ビギン ボーカル。 BEGINの人気曲ランキングTOP10!定番の沖縄ソングもご紹介!

BEGIN(ビギン)比嘉と島袋の仲が意外だった件

ビギン ボーカル

ロス・プリモス 出身地 ジャンル 活動期間 - - レーベル 事務所 有限会社ロスプリモスエンタープライズ 公式サイト (工事中) メンバー 森聖二 ボーカル 大川公生(ベース・コーラス) 峰たかし(コーラス・ギター) 徳永淳(コーラス・ドラム) コーラス・キーボード 旧メンバー 黒沢明(ギター・コーラス) 村上章(キーボード) 前川浩二(ドラムス) 佐藤幸輝(ギター・サックス) ロス・プリモスとは、から5月まで活動していた森聖二がメインボーカルを勤め、日本界を代表するグループである。 旧グループ名は「 黒沢明とロス・プリモス」。 2010年6月からは、メンバーを替え「 」に改称。 現在は再び「 ロス・プリモス」として活動している。 概要 [ ] 1961年、ラテンコーラスグループ「 黒沢明とロス・プリモス」として結成。 なお、黒沢は、映画監督のと同姓(漢字違い)同名であるが別人である。 これは、中川博之にとってもデビュー作となり、以来数多くの作品を共にすることになる。 この時レコードジャケットは白黒だった。 地道な活動により、1年後に「ラブユー東京」が大ヒット、思いがけない展開に慌ててAB面をひっくり返し、ジャケットがカラーの「ラブユー東京」が登場した。 1968年1月に創刊されたでは創刊号 1968年1月4日付 から2週連続第1位を獲得した。 1968年4月29日発売のオリコンHOT100には、「ラブユー東京」「雨の銀座」「ラブユーいとはん」「たそがれの銀座」の4曲がランクインしている。 銀座シリーズ第2弾「たそがれの銀座」は発売と同時にオリコンに登場。 この曲で同年に出演。 その後も、静岡県伊東市の城ヶ崎海岸に歌碑まで建ったという「城ヶ崎ブルース」、銀座シリーズ第3弾「恋の銀座」、当時タイトルが長く話題になった「さようならは五つのひらがな」、タンゴのリズムが軽快な「君からお行きよ」など次々と発表する。 1969年 - 1978年、に移籍。 移籍直後には「ヘッドライト」を発表。 CM先行で発表した「せめてお名前を」は、札幌で火がついた。 10周年記念曲「別れるのになぜ」と数々の曲を残したが、横浜シリーズ第2弾「夜の横浜泣いてる私」を最後にビクターレコードを離れる。 1979年、クラウンレコードに復帰。 横浜シリーズ第3弾「小さなお店をもちました」、横浜シリーズ第4弾「ぬれて横浜」を発表。 1980年、黒沢がコンサート中に倒れ引退。 その後グループ名をロス・プリモスに改名。 1981年、15周年記念曲「誘蛾灯」を発表。 1986年、「城ヶ崎ブルース」の続編として『雨の城ヶ崎』を発表。 20周年を迎えた頃には、「ラブユー東京」が「ラブユー貧乏」(「」)になり、「ハーブ湯東京」(「」CM)と形を変えて脚光を浴びる。 1989年には、作品の「泣いたカラス」。 には、「雪の長岡恋の町」を発表。 1991年、25周年記念曲「アドレス帳」を発表。 1992年「さよならララバイ」を発表。 1993年、公演がきっかけで生まれた「雨の星港 シンガポール 」を発表。 1994年、「あなたのためなのよ」を発表。 1995年、「人妻夜雨」を発表。 1996年、30周年記念曲「いつまでも銀座」を発表。 1997年、久々の作品の「上海しのび逢い」、「好きですサッポロ」の続編、デュエット曲になった「魅せられてサッポロ〜好きですサッポロパートII〜」を、北島ファミリーのと発表。 1998年、「小樽化粧」(競作)を発表。 1999年、「北緯四十度四十分」青森百石町町生75周年記念曲。 デュエットリメイクされた「さようならは五つのひらがな」「サッポロの星の下で」を、真帆花ゆり(現:)と発表。 2000年、デュエットリメイク「名古屋ブルース」は、と発表している。 2001年、35周年記念曲「灯りの中で」が、作詞/森聖二、補作詞・作曲/上野旬也で誕生し、「北の雪虫」(競作)のカップリング曲として発表される。 2006年6月、40周年記念曲「フォーエバー東京」を発表。 森にとって遺作となる。 この際行われた40周年記念リサイタルは、ムード歌謡の発祥の地でもある有楽町で公演され、全35曲中29曲を森が熱唱した。 40周年記念曲は、森聖二が初めて自ら頭を下げて、レコーディングが実現した。 2007年1月、森が心筋梗塞で倒れ、緊急入院し約3か月の療養を余儀なくされる。 この間、サイドボーカルの上野がピンチヒッターとなってステージの穴を埋める。 本人の努力のかいあって4月に現場復帰することが出来る。 2009年4月、黒沢が長い闘病生活の末亡くなる。 森は、いつでも黒沢が戻ってこられるようにと、あえてロス・プリモスだけの名前にこだわっていた。 その願いは叶うことなく終わってしまった。 2009年10月17日、森が自宅で心筋梗塞の発作で倒れ、慶応病院に緊急搬送された。 