悪事 類語。 「見せしめ」の意味と使い方・類語と例文

「糾弾」の読み方、意味、使い方、類語「非難」との違い、英語

悪事 類語

道徳や法律に違反する行為 の意• 不正な、邪悪な、あるいは非道徳的な行為 の意• 犯罪行為• 不仕末• 違反行為; 法律、義務または倫理の違反 の意• 道徳的に好ましくない振舞い の意• 不正行為• 神からの離反 の意• 罪深いこと• 邪悪である性質 の意• 倫理的に受諾しうることから逸脱すること の意• 誤まり• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

【慣用句】「悪事千里を走る」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

悪事 類語

「糾弾」の読み方・意味 「糾弾」の読み方は「きゅうだん」 「糾弾」は、 「きゅうだん」と読みます。 「糾」を「叫」と間違えて、「きょうだん」と読んでしまうケースが多いですが、「叫弾」というのは全く別の意味の言葉になりますので注意しましょう。 「糾弾」の意味は「罪や責任を問いただして、批難すること」 「糾弾」の意味は、 「罪や責任を問いただして非難すること」です。 「罪を問いただして、避難する」とは、一般的に 上司や親といった目上の人や警察にされるわけではなくて、周りの多数の人々から悪事を働いた人物、または組織などに対してということです。 「糾弾」の漢字・語源 「糾」は、「より合わせる」という意味の他に、「ただす・取り調べる」という意味あり、 「罪や犯罪の真相を問いただす」という意味の「糾問」という言葉にも使用されている漢字です。 「弾」は、主に「鉄砲のたま」という意味や、「はねかえる」という意味の「弾く」などで使われていますが、 「罪を問いただす・責め立てる」という意味もあります。 この、二つの漢字の意味を合わせて 「罪を問いただして責め立てる」という意味になります。 糾弾の使い方・例文 「糾弾」は、ある出来ごとを悪事とみなした時に、 その責任など罪を強く問うような場面で使用される言葉です。 悪事の当事者や、関係者に対して、その「非」を徹底的に追及し、 裁判所などの機関になんらかの処罰を決定してもらうような場面でも使われることがあります。 「糾弾」は、上記の「糾弾の意味」でも説明したように、 多数の人々が悪事を働いた人物または組織などに対して罪を責めたてるという時に使われます。 例えば、「親が姉に糾弾した」といったように、 一人が一人に対して責め立てている場面で使用することは誤用になりますので注意しましょう。 例えば、「彼の投げやりな態度を非難する」という使い方をすると「投げやりな態度」を過失として、「彼」を責めているという意味になります。 主に、「非難する」といったような使い方をします。 「糾弾」と「非難」は、責め立てるという点で似ている言葉ですが、「糾弾」は 出来事を「悪事」として罪を責め立てることを言い、「非難」は、 相手の悪いところを責め立てるという意味があるので、微妙に意味合いが違います。 人の事を悪く言ったり、けなしたりすることを「非議」といいます。 「非議する」や、「非議される」というような使い方をします。 「非議」を用いた例文 「上司を非議したのが原因で他の部署へと移動になった」 「彼の行動は非議されても仕方のないものだった」 「他人の性格を非議したところで何の為にもならないと思っている」 問責(もんせき) 「問責」の意味は、 「問いただすこと・責任を問い詰めること」です。 「母親を問責した」といったように、だれかを問い詰める時に使用する言葉です。 政治のニュースなどでよく耳にする、「問責決議」は、閣僚や議会の役員の責任を問うことを内容として行われる会議のことです。 「問責」を用いた例文 「不祥事が発覚し、工場長が問責された」 「在園中に子供がけがをする事故が起き、担任が問責された」 「従業員全員が問責対象となることは間違いないだろう」 指弾(しだん) 「指弾」の意味は、 「非難して、受け入れられないものして拒むこと」です。 「つまはじきする」という表現の仕方をされている場合もありますが、「つまはじき」とは、 「ある人を忌み嫌って拒むこと」をいいます。 「指弾」を用いた例文 「何気ない行動で指弾されてしまいショックをかくせない」 「身に覚えのないことで指弾され、どうすることもできなかった」 「些細なことで指弾する性格だった」 弾劾(だんがい) 「弾劾」の意味は、 「犯罪や不正を明らかにして、責任を追及すること」です。 また、「非行のあった裁判官や人事官を処罰すること・その手続き」という意味もあります。 「弾劾される」「弾劾を受ける」というような使い方をします。 「弾劾」を用いた例文 「警察官はその場にいた全員を弾劾するような強い口調で話はじめた」 「不祥事をおこした裁判官を処罰するのが弾劾裁判というものだ」 「違反をしてしまった三日後に弾劾文が届いた」 難詰(なんきつ) 「難詰」の意味は 「欠点を挙げて厳しく非難すること・厳しく問い詰めること」です。 主に、何かをしてしまった相手に対して厳しく問い詰めて非難するような場面で使用する言葉です。 「難詰する」や「難詰される」というような使い方をします。 「難詰」を用いた例文 「昔した悪事について急に難詰されて動揺した」 「婚約者の浮気について激しく難詰した」 「口調は優しいものだったが、目線はまるで難詰されているようだった」 「糾弾」の対義語 論賛(ろんさん) 「論賛」の意味は、 「人の徳行や、業績などを論じたたえること」です。 「糾弾」とは、「人が犯した罪を責め立てる」という意味合いでしたが、「論賛」はその反対で、 「人のした良いことを論じてたたえる」という意味です。 「論賛」を用いた例文 「次期社長は、次期社長となる後継者を論賛した」 「会社を倒産の危機から救った人を論賛した」 称賛(しょうさん) 「称賛」の意味は、 「褒めること・たたえること」です。 例えば、「彼を褒めたたえた」ということを「彼を称賛した」というように使用します。 同じ読みで「賞賛」という漢字が違う言葉がありますが、「賞賛」は、 「金品をあげて褒める」という意味があります。 どちらも区別つけることなく使用している人が多いですが、厳密にいうと使い分けたほうがよい漢字なので注意しましょう。 「称賛」を用いた用例 「入所前から彼は様々な分野の教授から称賛をうけていた」 「彼女のボランティア活動の実績は称賛された」 「政府への思いっ切った発言が称賛を経た」 讃美(さんび) 「讃美」の意味は 「褒めたたえることです。 例えば、「~を褒めたたえる」を「~を讃美する」と言い表します。 キリスト教の人々が歌う「讃美歌」は、「イエスキリストを褒めたたえる歌」ということになります。 「讃美」を用いた用例 「あの先生は、自分生徒をよく讃美する」 「上位入賞し讃美された」 「マラソンを完走したときは自分で自分を称賛した」」 三嘆(さんたん) 「三嘆」の意味は、 「非常に感心すること」です。 心の底から関心して、何度も褒めてしまうようなことを「三嘆」といいます。 素晴らしい詩文などを読んで、非常に感銘を受けるという意味の「一読三嘆」という四字熟語があります。 「三嘆」を用いた例文 「子供たちの頑張る姿に三嘆した」 「物語のラストの予想もできない展開に三嘆した」 「今年最後に読んだ小説は一読三嘆した」.

