ヴァン ガード ツクヨミ。 グレード

満月の女神 ツクヨミ のデッキ

ヴァン ガード ツクヨミ

やは考慮していません。 Tierとは? Tier ティアはカードゲームでよく使われるカテゴリー分けの指標です。 流行度を指す場合もありますが、 当サイトにおけるTierは単純に強さを表しており、Tierの数字が小さいほど強いという意味になります。 Tierの基準 Tier1 【環境トップ】 高いデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。 その強さゆえ対策を取られることも多いが、それでもなお高い勝率を誇るデッキである。 目安スコア:20以上 Tier2 【有力デッキ】 デッキパワーはTier1と比べても遜色なく、対人戦で高い勝率を狙える。 ただし、「特定のデッキが苦手」「対策されやすい」「Tier下位相手の取りこぼしが多い」など、環境デッキには一歩及ばない。 目安スコア:18以上 Tier3 【中堅クラス】 最新のデッキと比べると見劣りする部分もあるが、デッキの完成度とプレイング次第ではTier1相手でも十分渡り合える。 目安スコア:15以上 Tier4 【発展途上】 基本的に対人戦で勝ち越すのは難しい。 パワー、爆発力、安定感、耐久力、展開力を総合的に見ると上位には劣る。 目安スコア:12以上 Tier5 【今後に期待】 現状、上位デッキには大きく水を開けられており、勝つにはトリガー含め理想に近い動きが求められる。 今後の追加カードに期待。 簡易性能チャートについて 5項目5段階でデッキパワーを評価.

次の

《満月の女神 ツクヨミ》

ヴァン ガード ツクヨミ

2種類目のファーストヴァンガード達 最近はパックで新しいファーストヴァンガードが収録されてきていますね。 ぼくは別にロイヤルパラディンもオラクルシンクタンクも組んでないですが、今回のファーストヴァンガードはめっちゃ良いなって思います。 「ばーくがる」も「神鷹一拍子」も、ファーストヴァンガードのイメージが強くてようやく来てくれたかって感じですね。 スタンダードに入ってからファーストヴァンガードの効果は同じになっていますが、僕はこれかなり気に入っています。 変に格差が無いのでデザインだけ楽しめますし、好みで選べるからデッキの顔って感じが強くなってると思えます。 続々と2周目の強化も増えてきているので、今後もファーストヴァンガードの種類は増えていくことでしょう。 同クラン対決でもファーストヴァンガードは全然違うっていうのが僕の好きな状態です。 収録枚数カットの影響 順調にファーストヴァンガードが増えていくかと思いきや、割とそうでもない感じですよね。 「天馬解放」ではぬばたまとゴールドパラディンの収録が大幅にカットされたせいか、新しいファーストヴァンガードの収録はありませんでした・・・。 枠の都合と言えば仕方ないですが、これはちょっと残念でしたね。 個人的には使われるかどうか分からないバニラが増えるくらいならファーストヴァンガード増えて欲しいとすら思っています。 1クランで10種くらいいてもよくないですか? 最近ウィクロスを始めたんですが、かなり良いと思うところがあるんです。 レベル0のルリグと言って、まあファーストヴァンガードに近いやつがいるんですが、同じ名前のやつでもめっちゃ種類があるんですよね。 どれも効果は変わらないのですが、しょっちゅうプロモとかで出てるのでめっちゃ選べる幅が広いのです。 ヴァンガードもこんな感じで良いんじゃないかと思うんですよね。 別に効果一緒なんだし、違う名前のやつでなくてもいいから、同名イラスト違いとかでも出していってほしいなって。 同クランのやつが10人いたら10人ともファーストヴァンガード違う、みたいな状態になってほしいですね。 アレですよ。 デッキにはその人の趣味が見え隠れしてほしいと思うタイプなんです。 新ファーストヴァンガードへの期待と不安 まあ全クランじゃないとはいえ、新しいファーストヴァンガードが出ていっているのは素晴らしいことです。 ただ、そんな中にも気になることがあって、今回だと「神鷹一拍子」ですね。 何が気になるって、こいつ 他のカード効果で指定されてるんですよ。 「三日月の女神ツクヨミ」はソウルに「神鷹一拍子」が無ければ効果を使えません。 いやその指定いる? 別にファーストヴァンガードなんて好きなもの使わせてあげればいいじゃないですか。 確かにツクヨミデッキと言えばファーストヴァンガードは「神鷹一拍子」なんですが、中にはツクヨミめっちゃ好きやけど「ロゼンジ・メイガス」も好きなんや!みたいな人がいるかもしれません。 別にファーストヴァンガードを指定する意味ってあんま無いと思うんですけどね。 個人的にファーストヴァンガードを指定されることの何がいやって、 せっかく光らせたのに使えない可能性が出てくる ってことなんです。 もうね。 僕とかダークイレギュラーズ大好きっ子なんで「ヴァーミリオン・ゲートキーパー」を光らせちゃったんですが、そうなるとなかなか変えづらいじゃないですか。 もし次のダークイレギュラーズでソウルに特定のファーストヴァンガードを要求される効果が出てしまったら、僕は泣く泣く「ヴァーミリオン・ゲートキーパー」をデッキから抜くしかないわけです。 せっかく光らせたのに。 ていうか実際オラクル使いの中にも「ロゼンジ・メイガス」光らせたのに「神鷹一拍子」に変えなあかんのかよ!って思ってる人いそうですけどね。 デッキのイメージは大切ですが、ファーストヴァンガードの自由度を狭めてしまうのもどうかなってところですね。 ていうか次のパック「幻魔再臨」ではすでにペイルムーンの新しいファーストヴァンガードが公開されているわけなんですが、 そもそもダークイレギュラーズのファーストヴァンガードは登場するんでしょうか? まさか収録枚数10種とかない?無いよね? 新しいファーストヴァンガードを期待しつつも、不安なことだらけです。 まあたぶん何が来てもしばらくは「ヴァーミリオン・ゲートキーパー」使い続けると思うんですが! 結局グランブルーも「キャプテン・ナイトキッド」が登場しましたが、未だに僕は光らせた「案内するゾンビ」使ってます。 やっぱりファーストヴァンガードはデッキの顔なので、好きなの使える状態が良いですね。

