ワンパンマン アニメ広場。 【ワンパンマン】番犬マンが強すぎてワロタwww【強さ考察】

ワンパンマンの番犬マンとガロウはどちらが強い?番犬広場に強さの秘密が?

ワンパンマン アニメ広場

強すぎるハゲたヒーローの『ワンパンマン』のあらすじ これまでにない強すぎるヒーローを描いた異作である『ワンパンマン』の作品概要やあらすじをお伝えします。 作者も豪華な作品となっています。 作品の設定や概要• 原作:ONE• 漫画:村田雄介• 出版社:集英社(ジャンプ・コミックス)• ジャンル:ヒーロー、アクションバトル、ギャグ 『ワンパンマン』はウェブ上で投稿された作品で、作者のONEさんがパソコン用の漫画原稿制作ソフトの練習のために執筆したところから生まれています。 そこから読者の反応が大きかったため、最終話までのプロットを作り、作品が更新されています。 設定は、怪人がよく出現し市民の平和を乱す世界が描かれています。 その怪人たちを倒すためにヒーローが職業として存在しています。 ヒーローにはランクがC~Sまで存在し、Cランクは最下級のヒーローで一般人とさほど変わらない強さを持っている人物で400人ほどいます。 Bランクは一般的なヒーローと言えるポジションであり、100人ほどいます。 Aランクは一流のヒーローという扱いで40人ほどいます。 そして、大災害をもたらす「竜」レベルの怪人を単独で倒せるスーパーヒーローになるとSランクを授けられます。 Sランクは17名ほどしか存在せず、超能力を扱うヒーローまでいます。 怪人にもランクが存在していて以下の通りになっている。 「狼」:危険因子となる生物や集団の出現• 「虎」:不特定多数の生命の危機• 「鬼」:町全体の機能が停止もしくは壊滅の危機• 「竜」:いくつもの町が壊滅する危機• 「神」:人類滅亡の危機 あらすじ 趣味でヒーローをやっている最強のヒーローのサイタマ。 彼にかかれば、どんなに強靭な敵もワンパンチ(1撃)で片付いてしまう。 就職活動中で行き詰っていた青年がヒーローになり最強の力を手に入れて、どんな生活を送るのか…。 強すぎるヒーローの悲哀に満ちながらも世界を救うギャグアクションストーリーが今始まる。 奇想天外なヒーローで溢れる『ワンパンマン』の主な登場人物 ヒーローが職業として存在し、特殊能力を持った者や強靭な強さを誇る者まで、多種多様なヒーローで溢れている『ワンパンマン』。 そのたくさんのヒーローの中でも特に強く、登場回数が多い人物をご紹介していきます。 サイタマ(ハゲマント) 『ワンパンマン』の主人公であり、どんな敵もワンパンチ(1撃)で倒してしまう強靭な力をもったヒーロー。 つるっぱげの頭でマントを被っているのが特徴的で趣味でヒーローをしている。 ストーリーが進んでいくとプロヒーローとして活動するようになる。 サイタマがヒーローになったいきさつは、サイタマの就職活動時期にさかのぼる。 就職活動中に不採用が続き失意に陥っていたときに、偶然出くわしたアゴの割れた少年を怪人から助けたことをきっかけに、幼いころの憧れであった「ヒーロー」になることを決意した。 そこから「腕立て伏せ100回、腹筋100回、スクワット100回、ランニング10km」と「1日3食の食事をきちんと摂ること」と「精神を鍛えるために夏も冬もエアコンを使わないこと」という至って普通のトレーニングを3年間続けた結果、どんな怪人もワンパンチで倒してしまう圧倒的な力を手に入れた。 トレーニングで自分を追い込んだすえ、頭髪はすべて抜け落ちてしまった。 得意技は「普通のパンチ」で、それをアレンジした「連続普通のパンチ」なども使う。 相手に怒り覚えたときなどは、本気で攻撃し、「マジ殴り」などを技を繰り出す。 サイタマはどんな怪人も1撃で倒してしまうため、戦闘の危機感や緊迫感を味わうことができなくなり、その退屈さと空虚さから無気力に陥っている。 また怪人を倒したことをヒーロー協会にアピールすることを全くしないため、最強のヒーローでありながら知名度が全くない。 しかし、S級ヒーローのシルバーファングや鬼サイボーグなどは強さを認めていて一目を置いている。 そして、鬼サイボーグはサイタマを師匠として尊敬している。 ジェノス(鬼サイボーグ) 全身サイボーグのS級ヒーロー。 モスキート娘との戦闘に敗れそうになり、体内に搭載された自爆装置で道ずれにしようとしたところをサイタマに助けられて、彼の圧倒的な強さを目のあたりにして、憧れて弟子入りすることになる。 とても純粋な青年で、サイタマが適当に言ったアドバイスをすべてメモして実践しようとする。 また弟子としてサイタマの身の回りの世話をしながら日々修練を積んでいる。 またジェノスはかつて自分の住んでいる街を暴走サイボーグによる破壊されて、自身も瀕死の重傷を負っていた。 息絶える寸前のところをクセーノ博士に救われて、サイボーグとして生まれ変わって家族の仇を打つために修練をしている。 怪人との戦闘では持てる限りの力を使って果敢に挑むが敗北することも多い。 敗北してボロボロになるたびにクセーノ博士により強固に改造してもらっていて、自身も戦闘の反省をしている。 またヒーロー試験では満点を取り、デビューと同時にS級認定を受けている。 ブラスト 謎の最強ヒーロー。 金属バットやバング、鬼サイボーグが苦戦した災害レベル「竜」の大怪蟲ムカデ長老を瀕死まで追い詰めたトップヒーロー。 ヒーロー名以外全て秘密にされていて、完全に自由意思でしかヒーロー活動を行わない人物。 とにかく束縛されることも、目立つことも嫌いなため、名簿の素性は非公開にしている。 ヒーロー協会に特別扱いされるほど偉大な人間であり、本当に人類に助けが必要な時には動いてくれる人のようである。 タツマキ(戦慄のタツマキ) S級2位で超能力を扱うヒーロー。 見た目は小柄で華奢な少女であるが、年齢は28歳。 強力な念動力を使い、竜巻を起こしたり、相手をねじ切ったりして災害レベル「竜」複数体でも簡単に倒してしまう。 その圧倒的な強さで相手をねじ切り倒す様からヒーロー協会に本名に「戦慄」という異名を加えたヒーロー名を授与された。 また妹を溺愛しており、妹の「フブキ」のピンチにはいつも駆けつける。 妹をなるべく危険から遠ざけようとしている。 ヒーロー活動には積極的であり、休日であろうと怪人退治に奮闘するほど。 バング(シルバーファング) S級3位の実力を持つ武術の達人のヒーロー。 81歳という高齢ながらも研ぎ澄まされた「流水岩砕拳」を使い、強敵相手でも素手で倒してしまう。 他のS級ヒーローからも一目置かれていて、ヒーロー協会からの信頼も厚い。 かつては武道家をしていて、ヒーローに転身している。 武道家の弟子ではヒーロー狩りのガロウがいる。 またサイタマの実力に気付いている数少ない人物でもあり、サイタマやジェノスと行動をともにすることも多い。 カミカゼ(アトミック侍) S級の実力を持つ侍の風貌をしたヒーロー。 羽織をまとい、腰に刀を差した出で立ちで刀を武器に戦う。 弟子にはA級2位の「イアイアン」、A級3位の「オカマイタチ」、A級4位の「ブシドリル」といったトップヒーロー達を従えている。 圧倒的な剣術を駆使して怪人を倒していく人物。 童帝(どうてい) S級の実力を持つわずか10歳の子どものヒーロー。 天才的な少年で、その頭脳を活かし数々の発明品を作って戦っている。 しかし、幼さゆえの経験不足や油断も見られる。 ボフォイ博士(メタルナイト) S級の実力を持ち機械を駆使して戦うヒーロー。 メタルナイトはボフォイ博士という人物が作った機械であり、それを使って怪人を倒している。 謎が多い人物でヒーロー活動は、自分の発明を実験するために行っている様子。 同じくS級の駆動騎士から敵対しされている発言もあるため信用には置けないような存在ではある。 しかし、怪人の襲撃で壊滅した街を7日間で立て直すなどの偉大な功績も残している。 キング S級の実力を持つ「人類最強の男」という呼び声のあるヒーロー。 見た目は強面で片目に3本の傷があって強そうであるが、実態は無職でオタクで引きこもりなただの29歳の男性である。 これまで怪人に遭遇する度に、サイタマに助けられて目の前の敵を1撃で仕留めてもらっている。 その結果、死んだ怪人の傍にいたキングが倒したと誤解され、最強の男と祭り上げられるようになった。 また、あまりの知名度とキングが放つオーラから怪人が勝手に逃げ出すこともある。 極度の緊張状態に陥ると心臓が激しく動き、周りにも聞こえるほどの「ドッドッドッドッドッ」という音を出す。 これを世間では「キングエンジン」と呼び、戦闘態勢に入ったと思われている。 キングは極度のゲーマであり、ゲームの腕はプロを超えるほど。 よくサイタマとゲームをするが、持て遊びながらサイタマに圧勝する。 ゾンビマン S級の実力を持つ不死身のヒーロー。 「進化の家」という組織で実験サンプル66号として被検体となり、実験が成功して不死身になった。 その後、研究所を破壊して姿を消し、ヒーローとなった。 脅威の再生能力を活かした戦い方で血で血を洗う泥仕合を好む。 駆動騎士 S級の実力を持つ謎のヒーロー。 特殊な箱をソードの形などに変形させて戦うスタイル。 箱の原理は不明だが、「箱の機能を見せた以上は活かして逃がすことはもうない」など機密性に溢れている様子。 気をつけろ。 」という発言をしていて、メタルナイトについて何か知っているような人物。 豚神 S級の実力を持つ太ったヒーロー。 敵を丸呑みする見た目にふさわしい戦い方をする。 童帝がピンチになった相手を1飲みで倒してしまう強さを誇る。 毒でもなんでも気にしない。 超合金クロビカリ S級の実力を持つ鍛え抜かれたクロビカリした肉体のヒーロー。 「超合金クロビカリ」というヒーローネームから防御力が高く、肉弾戦を得意とする人物であると予想される。 詳しい戦闘スタイルは現在は不明である。 番犬マン S級の実力を持つ犬の着ぐるみを着たヒーロー。 Q市の平和を守るヒーローであり、Q市の怪人はすべて番犬マンが倒している。 犬のような4足歩行で戦闘を行うスタイルで、素早すぎる動きが特徴的。 ヒーロー狩りのガロウとの戦闘でも戦闘中にお手をするほどの余裕があるほど、圧倒的な力を持っている。 