奈良 県 放火 殺人。 奈良放火殺人で出頭の竹株脩を逮捕!顔画像が発覚!余罪はあるの?|アレって気にならない?

奈良放火殺人で出頭の竹株脩を逮捕!顔画像が発覚!余罪はあるの?|アレって気にならない?

奈良 県 放火 殺人

: 標的 民間人(消費者金融従業員) 日付 (13年)() 午前10時49分 JST 概要 強盗目的で武富士弘前支店に侵入し混合油をまいた後、金銭を要求したものの断られたために逆上して放火。 結果として5人が死亡、4人が重傷を負った。 3m 2)のうち85. 16m 2の焼損。 強盗事件としては未遂。 犯人 男K( - ) 容疑 ・同未遂 動機 に費消して発生したの返済(強盗の動機) 金銭の要求を拒否されたことによる逆上(放火の動機) 対処 死刑判決 死刑確定 死刑執行() 謝罪 あり(ただし殺意は否定) 刑事訴訟 管轄 捜査本部(県警捜査一課・) 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件(たけふじひろさきしてん ごうとうさつじん・ほうかじけん)は、(13年)午前10時49分、に所在していた会社「」弘前支店(事件後に閉店)で発生し、従業員5人が死亡・4人が負傷した・事件である。 地元紙・『』は本事件を「による放火で瞬時に5人の貴い生命を奪い、本県のみならず全国を震撼させ、をも続発させた残虐極まりない」 「青森県警史上かつてない凶悪事件」と表現した。 加害者・元死刑囚K [ ] 加害者の男Kは(33年)5月19日生まれ。 逮捕当時は青森県(現:浪岡)浪岡稲村在住の43歳・だった。 のを経て()へ進学し、1977年に卒業した。 事件当時に勤務していたタクシー会社には1987年(昭和62年) - 1998年(平成10年)まで勤務し、他のタクシー会社などを転々として2001年5月1日に再び先述のタクシー会社に再雇用されていた。 (平成26年)8月29日、死刑囚Kは(収監先:に隣接) で。 概要 [ ] 2001年(平成13年)5月8日午前10時49分頃、男Kが弘前支店に強盗目的で押し入った。 店舗は3階建てのビルの3階にあり、1階・2階には店が入居していた。 Kはカウンター越しにを撒き、「を出さねば火をつける」と脅迫したが、支店長に拒否されに通報されたため激怒して店内に放火し逃走した。 は店内に一気に広がり、店延べ約96平方メートルをほぼ全焼 した。 支店は3階にあり、小さな窓しかないという建物の構造も災いし、同支店の社員5人(当時20歳 - 46歳)が炎に囲まれて脱出不能となりそのまま死亡。 偶然、近くの店舗のガラス清掃業者がはしごを持って駆けつけたため救出され、辛うじて脱出した4人も重傷を負う惨事となった。 弘前支店が県警に110番通報した際、を言い間違えたため警察官がそちらに出動した後に現場に到着したり、招集日であったためまでに時間を要したことなどから初動が遅れ、犯人のを許した。 作成されたのと現場から逃走した車両からとして男Kが浮上していたものの、被疑者Kが逃走中にの偽装などを行っていたためは難航した。 その後放火に用いた(後述)などが決め手となり、青森県警捜査本部(捜査一課・弘前署)は(平成14年)にKを・容疑でした。 動機 [ ] Kはの女性から頼まれてからをし援助をしたが、それが借金地獄への転落の一因であった。 女性一家4人が(平成12年)4月にので自殺したことを新聞報道 で知り、精神的にますます追い詰められ、事件に至っている。 直接の動機はによる借金苦であった。 Kは事件現場店舗で借金はしていなかったが、「利用したことがない店だから顔が割れていない」という理由により同店舗で犯行に及んだ。 犯人逮捕の決め手 [ ] 捜査本部(県警捜査一課・)は犯人が逃走する際に放火した『』2週間分の新聞紙束の燃え残りを徹底的に分析してその紙面の特徴を解析した。 その結果、掲載広告から「津軽地方に配達されたもの」と判明したほか、差し替えられた記事内容・欄外に印刷された丸数字などを解析し続けると2001年12月中旬までには「加害者Kが住んでいた浪岡町稲村地区」にまで絞り込まれた。 その地区の住人で逃走車両と同型の車を持っていた者はKだけであったため、青森県警捜査本部はとして(平成14年)早朝、Kにを求め・の結果、テレビ局に送りつけられた文のが残った便箋と犯行時に着ていた作業着を発見。 Kは犯行を自供したため、翌日未明(2002年3月4日午前1時30分ごろ)に強盗殺人・現住建造物等放火容疑で逮捕された。 武富士の対応 [ ]• 店長が犯人の要求を断った背景には、に追われる営業実態に原因があるのではないかという指摘が一部報道でなされた。 このため、武富士は1年近くテレビコマーシャルを自粛、一方で全国の街頭などで配布するの裏面に犯人の似顔絵を掲載するなど、事件解決に向けて協力する姿勢を見せた。 側は、店舗にがなく、等も行われていなかったことから、武富士にを要求。 後にが成立した。 事件後、武富士弘前支店は再開されることなく閉店した。 同店が入居していた3階建てビルは犯人逮捕を待つことなく2001年12月21日から取り壊し準備作業が開始され 、2001年12月25日から年内に取り壊され更地となった。 武富士は(弘前市西茂森)に・塔を建立し、2002年8月11日に開眼供養式を行った。 刑事裁判 [ ] 第一審・青森地裁 [ ] は2002年3月24日に・同未遂・の各罪状で被疑者Kをにした。 起訴を受けて青森県警捜査一課・弘前署の捜査本部は2002年3月27日午後5時をもって事件直後の設置から約320日で解散したほか、青森地検は同日付で被告人Kの身柄を検事勾留から未決勾留(起訴勾留)に変更して弘前署から柳町拘置支所(荒川藤戸、現存しない)に移監した。 2002年6月6日、(山内昭善裁判長、合議体)でKの初が開かれた。 被告人Kは罪状認否で「ガソリンは脅すために持って行ったもので火をつけるつもりはなく、殺意はなかった」と主張した。 被告人Kは当初、自分が死刑になる可能性をあまり考えておらず、青森地裁での公判中、出所をしたあとの事について書かれた手紙を母親に送っている。 しかし被告人Kが自ら撒いたガソリンに実際に火をつけを死に至らしめていることなどから、判決では「強盗が失敗して自暴自棄になり、支店内の社員らが死ぬかも知れないことを認識しながら、それでも構わないと考えてガソリンに火を放ち、被害者を殺害した」とし「未必の殺意」が認定され、さらに「事件後も捜査を攪乱するため手紙を出したり、事件の原因となったギャンブルを続けており被害者に対する反省の態度は全くない」と指弾された。 初公判以来計8回にわたって開かれた公判では被告人Kの殺意が主な争点となったが、被告人・弁護人は殺意の有無以外の事実関係については特段に争わなかった。 また青森地裁が本事件の重大性を考慮して集中審理方式を導入し、公判期日に別の事件審理日程を入れない・公判時間を午前から夕方まで取るなど公判日程を調整して本事件の公判を迅速に進行したことに加え、被告人側から情状証人が出廷しなかったことも相まっては2002年9月5日・第6回公判までに完了し 、逮捕から約11カ月となる2003年2月に早期の判決言い渡しがなされた。 2002年10月10日、青森地裁第一号法廷(山内昭善裁判長、合議体)で開かれた論告求刑公判で検察側(青森地検)は被告人Kに死刑を求刑した。 2002年11月14日に弁護人側の最終弁論が行われ、弁護人が「殺意は認められず、検察側の主張する強盗殺人罪ではなく強盗致死罪・強盗致傷罪が成立する。 無期懲役が相当」と主張して死刑回避を訴え結審した。 (平成15年)2月12日、青森地裁第一号法廷(山内昭善裁判長、合議体)は検察側の通りKにを言い渡した。 被告人Kは判決を不服として閉廷後直ちににした。 控訴審・仙台高裁 [ ] 被告人K・弁護人側の控訴を受けて青森地裁は2003年3月25日までに訴訟記録として「起訴状」「捜査段階および公判における被告人Kの供述調書」「公判に出廷した被害者・関係者ら証人の尋問調書」「青森地検の論告・弁護人の弁論を含めて地裁で取り調べた証拠などすべての書面」を仙台高裁に送付する手続きを取った。 事件から2年以上が経過した2003年5月29日までに被告人Kの国選弁護人として・佐藤正明弁護士が就任することが決定し 、仙台高裁は2003年6月2日までに控訴審初公判期日を「2003年10月14日午後1時30分より仙台高裁405号法廷で開廷する」ことを決定して関係者に通知した。 その後初公判までに被告人Kの身柄は(後に死刑執行までの余生を過ごすこととなる)へ移送され、佐藤を含め仙台弁護士会から国選弁護人計3人が選出された。 2003年10月14日午後1時30分から 仙台高裁(松浦繁裁判長)で控訴審初公判が開かれた。 被告人は第一審と同様に殺意を否認する旨の供述を行い、弁護人側も控訴趣意書で「(未必の故意を認めた)第一審・死刑判決は重大な事実誤認があり破棄されるべきだ」と主張した一方、検察側は被告人K・弁護人側の控訴棄却を求めた。 弁護人側は「被告人質問」「元従業員の証人尋問」「被告人の聴力検査」「110番通報録音テープの声紋鑑定」「火災状況鑑定の事実調べ」を請求したが、検察側()は同意せず、仙台高裁は被告人質問を除く請求の採否を留保した。 