主人公 最強 小説。 小説を読もう!

主人公最強アニメおすすめランキングTOP45【2020最新版】

主人公 最強 小説

転生系 チート級主人公最強小説といえば、まずは 転生系です。 数ある転生系の中からおすすめを紹介します。 陰の実力者になりたくて! 他のチート級主人公最強小説とは差別化が出来ている小説です。 割と初期に最強になります。 主人公は能力的にもチートで王道なのですが、キャラがとにかく変わってるんですよね。 知識チートも使います。 主人公はタイトルの通り「陰の実力者」として過ごしたいので、表立ってチートは見せません。 一部の人間だけが本当の実力を知っているという流れです。 この小説の面白いところは 高度なシュールさにあります。 主人公が中二病的なセリフ(妄想)を言うと、実力を知っている仲間がいい具合に勘違いしてくれるんです。 少し他とは違ったチート級主人公最強小説を読みたいといった方におすすめですよ。 無職転生 - 異世界行ったら本気だす — 34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートが転生する物語です。 中身がおっさんなので、 思考がスケベだったりするんですよ。 子供の頃から修行をすることによって、莫大な魔力量を持つことになります。 莫大な魔力量と知識チートを使い、指導者にも恵まれながら成長していく物語です。 蜘蛛ですが、なにか? チート級主人公最強小説では珍しい女主人公の小説です。 とはいっても、 転生先は蜘蛛ですが…。 ムッチャデカい蜘蛛の子供として産まれるところから始まり、弱肉強食の世界で種族進化を繰り返し、最強になっていく物語です。 最初から最強というわけではなく、基本的に格上と戦うことも多いのも面白いポイントです。 しかし、 主人公が弱くてイライラするような展開はありません。 レベルアップや種族的に進化することによって強くなるのが、読んでいて気持ちがいいです。 謎をクライマックスまで残している点も高評価ですね。 魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~ 転生系に入れてよいか迷いましたが、知識チートも使うので入れました。 新生魔王として転生しますが、転生前の記憶は、ほぼありません。 でも、何故か知識だけは知っているといった設定です。 魔王はダンジョンの設備と交換できる「ダンジョンポイント」を集める必要があり、ダンジョンポイントは人間の生命力によって溜まっていきます。 人間の感情の高ぶりが大きいほど、ダンジョンポイントは集まりやすいため、他の魔王は人間をダンジョンに配置した魔物に殺させることによって、ダンジョンポイントを稼いでいます。 しかし、主人公は ダンジョンを街として運営することによってダンジョンポイントを稼ぐことにしました。 各魔王は特性があり、その特性によって生み出される魔物や能力が違います。 街が大きくなったり、仲間とともに新米魔王として成長していくのが面白いです。 村人ですが何か? 転生したはいいものの、適正職業「村人」として産まれてしまった可哀そうな主人公です。 幼馴染の女の子の適正職業は「勇者」で、その差は歴然。 そして、あることで死んでしまう主人公ですが、なんと転生特典として スキル「死に戻り」を選んでいました。 その後、死に戻りをした主人公は、幼少期から最強までのプランを最短で進んでいきます。 異世界召喚 チート級主人公最強小説で転生系と同じくらい定番なのが、 異世界召喚系です。 異世界召喚系の中からおすすめを紹介します。 ありふれた職業で世界最強 クラスごと異世界に召喚されるのですが、主人公に与えられた 職業は「錬成師」という戦闘に役立たないものでした。 そんな主人公が迷宮でクラスメイトに裏切られ、奈落に落とされてしまうのですが、そこで死にそうになりながらも必死にあがいて強くなっていきます。 その後は元の世界に帰る方法を見付けるために、他の七大迷宮を攻略していきます。 デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 ) アニメ化もされた人気小説です。 アラサープログラマーの鈴木が気付いたら異世界に飛ばされていたところから始まります。 元の世界でプログラミング中だったゲームの初心者救済システムである大魔法「流星雨」によって、大量の魔物を撃破することになり、大幅なレベルアップと大量のスキル・称号・アイテム・資金が手に入るんです。 そこからは 能力チートと知識チートを使いながら、様々な問題に立ち向かっていきます。 >> 金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~ タイトルの通り勇者4人に巻き込まれて召喚されるのが主人公です。 与えられた魔法は「文字魔法(一文字開放)」。 そうです。 お察しの通り、 成長すると使える文字が増えます。 「硬」という魔法を使えば、文字通り使われると、その物質は「硬」くなるという能力です。 そんなチート魔法を駆使して、最強に成り上がっていきます。 進化の実~知らないうちに勝ち組人生~ 主人公は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった容姿の持ち主で、学園内にいる全ての人物が召喚される物語です。 クラスでグループを作って召喚を待っていたのですが、主人公はクラスメイトから拒絶され、一人違う場所に召喚されてしまいます。 そこで死にかけながらたまたま見つけて食べた 「進化の実」。 これによって、主人公はチートな存在になっていきます。 田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~ 異世界転生なのですが、三十代中頃の中年親父として転生します。 イケメンチートとして転生することを希望したのですが、神に「それは無理」とバッサリいかれてしまいます。 そして、ブサメンが選んだチート能力は「どんなケガでも病気でも治せる回復魔法」という変わったものでした。 ステータスはレベル1でMP:87500000にINT:5402000という尖ったものになりました。 魔力回復や魔力効率もレベルMAXで す。 レベルアップで覚えた火炎魔法も、INTが高く威力が異常に強いため、レベルの高い魔物でも倒せてしまい、レベルが急上昇していきます。 いちいちスケベな主人公の心の声も面白いです。 現代社会系 数としては少ない 現代社会チート小説です。 少ない理由としては、現代社会で異世界系チート級に強くなったところで、戦う相手がいないことが多いからです。 とはいえ、少ないながらにも面白い小説はありますので、おすすめを紹介しますね。 異世界帰りの勇者が現代最強! 異世界に召喚された主人公が世界を救った後に、現代に戻ってくることから物語は始まります。 実は現代社会は思ったよりも、チート級な人が多く戦いに巻き込まれていくのですが、主人公が召喚された異世界とはレベルが雲泥の差でした。 圧倒的な強さで敵を粉砕する主人公が爽快で、ヒロインのキャラが濃いのも面白いポイントです。 異世界チートとは違った面白さを味わってみてください。 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 超能力チートなのですが、他とは違った設定が面白いです。 高校生の時に、急に超能力に目覚めることになる主人公です。 最初はたいしたこともできないのですが、いつか巨悪と戦うために、地道に超能力を鍛えます。 しかし、結局大学を卒業し、社会人生活を2年過ごすも巨悪は現れませんでした。 我慢の限界を迎えた主人公は、 自分で秘密結社を作ることにします。 そこからは、壮大な自作自演で世界の闇となり、秘密結社として世界の闇を倒すといったことをしていくんです。 他にはない設定に引き込まれます。

次の

なろう主人公最強小説おすすめ作品厳選紹介!!「厳選10選」

主人公 最強 小説

