スクリーン タイム パス コード 解除。 スクリーンタイムのパスコードを忘れたときの対処法!解読方法も解説!【iPhone】

スクリーンタイムのパスコードを忘れたときの対処法!解読方法も解説!【iPhone】

スクリーン タイム パス コード 解除

スクリーンタイムとは スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者の端末から子供の端末のスクリーンタイムのレポートの確認や設定・制限などの管理も可能。 そのほか、子供が不適切なサイトへのアクセスしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadのさまざまな機能制限を行うことができます。 スクリーンタイムの使い方・設定方法 最初にスクリーンタイムの設定をオンにしてみてみましょう。 設定アプリの中にある【スクリーンタイム】を開いて【スクリーンタイムをオンにする】をタップすると、スクリーンタイムに関する簡単な説明が表示します。 読み終えたら【続ける】をタップしてください。 続いて、利用者の設定です。 自分用か子供用か聞かれます。 自分が使う場合は、【これは自分用のiPhoneです】をタップすればスクリーンタイムはオンになります。 子供用として使う場合は、【これは子供用のiPhoneです】をタップして、休止時間の設定、App使用時間の制限の設定を行い「親のパスコード(スクリーンタイムパスコード)」を決めたら完了です。 自分用ではじめたとしても、スクリーンタイムパスコードは後から設定できます。 使用状況を確認する スクリーンタイムを開くと、一番上の欄には、iPhoneを使用した時間とカテゴリ毎に使用時間が分けられた横棒グラフが表示しています。 詳細を確認するには、【端末名(iPhone)】をタップします。 詳細な画面では、「今日」と「過去7日」のレポートを確認することができます。 まず一番上のスクリーンタイムの項目では、縦棒グラフでのレポートの確認。 その下の「よく使われたもの」の項目では、アプリ毎やカテゴリ毎の使用時間と使用時間の長い順に確認することができます。 アプリとカテゴリの切り替えは、右上の【カテゴリを表示】【AppとWebサイトを表示】をタップして切り替えることができます。 下の方がスクロールしていくと、端末の持ち上げ回数と通知の回数を確認できます。 通知回数の多いアプリがわかるので、今まで気づかなかった意外と通知の多いアプリに気づくかもしれません。 通知の欄に表示しているアプリ名をタップすると、通知設定の画面を表示できます。 通知が不要なアプリは、通知をオフにするなどの設定をしておきましょう。 通知だけでもデータ容量やバッテリーを消費するので必要最低限にしておくことをおすすめします。 アプリ毎・カテゴリ毎の使用時間を制限する 1日に使用できる時間や曜日を決めてアプリの使用時間を制限できます。 SafariやYouTubeなどアプリ毎、あるいはカテゴリ毎の制限ができます。 制限は毎日午前0時にリセットされます。 制限の設定は、使用状況を確認した「スクリーンタイムレポート画面」か「App使用時間の制限」から設定することができます。 それぞれ解説していきます。 スクリーンタイムレポート画面から制限する まずは、スクリーンタイムのレポートの詳細画面を表示させてください。 「よく使われたもの」に表示しているアプリの中から制限したいアプリをタップしてください。 右側の【カテゴリ表示】または【AppとWebサイトを表示】をタップして切替できます。 カテゴリ表示にすればカテゴリ毎の制限、AppとWebサイト表示にすればアプリ毎の個別制限が可能です。 ここでは試しにSafariを制限してみます。 下にある【制限を追加】をタップし、時間と曜日を設定して【追加】してください。 【Appを編集】から他にも制限をしたいアプリを追加することができます。 この画面でアプリを追加した場合の制限はSafariの制限時間は同じになるので、別条件で追加したい場合は、「よく使われたもの」から制限したいアプリを選んで新しい制限で設定してください。 こちらからはカテゴリ毎の制限などができます。 アプリ毎に制限したい場合は、レポートから制限してください(上述)。 曜日別に時間指定もできます。 「使用時間終了時にブロック」をオンにすると、制限を解除するにはスクリーンパスコードの入力が必須になります。 こちらから確認と時間・曜日・アプリなどの編集・削除といったことができます。 休止時間を設定する 休止時間に設定した時間中は、許可したアプリ以外は使えなくなります。 アプリの許可は、常に許可の項目で設定できます。 開始と終了の時間を決めて、制限する時間を設定してください。 「休止時間中にブロック」を有効にすると、制限時間中に利用したい場合は、スクリーンタイム・パスコードが入力が必要になります。 コンテンツとプライバシーの制限 iOS11以前のバージョンにあった「機能制限」の設定を、iOS12では「コンテンツとプライバシーの制限」で行えるようになっています。 主にiPhoneを利用するうえでの機能を制限するためのもの。 設定が多すぎるのでここでは一部のみの紹介になります。 例えば、お子様などが利用者の場合に、年齢に相応しくないコンテンツを保護者の方が設定し、各機能を制限することができます。 そして、詳細な設定を行います。 これで誤操作による切り替えを防止できます。 また、スクリーンタイムにより制限された場合に解除したい場合、スクリーンタイムパスコードの入力しないと解除できなくてきます。 ここで決めた4桁の数字が自分のスクリーンタイムパスコードになります。 以上で、スクリーンタイムの設定を変更する際にパスコードの入力が必要になります。 制限を解除する際にスクリーンタイムパスコードの入力を必須にする場合は、制限を設定する画面に「使用時間終了時にブロック」または「休止時間中にブロック」の項目が表示しているので、スイッチをオンにすることでスクリーンタイムパスコードの入力が必要になります。 詳しくは上記のカテゴリ・アプリ制限の設定や休止時間の設定の項目をご覧ください。 制限されるとどうなる?解除するには? 休止時間やApp使用時間で制限されたアプリは、暗くなってアプリ名の横に砂時計のマークが付いて使えなくなります。 試しにLINEアプリを開いてみると、「時間制限 LINEの制限時間を超えました。 」と表示し使えません。 どうしても使いたい場合は、【制限を無視】をタップして「15分後に再通知」または「今日は制限を無視」にして利用することができます。 スクリーンタイムパスコードの設定をし、「使用時間終了時にブロック」や「休止時間中にブロック」の設定などを有効にしている場合は、スクリーンタイムパスコードを入力しないと解除できません。 手順は次の通り。 制限中のアプリは通知も届きません。 例えば、友だちからLINEトークが送られてきたとしても通知の表示もなければ通知音も鳴りません。 デバイス間で共有 デバイス間で共有を有効にすると、同じにApple IDでサインしている全てのデバイスの合計の使用時間のレポートを確認できるようになります。 同一Apple IDでのスクリーンタイムの制限などに関する設定も連動します。 デバイス共有をオンにすると、スクリーンタイム画面上に表示していたデバイスの名前が「すべてのデバイス」になり、詳細画面の右上の【デバイス】をタップして端末の切り替えをできます。 ファミリーのスクリーンタイムを設定 ファミリー用のスクリーンタイムを設定すると、子供のスクリーンタイムのレポートの確認や設定などを自分(保護者)の端末からすべて行うことができます。 【ファミリーのスクリーンタイムを設定】が表示していた場所に、サインインした子供の名前が表示しているので、名前をタップして子供のスクリーンタイムのレポート確認や制限の設定などを行うことができます。 スクリーンタイムをオフにする、データを消したい スクリーンタイムは、いつでも設定をオフにすることができますが、オフにするとスクリーンタイムの設定や使用時間などのレポート全てが削除されます。 データを消したい場合はオフにすると良いですが、オフにするとデータが消える事にも注意してください。 スクリーンタイムの端末名を変更できない? 設定アプリからスクリーンタイムを開いたところに、「iPhoneに設定している名前」が表示します。 ウィジェットをタップすれば、すぐにスクリーンタイムの詳細画面を開くことができます。 ウィジェットの削除や追加は、【編集】からできます。

