姶良 市 ば くさい。 食彩 親(しょくさいより)(しょくさいより)

姶良市雑談掲示板|爆サイ.com九州版

姶良 市 ば くさい

ふるさと姶良応援寄附(ふるさと納税)とは 姶良市の『ふるさと納税制度』は平成20年5月1日に始まり、生まれ育った故郷を応援したい、貢献したいという温かい思いを寄附という形でいただいています。 特に都会や離れた地域にお住まいのみなさん、そして、姶良市にゆかりや思い出がある方々で姶良市を応援してくださるみなさんに新しくなった制度をご活用いただきたいと考えています。 ふるさと姶良市の応援・ご支援を今後ともよろしくお願いします。 平成29年2月から「楽天ふるさと納税」の専用サイトも始めました。 いただいた寄附金の使い道• 地域振興に関する事業• 保健・医療・福祉に関する事業• 環境保全に関する事業• 教育・文化・スポーツ振興に関する事業• 市におまかせ 寄附の実績 令和元年度の寄附状況は延べ6,562件、116,364千円(前年度は159,493千円)でした。 貴重なご寄附ありがとうございました。 いただいた寄附金は次のような子育て、教育・文化・スポーツ、地域振興、環境保全に関する事業などに活用しています。 子ども医療費助成(中学生以下のお子さんにかかる医療費をサポート)• 妊産婦・乳幼児健康診査(妊娠時期の健診や出生後の乳幼児健診などの費用)• 公共交通対策(公共交通の利用やサービス向上に向けた取組)• 空き家リフォーム支援(空き家等を対象とした改築費用や空き家等の活用を支援)• 健康・長寿支援チケット交付(70歳以上の高齢者の健康保持や移動手段の確保のための保養券の交付)• 地域環境美化推進(雑草除去の勧告、不法投棄防止監視や処理)• 重富海岸松くい虫防除(重富海岸の松林の保全や景観の維持)• 景勝松林樹幹注入(なぎさ公園周辺の松林の保全や景観の維持)• 特認校・スクールバス運行事業(特認校へのスクールバスの運行)• 蒲生のクス保護増殖(日本一の蒲生の大楠の保護)• 防犯灯LED化推進事業(防犯灯をLED化することで温暖化対策に加え町を明るくする)• 予防接種事業(予防接種にかかる費用を一部助成)• 鳥獣被害防止対策事業(広域化・深刻化している鳥獣被害の対策)• 小学校教育振興事業(市内小学校の教育振興に必要な教材や備品等の整備)• 中学校教育振興事業(市内中学校の教育振興に必要な教材や備品等の整備)• 文化財保護管理事業(指定・一般文化財の保護や活用を行う)• 国体準備関連事業(令和2年度開催予定の鹿児島国体の準備) 清流米 画像はイメージです。 寄附の納付方法 姶良市の寄附方法は、クレジットやコンビニ決済の利用も可能となっています。 以下の方法で納入することができます。 郵便振替による納付を希望される場合、寄附申込み後、振替用紙を送付します。 クレジットカード• コンビニでのお振込み• 郵便振替による納付• 現金書留による納付• 姶良市役所窓口での納付 お申し込みや特典など、詳細については、ページ上部のふるさと姶良応援寄附専用サイトをご覧ください。 優遇・特別措置 平成27年度より、ふるさと納税制度の内容が、下記のとおり大きく2点改正されました。 住民税控除の特例が1割から2割へ増加 平成26年度までに、確定申告で受けられた寄附金控除の合計のおよそ2倍程度まで拡充されました。 詳しくは、試算ページで確認ください。 確定申告が不要に サラリーマンなどの普段確定申告の必要がない人が、年度内で合計5自治体に「ふるさと納税」を行った際、申し込んだ各自治体に寄附金控除の申請の代行を要請できるようになり、確定申告が不要になりました。 関連サイト 詳しくはこちらをご覧ください。 (寄附金控除試算シュミレーションもできます) ご注意ください 「ふるさと姶良応援寄附」の取り組みは、みなさんのふるさと『姶良市』を応援したいという善意を形にしていただくための取り組みであり、決して寄附を強要するものではありません。 「ふるさと納税」をかたった寄附の強要や詐欺行為に十分ご注意ください。 問い合わせ• 姶良市役所総務部財政課財政係 899-5492鹿児島県姶良市宮島町25番地 電話番号:0995-66-3111(内線216・217・218) FAX番号:0995-65-7112 E-Mail:.