魔王ガルヴァイアと勇者エリザベス率いる人類の戦争は、千年の戦の果てに双方を封印して終結した。 それから三千年後、スキルも魔力も持たない少年・ガルは、優秀な幼馴染レイスに迫害される日々を送っていたが、彼女がスキルを学ぶ学校に入学したことで、自 由な日々を取り戻していた。 闇雲に頑張ってます! とにかく、強さを求めて、頑張ってます。 かなり、チートに成って来てます。 基本的には、戦うことは、好きだけど、争いごとは、嫌いみたいです。 結構、理屈、ぽいです、が、無頓着、ぽいです。 婚約者の王太子はそれでも守ると言ってくれているが、ヒロインと結ばれ、自分に婚約破棄をつきつけることを知っている。 というか、二人がハッピーエンドになってくれなければ悪役令嬢の自分は処刑されてしまう。 (ただしそれでも国外追放) なら、婚約者の王太子はヒロインに任せて、自分はこのゲームの醍醐味である領地運営をしよう。 そう決めたツェリシナは、父親に領地を借りて領主代行の地位を手に入れる。 人生に悲観した28歳サラリーマンの楡井原蒼真は、即死クラスの自殺をその奇跡的な悪運で何度も切り抜け生還していた。 その常軌を逸した運の強さに目を付けたとある世界の女神は、滅多に非戦闘種族の地球からスカウトしないのだがギャンブル要素として蒼真 をスカウトし、自身が管轄するヒト族の世界へと転生させた。 異世界の仲間との邂逅と絆、敵対勢力との戦闘、ダンジョンや神の隠された秘密……強さを手にした者が辿る運命を幸運と持ち前の努力で切り拓いてゆく、なろう小説系王道ファンタジー。 数々の大好きな作品の更新が止まってしまったりするのが悲しすぎて、自分で完結させれば良いと思い立ち、書き始めました。 必ず完結させますので、楽しんで頂ければ嬉しいです! かなり書き溜めてるので当分の間は毎日投稿致します! 植物になりました。 そしたら、息子(男神)と、娘(女神)が出来ました。 なので世界樹として、創世からの神話の世界を見守ります。 潔癖気味な、神の手を持つ男神と、無口でちょっと厨二病気味な、ぶきっちょ最強女神に愛されながら、楽しく世界を創造し ていきます。 割烹着の似合う魔王や、威勢だけは良い、へなちょこ勇者(いや、人間目線だと、普通にチートだから!)、ハイエルフに、精霊、それから、もふもふの神獣や聖獣達まで。 万物の誕生秘話や、裏話が満載。 なので、チートタグは外しました。 また、主人公は樹なので、何もしません。 本当にタイトル通り褒めるだけです。 孤児院育ちの独身男<斉藤甚九郎>は、ハロワ帰り不運にもトラックにひかれてしまう。 目が覚めると、そこは高級感あふれる広い部屋だった。 転生先の少年<ジンク>は、上級貴族ノンランド公爵家の長男。 将来は公爵家を継ぐ立場の筈だが……彼は無能な 落ちこぼれ故に、濡れ衣を着せられて廃嫡され、国外追放の刑に処される事が確定していた。 いきなりの超ハードモードに頭を抱えながらも、足掻こうとするジンクはふと違和感を抱く。 「あれ? 何でゲームのステータスみたいなものが見えるんだ?」と……。 類まれなる、剣と魔法の才能。 そして、世界で3人しか保有者がいない超レアスキルを、自らが持つ事に気付いた彼の行く末は……。 *夏頃コミカライズ化予定です。 *この作品はKindle個人出版で書籍化しております。 *日間・週間・月間総合ランキング1位獲得。 年間異世界転生/転移・ファンタジーランキング4位獲得。 *この小説は主人公が卓越した素質とチートスキル、アイテムボックスを使い、モンスターを倒してレベリングしながら、冒険者として成り上がり……仲間とほのぼの日常を楽しみつつ敵をざまぁする、中世ファンタジーのお話です。 *ご都合主義や俺TUEEE、無双もありますが、基本的にはストーリー重視で毎日更新しています。 ただ、なろう系テンプレ小説なので、合わない方もいるかも……。 異世界に召喚された時友ジンは、謎の黒猫ベルさんと契約を交わして、チートな英雄魔術師へと上り詰めた。 