グラクロ さらば メリオダス。 【グラクロ】団長メリオダス<七つの大罪>の装備と評価

【グラクロ】〈170話〉メリオダスvs〈十戒〉攻略|ゼルドリス戦【七つの大罪】

グラクロ さらば メリオダス

新キャラ編成の最強パーティ考察 エレン 巨人化 必殺テンプレ編成 メイン サブ フェスキャラ必殺パーティのフェスメリの枠をエレンに変えた編成です。 エレンの巨人化必殺を早期に目指し、エレン主体で攻めるパーティです。 必殺封印編成 メイン サブ 相手の必殺技を封印して、エレンの必殺技を一方的に狙う編成です。 また、ドロールの戒禁は、エレンの巨人化後の増幅スキルと相性が良いです。 ミカサ メイン サブ 耐久寄りに編成し、ミカサの特殊戦技を活かす構築です。 配置もミカサを一番左に配置し、復活戦技でなるべく場残りを良くします。 リヴァイ メイン サブ 単体攻撃に特化した編成です。 確実に一人ずつ落として、数的有利を狙います。 PvP上級の最強パーティ考察 第4週目 以下コンテンツは、攻略班独自のパーティ考察です。 環境に沿ったパーティや解説は下記URLを参考にしてください。 フェスキャラ必殺パーティ メイン サブ 絆キャラ 必殺テンプレパーティにコインゴウセルを採用したパーティです。 青キングの浄化スキルが札圧迫に繋がるため、変わりにサポートとして優秀なコインゴウセルを採用しています。 フェスメリの必殺技ゲージが溜まるターンに、ゴウセルの攻撃封印やエリザベスの気絶を相手の妨害キャラを止め、確実に必殺技を打てる体制に持ち込みます。 十戒パーティ メイン サブ 絆キャラ 主に必殺パをメタる構成です。 ドロールの必殺封印の戦技は、今ルールではほぼ解除できないことから、これまで以上に有効に働きます。 バン系は、構え解除を持つエールバンは編成すると安定性が増します。 また、灰色の魔神の火力は非常に高いため、エリザベスとバレンティで耐久面も強化しています。 赤デリエリは、単騎でクリアできるほどのパワーを持っているので、よほど札が悪くない限り、苦戦することはありません。

次の

【グラクロ】〈170話〉メリオダスvs〈十戒〉攻略|ゼルドリス戦【七つの大罪】

グラクロ さらば メリオダス

貫通率 与えるダメージの一定数値を固定ダメージにする数値。 クリ確率 クリティカルが発生する確率を増加させる数値。 クリダメージ クリティカルダメージを増加させる数値。 忍耐率 受けるダメージの一定数値を固定ダメージにする数値。 クリ耐性 攻撃を受けるときにクリティカル確率を減少させる数値。 クリ防御 攻撃を受けるときにクリティカルダメージを減少させる数値。 再生率 一定ターンごとに減少したHPの一定量を回復する数値。 回復率 HPを回復するときの回復量の増加数値。 HP吸収率 ダメージの一定数値をHPに吸収する数値。 元々の攻撃ステータスも高めなので、スキルで大ダメージを与えやすい性能だ。 しかし、敵のクリティカル耐性がよほど高くない限り、発動の期待値はかなり高いでしょう。 汎用性はやや低め 魔神メリオダスは火力面では優秀だが、妨害系のデバフスキルやサポート性能は皆無に等しい。 汎用性のある立ち回りができるわけではなさそうだ。 周回・ボス戦においての評価・使用感 敵単体の殲滅が早い メリオダスは全体攻撃を持たないので、周回性能はそれほど高くない。 しかし、高い攻撃性能と高火力のスキルを持つため、敵単体を素早く倒しやすい。 編成していても周回の邪魔になることはないだろう。 殲滅戦においての評価・使用感 ハウレッキス戦の適性アタッカー ハウレッキス戦において、魔神族・弱点攻撃の両方を兼ね備えていにため、魔神メリオダスは最適クラスのアタッカーだ。 悪縁キャラで、被ダメージがカットできるのも良いポイントだ。 赤き魔神には不向きではないが... 魔神メリオダスは強力な単体攻撃が多いため、赤き魔神殲滅戦ではそこそこのダメージが見込める。 しかし、属性で有利を取れず、魔神の動きを止めるデバフなども持っていないことから、優先して使用されることはないだろう。 魔神メリオダスのおすすめ装備 おすすめのセットボーナス.

次の

【グラクロ】超ボス戦〈メリオダスとエリザベス〉Hellの攻略方法と適正キャラ!