番犬マンは彼のために設置された見張り台に座っていて、その見張り台がある広場は「番犬広場」と名付けられ、人気の待ち合わせスポットとなっている。 閃光のフラッシュ S級の実力を持ち、S級最速の男であるヒーロー。 愛刀「瞬殺丸」を武器に戦い災害レベル「鬼」クラスの怪人も涼しい顔で倒すほどの強さを誇り、冷静な人物。 金属バット S級の実力を持つリーゼント頭で改造学生服を着ているヒーロー。 昭和のヤンキーのような風貌をした人物で金属バットを武器にひたすら殴るのが戦闘スタイル。 どんなに巨大な相手でも果敢に挑む勇敢さがあり、またダメージを追うごとに根性で強くなる性質がある。 また妹思いのお兄ちゃんでもあり、妹の前では暴力を見せないという約束をしていて、それを全力で守っている。 タンクトップマスター S級の実力を持ち、常にタンクトップを着ているヒーロー。 肉弾戦を得意とするが、タツマキなどの超能力を使った圧倒的な力を目のあたりにして実力差を痛感している。 超能力に打ち勝つためには、タンクトップに似合う男になる必要があると本気で考えていて、タンクトップが似合うヒーローになるために努力をしている。 またタンクトップマスターを慕い、舎弟となる人物も多くいて、ヒーロー界の一大勢力になっている。 ぷりぷりプリズナー S級の実力がありながらも獄中で暮らしているヒーロー。 ガチムチでマッチョな見た目だが、オネェ言葉で話すのが特徴的である。 男好きであり、捕まえた犯罪者は獄中に連れて行き、手を出している。 普段は獄中で暮らしているが、ヒーロー活動を行うときは毎回脱獄している。 馬鹿な性格で、真正面からの肉弾戦という戦闘スタイルで怪人とは戦う。 ちなみにケータイはお尻の穴に入れて保管している。 イケメン仮面アマイマスク A級1位の実力者であり、メディアに引っ張りだこのヒーロー。 人気ランキングでは28週連続の1位に輝くほどイケメンな人物で、テレビや映画に引っ張りだことなっている。 実力も相当なもので、そして怪人に対する憎悪は人一倍強く、怪人をバラバラに切り刻む手刀と木っ端みじんにするパンチを使う。 本人曰く、実力はS級並みであるが、弱い人間がS級になるのを防ぐためにA級トップとしてS級誕生を阻止している。 フブキ(地獄のフブキ) B級1位の実力を持つタツマキの妹で、同じく超能力を使うヒーロー。 姉のタツマキには遠く及ばない能力のため、B級でフブキ組という組織を作って姉を超えようと目論んでいる。 組織を大きくするためにサイタマにも目をつけて勧誘するが、全くなびいてもらえていない。 サイタマとはよく交流している。 無免ライダー C級1位の実力がある自転車に乗って、ヒーロー活動をしている人物。 どんな状況でも困っている人のために全力で戦う真のヒーローの心を持っている。 その功績が認められ、力が弱いながらもC級1位を獲得している。 自分自身、弱いことを自覚しているためB級にランクアップする予定がない。 何度やられても怪人に立ち向かう姿はとてもかっこいい。 ガロウ(ヒーロー狩り:人間怪人) ヒーローが正義の味方という世間の考え方に幼少期から違和感を抱いており、ヒーローに対して憎悪を持っている人物。 元は流水岩砕拳の使い手であるバングの1番弟子として稽古を受けていた。 しかし、バングの留守中に他の弟子を再起不能にしたため、破門された。 その後、出会うヒーローを片っ端から倒して、さらにはS級ヒーローのタンクトップマスターを倒して、本格的にヒーロー狩りの活動を活性化させる。 どんなに疲労していてもS級ヒーローに果敢に挑み、互角の戦いやギリギリの戦いを繰り広げる。 またヒーローに対して憎悪はあるが、ガロウはヒーローらしい心の持ち主で困っている一般人などは見捨てず助けている。 クセーノ博士 ジェノスの正義活動をサポートしている元機械工学者。 ジェノスがボロボロになるたびにドローンで回収して、さらに強化した性能を施してくれる凄腕の人物である。 サイタマの心を取り込むのもうまい。 笑えて興奮できて面白すぎる『ワンパンマン』の見どころ3選(ネタバレあり) 戦闘シーンもストーリーもギャグ要素に溢れる展開もどれも最高である『ワンパンマン』の中から特に注目してほしいポイントを3つ厳選してお伝えしていきます。 ヒーローたちのかっこよすぎる戦闘シーン 総勢500名を超える多種多様なヒーローが登場する『ワンパンマン』では、それぞれの特性を活かしたバトルシーンはかっこよすぎます。 タツマキのような超能力で戦う者、ジェノスのようなサイボーグで戦う者、サイタマのようなただのパンチで戦う者、それらの激しい戦闘が作画の村田雄介さんの圧倒的な画力により、大迫力に描かれています。 細部まで書き込まれた緻密な作画でサイタマのただのパンチですら、とてもかっこよくなっているのです。 ヒーローと怪人との街を巻き込む大迫力な戦闘を是非ご覧になってみてください。 笑わずにはいられないギャグシーンの連発 『ワンパンマン』は戦闘シーンだけでなく、ギャグシーンも見どころとなっています。 そもそも主人公がハゲで書き込みの少ない素朴な顔しているところから、すでに面白い作品ですが、緊迫的な戦闘場面でも主人公のサイタマの緊張感のない発言の連続に笑いが止まらなくなってしまいます。 またサイタマだけでなく、キングといった、ただのオタクがスーパーヒーローと勘違いされて活躍している設定も面白いです。 さらに誤解が誤解を生んでピンチになるキングは、その身を案じながらも思わず吹き出してしまう展開となっていて最高です。 シリアスな場面でも読者を裏切らないギャグ要素に溢れていて、楽しめる漫画となっています。 サイタマの絶対的な安心感 ヒーローと言えば、自分の弱さに向き合いながらも敵との戦いで成長して、強くなっていくのが一般的であると言えます。 しかし、『ワンパンマン』は主人公が圧倒的に強すぎるのです。 どんなに凶悪で凶暴な敵もワンパンチ(1撃)で仕留めてしまう強さを持っているのです。 そのため、大事な戦闘シーンもサイタマの場合は1ページで終わってしまいます。 その強すぎる主人公の絶対的な安心感がたまらなく面白くなっているのです。 どんな敵もサイタマなら大丈夫と安心して読むことができます。 またストーリーが進むごとに敵もどんどん強くなっていて、「今回は流石にやばいんじゃないか…?」と思ってもサイタマが毎回ワンパンチで決めてくれるので爽快感は抜群です。 そんな強すぎる主人公の絶対的な安心感は、これまでにないものですので、多くの方に味わってもらいたいと思います。 最強ヒーローを描いた『ワンパンマン』はこんな人におすすめ 『ワンパンマン』はバトル漫画好き、ギャグ漫画好きには必見のおすすめの作品となっています。 ヒーロー漫画にふさわしい凶悪な敵と多彩な技で攻撃を繰り出すヒーローとの激しい戦闘シーンは、見ていて興奮すること間違いなしです。 細部まで徹底的にこだわって描かれているバトル描写は見ていて爽快です。 またシリアスな場面でも笑いを忘れないギャグ要素満載のストーリーには、多くの方がはまってしまうと思います。 バトル、ギャグが大好きな方はきっとはまってしまうと思うので、是非ご覧になってみください。 管理人の思う『ワンパンマン』が伝えたいこと(感想) 『ワンパンマン』では、地道な努力を続けることの大切さを伝えたいように感じます。 主人公の最強のヒーローであるサイタマは特別なトレーニングや改造手術などもしておらず、特別な才能があったわけでもありません。 しかし、地道なトレーニングを毎日欠かさず続けたことで最強の力を手に入れたのです。 そういった主人公の地道な努力を続けてヒーローとなる姿から、小さなことでも続けていれば輝くときがあるということ表しているように思えます。 『ワンパンマン』を見て、サイタマの地道な努力を見習って多くの人が自分の目標のために努力を続けてほしいと思います。 そして『ワンパンマン』は本当に笑えて楽しめる作品ですので、是非ご覧になってもらいたいです。

次の

ワンパン秋祭り

ワンパンマン アニメ広場

面白いアニメのおすすめランキングです。 本当に面白いアニメのみを厳選してランキングにしているため、何か面白いアニメを見たいなと思っている人は是非このランキングを参考にしてみてください。 各アニメを見ることができるも合わせて紹介しています。 違法サイトはもちろん違法ですし、ウイルスなどの危険性もあります。 また、今はアニメを観るならレンタルではなく動画配信サービスで観るのがお得で便利です。 宇宙開拓時代を迎えた人類は太陽系内に生活圏を広げており、悪化する治安への対策として、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。 カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したオンボロ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。 大物の賞金首を捕まえることもある一方、その荒っぽいやり方に巻き込んだ一般市民からの損害賠償請求も多い彼らに金銭的余裕はない。 そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込む。 おのおの何かしらの事情を抱えながらも、一同はビパップ号で緩やかな絆を育み、行く先々で様々な騒動に巻き込まれる。 引用: とにかくハードボイルドで、ファンも多い名作アニメ。 登場するキャラクター、セリフ、世界観、音楽と全てがめちゃくちゃかっこいい。 特にオープニングはめちゃくちゃかっこいいので、オープニングを見たら絶対見たくなると思います。 転校初日、同じクラスのバンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。 更に、薫は千太郎の幼馴染である迎律子を好きになるが、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。 引用: 一般向け作品の宝庫なノイタミナ枠で放送された作品。 ジャズに情熱を向ける高校生の熱いストーリーで、 安定感のある落ち着いた大人向けのドラマみたいなアニメ。 