しかし、その存在を危険視した連合国によっ て暗殺されかける。 辛くも逃れた二人は冒険者として出直し、ほどほどのんびり生活を目指す。 しかしチートな魔術師は早々のんびりできるはずもなく……? のんびりしたい(のんびりできない?)冒険者ライフ。 さまざまな問題も、魔法と道具でねじ伏せる。 国を揺るがす問題だってなんのその! はたして、ジンとベルさんに安らかな日々は来るのか。 タイトル変更しました。 幸せな家庭の男が、ある日車に轢かれそうになった老婆を助けようとして死亡してしまった。 目が覚めると神様が現われ、良い事をしたから良い人生に転生させてくれると言われた。 しかし、残された家族が自分の事で悲しみを残す事が 心残りになり、自分は最初から存在しなかった事にして欲しいとお願いしたが、そんな事をすると自分人身の魂もリセットする事になり、微生物からの転生から始めるので神様も渋っていた。 そんな時に神様の孫娘の女神から「なら、私の世界に転生して魔王を倒す勇者になってもらいたい」とお願いされたので、残された家族には最初からいなかった事を約束してもらい、女神の世界に転生する事になった。 しかし、女神の妹からの思い込みで散々罵倒され、家族まで馬鹿にされてしまいカッとなって、女神の妹を平手打ちしてしまう。 その妹は単なる思い込みだけで、彼は全く悪くないし、事情を知っている神様の家族により過去に無い大量の加護をもらい、女神の世界に転生する事となった。 好きな女の子のために歴史を変えて何が悪いか! 戦国のチート武将「細川藤孝」に転生した男となぜか美少女な「足利義輝」(義藤さま)が織り成す、カジュアルにもコアにも楽しめる戦国転生物語!(題名は『かがやきのほととぎす』と読みます) 昭和に生 まれ平成を生きた男が記憶をなくして転生する。 目を覚ましたら目の前に可愛い女の子がいて、そこは戦国時代のまっただ中であった。 戦国武将の「細川藤孝」に転生した主人公は、愛する義藤さまのため、ラブコメしながら室町幕府の再興を目指していく。 メープルシュガーや清酒に蕎麦、鰻重と現代知識と技術とチートな商売で荒稼ぎ。 銭の力で断末魔を上げる室町幕府で成り上がるぞ。 知識とハッタリを駆使した外交で、愛する義藤さまのために頼もしい仲間をかき集め、立ちふさがる戦国畿内最強の敵「三好長慶」に挑むのだ! (カクヨム、NOVEL DAYS転載) ユニコーンの仔馬に転生していた僕は、死にかけの妖精アルフと出会いフォーレンという名前を貰った。 一緒に森から盗まれた宝石を捜して走り回り、一国を滅ぼしかねない陰謀に関わることになる。 ユニコーン最大の弱点乙女を克服してみたら、傲慢なグリフォン を撃退して、姫騎士団の自信を喪失させて、悪魔に気に入られてと大忙し。 ま、楽しければいいか。 何とかなってるし! これは暗躍する人間たちの思惑を蹴り飛ばし、癖の強い仲間たちと楽しく森で暮らしていく物語…………え、また厄介ごと? 今度は誰が喧嘩したの? どうせまたアルフが何かしたんでしょ、もう! *以下にご注意ください この物語は転生特典なしの人外主人公(種族的に最強)です。 この物語は主人公以外にチートがいます。 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 俺は争いごとが嫌いで、美味しいものを食べるために給料を全てつぎ込むようなどこにでもいる大学生だったはずだ… しかし魔王国独自の謎ルールによって新米魔王として転生されてしまった!何だよそのルール!俺に魔王なんて務まるわけ……えっ、なにこのス キル!?なんでも食べられる?食べた物の一部のステータスとスキルを得られる?食べてるだけで強くなれるとか俺にぴったりのスキルじゃないか!? しかもよく考えたら異世界の食べ物ってめっちゃうまそうな気がする!! これはいろいろあって魔王になった男が個性的な配下と一緒に個性的な食材を探して食べて強くなっていき、のんびりとした生活を目指そうとするお話。 だが周りが騒がしく、なかなかゆっくりさせてもらえず……?.

