ワイ モバイル iphone 8。 ワイモバイルでiPhone8発売日はいつ?iPhoneXRが先に発売かも

iPhone |Y!mobile

ワイ モバイル iphone 8

これから解説するのはあくまで著者の予想です iPhone8発売はない? 私もよく「ワイモバイルでiPhone8はいつ販売開始になるの?」という質問を受けます。 私は当初 「ワイモバイルでのiPhone8発売は2019年12月」と予想していました。 ですが、年が明けても発売は発表されていません。 完全に予想を外してしまいました。 ワイモバイルのiPhone発売はアップル発売の2年後 そもそも、これまで iPhoneはAppleで発売された2年後にワイモバイルで発売されている、という傾向がありました。 iPhoneは、アップルでの発表後にまずドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで発売され、その後にサブブランドや格安SIMで発売されるのが慣例です。 ワイモバイルで発売されたiPhone6SもiPhone7も、アップルおよびドコモ・au・ソフトバンク発売から2年後にワイモバイルで発売されました。 (SEはApple発売から1年後) 発売日 iPhone XR Apple 2018年 10月26日 ワイモバイル 2020年 10月頃? iPhone SE 第2世代 の影響も? iPhone SE 第2世代 の発売もiPhone8に影響しているかもしれません。 iPhone SE 第2世代 はiPhone8と同じハードウェアを用いています。 ただし、CPUはiPhone11と同じA13で、A11を搭載しているiPhone8よりも性能は断然高いです。 価格はiPhone8の方が断然安いとはいえ、iPhone SE 第2世代 も4万円台で購入できます。 今iPhone8を買うならiPhone SE 第2世代 の方が断然おすすめです。 いまワイモバイルでiPhone8を発売しても果たして売れるのか?という疑問もあります。 iPhone8発売の可能性もあり ただし、iPhone8発売の可能性も残っています。 iPhone8は2020年初頭までApple Storeや3キャリアでも販売されていましたが、現在は販売が終了しています。 売れ残った新品在庫がワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMキャリアに回ってくるかもしれません。 iPhone8 Plus発売は微妙 ワイモバイルでのiPhone8発売の可能性はなきにしもあらずだと思っていますが、iPhone8 Plusが発売されるかは微妙です。 iPhone6S Plus・iPhone7 Plusはワイモバイルでは発売されませんでした。 iPhone8が発売される場合も、おそらくiPhone8 Plusは発売されないと予想しています。 今すぐワイモバイルでiPhoneを使う方法 これまで解説したとおり、iPhone8はなかなか発売されません。 しかし、今すぐワイモバイルでiPhone8を使いたい方もいらっしゃるでしょう。 そんな方も安心です。 ワイモバイルではアップルストアで購入したiPhone8はもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone8も使えます。 本体サイズが同じiPhone SE 第2世代 が発売された影響で、iPhone8の価格はかなり安くなりました。 性能は今でも十分なので、これからiPhone8を使うのもおすすめです。 今すぐiPhone8を使う手順 ワイモバイルで今すぐiPhone8を使う手順は以下の手順のみです。