しかし、古典部には同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。 奉太郎とは腐れ縁の福部里志も古典部の一員となり、活動目的が不明なまま古典部は復活する。 そして、えるの強烈な好奇心を発端として、奉太郎は日常の中に潜む様々な謎を解き明かしていく。 引用: 原作未読でアニメしか見ていないのですが、普通にアニメだけでかなり楽しめました。 さすが京アニという感じで、画も綺麗で気持ち良く見れるアニメ。 「気になります!」というセリフが癖になる。 皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、帝国から脱出した人々が建国した自由惑星同盟である。 戦争は150年間膠着していたが、ラインハルトとヤンという若き英雄が両陣営に登場することで、歴史は大きく動き始める。 帝国の貧しい貴族に生まれたラインハルトは、母代りの敬愛する姉と、無二の親友をもっていた。 しかし、彼が10歳の時に、姉が皇帝の後宮に収められたことを契機として、ラインハルトは軍人の道を歩み始める。 それは、いつか皇帝から姉を取り戻す力を得るためだった。 彼は親友と共に戦場で武勲を重ね、後に"常勝の天才"と呼ばれることになる軍事的才能と、皇帝の寵姫となった姉の後ろ盾により、20歳の若さにして帝国軍元帥の地位を手に入れる。 引用: 硬派な大人の男のアニメ。 異なる性格・考えの主人公2人が登場し、生き方がとても魅力的で惹きつけられる作品です。 ただ、 このアニメは100話を超える超長い作品な上、視聴可能な動画配信サービスもないので見るハードルはかなり高いです。 そのため、誰にでも気軽にはおすすめできないのが残念。 北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪から、周りからは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。 しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情・恋愛・進路などを通して爽子は新たな発見をし、1歩1歩成長していく。 そして、爽子を中心に、風早たちの友情・恋愛・進路も動き出す。 引用: 少女漫画が原作のアニメ。 普段私は少女漫画をあまり読まないですし少女漫画原作のアニメもあまり見ないのですが、この作品はかなり面白かったです。 特に面白かったのが、主人公の「貞子」が好きな相手「風早くん」の爽やかさ。 男の自分でも惚れるほどの半端ない爽やかさを発揮します。 爽やかすぎて笑えてくるレベル。 聖杯には、戦いの勝者の願望を叶える万能の力があるとされ、これまで三度の聖杯戦争が行われてきたが、聖杯の力を行使できた者はなかった。 1990年代のある年の秋。 主人公・衛宮切嗣は、名家アインツベルンの委嘱を受け、セイバーのサーヴァントを召喚し、妻のアイリスフィール・フォン・アインツベルン、従者の久宇舞弥とともに四度目の聖杯戦争に身を投じる。 引用: オタク度が高い知人がこぞって好きなのがこの作品。 特に女性に人気がある印象です。 自分も一応見ておこうと思って見たら、普通に面白かったです。 わかりやすいストーリーなのでオタク度低い人にもおすすめ。 緒花は皐月に渡された住所を頼りに石川県の湯乃鷺温泉街にある旅館の喜翆荘(きっすいそう)に身を寄せる。 喜翆荘の女将で祖母の四十万スイは、孫の緒花に旅館で働くよう言いつける。 緒花は住み込みのアルバイトの仲居見習いとして働きながら学校に通うことになる。 緒花は個性的な従業員たちをはじめとするさまざまな人々の間で経験を積み重ね、成長を遂げてゆく。 喜翆荘は歴史のある旅館であり、スイも女将である立場上、孫の緒花にも厳しく指導する。 古き良き旅館ではあるが、新しい旅館などに客をとられ、段々と経営は悪化していった。 引用: 朝ドラみたいなアニメ。 その一言に尽きます。 マジで。 可愛い女の子達が一生懸命に生きて、成長してと、めっちゃ爽やかなアニメです。 鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。 そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎討ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。 その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。 引用: 私の初恋の人がラムちゃんだったので、この作品はランキングに入れざるをえませんでした。 大人になった今、また見てあの頃の思い出を壊したくない…けど、また見たい…そう思いながら日々過ごしています。 いつかまた見るんだろうなぁ。 自分が何者なのか、どこから来たのかの記憶を持たない迷子に対し、彼女は迷子の持ち物にちなんだ「かばん」という名前をつける。 サーバルはかばんに対し、「図書館」に行けば何かが分かるかもしれないと提案し、道案内を申し出る。 カバとの邂逅を経て二人は出口のゲートまでたどり着くも、そこでアードウルフ(声 - 照井春佳)の悲鳴を聞く。 ゲートの前にいたのはフレンズの天敵ともいうべき巨大なセルリアンであった。 引用: 監督降板で騒がれていたのがキッカケで興味を持った作品です。 めちゃくちゃ騒がれていたのでどれだけ面白いんだと気合いを入れて観たら、1話で「えっ、これがあんなに騒がれてたの?なにがおもろいん?」と思いました。 観るのをやめようか迷って2話目3話目と観ているうちに、のほほんとした癒し系の世界観のとりこになり、気づいたら完全にフレンズになってました。 1話で切らずに数話観ることを全力でおすすめします。 人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。 その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。 引用: こちらもノイタミナ枠で放送されたアニメ。 その設定や、世界観、ストーリーなど、大人向けでドラマのようなアニメです。 そのため、 普段アニメをあまり見ない人も楽しめる作品です。 まだ犯罪を犯していないけど犯罪を犯す可能性がある犯罪者予備軍を捕まえるという設定が秀逸。 秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。 2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。 その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。 先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。 引用: 超人気作ということで何度も観ようと思っては1話で断念していたアニメ。 雰囲気がとっつきにくいんですよね。 なんか。 そして、4回目にしてやっと全話見終えました。 評判通りかなり良かったです。 タイムリープものということでストーリーが似ている映画やアニメもありますが、個性的なキャラやクスッと笑える掛け合いがとても良く、惹きこまれて一気に観ちゃいました。 ちなみに、ヒロインの二人はかなりアニメキャラ感出てます。 「迂闊な月曜日」と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。 それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。 その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。 滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。 咲と共に日本に帰国した滝沢は直ちに自分が何者かを探り始める。 現状と将来に悩んでいた咲は、滝沢に振り回されながらも次第に心惹かれるようになる。 引用: 設定が面白く画も綺麗な、映画を観ているような感覚になるアニメ。 フジテレビのノイタミナ枠という「大人向け」「普段アニメを見ない人向け」のアニメ枠で放送されていた作品の一つ。 そのため、 普段アニメをあまり観ない人も楽しめる 大人向けのアニメです。 多数の登場人物が織り成すスリリングながらもにぎやかな群像劇であり、シリーズを通して固定された主人公は存在しない。 登場人物が90人以上にのぼることも特徴。 錬金術師達が作り出した不死の酒を巡って起こった、不死者と人間の物語となっている。 引用: 展開が早く、爽快感のあるかっこいいアニメ。 登場人物が多く、最初は別々の話だと思って見ていると、段々とそれぞれの登場人物の話が繋がっていくのが面白いです。 オープニングの曲もかっこいい大人向けの作品。 ちなみに12位の「デュラララ! 」と同じスタッフ。 金銭の絡むギャンブル特有の殺伐とした雰囲気が漂う従来の麻雀漫画とは一線を画し、麻雀が一種の知的スポーツとして認知され現実より一般大衆に浸透し、高校生・中学生の競技麻雀公式大会も行われる(作中ではインターハイの県大会団体戦決勝戦や全国大会がテレビ中継されている描写もある)世界観の中で物語が進む。 引用: 麻雀を題材としていますが、麻雀に関してのリアリティが一切ないアニメ(キャプテン翼のようなイメージです)。 そのため、可愛い女の子達が特殊能力で戦うアニメとも言えるので、 麻雀を知ってる人はもちろん、麻雀を知らない人でも楽しめる作品です。 ただ、やはり麻雀を知っていて、その上でありえなさを楽しむのがこのアニメの本当の楽しみ方だと思います。 ちなみに私が好きなキャラは竹井久。 その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。 結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。 生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。 