お疲れ様 です。 お疲れ様ですは敬語なのか?|ビジネスマナーとお疲れ様ですの使い方

「お疲れ様です」は社外や目上の人・上司には敬語として失礼?言い換え表現や「ご苦労様です」は?|語彙力.com

お疲れ様 です

日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、メール処理のやり方を見れば、その人が一流かどうか見極めることができると断言します。 仕事のスピードを速くするポイントは「ちりも積もれば山となる」です。 時短テクニックの「1回1回」で短縮できる時間は、わずか数秒かもしれません。 しかし、1回ずつはたいしたことはなくても、その積み重ねが大きな差となるのです。 小さなことを積み重ねる。 つまりそれは「習慣化」するということです。 微差を制する者が、速さを制することを、忘れてはいけません。 一流の人は、見えないところでさまざまな工夫をして、メールの処理スピードを上げています。 そのひと言は本当に必要でしょうか? 私は、このひと言を書く3秒はムダだと思い、省略しています。 たかだか3秒と思ってはいけません。 メールは1日に何十通、何百通と書くもの。 疑問を持たずに習慣化してしまうと、ムダな時間が積み上がっていきます。 「お疲れ様です」という形式的なあいさつがなかったとして、腹を立てる人はいるでしょうか?.

次の

「お疲れ様でした」の敬語・目上の人への使い方・例文|丁寧語

お疲れ様 です

「お疲れ様でした」という言葉の基本的な意味合いは、「相手の労苦に対して一応の敬意を払い、その相手を労(ねぎら)う姿勢をもって挨拶すること」を言い、現代でももっぱら多くの場面で使われている日常用語として認められます。 ここで「労い・労う」という言葉の意味をきちんと把握する必要があり、「労う」というのは主に「目上の人から目下の人へ向けて、いつも仕事をしてもらっていることをいたわり、その苦労に対して謝意を述べること」を言います。 つまり目上の人に対して「お疲れ様でした」と言うことは、目上の人と目下の人の立場が逆転している表現となり、基本的には失礼な表現となる場合があります。 しかしこの「お疲れ様でした」という言葉も現代では普通に使われており、すでに敬語表現として認められます。 「お疲れ様でした」と言うタイミングをきちんと見計らった上で言うことが大切になります。 定年退職 「定年退職」というのは労働基準法で定められている規定の1つで、「60歳から65歳以上」の年齢に達した場合に、その会社を自動的に退職するシステムのことを言います。 この60歳から65歳まで長く働いてきた上司に対して伝える言葉として、「ありがとうございます」や「お疲れ様でした」という言葉が一般的に使われます。 ・長い間、本当にお疲れ様でした。 ・定年を迎えられ、本当にお疲れ様でした。 今後とも、どうぞご健康を大切になさってください。 ・長きに渡るご指導をいただき、誠にお疲れ様でございました。 ・これまでの長年のお仕事、本当にお疲れ様でした。 これらの言葉が一般的に使われますが、たいていの場合は「お疲れ様でした」や「長い間のお仕事」、また「定年を迎えられ」という言葉が含まれます。 研修 「研修、お疲れ様でした」という言葉もよく聞く言葉ですが、研修というのはどの会社においても必ず課されるミッションとしてあり、新人研修をはじめ、その後も新しい事業プランを立てる際には必ず「勉強会」として参加させられる項目としてあげられます。 ・研修業務に就かれ、大変お疲れ様でした。 ・研修でのご出張、誠にお疲れ様でした。 研修では特に、普段の仕事とは別の任務を課されることも多く、またその新しい事業プランに際して「勉強会」が加算される場合が多くあります。 その労苦に対する労いの言葉となるため、「お疲れ様でした」という言葉は頻繁に疲れわれます。 企画達成 会社では新しい仕事をする際には必ず企画というものがあり、この企画というのは起案書などで「どんなことをするか」という事業内容を正確に仕上げて行なわれる、会社にとって重要なパートとなります。 この企画を達成した際には、それまでの企画立ち上げからの努力が実を結んだ形となるため、その労苦に対する労いの言葉が当然かけられることになります。 ・むずかしい企画を達成され、誠にお疲れ様でした。 ・長きに渡る企画のご成功、本当にお疲れ様でした。 誠にお疲れ様でした。 役職 先述でも少し触れましたが、この「お疲れ様でした」と言うタイミングはとても大切で、タイミングを間違えて「お疲れ様でした」という言葉を頻発してしまうと、かえって相手に対して悪い印象を与えてしまう場合があります。 出勤してすぐに「お疲れ様でした」と言った場合、「これから働くのに」と相手からも疑問を持たれ兼ねません。 せめてこの場合は「でした」ではなく「お疲れ様です」という表現に変えておくのがまだベターでしょう。 しかしこの場合でも、朝に「お疲れ様でした」と言うのが挨拶代わりとして認められている会社もあるため、一概に「絶対にダメな表現」とは言えません。 その会社の空気を読むようにあらかじめ風習を把握しておき、基本的には仕事終わりに「お疲れ様でした」と言うように心がけましょう。 朝はただ「おはようございます」でかまいません。 