次の

iOS 13/12でスクリーンタイムパスコードを忘れた場合の対策

スクリーン タイム パス コード 解除

iOS11までの機能制限パスコードを忘れた時には、いくつかの条件が揃えば、iPhoneを初期化せずに、iTunesの暗号化していないバックアップファイルから機能制限パスコードを解読することが出来ました。 しかし、iOS12のスクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップファイルに統合されたため、iTunesの暗号化していないバックアップファイルには含まれなくなり、今までの解読方法ではスクリーンタイムパスコードを解読することは出来なくなりました。 では、忘れてしまったスクリーンタイムパスコードは解読することが出来なくなったかというとそうではありません。 iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、今までとは逆に暗号化したiTunesのバックアップファイルを使用することで解読することができます。 目次・メニュー• スクリーンタイムパスコードを解読するための条件 スクリーンタイムパスコードを解読するためには、次の条件を整える必要があります。 暗号化したiTunesのバックアップファイル(iOS12以降) iOS11の時の機能制限パスコードは、単独で暗号化されていないバックアップに保存されていました。 (暗号化したバックアップファイルにも単独で含まれていました) iOS12からのスクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップデータの中に一緒に保存されるようになり、暗号化したバックアップファイルのみに保存されています。 そのため、iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、暗号化していないiTunesのバックアップファイルからは解読することは出来ません。 iOS12以降のiPhoneのスクリーンタイムパスコードを解読するためには、暗号化されたiTunesのバックアップファイルが必要になります。 暗号化パスワード スクリーンタイムパスコードを解読するために、暗号化したバックアップファイルを使用するので、その暗号化パスワードが分からない場合には、スクリーンタイムパスコードの解読は出来ません。 解読ソフト(pinfinder) 先程ご紹介したように、スクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップデータの中に一緒に保存されています。 キーチェーンのバックアップデータ自体にも暗号化がされているので、キーチェーンのバックアップデータを解読できるソフトが必要になります。 今回ご紹介している方法で使用する解読ソフトのpinfinderは、Pinfinderのサイトからダウンロードすることが出来ます。 (尚、Pinfinderはシェアウエアとなります。 ) 保護者の方へのお願い(スクリーンタイムパスコードを解読されないようにするために) ここでご紹介している方法で、保護者の方以外でも、条件が整えばスクリーンタイムパスコードの解読をすることが可能です。 どうしても、お子さんにスクリーンタイム機能の制限変更をさせたくない場合には、iTunesのバックアップで暗号化したバックアップを行うとともに、暗号化パスワードをお子さんに教えないようにしましょう。 iTunesのバックアップで暗号化パスワードを設定していない場合には、お子さんが、iTunesで自ら暗号化パスワードを設定してバックアップファイルを保存することで、スクリーンタイムパスコードを解読することが出来てしまいます。 暗号化パスワードをかけたiTunesバックアップを取ることでそのiPhoneは、他のパソコンのiTunesでバックアップを取る時にも、暗号化されたバックアップファイルとなり、暗号化パスワードが分からないとスクリーンタイムパスコードを解読することができなくなります。 スクリーンタイムパスコードの解読方法の操作手順 pinfinderを使ったスクリーンタイムパスコードを解読するする方法は、次の操作手順で行います。 なお、iTunesのバックアップ先をデフォルトのフォルダー以外に指定している場合には、解読できない場合があります。 暗号化されていないiPhoneのiTunesバックアップを用意する 先程、ご紹介したように、iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、暗号化していないiTunesのバックアップファイルからは解読することは出来ません。 暗号化バックアップが必要となります。 パソコン内に、暗号化されていないiTunesのバックアップファイルが無い場合には、まず、iTunesを起動して、スクリーンタイムパスコードが分からなくなったiPhoneを接続して、暗号化したバックアップを保存します。 