サザエさん いささか先生。 サザエさんは昔、日曜日と火曜日に放送してましたが、お隣さんって...

伊佐坂先生 (いささかせんせい)とは【ピクシブ百科事典】

サザエさん いささか先生

漫画・アニメ・キャラクターに関する裏話。 漫画・アニメ・キャラクターのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。 「」ではサザエさんの住む磯野家は 世田谷区にあるとお伝えしました。 世田谷区に5DKもの大きな家を建てるとは、磯野家もなかなかのものですね。 さて、磯野家のお隣さんといえば、 伊佐坂(いささか)先生の家。 よくフネと軽(伊佐坂先生の奥さん)が庭越しに楽しそうに会話をしています。 実は、フネと軽は世田谷に引っ越すよりもずっと昔からの知り合いなのです。 一体、フネと軽はどのような関係なのでしょうか。 引用: フネと軽は学生時代からの親友。 お互いに「おフネちゃん」「おカルさん」と呼び合う仲でした。 ところが、卒業して引っ越してからはずっと会うこともありませんでした。 しかし、ある日磯野家の隣に引っ越してきた伊佐坂家。 偶然、軽はフネの隣に引っ越してきたのです。 挨拶の際、フネは軽と久々の再会を果たし驚きました。 なんと、30年ぶりの再会。 フネと軽にこんなバックストーリーがあったとは、おもしろい設定ですね。

次の

伊佐坂先生 (いささかせんせい)とは【ピクシブ百科事典】

サザエさん いささか先生

アニメ「サザエさん」で今年9月まで伊佐坂先生役の声優を務めた俳優の岩田安生さんが、10月24日、肺がんのため67歳で亡くなった。 岩田さんは劇団「東京演劇アンサンブル」に所属し、多くの舞台に出演。 また、アニメの声優や洋画の吹き替えでも活躍した。 アニメ「サザエさん」の三代目伊佐坂先生役と言われれば、その声が思い浮かぶ人も多いのではないだろうか。 伊佐坂先生は、「磯野家の隣に住む60歳くらいの小説家」(アニメ公式ホームページより)という設定の「サザエさん」の登場人物の一人。 フルネームは伊佐坂難物で、小説家であるために「先生」と呼ばれている。 サザエらのいとこ・波野ノリスケは、伊佐坂先生の原稿を受け取りに来る編集者で、筆の遅い彼をいつも追い回している。 なお、岩田さんの伊佐坂先生役は三代目。 2002年4月から2009年9月までの約7年間、声優を務めていた。 10月からは声優の中村浩太郎にキャストが変更されており、ネットでは「伊佐坂先生の声かわった?」「声優名が変わってる」など、ひそかに話題になっていた。

次の

サザエさん☆

サザエさん いささか先生

えーと、僕が覚えている範囲で。 その前にいた浜さん(確か画家)の前も多分同じ名前のいささかさんだったと思う。 でも今のいささかさんとは全然違う人で(顔も全然違う)その人も作家(ベレー帽被っていた記憶があるから漫画家かもしれない。 その可能性が高い。 あ、漫画かいていた記憶が)だったと思う。 浜さんは外国だったかな?娘の名前はミツコだったかな?この辺は記憶が曖昧で引っ越ししたあとも浜さんと一回会ったと思う。 それからしばらく間が開いて隣に誰かが引っ越ししてくる。 そこの奥さんにフネは何故か懐かしい面影を感じそれは女学生時代の親友だったことも判明。 距離が縮まる。 あ、その前に今度隣に越してくる人は気難しい作家で磯野家はブルーになっていたけど実際はいい人だったと。 あとノリスケもイササカさんの担当だと知りもっと仲良くなる。 サブちゃんの前にいたのは三平(あの三瓶じゃないですよ)で家の農家を引き継ぐために山形?に帰りました。 後日サザエさん一家は三平の田舎に招待されました。 三平の声は明日のジョ-で青山くんの声をやっていた人だと思います(名前は知らない。 昔のアニメでよく声を聞くひと)。 ちなみに三平は自転車の配達。 サブちゃんがスクーター乗って登場した時は違和感ありかなり衝撃がありました。 あと実はノリスケ一家も転勤でいなくなった時期があるんですよ。 しかし何ヶ月かでまた戻ってきたんです(この時もサザエ一家はノリスケの転勤先に遊びに行ってます。 このパターンが多い)。 サザエさんはワンパターンと思われがちですが実は少しずつリニューアルしているんですよ。 最近見たら顔のアップが多いし、なんと!カツオやサザエの眼に星があるように輝いているんですよ(これには大笑いした)!イクラちゃんも簡単な言葉がしゃべれるようになった回もあるし、タラちゃんが赤ちゃんの時期もありました。 あと1999年の年末だったかな?本当のサザエ一家の年齢とかでアニメをやっていて波平はおじいさん、タラちゃんはりっぱなサラリーマン、カツオはなんと頭のはげた中年?になっていました。 しかしそのあと全員元の姿に戻り、私たちの本当の歳はこうだけど、でも私達は漫画だから歳をとらないのよ、だから21世紀もよろしく!とやっていました。 多分サザエさんに対する世間の批判(なんでみんな歳をとらないんだとか)を暗に逆批判したのでしょう。 サザエさんってすごい番組だなーと思いました。 8です。 本題からはそれますが、ついでなので。 5さんが紹介されているページにサザエさんの声優さんがまとめられてますが、いくつか間違い・抜けがあります。 まず、波野ノリスケ(村越伊知郎、松本保典)となってますが、村越さんと松本さんの間に、荒川太郎さんという方が入ります。 次に、伊佐坂難物(峰恵研)となってますが、現在は岩田安生さん に変わってます。 ちなみに、前のイササカさん、浜さんの声も峰恵研さんでした。 カオリちゃんとリカちゃんが、富永みーなさんになってますが、これは桂玲子さん(イクラちゃんと同じ方)の誤りです。 ちなみに、富永みーなさんは早川さんの声をやってたことがあります。 早川さんの声は、代々ウキエさん(ミツコさん)と同じ方が担当されてるようです。 ちなみに、富永みーなさんがカツオの声をするようになってから、(負担を減らすため)現在の川崎恵理子さんに交代されたようです。 ほとんど出尽くしてますが、ちょっと補強を。 エピソードとしては、 4さんの回答であってます。 (私の記憶とピタリ一致してますから。 ) ただ、浜さんの前にいたイササカさんの職業ですが、今の伊佐坂さんと同様、作家です。 (漫画家ではありません。 (一応、カタカナと漢字で区別しておきます。 ) キャラこそ違いますが、前のイササカさんと今の伊佐坂さんは設定的にはほとんど同じです。 浜さんの期間が結構長かったので、全くの別人扱いにしたんでしょうね。 それから火曜日にやっていたサザエさんは 5の方のおっしゃる通り日曜版の再放送です。 主題歌がオープニング・エンディングとも違っていたのと、同時期の日曜に放送されていたのとくらべ、かなり前のものだったため、別物であるイメージがあるんですよね。 浜さんが引越したのと、 4の方が書かれているノリスケ一家が一時引っ越したのは同じ時期です。 三平さんが引っ越したのは、これらより少し前だったと思います。 ちなみに、三平さんの故郷は山形ですが、サブローさんの故郷は青森です。

次の