次の

TS 異世界最強主人公アンチ

主人公 最強 小説

Sランクパーティーに所属し、活躍していた【サモナー】のルビン。 しかし、ある日仲間に言われて【テイマー】にジョブチェンジしたことで、彼の生活は大きく変化することになる。 ……全ては、女神のミスにより【タイマー】と呼ぶ謎の職業につけら れてしまったことによって。 【テイマー】どころか、かつての【サモナー】としての能力を失ったルビンを待っていたのは、かつての仲間に蔑まれる日々。 そして、とうとうルビンはダンジョンの奥地で仲間に見捨てられてしまう。 しかし、その時は誰も知らない。 無能だと思われていたルビンの職業【タイマー】こそ、比類なき希少職だったことを。 希少な魔法使いでありながら、下級魔法しか使えない落ちこぼれ、ビィト。 それでも彼は必死にパーテぃの役に立とうと、あらゆる雑用をこなし、自身を鍛え続ける。 が、付けられた二つ名は「器用貧乏」。 とうとう冒険の失敗の責任を取らされ、挙げ句に 加入していたSパーティーから追放を言い渡される。 さらには冒険者カードさえも失ってしまった。 ……だが、ビィトをパーティーから追放したのは、決定的なミスだった。 叔父さんな、猟師やねん。 叔父さんな、普通の人やねん。 叔父さんな、聖剣とか装備でけへんねん。 叔父さんな、姪っ子より弱いねん。 だって、オジサンだもん。 だって、オジサンだもん… オジサンだもん… だもん… ごめん…姪っ子エリン… 俺は、帰るよ…… ゴメン、エリン。 人類最強のパーティで、明らかに浮いた存在『猟師』、勇者の叔父。 縁故も縁故。 腕っぷしなど何もなく、足手まといのごく潰し。 あるミスから、 仲間にもフルボッコにされ、役立たずと責められた傷心のオッサン。 冷たくあしらわれて、姪を置いて帰るしかなかったのだが… 動物や魔物などすべての生き物と会話できるギフト『万物の翻訳者』を持つシオン。 彼は自分のギフトが冒険者に向いていないと知りながらも、雑用や、索敵などを一人でこなしつつ、必死に努力して幼馴染パーティーに貢献していた。 そんな彼は、ある日突然 「無能はいらない」と言われパーティーを追放されてしまう。 しかし、この時パーティーのメンバーはおろか本人も気づいていなかったのだ、動物はおろか魔物と会話できるというギフトの真の価値を……人の力をはるかに凌駕する魔物と意思疎通できることの優秀さと、交渉によって仲間に加えることができるという可能性を!! 一方その頃。 シオンを追放したパーティーは、彼と彼のギフトの有用性を見誤っていたことで思わぬ苦境に立たされていた。 これはパーティーを追放された少年がギフトを使い、魔族や魔物と共に最強のパーティーをつくって無双する物語。 「ハンニバル、選べ。 『仮面』を渡してギルドを抜けるか、ここで落ちて死ぬか」 Sランクギルド『英雄の一団』から追放、もとい殺されかけた青年、ハンニバル。 一見何のスキルも持たない無能の彼だが、実は仮面を被ると超人的能力を得られるスキル、『仮面 (マスクス)』の持ち主だった! 偶然出会った素人冒険者にしてシーフのセレナ、ウィザードのリンと共に新米ギルドを結成したハンニバルは、自分の居場所になってくれた仲間の為、彼女達の夢であるSランクギルドを共に目指す。 一方、実は彼のスキルを手に入れようと企んでいた『英雄の一団』は刺客を寄越し、ハンニバルや、時には彼の仲間を執拗につけ狙う。 『頼むこのパーティーから出て行ってくれ』 とある日の事、元奴隷のエバー・カーターはリーダーで幼馴染の男とその恋人の手によってパーティーを追放された。 戦闘力0だが幼馴染という理由だけでパーティーに入れてもらっていたエバーは1人になる と世界最弱モンスターのスライムさえも倒せず、途方に暮れていた。 そんな時だった。 エバーは1人の【奴隷女性】と運命的な出会いをする。 奴隷女性はスキル『看破』を保有していた。 対象の秘め事や隠された能力を見る事の出来るレアスキル。 