シンボリックリンク等でバックアップファイルの保存先を変更している場合 シンボリックリンク等でiTunesのバックアップファイルの保存先を変更している場合には、一旦、シンボリックリンクを解除して暗号化バックアップを保存します。 pinfinderをダウンロードする 3. Pinfinderを実行する pinfinderはインストールするタイプのソフトではありません。 解凍したpinfinder. exeをダブルクリックして、実行します。 暗号化パスワードを入力する pinfinderを実行すると、コマンドプロント画面(黒い画面)が表示され、pinfinderのプログラムが起動します。 iOS12以降のバックアップファイルが含まれている場合には、「Enter iTunes Encryption Password:」という暗号化パスワードの入力表示がされます。 キーボードから暗号化パスワードを入力します。 解読されたスクリーンタイムパスコードを確認する 暗号化パスワードを入力すると、iTunesのデフォルトのバックアップフォルダーに保存されているバックアップファイルの読み込みが始まります。 しばらく待っていると、確認したバックアップファイルとスクリーンタイムパスコードが表示されます。 スクリーンタイムパスコードは、RESTRICTIONS PASSCODEの下に表示されている4桁のコードです。 正しく解読された場合には、JST 〇〇〇〇と数値4桁が表示されます。 解読表示された文字の意味は、次のようになります。 JST 〇〇〇〇 〇〇〇〇の4桁コードがスクリーンタイムパスコードとなります。 JST none スクリーンタイムパスコードが設定されていない状態で保存されたバックアップファイルを解読した場合に表示されます。 no passcode stored iOS11以前の暗号化バックアップでスクリーンタイムパスコードが含まれていない場合に表示されます。 incorrect encryption password 解読の際に入力した暗号化パスワードが異なっているため解読できなかった場合に表示されます。 この場合には、4に戻って、正しい暗号化パスワードを入力します。 スクリーンタイムパスコードを解読する方法は、以上で終了です。 解読したスクリーンタイムパスコードは忘れないようにしましょう。 ご訪問&コメントありがとうございます。 画面ではuserが家族名になっていました。 とありますが、それは、パソコンの画面で表示されているものですよね。 それであれば、その名前は、パソコンのユーザー名でiPhoneとは無関係です。 pinfinderでJST〇〇〇〇と表示された場合には、それが、スクリーンパスコードになります。 ご家族で複数のiPhoneを利用している場合、pinfinderで解読した暗号化バックアップが他のiPhoneのバックアップということはありませんか? スクリーンパスコードが分からないiPhoneのバックアップをiTunesで保存して、保存したバックアップで再度、pinfinderで解読してみてください。 ご訪問&コメントありがとうございます。 pinfinderの画面の左側に、Windowsとapple Mac osと書いてあると思います。 Windowsパソコンの場合には、Windowsをクリックして開いた画面のほぼ中央にある「Download the latest release of pinfinder for Windows」と書いてあるところをクリックします。 Macパソコンの場合には、apple mac osをクリックして開いた画面のほぼ中央に「Download the latest release of pinfinder for Mac」と書いてあるところをクリックします。 開いた画面に表示されているバージョンの一番新しいところにある、 Assetsをクリックして開いたリストの中にあります。 ご訪問&コメントありがとうございます。 「Press enter to exit」と表示される場合には、 iTunesのバックアップフォルダーにバックアップファイルが存在してい場合に表示されます。 最新のpinfinderのバージョンでバックアップファイルが存在しない場合、 単純に「Press enter to exit」と表示されるはずです。 シンボリックリンク等で、バックアップファイルのフォルダーを変更していませんか? シンボリックリンクでバックアップファイルを変更している場合、設定がちゃんとしてあれば、pinfinderは正常にバックアップファイルを見つけることが出来ますが、 設定にミスや不具合がある場合には、pinfinderがバックアップファイルを見つけられない場合があります。 尚、「Faild to find ~~~ と表示されるとありますが、アイフォーンビギナーズではそのような画面を見たことがありませんので、 もしかすると、別の理由かのしれませんが。 シンボリックリンクを設定してある場合には、一度、シンボリックリンクを削除して、 iTunesソフトで暗号化バックアップを保存した後、pinfinderを起動してみてはいかがでしょうか?.