2003年11月18日に開かれた控訴審第2回公判で被告人質問が行われ、被告人Kは警察・検察が作成した供述調書の内容を否定したほか、これまでと同様「従業員は避難したと思った」などの供述を繰り返した上で「調書と自身の主張の相違を説明する上申書」を提出した。 前回公判で弁護人側が請求した各種請求について松浦裁判長はいずれも不採用と決定した。 2003年11月25日に開かれた控訴審第3回公判でも引き続き被告人質問が行われ、被告人Kは「犯行時、店内で向き合った支店長が逃げ遅れれば死ぬかもしれないと思った」と述べた上で、「時間経過とともに店内に火災が広がる」と認識していたことに言及した。 2003年12月17日に開かれた第4回公判で最終弁論が行われ、控訴審が結審した。 弁護人側は「未必的殺意を認めた原判決は重大な事実誤認がある」と主張し、第一審・死刑判決を破棄するよう求めた。 一方で検察側は「未必的な殺意の存在は明らかで控訴には理由がない」と主張し、第一審・死刑判決支持(被告人Kの控訴棄却)を求めた。 (平成16年)2月19日、仙台高裁(松浦繁裁判長)は第一審・死刑判決を支持して被告人Kの控訴をする判決を言い渡した。 被告人Kは判決を不服としてに即日した。 上告審・最高裁第三小法廷 [ ] 第三(裁判長)は(平成18年)10月13日までに上告審口頭弁論公判開廷期日を「2007年1月23日」に指定して関係者に通知した。 (平成19年)1月23日、最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)にて上告審公判が開かれた。 被告人Kの弁護人側は「被告人Kに殺意はなく、一・二審の死刑判決は著しく不当」と主張して死刑判決の破棄・審理の差し戻し・再度の声紋鑑定を求めた。 一方で検察側は被告人Kの上告棄却を求めた。 最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は2007年3月8日までに上告審判決公判開廷期日を「2007年3月27日」に指定して関係者に通知した。 2007年3月27日に上告審判決公判が開かれ、最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は一・二審の死刑判決を支持して被告人Kの上告を棄却する判決を言い渡したため、死刑判決が確定することとなった。 被告人Kの・小川原優之は同年付で同小法廷に判決の訂正を申し立てたが 、同小法廷が同月12日付で申し立てを棄却したために同日付で正式に死刑が確定した。 死刑執行 [ ] ・が2008年7月以降に確定死刑囚らを対象に実施したアンケートに対し、に収監されていた死刑囚Kは以下のように回答していた。 獄中生活で一番楽しいこと - 親族・支援者・弁護人などと面会できること• 獄中生活で一番苦しいこと - 食事がまずい・話し相手がいないこと また、福島が2011年7月以降に確定死刑囚らを対象に実施したアンケートに対しては「現在は支援者・弁護人の支援で生きている。 現在は連絡が途絶えているが、最高裁まで支えてくれた母親には心から感謝している。 叶わぬ願いとは思うが、生きているうちに娘に会いたい」と述べた上で、「被害者遺族の願いは自分が死刑になることだが、自分が死刑になったところで被害者遺族は幸福になるのか?死刑は以外の何物でもない」と回答していた。 支援者として死刑囚Kと交流してきた「死刑廃止連絡会・みやぎ」会員の伊藤嘉明は 、獄中における死刑囚Kの様子について 、死刑執行後の2014年9月6日に文京区区民センター()で開かれた死刑執行への抗議集会 にて以下のように発言した。 死刑囚Kとは10年以上前(2004年の控訴審判決以降)から交流を続けており、約55回にわたって面会した。 死刑囚Kには精神的な波があり、2008年5月時点で「もう面会・交流をやめたい」という別れの手紙を出してきた。 それ以降は一時的に面会ができなくなったが、国選弁護人・小川原が死刑囚Kを説得したことにより再びできるようになった。 死刑囚Kは自分の知る限り「非常に気配りが効き、弱音を吐かない性格」だった一方、2013年1月以降は肉体的・精神的な要因による体調不良が著しかった。 長い獄中生活で太陽光を浴びていないため、・が欠乏したために歯が弱くなった。 前歯の治療のために支援者・家族が獄中の死刑囚Kへ現金を差し入れて差し歯の治療を受けさせたが、その差し歯も前歯とともに抜け落ちてしまい、2013年1月以降はかなりやせ細っていた。 獄中者から聞いた情報によれば「死刑囚Kはをして布団・衣服を汚すことがある」ということだったため、昨年(2013年)と今年に衣服を差し入れた上、今年5月に布団一式を差し入れた。 死刑囚Kの体調不良は2013年1月以降顕著になっており、それまでは便箋6,7枚の手紙を書いていたが、体調不良になってからは1枚、2枚程度しか書かなくなった。 死刑確定後、死刑囚Kは主に殺意の有無をめぐり3度にわたり請求を行ったが、すべて棄却されている。 死刑囚Kは2008年11月18日付で青森地裁に第一次再審請求を申し立てるも 、2011年6月20日付の青森地裁(小川賢司裁判長)による決定で第一次再審請求を棄却された。 その後即時抗告するも、2012年9月10日付の仙台高裁(飯渕進裁判長)決定により棄却され 、同月14日付で最高裁に特別抗告するも同年12月26日付の最高裁第三小法廷(裁判長)決定により棄却された。 2013年2月7日に申し立てた第二次再審請求も認められなかった。 2013年9月10日、死刑囚Kは青森地裁に第三次再審請求を申し立てたが 翌2014年5月26日付で青森地裁(鎌倉正和裁判長)より棄却決定がなされた。 これを不服として同年5月29日付で仙台高裁に即時抗告したが、2014年7月10日に仙台高裁(飯渕進裁判長)より即時抗告棄却の決定が出された。 翌7月11日には最高裁に特別抗告するも同年8月6日、最高裁第一小法廷(裁判長)より3度目の棄却決定が言い渡された。 最高裁への特別抗告棄却から約3週間後の2014年8月29日、(:)の死刑執行命令により収監先・宮城刑務所に隣接する にて死刑囚Kの死刑が執行された。 弁護人・小川原優之は4度目の再審請求の準備のため、同年9月2日に死刑囚Kと接見する予定だった。 テレビ番組 [ ]• 「に系で放送された『』におけるのが被疑者K逮捕のきっかけになった」と言われるが、実際は放送前から重要参考人としてKが浮上しており、犯人のモンタージュの似顔絵もメディアで広く報道され、武富士のポケットティッシュにも似顔絵が同梱されており、ナンシーの絵はこのモンタージュに似ていた。 また、番組内で紹介された犯人の素性(住所、職業、犯行動機など)や事件後の動向(番組のは「犯行時にを負い仕事を休んでいた」と主張していたが実際は事件後も仕事を続けていたことがわかった)は、実際のそれとは隔たりが大きかったが、逮捕後の番組では「超能力者が描いた想像図は犯人の顔とそっくり」という主張をしていた。 犯人逮捕後、の情報提供を求める系の公開捜査番組内で同事件の再現ドラマが放映されたことがある。 犯人役を演じたのはであった。 、日本テレビ系の番組「」で加害者Kが事件を起こすに至った経緯と事件についてを描いた再現ドラマが放送された。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 女性(当時48歳)は所属の息子2人(当時27歳の長男・25歳の次男)と長男の妻(当時20歳)とともに2000年4月17日から行方不明になり、同月28日に近くの海底(水深約11メートル)の海底に沈んでいた乗用車内から死後約1週間以上経過した体で発見された。 女性は次男とともに「2000年3月20日 - 4月2日、青森市内に住む次男の知人女性(当時20歳)から『後から相続金が手に入るが、明日朝までにどうしても金が必要』などとして3回にわたり計110万円を詐取した」との容疑がかかっていたほか、次男には消費者金融・駐屯地の同僚らから総額1,000万円以上の借金があった。 長男・次男が所属していた陸自青森駐屯地のが当初、次男の詐欺容疑についてを開始したが、同年4月18日に女性の関与が浮上したため20日に県警に捜査を引き継ぎ、同署は遺体発見直前の2000年4月24日に容疑で女性・次男を全国にして行方を追っていた。 女性・次男は2000年5月29日付で青森署からのまま詐欺容疑で青森地検にされ 、同年6月27日付でとなった。 また、被害者名は伏字で表記する。 PDF. 号外 東奥日報社. 2001年5月8日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2002年3月4日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月28日. の2011年3月20日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 238• 2018年9月30日閲覧。 の2005年9月11日時点におけるアーカイブ。 (:) 2014年8月29日. 2014年10月13日時点のよりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2014年8月29日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 一審判決では「 3階建て建物3階の同支店店舗(総床面積96. 3平方メートル)をほぼ全焼させて焼損する(焼損面積約85. 16平方メートル)」と事実認定されている。 『読売新聞』2000年5月30日東京朝刊青森県版32面「心中?の自衛官と母、詐欺容疑で書類送検=青森」• 『読売新聞』2000年6月28日東京朝刊青森県版32面「宮古港の心中?で容疑者死亡 地検、自衛官親子を不起訴処分=青森」• 東奥日報 号外 東奥日報社. 2002年5月8日. の2005年9月13日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月21日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月25日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月25日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年8月11日. の2005年9月5日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年3月24日. の2002年4月20日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年3月28日. の2005年9月14日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年6月6日. の2002年8月18日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2003年3月12日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年9月6日. の2005年9月6日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年10月10日. の2002年10月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年10月10日. の2002年10月21日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月14日. の2002年11月16日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月14日. の2005年9月10日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月13日. の2003年6月9日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年3月26日. の2003年9月21日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年5月29日. の2005年9月27日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年6月2日. の2005年9月6日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年10月12日. の2004年4月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年10月14日. の2004年4月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年11月18日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年11月25日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年12月17日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『読売新聞』2006年10月14日東京朝刊青森県版31面「武富士放火 口頭弁論、最高裁で来年1月=青森」• Web東奥・特集 東奥日報社. の2007年6月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年1月24日. の2007年1月27日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『読売新聞』2007年3月9日東京朝刊青森県版31面「武富士放火殺人 最高裁判決27日=青森」• Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月8日. の2007年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 PDF. 東奥日報 号外 東奥日報社. 2007年3月27日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月27日. の2007年3月31日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『』2007年4月4日東京朝刊青森県版31面「武富士放火のK被告、判決訂正を申し立て 2日付で文書送付=青森」• 『読売新聞』2007年4月16日東京朝刊青森県版35面「武富士放火殺人 K被告の死刑確定 最高裁が申し立て棄却=青森」• Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年4月14日. の2007年9月15日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 , pp. 81-82• , p. 117• 118-119• , p. 126• 『読売新聞』2011年5月8日東京朝刊第三社会面33面「武富士放火事件のK死刑囚再審請求 『殺意はなかった』」• 『読売新聞』2011年6月24日東京朝刊第三社会面35面「K死刑囚の再審請求棄却 青森地裁」• 『読売新聞』2012年9月13日東京朝刊青森県版35面「K死刑囚の即時抗告棄却 武富士放火殺人=青森」• 『読売新聞』2012年12月29日東京朝刊第三社会面31面「武富士放火殺人 再審棄却」• 『読売新聞』2014年6月3日東京朝刊青森県版33面「武富士放火殺人 再審請求を棄却 地裁=青森」• 111• 『読売新聞』2014年7月15日東京朝刊青森県版33面「武富士放火殺人 即時抗告棄却=青森」• 『読売新聞』2014年8月9日東京朝刊青森県版25面「放火殺人 特別抗告棄却=青森」• 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年8月29日. の2014年8月31日時点におけるアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年8月29日. の2014年8月31日時点におけるアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2014年8月29日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 『読売新聞』2014年8月30日東京朝刊青森県版「武富士放火 死刑執行 重い13年 遺族『もう忘れたい』=青森」• 2015年7月11日時点のよりアーカイブ。 2015年7月11日閲覧。 参考文献 [ ] 刑事裁判の判決文・再審請求に対する決定文 [ ]• 刑事部判決 2003年(平成15年)3月12日 『』第1123号285頁、裁判所ウェブサイト掲載判例、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』。 『ローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:28085287 借金の返済に窮した被告人が、消費者金融会社の支店において、現金を差し出すように要求したが、これに応じて貰えなかったため、火の付いたねじり紙を、散布した混合油の上に投げ入れて火を放ち、同支店を全焼させ、従業員を火傷死させ、または傷害を負わせた事案で、被告人の放火・殺人の行為自体は計画的なものではなかったこと、その殺意は未必的なものに留まること等の諸事情を最大限斟酌したうえでも、なお、本件犯行の結果はあまりにも重大であり、罪刑の均衡の見地から、被告人の生命をもって償わせるのが相当であるとし、死刑を言渡した事例。 