「お疲れ様でした」の使い方・例文 本当にお疲れ様でした 「本当にお疲れ様でした」という表現は「お疲れ様でした」と言う場合に特に使われやすい表現で、「本当に」という冠詞が付くことにより、相手に対する労いの言葉の度合いもさらに増す形になります。 特に上司に対して「お疲れ様でした」と言う場合に使われる表現になるでしょうか。 ・長い間、ご指導を賜りまして、本当にお疲れ様でした。 ・長きに渡るご役職のほど、本当にお疲れ様でした。 ・今日は本当にお疲れ様でした。 ・一日中のお仕事とご苦労、本当にお疲れ様でした。 この「本当にお疲れ様でした」という表現も、ビジネス上のやり取りだけでなく、プライベート(日常生活)でのあらゆる場面で非常に多く使われている言葉に認められます。 これまでお疲れ様でした 「これまでお疲れ様でした」という言葉も先述の「定年退職される上司や、役職に就いていた人をはじめ、ずっとその部署で働いていた人に贈る言葉」として認められ、「これまで」という形であるていどの期間を働いてきた人への賛辞の言葉となります。 ・10年間お仕事に務めてこられ、これまでお疲れ様でした。 ・今日は朝の10時からずっと勤務漬けで働いてこられ、誠にお疲れ様でした。 ・長きに渡る甚大なお働き、誠にこれまでお疲れ様でした。 この「これまでお疲れ様でした」という表現も、ビジネス上のやり取りだけでなく日常生活でのあらゆる場面で多く使われている表現であり、「それまでずっと働いてきてお疲れ様でした」という気持ちを敬意をもって相手に伝える形となります。 大変お疲れ様でした 「大変お疲れ様でした」という言葉も「本当にお疲れ様でした」という言葉とほぼ同じ形容で使われますが、「大変」という言葉の意味は「いつもよりもさらに」といった尋常ではないほどの苦労を意味する表現となるため、「本当に」という場合よりもさらに「お疲れ様でした」という敬意の度合いが強くなります。 ・本日は、大変お疲れ様でした。 ・本日はいつもよりさらなるお働き、大変お疲れ様でした。 ・長年に渡るご尽力、大変お疲れ様でした。 この場合は主に上司に対する敬意が示されることが多く、目下の人から目上の人に対する儀礼を払う形で「お疲れ様でした」という表現がなされます。 お仕事お疲れ様でした 「お仕事お疲れ様でした」という表現は、特に上司に対する言葉だけでなく、同僚や部下、あるいは直接的に関係しない他部署の人同士の会話でも見受けられます。 ・本日はお仕事お疲れ様でした。 ・昨日から今日にかけての夜勤のお仕事、本当にお疲れ様でした。 ・営業回りのお仕事、本当にお疲れ様でした。 他にもいろいろと「お疲れ様でした」と言われる場面がありますが、どの場合でも「お仕事」とワンセットで「お疲れ様でした」という言葉が伝えられるため、直接的に仕事で費やした労力に対して「お疲れ様でした」と表現されます。 誠にお疲れ様でした 「誠にお疲れ様でした」という表現は「本当にお疲れ様でした」や「大変お疲れ様でした」などの表現よりもやや堅い形容表現となるため、この場合はたいてい上司に対して敬意が示され、さらにいつもより改まった場面で使われることが多いでしょう。 ・本日は式典の設営準備、誠にお疲れ様でした。 ・ご企画の達成につきまして、誠にお疲れ様でした。 ・A社との協力関係の下でなされましたご計画のご成功、誠にお疲れ様でした。 いつもお疲れ様です 「いつもお疲れ様です」という言葉はビジネス上のやり取りでもプライベート(日常生活)でも多くの場面で使われており、老若男女を問わず、非常にありふれた謝意の旨を伝える言葉として認められます。 ・本当にいつもお疲れ様です。 ・商売繁盛のこと誠に嬉しく、本当にいつもお疲れ様です。 この「いつもお疲れ様です」という言葉は「常日頃からしている日常の仕事と、その仕事に関わっているその人のあり方」までを含めて賛辞を贈る形となり、また「いつも」と日頃の苦労のことを言う表現も含まれるため、上司に対しても同僚に対しても同じく使われる表現となります。 「お疲れ様でした」と「お疲れ様です」の違い 丁寧語というのは「不特定多数の人々に対して、丁寧な言葉遣いによって敬意を示す敬語表現」を指し、主に「です・ます調」によって伝えられる当たり障りのない敬語表現を意味します。 この「お疲れ様でした」という言葉にはすでに「でした」と「です・ます調」による表現が含まれているため、この丁寧語の敬語表現として十分認められます。 敬語の種類 日本語の敬語表現には主に3種類があり、1つ目は尊敬語、2つ目は謙譲語、3つ目は丁寧語となり、尊敬語は「目上の人や立場が上位にある人に対し、話者が一報的に敬意を示す敬語表現」を意味し、ビジネス上のやり取りで一般的に使われる敬語表現となります。 謙譲語というのは「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低めて敬意を示す敬語表現」を指し、これはビジネス上のやり取りでもプライベート(日常生活)でも多くの場面において使われるポピュラーな敬語表現となります。 「疲れる」という言葉の意味 「疲れる」という言葉の基本的な意味は、「特定のストレスや働きによって心身的に弱ること」を言い、「お疲れ様でした」という表現は主にこの「心身的に弱った人」に対して使われる言葉として認められます。 