東京 小児外科。 東京神田整形外科クリニック

山高篤行医師による小児外科手術|東京外科クリニック

東京 小児外科

脳神経外科 医長 井原 哲 概要 治療対象となる疾患は、 小児脳腫瘍・脊髄腫瘍、 二分脊椎、 キアリ奇形、 水頭症、 頭蓋内嚢胞、 頭蓋骨縫合早期癒合症、 もやもや病、 脳動静脈奇形、 頭部外傷、 脳性麻痺による痙縮などであり、15歳以下のすべての脳神経外科疾患を担当しています。 当科スタッフは、日本脳神経外科学会専門医、日本小児神経外科学会認定医だけでなく、日本脊髄外科学会認定医、日本神経内視鏡学会技術認定医、日本脳卒中学会専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医も取得しており、各疾患に高い専門性をもった治療が可能です。 小児脳神経外科疾患の治療は、複数の診療科の協力を必要とすることが少なくありません。 当センターには小児専門の診療科が全て整っており、疾患に応じたチーム医療体制を整えています。 診療内容 小児脳腫瘍・脊髄腫瘍 当センターは国が指定する 小児がん拠点病院の一つであり、小児脳腫瘍・脊髄腫瘍の治療を多く手がけています。 それぞれ治療方針や予後も大きく異なることから、疾患やその時の年齢、病状に応じた治療戦略が必要になります。 手術では、 開頭手術だけでなく 内視鏡手術、 定位的手術など疾患・病態に最適の方法を選択しています。 また術中神経生理学的手技やナビゲーションシステムを積極的に取り入れ手術の安全性向上に努めています。 内科的治療は、血液腫瘍科や内分泌代謝科とのチームで治療に当たります。 放射線治療に関しては、隣接する多摩総合医療センターと連携して治療を行っています。 心理的サポートや教育支援は、子ども・家族支援部門の精神科医や臨床心理士、ソーシャルワーカーが担当します。 退院後に子ども達がスムーズにもとの生活に戻れるようサポートします。 二分脊椎 脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫、脊髄係留症候群など 脊髄髄膜瘤は、神経が皮膚表面に露出した状態で出生しますので、感染予防、二次的神経障害予防のために生後48時間以内に修復術を行っています。 出生前診断された場合は、多摩総合医療センターで予定分娩となります。 水頭症や キアリ奇形II型を伴う場合には、その治療も並行して行います。 脊髄脂肪腫は、おしりのこぶや皮膚のくぼみ、色素沈着、異常毛髪などの外見の異常が多くの場合、診断の契機になります。 症状がでている場合、あるいは症状が出ていなくても 脊髄空洞症を伴っている場合などに手術を行い、 脊髄係留(脊髄がけん引された状態)を解除します。 球海綿体反射モニターや誘発筋電図などの高度な術中神経生理学的手技を全例に行っており手術の安全性向上に努めています。 終糸病変による 脊髄係留症候群は、排泄機能に悪影響がでているとき、脊髄空洞症を伴うときには手術をお勧めしています。 排泄機能に関しては、一般の診察ではわかりにくい軽微な症状変化も見逃さないように、泌尿器科や消化器科との連携体制を整えています。 キアリ奇形、脊髄空洞症 キアリ奇形とは、本来頭蓋骨の中にあるべき小脳の一部がくび(頸椎)のほうにはみ出た状態のことです。 歩行障害、排尿障害、頭痛、側弯、無呼吸などの症状があるとき、 脊髄空洞症を伴っているときには手術が必要です。 大後頭孔を中心に圧迫部位の充分な減圧をおこないます。 脊髄空洞症はその原因となっている キアリ奇形や 脊髄係留の治療を優先しておこないますが、その手術をおこなっても 脊髄空洞症が改善しない場合には空洞くも膜下腔シャント術を追加します。 過去に 水頭症の治療歴がある場合には、その治療効果が低下している可能性もあります。 水頭症 水頭症とは、頭の中に脳脊髄液が過剰に貯留した結果、頭蓋内圧が亢進する疾患です。 乳幼児では大泉門の膨隆や頭囲拡大で発見されることが多いのに対し、年長児では頭痛や嘔吐、けいれんなどの症状が多く、年齢によって症状が異なります。 最近では超音波やMRIで出生前診断されるケースも増えてきています。 水頭症の治療法は、原則として手術しかありません。 手術方法には、 シャント手術と 内視鏡手術があります。 