次の

ワイモバイルのiPhone8!発売日、価格を予想【待つ必要はない?】|コテツくんのわかる解説 Y!mobile

ワイ モバイル iphone 8

購入: ワイモバイルのSIMを契約 続いて、ワイモバイルのSIMカードを契約します。 SIMカードとは、iPhone11でデータ通信や通話ができるようにするためのICカードです。 ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを契約する場合はSIMカードを意識することはありませんが、実はすべてのスマホはSIMカードを入れないと、モバイルデータ通信や通話ができません。 SIMカードはワイモバイルの店舗や家電量販店でも契約できますが、オンラインサイトが1万円近くお得です。 必ずオンラインで契約しましょう。 まずはにアクセスします。 最初に、SIMカードのサイズを選択します。 iPhone11シリーズのSIMカードサイズはすべて「nano」です。 続いて契約方法を選びます。 新規契約または他社からの乗り換えを選択してください。 他社からの乗り換えでiPhoneを使う手順は下記記事にまとめています。 現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、 「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。 最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。 すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。 ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。 ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。 次の画面で 契約者情報や本人確認書類のアップロードを行います。 本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。 ここまでくればあとは画面に従って手続きすれば大丈夫です。 審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。 オンライン限定の料金割引や PayPay還元がお得です。 エントリーで3,000円分還元 Yahoo! 上にあるワイモバイルストアでは、 「どこでももらえる特典」を実施しています。 このキャンペーンは、した後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、 3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。 オンラインだけでなく、 店舗で契約しても貰えるのが特徴です。 iPhone用のSIMカードを契約する場合も、からエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。 特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、エントリーが必要です。 必ず契約前にエントリーしておいてください。 通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、 オンラインストアでの契約のみ無料です。 店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。 SIMカードの種類を確認• iPhone11本体を購入• 本体にSIMを挿入• APN設定 現在のSIMの種類を確認 すでにワイモバイルを契約している方は、 機種変更前にSIMカードの種類・サイズを確認しましょう。 まず、 SIMカードのサイズは一番小さい「nano」のみです。 最近の機種はほとんどnanoなので問題ありませんが、一部古い機種では「micro」(マイクロ)の場合もあります。 iPhone11ではnanoしか使えませんので、SIMがマイクロの方はSIMカードのサイズを交換してください。 また、サイズがnanoでも注意が必要です。 ワイモバイルのSIMは3種類に分かれており、SIMカードに番号が書かれています。 SIMカードの表面に書かれているのが「n101」「n111」の場合、問題なく使えます。 ただし、「n141」の場合はアップルストアで購入したiPhone11では使えません。 「n141」はワイモバイルで販売されたiPhone専用のSIMカードで他の機種では使えなくなっています。 ワイモバイルで買ったiPhone6SやiPhone SE、iPhone7などから機種変更する場合はSIMカードを交換してください。 詳細: iPhone11本体を購入する SIMカードを確認したら、アップルストアでiPhone11本体を購入しましょう。 アップルストアで購入できるiPhone11はSIMフリーなので、ワイモバイルで使えます。 iPhone11はアップルストアの店舗やオンラインサイトでも購入できます。