『判例タイムズ』第1123号285頁• 消費者金融会社支店の床に混合油を撒いて現金を要求したが、拒否されたため火を放ち、従業員5名を焼死させ、4名に重度の火傷等を負わせた被告人について、従業員に対する殺意は未必的なものに留まるとされながらも、死刑が言い渡された事例• 早期の任意同行及びこれに引き続く長時間の取調べに違法な点はないとされた事例• 判決内容:死刑(求刑同・被告人側控訴)• :()・結城剛行・吉田静香• 第1刑事部判決 2004年(平成16年)3月19日 『高等裁判所刑事裁判速報集』(平成16年)213頁、裁判所ウェブサイト掲載判例、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』「消費者金融会社放火・強盗殺人事件について,一審の死刑が維持された事例」。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:28095182 被告人が、消費者金融の支店から現金を強奪することを企て、同店に赴き、いきなり店内の床にガソリンがほとんどを占める混合油を撒き、火を点けるかのように脅して現金を要求したが、従業員らがそれに応じる気配を示さないことに憤激して火を放ち、建物をほぼ全焼させるとともに、同店の従業員5名を死亡させ、3名に重度の火傷を負わせたことにつき、原判決が被告人を死刑に処したため、控訴した事案で、被告人には、同店の支店長及び従業員らに対する未必の殺意があったと認められ、死刑の適用に当たっては慎重を期すべきことを十分考慮し、被告人に有利な点を斟酌しても、被告人の罪責は極めて重大であって、被告人については死刑に処するのが相当であるとして、控訴を棄却した事例。 『高等裁判所刑事裁判速報集』(平成16年)213頁• 被告人とともに営業室にいた支店長から容易に金員を奪えるものと考えていたのに奪えなかったことから憤激の情を抱いて放火したもので、ガソリンの高い危険性からすれば死亡の可能性を望みつつ犯行に及んだ者で確定的殺意に近いものがあり、その他の従業員が管理室に存在していたことも認識しており、概括的な未必の殺意があったと認定した上で、極刑以外の選択の余地はないとした。 被害者9名(死者5名、負傷者4名)に対し、いずれも未必の殺意を認定し、原審の死刑判決を維持した事例• 判決内容:被告人側控訴棄却(死刑判決支持・被告人側上告)• :()・・• 仙台高等検察庁検察官:黒田健治(控訴趣意書に対する答弁書作成)• 弁護人:佐藤正明(主任弁護人)・荒井純哉・佐々木好志(連名で控訴趣意書・控訴趣意補充書を作成)• 第三判決 2007年(平成19年)3月27日 裁判所ウェブサイト掲載判例、『最高裁判所裁判集刑事編』(集刑)第291号301頁、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』「死刑の量刑が維持された事例(武富士弘前支店放火強盗殺人事件)」。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25442978 被告人が、消費者金融会社店舗において、A(被害者)らに対し、ライターおよび紙をねじったものを取り出して見せるなどして脅迫し、金員を強取しようとしたが、同人らがこれに応じようとしなかったことから、Aらが現在する同店舗に放火することを決意し、その際、同人らが焼死するに至る可能性が高いことを認識しながら、同店舗を全焼させて焼損するとともに、従業員を死傷させるなどした事案の上告審において、本件は、罪質が甚だ悪質であり、混合油を脅迫の手段として用いる強盗に至った動機や経緯に酌量の余地はなく、身勝手極まりない犯行であり、本件犯行についての被告人の責任は、極めて重大であり、原判決が維持した第一審判決の死刑の科刑はやむを得ないとし、上告を棄却した事例。 判決内容:被告人側上告棄却(死刑判決確定)• :(裁判長)・・・・• 検察官:水野美鈴• 弁護人:小川原優之・北村晋治(上告趣意書を作成)• 青森地方裁判所刑事部決定 2014年(平成26年)5月26日 、平成25年 た 第2号、『請求事件』。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25504188 競輪にのめり込んで金融会社等から借金を重ね、その返済資金等に困窮した請求人が、授業因数や犯行後に逃走するための立地条件等から好都合であると判断した消費者金融会社の支店において、強盗を敢行して借金を返済しようと企て、同支店を下見した上、ガソリン95パーセントから成る混合油やライター、ねじり紙等を予め準備し、同支店において、床上に約4リットルの混合油を撒いて脅迫したうえ、現金を差し出すように要求したが、これに応じてもらえなかったことに苛立つと共に憤激の念を募らせ、ねじり紙に火を付けてさらに脅したうえ、遂にそのねじり紙を、撒布した混合油の上に投げ入れて火を放ち、同支店を全焼させ、同支店内に居た従業員5名を火傷死させて殺害し、従業員4名に重度の熱傷等の傷害を負わせたという事案の再審請求審において、本件再審請求は、その主張する具体的な事実関係及び証拠関係に照らし、第1次再審請求と実質的に同一の理由によるものと認められるから、447条2項に抵触して不適法である(なお、上記各証拠は、刑事訴訟法435条6号所定の新規性や明白性がなく、本件再審請求には理由もない。 )として、再審請求を棄却した事例。 決定内容:請求人・死刑囚Kの再審請求棄却(死刑囚Kは即時抗告)• 裁判官:鎌倉正和・榊原敬・吉田裕亮• 弁護人:主任弁護人・小川原優之ら• 仙台高等裁判所第1刑事部決定 2014年(平成26年)7月10日 、平成26年 く 第41号、『再審請求事件』。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25504618 請求人に対する2件の強盗殺人、1件の同未遂、現住建造物等放火被告事件について、平成15年2月12日青森地方裁判所が言い渡した有罪の確定判決に対する再審請求事件について、同裁判所がした再審請求棄却決定に対し、請求人及び弁護人が即時抗告をした事案において、刑事訴訟法435条6号所定の明白性もないとの理由を付言した上、現決定は結論において是認できるとして、即時抗告を却下したした事例。 決定内容:請求人・死刑囚Kの上記請求棄却に対する即時抗告棄却(死刑囚Kは即時抗告)• 裁判官:飯渕進・早川幸男・大川隆男• 弁護人:主任弁護人・小川原優之ら 書籍 [ ]• 年報・死刑廃止編集委員会『死刑囚監房から 年報・死刑廃止2015』、2015年10月10日、111,238。 死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90『命の灯を消さないで 死刑囚からあなたへ 105人の死刑確定者へのアンケートに応えた魂の叫び』インパクト出版会、2009年9月10日、63-69頁。 死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90『死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』インパクト出版会、2012年5月23日。 関連項目 [ ]• - 本事件から約1年前の2000年6月11日、内の宝石店でなど293点約1億4000万円が奪われ、店長ら女性従業員6人が焼殺された。 - 本事件からちょうど1か月後の2001年6月8日、にあるで発生した無差別殺傷事件。 8名のが死亡し、15名(内訳、13名、2名)の負傷者を出す大惨事となった。 - この放火事件では3名が焼死し8名が負傷(死傷者合計11名)の惨事となった。 - 犯行に大量のガソリンが使われ、放火事件としては平成期以降最悪の死者数を出す惨事となった。 関連リンク [ ]• Web東奥・特集 東奥日報社. の2007年6月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。

次の

奈良放火殺人で20歳男を再逮捕 「黙秘します」と供述:朝日新聞デジタル

奈良 県 放火 殺人

