納豆 冷凍 できる。 納豆は冷凍保存できる?冷凍&解凍方法のポイント

冷凍保存できる納豆!自然解凍で時間をかけて美味しく食べよう!

納豆 冷凍 できる

納豆は冷凍できる? 納豆は冷凍保存することができます。 納豆を冷凍した場合、美味しく食べられる保存期間は1ヶ月程度です。 風味など多少落ちても大丈夫という場合は、3ヶ月~6ヶ月ほど納豆は冷凍保存が可能だと言っている専門家もおりますが、心配な場合はなるべく早く食べたほうがいいですね。 納豆の冷凍保存の注意点 納豆を冷凍するときは、パックのまま冷凍することができます。 しかし、パックのまま冷凍した場合は、水分が抜けて乾燥したり、冷凍焼けや冷凍庫の臭いがついてしまうことがあります。 冷凍した納豆を美味しく食べたい場合は、納豆を密閉することが大事です。 できれば、買ってきた納豆をパックから出してラップでつつみ、密閉容器にいれて冷凍するとよいでしょう。 大量にある場合は、パックを外すことでかさばらず、冷凍庫の中の場所をとらないのでおすすめです。 パックから納豆を出すのが面倒な場合は、パックをラップで包んでフリーザーバッグに入れると良いですよ。 このひと手間が、冷凍した納豆を美味しく食べる秘訣なんです。 納豆を冷凍すると納豆菌は死なない? 体に良いと言われている 納豆菌は、納豆を冷凍しても死んでしまうことはありません。 納豆菌は、低温になると活動できないと判断して休眠状態に入りますが、納豆を解凍して温度が20度前後になると納豆菌の活動が再開されて再発酵がすすみます。 納豆菌は生命力が強く、冷凍しても活動が止まるだけで死んでしまうわけではありません。 スポンサーリンク 納豆の解凍時間は常温でどのくらい? 冷凍した納豆を急速に解凍すると納豆の水分が出てしまい、もともとの納豆の食感とは違ってしまいます。 そのため、冷凍した納豆を美味しく食べるためには、じっくり時間をかけて解凍することがおすすめです。 冬場なら常温で解凍することも可能ですが、暖かい季節の場合は納豆を食べる前日に冷凍庫から冷蔵室に移して一晩かけてじっくり解凍するほうが美味しく食べることができます。 6時間~8時間かけて解凍できるとベストです。 また、電子レンジで納豆を解凍するのは、おすすめできません。 高温になると納豆菌が死ぬだけでなく、納豆がきつい臭いを放ちます。 どうしても、急に食べたいときは、20秒ほど電子レンジにかけて後は自然解凍するようにしましょう。 納豆の冷凍 まとめ 納豆は冷凍保存することができます。 納豆に含まれている納豆菌は、冷凍したことで死ぬことはないので、納豆が食べきれない場合は早めに冷凍することがおすすめです。 より美味しく納豆を冷凍したい場合は、納豆を密封して冷凍して、解凍するときは前日に冷蔵庫に移して時間をかけて解凍します。 納豆を買ってもあまり食べないで賞味期限が過ぎてしまうという方は、納豆の冷凍保存に挑戦してみてくださいね。

次の

これも冷凍OK?【納豆】の冷凍保存や解凍方法

納豆 冷凍 できる

そもそも納豆の賞味期限が1週間程度と短く設定されているのは、納豆を発酵させる「納豆菌」の働きが強力だから。 製造工場で発酵・熟成を済ませ、一番美味しい状態で出荷される納豆。 それ以上発酵が進まないよう低温で管理されているのだが、スーパーなどの店頭に並び、家庭の冷蔵庫で保存している間にも少しずつ発酵は進み、室温に置いたりすれば納豆菌が爆発的に増殖するのだという。 さらに発酵が進むと色が濃くなって本来の納豆とは違う臭いがしたり、アミノ酸成分チロシンの白い結晶ができてジャリジャリとした食感になったり...。 それを食べても特に体に害はないとされているのだが、どうしても味は落ちる。 ということで、納豆が美味しく食べられる期限=賞味期限は短めなのだ。 だからこそ、「毎日食べるから切らしたくない。 でもそんなに頻繁に買い物には行けない」という時は、冷凍保存がおすすめなのだ。 新鮮なうちに冷凍した納豆は、冷蔵庫で自然解凍すれば、ほぼ普通の納豆と変わらないので、好みの薬味と共に温かいご飯にかけて食べるのが一番。 「冷凍納豆ならでは」というおすすめの使い方は天ぷらだ。 凍っていて粘りが出ないので揚げやすく、天つゆやポン酢をかければ美味しいごはんのおかずに。 衣に塩と青のりを効かせて揚げるとビールに合う絶品つまみに変身する。 また、細かく刻んでひきわり風にする場合も、冷凍納豆が便利。 こちらもほんの少しだけ解凍した状態で刻むと、まな板や包丁がベタベタにならずに済む。 刻んだ納豆はマグロ納豆やイカ納豆、納豆汁、納豆巻きや冷たい蕎麦のトッピングに!.

次の

これも冷凍OK?【納豆】の冷凍保存や解凍方法

納豆 冷凍 できる

このように、各納豆の賞味期限の目安を説明しましたが、基本的には 各商品に記載されている賞味期限の範囲内で食べきるようにしてください。 万が一商品記載の賞味期限が切れてしまっていた場合、賞味期限が3~4日程度切れてしまっただけであれば、まだ食べられる可能性が高いです。 しかし、腐敗臭がする場合や混ぜても糸が引かない場合、カビが生えている場合はとても食べられる状態ではありませんので、勿体ないですが処分しましょう。 納豆の保存方法 続いて、納豆の保存方法について説明します。 冷蔵庫で保存 納豆を保存する場合は、 パックのまま冷蔵庫で保存するか、清潔な密閉容器に移して冷蔵庫で保存します。 しかし、冷凍すると少し豆が柔らかくなるため食感は若干異なるので、その点のみ注意が必要です。 納豆の冷凍保存の方法 納豆を冷凍する際は、 パックごとジッパー付き保存袋に入れて冷凍します。 急いでいる場合や面倒くさい場合は、ジッパー付き保存袋に入れる工程を省いてそのまま冷凍庫に入れてしまっても構いませんが、冷凍焼けやにおい移りなどの問題が発生してしまうこともあるので、できるだけ早く食べるようにしてください。 また、小分けにしたいような場合は、1度に使う分だけ小分けしてラップで包み、さらにジッパー付き保存袋に入れて冷凍するのもおすすめです。 冷凍保存の期間 納豆の 冷凍保存の期間は3ヵ月~半年ほどといわれています。 この保存期間は、発泡スチロールの容器に入った納豆やわら納豆、経木納豆のどれであっても同じです。 冷蔵保存と比べるとかなり日持ちするので、日持ち重視で保存したい方はぜひ冷凍保存をしてください。 解凍方法 冷凍した納豆を解凍する場合は、 冷蔵庫に移して自然解凍しましょう。 急いで食べたい方などは電子レンジで解凍してしまうかもしれませんが、納豆を電子レンジで解凍してしまうと品質が悪くなるほか、納豆に含まれているナットウキナーゼという酵素が加熱によって壊れてしまうので、あまりおすすめできません。 納豆の保存方法まとめ 納豆の賞味期限や保存方法、冷凍保存に関しては、.

次の