しかし現代では多くの場面において、挨拶代わりの言葉としてもこの「お疲れ様でした」という言葉が多用され、言えば「疲れてもいないのにお疲れ様でしたと言われる」といった場面が散見されることもあります。 この「お疲れ様でした」という言葉が挨拶代わりの言葉として使われている現代だからこそ、「お疲れ様でした」という言葉の基本的な意味合いをもう一度反省し、「どういうときに使うのが最も適当なのか」を独学する必要もあります。 そうすることによって、「ここで言うべきか言わないでおくべきか」というタイミング選びも、比較的簡単に把握することができるでしょう。 「お疲れ様でした」の類義語 一般的に「お疲れ様でした」の対義語はありません。 しかし、場面や状況の流れによって使われる言葉・表現において、この「お疲れ様」の対義語として認められる表現はあります。 ・楽でしょう ・まだ大丈夫 ・疲れていません ・まだ働けます ・これからです ・仕事らしい仕事をまだ何もしていません ・働け ・もっと汗をかいてください ・もっと働きましょう ・これから本気を出しましょう ・体力が余っています ・体力や気力を温存しておられる これらの表現は直接的に「お疲れ様でした」の対義語とはなりませんが、それぞれの言葉の意味合いやその用途によって、「お疲れ様でした」という形容に含まれる労いの姿勢がそぎ落とされた表現となります。 「ご苦労様でした」と「お疲れ様でした」 「お疲れ様でした」という言葉は基本的に「感謝の意味・気持ちを伝える表現」として認められます。 そのため、「ありがとうございます」という言葉と「お疲れ様でした」という表現は切り離せない言葉としてあり、ビジネス上のやり取りでも多くの場面では、この「ありがとうございます」と「お疲れ様でした」という言葉がワンセットで使われるパターンが多く見られます。 ・お疲れ様でした。 これまで、本当にありがとうございました。 ・長きに渡ってのご指導のほど誠にありがたく、本当にお疲れ様でした。 ・ご助力とご支援を賜り、誠にありがたい気持ちで一杯です。 本当にこれまでお疲れ様でした。 このように多くの日本語には「別の言葉とワンセットで使うことによって、さらにその意味合いやニュアンスを引き立てる効果」があり、この二つの言葉もまさに「ワンセットで使われることによって効果を引き出す言葉」として認められます。 「感謝いたします」と「お疲れ様でした」 「感謝いたします」と「お疲れ様でした」という言葉も先述の「ありがとうございます」の場合と同じく、「お疲れ様でした」という表現をさらに引き立て、相手への敬意の気持ちを引き上げる(強める)効果を持ちます。 「感謝いたします」と言う場合は「ありがとうございます」とは違い、さらに目上の人に対する敬意や、お世話になったことへのお礼を伝える効果があります。 ・これまでのご指導のほど、誠に感謝いたします。 本当に長い間、お疲れ様でした。 このように表現される場合は一般的に「目下の人から目上の人に対する礼儀を含めた敬語表現」として認められ、敬語表現の内でもビジネスマナーが発揮されている表現として認められます。 労いの言葉としての「お疲れ様でした」 「お疲れ様でした」という言葉は先述でご紹介しましたように、基本的に「労いの言葉」として使われます。 そのため、「目下の人から目上の人に対して言う場合」には、必ずと言ってよいほど「お疲れ様でした」に代わる別の敬語表現を取ることがビジネスマナーです。 ・感謝いたします。 ・大きな感慨を受けました。 ・感謝の気持ちで一杯です。 ・誠にありがとうございます。 ・どうぞご自愛ください。 ・どうぞお体をお労りください。 特にビジネス上のやり取りで「お疲れ様でした」という旨を上司に向けて言う場合、あえて「お疲れ様でした」という表現を外して上記の言葉だけをもって伝えても一向にかまいません。 上記の表現の内に「お疲れ様でした」という意味合いがすでに含まれることになるため、これらの表現に「お疲れ様でした」という言葉を加えることはかえって敬語の重複となる場合もあります。 挨拶代わりの「お疲れ様でした」 現代では「お疲れ様でした」という言葉が多くの若者の間でも頻繁に飛び交っており、どういうときに「お疲れ様でした」という言葉を言えばよいのかが、半ばわからなくなってしまっている傾向も否定できません。 こうした現代だからこそ、正確なタイミングをもって「お疲れ様でした」と言えるスキルを身につけることも大切で、特に多くのビジネス上のやり取りで使われる敬語表現に配慮する場合、間違ったタイミングで「お疲れ様でした」と言うのを避けることを心がけなければなりません。 仲間内で交わされる「お疲れ様でした」 先述しました、挨拶代わりの「お疲れ様でした」が巷で流行り文句のように飛び交うことから、若者をはじめ、多くのグループの中でも頻繁にこの「お疲れ様でした」という言葉が飛び交う傾向が顕著に見られます。 この「お疲れ様でした」という言葉は老若男女を問わず、もはや現代用語として「頻繁に使われる用語」として認められており、「いつ・どういう状況でもこの言葉を使えば安心」といった言葉への姿勢が暗黙のルールのように確立されています。 