シャント手術では、カテーテルを体内に埋め込み、脳脊髄液を自分の体の他の部分に流して、代わりに吸収できるようにするものです。 これはすべてのタイプの 水頭症に有効です。 内視鏡手術は、髄液の通過障害が原因で、吸収能が保たれているような場合に有効ですが、6か月未満の乳児での効果は乏しいことが知られています。 当科では、 シャント手術にも 内視鏡手術も多くの経験を有してしており、適切な術式を選択しています。 くも膜嚢胞 くも膜嚢胞とは、脳脊髄液がくも膜という脳を覆う薄い膜の間に貯留して袋状になったものです。 くも膜嚢胞が原因と考えられる頭痛や麻痺などの症状がある場合、脳や隣接する頭蓋骨への圧迫が高度の場合、くも膜嚢胞が徐々に大きくなってきている場合などでは、手術の対象となります。 手術の方法には、嚢胞の膜に切開を入れて正常な髄液腔と交通をつける 嚢胞開窓術と、水頭症と同じようにチューブを埋め込んで離れた他の部位に交通をつける シャント手術の2つがあります。 嚢胞開窓術は開頭で行う場合と内視鏡で行う場合があります。 年齢や病態に応じて最適の治療法を選択としています。 頭蓋骨縫合早期癒合症 頭蓋骨は、複数の骨が組み合わさって構成されていますが、乳幼児期には頭蓋が成長するためにこれらの骨がまだ完全には癒合していません。 頭蓋骨縫合早期癒合症とは、何らかの原因で、骨の接合部である頭蓋骨縫合が早期癒合を起こしてしまい、骨の成長に影響が出る疾患です。 癒合する縫合によって、 三角頭蓋、 舟状頭蓋、 短頭蓋、 斜頭蓋、 尖頭蓋、 塔状頭蓋、 クローバーリーフ頭蓋などの特徴的な頭蓋形態を生じます。 この疾患の問題点は、 頭蓋変形を来すことと頭蓋容積が不足してしまうことです。 そのため形成外科と脳神経外科が協力して、頭蓋形態改善と頭蓋容積拡大を両立させる治療を行います。 年齢や早期癒合部位から、従来式の 頭蓋拡大形成術と近年広まってきた 骨延長法とを使い分けるようにしています。 骨延長法では頭蓋形態改善効果を高めるためにMoD法と呼ばれる方法を用いることもあります。 6か月未満で診断された場合には、 内視鏡支援下縫合線切除術に形態誘導ヘルメット治療を組み合わせる場合もあります。 脳動静脈奇形 脳動静脈奇形は、ナイダスと呼ばれる異常血管を介して、動脈と静脈が直接交通している疾患です。 小児では多くの場合、脳内血腫を起こして発症します。 けいれん発作や意識障害、片麻痺などの症状を呈することもあります。 外科的にナイダスを摘出する開頭手術、ガンマナイフなどの定位放射線治療、カテーテルを用いた血管内治療などがあります。 またそれらを組み合わせて治療することもあります。 脳血管内治療は多摩総合医療センター、虎の門病院と協力して実施しています。 もやもや病 もやもや病は、脳に血液を供給する重要な血管が狭窄したり閉塞したりする原因不明の疾患です。 小児の場合、多くが一過性脳虚血発作 意識障害、脱力、感覚異常、けいれん、頭痛など で発見されます。 この一過性脳虚血発作は、過呼吸 啼泣、吹奏楽器の演奏など で誘発されます。 脳血管撮影で、脳内にもやもや血管とよばれる異常な血管網が確認されることで診断されます。 治療は、脳虚血の状態を改善し脳梗塞を予防するため、頭蓋外の血流を頭蓋内に誘導する 血行再建術を行います。 血行再建術にも、 直接血行再建術と 間接血行再建術があります。 直接術とは、頭皮の血管と脳表面の血管を直接吻合して血流を増やす術式です。 間接術とは、頭皮の血管を含む帽状腱膜や骨膜などを脳表に接着させ、脳へ血流を供給する新生血管を誘導させる術式です。 年齢、症状の頻度、脳梗塞の有無、虚血の範囲などを考慮して適切な治療法を選択しますが、当科では安全性を重視して間接術を基本としています。 脳性麻痺 脳性麻痺そのものは外科治療の対象ではありませんが、 痙縮とよばれる四肢や体幹の筋緊張が異常亢進した状態を既存の内科的治療やリハビリテーションでコントロールできない場合に外科治療の対象となります。 脳神経外科では、 髄腔内バクロフェン(ITB)療法、 機能的脊髄後根切断術の2つの術式がありますが、痙縮の拡がりや年齢、治療のゴール設定などを総合的に検討して術式を選択します。 当科は、小児に対するITB療法、機能的脊髄後根切断術ともに行える数少ない施設のひとつです。