翌日の10月18日、治療の甲斐なく息を引き取る。 享年70。 くしくも、翌日から検査入院が予定されていた。 2010年、佐藤がサポートメンバーに退く。 2010年5月13日、森が入手していたスケジュールを、全て上野がこなし旧体制のロス・プリモスとしての千秋楽となる。 この日をもって上野が脱退。 2010年6月、が2代目メインボーカルとして加入。 2016年4月、NHK Eテレの朝の5分番組「0655」で「さらば、高円寺」「さらば、豊橋」を歌うと0655ファンの間で話題になる。 公式ウェブサイトが工事中となったため今後の活動は明らかにされていない。 かつてのメンバー [ ]• 黒沢明 (くろさわ あきら、 - )• 初代リーダー、ギター担当。 1980年に病気のため活動を休止し、入院中は作詞に専念していた。 映画監督のとは別人。 村上章 (むらかみ あきら、 - )• 初代キーボード。 ロス・プリモス加入。 脱退後、出身地秋田に戻り、市内でバー『スナック・ロスプリモス』を営みながら、カラオケ指導・カラオケ制作をしている。 別名:村山昭(「夜のお伽ばなし」のジャケット写真より)• 森聖二(もり しょうじ、 - )• メインボーカル・2代目リーダー。 「ジョージ山下とドライボンズ」、「森ヨシコとそのグループ」を経て、に加入。 に心不全のため70歳で死去。 大川公生(おおかわ きみお、 - )• コーラス・ベース担当。 「寺部頼義とココナッツアイランダース」、「有馬徹とノーチェックバーナ」を経て、の結成から参加。 別名:大川継信(「夜のお伽ばなし」のジャケット写真より)。 前川浩二(まえかわ こうじ、生年月日不詳)• 初代ドラムス担当。 「夜のお伽ばなし」のジャケット写真や「ラブユー東京」のライナーノーツに名前が記載されている。 脱退時期など詳細は不明。 峰たかし(みね たかし、 1953-03-12 (67歳) - )• 本名:上原貴史。 コーラス・ギター担当。 東京都出身。 のバックバンド「」(峯井貴史名義)を経て、に峰井貴史名義で加入。 に一度脱退したが、になって再加入した。 その後、芸名を「峰たかし」に改名。 徳永淳(とくなが じゅん、 1954-08-04 (65歳) - )• コーラス・ドラムス担当。 「」、「」を経て、峰と同じく1977年に加入。 バー『ビンボー』を経営している。 永山こうじとロス・プリモスに改称後も参加していたが、2010年9月一身上の都合により脱退。 (うえの しゅんや、 - )• コーラス・キーボード担当。 旧芸名・清里卓矢。 男性デュオ、『』のピアノ奏者を経て、に加入。 銀座にてバー『Ginzaロス・プリモス』を経営している。 の公演をもって、音楽性・方向性の違いにより脱退。 (ながやま こうじ、 - )• 二代目メインボーカル担当。 1982年にコーラスグループ「アルバトロス」結成。 1984年コーラスグループ「」に加入。 2003年よりソロデビュー。 佐藤幸輝(さとう ゆきてる、 - )• ギター・サックス担当。 にに加入し、1980年にロス・プリモスの正式メンバーとなり、2000年にほかの音楽活動を兼任するためサポートメンバーに退くが、2010年の永山こうじとロス・プリモスと改称後に正式メンバーに復帰。 宮澤隆史(みやざわ たかし)• コーラス・ギター担当。 2016年に加入。 永山、佐藤とは異なり事務所には残留。 他多数 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• 「涙とともに」/「」(1966年4月) ・シングルチャート1曲目の1位を獲得• 「涙でしあわせを」/「ちょっとたまらないの」(1966年11月)• 「夢に泣く女」/「東京ロマン」(1967年3月)• 「信濃川慕情」/「」(1967年7月) A面・B面共にとの競作。 なお美川盤ではA面とB面が入れ替わっている。 「雨の銀座」/「生命のブルース」(1967年11月)• 「恋の銀座」/「逢い初めの夜」(1968年1月)• 「ラブユーいとはん」/「夜のお伽ばなし」(1968年3月)• 「たそがれの銀座」/「わたしのあなた」(1968年5月)• 「ゆく春を」/「愛はいずこえ」(1968年6月)• 「城ヶ崎ブルース」/「サボテン小唄」(1968年8月)• 「さようならは五つのひらがな」/「お友達のキス」(1968年12月)• 「君からお行きよ」/「札幌の星の下で」(1969年4月)• 「夜霧のインペリアルロード」/「恋のにがさも知りました」(1969年8月)• 「夜霧のエアポート」/「星よ嘆くな」(1969年9月)• 「ヘッド・ライト」/「女みずいろ」(1969年11月)• 「大阪慕情」/「冬子のブルース」(1969年11月)• 「夜のブルース」/「悲しみは雨のように」(1970年2月)• 「ばかなわたし」/「恋は秘めごと」(1970年5月)• 