ハクビシン 猫。 ハクビシンに悩んでいる方必見!自分でできる対策・駆除方法

ハクビシンの忌避剤はなにが効果的?近寄らせないことで被害を防ぐ!|生活110番ニュース

ハクビシン 猫

ハクビシンの生態 1分でわかる タヌキとハクビシンを見分けるポイント5つ 「ハクビシンってどんな顔してる?よく間違われるタヌキとどう違うの??」 「そもそもタヌキ自体も、キャラクターやイラストでしかわからないよね。 」 今回はハクビシンとタヌキの違いをクローズアップして見ていきましょう! タヌキとハクビシンの違いその1 顔 正面からの見分け方 ハクビシンの顔で一番特徴的なのは、頭上から鼻先まで伸びた白い線状の模様。 遠くから見てもわかります。 その他は目の下や耳の前に白い斑紋がある場合もあります。 ではタヌキは?タヌキのイラストは、よくアイマスクのような眼のまわりを囲ったかんじに描かれますが、実際は目と目の間はつながっていません。 タヌキとハクビシンの違いその2 鼻先の違い ハクビシンの鼻は一般的にはピンク色、タヌキは黒という違いがあります。 中には黒っぽい鼻のハクビシンもいるようですが、ネコの鼻と同じような感じで、だいたいピンクだけど黒っぽいのもいる、と覚えてはどうでしょう?タヌキはイヌ科なので犬と一緒の黒、と考えると覚えやすいです。 形は犬のように鼻先が長いのが特徴です。 タヌキとハクビシンの違いその3 体つきから見分ける! 実際小動物にでくわす時って、遠くで横切ったのを目撃した、とかそんな感じですよね。 スリムな体にスッと伸びるシッポが特徴です。 シッポはイラストのようにふわっとしています。 よくあるタヌキのイラストで、シマシマ模様になっていますがそれはアライグマですよ~。 脚はハクビシンはやや短め。 タヌキの脚は意外としっかりしていてネコやイヌ位あります。 毛がふっくらしている秋冬は短く見えますが、夏のスリムボディの頃は柴犬のようにがっしりした黒い脚です。 毛の色や模様は、一概に言えませんが、肩から前足にかけて黒い模様があればタヌキである確率が高いです。 フォルムの違いで見分けるなら、タヌキの場合は季節によって大分見た目が変わるので要注意です! ぽちゃっとしたかわいいタヌキは冬の姿、夏はびっくりするくらい細くて犬と間違うようなフォルムのタヌキもいます。 写真のタヌキだけでもかなり違いますよね。 積もった雪の上に小動物の足跡を見つけるチャンスです! ハクビシンは5本足、タヌキは4本足(5本目は地につかない)跡が残ります。 タヌキの足跡は、下の図のように表しましたが、じつはイヌとネコにとてもよく似ているものもあります。 タヌキとネコを見分けるポイントはツメ跡があるかどうか。 ネコは普段はツメを引っ込めているので跡がつかないそうです。 タヌキとイヌの足跡はほとんど同じだそう。 そういう場合は場所で見分けるといいそうです。 道など犬が通るところは判別がつかないので、敷地内などで探してみてください。 タヌキとハクビシンの違いその5 フンの見分け方 最後はフンをチェックしましょう。 ハクビシンは屋根裏に巣をつくり、糞尿を一か所にまとめてすることが多いです。 これがハクビシンの一番の問題点。 糞尿が病原菌のもとになったり、天井を腐敗させたりします。 雨漏りでもないの天井にシミがあったり、縁の下に小動物の気配があったら早めにチェックしましょう。 見分けるポイントは、ハクビシンの糞はあまり臭いがしません。 筆者も何度かハクビシンの糞を見ましたが、そんなに臭いはありませんでした。 ハクビシンは果物や植物のタネをよく食べるので、その残骸が糞に含まれていることが多いそうです。 タヌキは屋外にタメフンと言って、皆でまとめて1箇所で糞をします。 そして臭いがとても強いでのが特徴です。

次の

ハクビシンに悩んでいる方必見!自分でできる対策・駆除方法

ハクビシン 猫