日頃から仲間内でも「きちんとしたタイミングを見計らって言葉を使うこと」を心がけ、この「お疲れ様でした」という言葉を使う場合も正確なタイミングだけで使い、それ以外のタイミングでは別の言葉を「お疲れ様でした」という言葉の代わりに使うようにすることで、ビジネスシーンで「お疲れ様でした」を正確に言うタイミングも把握できるようになるでしょう。 仕事終わりの挨拶としての「お疲れ様でした」 これは稀に見る表現となりますが、ときどき「お疲れ様でございます」という誤った敬語表現を聞くことがあります。 これはまさに敬語の重複表現となり、「お疲れ様でした」という尊敬語・丁寧語による敬語表現と、「ございます」という丁寧語による敬語表現との二重敬語の語形となります。 日本語を覚える場合には特に大切なことですが、正しく文法を使う場合には「重複する表現」を省く必要があります。 絶対に「重複してはいけない」というわけではありませんが、日本語として正しく文法を覚える場合には、特に敬語表現の正確さが求められ、間違った語形による表現をたとえばビジネスシーンで使った場合、相手によってはかなり印象を悪くすることがあります。 日本人にとっての「お疲れ様でした」 先述で、「お疲れ様でした」という表現を多くの若者が頻発する習慣についてご紹介しましたが、これは実は日本人特有の文化や風習によって生まれた「言語感覚をはじめとする、コミュニケーション文化」に起因しています。 日本人は外国人に比べて「相槌を打つ頻度」が高く、平均して10倍から30倍ほどの数をもって、会話中に相手が言うことに対する相槌を打ちます。 これは相手への印象を良くための配慮から生まれた習慣であり、この「相手に配慮し続ける習慣」が「お疲れ様でした」という言葉を頻発してしまう傾向に延長されます。 「お疲れ様でした」という言葉は相手の労苦や疲れを慰め、その後の付き合いにおいても「自分はあなたのことをいつも気遣っています」という好印象を持たせる姿勢をうかがわせます。 この好印象をずっと保つために「お疲れ様でした」という表現が多く使われる傾向が強くなります。 「お疲れ様でした」と慰め 先で少し触れましたが、「お疲れ様でした」という表現には「相手の心労を慰める癒し系の印象」がとても強く、その言葉のニュアンスによって相手の心や自分(話者)に対する気持ちをさらにあたたかくする働きがあります。 そのため「お疲れ様でした」という言葉をいつも使うことにより、いつも仲間内での空気を平和に保たせる温和な空気を作り出すことができ、その雰囲気をお互いに大切にし合う姿勢によって、お互いが「お疲れ様でした」という言葉を日中どのタイミングでも使ってしまうという習慣が芽生えます。 しかし正しく敬語表現を使うこと、正確なタイミングで「お疲れ様でした」という言葉を使うことに配慮する場合には、仲間内で使う「お疲れ様でした」という言葉と、ビジネスシーンで使う「お疲れ様でした」という言葉とをあらかじめ使い分けておくスキルが必要です。 「お疲れ様でした」という言葉の効用 先述でご紹介しましたように、「お疲れ様でした」という言葉には「(話者を含めて)相手の気持ちを緩和させ、仲間内のコミュニケーションを円滑に持続させる効果」があります。 ただ「お疲れ様でした」と言うだけで場が和み、その後の仕事や遊び、他のあらゆる生活面でも「仲間とのつながり」を豊かに保てる「癒し系の言葉」として認められる傾向が認められます。 「お疲れ様でした」がクッション言葉 「お疲れ様でした」という表現には、対人において必須となるコミュニケーションにおいて、「他の物事を始める際のクッションの役割」が認められます。 たとえば、「お疲れ様でした」と言うことで相手の心労を和らげておき、その効果によって別の遊びや仕事に赴くことができ、新しい物事へ向かう際の活力を与える言葉となります。 クッション言葉というのは基本的に、自分の要件を相手に伝える場合にその前置きとして用意する「誘導の言葉」として認められますが、この場合は「お疲れ様でした」という言葉が対人のコミュニケーションを円滑に進めるクッションの役割を果たし、さらに仲間内で共有する雰囲気を平和なものにするための、必須の慣用句となる傾向があります。 「お疲れ様でした」という相手への配慮 これは主に挨拶として使われる「お疲れ様でした」の用法になりますが、「お疲れ様でした」という表現が(先述のように)「相手の心を緩和させ、その心労をいたわるあたたかみ」を持つことによって、自然と話者から相手への配慮の姿勢や気持ちが芽生えます。 この「相手に対する配慮の姿勢や気持ち」はどんな人とのコミュニケーションにも必要で、その配慮の高低によってその後に発展する交流のあり方も違ってきます。 つまり、それだけ「お疲れ様でした」という言葉が持つ相手への配慮の効果は重要で、さらに正確なタイミングをもって「お疲れ様でした」と伝えることができた場合には、より実りのある交流を深めることができるでしょう。 「お疲れ様でした」の英語表記と意味 「お疲れ様でした」という言葉を英語に直すと、それぞれの単語の意味合いや用法に配慮する上で以下のようにあげられます。 ・You did good job. (お疲れ様でした) ・Thank you for your hard work. (大変お疲れ様でした) ・You do good job. (お疲れ様でした、良い仕事をしました) ・Thanks(ありがとう、お疲れ様でした) ・Thanks for your effort(努力に感謝します、お疲れ様でした) ・Thanks for your sincerity. (あなたの誠意に感謝します、お疲れ様でした) 英語の場合はその文脈や内容の背景によって、その単語や表現の意味合い・活用が変容するため注意が必要です。 「お疲れ様でした」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「お疲れ様でした」の英語表記を参考にして、「お疲れ様でした」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Due to long-term mission as sales manager, I sincerely appreciate your work. 「長い間の営業部長としての任務、本当にお疲れ様でした。 」 ・Thank you very much for your business around the business. 「営業回りの仕事におきまして、本当にお疲れ様でした。 」 ・I sincerely cheers for having participated in the training. 「研修へのご参加、本当にお疲れ様でした。 」 「お疲れ様でした」の英語表現と意味(2) 先述しました「お疲れ様でした」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「お疲れ様でした」の例文をご紹介します。 ・Regarding this time of retirement, I appreciate your work for a long time. 「この度の定年退職につきまして、本当に長い間お疲れ様でした。 」 ・Thank you very much for taking your guidance for so long. 「これまでの長きに渡るご指導をいただきまして、誠に感謝いたします。 」 ・Please take care of yourself for us. 「どうかお体をご自愛ください。 」 「お疲れ様でした」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「お疲れ様でした」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面での「お疲れ様でした」の例文をご紹介します。 ・Today's concert, I really appreciate your work. 「今日のコンサート、本当にお疲れ様でした。 」 ・Thank you very much for your entrance examination study. 「受験勉強、誠にお疲れ様でした。 」 ・Thank you very much for having participated in the training all day today. 「本日は一日中の研修に参加されましたこと、本当にお疲れ様でした。 」 「お疲れ様でした」の英語表現と意味(4) 先述のいろいろな場面での「お疲れ様でした」の英語表現に引き続き、次は「お疲れ様でした」そのものに関する例文をご紹介します。 ・The expression "I wish you a jolly" and "I was a hard worker" are subtly different ways of using. 「「お疲れ様でした」と「ご苦労様でした」という表現は、微妙に使い方が違います。 」 ・It is important to remember the honorific expressions instead of the word "cheers for good work". 「「お疲れ様でした」という言葉の代わりの敬語表現を覚えることが大切です。 」 「お疲れ様でした」の正確な敬語表現を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「お疲れ様でした」の目上の人への使い方・敬語と題して、「お疲れ様でした」という言葉の正確な意味合いと用法、またさまざまな分野で扱われる「お疲れ様でした」の用例についてご紹介しました。 「お疲れ様でした」という言葉はビジネスシーンでもプライベート(日常生活)でも、非常に多くの場面で使われている現代用語・日常用語として認められます。 そのため、「正しいタイミングによって使われること」が次第におろそかになり、きちんとしたビジネスシーンでの「お疲れ様でした」という言葉の使い方がなされない場面も多くあります。 こうした言葉のミスセレクトをなくすためにも、日頃から「お疲れ様でした」という言葉を使うタイミングに配慮し、ビジネス用語として使われる「お疲れ様でした」という表現を正確にマスターすることが大切です。

