モバイル pasmo iphone。 【モバイルPASMO難民】私鉄iPhoneユーザーは定期を捨ててモバイルSuicaで通勤しよう

「モバイルPASMO」発表にみる交通系ICのスマホ対応。今後の展望は(鈴木淳也)

モバイル pasmo iphone

スマホを読取り機にかざして改札を通過する姿はスマートですよね。 しかしそれが現時点でできるのは、JRだけで、PASMOは物理カードを発行する必要があるため、スマホだけでは改札は通れません。 そこで モバイルPASMOの登場と言うことでしょう! 2020年春から「モバイルPASMO」をダウンロードすれば改札が通れるようになるという事ですね。 2020年春、モバイルPASMOがスタート! 交通系IC「PASMO」を運営するPASMO評議会は、androidスマートフォンでPASMOのサービスが使える「モバイルPASMO」を、2020年春に開始すると発表しました。 PASMOは関東地方の私鉄などを中心に利用されている交通系ICで、SuicaはJR東日本の交通系ICです。 モバイルPASMOのメリットは? まずはモバイルPASMOのメリットについてご紹介していきましょう。 いつでもどこでもクレジットカードからチャージできる! モバイルPASMOのメリットの一つが 場所を選ばずにクレジットカードでチャージができる点です。 現在はクレジットカードからPASMOにチャージする方法として• オートチャージ(指定したPASMO残高になると改札機にタッチするだけでチャージできる)• クイックチャージ(自動券売機などに対象クレジットカードと対象のPASMOを挿入して指定金額をチャージ) の二種類でしたが、いずれも改札か自動券売機に足を運ばないとクレジットチャージができません。 しかし、モバイルPASMOなら、 スマホを操作していつでもどこからでもクレジットカートからPASMOにチャージができます。 いつでもどこでもPASMO定期券の購入ができる! 毎年3月末~4月上旬は定期券の新規・継続利用者が多く、窓口や自動券売機が混雑します。 モバイルPASMO定期券が実現すれば、窓口や児童兼販売機の混雑を横目にPASMO定期券の購入ができますので、便利この上ないです。 ポイントプログラムが拡充されるかも? JR東日本のポイント「JRE POINT」では、鉄道乗車でポイントがたまる実施をしていて、 モバイルSuica利用者はカードタイプのSuica利用者より還元率が高く設定されています。 首都圏の私鉄の中にも、鉄道乗車でポイントがたまるところがあります。 JR東日本にならい、 モバイルPASMO利用者はポイント還元率がアップするかもしれません。 まだ未定の部分ですけど、期待しましょう。 モバイルPASMOのデメリットは? モバイルPASMO定期券を発売する場所は限定されている モバイルPASMO定期券はモバイルPASMOの大きな魅力ですが、 PASMOを採用している全ての交通事業者で発売するわけではありません。 そこは注意が必要ですので、事前にしっかりと確認しましょう。 モバイルPASMOにチャージできるクレカは限定的 モバイルPASMOにチャージできるクレジットカードは、数が多くありません。 現時点ではPASMOを採用している交通事業者系列のクレジットカードのみチャージ可能になっています。 その点、Suicaは楽天ペイと連携して、2020年春をめどに楽天ペイアプリ内でSuicaを発行。 楽天カードからのチャージも可能になるなど、クレカの選択肢が更に広がっています。 Suicaにはやはり遅れを取っているPASMOですが、頑張って貰いたいですね。 スマホ内でモバイルSuicaとの共存は可能か? スマホにすでにモバイルSuicaを利用している人にとっては、モバイルPASMOを導入しても大丈夫なのか?という心配はありますよね。 現時点での情報はありませんが、確かに複数の交通系ICカードは干渉してしまう可能性もあると言えます。 もしかすると、モバイルPASMOを利用する場合は、モバイルSuicaをスマホから削除する可能性がでてくるかもしれません。 情報を待ちましょう。 モバイルPASMOは何故、iPhoneに提供されないの? こちらもモバイルPASMOのデメリットだと思いますけどね。 モバイルPASMOはおサイフケータイ対応のandroid端末のみの対応です。 日本で多くのひとが利用しているiPhoneおよびおサイフケータイ非搭載のAndroid端末では利用できません。 どうしてiPhoneでは利用できないのか? そこにはアップルという相手がいるからと言う答えが見えてきます。 iPhoneも2016年発売の「iPhone7」以降、FeliCaチップを搭載していて、SuicaやiD、QUICPay+がApple Payを通して利用できます。 ハードウエア要件としてはPASMOも十分にiPhoneで利用できると思われます。 ただし、ここで 重要なのが「Apple Pay」を通してという点です。 Apple Payを経由するには、アップルが独自に定めるセキュリティや技術要件をクリアする必要があります。 ここがネックで、 iPhoneにモバイルPASMOを提供出来ないという事でしょう。 アプリを作るといっても開発や更新、サーバーの増強などにかかる金銭及び人的コストは膨大です。 またPASMOは27の鉄道事業者および33のバス事業者が加盟する 「PASMO協議会」からPASMOの運営開発を委託されている会社であり、あくまでPASMOの意思決定は、このPASMO協議会によるものです。 規模や事態の違う会社が揃う協議会で、アプリ開発に智なるコスト負担や手数料の調整に時間が掛かることは想像出来ますよね。 だからこそiPhoneに対応させるのは難しかったのでしょう。 現状ではandroidのみの対応で、iOSについては未定という回答ですが、今後に期待するしかないですね。 それでも前進はしているので、今後のモバイルPASMOの動向に注目していきましょう。