キューキュー… キーキー… この鳴き声…もしかしてハクビシン!? こんにちは。 みんなの害獣駆除屋さんの木村です! 突然ですがあなたのお家やその周りで、 聞きなれない鳴き声を聞いたことはありませんか…? もしかしたらその鳴き声、 ハクビシンかもしれません。 ハクビシンは30年〜40年前はとても珍しい動物でした。 しかし近年は東京などの都市部にもあらわれ、 農作物や私たちの家に悪影響を与える害獣として知られています。 野菜を食い荒らしたり、 屋根裏に大量のフンをしてリフォームが必要になったりと、その被害は決して軽く見れるものではありません。 そこでこの記事では、• ハクビシンの鳴き声• ハクビシンの生態• ハクビシンへの対策 など、 『ハクビシンとはどのような動物で、どんな対策が必要なのか』を解説していきたいと思います。 「ハクビシンってどんな鳴き声なんだろう?」 「ハクビシンって名前は聞いたことがあるけど、どういう動物なんだろう?」 「家の周りでよく見かけるあの動物、もしかしたらハクビシンかも…」 という方は必見です。 この記事を読んで、 ハクビシンに関するモヤモヤがなくなり、泣き声や被害に悩まされない毎日を取り戻せれば幸いです。 では参ります! その前に。 もし、すでにハクビシンの被害を受けられていて 「すぐになんとかしたい!」 という方はぜひ弊社、 みんなの害獣駆除屋さんまでご相談ください。 電話・メールともに無料でご相談を受け付けております。 「本当にハクビシンなのかどうか分からない…。 」という方でもお気軽にご相談くださいね。 こちらはハクビシン同士がケンカをしている時の鳴き声です。 『猫のケンカ』はあながち間違いではないんです。 実際に、相談をいただくお客様の中には、 「そういえば近所で猫がケンカしているような声を聞いたわ」 とおっしゃる方もいて、行ってみるとやはりハクビシンのフンがたくさん…ということがよくあります。 もしこれらの動画を見て、 「この声、もしかしたら…」 と思った方、被害状況の調査をしてみてはいかがでしょうか。 最終的にはハクビシンの追い出しや駆除を行うとしても、まずは被害状況を調査しなければ始まりません。 わたしたち みんなの害獣駆除屋さんでは、無料で現地調査を行っております。 加えて、 WEB限定でお見積り0円キャンペーンも実施しております!ぜひお気軽にご相談くださいね。 ハクビシンはこんな動物!生態や特徴を徹底解説 生息範囲はかなり広い ハクビシンは日本全国に広く分布しています。 環境省が平成27年〜30年にかけて行った調査では、• 北海道• 山口県• 九州の7県• 沖縄県 の 10県以外、すべての県で生息が確認されています。 この調査結果を見て 「じゃあ上の10県には1匹も生息していないんだ」 と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 実際、福岡のお客様から「屋根裏にハクビシンがいる」という依頼をいただいたこともありますし、北海道にも生息している場所はあるようです。 インドでは 標高2700mに生息する姿も確認されていて、その環境適応能力はかなりのものです。 どこに生息していても不思議はないんですね…。 巣やねぐらはどこに作るの? ハクビシンは安全で薄暗い場所を巣やねぐらとして利用しています。 森林地帯に住むハクビシンは木の穴や岩穴のほか、タヌキなど他の動物が使わなくなった巣穴を利用していますが、 市街地に適応したハクビシンは屋根裏や軒下、人気のない納屋などを巣やねぐらとして利用しています。 ねぐらは言わばハクビシンの休憩所。 ハクビシンの行動範囲は非常に広いため、行動途中に休憩が必要なんです。 その範囲は 30ヘクタールから70ヘクタールと言われています。 東京ディズニーランドが約50ヘクタールなので、その広さがわかりますよね…。 ハクビシン1匹につきねぐらを4〜10箇所持っていて、その中でも いちばん安全で寝心地の良い場所が、繁殖を行う 『巣』として選ばれるようです。 ハクビシンは在来種?外来種? 結論から言うと、ハクビシンはもともと日本にいた在来種なのか、人の手によって海外から持ち込まれた外来種なのかは色々な話があり、 はっきりとしたことは分かっていません。 ちなみにDNA鑑定では、台湾に分布しているものと同列なんだそうです。 世界で見ると、台湾の他にはインド、スマトラ、ポルネオ、ジャワ島など、東南アジアに広く分布していますよ。 ハクビシンの身体の特徴は? ここではハクビシンの体の色や大きさ、その身体能力の高さを解説していきます。 体の大きさ 体長は約90~110cmですが、特筆すべきは尻尾の長さ。 