引用: 根強いファンが多いアニメで、私の周りにもこの作品を一番好きなアニメとして挙げる人は多いです。 話が難しく色々と理解に苦しむ部分もあるため人を選ぶ作品ですが、 ハマる人にはめちゃくちゃハマります。 15位 とらドラ! 一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。 引用: 笑いあり、涙あり、萌えありとかなりバランスの良いアニメです。 萌えの要素が多少あると言っても、ストーリーが良くできているので萌えが苦手な人も楽しく見られると思います。 万人受けするラブコメ作品です。 しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。 引用: 序盤がかなり面白く、一気に引き込まれます。 (終盤はちょっと盛り上がりに欠ける気も…) ロールプレイングゲームの世界で生きなければならなくなるという設定が面白いです。 不自然なほど主人公が強くてモテモテというのがちょっと気になりますが、それは主人公だからだと自分に言い聞かせて観れば大丈夫です。 普通におもろいです。 13位 デュラララ!! 都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて、来良学園に入学するために上京する。 帝人は上京した初日に、都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。 帝人は、そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。 引用: 池袋が舞台の雰囲気が良いアニメ。 最初はバラバラだった伏線も、話が進むにつれて丁寧に回収していきます。 個人的にはオープニングの曲がかなり好きで、アニメを観てからだいぶ経ちますが今でもヘビーローテションで聴いています。 12位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。 引用: 綺麗な映像、完成度の高いストーリー、話数の少なさなど、 普段アニメを観ない人にもかなりおすすめの作品。 ファンも多くドラマで実写化もされ、涙なしでは見られないラストシーンがとても印象的なアニメ。 そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生は「無能力者(レベル0)」から「超能力者(レベル5)」の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。 学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。 引用: 「とある魔術の禁書目録」に登場する御坂美琴を主人公としたスピンオフ作品。 美琴のツンデレが可愛くより長く美琴を愛でることができるため、個人的にはスピンオフのこちらの作品の方が好きです。 出てくる超能力者をレベルで格付けしているのも、王道の少年漫画っぽく面白さを引き立てていると思います。 わかりやすい面白さ。 テレビアニメ版では、自分の道を見失って強豪校を去ることになった主人公の西住みほが、実績のない無名校を率いて全国優勝を目指しながら、自分の戦車道と向き合っていく過程を描いている。 OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』は、テレビアニメ第7話では省略されていた全国大会第2回戦の詳細を描く内容。 劇場版はテレビアニメ最終話の続きとなる、全国大会の後日談を描いている。 引用: 良い意味で予想を裏切られたのがこの作品。 「ガルパンおもろい」「ガルパンおもろい」と呪文のように唱える友達がいて気になってはいたんですが、まぁどうせ萌え萌え戦車アニメっしょと後回しにしていました。 そして、Amazonプライムでテレビ版、劇場版が観れるようになったということで観てみたら、普通に完成度高い名作でした。 キャラも良いし、イラストというか映像も綺麗だし、曲も良いし、ストーリーもわかりやすくまとまっています。 引用: どこが面白いかと言われると説明に困るのがこの作品。 不思議な魅力を持っているアニメだと思います。 ただし、エンドレスエイトという話に関しては最悪です。 エンドレスエイトがいつ終わるのか、毎週期待して観て毎週失望させられた人は自分だけじゃないと思います。 商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E. )へ商会の襲撃を依頼した。 やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E. の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。 引用: とにかくかっこいいハードボイルドなアニメ。 キャラ、セリフ、音楽、全てがかっこよく、特に主人公のレヴィはアニメ史上最もかっこいい女性キャラクターだと思います。 そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。 そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。 さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。 引用: 流し見でも楽しめるほのぼのアニメ。 主人公達がみんな可愛く、特に主人公達のくだらなくも可愛いやり取りを見てるとニヤニヤしてしまいます。 二次元のキャラクターを見ながらニヤニヤしている、気持ち悪い自分に気づかせてくれる作品です。 劇場版もあり私は映画館に見に行ったのですが、正直、映画館で見るのはちょっと違うなと思いました。 家でまったりと見るべきアニメです。 一緒に暮らす頑固者の祖父アクセルは家業の機械整備屋を継げと口うるさい。 彼にとってリフが唯一とも言える楽しみで、天才リフボーダー、ホランドに憧れ、懲りずに日々練習を重ねていた。 しかし辺境のベルフォレストに良い波が来ることもなく、街で唯一のリフボード屋も街を去り、お気に入りのリフスポットは軍の演習場となり立ち入り禁止になる。 引用: キャラ良し、映像良し、音楽良し、ストーリー良しのバランスが良いアニメ。 特に好きな話は「ヘルタースケルター」という話で、アラサーにも関わらず号泣してしまいました。 ちなみに「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」という名言は、 アニメの中で出てくるセリフの中で一番好きです。 カラオケでは必ずエウレカの曲を何曲も歌います。 その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に呼び出され、巨大な汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットとなって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と戦うことを命じられる。 引用: 説明不要の超有名作。 色々よくわからない謎な部分はあるのですが、それでも面白いです。 誰でも知っているアニメだと思うので多くは語りません。 日本人なら教養として観た方が良いとまで個人的には思っているレベル。 そのすぐ後にほむらはまどかと同じクラスに転校生として現れ、ほむらはまどかに「魔法少女になってはならない」と警告を行う。 そして第1話後半ではまどかと友人の美樹さやかが魔女の結界に迷い込み、2人はそこで魔法少女の巴マミと出会う。 引用: タイトルや画から連想するようなイメージとは正反対のストーリーのアニメです。 オタク向けでも、子供向けでもありません。 普段アニメを見ていない大人にもめちゃくちゃおすすめできるアニメです。 最初はのほほんとした萌えアニメかなと思って観てたら、3話で衝撃の展開があり、そこから一気に引き込まれました。 結末も衝撃的だったこともあり、自分にとって忘れられない作品です。 日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。 日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。 ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。 しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。 引用: 神アニメです。 その一言に尽きます。 1位はこの作品以外考えられないほどダントツで好きです。 何か面白いアニメがないかと聞かれたら、私は必ずこのアニメをおすすめしているほどにどんな人にもおすすめできる作品です。 自分がアニメにハマったきっかけにもなったアニメで、笑いあり、涙あり、恋愛あり、友情あり、熱いバトルありの 最高のエンターテイメント作品です。 2期まで合わせると40話以上の長い作品ですが、ダレることなく一気に観れて終わり方も最高です。 は別の記事でも紹介しているので、興味がある方は是非そちらも読んでみてください。 なんと彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。 暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。 彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。 引用: これも「シュタインズ・ゲート」と同じで超評価の高い人気アニメ。 西尾維新さん原作で独特の世界観からコアなファンもかなり多いです。 実際、私の知人でも一番好きなアニメとしてあげる友人もいます。 しかし、私は数話見て途中でやめてしまいました。 人を選ぶハマる人にはめちゃくちゃハマる作品だと思います。 地球から最も遠いコロニー群サイド3にジオン・ズム・ダイクンという政治思想家が出現する。 