グラクロ さらば メリオダス

どーも、僕です! グラクロ並に面白い【キングスレイド】のアニメ化が遂に決定しました! アニメ化するスマホゲーって史上初じゃないですか? 間違いなくヒットするので、知らない方は をダウンロードしてアニメをより楽しみましょう! ってことで、155話『怪しいメリオダス』ではメリオダスが何体も相手となります。 カウンターのオンパレードです。 意外と苦戦している人もいるみたいですが、コツさえ抑えたらめちゃめちゃ楽に攻略できますので、今回も『怪しいメリオダス』と『ホークのおやつ』の2話続けて攻略方法を紹介していきたいともいます! ちなみに『ホークのおやつ』では、ちっちゃなワニ1体が相手です。 僕でも勝てそうです。 メリオダスを3体倒したあとに更に3体のメリオダス、計6体のメリオダスが相手となります。 ここでのメリオダスはすべて『魔神族から受けるダメージ減少』の効果を持っていますので、魔神は編成しないように注意しておきましょう。 また、ここではエリザベスが編成必須となっており、メリオダスが編成不可です。 最も闘級の高いエリザベスを編成しましょう! 攻略のポイント 闘級は必ず132,000以上にしておきましょう!足りない場合は『闘級+10%』の料理や『攻撃力+10%』の料理を使用するのがオススメです! 中心にいるメリオダスが『スキル使用不可効果を無効』という効果を持っていますので、最初に的を絞って攻撃しましょう! カウンターの対策 メリオダスはカウンターがかなり厄介ですので《構え解除》持ちや、《攻撃スキルのみ使用可能》のスキルを持ったキャラで対策をしておきましょう! 【ワインハイト】や【威圧スレイダー】がオススメです。 行動不能スキルは有効 ここでは《凍結》や《石化》などの行動不能スキルは通用しますので、積極的に使用していきましょう! スキルのバランスを考えると【コレクターマーリン】や【復讐の鬼ヘルブラム】がオススメです。 『怪しいメリオダス』に有効なキャラ 〈暁闇の咆哮〉聖騎士 ワインハイト ワインハイトは両スキル全体攻撃で《構え封じ》と《攻撃封じ》という、うまく行けばメリオダスを完封できる性能を持っています。 コインゴウセルと組み合んで、ランクアップで援助しましょう! 【復讐の鬼】妖精 ヘルブラム ヘルブラムは火力が高くアタッカーとして最適です。 また、《石化》の行動不能と《必殺技ゲージ減少》という超優秀な妨害スキルも兼ね備えていますので、持っている人はぜひ編成しましょう! その他の有効なキャラ 【コレクター】大魔術士 マーリン:凍結スキルによる行動不能が可能。 〈色欲の罪〉聖騎士 ゴウセル:ランクアップ+攻撃封じが有効。 必殺技も全体攻撃。 〈十戒〉「安息」のグロキシニア:《出血》による追加ダメージ+攻撃スキル封じが可能。 実際に攻略したパーティ 実際に攻略したパーティはこちらです。 危なげなくクリアすることが出来ました。 ちっちゃいワニを相手に3人がかりで襲いかかるという戦闘です。 ここは特に難しいことは考えずに攻略できますが、特殊戦技にだけ注意しておきましょう!デバフは基本使用せずに。 また、ここではNPCのエリザベスがチームのメインとして必ず編成されます。 攻略のポイント まずは闘級は132,000以上に備えておきましょう!必ずではないですが、先手は取っておいた方が良いです。 また、サンドクローラーは攻撃スキルのみになりますので、攻撃封じを持ったキャラが居れば完封することが可能です! デバフは攻撃封じ以外不使用 サンドクローラーの特殊戦技は、デバフ状態で攻撃力が上がるというものだけですが、30%上がったら上がったで厄介ですので、基本的にはデバフは使用しないようにしましょう! 速力属性のアタッカーを編成 チームの1枠はあまり役に立たないエリザベスが自動で編成されますので、サンドクローラーに有利になれる速力属性のアタッカーを編成しておきましょう! 【威圧スレイダー】や【怠惰の罪キング】がオススメです。 『ホークのおやつ』に有効なキャラ 【威圧】ハンター スレイダー 超火力を誇る速力属性の優秀なアタッカーです。 スキル2がランクがあがるとデバフ攻撃になりますので、ランクは1のまま使用しましょう! 〈色欲の罪〉聖騎士 ゴウセル ゴウセルは敵全体を対象とした攻撃封じをすることが出来ます。 また、ランクアップスキルでアタッカーの補助も可能です。 その他の有効なキャラ 〈怠惰の罪〉妖精王 キング:属性相性が良く、石化で行動不能にできる。 【三節棍】冒険家 バン:ランクダウンで相手の火力を下げることができる。 次の戦闘があるエピソード『難関が立ちふさがる!』は下記の記事をご覧ください。

次の