胴体50〜65cmに対して尻尾が40〜45cmなのでかなり長い尻尾を持っています。 体重は3〜4kgで、オスの方がひと周りほど身体が大きいです。 毛の色 身体のほとんどが灰色の毛で覆われていて、背中の中央の毛色が濃く、お腹側の毛が薄くなっています。 足は黒色で、他の部分よりも濃くなっています。 また、先にも説明したように 鼻筋に白い線が入ったような模様があるのが特徴です。 尻尾の先が白っぽいものや、鼻が黒っぽいものいて、色や模様はその個体によって微妙に違うようです。 驚異の身体能力 ハクビシンはもともと、 森林地帯の樹の上で生活していました。 そのため身体能力は非常に高く、 電線を渡ることもあるほどです。 長い尻尾で器用にバランスをとっているのがわかると思います。 ハクビシンの足裏には毛がなく、人間の掌のように真ん中がへこんだような形状になっています。 そのため、電線のような 細いものにもピッタリと足をくっつけることができるんです。 塀をよじ登ってその上を歩いたり、木に登ったりするのはアライグマでもできますが、 電線を渡れるのはハクビシンだけです。 また、身体がとても柔らかく、少しの隙間でも上手に体をくねらせて簡単にくぐり抜けることができます。 農研機構によると、• 8cm四方の正方形• 直径9cmの円形• ほかにも垂直方向へ1メートル以上ジャンプできるなど、身体能力はかなり高いと言えます。 そのため、足跡も丸い掌の外側に、 肉球のあとが5つ付くような形になります。 少し爪があるので、足跡にも爪の跡がつくこともありますよ。 臭腺が発達している ハクビシンは肛門の近くに 『臭腺』があります。 臭腺とは 強い匂いの液体を出す腺で、スカンクをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。 威嚇する時や、恐怖を感じた時は 「ガー!」という鳴き声とともに臭腺から かなりクサい匂いを出します。 幸いなことに私はまだ嗅いだことがありません…。 同じ分類であるジャコウネコの臭腺から出る液体は香水の材料としても有名ですが、ハクビシンの臭腺からとったものは クサすぎて使えないくらいクサいそうです…。 ハクビシンの寿命は?繁殖力は高い? 最長24年生きた記録も! 野生の ハクビシンの寿命は10〜15年と言われています。 飼育されているともっと長生きするようで、農林水産省の資料によると、飼育されていたハクビシンが 最長24年生きたという記録があるそうです。 飼育の場合だと栄養状態を管理され、栄養価の高い餌が与えられるため、長生きするのでしょう。 そういう意味でいうと、 都会のハクビシンの栄養状態もなかなかのものです。 調査や捕獲で見てみると、 かなりいいものを食べているように見えます。 本来の生息地である森林地帯で自然の餌だけを食べているハクビシンと違い、都会のハクビシンは 栄養価の高い生ゴミなどを漁って食べるので、 栄養状態がすごくいいんですね。 野生でも15年以上生きるハクビシンももしかしたらいるかもしれませんね…。 生まれた子供は、10ヶ月後には繁殖可能 ハクビシンの繁殖期は地域にもよりますが、 3月頃と9月頃に多く見られます。 妊娠期間は2ヶ月前後なので、5月、11月頃に子供がたくさん生まれることになりますね。 「屋根裏でハクビシンが子育てしているみたいなんですが…」 という問い合わせが増えてくるのもこの時期です。 だいたい 年に一度、2〜3頭の子供を産むようですが、先に説明したような 栄養状態の良いハクビシンは1年に2回産むこともあるようです。 生まれた子供は 体重120gほどで 体長は15cmほど、 目は閉じていて生後10日ほどで開くようです。 約3ヶ月ほどで離乳し、親とほとんど同じ大きさになります。 その子供も10ヶ月後には繁殖可能になるのですから、その能力の高さがわかると思います。 「うちの屋根裏でも子育てされているかもしれない…」 という方は、ぜひ みんなの害獣駆除屋さんにお早めにご相談していただければと思います。 先にも紹介したように、一時は天然記念物に指定されるほど珍しい動物だったハクビシン。 そんな動物が日本でここまで繁殖できたのは、ハクビシン自身の繁殖能力の高さに加えて、 天敵が少ないことがあります。 