「うたがわないで」/「アカシヤ並木に雨が降る」(1970年8月)• 「たそがれの東京」/「どうぞお幸せに」(1970年11月)• 「想い出の女(ひと)」/「私の鍵をすてないで」(1971年3月)• 「盛り場エレジー」/「札幌旅情」(1971年5月)• 「ワンチャンスよこはま」/「似すぎていたのね」(1971年9月)• 「くるま、おんな、ぶるーす」/「恋のラストブルース」(1971年12月)• 「未来(あした)のない女」/「雨の十和田湖」(1972年6月)• 「この恋だけは」/「もう一度」(1972年12月)• 「雨に濡れて想うこと」/「可愛い女」(1973年6月)• 「せめてお名前を」/「どうぞお元気で」(1974年2月)• 「ビューティフルなお別れね」/「京都の女(ひと)」(1974年9月)• 「あたしの彼氏(ひと)」/「愛人生活」(1975年2月)• 「話してごらん」/「かなりや」(1975年7月)• 「私も女です」/「せめて今夜は」(1975年11月)• 「別れるのになぜ」/「愛 鍵」(1976年1月)• 「指 輪」/「よくある話泣いてます」(1976年4月)• 「神戸で別れて」/「世間ばなし」(1977年6月)• 「夜の横浜泣いてる私」/「男と女」(1978年1月)• 「小さなお店をもちました」/「ささやきの小径」(1979年1月)• 「ぬれて横浜」/「なぐさめ」(1979年6月)• 「ロスプリモスのディスコおてもやん」/「ロスプリモスの鹿児島おはら節」(1979年6月)• 「長崎の夜はむらさき」/「おもいでの雲仙」(1979年7月) のカバー• 「小雨のアムール」/「夜霧にぬれて」(1979年11月)• 「悪いお酒ね」/「ラストワルツ」(1980年5月)• 「夜のブルース(再発)」/「(カラオケ)」(1981年2月)• 「心がわり」/「知らなかったわ」(1981年3月)• 「誘蛾燈」/「女ごころはメランコリー」(1981年11月)• 「アモーレ東京」/「ロンリー・ナイト赤坂」(1982年1月)• 「アイラブユー新潟」/「新潟ブルース」(1982年12月)• 「せめてお名前を」/「神戸で別れて」(1983年1月)• 「亀田慕情」/「(カラオケ)」(1983年8月)• 「秋 冬」/「別れるのになぜ」(1984年3月)• 「おんな虫」/「新宿ワルツ」(1984年9月)• 「ここであなたと暮らしたい」/「啄木の町をたずねて」(1985年1月)• 「雨の城ヶ崎」/「湯の町慕情」(1986年2月)• 「浪花に生きる」/「嵯峨野ひとり」(1986年4月)• 「別れの雨音」/「盛り場海峡」(1987年2月)• 「ラブユー貧乏(セリフ篇)」/「ラブユー貧乏(ボーカル篇)」(1987年4月) 「ラブユー東京」の。 「湯本ブルース」/「湯泉(いでゆ)の女(ひと)」(1987年8月) のカバー(北島は1985年に発売)• 「金曜ロードショー」/「週末物語」(1988年2月)• 「泣いたカラス」/「過 去」(1989年3月)• 「雪の長岡恋の町」/「くちべにの花」(1990年2月)• 「離 婚」/「だから・・・今」(1990年9月)• 「アドレス帳」/「ハーモニー」(1991年9月)• 「ラブユー東京(再発)」/「たそがれの銀座」(1992年1月)• 「湯ったり小唄」/「おもいで船」(1993年1月)• 「雨の星港(シンガポール)」/「旅人椰子」(1993年8月)• 「あなたのためなのよ」/「予 告」(1994年7月)• 「人妻夜雨」/「夢借話(むかしばなし)」(1995年6月)• 「いつまでも銀座」/「羽をもがれた天使」(1996年9月)• 「上海(シャンハイ)しのび逢い」/「ほだされて」(1997年7月)• 「魅せられてサッポロ」/「ロックグラス」(1997年9月)• 「小樽化粧」/「霧の灯台」(1998年8月) との競作。 なお瀬川盤の発売は1994年。 「北緯四十度四十分」/「住んでみたい町」(1999年1月)• 「さようならは五つのひらがな(再発)」/「札幌の星の下で」(1999年5月)• 「名古屋ブルース」/「ふたりのNAGOYA」(2000年12月)• 「北の雪虫」/「灯(あかり)の中で」(2003年7月) との競作。 発売時期は半年以上開きがある。 「フォーエバー東京」/「高崎の女(ひと)」(2006年6月) 出演 [ ]• 『』() - 「ラブユー貧乏」のコーナーにゲスト出演。 (・・)と共演。 第407話「雨の中の女」(1969年、)• 「」 1967年頃出演。 「日本のハーブ湯」 1993年頃出演。 CM [ ]• 「せめてお名前を」• 「亀田慕情」 その他 [ ]• 「さらば、高円寺」、「さらば、豊橋」、「さらば、宝塚」、「さらば、八戸」、「どうしてそんな名前ですのん? 」、「さらば、下呂温泉」、「さらば、アムステルダム」2016年4月 - 特記事項 [ ]• 「ラブユー東京」のとして、の『ラブユー』があり、タイトルは似ているが、曲調はまったくの別物である。 脚注 [ ].