次の

「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違い!正しい意味と使い方とは?

お疲れ様 です

「お疲れ様です」という言葉は、ビジネスシーンや家族間でも用いられることがあります。 相手にねぎらいの気持ちを伝えるために「お疲れ様です」と言いますが、目上の人に使う言葉としてはどうなのか疑問に感じる方も少なくないとされます。 また、目上の方が目下の方に「お疲れ様です」と言われた時には気分が悪くなるという方もいます。 しかしながら「お疲れ様です」という言葉は、目下の方が目上の方に使うことに関して間違いはありません。 「お疲れ様です」は立場に関係なく誰にでも使って良いねぎらいの言葉であり、疲れている相手をいたわる言葉です。 「お疲れ様です」は目上が目下に、目下が目上に使用しても言葉の意味としては何の問題もないとされます。 「お疲れ様です」は立場を問わずねぎらいをかける時に用いる言葉でしたが、一方の「ご苦労様です」は目上の方が目下の方へのみ使用することができる言葉になります。 そのため、目下から目上に対して「ご苦労様です」と使うことは失礼に値します。 「ご苦労様です」を用いて良いシーンは、目上から目下にねぎらいの言葉をかける時だけです。 「ご苦労様です」は、ただの丁寧な言葉として捉えられていることもあります。 ただの丁寧な言葉として捉えている場合、「ご苦労様です」を目上の人に用いてしまう人がいます。 「ご苦労様です」は丁寧な言葉遣いではありますが、ただの丁寧な言葉ではありません。 目上から目下へのみ使える言葉なので、使う相手を間違えないように気をつけましょう。 使い方.

次の