ハクビシンの天敵は• トラ、ヒョウ、オオカミなどの肉食獣• フクロウ、タカ、ワシなどの猛禽類 ですが、ご存知の通り 日本にはトラやヒョウは生息していませんよね。 フクロウやタカ、ワシなどは生息していますが、 猛禽類に襲われるのは生後1〜2ヶ月の子供のハクビシン。 大人のハクビシンを襲って食べるような天敵は、ここ 日本にはほとんどいないんです。 この他に強いて挙げるとすればアライグマと人間です。 アライグマは気性が非常に荒く、もともと住んでいた ハクビシンを追い払い、住居を奪うので天敵と言えます(アライグマに追い払われたハクビシンが、餌を求めて市街地によく現れるようになったとも考えられています)。 同じように、ハクビシンを追い払ったり、捕まえたりする人間も天敵と言えるかもしれません。 ハンターの中にはハクビシンを食べる人もいるようなので、まさに天敵と言えるでしょう。 とはいえ、やはり天敵が少ないのは事実です。 これからも どんどん繁殖していくのではないでしょうか。 ハクビシンは何を食べるの?好きな食べ物は? ハクビシンは甘い果実が大好き ハクビシンは 雑食なのでなんでも食べますが、果物を好んで食べる傾向があります。 果物のなかでも特に、• イチジク• ミカン• ぶどう などの 糖度が高い果物が大好物で、農作物の被害もこれらの果物が非常に多いです。 先に紹介したようにハクビシンは垂直方向に1m以上もジャンプできるほか、バランス感覚も抜群。 木に飛び乗り、細い枝の上をかんたんに移動できてしまいます。 また、 木の枝に後ろ足だけでぶら下がりながら果物を食べることもできるそうです。 本当に 忍者みたいですよね…。 果物のなる樹は、ハクビシンの絶好の餌場になってしまうんですね。 ナメクジやムカデ、生ゴミも食べる 大好きなのは果物ですが、雑食のためなんでも食べます。 小鳥の卵• ナメクジ• ムカデ• カエル• ザリガニ• 生ゴミ など、ちょっとビックリするようなものまで食べるようです。 市街地に生息するハクビシンの餌は主に生ゴミです。 「生ゴミを荒らすのは猫かカラスだと思っていたら、犯人はハクビシンだった」 ということもよく聞きます。 栄養価が高い餌があちこちにあるのですから、 ハクビシンにとっては快適な環境です。 このような食べ物に困らない環境が、ハクビシンを市街地に引き寄せる大きな原因となっています。 ハクビシンのフンはどんなフン? ハクビシンは果実が大好物。 そのため、フンには果物などの 種子が多く混ざっていることが多いです。 ミカンの内袋は器用に吐き出すそうですが、タネはそのまま飲み込んでしまうようです。 大きさは小型犬と同じくらいの5cm〜10cmほどで、大人んお人間の親指くらいのことが多く、丸くて長い形をしています。 『 種がたくさん混じった小型犬のようなフン』であれば、ハクビシンのフンの可能性が高いということですね。 また、タヌキなどと同じく 「溜めフン」という、糞尿を同じ場所にする性質があります。 要するに トイレですね…。 この習性がとても厄介なんです。 「天井にシミができて、なんかすごく臭い匂いがしてきたんです…」 というお問い合わせをよくいただきます。 実際に現場を見てみると、 案の定ハクビシンが屋根裏をトイレにしていた、ということ多いです。 ひどくなると天井が腐り、 大量の糞尿と一緒に天井も落ちてくる…なんて被害に発展してしまいます。 もし天井に 動物かなにかの気配を感じていたら、お早めにご相談いただければと思います。 日に日に溜まってしまう糞尿を絶ち切るため、一刻も早い対策と清掃が必要です。 もしハクビシンが敷地内に現れたら?対策方法を解説 ここからは、ハクビシンが家やその近くに現れたらどうすればよいか?について解説していきたいと思います。 ハクビシン対策は、• 家の周囲に現れている• すでに屋根裏や床下に侵入されている どちらの状況かによって、 するべきことが変わってきます。 それぞれくわしく解説していきましょう。 先にも紹介しましたが、ハクビシンは• 8cm四方の正方形• 直径9cmの円形• この大きさを参考に、侵入口を探していきましょう。 チェック表を作ったので、ぜひ参考にしてみてください。 侵入されないように対策したら、ハクビシンが寄り付かない環境を作りましょう。 