次の

モバイルPASMOより、PASMOカードやモバイルSuicaがおすすめの人とは

モバイル pasmo iphone

モバイルPASMOとは モバイルPASMOは、すでに提供されているモバイルSuicaと同じサービスの提供が可能です。 電車に乗るときのきっぷや定期券、交通系ICカードで決済ができる店舗や自動販売機での買い物など、モバイルSuicaとモバイルPASMOでは大きな違いはないといえるでしょう。 電子マネーへのチャージはクレジットカードや現金からできるし、本人名義のクレジットカードがあればオンラインで定期券を購入することができるので、これまでのような自動券売機を操作する必要もありません。 電子マネーカードとして利用できる無記名式のモバイルPASMOの発行もできるようになっていて、モバイルPASMOでできることはモバイルSuicaとまったく同じとなっています。 これではモバイルPASMOの存在意義ってあるのかと言われてしまうかもしれません。 モバイルSuicaを定期券として利用する場合 しかしモバイルPASMOにはできて、モバイルSuicaにできないことがあります、それは 『定期券』です。 モバイルSuicaを定期券として利用する場合、乗車駅から降車駅のどちらかがJR東日本の駅である必要があり、乗降車駅が私鉄や地下鉄などJR東日本の駅ではない場合、モバイルSuicaを定期券として利用することができませんでした。 スポンサードリンク しかしモバイルPASMOの登場で、私鉄や地下鉄を利用している利用者もスマートフォンを定期券代わりにできるのが、最大のメリットといえるでしょう。 PASMOは鉄道定期券とバス定期券の両方の機能を持つことができたので、おそらくその点については、モバイルPASMOにも継承される機能となるでしょう。 モバイルPASMOで定期券を購入する際の注意 定期券を購入する条件がPASMO協議会から発表されていますが、本人名義のクレジットカードの登録をすることで、通勤・通学の定期券が購入できます。 そうなると自然と18歳未満の方はクレジットカードを発行できないので、モバイルPASMOを定期券として利用することができないことになります。 ここは家族カードでの購入の許可や、両親の購入証明などで緩和されるといいかもしれませんね。 モバイルPASMOはモバイルSuicaと共存可能? ここまでモバイルPASMOのことを調べてきたときに、ふと疑問に思ったのは 「同じような機能を持った別々のサービスを、1台のスマートフォンでコントロールすることができるのか」と言う点です。 例えば両方のアプリをインストールしたスマートフォンを利用して改札や決済をしようとカードリーダにかざした時、モバイルSuicaとモバイルPASMOのどちらが読みこまれるのでしょうか。 スポンサードリンク その答えはPASMO協議会からでていて、1つ目の条件は 「モバイルPASMOが利用できるデバイスである必要で、さらにその中から両方のサービスを利用できるのは限られた1部のモデルになり、その1部のモデルについては、サービス提供を開始する18日に詳細を発表する」との回答があったようです。 実際にスマートフォンにモバイルSuica、スマホケースにPASMOなどをいれて改札や決済で利用すると、同時に両方のカードからデータを読み取ろうとするためエラーとなり、改札を通れなかったり、決済ができなかったりすることがあります。 