ダイクンは地球連邦政府が強行する宇宙移民を棄民政策だと痛烈に批判し、宇宙空間という新たな生活環境を得た人類はやがてニュータイプに進化すると力説する。 ダイクンは連邦政府からの自治権獲得を志向するが志半ばで急逝。 ダイクンの同志デギン・ソド・ザビは路線継承を名目に、サイド3をザビ家一族による独裁支配下に置く。 ダイクンの二人の遺児はザビ家の目を逃れ、サイド3を脱出する。 引用: 言わずと知れた超有名な超人気アニメ。 こちらもコアなファンが多く、紹介するのは今更感ありますが一応紹介します。 私も何回かファーストガンダムを見ようと試みたのですが、画が古いせいか途中でやめてしまいました。 また今度ファーストガンダムか、ガンダムシードあたりを挑戦したいと思います。 Angel Beats! 一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。 現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ NonPlayerCharacter の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、「消滅」(成仏)し、転生する。 しかし、転生することを拒む人々がいた。 少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。 生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることになる。 引用: ギャグありシリアスありの、人気も評価も高いアニメ。 知人に強烈におすすめされて見てみたのですが、私には完全に合いませんでした。 ハマる人にはハマる作品だと思うので、数話でも見て自分で判断するのが良いと思います。 視聴可能な動画配信サービス (1話無料) マクロスF 一般受け 未視聴なため未知数 西暦2009年2月。 地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発。 1年余りに渡る戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。 アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人と共に荒廃した地球環境の再生を目指した。 また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。 巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。 引用: ここからは私が1話も見ていないけど、めちゃくちゃ見たい作品です。 このアニメもずっと見たいと思ってるのになかなか見れていない作品。 マクロスと言えばやっぱり音楽。 私はアニメは見ていないのですが、それでも大好きな曲が多いです。 特に好きなのは「ライオン」で、今も「ライオン」を聞きながらこの記事を書いています。 視聴可能な動画配信サービス (ポイントでのレンタル) 天元突破グレンラガン 一般受け 未視聴なため未知数 これは、まだ自分の運命に気づかぬ一人の男の物語。 地下で暮らすジーハ村の少年シモンは、いつものように得意な穴掘りをしていると、光る小さなドリルと巨大な顔を見つける。 その時、突如として村の天井が崩れ、巨大なロボットとライフルを持った少女・ヨーコが落ちてきた。 騒ぎの中、シモンは兄貴分と慕うカミナとヨーコと共に巨大な顔に乗り込み、コックピットに小さなドリルを差し込むと、その顔はロボット=ガンメンとなって姿を現した。 シモン達はラガンと名付けたガンメンで、襲いかかる敵ガンメンを打ち破ると、勢いそのままに地盤を突き割り地上へと飛び出す。 カミナは人間を襲う獣人からガンメンを奪い、グレンと名付け、ラガンと合体して「グレンラガン」となる。 一行は獣人の本拠地を目指して地上を旅する。 引用: これもかなり気になってはいるのにまだ見れていません。 「新世紀エヴァンゲリオン」「交響詩篇エウレカセブン」が面白いから「天元突破グレンラガン」も面白いはず。 実際めちゃくちゃ人気ですしね。 プラネテス 一般受け 未視聴なため未知数 時代は2070年代(2075年以降)。 人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。 火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。 毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。 しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。 廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。 また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。 このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。 主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。 主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。 いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。 ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。 引用: 「攻殻機動隊」や「FREEDOM」が大好きな、 SF好きな友人が超絶おすすめしてくるのがこの作品。 私も「攻殻機動隊」「FREEDOM」が好きなので、多分このアニメも好きなはず。 あらすじを読んでもめっちゃ面白そう。 アルスラーン戦記 一般受け 未視聴なため未知数 大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国。 心優しき王太子アルスラーンは、武勇に優れた父・国王アンドラゴラス三世からは疎まれ、美貌の母・王妃タハミーネからは無関心に扱われつつも、臣下である大将軍ヴァフリーズ、万騎長キシュワード、ダリューンとは親交を持ち得ていた。 14歳になったアルスラーンは、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。 しかし無敗を誇っていたパルス軍は、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭って総崩れし、多くの万騎長が戦死(第一次アトロパテネ会戦)。 九死に一生を得たアルスラーンは最強の武将ダリューンと共に落ち延び、政戦両略に長ける知略家ナルサスとその侍童エラムを仲間に加える。 一行は反撃の拠点として、歴戦の将たるキシュワードとバフマンが防備を固める、東の国境ペシャワール城塞を目指すことになる。 引用: 「銀河英雄伝説」の著書・田中芳樹さんの作品ということで個人的に気になっているアニメ。 視聴可能な動画配信サービスもかなり多いので、近々見ようと思ってます。 おそ松さん 一般受け 未視聴なため未知数 松野家の六つ子、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は20歳を過ぎても定職につかず、親の脛をかじるいわゆるニート。 仕事にも女性にも縁がない個性的な6人は、時に足の引っ張り合いをしながらも、ひとつ屋根の下で暮らし、それぞれの趣味にいそしむ日々。 そんな彼らに、うさんくさい男イヤミ、おでん屋のチビ太、六つ子のアイドル的存在トト子に科学者もやっているパンツ一丁のおじさんデカパン、口がでかい怪人ダヨーンなどの面々が加わり毎回騒動が巻き起こる。 引用: 2017年10月2日より第2期の放送が始まった作品。 2年前の第1期放送時に話題になっていたので、とても気になっているアニメ。 第2期が放送中に第1期を見終えて追いついたろ!って思ってます。 全サービス無料期間あり! 視聴可能な動画配信サービス 、、、 動画配信サービス別、面白いおすすめのアニメ アニメなどの映像作品を見るなら DVDよりも動画配信サービスの方がお得で便利です。 しかも、どの動画配信サービスも初めての登録なら最初は無料で利用できるので、 まだ無料期間を利用していないサービスは利用しないともったいないです。 例えば、 5つの動画配信サービスを順番に利用すれば、半年ほどタダでアニメが見放題になります。 無料期間を利用して色々なサービスを試した後に、お金を払ってでも利用を続けたいサービスがあれば利用を続ければOKです。 各動画配信サービスでどのアニメが見れるかを以下にまとめたので、まだ利用していない動画配信サービスがある人は、是非この機会に無料期間を利用して名作アニメを楽しんでください。

次の

弱虫ペダル

ワンパンマン アニメ広場