まずは生ゴミなど、餌になるようなものを撤去します。 ハクビシンが現れる場所の近くには必ずと言っていいほどエサ場があります。 本来森林地帯で暮らしているはずのハクビシンが 人の近くに現れるのは、「エサがある」ということが一番の原因です。 しっかり撤去して、家がハクビシンの行動ルートに入らないようにしましょう。 同時に、ハクビシンが隠れられるような 雑草、落ち葉なども撤去しましょう。 ハクビシンは見通しの良い場所を嫌います。 側溝の落ち葉を掃除したり、庭の草刈りを頻繁に行い、ハクビシンの嫌う環境を作りましょう。 屋根裏や床下などに侵入されているときは? これらをハクビシンがいない時に、侵入していると思われる屋根裏や床下で使用します。 ハクビシンを追い払い、家の中にいないのを確認したら先に紹介した パンチングメタルで穴を塞いで完成です。 匂いで追い払う方法を紹介しましたが、どちらも時間が経つと匂いは消えてしまいます。 ハクビシンが現れなくるまで 定期的に設置しましょう。 もしこれでもハクビシンを追い払えない場合、捕獲や駆除が必要になります。 ハクビシンの捕獲方法や駆除方法については、こちらの記事で詳しく書いています。 ぜひ参考にしてみてください。 すでに騒音やフン尿の被害が出ていて、 「一刻も速くなんとかしたい!」 という方は、ぜひにご相談ください。 地域に密着した害獣駆除専門のスタッフが迅速に駆けつけ、丁寧かつスピーディーに駆除いたします。 ご希望があれば、 再び侵入されるのを防ぐための対策も行いますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います! まとめ.

次の

ハクビシンは猫を食べますか?

ハクビシン 猫

ハクビシン Paguma larvata LEAST CONCERN Ver. 1 2001 : : : : : : : : : ハクビシン属 Paguma Gray, 1831 : ハクビシン P. larvata Paguma larvata C. Smith, Gulo larvatus C. Smith, 1827 ハクビシン 英名 ハクビシン( 白鼻芯、 Paguma larvata)は、ハクビシン属に分類される食肉類。 本種のみでハクビシン属を構成する。 その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴である。 日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、であることは分かっているが移入時期については意見が分かれている(後述)。 分布 [ ] 中国大陸南部を中心に、やなどの東南アジア、、などの南アジア、そして、に生息している。 日本ではの東半分とに生息し、でも局所的に記録がある。 形態 [ ] 51 - 76センチメートル。 頭胴長約61 - 66cm。 尾長40 - 60センチメートル。 尾長約40cm。 体重3. 6 - 6キログラム。 体重2 - 3kg程度。 のような体つきで鼻すじが長い。 オスとメスで体長の差はない。 柔らかく長い体毛で被われる。 体色は明褐色や暗褐色で個体変異が大きい。 耳介や頸部・四肢は濃色や黒。 体は暗い灰褐色で頭、手足、尾が黒い。 尾は全体もしくは先端が黒い。 一方でボルネオ島など南方系の個体では尾の先端が白い個体もいる。 額から鼻鏡にかけて白い筋模様が入る個体が多いが 、不明瞭な個体もいる。 和名(漢字表記では白鼻心)はこの筋模様に由来し、種小名 larvataや英名Maskedは「仮面をつけた」の意で顔の斑紋に由来する。 頬も白い。 足指の数は前後共に5本である。 これによって、足指の数が4本のなどと足跡を見分けることが出来る。 オス、メス共にのそばにの卵よりひと回り大きな「会陰腺」を持っている。 分類 [ ] 属名 Pagumaは記載者による造語で、をもじったと考えられている。 亜種は顔の斑紋などによって区別され、顔全体がほぼ白いものもいる。 以下の分類はMSW3 Wozencraft,2005 に従う。 