比較することをおすすめします。 特にネット銀行のなかには、為替手数料が格安の銀行が多くあります。 大手銀行の約4分の1の手数料ですむ場合もあります。 ペイオフとは、お金を預けている金融機関が破綻しても、預金1,000万円とその利息までは保護される仕組みです。 円普通預金や円定期預金は、ペイオフの対象です()。 対して外貨預金は、銀行が破綻しても保護する制度はありません。 倒産した銀行の財政状況によっては、全額が戻ってこない可能性もあります。 不安な方は、自己資本率の高い銀行などを選ぶことをおすすめします。 外貨預金の金利が高いネット銀行は、財務健全性の高い銀行が多い傾向にあります。 なかには、メガバンクや地方銀行より自己資本率が高いネット銀行もあります。 外貨預金の始め方 外貨預金は、外貨預金を取り扱う国内の銀行で手続きすればすぐに利用できます。 海外の銀行で口座開設する必要はありません。 通貨の売買から保管まで、すべて日本の銀行が行います。 インターネットバンキング 大手銀行や地方銀行は、銀行窓口でも外貨預金の手続きが可能です。 しかし、店頭よりネットから申し込むほうが、為替手数料が低くなる銀行が多めです。 ネットからの申し込みがおすすめです。 ネットバンキングを使えば、スキマ時間に外貨預金の申し込みや解約が可能です。 土日や祝日、夜間や早朝でも取り引きでき便利です。 通貨の選び方 外貨預金に申し込む際は、どの通貨に預け入れるかを選ぶ必要があります。 外貨預金というと、多くの人が「米ドル」を想像すると思います。 金融機関によっては、先進国から新興国まで、幅広い国の通貨の取り扱いがあり、迷うかもしれません。

次の

外貨預金とは −やさしい外貨預金教室−

外貨預金 初めて

コンテンツ• 始めに…初心者さんに伝えたいこと 外貨預金は銀行から勧められたり、 預金という言葉が付くせいか「安全で良い商品」というイメージが先行する方も多いようですね。 いくら銀行が取り扱っているとはいえ「外貨預金」は元本割れのリスクがある金融商品です。 FXと違って「レバレッジ」や「ロスカット」がないから安心…と思って安易に始めてしまうのは、ちょっと危険かも知れません。 満期までの期間や決済の自由度、手数料の違いなど「外貨預金」のデメリットも少しばかりあるものです。 外貨預金を始める前に、少しこちらを参考にしてみませんか? 外貨預金とFXの違いついて 外貨預金もFXのどちらも外貨を取り扱いますが、外貨預金は日本円を米ドルなどの外貨に換えて預ける預金です。 出し入れが自由にできる普通預金と月単位や年単位など満期期間の異なる定期預金があります。 FXと外貨預金の大きな違いは「レバレッジ」がかけられる点だと思います。 表にまとめてみました。 外貨預金とFX比較 FXはリスクが高いというウソ 先にも説明しましたが外貨預金とFXの大きな違いは「レバレッジ」をかけた取引が出来ることです。 レバレッジをかけると為替相場の急変動によっては、大きな損失を被る可能性があり、その際は損失の拡大を防ぐために自動ロスカット(強制決済)される可能性があります。 しかし、 FXもレバレッジをかけずに1倍での取引をすれば、外貨預金と同じ利益や損失になります。 レバレッジをかけない場合、基本的に強制決済になることはないので、安全に運用することができます。 利息の発生が毎日のFXの魅力 外貨預金の場合は金利による「利息」が、FXの場合はスワップポイント(金利差利益)による「利益」が発生します。 取引会社や通貨ペアによって、スワップポイントの付与日は異なりますが、保持した期間に応じてスワップポイントを得ることができます。 原則、満期にならないと利息が発生しない外貨預金に比べて、毎日スワップポイントとして獲得できるのと、好きなタイミングで決済できるのも良いところです。 またFX会社によっては、ポジションを決済せずにスワップポイントのみ決済できる会社もあるので、運用計画が立てやすかったり、リスクの管理がしやすいのも魅力ですね。 手数料が10倍以上も違う 外貨預金とFXでは手数料の違いがとても大きいです。 外貨預金では、日本円を一旦海外の通貨に交換して預金するので、預入のタイミングと引出しの往復で手数料がかかってしまいます。 銀行によっては預入時の手数料を取らないところも増えていますが、それでも手数料は高いですね。 一方FXでは、実質手数料的なコストであるスプレッドがありますが、手数料に比べると断然に安いです。 総合的に考えてもFXが有利 また税金のかかるタイミングについても、外貨預金とFXでは違います。 外貨預金の場合は、引出しの手数料を引く前の金利から税引きされます。 銀行の提示している金利は税引き前の金利なので、実質は、少ない金利の中から手数料がかかるので、外貨預金をしたらマイナスだったということも多いです。 FXの場合は、買い価格と売り価格のスプレッドコスト以上に差し引かれる手数料はありません。 最終的に年間に得た利益に対して税金がかかるので、手数料で損をするリスクが外貨預金に比べると圧倒的に低いです。 初心者にFXをおすすめする理由 外貨預金とFXの違いについて少しまとめてみましたが、外貨預金に比べるとFXの方が初心者にはおすすめしやすいと思っています。 少額で初めて、すぐに辞められる 一番のメリットはすぐに辞められることです。 外貨預金にもいろいろな投資期間の商品はありますが、一定の利益を得ようと思うと1年単位での投資期間がかかってしまいます。