次の

【2020年最新】ワイモバイルのおすすめ端末・スマホ8機種まとめ!お得なキャンペーンも解説

ワイ モバイル iphone 8

ワイモバイルおすすめスマホ11機種 ワイモバイルで機種変更できる、おすすめiPhone・Androidスマホを集めました。 キャンペーンを使って、ワイモバイルでお得にスマホを買い替えましょう。 iPhone 7 Apple 出典: 格安SIMでもやっぱりiPhoneが欲しいという方も少なくないはず。 現在格安SIMブランドで手に入るiPhoneの最新型がiPhone 7。 2016年に発売された端末ではありますが、今でもその性能は決して見劣りしません。 先にハイスペックスマホとして紹介したAndroid One X5と、同等のベンチマークスコアを記録しています。 おサイフケータイと防水機能を搭載した初めてのiPhoneで、日本人にとっては使い勝手が一段と高まった作品といえるでしょう。 端末自体はコンパクトながらも、4. 7インチの大画面を実現しているので、ワイモバイルでiPhoneを検討しているのであれば、まず検討したい端末です。 iPhone 6s Apple 出典: iPhone 7の登場で、価格が一気に落ちたiPhone 6s。 お得にiPhoneを手に入れたいと思っていた方にとっては狙い目の端末です。 性能はiPhone 7に比べればもちろん見劣りしますが、基本的な機能を使うのであれば、全く問題のない端末でもあります。 おサイフケータイや防水機能はついていないながらも画面はiPhone 7と同じ4. 7インチを実現しています。 「画面サイズが大きいiPhoneがほしいけど、価格は抑えたい」という方にとってはおすすめの一台です。 Android One S7 出典: 「Android One S7」は「Android One S6」と同じく「Android One」シリーズの最新スマホ。 4000mAhのバッテリーと高性能ディスプレイが売りのスマホです。 画面サイズは5. 5インチ。 シャープが量産化に成功した半導体「IGZO」を使用したディスプレイは通常の液晶モニタと比較し伝達速度が早く、かつ解像度が高くなります。 高品質なディスプレイと1週間持つというバッテリー。 そんなAndroid One S7もS6と同様12月中旬以降の発売になるということです。 9mm 画面サイズ 5. 「超広角撮影」というと、が頭に浮かぶ人も多いはず。 格安SIMサービスでもカメラ機能が進化した端末が続々現れるようになってきました。 また、こちらの端末もLibero S10と同じく背面に指紋認証が搭載されている他、 おサイフケータイにも対応しています。 発売開始は12月中旬以降になるということです。 9mm 画面サイズ 5. 背面には指紋センサーを搭載しているので、スマホの開閉もカンタン。 また、デュアルカメラを搭載しており、 ポートレートモードやビューティーモードも利用可能。 一眼レフで撮影したような写真を撮ることができます。 容量はこの価格帯としては文句なしの3,100mAh。 3G環境下であれば約450時間の連続待受時間を誇ります。 発売は11月上旬以降となる予定とのこと。 機種名 Libero S10 価格 2万8800円 本体サイズ 73. 4mm 画面サイズ 5. 細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。 1mm 画面サイズ 6. 21:9というのは、映画館のスクリーンの比率を再現しているそう。 そのため、スマホで動画視聴や映画鑑賞をする際、画面上下に黒帯が入りません。 黒帯が入らないということは、画面いっぱいに映像を楽しめるということです。 Xperia 8なら、映画館さながらの大迫力で快適に動画視聴ができます。 大きなディスプレイに加え、カメラ性能も向上しています。 アウトカメラは1200万画素の広角レンズと800万画素の望遠レンズの2種類を搭載。 また、「ポートレートセルフィー」機能も使用可能に。 撮影後に露出の調整(背景のぼかし)や肌、目の大きさを加工できるようになっています。 画面を2つに分けて別々の作業ができるので、以下のような使い方ができます。 ショッピングアプリ+ショッピングアプリ:2つのショッピングアプリで価格比較• 資料+メール:資料を確認しながらメールに返信• 地図アプリ+メッセージアプリ:場所を確認しながら会話• ニュースサイト+辞書アプリ:英語の記事を読みながら知らない単語を調べる タブレットやPCのデュアルディスプレイのように、 1つのスマホで2つの作業を同時に行うことができます。 面倒だったアプリを交互に開く作業が一切不要なため、それだけでかなりありがたいですよね。 加えて、マルチウィンドウが使えるスマホはほとんどないので、最も便利なスマホといっても過言ではないでしょう。 Android One X5 LG 出典: 最近話題になっている「Android One」シリーズ。 同じシリーズなのに違うメーカーが手がけていたりと、他のシリーズとはやや異なるシリーズもあります。 ご存知の通り、AndroidはiPhoneとは違い様々なメーカーがスマホを製造し、自社の端末に合わせてOSをカスタマイズさせています。 そのため新しいOSが誕生しても、メーカーによってカスタマイズが必要だったため、アップデートにタイムラグが生じていました。 Googleは様々なメーカーと協力し、最新のOSを利用できるスマホを開発したのがAndroid Oneです。 18ヶ月間は最新OSのアップデートが保障されており、Android標準のシンプルで使いやすいインターフェースが使われています。 そのため、メーカーが違っても使用感が似ているのです。 これまで手に入れやすい低価格帯が主流だったAndroid Oneですが、 初めてハイスペックな機種として登場したのがAndroid One X5です。 例えばカメラは基本的なスペックが高い上に、AIカメラが搭載されています。 被写体を判別した上で9つの撮影モードから自動で最適な撮影モードを選んでくれる機能となります。 自分で撮影モードを選んで切り替えるのが面倒だという人も、ベストな状態で撮影をすることができます。 そしてCPUという、スマホの処理能力を決める部分には「Snapdragon 835」が使われています。 最後の数値の値が大きいほど新しく性能もいいのですが、Android One X5はAndroid Oneシリーズで、最初に800番代を搭載したスマホとなります。 通常であれば10万円台のスマホに搭載されるCPUですが、それに匹敵する性能を持っていることになります。 