Paguma larvata larvata C. Smith, 1827 Paguma larvata chichingensis Wang, 1981 Paguma larvata grayi Bennett, 1835 Paguma larvata hainana Thomas, 1909 Paguma larvata intrudens Wroughton, 1910 Paguma larvata janetta Thomas, 1928 Paguma larvata jourdanii Gray, 1837 Paguma larvata lanigera Hodgson, 1836 Paguma larvata leucomystax Gray, 1834 Paguma larvata neglecta Pocock, 1934 Paguma larvata nigriceps Pocock, 1939 Paguma larvata ogilbyi Fraser, 1846 Paguma larvata robsta Miller, 1906 Paguma larvata taivana Swinhoe, 1862 Paguma larvata tytlerii Tytler, 1864 Paguma larvata wroughtoni Schwarz, 1913 生態 [ ] 主に低地に生息するが、スマトラ島では標高2,400メートル以上・ネパールでは標高2,500メートル以上・インド北東部では標高2,700メートル以上でも報告例がある。 多くは200 - 1000mの低山の山林に生息する。 木登りが得意である。 樹洞、タヌキなどの動物が使い古した巣穴などを棲みかにする。 民家の床下・屋根裏などに棲み着くこともある。 で 、昼間は住処に潜んでいる。 電線を使って移動することもある。 外敵に襲われると肛門腺から臭いのある液を分泌して、威嚇する。 食性は雑食で、イチジク類・カキ・ナシ・バナナ・マンゴー・ミカンなどの果実、小動物、昆虫などを食べる。 食中心の雑食性で、、種子、小動物、、鳥のなどを食べる。 中でも果実を好む。 熟した果実や野菜などを見つけると毎夜同じ路を辿って侵入するので、が形成される。 年に1回出産し 、出産する季節に決まりはないが 、夏から秋にかけて多く産む傾向がある。 期間は2ヶ月で 、2-3頭を出産する。 子供を産む年齢は生後10ヶ月以降。 飼育個体の最高年齢は24歳。 母子を中心とした家族で生活しており、10 - 20頭程度の群れを作ることもある。 この群れは複数の家族による共同体と考えられる。 人間との関係 [ ] 中国語名は 果子狸、花面狸、マレー語名はMusang lamri(lamriはサンスクリット語のキツネに由来する)などがある。 中国南部では、、、、などのとして料理などに用いられている。 独特のがあるため、、などを用い、濃厚な味にするのが普通。 でもと煮た「 梨片果子狸」という料理が出された記録が残っている。 日本のによれば、肉はとても美味であるといわれている。 食用の他に、毛をの材料として利用する場合がある。 日本では・・・などの畑作物・果樹などをするとみなされることもある。 住居に侵入し、家具を噛まれる等の被害もある。 に入り込み、ビワ、、、、などを食べ荒らすことで、深刻な農業被害を与えることがある。 、のに侵入することもある。 の高い果樹・野菜を好み、ネットの隙間等、頭部が潜れる大きさの隙間ならば侵入できるので、小さな穴も補修する必要がある。 一方で熟した果実や野菜を見つけると、同じ路を辿って毎夜訪れるので、畑の隅などの草むらに状の隙間ができる。 このほか、の屋根裏に棲み着き、足音によるやによるで、生活被害をもたらす事もある。 また、車にも増加している。 農地開発などによる生息地の破壊、食用のなどにより、生息数は減少している。 では野生動物保護法の保護対象となっている。 ではよく見られるが、であるという確実な生息記録がない。 そのためになってから人為的に移入されたとする説もある。 (SARS)が騒動となった時、ハクビシンがの自然宿主ではないかと疑われた。 そのため、SARS伝染のになりうるとして、中国で流通が禁止された。 