次の

「鹿児島国際ゴルフ倶楽部」(鹿児島県姶良市加治木町小山田5732

姶良 市 ば くさい

ふるさと姶良応援寄附(ふるさと納税)とは 姶良市の『ふるさと納税制度』は平成20年5月1日に始まり、生まれ育った故郷を応援したい、貢献したいという温かい思いを寄附という形でいただいています。 特に都会や離れた地域にお住まいのみなさん、そして、姶良市にゆかりや思い出がある方々で姶良市を応援してくださるみなさんに新しくなった制度をご活用いただきたいと考えています。 ふるさと姶良市の応援・ご支援を今後ともよろしくお願いします。 平成29年2月から「楽天ふるさと納税」の専用サイトも始めました。 いただいた寄附金の使い道• 地域振興に関する事業• 保健・医療・福祉に関する事業• 環境保全に関する事業• 教育・文化・スポーツ振興に関する事業• 市におまかせ 寄附の実績 令和元年度の寄附状況は延べ6,562件、116,364千円(前年度は159,493千円)でした。 貴重なご寄附ありがとうございました。 いただいた寄附金は次のような子育て、教育・文化・スポーツ、地域振興、環境保全に関する事業などに活用しています。 子ども医療費助成(中学生以下のお子さんにかかる医療費をサポート)• 妊産婦・乳幼児健康診査(妊娠時期の健診や出生後の乳幼児健診などの費用)• 公共交通対策(公共交通の利用やサービス向上に向けた取組)• 空き家リフォーム支援(空き家等を対象とした改築費用や空き家等の活用を支援)• 健康・長寿支援チケット交付(70歳以上の高齢者の健康保持や移動手段の確保のための保養券の交付)• 地域環境美化推進(雑草除去の勧告、不法投棄防止監視や処理)• 重富海岸松くい虫防除(重富海岸の松林の保全や景観の維持)• 景勝松林樹幹注入(なぎさ公園周辺の松林の保全や景観の維持)• 特認校・スクールバス運行事業(特認校へのスクールバスの運行)• 蒲生のクス保護増殖(日本一の蒲生の大楠の保護)• 防犯灯LED化推進事業(防犯灯をLED化することで温暖化対策に加え町を明るくする)• 予防接種事業(予防接種にかかる費用を一部助成)• 鳥獣被害防止対策事業(広域化・深刻化している鳥獣被害の対策)• 小学校教育振興事業(市内小学校の教育振興に必要な教材や備品等の整備)• 中学校教育振興事業(市内中学校の教育振興に必要な教材や備品等の整備)• 文化財保護管理事業(指定・一般文化財の保護や活用を行う)• 国体準備関連事業(令和2年度開催予定の鹿児島国体の準備) 清流米 画像はイメージです。 寄附の納付方法 姶良市の寄附方法は、クレジットやコンビニ決済の利用も可能となっています。 以下の方法で納入することができます。 郵便振替による納付を希望される場合、寄附申込み後、振替用紙を送付します。 クレジットカード• コンビニでのお振込み• 郵便振替による納付• 現金書留による納付• 姶良市役所窓口での納付 お申し込みや特典など、詳細については、ページ上部のふるさと姶良応援寄附専用サイトをご覧ください。 優遇・特別措置 平成27年度より、ふるさと納税制度の内容が、下記のとおり大きく2点改正されました。 住民税控除の特例が1割から2割へ増加 平成26年度までに、確定申告で受けられた寄附金控除の合計のおよそ2倍程度まで拡充されました。 詳しくは、試算ページで確認ください。 確定申告が不要に サラリーマンなどの普段確定申告の必要がない人が、年度内で合計5自治体に「ふるさと納税」を行った際、申し込んだ各自治体に寄附金控除の申請の代行を要請できるようになり、確定申告が不要になりました。 関連サイト 詳しくはこちらをご覧ください。 (寄附金控除試算シュミレーションもできます) ご注意ください 「ふるさと姶良応援寄附」の取り組みは、みなさんのふるさと『姶良市』を応援したいという善意を形にしていただくための取り組みであり、決して寄附を強要するものではありません。 「ふるさと納税」をかたった寄附の強要や詐欺行為に十分ご注意ください。 問い合わせ• 姶良市役所総務部財政課財政係 899-5492鹿児島県姶良市宮島町25番地 電話番号:0995-66-3111(内線216・217・218) FAX番号:0995-65-7112 E-Mail:.

次の

姶良市雑談掲示板|爆サイ.com九州版

姶良 市 ば くさい

鹿児島県は19日、新型コロナウイルスに感染した姶良市在住の70代パート女性と同居する、孫の20代女子専門学校生の感染を確認したと発表した。 県内の感染確認は8人目、同市では3人目。 同日、県内の感染症指定医療機関に入院した。 発熱などの症状はない。 濃厚接触者は鹿児島市の20代女性3人と福岡県の20代男性1人の計4人。 県によると、専門学校生は鹿児島市の赤塚学園看護専門学校に通っている。 18日に感染が確認された70代女性の濃厚接触者として、40代会社員の父と共にPCR検査を受けた。 会社員は陰性だった。 専門学校生は3月31日~4月3日に福岡県を旅行した。 同校の友人Aと一緒に高速バスで往復し、往路は31日午前9時7分帖佐発、復路は3日午後5時32分博多発。 現地で同校の友人B、福岡県内の男子大学生Cと合流し、JRやレンタカーで福岡県内を巡った。 旅行中は全員マスクを着けていたという。 通学はJR帖佐駅から鹿児島中央駅まで電車を使い、その後は学校まで徒歩。 授業の日以外は自宅にいた。 17日はA、B、同校の友人DとD宅で過ごした。 濃厚接触者はA~Dの4人。 Cを除く3人は20日にPCR検査を受ける。 いずれも健康状態に問題はない。 Cは5日に専門学校生宅に宿泊し、70代女性とも接触があり、19日に鹿児島県内で検査した。 結果は陰性で、今後2週間、県内の保健所が健康観察する。 県は、専門学校生が福岡で感染し、70代女性にうつった可能性があるとみている。 県は会見で「県内に感染が広がりつつある」として、県境をまたぐ移動の自粛を求めた。 18日に入院した70代女性の症状は落ち着いている。 同校は17日午後から休校している。

次の