この場合、防磁カードを使うことでケースに入れたPASMO側を読み込ませることができるようになります。 これはあくまでも片方がアプリで、もう片方がICカードだからできる方法でしたので、それが今回どちらもモバイルアプリとして提供されるため、この問題点をしっかりと解決できる方法を作り込んでもらう必要がありますね。 モバイルPASMOが使える対応機種は? モバイルSuicaと同じようなサービスや機能が提供されるということは、利用できるデバイスもiPhoneとAndroidの両方になるのかと思ってしまうかもしれませんが、PASMO協議会では『Android』のみのリリースであることを発表しています。 そして待望のiPhoneでのリリースについてですが、提供時期についても現時点では未定となっていますが、iPhoneでモバイルPASMOが利用できる日はいったいいつになるのでしょうか。 スポンサードリンク モバイルPASMOが利用できるモデルは、おサイフケータイ機能が搭載されていることが条件となるので、おサイフケータイ非搭載のモデルでは利用することができません 大手携帯電話会社のモデルでおサイフケータイ機能が利用できるデバイスでも、PASMO協議会が発表している利用できるモデルが一致しないケースも考えられるため、PASMOの公式サイトでチェックするようにしましょう。 モバイルPASMOがiPhone非対応の理由 モバイルPASMOが利用できるおサイフケータイ機能は、FeliCaチップに対応しているため機能の搭載は容易だったかもしれません。 ですがiPhoneについてもiPhone7から日本で発売されるモデルについては、FeliCaチップを搭載することでモバイルSuicaへの対応が可能となりました。 だったら余計にモバイルPASMOもiPhoneで利用できるのではないかと思うでしょう。 しかしApple Payの条件を満たす必要があるのです。 Apple Payは支払い時に認証を求める方式を採用しています。 モバイルSuicaはエキスプレスカードに設定をしておくことで、改札を通る際の認証を省くことができます。 このように支払い時に認証を行い、セキュアな状況で利用できるのが一つの条件といえるでしょう。 モバイルPASMOよiPhoneに対応してくれ…! しかしFeliCaを利用したおサイフケータイ機能は、FeliCaでの支払い時に認証を行うような機能はありません。 このあたりの仕組みや仕様がApple Payとおサイフケータイで違うため、簡単にこの条件をクリアすることが出来ないものと考えれます。 Apple Payの方がセキュアな分だけ、機能を提供する側にもそれなりの技術力や設定などが求められてしまうようですね。 この部分を解消することができれば、iPhoneでもモバイルPASMOが利用できるようになるでしょう。 ただようやく提供されるモバイルPASMO、定期券として利用したいと思っていたユーザも多いことでしょう。 モバイルSuicaで出来ているので、ここは情報を共有しApple Payに対応したモバイルPASMOを早急に開発、iPhoneでもサービス提供を始めてもらいたいですね。