: 標的 民間人(消費者金融従業員) 日付 (13年)() 午前10時49分 JST 概要 強盗目的で武富士弘前支店に侵入し混合油をまいた後、金銭を要求したものの断られたために逆上して放火。 結果として5人が死亡、4人が重傷を負った。 3m 2)のうち85. 16m 2の焼損。 強盗事件としては未遂。 犯人 男K( - ) 容疑 ・同未遂 動機 に費消して発生したの返済(強盗の動機) 金銭の要求を拒否されたことによる逆上(放火の動機) 対処 死刑判決 死刑確定 死刑執行() 謝罪 あり(ただし殺意は否定) 刑事訴訟 管轄 捜査本部(県警捜査一課・) 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件(たけふじひろさきしてん ごうとうさつじん・ほうかじけん)は、(13年)午前10時49分、に所在していた会社「」弘前支店(事件後に閉店)で発生し、従業員5人が死亡・4人が負傷した・事件である。 地元紙・『』は本事件を「による放火で瞬時に5人の貴い生命を奪い、本県のみならず全国を震撼させ、をも続発させた残虐極まりない」 「青森県警史上かつてない凶悪事件」と表現した。 加害者・元死刑囚K [ ] 加害者の男Kは(33年)5月19日生まれ。 逮捕当時は青森県(現:浪岡)浪岡稲村在住の43歳・だった。 のを経て()へ進学し、1977年に卒業した。 事件当時に勤務していたタクシー会社には1987年(昭和62年) - 1998年(平成10年)まで勤務し、他のタクシー会社などを転々として2001年5月1日に再び先述のタクシー会社に再雇用されていた。 (平成26年)8月29日、死刑囚Kは(収監先:に隣接) で。 概要 [ ] 2001年(平成13年)5月8日午前10時49分頃、男Kが弘前支店に強盗目的で押し入った。 店舗は3階建てのビルの3階にあり、1階・2階には店が入居していた。 Kはカウンター越しにを撒き、「を出さねば火をつける」と脅迫したが、支店長に拒否されに通報されたため激怒して店内に放火し逃走した。 は店内に一気に広がり、店延べ約96平方メートルをほぼ全焼 した。 支店は3階にあり、小さな窓しかないという建物の構造も災いし、同支店の社員5人(当時20歳 - 46歳)が炎に囲まれて脱出不能となりそのまま死亡。 偶然、近くの店舗のガラス清掃業者がはしごを持って駆けつけたため救出され、辛うじて脱出した4人も重傷を負う惨事となった。 弘前支店が県警に110番通報した際、を言い間違えたため警察官がそちらに出動した後に現場に到着したり、招集日であったためまでに時間を要したことなどから初動が遅れ、犯人のを許した。 作成されたのと現場から逃走した車両からとして男Kが浮上していたものの、被疑者Kが逃走中にの偽装などを行っていたためは難航した。 その後放火に用いた(後述)などが決め手となり、青森県警捜査本部(捜査一課・弘前署)は(平成14年)にKを・容疑でした。 動機 [ ] Kはの女性から頼まれてからをし援助をしたが、それが借金地獄への転落の一因であった。 女性一家4人が(平成12年)4月にので自殺したことを新聞報道 で知り、精神的にますます追い詰められ、事件に至っている。 直接の動機はによる借金苦であった。 Kは事件現場店舗で借金はしていなかったが、「利用したことがない店だから顔が割れていない」という理由により同店舗で犯行に及んだ。 犯人逮捕の決め手 [ ] 捜査本部(県警捜査一課・)は犯人が逃走する際に放火した『』2週間分の新聞紙束の燃え残りを徹底的に分析してその紙面の特徴を解析した。 その結果、掲載広告から「津軽地方に配達されたもの」と判明したほか、差し替えられた記事内容・欄外に印刷された丸数字などを解析し続けると2001年12月中旬までには「加害者Kが住んでいた浪岡町稲村地区」にまで絞り込まれた。 その地区の住人で逃走車両と同型の車を持っていた者はKだけであったため、青森県警捜査本部はとして(平成14年)早朝、Kにを求め・の結果、テレビ局に送りつけられた文のが残った便箋と犯行時に着ていた作業着を発見。 Kは犯行を自供したため、翌日未明(2002年3月4日午前1時30分ごろ)に強盗殺人・現住建造物等放火容疑で逮捕された。 武富士の対応 [ ]• 店長が犯人の要求を断った背景には、に追われる営業実態に原因があるのではないかという指摘が一部報道でなされた。 このため、武富士は1年近くテレビコマーシャルを自粛、一方で全国の街頭などで配布するの裏面に犯人の似顔絵を掲載するなど、事件解決に向けて協力する姿勢を見せた。 側は、店舗にがなく、等も行われていなかったことから、武富士にを要求。 後にが成立した。 事件後、武富士弘前支店は再開されることなく閉店した。 同店が入居していた3階建てビルは犯人逮捕を待つことなく2001年12月21日から取り壊し準備作業が開始され 、2001年12月25日から年内に取り壊され更地となった。 武富士は(弘前市西茂森)に・塔を建立し、2002年8月11日に開眼供養式を行った。 刑事裁判 [ ] 第一審・青森地裁 [ ] は2002年3月24日に・同未遂・の各罪状で被疑者Kをにした。 起訴を受けて青森県警捜査一課・弘前署の捜査本部は2002年3月27日午後5時をもって事件直後の設置から約320日で解散したほか、青森地検は同日付で被告人Kの身柄を検事勾留から未決勾留(起訴勾留)に変更して弘前署から柳町拘置支所(荒川藤戸、現存しない)に移監した。 2002年6月6日、(山内昭善裁判長、合議体)でKの初が開かれた。 被告人Kは罪状認否で「ガソリンは脅すために持って行ったもので火をつけるつもりはなく、殺意はなかった」と主張した。 被告人Kは当初、自分が死刑になる可能性をあまり考えておらず、青森地裁での公判中、出所をしたあとの事について書かれた手紙を母親に送っている。 しかし被告人Kが自ら撒いたガソリンに実際に火をつけを死に至らしめていることなどから、判決では「強盗が失敗して自暴自棄になり、支店内の社員らが死ぬかも知れないことを認識しながら、それでも構わないと考えてガソリンに火を放ち、被害者を殺害した」とし「未必の殺意」が認定され、さらに「事件後も捜査を攪乱するため手紙を出したり、事件の原因となったギャンブルを続けており被害者に対する反省の態度は全くない」と指弾された。 初公判以来計8回にわたって開かれた公判では被告人Kの殺意が主な争点となったが、被告人・弁護人は殺意の有無以外の事実関係については特段に争わなかった。 また青森地裁が本事件の重大性を考慮して集中審理方式を導入し、公判期日に別の事件審理日程を入れない・公判時間を午前から夕方まで取るなど公判日程を調整して本事件の公判を迅速に進行したことに加え、被告人側から情状証人が出廷しなかったことも相まっては2002年9月5日・第6回公判までに完了し 、逮捕から約11カ月となる2003年2月に早期の判決言い渡しがなされた。 2002年10月10日、青森地裁第一号法廷(山内昭善裁判長、合議体)で開かれた論告求刑公判で検察側(青森地検)は被告人Kに死刑を求刑した。 2002年11月14日に弁護人側の最終弁論が行われ、弁護人が「殺意は認められず、検察側の主張する強盗殺人罪ではなく強盗致死罪・強盗致傷罪が成立する。 無期懲役が相当」と主張して死刑回避を訴え結審した。 (平成15年)2月12日、青森地裁第一号法廷(山内昭善裁判長、合議体)は検察側の通りKにを言い渡した。 被告人Kは判決を不服として閉廷後直ちににした。 控訴審・仙台高裁 [ ] 被告人K・弁護人側の控訴を受けて青森地裁は2003年3月25日までに訴訟記録として「起訴状」「捜査段階および公判における被告人Kの供述調書」「公判に出廷した被害者・関係者ら証人の尋問調書」「青森地検の論告・弁護人の弁論を含めて地裁で取り調べた証拠などすべての書面」を仙台高裁に送付する手続きを取った。 事件から2年以上が経過した2003年5月29日までに被告人Kの国選弁護人として・佐藤正明弁護士が就任することが決定し 、仙台高裁は2003年6月2日までに控訴審初公判期日を「2003年10月14日午後1時30分より仙台高裁405号法廷で開廷する」ことを決定して関係者に通知した。 その後初公判までに被告人Kの身柄は(後に死刑執行までの余生を過ごすこととなる)へ移送され、佐藤を含め仙台弁護士会から国選弁護人計3人が選出された。 2003年10月14日午後1時30分から 仙台高裁(松浦繁裁判長)で控訴審初公判が開かれた。 被告人は第一審と同様に殺意を否認する旨の供述を行い、弁護人側も控訴趣意書で「(未必の故意を認めた)第一審・死刑判決は重大な事実誤認があり破棄されるべきだ」と主張した一方、検察側は被告人K・弁護人側の控訴棄却を求めた。 弁護人側は「被告人質問」「元従業員の証人尋問」「被告人の聴力検査」「110番通報録音テープの声紋鑑定」「火災状況鑑定の事実調べ」を請求したが、検察側()は同意せず、仙台高裁は被告人質問を除く請求の採否を留保した。 2003年11月18日に開かれた控訴審第2回公判で被告人質問が行われ、被告人Kは警察・検察が作成した供述調書の内容を否定したほか、これまでと同様「従業員は避難したと思った」などの供述を繰り返した上で「調書と自身の主張の相違を説明する上申書」を提出した。 前回公判で弁護人側が請求した各種請求について松浦裁判長はいずれも不採用と決定した。 2003年11月25日に開かれた控訴審第3回公判でも引き続き被告人質問が行われ、被告人Kは「犯行時、店内で向き合った支店長が逃げ遅れれば死ぬかもしれないと思った」と述べた上で、「時間経過とともに店内に火災が広がる」と認識していたことに言及した。 2003年12月17日に開かれた第4回公判で最終弁論が行われ、控訴審が結審した。 弁護人側は「未必的殺意を認めた原判決は重大な事実誤認がある」と主張し、第一審・死刑判決を破棄するよう求めた。 一方で検察側は「未必的な殺意の存在は明らかで控訴には理由がない」と主張し、第一審・死刑判決支持(被告人Kの控訴棄却)を求めた。 (平成16年)2月19日、仙台高裁(松浦繁裁判長)は第一審・死刑判決を支持して被告人Kの控訴をする判決を言い渡した。 被告人Kは判決を不服としてに即日した。 上告審・最高裁第三小法廷 [ ] 第三(裁判長)は(平成18年)10月13日までに上告審口頭弁論公判開廷期日を「2007年1月23日」に指定して関係者に通知した。 (平成19年)1月23日、最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)にて上告審公判が開かれた。 被告人Kの弁護人側は「被告人Kに殺意はなく、一・二審の死刑判決は著しく不当」と主張して死刑判決の破棄・審理の差し戻し・再度の声紋鑑定を求めた。 一方で検察側は被告人Kの上告棄却を求めた。 最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は2007年3月8日までに上告審判決公判開廷期日を「2007年3月27日」に指定して関係者に通知した。 2007年3月27日に上告審判決公判が開かれ、最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は一・二審の死刑判決を支持して被告人Kの上告を棄却する判決を言い渡したため、死刑判決が確定することとなった。 被告人Kの・小川原優之は同年付で同小法廷に判決の訂正を申し立てたが 、同小法廷が同月12日付で申し立てを棄却したために同日付で正式に死刑が確定した。 死刑執行 [ ] ・が2008年7月以降に確定死刑囚らを対象に実施したアンケートに対し、に収監されていた死刑囚Kは以下のように回答していた。 獄中生活で一番楽しいこと - 親族・支援者・弁護人などと面会できること• 獄中生活で一番苦しいこと - 食事がまずい・話し相手がいないこと また、福島が2011年7月以降に確定死刑囚らを対象に実施したアンケートに対しては「現在は支援者・弁護人の支援で生きている。 現在は連絡が途絶えているが、最高裁まで支えてくれた母親には心から感謝している。 叶わぬ願いとは思うが、生きているうちに娘に会いたい」と述べた上で、「被害者遺族の願いは自分が死刑になることだが、自分が死刑になったところで被害者遺族は幸福になるのか?死刑は以外の何物でもない」と回答していた。 支援者として死刑囚Kと交流してきた「死刑廃止連絡会・みやぎ」会員の伊藤嘉明は 、獄中における死刑囚Kの様子について 、死刑執行後の2014年9月6日に文京区区民センター()で開かれた死刑執行への抗議集会 にて以下のように発言した。 死刑囚Kとは10年以上前(2004年の控訴審判決以降)から交流を続けており、約55回にわたって面会した。 死刑囚Kには精神的な波があり、2008年5月時点で「もう面会・交流をやめたい」という別れの手紙を出してきた。 それ以降は一時的に面会ができなくなったが、国選弁護人・小川原が死刑囚Kを説得したことにより再びできるようになった。 死刑囚Kは自分の知る限り「非常に気配りが効き、弱音を吐かない性格」だった一方、2013年1月以降は肉体的・精神的な要因による体調不良が著しかった。 長い獄中生活で太陽光を浴びていないため、・が欠乏したために歯が弱くなった。 前歯の治療のために支援者・家族が獄中の死刑囚Kへ現金を差し入れて差し歯の治療を受けさせたが、その差し歯も前歯とともに抜け落ちてしまい、2013年1月以降はかなりやせ細っていた。 獄中者から聞いた情報によれば「死刑囚Kはをして布団・衣服を汚すことがある」ということだったため、昨年(2013年)と今年に衣服を差し入れた上、今年5月に布団一式を差し入れた。 死刑囚Kの体調不良は2013年1月以降顕著になっており、それまでは便箋6,7枚の手紙を書いていたが、体調不良になってからは1枚、2枚程度しか書かなくなった。 死刑確定後、死刑囚Kは主に殺意の有無をめぐり3度にわたり請求を行ったが、すべて棄却されている。 死刑囚Kは2008年11月18日付で青森地裁に第一次再審請求を申し立てるも 、2011年6月20日付の青森地裁(小川賢司裁判長)による決定で第一次再審請求を棄却された。 その後即時抗告するも、2012年9月10日付の仙台高裁(飯渕進裁判長)決定により棄却され 、同月14日付で最高裁に特別抗告するも同年12月26日付の最高裁第三小法廷(裁判長)決定により棄却された。 2013年2月7日に申し立てた第二次再審請求も認められなかった。 2013年9月10日、死刑囚Kは青森地裁に第三次再審請求を申し立てたが 翌2014年5月26日付で青森地裁(鎌倉正和裁判長)より棄却決定がなされた。 これを不服として同年5月29日付で仙台高裁に即時抗告したが、2014年7月10日に仙台高裁(飯渕進裁判長)より即時抗告棄却の決定が出された。 翌7月11日には最高裁に特別抗告するも同年8月6日、最高裁第一小法廷(裁判長)より3度目の棄却決定が言い渡された。 最高裁への特別抗告棄却から約3週間後の2014年8月29日、(:)の死刑執行命令により収監先・宮城刑務所に隣接する にて死刑囚Kの死刑が執行された。 弁護人・小川原優之は4度目の再審請求の準備のため、同年9月2日に死刑囚Kと接見する予定だった。 テレビ番組 [ ]• 「に系で放送された『』におけるのが被疑者K逮捕のきっかけになった」と言われるが、実際は放送前から重要参考人としてKが浮上しており、犯人のモンタージュの似顔絵もメディアで広く報道され、武富士のポケットティッシュにも似顔絵が同梱されており、ナンシーの絵はこのモンタージュに似ていた。 また、番組内で紹介された犯人の素性(住所、職業、犯行動機など)や事件後の動向(番組のは「犯行時にを負い仕事を休んでいた」と主張していたが実際は事件後も仕事を続けていたことがわかった)は、実際のそれとは隔たりが大きかったが、逮捕後の番組では「超能力者が描いた想像図は犯人の顔とそっくり」という主張をしていた。 犯人逮捕後、の情報提供を求める系の公開捜査番組内で同事件の再現ドラマが放映されたことがある。 犯人役を演じたのはであった。 、日本テレビ系の番組「」で加害者Kが事件を起こすに至った経緯と事件についてを描いた再現ドラマが放送された。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 女性(当時48歳)は所属の息子2人(当時27歳の長男・25歳の次男)と長男の妻(当時20歳)とともに2000年4月17日から行方不明になり、同月28日に近くの海底(水深約11メートル)の海底に沈んでいた乗用車内から死後約1週間以上経過した体で発見された。 女性は次男とともに「2000年3月20日 - 4月2日、青森市内に住む次男の知人女性(当時20歳)から『後から相続金が手に入るが、明日朝までにどうしても金が必要』などとして3回にわたり計110万円を詐取した」との容疑がかかっていたほか、次男には消費者金融・駐屯地の同僚らから総額1,000万円以上の借金があった。 長男・次男が所属していた陸自青森駐屯地のが当初、次男の詐欺容疑についてを開始したが、同年4月18日に女性の関与が浮上したため20日に県警に捜査を引き継ぎ、同署は遺体発見直前の2000年4月24日に容疑で女性・次男を全国にして行方を追っていた。 女性・次男は2000年5月29日付で青森署からのまま詐欺容疑で青森地検にされ 、同年6月27日付でとなった。 また、被害者名は伏字で表記する。 PDF. 号外 東奥日報社. 2001年5月8日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2002年3月4日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月28日. の2011年3月20日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 238• 2018年9月30日閲覧。 の2005年9月11日時点におけるアーカイブ。 (:) 2014年8月29日. 2014年10月13日時点のよりアーカイブ。 2014年10月13日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2014年8月29日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 一審判決では「 3階建て建物3階の同支店店舗(総床面積96. 3平方メートル)をほぼ全焼させて焼損する(焼損面積約85. 16平方メートル)」と事実認定されている。 『読売新聞』2000年5月30日東京朝刊青森県版32面「心中?の自衛官と母、詐欺容疑で書類送検=青森」• 『読売新聞』2000年6月28日東京朝刊青森県版32面「宮古港の心中?で容疑者死亡 地検、自衛官親子を不起訴処分=青森」• 東奥日報 号外 東奥日報社. 