川崎 市 高津 区 ハザード マップ。 神奈川県川崎市高津区坂戸のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

川崎市地域包括ケアシステムポータル » 土砂災害ハザードマップに関する説明会(高津区)

川崎 市 高津 区 ハザード マップ

・ 川崎市では、津波が発生した場合、市民の皆様が安全に避難を行うとともに、津波による被害を防止するため、本市における最大津波高が想定される慶長型地震による津波浸水予測区域や津波避難施設などを掲載した「津波ハザードマップ」を平成25年3月に作成しました。 その後、平成29年3月に、津波避難施設や防災行政無線等を最新な情報とするとともに、神奈川県が平成27年3月末に公表しております、相模トラフ沿いの最大クラスの地震による津波浸水想定を参考として掲載しました。 市民の皆様に改めて周知を行うため、内容を更新いたしました。 ・平成(へいせい)31年(ねん)3月(がつ)にやさしい日本語(にほんご)、英語(English)、中国語(Chinese)、韓国語・朝鮮語版(Korean)をつくりました。 ご確認(かくにん)ください。 津波ハザードマップ• 津波は繰り返し襲ってきます。 到達する高さは、第1波よりも第2波以降の波が最大となる場合があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が解除されて、安全が確認されるまで、注意が必要です。 水深が浅くなると、津波は急に高くなります。 津波の前には引き潮が起こると言われていますが、地震の発生の仕方によっては、いきなり大きな波が押し寄せることもあります。 津波のスピードは速く、沖合ではジェット機に匹敵する速さで伝わります。 陸に近づくと速度は遅くなりますが、陸に遡上してからでも自動車と同じくらいの速度で押し寄せます。 津波が海岸に近付くのを見てから避難を始めたのでは問に合いません。 ハザードマップ作成の基礎となる想定津波 【自宅確認】 自分の家や学校・職場がどこにあるか地図上で確認しましょう。 想定される浸水深や海抜を確認しましょう。 海抜や想定される浸水深は、川崎区内の道路照明、市立学校や警察署、交番などの公共施設、町内会・自治会の掲示板などにも掲示しています。 【津波避難施設や避難場所の確認】 川崎市では現在、公共・民間合わせて97箇所 平成27年12月1日現在 の津波避難施設や避難場所があります。 自分たちの家の近くや、よく行く場所から近い場所を地図から探しましょう。 【避難経路の確認】 地図上で安全と思われる避難経路を確認しましょう。 また、どのような場所が危険なのかを家族で確認しておきましょう。 住宅の密集した狭い路地は、瓦の落下や塀が倒壊する危険性があり、避難時に注意が必要です。 海の近くはもちろんのこと、川沿いのエリアは浸水予測区域でなくても浸水する可能性があります。 崖の近くは地盤が崩れやすくなっている可能性があります。 津波から避難する 【津波警報や大津波警報・津波注意報が発表されたら】 地震が発生すると、津波も発生する可能性があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が発表されたら、ただちに海や川から離れ、津波浸水予測区域外または津波避難施設等へ避難しましょう。 津波避難施設に着いたら、誘導標識を確認しながら、安全な高さまで避難しましょう。 原則として、避難する際は車を使わず、徒歩で避難しましょう。 津波は一度だけでなく何度も襲ってくる可能性があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が解除されるまで元の場所へ引き返したりしないようにしましょう。 避難する際は、大声で周囲の人達に呼びかけましょう。 また、小さな子供や高齢者の手を引いて逃げるなど、その場の状況でできる助け合いをしましょう。 気象庁は、地震が発生してから約3分を目標に、大津波警報、津波警報または津波注意報を発表します。 地震の規模(マグニチュード)が8を超えるような巨大地震に対しては、精度のよい地震の規模をすぐに求めることができないため、その海域における最大の津波想定等をもとに津波警報づ主意報を発表します。 その場合、最初に発表する大津波警報や津波警報では、予想される津波の高さを「巨大」や「高い」という言葉で発表して、非常事態であることを伝えます。 このように予想される津波の高さを「巨大]などの言葉で発表した場合には、その後、地震の規模が精度よく求められた時点で津波警報を更新し、予想される津波の高さも数値で発表します。 参考情報 津波浸水予測図.