次の

BEGIN (バンド)

ビギン ボーカル

ロス・プリモス 出身地 ジャンル 活動期間 - - レーベル 事務所 有限会社ロスプリモスエンタープライズ 公式サイト (工事中) メンバー 森聖二 ボーカル 大川公生(ベース・コーラス) 峰たかし(コーラス・ギター) 徳永淳(コーラス・ドラム) コーラス・キーボード 旧メンバー 黒沢明(ギター・コーラス) 村上章(キーボード) 前川浩二(ドラムス) 佐藤幸輝(ギター・サックス) ロス・プリモスとは、から5月まで活動していた森聖二がメインボーカルを勤め、日本界を代表するグループである。 旧グループ名は「 黒沢明とロス・プリモス」。 2010年6月からは、メンバーを替え「 」に改称。 現在は再び「 ロス・プリモス」として活動している。 概要 [ ] 1961年、ラテンコーラスグループ「 黒沢明とロス・プリモス」として結成。 なお、黒沢は、映画監督のと同姓(漢字違い)同名であるが別人である。 これは、中川博之にとってもデビュー作となり、以来数多くの作品を共にすることになる。 この時レコードジャケットは白黒だった。 地道な活動により、1年後に「ラブユー東京」が大ヒット、思いがけない展開に慌ててAB面をひっくり返し、ジャケットがカラーの「ラブユー東京」が登場した。 1968年1月に創刊されたでは創刊号 1968年1月4日付 から2週連続第1位を獲得した。 1968年4月29日発売のオリコンHOT100には、「ラブユー東京」「雨の銀座」「ラブユーいとはん」「たそがれの銀座」の4曲がランクインしている。 銀座シリーズ第2弾「たそがれの銀座」は発売と同時にオリコンに登場。 この曲で同年に出演。 その後も、静岡県伊東市の城ヶ崎海岸に歌碑まで建ったという「城ヶ崎ブルース」、銀座シリーズ第3弾「恋の銀座」、当時タイトルが長く話題になった「さようならは五つのひらがな」、タンゴのリズムが軽快な「君からお行きよ」など次々と発表する。 1969年 - 1978年、に移籍。 移籍直後には「ヘッドライト」を発表。 CM先行で発表した「せめてお名前を」は、札幌で火がついた。 10周年記念曲「別れるのになぜ」と数々の曲を残したが、横浜シリーズ第2弾「夜の横浜泣いてる私」を最後にビクターレコードを離れる。 1979年、クラウンレコードに復帰。 横浜シリーズ第3弾「小さなお店をもちました」、横浜シリーズ第4弾「ぬれて横浜」を発表。 1980年、黒沢がコンサート中に倒れ引退。 その後グループ名をロス・プリモスに改名。 1981年、15周年記念曲「誘蛾灯」を発表。 1986年、「城ヶ崎ブルース」の続編として『雨の城ヶ崎』を発表。 20周年を迎えた頃には、「ラブユー東京」が「ラブユー貧乏」(「」)になり、「ハーブ湯東京」(「」CM)と形を変えて脚光を浴びる。 1989年には、作品の「泣いたカラス」。 には、「雪の長岡恋の町」を発表。 1991年、25周年記念曲「アドレス帳」を発表。 1992年「さよならララバイ」を発表。 1993年、公演がきっかけで生まれた「雨の星港 シンガポール 」を発表。 1994年、「あなたのためなのよ」を発表。 1995年、「人妻夜雨」を発表。 1996年、30周年記念曲「いつまでも銀座」を発表。 1997年、久々の作品の「上海しのび逢い」、「好きですサッポロ」の続編、デュエット曲になった「魅せられてサッポロ〜好きですサッポロパートII〜」を、北島ファミリーのと発表。 1998年、「小樽化粧」(競作)を発表。 1999年、「北緯四十度四十分」青森百石町町生75周年記念曲。 デュエットリメイクされた「さようならは五つのひらがな」「サッポロの星の下で」を、真帆花ゆり(現:)と発表。 2000年、デュエットリメイク「名古屋ブルース」は、と発表している。 2001年、35周年記念曲「灯りの中で」が、作詞/森聖二、補作詞・作曲/上野旬也で誕生し、「北の雪虫」(競作)のカップリング曲として発表される。 2006年6月、40周年記念曲「フォーエバー東京」を発表。 森にとって遺作となる。 この際行われた40周年記念リサイタルは、ムード歌謡の発祥の地でもある有楽町で公演され、全35曲中29曲を森が熱唱した。 40周年記念曲は、森聖二が初めて自ら頭を下げて、レコーディングが実現した。 2007年1月、森が心筋梗塞で倒れ、緊急入院し約3か月の療養を余儀なくされる。 この間、サイドボーカルの上野がピンチヒッターとなってステージの穴を埋める。 本人の努力のかいあって4月に現場復帰することが出来る。 2009年4月、黒沢が長い闘病生活の末亡くなる。 森は、いつでも黒沢が戻ってこられるようにと、あえてロス・プリモスだけの名前にこだわっていた。 その願いは叶うことなく終わってしまった。 2009年10月17日、森が自宅で心筋梗塞の発作で倒れ、慶応病院に緊急搬送された。 翌日の10月18日、治療の甲斐なく息を引き取る。 