面白いアニメのおすすめランキングです。 本当に面白いアニメのみを厳選してランキングにしているため、何か面白いアニメを見たいなと思っている人は是非このランキングを参考にしてみてください。 各アニメを見ることができるも合わせて紹介しています。 違法サイトはもちろん違法ですし、ウイルスなどの危険性もあります。 また、今はアニメを観るならレンタルではなく動画配信サービスで観るのがお得で便利です。 宇宙開拓時代を迎えた人類は太陽系内に生活圏を広げており、悪化する治安への対策として、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。 カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したオンボロ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。 大物の賞金首を捕まえることもある一方、その荒っぽいやり方に巻き込んだ一般市民からの損害賠償請求も多い彼らに金銭的余裕はない。 そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込む。 おのおの何かしらの事情を抱えながらも、一同はビパップ号で緩やかな絆を育み、行く先々で様々な騒動に巻き込まれる。 引用: とにかくハードボイルドで、ファンも多い名作アニメ。 登場するキャラクター、セリフ、世界観、音楽と全てがめちゃくちゃかっこいい。 特にオープニングはめちゃくちゃかっこいいので、オープニングを見たら絶対見たくなると思います。 転校初日、同じクラスのバンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。 更に、薫は千太郎の幼馴染である迎律子を好きになるが、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。 引用: 一般向け作品の宝庫なノイタミナ枠で放送された作品。 ジャズに情熱を向ける高校生の熱いストーリーで、 安定感のある落ち着いた大人向けのドラマみたいなアニメ。 しかし、古典部には同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。 奉太郎とは腐れ縁の福部里志も古典部の一員となり、活動目的が不明なまま古典部は復活する。 そして、えるの強烈な好奇心を発端として、奉太郎は日常の中に潜む様々な謎を解き明かしていく。 引用: 原作未読でアニメしか見ていないのですが、普通にアニメだけでかなり楽しめました。 さすが京アニという感じで、画も綺麗で気持ち良く見れるアニメ。 「気になります!」というセリフが癖になる。 皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、帝国から脱出した人々が建国した自由惑星同盟である。 戦争は150年間膠着していたが、ラインハルトとヤンという若き英雄が両陣営に登場することで、歴史は大きく動き始める。 帝国の貧しい貴族に生まれたラインハルトは、母代りの敬愛する姉と、無二の親友をもっていた。 しかし、彼が10歳の時に、姉が皇帝の後宮に収められたことを契機として、ラインハルトは軍人の道を歩み始める。 それは、いつか皇帝から姉を取り戻す力を得るためだった。 彼は親友と共に戦場で武勲を重ね、後に"常勝の天才"と呼ばれることになる軍事的才能と、皇帝の寵姫となった姉の後ろ盾により、20歳の若さにして帝国軍元帥の地位を手に入れる。 引用: 硬派な大人の男のアニメ。 異なる性格・考えの主人公2人が登場し、生き方がとても魅力的で惹きつけられる作品です。 ただ、 このアニメは100話を超える超長い作品な上、視聴可能な動画配信サービスもないので見るハードルはかなり高いです。 そのため、誰にでも気軽にはおすすめできないのが残念。 北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪から、周りからは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。 しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情・恋愛・進路などを通して爽子は新たな発見をし、1歩1歩成長していく。 そして、爽子を中心に、風早たちの友情・恋愛・進路も動き出す。 引用: 少女漫画が原作のアニメ。 普段私は少女漫画をあまり読まないですし少女漫画原作のアニメもあまり見ないのですが、この作品はかなり面白かったです。 特に面白かったのが、主人公の「貞子」が好きな相手「風早くん」の爽やかさ。 男の自分でも惚れるほどの半端ない爽やかさを発揮します。 爽やかすぎて笑えてくるレベル。 聖杯には、戦いの勝者の願望を叶える万能の力があるとされ、これまで三度の聖杯戦争が行われてきたが、聖杯の力を行使できた者はなかった。 1990年代のある年の秋。 主人公・衛宮切嗣は、名家アインツベルンの委嘱を受け、セイバーのサーヴァントを召喚し、妻のアイリスフィール・フォン・アインツベルン、従者の久宇舞弥とともに四度目の聖杯戦争に身を投じる。 引用: オタク度が高い知人がこぞって好きなのがこの作品。 特に女性に人気がある印象です。 自分も一応見ておこうと思って見たら、普通に面白かったです。 わかりやすいストーリーなのでオタク度低い人にもおすすめ。 緒花は皐月に渡された住所を頼りに石川県の湯乃鷺温泉街にある旅館の喜翆荘(きっすいそう)に身を寄せる。 喜翆荘の女将で祖母の四十万スイは、孫の緒花に旅館で働くよう言いつける。 緒花は住み込みのアルバイトの仲居見習いとして働きながら学校に通うことになる。 緒花は個性的な従業員たちをはじめとするさまざまな人々の間で経験を積み重ね、成長を遂げてゆく。 喜翆荘は歴史のある旅館であり、スイも女将である立場上、孫の緒花にも厳しく指導する。 古き良き旅館ではあるが、新しい旅館などに客をとられ、段々と経営は悪化していった。 引用: 朝ドラみたいなアニメ。 その一言に尽きます。 マジで。 可愛い女の子達が一生懸命に生きて、成長してと、めっちゃ爽やかなアニメです。 鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。 そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎討ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。 その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。 引用: 私の初恋の人がラムちゃんだったので、この作品はランキングに入れざるをえませんでした。 大人になった今、また見てあの頃の思い出を壊したくない…けど、また見たい…そう思いながら日々過ごしています。 いつかまた見るんだろうなぁ。 自分が何者なのか、どこから来たのかの記憶を持たない迷子に対し、彼女は迷子の持ち物にちなんだ「かばん」という名前をつける。 サーバルはかばんに対し、「図書館」に行けば何かが分かるかもしれないと提案し、道案内を申し出る。 カバとの邂逅を経て二人は出口のゲートまでたどり着くも、そこでアードウルフ(声 - 照井春佳)の悲鳴を聞く。 ゲートの前にいたのはフレンズの天敵ともいうべき巨大なセルリアンであった。 引用: 監督降板で騒がれていたのがキッカケで興味を持った作品です。 めちゃくちゃ騒がれていたのでどれだけ面白いんだと気合いを入れて観たら、1話で「えっ、これがあんなに騒がれてたの?なにがおもろいん?」と思いました。 観るのをやめようか迷って2話目3話目と観ているうちに、のほほんとした癒し系の世界観のとりこになり、気づいたら完全にフレンズになってました。 1話で切らずに数話観ることを全力でおすすめします。 人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。 その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。 引用: こちらもノイタミナ枠で放送されたアニメ。 その設定や、世界観、ストーリーなど、大人向けでドラマのようなアニメです。 そのため、 普段アニメをあまり見ない人も楽しめる作品です。 まだ犯罪を犯していないけど犯罪を犯す可能性がある犯罪者予備軍を捕まえるという設定が秀逸。 秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。 2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。 その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。 先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。 引用: 超人気作ということで何度も観ようと思っては1話で断念していたアニメ。 雰囲気がとっつきにくいんですよね。 なんか。 そして、4回目にしてやっと全話見終えました。 評判通りかなり良かったです。 タイムリープものということでストーリーが似ている映画やアニメもありますが、個性的なキャラやクスッと笑える掛け合いがとても良く、惹きこまれて一気に観ちゃいました。 ちなみに、ヒロインの二人はかなりアニメキャラ感出てます。 「迂闊な月曜日」と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。 それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。 その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。 滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。 咲と共に日本に帰国した滝沢は直ちに自分が何者かを探り始める。 現状と将来に悩んでいた咲は、滝沢に振り回されながらも次第に心惹かれるようになる。 引用: 設定が面白く画も綺麗な、映画を観ているような感覚になるアニメ。 フジテレビのノイタミナ枠という「大人向け」「普段アニメを見ない人向け」のアニメ枠で放送されていた作品の一つ。 そのため、 普段アニメをあまり観ない人も楽しめる 大人向けのアニメです。 多数の登場人物が織り成すスリリングながらもにぎやかな群像劇であり、シリーズを通して固定された主人公は存在しない。 登場人物が90人以上にのぼることも特徴。 錬金術師達が作り出した不死の酒を巡って起こった、不死者と人間の物語となっている。 引用: 展開が早く、爽快感のあるかっこいいアニメ。 登場人物が多く、最初は別々の話だと思って見ていると、段々とそれぞれの登場人物の話が繋がっていくのが面白いです。 オープニングの曲もかっこいい大人向けの作品。 ちなみに12位の「デュラララ! 」と同じスタッフ。 