次の

初めての「外貨預金」賢く利用する3つのポイント

外貨預金 初めて

ニュース番組で「円高ドル安です」などと言及しているのは、まさに外国為替レートの情報です。 各国通貨の価値は日々変動しています。 外貨預金の預入時より引出時のほうが有利なレートになっていると、為替差による利益が生まれます。 たとえば、1ドル=100円のときに米ドル外貨預金に預け、1ドル=103円のときに解約したとします。 この際、預入時は100円だったお金が、手元に返ってくると103円になっています。 つまり、3円の為替差益が得られます。 この為替差益にくわえて高金利な利息も受け取れるため、外貨預金はときに予想以上の利益を生み出す可能性があります。 為替差損による元本割れリスク 一方で、為替変動によって損失が生まれることもあります。 為替変動による利益を「為替差益」というのに対し、損失は「 為替差損(かわせさそん)」といいます。 為替差損が大きくなると、外貨預金が 元本割れとなることもあります。 たとえば、1ドル=100円のときに外貨預金へ預け、為替レートが1ドル=97円のときに解約すると、3円の為替差損となります。 預入時は100円払ったのに、解約時は97円しか受け取れません。 為替差損の避け方 外貨預金で為替差損が生まれそうなとき、損失を抑える方法があります。 より円安になるまで、外貨預金を預けたままにしておくことです。 外貨預金を解約する(円預金に戻す)タイミングは、原則として任意です。 為替差益が出るタイミングまで待ってから解約をすれば、元本割れを回避できます。 ただし、為替レートが長く円高のままだと「今解約すると為替差損が出るので、売るに売れない状態」になる場合もあります。 為替差益と為替差損は日々変動しますが、 利息は確実に受け取れる利益です。 預金金利が高い銀行で外貨預金を利用すれば、為替差損を金利でカバーできる可能性があります。 長期的に外貨預金へお金を預けておけば、そのあいだに利息も増え、元本割れのリスクも下げられます。 長期的に外貨預金で運用するなら、 外貨定期預金も検討することをおすすめします。 外貨定期預金も存在する 外貨預金は普通預金だけでなく、定期預金もあります。 円預金と同じく、預入時に満期を決め、原則途中で引き出さずに運用します。 外貨定期預金は、外貨普通預金よりさらに預金金利が高い傾向にあります。 高い金利で長期的に預け入れれば、より多くの利息を受け取れます。 特にネット銀行は、外貨定期預金の金利アップキャンペーンも積極的に行います。 通常の数倍から数十倍の金利で運用できるプランが出ることもあります。 満期時の取扱方法は3種 外貨定期預金は、満期時に 自動継続するかか 自動解約するかを預入時に選べます。 基本的には円定期預金と同じです。 しばらく外貨預金を使う予定がなければ、「元利金継続型」がおすすめです。 満期時に増えていた利息を含めて「元金」として運用し続けるため、満期を迎えるたびに利息が雪だるま式に増えます。 元利金継続型(自動継続型) 元金・利息ともに預入時と同じ期間の定期預金で自動継続します。 元金継続型(自動継続型) 満期を迎えると、利息部分は外貨普通預金口座に入金され、 元金のみ自動継続されます。 自動払戻型 満期が来たら、元金・利息ともに外貨普通預金口座に払い戻されます。 満期で定期預金を自動解約したい場合におすすめです。 自動継続中の外貨定期預金を「次の満期で払い戻そう」と思った際は、満期を迎える前に自動払戻型へ戻します。 ネットバンキングを利用していれば、スマホやパソコンからすぐに変更できます。 解約と同時に、円に戻されて損することはないので安心です。 外貨普通預金の残高を円に戻す際は、為替レートがより円安なときを選ぶことで為替差益を得られます。 外貨預金に有利なのは円高?円安? 外貨預金を利用するには、円高・円安の理解が不可欠です。 改めて、円高と円安の違いをおさらいします。 円高・円安とは、2つの通貨の為替レートがどちらに動いたかを表す言葉です。 たとえば、「円高」と「ドル安」はどちらも「ドルに対し円の価値が上がった」ことを指します。 