ゆうちょ銀行 018。 ゆうちょ銀行の支店、038ってどこだかわかりますか?

ゆうちょ銀行の支店一覧

ゆうちょ銀行 018

振替口座/総合口座による振替 振替サービスを利用して送金やお金を受け取るために必要な振替口座をご紹介します。 2種類の口座からご利用いただけます。 振替口座 お金の受け取り・送金に特化した振替専用の貯金口座です。 自治会やサークルなどの集金や、配当や返還金を送金する際に便利です。 相手方がゆうちょ銀行の口座を持っていなくても、送金や集金ができます。 振替口座に利子はつきませんが、決済性預金として預金保険機構により全額保護されます。 総合口座による振替 総合口座から電信扱いの送金が可能となります。 相手方がゆうちょ銀行の口座を持っていなくても、送金や集金ができます。 お届けいただいた通常貯金のご利用上限までは、通常貯金の利子がつきます。 定期的かつ自動的に送金してもらうサービス(自動送金)が可能です。 関連ページ.

次の

ゆうちょ銀行(9900)/〇一八支店(018)|店名、店番、支店コード|金融機関コード検索のギンコード.com

ゆうちょ銀行 018

もし通帳に店番が書かれてなければ 記号と番号を入力して「店番(=銀行振り込みでいうところの支店名)」に置き換えます。 下は僕のゆうちょ銀行のキャッシュカードです。 記号と番号しか書いてません。 通帳をみても店番が書かれていませんでした。 この情報だけでは振り込みができないので、変換サイトで、振り込みができる形に直してます。 これを上のサイトで検索をかけてみます。 記号の箇所は、キャッシュカードの記号の部分を入力 カードに書いてある番号が「12345 — 4567890」なら「12345」の部分 記号と番号の間は特に何も書いてないので間の空欄は飛ばして カードに書かれている右側の数字、上の例では「4567890」に当たります。 番号をサイトの右側に入力して これで完了、ボタンを押すと確認の画面が出ます。 間違ってないので『OK』のボタンを押します。 そうすると出ました。 僕のは818支店と出ました。 口座番号もカードに書かれた番号とはちがうので出てきました。 支店名にあたる箇所は、このように数字であらわされます。 たとえ入間郵便局で作っても「入間支店」とはなりません。 ここに違いがあるのを知っておきましょう。 振り込まれる際も『店番 〇一八』の情報だけで大丈夫です。 「地域名+支店」は必要ありません。 通帳にも「小伝馬町郵便局」とか「南部町郵便局」で作ってもその文字は入りません。 018といった数字だけです。 なぜこんな変な数字だけで表してるかといえば上で解説した通り もともとゆうちょ銀行には支店名はないのですが、他の銀行とやり取りするには どうしても『支店名』が必要ですね。 もとにはない「支店名」、それをどうにかして作ったのが上の818といったような数字です。 818などはこの世に存在しない、変換して置きかえて作った数字で支店名であらわしたんですね。 また地域にある郵便局では、ゆうちょ銀行の口座を管理はしてません。 だから地域の郵便局が関係しないというのもあります。 バイトの書類やメールでのゆうちょ銀行の振込み情報の書き方 バイトなどでありますよね。 「アルバイトや給与の振込口座の情報を出さないといけない 「ゆうちょ銀行の通帳をみたけど、数字しか書いてない、何をどう書けばいいの?」 その疑問にお答えします。 給与の振込みでは下のような情報を求められると思います。 ・銀行名 ・支店名 ・口座番号 場合によっては ・銀行コード ・支店コードも ゆうちょ銀行の場合は例えば下のようになります。 店名が「八一八」店と出たら 書類の支店名の欄に「八一八支店」(正確には八一八店)と記入 通帳にすでに店名が印字されているのならその数字です。 支店コードが必要なら漢数字の店名を数字に置き換えます。 また「ゆうちょ銀行の支店名が分からない」と言われたりもします。 その際に役立つテンプレです。 ゆうちょ銀行からの振込(振替) ・記号:54321 ・番号:8765439 ・口座名義:タナカサトシ 銀行・信用金庫等の金融機関からの振込 ・口座種別:普通預金 ・店名:二四二(ニヨンニ) ・店番:222 ・口座番号:76543210 ・口座名義:タナカサトシ 上のように伝えるといいかもしれません。 上の情報を過不足なく伝えても「支店名が書いてないよ」と言ってくる方は ゆうちょでは「店名が支店名」になるとは知らないのかもしれません。 番号の「二二二がゆうちょだと支店名になります」と伝えてあげましょう。 城東支店のように地域名がないから質問しているのかもしれません。 どうしても分からない場合はこのページの上に理由を書いてますから見せてあげてください笑。 なぜ数字を使っているか なぜ数字を使っているかを説明します。 ゆうちょ銀行の口座の数字の管理の仕方は ・記号 5ケタ ・番号 6~8ケタ この2つで管理しています。 他の銀行のように「支店名 + 口座番号」ではないんですね。 「記号 + 番号」の2つです。 ですが上のままだと、数字の管理の仕方がちがいますから他の銀行とのやり取りができません。 支店名と口座番号をATMに入力しようと思っても ゆうちょにはないからです。 こうすれば自由に他の銀行ともお金のやり取りができます。 豆知識 役立つサイトです。 ゆうちょ銀行の店名の数字の読み方 0 数字のゼロですが、「レイ」ではありません。 4 は「ヨン」であって、「シ」ではないんですね。 店番と店名の一覧 *上はPDFファイルです。 これが店番と店名の一覧です。 数字のられつとなっていますね。