次の

小児外科|東京大学医学部附属病院

東京 小児外科

参考情報: 小児のアレルギー, 小児喘息, 低身長, 夜尿症, 小児の発達障害, C型肝炎,... 金AMは専門外来 小児外科疾患中心 で完全予約制となります。 昭和34年、私の父である先代の院長がこの地に診療所を開院いたしました。 以降、約60年にわたり、地域に密着した皆さんの健康管理に携わって参りました。 2018年4月に私がこの診療所を引き継ぎ、赤ちゃんからご年配の方までの総合的な健康管理を目指して新たに「星野 医院」と改称し、診療を始めました。 様々な分野の病気の治療に当たりながらこの地のみなさんご家族全員の健やかな生活を過ごせるように鋭意努力しています。 さらに、この診療所の特色としては、私自身が長く大学病院に在籍して関わってきた小児外科、一般・消化器外科、臓器移植といった医療分野で、培った経験とネットワークを通して様々な分野の専門医との医療連携を進めている点です。 また、実際の診療では、一部分に専門外来を設けて専門性の高い医療を必要とする患者さんにも最新の医療提供ができるように努力をしております。 備考: 月水金土:宮本先生 火木:福田先生 はじめまして。 「おおい宮本整形外科」院長の宮本裕也と申します。 私はこれまで大学病院やその関連病院で上肢を専門として、多くの患者さんの手術など治療を担当させていただき、2016年に西大井の駅前で「宮本整形外科」を開業いたしました。 上肢の疾患以外にも、 肩こり・腰痛・膝や肩の痛みなどの慢性疾患、骨折・捻挫といった外傷など様々な症状の治療に携わらせて頂いています。 この度、より多くの方々や地域医療に貢献できるよう、当院を開設することとなりました。 西大井の宮本整形外科と同様に理学療法士によるリハビリテーションも充実させております。 痛みやしびれ、ケガなどどんなお悩みでもお気軽にご相談ください。 ご来院の方でご予約がない方に関しましては、診療をお断りさせて頂く場合があります。 小児低身長治療を中心に小児整形外科、一般整形外科を取り扱っています。 また海外では関節治療の選択肢の一つである再生医療も、保険外ではありますが積 極的に取り入れています。 以下にお悩みの方はお気軽にご相談ください。 平成10年より4年間、厚生中央病院にて一般整形外科疾患や外傷の治療を行ってまいりました。 その後、アメリカ合衆国Loma Linda University Medical Centerに4年間留学、そして「湘南鎌倉人工関節センター」にて治療を行ってまいりまし た。 この度、自分は「ぶれない信念」を持った、整形外科医療を実現する為、生まれ故郷である世田谷区に開業させていただきました。 自分の信念は正確で迅速な診断を行うことにより、適切な治療、そして予防をしていくこと、また同時に心からリラックスできる空間を提供し病を癒していくことです。 自分が暮らしていた湘南地方はゆっくりとした時間の流れるSlow life スローライフ がおくれるところでした。 都会の中にも湘南地方のように、心からリラックスできる空間を院内、照明、設備で提供できれば、病も自然と癒えてくることが期待できると考えています。 また、酸素カプセルやリンパマッサージ、また、英国式リフレなどを導入し、よりリラックスできる空間を創造しました。 また、ボーネルンドと提携し、思わず遊びたくなる楽しげなキッズルームをつくりましたので、肩こり、足のむくみ、腰痛でお困りのお母様は是非、安心してお越しください。 近隣、遠方を問わず、皆様の関節、リウマチ、骨粗しょう症等に関するお悩みを専門的に診療する整形外科醫院として、またいつでも皆様に気軽に相談していただける、何でも診察する町の診療所を目指し全力を尽くします。 自分が育った昭和の医療は医師と患者さんが信頼し合い、生涯のパートナーのような関係でした。 それを診療所で診察している祖父母、両親のぶれない信念を感じてきました。 そんな医療を生まれ故郷でもある世田谷の地で実践していく所存ですのでよろしくお願いします。 荒川区 0• 多摩市 0• 稲城市 0• 立川市 0• 武蔵野市 0• 調布市 0• 小金井市 0• 小平市 0• 国立市 0• 東大和市 0• 東久留米市 0• 青梅市 0• 福生市 0• 羽村市 0• 西多摩郡瑞穂町 0• 西多摩郡日の出町 0• 西多摩郡檜原村 0• 西多摩郡奥多摩町 0 島嶼地域• 大島町 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 三宅島三宅村 0• 御蔵島村 0• 八丈島八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原村 0 同じ地方の都道府県.