の報告によれば、SARSとハクビシンの持つウイルスのの一部に違いが見られたこともあり、SARSはハクビシンの持つウイルスが突然変異を起こしたものではないかとの見解も生まれた。 その後の調査により、SARSのはハクビシンではなく、というコウモリの一種であることが判明した。 日本におけるハクビシン [ ] 日本では本州から九州にかけて断続的に分布しており、日本での初めての確実な記録はの静岡県浜名郡での狩猟記録で、1952年以降は国の狩猟統計にも登場している。 では1965 - 1966年に急増したとされ 、1972年時点での分布に関するアンケート調査がある。 では1958年のでの記録が初めてとなる。 では1980年にで初めて報告され、現在でもの線路沿い等で、夜間に目撃されることがある。 のでは1985年に捕獲記録があり、2002年になって再び生息が確認されている。 では1976年に県のに指定されたことがある(1995年に解除)。 これら日本のハクビシンがなのかなのかは確定していない。 に記録された「」とされる動物の特徴がハクビシンに似ているため、江戸時代には既に少数が日本に生息していたとする説や 、明治時代に毛皮用としてなどから持ち込まれた一部が野生化したとの説が有力である。 根拠としては、国内においてジャコウネコ科の記録が存在しないこと 、やに連続的に分布していないこと が挙げられる。 ただし、導入個体群の原産地や詳細な導入時期に関しては不明である。 日本産と東南アジア産の個体のシトクロムbの分子系統解析では、日本産の個体はそのいずれもが東南アジア集団のものとは一致しないが、2つが台湾集団に見いだされる6つの遺伝子型のうちの2つと同一であること、西日本で優占する遺伝子型が台湾東部に、東日本で優占する遺伝子型が台湾西部に由来することが示されている。 は、「移入時期がはっきりとしない」として、明治以降に移入した動植物を対象とするに基づく特定外来生物に指定していない。 このため、と異なりハクビシンは駆除対象とはならないが、により、に指定されている。 住宅被害などのために、では2009年(平成21年)度に市民からの相談を受け46頭を捕獲するなどの例はあるものの、捕獲には民家に巣を作ったり果樹園を荒らすなどの実害を理由とした、鳥獣保護法に基づく知事などの許可(「有害鳥獣」認定)が必要で、「住宅街をうろついている」など民間人の予防的捕獲は許されていない。 画像 [ ]• , Timmins, R. , Chutipong, W. , Choudhury, A. , Mathai, J. , Willcox, D. , Ghimirey, Y. , Chan, B. 2016. Paguma larvata. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T41692A45217601. Downloaded on 20 May 2017. Christopher Wozencraft, "," Mammal Species of the World, 3rd ed. , Don E. Reeder ed. , Volume 1, Johns Hopkins University Press, 2005, Page 540. Ohdachi, Y. Ishibashi, M. Iwasa, and T. Saitoh 2009-07. The Wild Mammals of Japan. SHOUKADOH. 出典 電線 :• 日本語. タスクル 暮らしのお悩み解決サイト. 2018年10月3日閲覧。 『外来生物の生態学 進化する脅威とその対策』、2010年3月31日。 国立感染症研究所 2020年1月10日. 2020年2月2日閲覧。 、、哺乳動物学雑誌,1973年 5巻 6号 p. 199-205, :• 「」 、2008年2月15日、 いきもの通信• は、ハクビシンが江戸時代には日本にいたことを示す例として、民話『』に登場する「綱渡り芸をするタヌキ」が、ハクビシンではないかと指摘している(タヌキには綱渡りは不可能なため)。 2010年4月30日 夕刊3版17面 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 農林水産省.

次の