次の

振替口座/総合口座による振替

ゆうちょ銀行 018

こんにちは管理人もこです。 今日は郵便局が提供している銀行 「ゆうちょ銀行」の 支店名の調べ方と 口座番号が8桁のものを7桁にする方法ついて ウォッチンしてきたので報告していきますよ! Sponsored Links 【ゆうちょ銀行ってそもそも何?】 ゆうちょ銀行は元々 郵便局がやっていた金融業務(ぱるる)を2006年の民営化以降引き継ぎ、 株式会社ゆうちょ銀行が誕生しサービスがスタートしました。 ゆうちょ銀行の特徴としては、 ・記号という5桁の番号がある。 ・口座番号が8桁だったり7桁だったり。 ・支店名がよくわからない。 ・預金限度額が1000万円まで。 といったものが上げられます。 これらは民営化した際の 弊害で「郵便局」という特殊な金融機関が、 「銀行」としての体裁を保つために、 新たに支店名を設けたり、 他行から振込を受け付けられるように 7桁の口座番号を発行したりと、 色々複雑な処理が必要になってしまいました。 【ゆうちょ銀行の使い方】 通常ゆうちょ銀行の口座は、 記号(5桁)+口座番号(8桁)の 13桁の数字から成り立っています。 しかし銀行から振込をする時には 支店名と口座番号(7桁)で 振込先を指定するので、口座番号が 桁数が1桁多いんですよね。 また、郵便局(ぱるる)時代には支店という概念がなかったので、 以前から郵便局の口座を持っていた方は 支店名がわからないという方も多いと思います。 今回は、口座番号を7桁にする方法と、支店名の調べ方を解説していきたいと思います。 【ゆうちょ銀行の支店名の調べ方】 1,専用ページにアクセス 2,記号、番号を入力します。 (真ん中は空欄でも可) 3,入力内容の確認をして「OK」をクリック 4,(支)店名と7桁の振込用の番号が表示されます。 これで、支店名と口座番号(7桁)を調べることが出来ましたね。 【ゆうちょ銀行に振込をしてみる】 それでは、実際にATMからゆうちょ銀行に振り込んでみましょう。 まず、ATMで金融機関名で 「ゆうちょ銀行」と選択します。 次に、支店名の頭文字を選択する画面になります。 次に、 漢数字3桁の支店名が表示されますので、 該当の支店を選んでください。 あとは、いつもの銀行振込と同じやり方で振込が出来ます。 さて、どうでしたでしょうか。 筆者は、 「ゆうちょ銀行」へお振込みをしようとして 支店名がわからず、 一度自宅に帰ってわざわざ色々と調べてから、再度振込をすることになりました。 この記事を見た方もそうかもしれませんね。。 ちなみに、自分が 「ゆうちょ銀行」に振り込んでもらう側になる場合は、 先ほどのから、 支店名と 7桁の口座番号を発行して相手の方に伝えた方がスムーズにいきます。 民営化によってちょっと面倒くさい手続きが必要になっている感は否めませんが、 支店数(郵便局の数)が多いことや、地方、都市銀行と違い 全国展開しているという点では、 とても便利なので、使いこなせればGOODだと思います。 Sponsored Links.

次の