次の

告発の意味とは?類語「告訴」との違いや使い方・例文を解説!

悪事 類語

(工夫して新しいものを作り出す) それぞれの例文を見てみると、 普段何気なく、いろんなニュアンスの「考える」を使っていることが分かりますよね。 2.「考える」の類語を意味ごとに紹介! 「考える」と同じ様な意味を持つ類語を、以下の意味ごとに紹介していきます。 考慮する 思いやる 人の身になって考える (気持ちを)汲(く)む 相手の気持を好意的に解釈する 推察する 物事の事情や、他人の心中を考えて思いやる (〜と)見受ける 見て、判断する 位置づける 物事の程度・能力などを見極めるて階級を付けること (〜であると)にらむ 見当をつける 思念する 心に思うこと• また、よく使われる言葉で 「考える」に近い意味を持つものとして、「感じる」や「思う」があります。 「考える」と「感じる」「思う」との違いが分かりますか? 感覚的にはなんとなく分かるけど、言葉で説明するのは難しいですよね。 そこで、「考える」と「感じる」や「思う」との違いを、簡単に解説します。• 考える:(論理的に)頭を使って考える• 感じる:(実体験を元に)自然と気持ちや感情が生じること• 思う:(考えた結果、または感じた結果)想像する。 思うこと 「考える」が連続してしまう時は、適度に「感じる」や「思う」を使うと良いですね。 しかし、「感じる」や「思う」「考える」は、とても主観的な表現です。 主観的な表現も時には大事ですが、文章は読み手に読んでもらうものなので、客観性も大事です。 そこで、次では「考える」や「思う」「感じる」という言葉を使わずに表現する方法を解説します。 3-2.「考える」や「思う」「感じる」を使わずに表現する方法 同じ様な意味を表現する場合は、類語を使えば良いのですが、 類語を使わずに表現する方法があります。 難しい類語であれば、読み手にも負担を与えてしまいますからね。 ここでは、例文を元に解説していきます。 例文1.「考える」を使わずに表現する.

次の