これによって、エバーは自分が実はバフ術師という9999999分の1の確率でしか授かれない職業持ちであることを知る。 そして、バフ術師のユニークパッシブスキル『デモンフォース』、自分とリンクした相手を著しく強化する超レアスキルを保有している事が判明する。 その存在に気付いたエバーは、自分を失った事を幼馴染に後悔させるべく、あらゆるダンジョンの攻略に踏み出す。 そんな中、エバーは追放された日に幼馴染に言われた言葉を思い返し、もう1つの目標も見出していた。 『最弱の奴隷による最強のパーティー、そして……俺だけのハーレムを作り上げる。 それで、あいつに伝えてみせる、ざまぁみろ……と』 ハイファンタジー日間19位 総合日間68位 応援ありがとうございます! 突如、幼馴染の【勇者】から追放処分を言い渡される【支援術士】のグレイス。 確かになんでもできるが、中途半端で物足りないという理不尽な理由だった。 自分はパーティーの要として頑張ってきたから納得できないと食い下がるグレイスに対し、【勇者】 はその代わりに【治癒術士】と【補助術士】を入れたのでもうお前は一切必要ないと宣言する。 もう一人の幼馴染である【魔術士】の少女を頼むと言い残し、グレイスはパーティーから立ち去ることに。 だが、グレイスの【支援術士】としての腕は【勇者】の想像を遥かに超えるものであり、ありとあらゆるものを回復する能力を秘めていた。 グレイスがその卓越した技術を生かし、【なんでも屋】で生計を立てて評判を高めていく一方、勇者パーティーはグレイスが去った影響で歯車が狂い始め、何をやっても上手くいかなくなる。 人脈を広げていったグレイスの周りにはいつしか賞賛する人々で溢れ、落ちぶれていく【勇者】とは対照的に地位や名声をどんどん高めていくのだった。 史上最強の勇者である俺・ユージーン。 魔王を討伐した後、気づけば俺は貴族の息子・ユリウスとして転生していた。 どうやらこの世界の俺は、魔力ゼロの忌み子として、家から見捨てられていたらしい。 優秀な双子の弟と比べられ、わがまま王女な婚約者 を寝取られ、学校や屋敷の人たちからは無能とさげすまれる。 散々な日々を送っていたみたいだ。 しかし別人に転生した俺は、それらを全く気にせず、2度目の人生を気ままに過ごすことを決意する。 このときの俺は知らなかった。 ここが勇者のいた時代から2000年後の未来であること。 平和な世界では、魔法も剣術も、すさまじくレベルが低下していたことに。 勇者としての最高の剣術、魔法、回復術、体術を引き継いだ状態で転生した俺は、衰退した未来の世界で、自覚なく最強の力を振る。 周囲の悪評と常識をことごとく覆し、恋人や家族、そして俺を馬鹿にしていた弟からは嫉妬される。 けれどそんなこと全く気にせず、俺は今日も自由をただ謳歌するのだった。 主人公のアイン15歳の少年は、【鑑定士】とい う、物を鑑定する以外に能のない不遇職。 ある日、ダンジョンで、仲間の失敗によってモンスターの大群に襲われる。 一人置き去りにされたアインは、奈落へと落ちる。 そこでアインは、地下深くに生える特別な木・【世界樹】の精霊と、それを守る賢者に出会う。 彼女らの力を借り、アインの鑑定能力は超進化。 全てを見切る【神眼】を手に入れる。 敵の動きを完璧に見切り、つけば即死の相手の弱点を見破り、相手の使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする。 最強の力を身につけ、アインは地上へ脱出し、第二の人生を送るのだった。 ジレット魔術学園に通う俺・グレイ。 学園では目立たず騒がず、陰キャのポジションにいるが、実は前世は魔王を討伐した大賢者マーリンの生まれ変わりだった。 転生した俺は2度目の人生を平穏の過ごすべく、己の実力を隠して生活していたのだが……。 幼 馴染で完璧超人のクリスタのせいで俺の穏やかな生活はいつも脅かされる。 