次の

モバイルPASMOが使える時期(Android・iPhone)や定期券利用について

モバイル pasmo iphone

スマホを読取り機にかざして改札を通過する姿はスマートですよね。 しかしそれが現時点でできるのは、JRだけで、PASMOは物理カードを発行する必要があるため、スマホだけでは改札は通れません。 そこで モバイルPASMOの登場と言うことでしょう! 2020年春から「モバイルPASMO」をダウンロードすれば改札が通れるようになるという事ですね。 2020年春、モバイルPASMOがスタート! 交通系IC「PASMO」を運営するPASMO評議会は、androidスマートフォンでPASMOのサービスが使える「モバイルPASMO」を、2020年春に開始すると発表しました。 PASMOは関東地方の私鉄などを中心に利用されている交通系ICで、SuicaはJR東日本の交通系ICです。 モバイルPASMOのメリットは? まずはモバイルPASMOのメリットについてご紹介していきましょう。 いつでもどこでもクレジットカードからチャージできる! モバイルPASMOのメリットの一つが 場所を選ばずにクレジットカードでチャージができる点です。 現在はクレジットカードからPASMOにチャージする方法として• オートチャージ(指定したPASMO残高になると改札機にタッチするだけでチャージできる)• クイックチャージ(自動券売機などに対象クレジットカードと対象のPASMOを挿入して指定金額をチャージ) の二種類でしたが、いずれも改札か自動券売機に足を運ばないとクレジットチャージができません。 しかし、モバイルPASMOなら、 スマホを操作していつでもどこからでもクレジットカートからPASMOにチャージができます。 いつでもどこでもPASMO定期券の購入ができる! 毎年3月末~4月上旬は定期券の新規・継続利用者が多く、窓口や自動券売機が混雑します。 モバイルPASMO定期券が実現すれば、窓口や児童兼販売機の混雑を横目にPASMO定期券の購入ができますので、便利この上ないです。 ポイントプログラムが拡充されるかも? JR東日本のポイント「JRE POINT」では、鉄道乗車でポイントがたまる実施をしていて、 モバイルSuica利用者はカードタイプのSuica利用者より還元率が高く設定されています。 首都圏の私鉄の中にも、鉄道乗車でポイントがたまるところがあります。 JR東日本にならい、 モバイルPASMO利用者はポイント還元率がアップするかもしれません。 まだ未定の部分ですけど、期待しましょう。 モバイルPASMOのデメリットは? モバイルPASMO定期券を発売する場所は限定されている モバイルPASMO定期券はモバイルPASMOの大きな魅力ですが、 PASMOを採用している全ての交通事業者で発売するわけではありません。 そこは注意が必要ですので、事前にしっかりと確認しましょう。 モバイルPASMOにチャージできるクレカは限定的 モバイルPASMOにチャージできるクレジットカードは、数が多くありません。 現時点ではPASMOを採用している交通事業者系列のクレジットカードのみチャージ可能になっています。 その点、Suicaは楽天ペイと連携して、2020年春をめどに楽天ペイアプリ内でSuicaを発行。 楽天カードからのチャージも可能になるなど、クレカの選択肢が更に広がっています。 Suicaにはやはり遅れを取っているPASMOですが、頑張って貰いたいですね。 スマホ内でモバイルSuicaとの共存は可能か? スマホにすでにモバイルSuicaを利用している人にとっては、モバイルPASMOを導入しても大丈夫なのか?という心配はありますよね。 現時点での情報はありませんが、確かに複数の交通系ICカードは干渉してしまう可能性もあると言えます。 もしかすると、モバイルPASMOを利用する場合は、モバイルSuicaをスマホから削除する可能性がでてくるかもしれません。 情報を待ちましょう。 モバイルPASMOは何故、iPhoneに提供されないの? こちらもモバイルPASMOのデメリットだと思いますけどね。 モバイルPASMOはおサイフケータイ対応のandroid端末のみの対応です。 日本で多くのひとが利用しているiPhoneおよびおサイフケータイ非搭載のAndroid端末では利用できません。 どうしてiPhoneでは利用できないのか? そこにはアップルという相手がいるからと言う答えが見えてきます。 iPhoneも2016年発売の「iPhone7」以降、FeliCaチップを搭載していて、SuicaやiD、QUICPay+がApple Payを通して利用できます。 ハードウエア要件としてはPASMOも十分にiPhoneで利用できると思われます。 ただし、ここで 重要なのが「Apple Pay」を通してという点です。 Apple Payを経由するには、アップルが独自に定めるセキュリティや技術要件をクリアする必要があります。 ここがネックで、 iPhoneにモバイルPASMOを提供出来ないという事でしょう。 アプリを作るといっても開発や更新、サーバーの増強などにかかる金銭及び人的コストは膨大です。 またPASMOは27の鉄道事業者および33のバス事業者が加盟する 「PASMO協議会」からPASMOの運営開発を委託されている会社であり、あくまでPASMOの意思決定は、このPASMO協議会によるものです。 規模や事態の違う会社が揃う協議会で、アプリ開発に智なるコスト負担や手数料の調整に時間が掛かることは想像出来ますよね。 だからこそiPhoneに対応させるのは難しかったのでしょう。 現状ではandroidのみの対応で、iOSについては未定という回答ですが、今後に期待するしかないですね。 それでも前進はしているので、今後のモバイルPASMOの動向に注目していきましょう。

次の