2002年5月8日. の2005年9月13日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月21日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月25日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2001年12月25日. の2002年1月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年8月11日. の2005年9月5日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年3月24日. の2002年4月20日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年3月28日. の2005年9月14日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年6月6日. の2002年8月18日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 東奥日報 号外 東奥日報社. 2003年3月12日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年9月6日. の2005年9月6日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年10月10日. の2002年10月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年10月10日. の2002年10月21日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月14日. の2002年11月16日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月14日. の2005年9月10日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2002年11月15日. の2002年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月12日. の2003年12月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年2月13日. の2003年6月9日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年3月26日. の2003年9月21日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年5月29日. の2005年9月27日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年6月2日. の2005年9月6日時点におけるアーカイブ。 2019年1月19日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年10月12日. の2004年4月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年10月14日. の2004年4月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年11月18日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年11月25日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2003年12月17日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2004年2月19日. の2004年4月17日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『読売新聞』2006年10月14日東京朝刊青森県版31面「武富士放火 口頭弁論、最高裁で来年1月=青森」• Web東奥・特集 東奥日報社. の2007年6月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年1月24日. の2007年1月27日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『読売新聞』2007年3月9日東京朝刊青森県版31面「武富士放火殺人 最高裁判決27日=青森」• Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月8日. の2007年3月12日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 PDF. 東奥日報 号外 東奥日報社. 2007年3月27日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年3月27日. の2007年3月31日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 『』2007年4月4日東京朝刊青森県版31面「武富士放火のK被告、判決訂正を申し立て 2日付で文書送付=青森」• 『読売新聞』2007年4月16日東京朝刊青森県版35面「武富士放火殺人 K被告の死刑確定 最高裁が申し立て棄却=青森」• Web東奥・ニュース 東奥日報社. 2007年4月14日. の2007年9月15日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。 , pp. 81-82• , p. 117• 118-119• , p. 126• 『読売新聞』2011年5月8日東京朝刊第三社会面33面「武富士放火事件のK死刑囚再審請求 『殺意はなかった』」• 『読売新聞』2011年6月24日東京朝刊第三社会面35面「K死刑囚の再審請求棄却 青森地裁」• 『読売新聞』2012年9月13日東京朝刊青森県版35面「K死刑囚の即時抗告棄却 武富士放火殺人=青森」• 『読売新聞』2012年12月29日東京朝刊第三社会面31面「武富士放火殺人 再審棄却」• 『読売新聞』2014年6月3日東京朝刊青森県版33面「武富士放火殺人 再審請求を棄却 地裁=青森」• 111• 『読売新聞』2014年7月15日東京朝刊青森県版33面「武富士放火殺人 即時抗告棄却=青森」• 『読売新聞』2014年8月9日東京朝刊青森県版25面「放火殺人 特別抗告棄却=青森」• 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年8月29日. の2014年8月31日時点におけるアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年8月29日. の2014年8月31日時点におけるアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2014年8月29日. の2018年9月29日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 『読売新聞』2014年8月30日東京朝刊青森県版「武富士放火 死刑執行 重い13年 遺族『もう忘れたい』=青森」• 2015年7月11日時点のよりアーカイブ。 2015年7月11日閲覧。 参考文献 [ ] 刑事裁判の判決文・再審請求に対する決定文 [ ]• 刑事部判決 2003年(平成15年)3月12日 『』第1123号285頁、裁判所ウェブサイト掲載判例、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』。 『ローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:28085287 借金の返済に窮した被告人が、消費者金融会社の支店において、現金を差し出すように要求したが、これに応じて貰えなかったため、火の付いたねじり紙を、散布した混合油の上に投げ入れて火を放ち、同支店を全焼させ、従業員を火傷死させ、または傷害を負わせた事案で、被告人の放火・殺人の行為自体は計画的なものではなかったこと、その殺意は未必的なものに留まること等の諸事情を最大限斟酌したうえでも、なお、本件犯行の結果はあまりにも重大であり、罪刑の均衡の見地から、被告人の生命をもって償わせるのが相当であるとし、死刑を言渡した事例。 『判例タイムズ』第1123号285頁• 消費者金融会社支店の床に混合油を撒いて現金を要求したが、拒否されたため火を放ち、従業員5名を焼死させ、4名に重度の火傷等を負わせた被告人について、従業員に対する殺意は未必的なものに留まるとされながらも、死刑が言い渡された事例• 早期の任意同行及びこれに引き続く長時間の取調べに違法な点はないとされた事例• 判決内容:死刑(求刑同・被告人側控訴)• :()・結城剛行・吉田静香• 第1刑事部判決 2004年(平成16年)3月19日 『高等裁判所刑事裁判速報集』(平成16年)213頁、裁判所ウェブサイト掲載判例、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』「消費者金融会社放火・強盗殺人事件について,一審の死刑が維持された事例」。