次の

小児科

東京 小児外科

外科 医長 下島 直樹 概要 われわれ小児外科はこどもたちの全身における病気、けがに対して外科的に(手術で)治療する科です。 その治療範囲は広く、顔面から手足の先まで文字通り全身に渡ります。 また、年齢も生まれる前の胎児から新生児、乳児、幼児、学童と幅広く診療に当たっています。 疾患は先天奇形、腫瘍、外傷、急性炎症などで、臓器としては消化管(口腔内、食道、胃、十二指腸、小腸、虫垂、大腸、肛門)、腹部臓器(肝臓、胆道、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、子宮、卵巣)、呼吸器(喉頭、気管、肺、縦隔)、その他、腹壁や体表などです。 このように幅広い疾患、臓器に対してつねに最良の治療を提供するために、われわれのチームではそれぞれの疾患、術式に対する診療基準を設け一定の質を保つとともに、1例1例から学んだ点をアップデートし、よりよい医療が提供できるための努力を日々重ねています。 難治症例や病態が多臓器に渡るような症例においては関連各科と共働して治療にあたります。 カンファレンスを開催し、意見を出し合って患者さんにとって最良の結果が得られるよう、チャレンジ精神とチームワークで質の高い医療を実践しています。 また、こどもたちとご家族の気持ちにより添い、問題点を多職種で連携して解決していくチーム医療、安全で安心していただける医療を目指しています。 診療科のご紹介 目標 成長していく子どもに対する手術は、身体に対する負担が少なく安全であるとともに、生涯保証する成績が大切と考えます。 そのためには、心と体の成長発達を配慮した医療にも心がけます。 特色 1. 血液腫瘍科、放射線科、病理科を中心としたチームを作り、カンファレンスを経て化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療に取り組んでいます。 の推進 の手術では、 を推進しています。 ご両親と共に外来から直接手術室に入り、日帰りに適した全身麻酔をかけて手術を行います。 傷は1. 5cm程度で、手術時間は15〜20分くらいです。 手術後はご両親と共に日帰り入院用の病棟で3時間ほど休憩して帰宅となります。 年間300例程の症例数です。 痛みなど体の負担は少なく、母子分離を避けてお子様のこころの負担も軽減できるメリットがあります。 (腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術は通常の方法に比べて体の負担が大きくなるため、1〜2泊の入院で行っています。 反対側の発症を防いだりおへその形成が同時にできたりといったメリットもありますので、病状やご希望に応じて対応しています。 ) 3. 救急医療 救急外来では、24時間救急患者を予約なしに受け入れ、総合診療科、救命救急科が初期対応します。 外科的疾患であれば、速やかに外科系と連携します。 3次外傷に対しても外傷チームを組織して迅速に対応しています。 東京都三次救急基幹施設「子ども救命センター」として、他の医療機関で救命治療が困難な外科系、内科系患者を受け入れています。 救命救急科、集中治療科が協働しドクターカー、ヘリコプターを運用した搬送とPICU管理を行い、外科チームも連携して救命治療にあたります。 4.新生児外科 周産期センターとして、隣接する多摩総合医療センター産科、当センターの新生児科・外科が密接に連携して、適切な母体・胎児管理から出産後の新生児治療にスムーズに繋げています。 