決して安いスマホではありませんが、その性能を考えればコスパが良い端末だといえるでしょう。 Android One S5 SHARP 出典: Android One X5 と同じAndroid OneシリーズのAndroid One S5。 名前も一字違いのため、何が違うのか疑問に思っている方もいるかもしれません。 一言で比較するなら、Android One X5が料金も高めのハイスペックモデルなのに対して、Android One S5は最低限の機能を搭載して、それだけ手に入れやすくしたローエンドモデルと言えます。 Android One X5が8万円台もするのに対して、Android One S5は3万円台。 機能を比較すればもちろん見劣りはしますが、その価格差を考慮すれば決して買って損な端末ではありません。 内蔵RAMも3GBですが、SNSや動画を視聴するには全く問題ありません。 本格的なスマホゲームを楽しみたい方などを除けば、決して不便のない端末と言えるでしょう。 またSHARPが製造しているだけあって、液晶には力が入っています。 AQUOSの技術の後継である『リッチカラーテクノロジーモバイル』を搭載しているのも魅力の一つです。 スマホでは基本的な機能しか利用しないと言う方にとってはお得な端末と言えるでしょう。 サブ端末がほしいという方にもおすすめです。 HUAWEI P20 lite スマホはコスパ重視で選びたいという方におすすめなのが、HUAWEI P20 lite。 現在ワイモバイルで発売されているスマホの中では、最もコスパの高い端末です。 3万円台で購入できてこれだけスペックの高いスマホはなかなかありません。 もちろん10万円もするスマホと比べたら見劣りする点もありますが、値段を考えると十分すぎるスペックなのです。 ちなみに2018年に最も売れたスマホでもあります。 例えば顔認証。 iPhoneが搭載したことでメジャーになった 顔認証ですが、3万円台のP20 liteに搭載されているのですから驚きです。 同じ価格帯で顔認証を搭載している端末は他にありません。 その性能も決して悪くなく、目をつぶったり変顔では認識されませんが、メガネをかけた状態でもロックを解除してくれるのは便利です。 顔認証に加えて指紋認証も搭載しているので、どちらでもロック解除ができます。 さらにダブルレンズを搭載しているため、写真がとにかくきれいに撮れる上に、自動で背景をぼかす機能もついています。 それでいてRAMも4GBを搭載しているので、ゲームを楽しみたい方でも満足の一台です。 バッテリーも3,000mAhの大容量バッテリーな上に 高速充電にも対応しているので、時間がない時でも大助かりです。 ハイスペックなスマホがほしいけど、今はお金がないという方に十分おすすめできる端末になっています。 Android One X4 SHARP 出典: Android One S5 と同じく、SHARPが開発したAndroid OneシリーズのAndroid One X4。 Android One X5に比べれば性能は見劣りしますが、低価格帯を狙ったS5に比べればスペックは高めです。 Android One S5が2018年12月に発売でしたが、X4が発売されたのは同年の6月。 半年前に発売されたX4ですが、CPUやカメラなど比較してもS5よりも高いスペックを誇っています。 かんたんスマホ 京セラ 最後に紹介するのがシニア向けのかんたんスマホ「705KC」。 2019年3月発売に新色が発売された最新スマホです。 実はシニア向けのスマホというのはキャリアからは発売されていましたが、サブキャリアから発売されるのはこれが初めてとなります。 シニア向けスマホならではの機能が、ホーム画面に4件まで連絡先を登録しておけること。 普段よく電話をかける人を登録しておけば、ホーム画面からワンタップで電話がかけられるので迷うことがありません。 また最近のスマホボタンにはない物理ボタンがあるのも、シニアにとっては嬉しいポイント。 物理ボタンがあるのは「電話」「ホーム」「メール」の3つ。 人によってはこの3つの機能で十分という方も少なくないかもしれませんね。 LINEも既にインストールしてあるので、登録するだけで家族と連絡がとることも可能です。 60歳以上の方であれば「シニア割」を使って、国内通話を制限なしで0円にすることも可能です。 ワイモバイルの最新キャンペーン情報 をまとめました。 ワイモバ学割• 2019年11月29日 金 ~2020年6月1日 月 ワイモバ学割は、スマホの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーンです。 学割対象者は5歳~18以下のユーザーで、学生以外も対象です。 ワイモバイルでスマホの新規契約や乗り換えを考えている方は、ぜひとも活用したいキャンペーンとなっています。 データ増量無料キャンペーン2 出典: 新規契約や乗り換え MNP 、契約変更でスマホベーシックプランを契約すると、データ増量オプション料が1年間無料になるキャンペーンです。 つまり、 1年間通常よりも多いデータ容量を使うことができるということです。 増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。 mobileのSIMカードを挿したスマートフォン・タブレットからに申し込むと、 3ヶ月無料でYouTube Premiumを楽しむことができます。 Youtube Premiumの通常月額料金は1,180円。 通常申込でも1ヶ月無料トライアルが可能なことを考慮すると、 2ヶ月分の料金である2,360円がお得になります。 Youtubeを見る際に邪魔な広告が消える他、オフライン再生、バックグラウンド再生も可能に。 Youtube Musicも利用可能になります。 頻繁にYouTubeを視聴するという方にとってはかなり嬉しいキャンペーンなのではないでしょうか。 最大9回線まで割引が適用されるので、最大で毎月合計5,000円お得になります。 家族でなくても、1人で複数回線申し込む場合も適用されます。 さらに離れて暮らす家族や、同居中の恋人も適用されるので、家族割引サービスの範囲はかなり広いです。 家族で同じ携帯会社を使っている場合は、全員でワイモバイルに乗り換えるとお得ですね。 おうち割 光セット A 出典: 自宅のネット回線を「SoftBank Air」もしくは「SoftBank光」で申し込むと、スマホの料金が割引になるキャンペーンです。 Sプランなら500円、M・Rプランなら700円とプランによって割引額も異なります。 まだ家のネット環境もない状態であれば、ワイモバイルとSoftBankのネット回線を一緒に申し込んだ方がお得ですね。

次の