彼女は外面は完璧だし、天才的な魔力量を持ち合わせるものの、かなりのポンコツダメ人間だ。 俺は自分が目立たないよう、彼女を鍛え、学園ナンバー1の魔術士に育て上げた。 それでも毎度のごとくこの幼馴染はトラブルを運んでくる。 俺は目立たぬよう、彼女が持って来る厄介事を対処していく。 やれやれ、困ったもんだ。 新卒で採用。 しかしそこは、実はブラック企業。 華麗に退職する俺。 第二新卒採用の狭き門へ挑戦。 すぐに挫折。 しかし、そんな俺にも転機が訪れる。 商店会の福引きで手に入れたスキル。 一見、クズスキル。 よく言って、普通。 しかし実際は、バグった神スキルだったのだ。 個人の取得できるスキル数が限定されているなか、複数のスキルを操り、次々にモンスターと戦って行く。 しかし、神スキルを手にした俺は、そのせいでダンジョン最深部に拉致られてしまう。 その最中、モンスターを擬人化召喚して仲間を増やすことに成功する。 そして、いずれ最強冒険者へと成り上がって行く。 これも常日頃お読み頂いている読者様あってのものと、感謝の念でいっぱいです。 講談社様から書籍化されました。 kodansha. 密かに恋心を抱いていた幼馴染の一人にも見捨てられ、寝取られたうえでパーティを追放されたロロは自暴自棄になり奴隷を購入し て活動拠点にしていた街を出る。 役立たずと罵られ続けたロロ。 しかし 荷物持ちに地図作成、罠解除、鍵開け、斥候に武器や防具へのエンチャントと、地味だが重要な仕事をパーティにおいて担っていたロロは非常に優秀な冒険者であった。 やがてロロは新しく訪れた街で冒険者として大成し、彼を追放した幼馴染パーティはロロの預かり知らぬところで窮地に陥っていく。 イラスト無しで見たい方はぜひそちらへ 主人公 宮沢 勇樹は前世では不運な人生で終えてしまう。 そして女神マリアの手違いで転生した異世界では、何故か勇者と同等の神の加護を受けた遊び人として再タートをする。 弱いと思っていたはずの職業なのに 『何故遊び人の俺に、こんな力が? 』 他の職業にはない特別な力を手に入れ主人公は悪党や魔物に無双していく。 そして究極ともいえる特殊スキル『黄金の手』を手に入れる。 『 こ、この黄金に光る手はっ!? 』 魔法も使えない落ちこぼれと言われていた職業は使い方次第で最強になる?! 主人公ユウキはこの特別な力を使い周囲を巻き込み変えていく。 使い魔のキラ様、獣人のシャルルと相棒のタイガ 剣士のニーアという美女達と出会いながら、ユウキは自分のスキルが最大限活かせる女の子だけのパーティー兼サーカス団を作ろうと壮大な計画する。 これは主人公が美少女達を引き連れて世界を救おうとする、落ちこぼれと言われていた遊び人が世界を変えていく特別な物語。 是非皆さん、一度でもいいので読みに遊びに来て下さい! 作品検索する時は『神の手』でヒットします。 お待ちしてます! 《自称》どこにでもいる普通の高校生、「平賀屋 和成」。 ある日彼はクラスごと、人々が救いを求める「とあるスマホゲーム世界」へ召喚される。 しかし和成が得た『天職』は、戦闘能力を有さない職業『哲学者』。 更に魔王と邪神を討伐しなけ れば帰れないそうだが、何故かクラスメイト達はノリノリ。 実は「己の主義のためスマホを持たない」和成を除いて、クラスメイト達は女神から事前説明を受けた上で召喚されていたのだ。 しかもそれが原因か、和成にはレベルアップに通常の100万倍の経験値が必要となるバッドステータスまでついてきた。 非戦闘職でステータスが最低値なので、つまりレベル上げが不可能に近い。 これは、そんな『哲学者』の天職を得た高校生が言葉によって世界を渡り、強さに対する答えを自分なりに獲得する物語だ。 (クラスメイトたちは一部を除き良好な関係を築いています。 よって主人公の追放はありません。 友達とも仲良くやってます) 「ここにお集まりのみなみなさま! 御覧ください、あれがF等級です!! どうですどうですどうですぅ? 