院外出生に対しても、24時間365日ドクターカーでの新生児救急搬送を行っています。 外科的疾患の可能性がある場合は、迅速に対応します。 内視鏡下手術の推進 身体に対する負担が少なく、キズの小さな を積極的に取り入れています。 、 、 、 気胸、 、 、胃食道逆流症、脾腫、胆石、横隔膜弛緩症など、年間150例以上に施行しています。 当センターでは を地域で診ていくことを目標に、「多摩療育ネットワーク」をたちあげました。 消化器科が窓口となってご相談をお受けしています。 外科チームはQOLを向上させる手術 胃食道逆流症防止術、胃瘻、喉頭気管分離など を施行しています。 チーム医療の推進 最良の医療を提供するためには、一つの診療科の力では限界がある場合があります。 当センターでは外科系各科とのチームワークが良いことが特徴です。 、 では形成外科、喉頭、 声門下狭窄では耳鼻いんこう科、 気管狭窄では心臓外科、 では泌尿器科、脳外科、整形外科、 総排泄腔・ 膣異常では内分泌科、精神科、泌尿器科などと、外科系専門各科と連携してチーム医療を推進します。 精神発達に配慮した診療体制 こころの専門部門と連携し、子どもの発達に応じた子どもへの外科治療の説明、準備 プレパレーション や診療計画を心がけています。 外来について 外科外来 月・火(第2・4)・木・金曜日の午前中に初診・再診外来を開いています。 鼠径ヘルニア・臍ヘルニアの初診は木曜日の午後にも受け付けています。 専門医制度と連携したデータベース事業 NCD への参加について 国内で行われている医療の現状を把握し医療の質の向上に役立たせるため、全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析するプロジェクトが始まっております。 何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 こんな症状のお子さんが対象です 小児外科は以下のように、頭からつま先までの幅広い 外科治療を行っています。 中でも 呼吸器と 消化器の 病気が中心です。 緊急手術や 腸閉塞など 外科的管理が必要な場合は、 連携担当医 夜間は当直医 にお電話していただければ、早急に対応します。 、 、 皮下腫瘤など急を要しない外科的疾患は、 外科初診予約をお願いします。 急な腹痛、 嘔吐などで 、 腸重積、 幽門狭窄症などが疑われ 救急対応が必要な場合は、救急外来[東京ER多摩 小児 ]を受診して下さい。 外科治療が必要と判断される場合には、速やかに 外科と連携します。 ご一報いただければありがたいですが、 緊急時には紹介状は不要です。 便秘 慢性便秘、 、血便 痔、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎 、嘔吐、吐血 胃食道逆流症、十二指腸潰瘍 、慢性腹痛など 消化器症状の精査は 消化器科が担当しており、 消化器科初診予約をお願いします。 手術が必要と判断される場合には、速やかに 外科と連携します。 新生児外科的疾患の治療依頼は 新生児科が窓口となり、 外科と連携して必ず入院治療できるよう対応します。 外科疾患での各種ご相談は 連携担当医 下島が対応します。 病気や手術についての質問、いろいろな意見を聞いてみたいなど、お気軽に御相談下さい。 電話または遠慮なく相談できる窓口としてメールもご利用下さい。

次の