享年70。 くしくも、翌日から検査入院が予定されていた。 2010年、佐藤がサポートメンバーに退く。 2010年5月13日、森が入手していたスケジュールを、全て上野がこなし旧体制のロス・プリモスとしての千秋楽となる。 この日をもって上野が脱退。 2010年6月、が2代目メインボーカルとして加入。 2016年4月、NHK Eテレの朝の5分番組「0655」で「さらば、高円寺」「さらば、豊橋」を歌うと0655ファンの間で話題になる。 公式ウェブサイトが工事中となったため今後の活動は明らかにされていない。 かつてのメンバー [ ]• 黒沢明 (くろさわ あきら、 - )• 初代リーダー、ギター担当。 1980年に病気のため活動を休止し、入院中は作詞に専念していた。 映画監督のとは別人。 村上章 (むらかみ あきら、 - )• 初代キーボード。 ロス・プリモス加入。 脱退後、出身地秋田に戻り、市内でバー『スナック・ロスプリモス』を営みながら、カラオケ指導・カラオケ制作をしている。 別名:村山昭(「夜のお伽ばなし」のジャケット写真より)• 森聖二(もり しょうじ、 - )• メインボーカル・2代目リーダー。 「ジョージ山下とドライボンズ」、「森ヨシコとそのグループ」を経て、に加入。 に心不全のため70歳で死去。 大川公生(おおかわ きみお、 - )• コーラス・ベース担当。 「寺部頼義とココナッツアイランダース」、「有馬徹とノーチェックバーナ」を経て、の結成から参加。 別名:大川継信(「夜のお伽ばなし」のジャケット写真より)。 前川浩二(まえかわ こうじ、生年月日不詳)• 初代ドラムス担当。 「夜のお伽ばなし」のジャケット写真や「ラブユー東京」のライナーノーツに名前が記載されている。 脱退時期など詳細は不明。 峰たかし(みね たかし、 1953-03-12 (67歳) - )• 本名:上原貴史。 コーラス・ギター担当。 東京都出身。 のバックバンド「」(峯井貴史名義)を経て、に峰井貴史名義で加入。 に一度脱退したが、になって再加入した。 その後、芸名を「峰たかし」に改名。 徳永淳(とくなが じゅん、 1954-08-04 (65歳) - )• コーラス・ドラムス担当。 「」、「」を経て、峰と同じく1977年に加入。 バー『ビンボー』を経営している。 永山こうじとロス・プリモスに改称後も参加していたが、2010年9月一身上の都合により脱退。 (うえの しゅんや、 - )• コーラス・キーボード担当。 旧芸名・清里卓矢。 男性デュオ、『』のピアノ奏者を経て、に加入。 銀座にてバー『Ginzaロス・プリモス』を経営している。 の公演をもって、音楽性・方向性の違いにより脱退。 (ながやま こうじ、 - )• 二代目メインボーカル担当。 1982年にコーラスグループ「アルバトロス」結成。 1984年コーラスグループ「」に加入。 2003年よりソロデビュー。 佐藤幸輝(さとう ゆきてる、 - )• ギター・サックス担当。 にに加入し、1980年にロス・プリモスの正式メンバーとなり、2000年にほかの音楽活動を兼任するためサポートメンバーに退くが、2010年の永山こうじとロス・プリモスと改称後に正式メンバーに復帰。 宮澤隆史(みやざわ たかし)• コーラス・ギター担当。 2016年に加入。 永山、佐藤とは異なり事務所には残留。 他多数 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• 「涙とともに」/「」(1966年4月) ・シングルチャート1曲目の1位を獲得• 「涙でしあわせを」/「ちょっとたまらないの」(1966年11月)• 「夢に泣く女」/「東京ロマン」(1967年3月)• 「信濃川慕情」/「」(1967年7月) A面・B面共にとの競作。 なお美川盤ではA面とB面が入れ替わっている。 「雨の銀座」/「生命のブルース」(1967年11月)• 「恋の銀座」/「逢い初めの夜」(1968年1月)• 「ラブユーいとはん」/「夜のお伽ばなし」(1968年3月)• 「たそがれの銀座」/「わたしのあなた」(1968年5月)• 「ゆく春を」/「愛はいずこえ」(1968年6月)• 「城ヶ崎ブルース」/「サボテン小唄」(1968年8月)• 「さようならは五つのひらがな」/「お友達のキス」(1968年12月)• 「君からお行きよ」/「札幌の星の下で」(1969年4月)• 「夜霧のインペリアルロード」/「恋のにがさも知りました」(1969年8月)• 「夜霧のエアポート」/「星よ嘆くな」(1969年9月)• 「ヘッド・ライト」/「女みずいろ」(1969年11月)• 「大阪慕情」/「冬子のブルース」(1969年11月)• 「夜のブルース」/「悲しみは雨のように」(1970年2月)• 「ばかなわたし」/「恋は秘めごと」(1970年5月)• 「うたがわないで」/「アカシヤ並木に雨が降る」(1970年8月)• 