無様でしょう、醜いでしょう? 王政時代のゴミクズ一族を、正義の鉄槌で成敗しようじゃありませんか!!」 進行係が、マイクを持って熱弁をふ るっている。 皇国には身分制度があった。 最高はS等級、最低はF等級。 奴隷ですらE等級という身分で、功績があれば上位等級にあがれるというのに、F等級はそれすら叶わない。 未来永劫、子々孫々、最底辺の狭い世界で暮らしていくしかないのか。 「こんな生活、うんざりだ」 「じゃあ、己の手で変えてみせるんだ」 アスベルを、親代わりに育てた魔女はそう言った。 「なぜF等級はずっと等級が変わらないのか知っているか? それはな、F等級という一族に生まれる《天性者》を潰すためなのさ」 この世界の概念すら捻じ曲げてしまうのような、最強の人間。 生まれれながら自由を知らずに、自分の実力を測ることも出来ず、踏みにじられ、蔑まれるF等級たち。 アスベルは不遇な環境を根底から変えるべく、貴族だらけの名門学園の門戸を叩いた。 そして《天性者》として圧倒的な才能を覗かせ始める。 剣皇《アーサー》第一候補相手に互角の戦いをみせたり、美少女の姿をした皇帝魔獣に気に入られてペット?にしたり、F組解体のために理事長と直接交渉したり……。 これは、一人の若き革命家が世界にその名を轟かせる話。 精霊たちに愛され、余多の魔法が使える、いわゆるチート的な存在だ。 ……ただしこの魔女、ただのチート美少女だ と思ったらそうでもない。 実は先代魔女がチートを越えるチートすぎて、その娘である彼女は平均的な力を持っているのに劣化版扱い。 おかげで性格はひねくれ、口癖は「寒い」——いわゆる冷え性で、妖精アリエルが遊びに来ても外に出たがらない。 ……ある日、ひょんなことから魔女は一人の少年を発見する。 ちょっとした失言から四天王最弱の汚名を着せられ、魔王軍を解雇されてしまった『屍蠍のカプソディア』。 魔王軍を離れ、人間の街で第二の人生を歩み始める。 街で静かに暮らしたいのに、天敵であるはずの勇者や聖女から頼られ、かつての部下には戻ってき て欲しいと懇願される。 一方で魔王軍から刺客を送られ、果てはかつての同僚に襲撃されるのだが……! 「死ね……」 ポックリ……。 チーン……。 死属性魔法を極めた四天王最弱には、何も問題がなかったようです。 強すぎて能力不明!? 最弱汚名を着せられた死属性四天王のセカンドライフ。 ヤツは四天王の中でも最弱」という風評被害のせいで追放された死属性四天王のセカンドライフ』 【ダッシュエックス文庫より絶賛発売中です】 【各章のあらすじがあります】 6大職業魔法【戦士】【聖職者】【魔導士】【鍛冶師】【探索者】【学者】。 そのすべてを転生を繰り返すことによって収め、いずれの職業魔法でも世界最強となった大賢者がいた。 しかし、1つの人生で1つの職業魔法では、強さに限界があることを悟り、絶望する。 諦めかけた賢者だったが、唯一魔法が使えないと思われていた劣等職【村人】が実は万能職であることに気づき、転生する。 【村人】に生まれ変わった大賢者は、劣等職と馬鹿にする人間たちを黙らせ、世界最強へと成り上がる。 旧タイトル 『転生賢者の最強無双~劣等職『村人』で世界最強に成り上がる~』 神聖エレフォース王国の第三王女、クローディア。 彼女は白魔法を至上とする国家に生まれながら、白魔法を使えず「出来損ない王女」と蔑まれていた。 それでもめげずに文官として努力し立場を築いてきたクローディアだったが、ある日濡れ衣を着せられて流 刑に処されてしまう。 失意のクローディアは、祖国を捨てて亡命を決意。 輸送船で運ばれている途中、同じく冤罪に巻き込まれた「見習い騎士」の少女チトセと共に脱出を図る。 だが、脱出する際にクローディアが使ったのは祖国では禁忌とされていた「黒魔法」だった!? これは、伝説級黒魔法使いの「出来損ない王女」が、ちょっぴり頼りない「見習い騎士」の少女を連れて無双する、異世界流離譚!! 百合とザマァもあるよ。

次の