次の

川崎市 「内水氾濫マップ」作成 台風受け、来年度完成へ

川崎 市 高津 区 ハザード マップ

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27(2015)年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 これまでの洪水ハザードマップは河川整備において基本となる降雨量を想定した浸水区域や浸水深を明示しておりましたが、水防法改正を受け、想定し得る最大規模の降雨量を想定した浸水区域、浸水深、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)に更新しています。 (これまで) 多摩川 2日間の総雨量457mm(200年に1回程度の確率) 鶴見川 2日間の総雨量405mm(150年に1回程度の確率) (これから) 多摩川 2日間の総雨量588mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 鶴見川 2日間の総雨量792mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 洪水ハザードマップ.

次の

川崎市宮前区の防災・ハザードマップはどこで見れる?

川崎 市 高津 区 ハザード マップ

・ 川崎市では、津波が発生した場合、市民の皆様が安全に避難を行うとともに、津波による被害を防止するため、本市における最大津波高が想定される慶長型地震による津波浸水予測区域や津波避難施設などを掲載した「津波ハザードマップ」を平成25年3月に作成しました。 その後、平成29年3月に、津波避難施設や防災行政無線等を最新な情報とするとともに、神奈川県が平成27年3月末に公表しております、相模トラフ沿いの最大クラスの地震による津波浸水想定を参考として掲載しました。 市民の皆様に改めて周知を行うため、内容を更新いたしました。 ・平成(へいせい)31年(ねん)3月(がつ)にやさしい日本語(にほんご)、英語(English)、中国語(Chinese)、韓国語・朝鮮語版(Korean)をつくりました。 ご確認(かくにん)ください。 津波ハザードマップ• 津波は繰り返し襲ってきます。 到達する高さは、第1波よりも第2波以降の波が最大となる場合があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が解除されて、安全が確認されるまで、注意が必要です。 水深が浅くなると、津波は急に高くなります。 津波の前には引き潮が起こると言われていますが、地震の発生の仕方によっては、いきなり大きな波が押し寄せることもあります。 津波のスピードは速く、沖合ではジェット機に匹敵する速さで伝わります。 陸に近づくと速度は遅くなりますが、陸に遡上してからでも自動車と同じくらいの速度で押し寄せます。 津波が海岸に近付くのを見てから避難を始めたのでは問に合いません。 ハザードマップ作成の基礎となる想定津波 【自宅確認】 自分の家や学校・職場がどこにあるか地図上で確認しましょう。 想定される浸水深や海抜を確認しましょう。 海抜や想定される浸水深は、川崎区内の道路照明、市立学校や警察署、交番などの公共施設、町内会・自治会の掲示板などにも掲示しています。 【津波避難施設や避難場所の確認】 川崎市では現在、公共・民間合わせて97箇所 平成27年12月1日現在 の津波避難施設や避難場所があります。 自分たちの家の近くや、よく行く場所から近い場所を地図から探しましょう。 【避難経路の確認】 地図上で安全と思われる避難経路を確認しましょう。 また、どのような場所が危険なのかを家族で確認しておきましょう。 住宅の密集した狭い路地は、瓦の落下や塀が倒壊する危険性があり、避難時に注意が必要です。 海の近くはもちろんのこと、川沿いのエリアは浸水予測区域でなくても浸水する可能性があります。 崖の近くは地盤が崩れやすくなっている可能性があります。 津波から避難する 【津波警報や大津波警報・津波注意報が発表されたら】 地震が発生すると、津波も発生する可能性があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が発表されたら、ただちに海や川から離れ、津波浸水予測区域外または津波避難施設等へ避難しましょう。 津波避難施設に着いたら、誘導標識を確認しながら、安全な高さまで避難しましょう。 原則として、避難する際は車を使わず、徒歩で避難しましょう。 津波は一度だけでなく何度も襲ってくる可能性があります。 津波警報や大津波警報・津波注意報が解除されるまで元の場所へ引き返したりしないようにしましょう。 避難する際は、大声で周囲の人達に呼びかけましょう。 また、小さな子供や高齢者の手を引いて逃げるなど、その場の状況でできる助け合いをしましょう。 気象庁は、地震が発生してから約3分を目標に、大津波警報、津波警報または津波注意報を発表します。 地震の規模(マグニチュード)が8を超えるような巨大地震に対しては、精度のよい地震の規模をすぐに求めることができないため、その海域における最大の津波想定等をもとに津波警報づ主意報を発表します。 その場合、最初に発表する大津波警報や津波警報では、予想される津波の高さを「巨大」や「高い」という言葉で発表して、非常事態であることを伝えます。 このように予想される津波の高さを「巨大]などの言葉で発表した場合には、その後、地震の規模が精度よく求められた時点で津波警報を更新し、予想される津波の高さも数値で発表します。 参考情報 津波浸水予測図.

次の