次の

iPhoneで分からないスクリーンタイム・パスコードをリセットする方法! 忘れたらiOSを強制初期化しよう

スクリーン タイム パス コード 解除

質問者さんも回答者のzinさんも考え方が周回遅れしています。 今の時代Googleの画像検索で「無修正」と入れるだけで簡単に女性器が見られる時代ですよ?それも数秒で。 ならパスコードの突破なんてカップラーメン1つ作る時間があれば簡単に見つかりますよ? Googleでなくても例えばYahoo! の知恵袋で質問するとか・・・ とにかく「文字を入力して検索」という行為が出来る時点で、中学生どころか幼稚園児でさえもパスコードの突破方法なんざ簡単にバレるものと考えた方が良いです。 もし子供に使わせたくないなら物理的に取り上げる。 解除してもらう時は見付かった体で すみません、質問の直接の回答ではないのですが、内容が近い悩みでしたので。 今、知恵袋にも質問中なのですが、うちの子(中1)はiPadなんですが、 スクリーンタイムの制限をあっさり突破されてしまいました。 その方法とは、4桁の設定用のパスコードはバレてないのですが、 スクリーンタイムの休止時間を夜中に使えないように設定しておいても、 iPad本体の時刻設定を丸々12時間ずらされてしまい、 実質昼から夕方が使えない状態になっていました。 使えないのは学校に行っている間で、夜中は使いたい放題だったのです。 実際この方法で突破しているのではないでしょうか。 突破する方法の情報が出回ってるのかもしれません。

次の