次の

【ヴァンガード】「静水の祭神 イチキシマ」についてツクヨミ視点で考察

ヴァン ガード ツクヨミ

先導者達に再び出会う 当記事において扱う「」は、からを幹事局にして放送開始を予定しているである。 よりまで版で放映された前及びの内容については「」を参照。 概要 本作は、の版「」をに、要素を加えた新作となっている。 時代設定は版開始時点に準拠しており、 「のがに触れる」という、旧版(以下版と略す)と同じ地点からもう一度を造る形となる。 版と版は、各の内部設定が大幅に異なるため、本作は全く別の作品となる。 また、版ではど登場しなかったの一部が、初報の時点での登場が確定している。 本作のは、「」以降と同じくが担当、「G」のであると、同の智が続投。 は政尚が担当する。 時のは「」であり、も口にしていたが、発表にあたり削られている。 本作の発表に合わせ、の方のに大幅な訂が加わり、それに準拠した内容になる予定。 また、本作では作とは大幅に放送形態が異なる。 在では放送されず、などの で放送される形となる。 それに先駆けで最速配信、0:00()からはの「ch」にて全話視聴可になる。 での配信はよりで最新話を毎週から放送、 分後の20:からにて配信が開始される。 前作同様の「」と思われるが、配信が決まるのが他の配信より遅く、をやきもきさせていた。 登場人物 初報時点では、は全てのと共通。 と版の違いを簡潔に記載する。 カードキャピタル チームQ4(クワドリフォリオ)• ではとは違い、序盤から実を急速につけている。 使用は版と違い、一貫して。 序盤のは同じでも、彼のは、とでは全くの別物である。 使用は一貫して。 では、の持つ絶対記憶が「直観像記憶(デテック・)」と名付けられている。 使用は一貫して。 ではに対する呼び方が「さん」になっている。 の使用は変わらずだが、「ー」名称を体としたものとなっている。 その他• 本名は「新右衛門」だが、言及されたのは「G」の時間軸で設定された短編の話であるため、本作でも同様かは不明。 同で使用したは。 では、櫂が戻ってきたことでを再開したという設定がられている。 櫂と三和、そして第2章で本格登場するがだったとられたのは、版初出の設定。 では版とは違い、を使用する。 では登場が第1期終盤と非常に遅かったが、本作では初報から登場が確定している。 では後江部の。 本作では「部部員」と表記されている。 版とでは大きく立ち位置が異なり、との関係も、の実も全くの別物(ただし、櫂にはな評価を受けており、微も認められていない)。 1話では設定が固まりきっていないたか別のを使用していたが、後のではっ当なを使用しており、この設定は後に「G」にもされている(構築方針自体は大幅に異なるが)。 版ほど立つ立ち位置ではないが、彼も初報で登場が確定している。 井崎以外にも、後江には限定のとして「稲永(:二)」「」が部に所属している。 フーファイターAL4(アペックス・リミテッド・フォー)• 版とは違い、「私」を使用。 櫂との関係も大きく異なり、彼自身のも深くられていた。 に対する呼び方が「」になっている一方、気に入ったにはあれこれ称をつける癖がある。 「テッちゃん」「」「ミサQ」など……。 ではフーの実質の揮権を持っていた。 でのはよくテツにある行為をする。 人物性は版と大きく異なるが、に対する反発は版同様。 最初の言及では、使用はだったが、彼の使用したはすべてで化されているため、使いに設定変更されたと思われる。 NwO(Nagisa with Others) いずれもでは、登場していてい役のくらいの立ち位置だった。 しかし、初報で登場が確定しているため、おそらく部分に関わると思われる。 本作ではいずれも上位者であり、「ヴォヤージュ」を拠点としたとなっている。 その中でも何故かサが特筆した扱いになっているが……?• 本作では版と異なり、であり、外見が大幅に幼く調整されている。 本作ではという実績が追加され、先述の通り拠点が変更されている。 ではだけ特筆した扱いになっているが……?• 本作では3位だが、ではだった。 で少しだけ出演した時は、同じでも版1期のではなく、2期以降の「」を使用していた。 関連動画・関連チャンネル 関連商品 カードファイト!! ヴァンガード 2018年のアニメ に関するの商品を紹介してください。 関連項目• 外部リンク•

次の