外貨預金を預ける際は円高、 外貨預金の解約は円安のほうが有利だと覚えておくと安心です。 円高のタイミングで外貨預金に預け、その後円安になるほど利益が出ます。 円の価値が高く、多くの外貨を買い付けられるため、外貨預金の 預け入れに向いています。 円の価値が下がり、今まで100円あれば1ドルを買えたのに、130円が必要になってしまいました。 逆に、ドルから円を買い付けるのに有利なので、外貨預金の 引き出し(解約)に向いています。 為替相場のチャートは、基本的にドルベースで表示されています。 チャートのグラフが右肩上がりになっている状態は「円安ドル高」が進んでいることを意味します。 つまり、 チャートが上がると利益、チャートのグラフが下がると損になります。 ファイナンス 米ドル/円チャート 外貨預金の「為替手数料」に注意 円預金も外貨預金も、預金サービスの利用自体には手数料はかかりません。 ただし、外貨預金は預入時と引出時に 為替手数料(為替コスト)がかかります。 為替レートは、売るときと買うときに差があります。 この売買レートの差が、為替手数料にあたります。 以下は、とある日の三井住友銀行の為替レートです。 TTS(買いレート) 円預金から外貨預金に預入れるときの為替レート。 TTB(売りレート) 外貨預金を円預金に戻すときの為替レート。 解約する時はこちらのレートが適用される。 上記の図を見ると、米ドルの買いレートと売りレートのあいだに「1円(100銭)」の差があります。 これが三井住友銀行の為替手数料となります。 この時点で、三井住友銀行の米ドルの外貨預金へ預け入れると、1ドル買うのに102円98銭がかかります。 この外貨預金をすぐに解約すると、101円98銭しか受け取れず、1円(100銭)の損失が出ます。 実際は、為替レートは刻一刻と変化しています。 為替レートが変動し、売りレートが1ドル=103円になったときに解約すれば、為替差益として0. 02銭の利益が出る計算になります。 大手銀行の為替手数料は高い 外貨預金の為替手数料は、銀行によって異なります。 大手銀行は、為替手数料はかなり高めに設定されています。 為替手数料が低い銀行を選ぶと、利息や為替差益を手数料で圧迫しないため、元本割れしにくくなります。 外貨預金を利用する金融機関を選ぶ際は、金利だけでなく為替手数料も比較することをおすすめします。 特にネット銀行のなかには、為替手数料が格安の銀行が多くあります。 大手銀行の約4分の1の手数料ですむ場合もあります。 ペイオフとは、お金を預けている金融機関が破綻しても、預金1,000万円とその利息までは保護される仕組みです。 円普通預金や円定期預金は、ペイオフの対象です()。 対して外貨預金は、銀行が破綻しても保護する制度はありません。 倒産した銀行の財政状況によっては、全額が戻ってこない可能性もあります。 不安な方は、自己資本率の高い銀行などを選ぶことをおすすめします。 外貨預金の金利が高いネット銀行は、財務健全性の高い銀行が多い傾向にあります。 なかには、メガバンクや地方銀行より自己資本率が高いネット銀行もあります。 外貨預金の始め方 外貨預金は、外貨預金を取り扱う国内の銀行で手続きすればすぐに利用できます。 海外の銀行で口座開設する必要はありません。 通貨の売買から保管まで、すべて日本の銀行が行います。 インターネットバンキング 大手銀行や地方銀行は、銀行窓口でも外貨預金の手続きが可能です。 しかし、店頭よりネットから申し込むほうが、為替手数料が低くなる銀行が多めです。 ネットからの申し込みがおすすめです。 ネットバンキングを使えば、スキマ時間に外貨預金の申し込みや解約が可能です。 土日や祝日、夜間や早朝でも取り引きでき便利です。 通貨の選び方 外貨預金に申し込む際は、どの通貨に預け入れるかを選ぶ必要があります。 外貨預金というと、多くの人が「米ドル」を想像すると思います。 金融機関によっては、先進国から新興国まで、幅広い国の通貨の取り扱いがあり、迷うかもしれません。

次の