「たそがれの東京」/「どうぞお幸せに」(1970年11月)• 「想い出の女(ひと)」/「私の鍵をすてないで」(1971年3月)• 「盛り場エレジー」/「札幌旅情」(1971年5月)• 「ワンチャンスよこはま」/「似すぎていたのね」(1971年9月)• 「くるま、おんな、ぶるーす」/「恋のラストブルース」(1971年12月)• 「未来(あした)のない女」/「雨の十和田湖」(1972年6月)• 「この恋だけは」/「もう一度」(1972年12月)• 「雨に濡れて想うこと」/「可愛い女」(1973年6月)• 「せめてお名前を」/「どうぞお元気で」(1974年2月)• 「ビューティフルなお別れね」/「京都の女(ひと)」(1974年9月)• 「あたしの彼氏(ひと)」/「愛人生活」(1975年2月)• 「話してごらん」/「かなりや」(1975年7月)• 「私も女です」/「せめて今夜は」(1975年11月)• 「別れるのになぜ」/「愛 鍵」(1976年1月)• 「指 輪」/「よくある話泣いてます」(1976年4月)• 「神戸で別れて」/「世間ばなし」(1977年6月)• 「夜の横浜泣いてる私」/「男と女」(1978年1月)• 「小さなお店をもちました」/「ささやきの小径」(1979年1月)• 「ぬれて横浜」/「なぐさめ」(1979年6月)• 「ロスプリモスのディスコおてもやん」/「ロスプリモスの鹿児島おはら節」(1979年6月)• 「長崎の夜はむらさき」/「おもいでの雲仙」(1979年7月) のカバー• 「小雨のアムール」/「夜霧にぬれて」(1979年11月)• 「悪いお酒ね」/「ラストワルツ」(1980年5月)• 「夜のブルース(再発)」/「(カラオケ)」(1981年2月)• 「心がわり」/「知らなかったわ」(1981年3月)• 「誘蛾燈」/「女ごころはメランコリー」(1981年11月)• 「アモーレ東京」/「ロンリー・ナイト赤坂」(1982年1月)• 「アイラブユー新潟」/「新潟ブルース」(1982年12月)• 「せめてお名前を」/「神戸で別れて」(1983年1月)• 「亀田慕情」/「(カラオケ)」(1983年8月)• 「秋 冬」/「別れるのになぜ」(1984年3月)• 「おんな虫」/「新宿ワルツ」(1984年9月)• 「ここであなたと暮らしたい」/「啄木の町をたずねて」(1985年1月)• 「雨の城ヶ崎」/「湯の町慕情」(1986年2月)• 「浪花に生きる」/「嵯峨野ひとり」(1986年4月)• 「別れの雨音」/「盛り場海峡」(1987年2月)• 「ラブユー貧乏(セリフ篇)」/「ラブユー貧乏(ボーカル篇)」(1987年4月) 「ラブユー東京」の。 「湯本ブルース」/「湯泉(いでゆ)の女(ひと)」(1987年8月) のカバー(北島は1985年に発売)• 「金曜ロードショー」/「週末物語」(1988年2月)• 「泣いたカラス」/「過 去」(1989年3月)• 「雪の長岡恋の町」/「くちべにの花」(1990年2月)• 「離 婚」/「だから・・・今」(1990年9月)• 「アドレス帳」/「ハーモニー」(1991年9月)• 「ラブユー東京(再発)」/「たそがれの銀座」(1992年1月)• 「湯ったり小唄」/「おもいで船」(1993年1月)• 「雨の星港(シンガポール)」/「旅人椰子」(1993年8月)• 「あなたのためなのよ」/「予 告」(1994年7月)• 「人妻夜雨」/「夢借話(むかしばなし)」(1995年6月)• 「いつまでも銀座」/「羽をもがれた天使」(1996年9月)• 「上海(シャンハイ)しのび逢い」/「ほだされて」(1997年7月)• 「魅せられてサッポロ」/「ロックグラス」(1997年9月)• 「小樽化粧」/「霧の灯台」(1998年8月) との競作。 なお瀬川盤の発売は1994年。 「北緯四十度四十分」/「住んでみたい町」(1999年1月)• 「さようならは五つのひらがな(再発)」/「札幌の星の下で」(1999年5月)• 「名古屋ブルース」/「ふたりのNAGOYA」(2000年12月)• 「北の雪虫」/「灯(あかり)の中で」(2003年7月) との競作。 発売時期は半年以上開きがある。 「フォーエバー東京」/「高崎の女(ひと)」(2006年6月) 出演 [ ]• 『』() - 「ラブユー貧乏」のコーナーにゲスト出演。 (・・)と共演。 第407話「雨の中の女」(1969年、)• 「」 1967年頃出演。 「日本のハーブ湯」 1993年頃出演。 CM [ ]• 「せめてお名前を」• 「亀田慕情」 その他 [ ]• 「さらば、高円寺」、「さらば、豊橋」、「さらば、宝塚」、「さらば、八戸」、「どうしてそんな名前ですのん? 」、「さらば、下呂温泉」、「さらば、アムステルダム」2016年4月 - 特記事項 [ ]• 「ラブユー東京」のとして、の『ラブユー』があり、タイトルは似ているが、曲調はまったくの別物である。 脚注 [ ].