金銭の絡むギャンブル特有の殺伐とした雰囲気が漂う従来の麻雀漫画とは一線を画し、麻雀が一種の知的スポーツとして認知され現実より一般大衆に浸透し、高校生・中学生の競技麻雀公式大会も行われる(作中ではインターハイの県大会団体戦決勝戦や全国大会がテレビ中継されている描写もある)世界観の中で物語が進む。 引用: 麻雀を題材としていますが、麻雀に関してのリアリティが一切ないアニメ(キャプテン翼のようなイメージです)。 そのため、可愛い女の子達が特殊能力で戦うアニメとも言えるので、 麻雀を知ってる人はもちろん、麻雀を知らない人でも楽しめる作品です。 ただ、やはり麻雀を知っていて、その上でありえなさを楽しむのがこのアニメの本当の楽しみ方だと思います。 ちなみに私が好きなキャラは竹井久。 その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。 結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。 生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。 引用: 根強いファンが多いアニメで、私の周りにもこの作品を一番好きなアニメとして挙げる人は多いです。 話が難しく色々と理解に苦しむ部分もあるため人を選ぶ作品ですが、 ハマる人にはめちゃくちゃハマります。 15位 とらドラ! 一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。 引用: 笑いあり、涙あり、萌えありとかなりバランスの良いアニメです。 萌えの要素が多少あると言っても、ストーリーが良くできているので萌えが苦手な人も楽しく見られると思います。 万人受けするラブコメ作品です。 しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。 引用: 序盤がかなり面白く、一気に引き込まれます。 (終盤はちょっと盛り上がりに欠ける気も…) ロールプレイングゲームの世界で生きなければならなくなるという設定が面白いです。 不自然なほど主人公が強くてモテモテというのがちょっと気になりますが、それは主人公だからだと自分に言い聞かせて観れば大丈夫です。 普通におもろいです。 13位 デュラララ!! 都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて、来良学園に入学するために上京する。 帝人は上京した初日に、都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。 帝人は、そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。 引用: 池袋が舞台の雰囲気が良いアニメ。 最初はバラバラだった伏線も、話が進むにつれて丁寧に回収していきます。 個人的にはオープニングの曲がかなり好きで、アニメを観てからだいぶ経ちますが今でもヘビーローテションで聴いています。 12位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。 引用: 綺麗な映像、完成度の高いストーリー、話数の少なさなど、 普段アニメを観ない人にもかなりおすすめの作品。 ファンも多くドラマで実写化もされ、涙なしでは見られないラストシーンがとても印象的なアニメ。 そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生は「無能力者(レベル0)」から「超能力者(レベル5)」の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。 学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。 引用: 「とある魔術の禁書目録」に登場する御坂美琴を主人公としたスピンオフ作品。 美琴のツンデレが可愛くより長く美琴を愛でることができるため、個人的にはスピンオフのこちらの作品の方が好きです。 出てくる超能力者をレベルで格付けしているのも、王道の少年漫画っぽく面白さを引き立てていると思います。 わかりやすい面白さ。 テレビアニメ版では、自分の道を見失って強豪校を去ることになった主人公の西住みほが、実績のない無名校を率いて全国優勝を目指しながら、自分の戦車道と向き合っていく過程を描いている。 OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』は、テレビアニメ第7話では省略されていた全国大会第2回戦の詳細を描く内容。 劇場版はテレビアニメ最終話の続きとなる、全国大会の後日談を描いている。 引用: 良い意味で予想を裏切られたのがこの作品。 「ガルパンおもろい」「ガルパンおもろい」と呪文のように唱える友達がいて気になってはいたんですが、まぁどうせ萌え萌え戦車アニメっしょと後回しにしていました。 そして、Amazonプライムでテレビ版、劇場版が観れるようになったということで観てみたら、普通に完成度高い名作でした。 キャラも良いし、イラストというか映像も綺麗だし、曲も良いし、ストーリーもわかりやすくまとまっています。 引用: どこが面白いかと言われると説明に困るのがこの作品。 不思議な魅力を持っているアニメだと思います。 ただし、エンドレスエイトという話に関しては最悪です。 エンドレスエイトがいつ終わるのか、毎週期待して観て毎週失望させられた人は自分だけじゃないと思います。 商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E. )へ商会の襲撃を依頼した。 やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E. の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。 引用: とにかくかっこいいハードボイルドなアニメ。 キャラ、セリフ、音楽、全てがかっこよく、特に主人公のレヴィはアニメ史上最もかっこいい女性キャラクターだと思います。 そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。 そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。 さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。 引用: 流し見でも楽しめるほのぼのアニメ。 主人公達がみんな可愛く、特に主人公達のくだらなくも可愛いやり取りを見てるとニヤニヤしてしまいます。 二次元のキャラクターを見ながらニヤニヤしている、気持ち悪い自分に気づかせてくれる作品です。 劇場版もあり私は映画館に見に行ったのですが、正直、映画館で見るのはちょっと違うなと思いました。 家でまったりと見るべきアニメです。 一緒に暮らす頑固者の祖父アクセルは家業の機械整備屋を継げと口うるさい。 彼にとってリフが唯一とも言える楽しみで、天才リフボーダー、ホランドに憧れ、懲りずに日々練習を重ねていた。 しかし辺境のベルフォレストに良い波が来ることもなく、街で唯一のリフボード屋も街を去り、お気に入りのリフスポットは軍の演習場となり立ち入り禁止になる。 引用: キャラ良し、映像良し、音楽良し、ストーリー良しのバランスが良いアニメ。 特に好きな話は「ヘルタースケルター」という話で、アラサーにも関わらず号泣してしまいました。 ちなみに「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」という名言は、 アニメの中で出てくるセリフの中で一番好きです。 カラオケでは必ずエウレカの曲を何曲も歌います。 その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に呼び出され、巨大な汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットとなって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と戦うことを命じられる。 引用: 説明不要の超有名作。 色々よくわからない謎な部分はあるのですが、それでも面白いです。 誰でも知っているアニメだと思うので多くは語りません。 日本人なら教養として観た方が良いとまで個人的には思っているレベル。 そのすぐ後にほむらはまどかと同じクラスに転校生として現れ、ほむらはまどかに「魔法少女になってはならない」と警告を行う。 そして第1話後半ではまどかと友人の美樹さやかが魔女の結界に迷い込み、2人はそこで魔法少女の巴マミと出会う。 引用: タイトルや画から連想するようなイメージとは正反対のストーリーのアニメです。 オタク向けでも、子供向けでもありません。 普段アニメを見ていない大人にもめちゃくちゃおすすめできるアニメです。 最初はのほほんとした萌えアニメかなと思って観てたら、3話で衝撃の展開があり、そこから一気に引き込まれました。 結末も衝撃的だったこともあり、自分にとって忘れられない作品です。 日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。 日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。 ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。 しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。 引用: 神アニメです。 その一言に尽きます。 1位はこの作品以外考えられないほどダントツで好きです。 何か面白いアニメがないかと聞かれたら、私は必ずこのアニメをおすすめしているほどにどんな人にもおすすめできる作品です。 自分がアニメにハマったきっかけにもなったアニメで、笑いあり、涙あり、恋愛あり、友情あり、熱いバトルありの 最高のエンターテイメント作品です。 