次の

「ビギン」の楽譜一覧

ビギン ボーカル

メンバー [ ]• 比嘉 栄昇(ひが えいしょう、血液型A型、 1968-07-15 (51歳) - ):・、別名義: ちゅんなーや• 島袋 優(しまぶくろ まさる、血液型A型、1968年(51歳) - ):ギター・• 上地 等(うえち ひとし、血液型A型、1968年(52歳) - ):・コーラス 来歴 [ ] 出身の3人が、で結成。 結成当初はを演奏していたが、下手だと指摘され、のちにブルース調の楽曲を作るようになる。 イカ天出場 [ ] 、系オーディション番組『 』(イカ天)にエントリーナンバー6番で出場。 登場時トークではの発音にツッコミを入れられる、上地が「と一字違いだ」と名前をネタにされるなど地方からの一参加者の扱いであったが、「」を演奏した後評価は一転、主として歌詞の面で審査員全員の絶賛を受ける。 グーフィー森は、手放しで「好き」と言い切り、は「詩が少なくても表している」は「気持ちよくてまだこのあたり(首)痺れてる」と一言の意見もつけずに絶賛した。 には「こういうバンドがチャレンジャーになったら比べるのが大変ですね、イカ天キングと」と評された。 この週は2代目グランドイカ天キングに挑戦したのファイナルステージであったが、結果的にNORMA JEANを倒して2代目イカ天キングとなる。 グランドイカ天キングを阻止されたNORMA JEANが番組終了後にメンバー全員で泣いていたことを、BEGINは、今でも申し訳なく思っているらしく、2007年の『イカ天2007復活祭』においても心情を語っている。 なお、イカ天出場が決まった日に比嘉栄昇の祖母が亡くなっている。 葬式のため沖縄に戻ったとき、もう東京に戻るなと言われていたが、イカ天出場が決まっていたため、番組出場のためだけに勝つ気もなく東京に出てきたところ、本人たちも予期せぬ大人気となった。 グランドキングへの道 [ ] 番組史上初のグランドキングチャレンジ阻止バンドとなったBEGINはが司会を務めた9月9日の2週目で「心ゆくまでブルース」を演奏。 ポキールらを倒して勝ち上がったヴィンテージ(楽曲は「DRIVIN' GUITARS」。 ベンチャーズ風の四人組でキャラクター賞を受賞)を、翌週9月16日には「Wonderful Tonight」で(エントリーナンバー5番。 楽曲は「旅でスカ」。 ベストヴォーカル賞を受賞)を倒して3週目を突破。 4週目9月23日には「No Money Blues」を演奏。 チャレンジャーunbelievable worldを退けた。 なお、この3週の間には前述のポキールほか、アブドラ・ザ・ブッチャーは是非ともスポーツ平和党、も登場している。 彼らが勝ち抜くたびに、地元の石垣島は盛り上がり、宴席でイカ天を見る地元の人々の姿が番組内の特集コーナーで放映されたこともあった。 9月30日、「Lonely Night」で最後のチャレンジャー(楽曲は「いつかみた青い空」)を倒し、2代目グランドイカ天キングを勝ち取った。 この時期のBEGINの楽曲は、次の対戦が決まるたびに1週間かけて仕上げてきたものばかりだった。 メジャーデビュー [ ] にプロデビュー。 デビュー曲の「恋しくて」は、のにも採用された。 この曲で4位を記録する。 、の・に「声のおまもりください」が採用されスマッシュヒット。 2001年より沖縄の翌日を「うたの日」として『うたの日コンサート』を始める(2007年より『うたの日カーニバル』と名称を改め、この年より入場無料になった。 2009年のうたの日カーニバル2009に明石家さんまがゲストで参加した結果、5万人程の観客が訪れてしまいパニックに、翌年から有料に戻す)。 2011年、当初は6月25日の予定だったが台風のため中止され、翌日急遽、代わりのライブ「石垣島うたの日「はっさもー、メアリーよ〜!」」を開いた。 その翌年、6月30日にBEGINの出身地でもある石垣島で初めて開催された。 、デビュー15周年を記念し、初めてのおよびにて記念コンサートを開催。 大阪城ホールでのコンサートはトラブルにより延期となるが、代わりに大阪城ホールコンサートの予定日ににて1500円という破格で親子連れOKの野外コンサートを開催した。 ・、事務所の先輩であるのの呼びかけにより、『』に参加。 4月からで放送されている『』を中心となって制作。 、デビュー20周年を迎え、彼らにとって「第二の故郷」である大阪を選び、で「BEGIN20周年記念歌えるだけで丸もうけ大阪城ホールコンサート」を開催。 2015年3月21日、BEGIN25周年当日に地元石垣島で「BEGIN25周年記念音楽公園 石垣島で会いましょう」を開催。 夏、新曲2曲を配信。 「バンドを組もうよ」は、『』深夜便のうたになる。 「飛んで火に入る腹の虫」は、NHK BSプレミアムの単発ドラマ『戦争めし』のエンディングテーマになる。 2019年10月16日にBEGIN30周年記念ベストアルバム「ガジュマルベスト」を発売予定。 一五一会 [ ] 誰でも簡単に弾けるのが特徴のギターと三線を合体させたようなオリジナル「」(いちごいちえ)を作成し、セルフカヴァー、洋楽、スタンダードなど収めたアルバム『』シリーズを発表した。 シリーズには通常の『一五一会』、廉価版の『音来(にらい)』、さらに小ぶりになった丸型の『奏生(かない)』が存在する。 『奏生』は外観がにそっくりであるが、調弦方法は全く異なる。 交友関係 [ ]• と「年齢」「所属事務所」「デビュー年月日」「東京に出てきた年齢」が全く同じである。 このため、お互いの親交も深く福山は自身のラジオ番組にBEGINがゲスト出演した際に「俺は4人目のBEGINだ」と言ったり、福山が沖縄に行った際にはふらりと比嘉の実家を訪ねたりしている。 とは、同郷で古くからの知己。 夏川の姉とBEGINメンバーが同級生という間柄でもある。 後に夏川が作詞・BEGIN作曲の「涙そうそう」をヒットさせる。 森山・BEGIN・夏川の3組でのコンサート・歌番組の出演も多い。 