2期まで合わせると40話以上の長い作品ですが、ダレることなく一気に観れて終わり方も最高です。 は別の記事でも紹介しているので、興味がある方は是非そちらも読んでみてください。 なんと彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。 暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。 彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。 引用: これも「シュタインズ・ゲート」と同じで超評価の高い人気アニメ。 西尾維新さん原作で独特の世界観からコアなファンもかなり多いです。 実際、私の知人でも一番好きなアニメとしてあげる友人もいます。 しかし、私は数話見て途中でやめてしまいました。 人を選ぶハマる人にはめちゃくちゃハマる作品だと思います。 地球から最も遠いコロニー群サイド3にジオン・ズム・ダイクンという政治思想家が出現する。 ダイクンは地球連邦政府が強行する宇宙移民を棄民政策だと痛烈に批判し、宇宙空間という新たな生活環境を得た人類はやがてニュータイプに進化すると力説する。 ダイクンは連邦政府からの自治権獲得を志向するが志半ばで急逝。 ダイクンの同志デギン・ソド・ザビは路線継承を名目に、サイド3をザビ家一族による独裁支配下に置く。 ダイクンの二人の遺児はザビ家の目を逃れ、サイド3を脱出する。 引用: 言わずと知れた超有名な超人気アニメ。 こちらもコアなファンが多く、紹介するのは今更感ありますが一応紹介します。 私も何回かファーストガンダムを見ようと試みたのですが、画が古いせいか途中でやめてしまいました。 また今度ファーストガンダムか、ガンダムシードあたりを挑戦したいと思います。 Angel Beats! 一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。 現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ NonPlayerCharacter の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、「消滅」(成仏)し、転生する。 しかし、転生することを拒む人々がいた。 少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。 生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることになる。 引用: ギャグありシリアスありの、人気も評価も高いアニメ。 知人に強烈におすすめされて見てみたのですが、私には完全に合いませんでした。 ハマる人にはハマる作品だと思うので、数話でも見て自分で判断するのが良いと思います。 視聴可能な動画配信サービス (1話無料) マクロスF 一般受け 未視聴なため未知数 西暦2009年2月。 地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発。 1年余りに渡る戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。 アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人と共に荒廃した地球環境の再生を目指した。 また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。 巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。 引用: ここからは私が1話も見ていないけど、めちゃくちゃ見たい作品です。 このアニメもずっと見たいと思ってるのになかなか見れていない作品。 マクロスと言えばやっぱり音楽。 私はアニメは見ていないのですが、それでも大好きな曲が多いです。 特に好きなのは「ライオン」で、今も「ライオン」を聞きながらこの記事を書いています。 視聴可能な動画配信サービス (ポイントでのレンタル) 天元突破グレンラガン 一般受け 未視聴なため未知数 これは、まだ自分の運命に気づかぬ一人の男の物語。 地下で暮らすジーハ村の少年シモンは、いつものように得意な穴掘りをしていると、光る小さなドリルと巨大な顔を見つける。 その時、突如として村の天井が崩れ、巨大なロボットとライフルを持った少女・ヨーコが落ちてきた。 騒ぎの中、シモンは兄貴分と慕うカミナとヨーコと共に巨大な顔に乗り込み、コックピットに小さなドリルを差し込むと、その顔はロボット=ガンメンとなって姿を現した。 シモン達はラガンと名付けたガンメンで、襲いかかる敵ガンメンを打ち破ると、勢いそのままに地盤を突き割り地上へと飛び出す。 カミナは人間を襲う獣人からガンメンを奪い、グレンと名付け、ラガンと合体して「グレンラガン」となる。 一行は獣人の本拠地を目指して地上を旅する。 引用: これもかなり気になってはいるのにまだ見れていません。 「新世紀エヴァンゲリオン」「交響詩篇エウレカセブン」が面白いから「天元突破グレンラガン」も面白いはず。 実際めちゃくちゃ人気ですしね。 プラネテス 一般受け 未視聴なため未知数 時代は2070年代(2075年以降)。 人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。 火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。 毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。 しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。 廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。 また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。 このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。 主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。 主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。 いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。 ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。 引用: 「攻殻機動隊」や「FREEDOM」が大好きな、 SF好きな友人が超絶おすすめしてくるのがこの作品。 私も「攻殻機動隊」「FREEDOM」が好きなので、多分このアニメも好きなはず。 あらすじを読んでもめっちゃ面白そう。 アルスラーン戦記 一般受け 未視聴なため未知数 大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国。 心優しき王太子アルスラーンは、武勇に優れた父・国王アンドラゴラス三世からは疎まれ、美貌の母・王妃タハミーネからは無関心に扱われつつも、臣下である大将軍ヴァフリーズ、万騎長キシュワード、ダリューンとは親交を持ち得ていた。 14歳になったアルスラーンは、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。 しかし無敗を誇っていたパルス軍は、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭って総崩れし、多くの万騎長が戦死(第一次アトロパテネ会戦)。 九死に一生を得たアルスラーンは最強の武将ダリューンと共に落ち延び、政戦両略に長ける知略家ナルサスとその侍童エラムを仲間に加える。 一行は反撃の拠点として、歴戦の将たるキシュワードとバフマンが防備を固める、東の国境ペシャワール城塞を目指すことになる。 引用: 「銀河英雄伝説」の著書・田中芳樹さんの作品ということで個人的に気になっているアニメ。 視聴可能な動画配信サービスもかなり多いので、近々見ようと思ってます。 おそ松さん 一般受け 未視聴なため未知数 松野家の六つ子、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は20歳を過ぎても定職につかず、親の脛をかじるいわゆるニート。 仕事にも女性にも縁がない個性的な6人は、時に足の引っ張り合いをしながらも、ひとつ屋根の下で暮らし、それぞれの趣味にいそしむ日々。 そんな彼らに、うさんくさい男イヤミ、おでん屋のチビ太、六つ子のアイドル的存在トト子に科学者もやっているパンツ一丁のおじさんデカパン、口がでかい怪人ダヨーンなどの面々が加わり毎回騒動が巻き起こる。 引用: 2017年10月2日より第2期の放送が始まった作品。 2年前の第1期放送時に話題になっていたので、とても気になっているアニメ。 第2期が放送中に第1期を見終えて追いついたろ!って思ってます。 全サービス無料期間あり! 視聴可能な動画配信サービス 、、、 動画配信サービス別、面白いおすすめのアニメ アニメなどの映像作品を見るなら DVDよりも動画配信サービスの方がお得で便利です。 しかも、どの動画配信サービスも初めての登録なら最初は無料で利用できるので、 まだ無料期間を利用していないサービスは利用しないともったいないです。 例えば、 5つの動画配信サービスを順番に利用すれば、半年ほどタダでアニメが見放題になります。 無料期間を利用して色々なサービスを試した後に、お金を払ってでも利用を続けたいサービスがあれば利用を続ければOKです。 各動画配信サービスでどのアニメが見れるかを以下にまとめたので、まだ利用していない動画配信サービスがある人は、是非この機会に無料期間を利用して名作アニメを楽しんでください。

次の