『』のコーナー「イメージ3・2・1」で比嘉はと人気を二分するほど1位にされることが多かった有名人だった(ただし大半の表記が名前ではなく「BEGINのボーカル」だった)。 なお、BEGINが『ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン』にゲスト出演したこともある。 と家が非常に近いので、よく一緒に飲んでいる。 その他エピソード [ ]• 上地、島袋は東京住まいで比嘉のみ沖縄で生活している が、そのためアルバム製作時やツアーの時はどちらかが一旦東京か沖縄にいかなければならず、比嘉はそのことを冗談交じりに語ることがある [ ]。 なお、バンドのアルバム製作は東京での作業が中心であるが、『Ocean Line』はの一室を借り切って録音された。 本人たち曰く、知名度の割にはCDの売り上げが少ないそうである。 2009年6月放映分 では、そのことを延々愚痴り、ホストのは「CD買ってあげて」と何度か発言した。 によるで流され、12月に故郷近くので発見されたを元の設置場所である地区に届けた。 このポストがテーマの新曲「歌津さきてけさい」を書き下ろした三人はに「歌津復興夏祭り」で同曲を初披露。 1989年11月 Album『』(レーベルCD)• 1994年12月1日 Single「」(とのセッションバンド)• 1997年1月21日 Single「」(初のソロ・シングル)• 2004年1月1日 Album『』 (創立70周年記念企画第一弾アルバム)• 2005年5月25日 Album『Beginning』(イカ天レーベルCD復刻盤、エキストラ特典映像付)• 2005年7月17日 Single「」()• 2006年8月1日 Single「」(比嘉栄昇ソロ・シングル)(沖縄本島限定発売マキシシングル)• 2006年8月1日 Single「」(比嘉栄昇ソロ・シングル)(石垣島限定発売マキシシングル)• 2006年8月1日 Single「」(比嘉栄昇ソロ・シングル)(宮古島限定発売マキシシングル)• 2006年8月23日 Album『』(比嘉栄昇初のソロアルバム)• 2011年3月2日 Album「」(BEGINのトリビュートアルバム)• 2011年3月2日 Album「」(BEGINのカバーアルバム) また、『』で、「笑顔のまんま」を作詞・作曲している。 参加作品 [ ]• 1998年05月21日『』(20周年記念/島袋のみ参加)• 2002年03月06日『』(初のカバーアルバム)• 2008年10月22日『』(デビュー35周年記念トリビュート・アルバム)• 2009年07月21日『』(デビュー20周年記念トリビュート・アルバム)• 2011年12月14日『』(シティ・ポップスのカバーアルバム)• 2012年05月02日『KING OF SONGWRITER~SONGS OF COVERS~』(のカバーアルバム) DVD [ ]• 2005年7月6日『』• (2005年3月17日、にて収録)• 2005年7月6日『』• (2005年4月2日、にて収録)• 2005年7月6日『』• 2005年7月6日『』(同発のDVD3タイトルにスペシャル特典DVDをプラスした4枚組)• 2008年2月27日『』• (2007年11月24日、にて収録) 楽曲提供 [ ]• BEGIN 涙そうそう (作曲) 夢への帰り道 (作詞・作曲)• 比嘉栄昇 イラヨイ月夜浜 (作曲) 旅の終わりに聞く歌は (作詞・作曲) BIRTHDAY CAKE (作詞・作曲)• 島袋優 君という名の未来へ (作詞・作曲・編曲・プロデュース) おもいでに捧ぐ (作曲) ぬくもり (作詞・作曲) 願い (作詞・作曲) 永遠の友達 林明日香(作詞・作曲) 星を数えて (作曲) 赤花ひとつ (作詞・作曲) 君が言ったほんとの事 (作曲) 新品上等伝説 (作曲) 涙に願いを (作詞・作曲) 永遠の星空 (作詞) 来夏世 (作曲) 海の声 浦島太郎()(作曲) 『3文字』の宝物 ()(作曲)• 『』(2001年)• (、2010年11月14日)出演• (、2011年3月14日~18日)出演• (、2012年1月7日)先輩として母校・登野城小の校歌を生徒たちとレコーディング• BEGINの音色旅団 デビュー25年目の真実(BS朝日、2015年3月29日)• (2019年3月9日、)• 注意点• ラジオ [ ]• オーリトーリFM(TOKYO FM) 脚注 [ ] []• BEGINも2度ゲスト出演した『』 1987-2006 に触発されたイベントとされる。 2008年9月18日、での公演におけるMCで、比嘉栄昇がさだまさしとのエピソードを披露• 沖縄タイムス2011年6月27日、 琉球新報2011年6月7日。 東京および大阪でのデビュー15周年コンサートの模様は、BEGIN初のライブにそれぞれ収録された。 同時に15周年ツアーの模様メインのドキュメントDVDを発売した(DVD-BOXにはこの3枚のDVDに加え、大阪万博公園でのコンサートを収録した特典DVDが同梱された)。 2006年8月19日、『と信ちゃんのぐーだじょー』に栄昇がゲスト出演した際明かされている。 『肝心 BEGIN ON BEGIN』より。 関連項目 [ ]• (同じ石垣島出身で同級生)• (同じ石垣島出身。 姉がBEGINメンバーと同級生)• (同じ石垣島出身で八重山高校の後輩)• (同上、所属で応援歌を提供している。 (ディズニーのテレビアニメ、オープニングおよびエンディングを担当。 作中の舞台が沖縄)• 比嘉舜太郎(息子 学生バンド、ソーラーライツのドラムとして活動 八重山高校生徒会長も務めた) 外部リンク [ ]• (Amuse公式)• (IMPERIAL RECORDS内)• - チャンネル• 石田夢実• 稲沢朋子• 植村友結• 浦まゆ• 国本梨紗• 組橋星奈• コルファー・ジュリア• 佐藤愛桜• 佐野杏羽• 芝咲美穂• 李婕(ジェニー・リー)• 瀧七海• 根岸姫奈• 藤本林花美愛• 前田茉耶• 牧野仁菜• 真広佳奈• 森下ひさえ• 八木美樹•

次の