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:28095182 被告人が、消費者金融の支店から現金を強奪することを企て、同店に赴き、いきなり店内の床にガソリンがほとんどを占める混合油を撒き、火を点けるかのように脅して現金を要求したが、従業員らがそれに応じる気配を示さないことに憤激して火を放ち、建物をほぼ全焼させるとともに、同店の従業員5名を死亡させ、3名に重度の火傷を負わせたことにつき、原判決が被告人を死刑に処したため、控訴した事案で、被告人には、同店の支店長及び従業員らに対する未必の殺意があったと認められ、死刑の適用に当たっては慎重を期すべきことを十分考慮し、被告人に有利な点を斟酌しても、被告人の罪責は極めて重大であって、被告人については死刑に処するのが相当であるとして、控訴を棄却した事例。 『高等裁判所刑事裁判速報集』(平成16年)213頁• 被告人とともに営業室にいた支店長から容易に金員を奪えるものと考えていたのに奪えなかったことから憤激の情を抱いて放火したもので、ガソリンの高い危険性からすれば死亡の可能性を望みつつ犯行に及んだ者で確定的殺意に近いものがあり、その他の従業員が管理室に存在していたことも認識しており、概括的な未必の殺意があったと認定した上で、極刑以外の選択の余地はないとした。 被害者9名(死者5名、負傷者4名)に対し、いずれも未必の殺意を認定し、原審の死刑判決を維持した事例• 判決内容:被告人側控訴棄却(死刑判決支持・被告人側上告)• :()・・• 仙台高等検察庁検察官:黒田健治(控訴趣意書に対する答弁書作成)• 弁護人:佐藤正明(主任弁護人)・荒井純哉・佐々木好志(連名で控訴趣意書・控訴趣意補充書を作成)• 第三判決 2007年(平成19年)3月27日 裁判所ウェブサイト掲載判例、『最高裁判所裁判集刑事編』(集刑)第291号301頁、、『強盗殺人、同未遂、現住建造物等放火被告事件』「死刑の量刑が維持された事例(武富士弘前支店放火強盗殺人事件)」。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25442978 被告人が、消費者金融会社店舗において、A(被害者)らに対し、ライターおよび紙をねじったものを取り出して見せるなどして脅迫し、金員を強取しようとしたが、同人らがこれに応じようとしなかったことから、Aらが現在する同店舗に放火することを決意し、その際、同人らが焼死するに至る可能性が高いことを認識しながら、同店舗を全焼させて焼損するとともに、従業員を死傷させるなどした事案の上告審において、本件は、罪質が甚だ悪質であり、混合油を脅迫の手段として用いる強盗に至った動機や経緯に酌量の余地はなく、身勝手極まりない犯行であり、本件犯行についての被告人の責任は、極めて重大であり、原判決が維持した第一審判決の死刑の科刑はやむを得ないとし、上告を棄却した事例。 判決内容:被告人側上告棄却(死刑判決確定)• :(裁判長)・・・・• 検察官:水野美鈴• 弁護人:小川原優之・北村晋治(上告趣意書を作成)• 青森地方裁判所刑事部決定 2014年(平成26年)5月26日 、平成25年 た 第2号、『請求事件』。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25504188 競輪にのめり込んで金融会社等から借金を重ね、その返済資金等に困窮した請求人が、授業因数や犯行後に逃走するための立地条件等から好都合であると判断した消費者金融会社の支店において、強盗を敢行して借金を返済しようと企て、同支店を下見した上、ガソリン95パーセントから成る混合油やライター、ねじり紙等を予め準備し、同支店において、床上に約4リットルの混合油を撒いて脅迫したうえ、現金を差し出すように要求したが、これに応じてもらえなかったことに苛立つと共に憤激の念を募らせ、ねじり紙に火を付けてさらに脅したうえ、遂にそのねじり紙を、撒布した混合油の上に投げ入れて火を放ち、同支店を全焼させ、同支店内に居た従業員5名を火傷死させて殺害し、従業員4名に重度の熱傷等の傷害を負わせたという事案の再審請求審において、本件再審請求は、その主張する具体的な事実関係及び証拠関係に照らし、第1次再審請求と実質的に同一の理由によるものと認められるから、447条2項に抵触して不適法である(なお、上記各証拠は、刑事訴訟法435条6号所定の新規性や明白性がなく、本件再審請求には理由もない。 )として、再審請求を棄却した事例。 決定内容:請求人・死刑囚Kの再審請求棄却(死刑囚Kは即時抗告)• 裁判官:鎌倉正和・榊原敬・吉田裕亮• 弁護人:主任弁護人・小川原優之ら• 仙台高等裁判所第1刑事部決定 2014年(平成26年)7月10日 、平成26年 く 第41号、『再審請求事件』。 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25504618 請求人に対する2件の強盗殺人、1件の同未遂、現住建造物等放火被告事件について、平成15年2月12日青森地方裁判所が言い渡した有罪の確定判決に対する再審請求事件について、同裁判所がした再審請求棄却決定に対し、請求人及び弁護人が即時抗告をした事案において、刑事訴訟法435条6号所定の明白性もないとの理由を付言した上、現決定は結論において是認できるとして、即時抗告を却下したした事例。 決定内容:請求人・死刑囚Kの上記請求棄却に対する即時抗告棄却(死刑囚Kは即時抗告)• 裁判官:飯渕進・早川幸男・大川隆男• 弁護人:主任弁護人・小川原優之ら 書籍 [ ]• 年報・死刑廃止編集委員会『死刑囚監房から 年報・死刑廃止2015』、2015年10月10日、111,238。 死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90『命の灯を消さないで 死刑囚からあなたへ 105人の死刑確定者へのアンケートに応えた魂の叫び』インパクト出版会、2009年9月10日、63-69頁。 死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90『死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』インパクト出版会、2012年5月23日。 関連項目 [ ]• - 本事件から約1年前の2000年6月11日、内の宝石店でなど293点約1億4000万円が奪われ、店長ら女性従業員6人が焼殺された。 - 本事件からちょうど1か月後の2001年6月8日、にあるで発生した無差別殺傷事件。 8名のが死亡し、15名(内訳、13名、2名)の負傷者を出す大惨事となった。 - この放火事件では3名が焼死し8名が負傷(死傷者合計11名)の惨事となった。 - 犯行に大量のガソリンが使われ、放火事件としては平成期以降最悪の死者数を出す惨事となった。 関連リンク [ ]• Web東奥・特集 東奥日報社. の2007年6月5日時点におけるアーカイブ。 2018年9月30日閲覧。

次の

奈良県橿原市で放火殺人か?!事件の詳しい内容!犯人は?首には刺し傷が!犯人は逃走|トレンドpick up

奈良 県 放火 殺人

【奈良県葛城市】公立高校2年男子生徒が自宅に放火し母親と弟を殺害しようとして逮捕 まず今回報道された内容が以下となる。 奈良県葛城市の自宅に放火し、同居する義理の母親(27)と弟(1)を殺そうとしたとして、県警少年課と高田署は21日、現住建造物等放火と殺人未遂の容疑で、公立高校2年の男子生徒(16)を逮捕した。 yahoo. 火は床・壁に燃え移っている。 放火後、高校2年の男子生徒は父親にLINEで火を付けたとメッセージを送り、事件が発覚している。 一体なぜ母親と弟を殺害しようとしたのだろうか・・・ 弟はまだ1歳の赤ちゃんなのに・・・ おそらく、家族関係が問題だと思う。 高校2年の男子生徒からして、今の母親は義理の母親であり父親の連れ子のようである。 弟の年齢からすると今の両親の子供だと分かるが、母親と高校2年の男子生徒の関係があまりうまく行っていなかったのだろうと思う。 母親の年齢からしても、27歳なので若いし16歳の子供の面倒を見れるほど大きな心を持っていなかったのかもしれない。 もしかすると、一人悩んでいたのかもしれないな。 今回彼が行った行動は、許しがたい行動でもあるが一概に彼を責めることも出来ない気もする・・・ ネット上の反応 【奈良県葛城市】自宅を放火した高校2年生とは? そんな彼の情報であるが、今のところ公表はされていない。 おそらく今後も公表されることはないだろう。 ただ、やはり今回の事件に関しては、高校2年生の男子生徒一人を責める事は出来ないと思う。 自宅を放火し母親と弟を殺害しようとしたことは、大変許しがたい行動だとは分かる。 だが、放火後に父親にLINEで火を付けたとメッセージを送っている事から、本当に殺すつもりでは無かったはずだ。 父親と見ず知らずの27歳の女性と結婚し、さらには二人の間に子供までも生まれて、おそらく自分は蚊帳の外だと思ったのかもしれない。 その為かまってほしくて今回の行動に出たのかもしれないが、判断を誤っているのも事実。 今後、このような事件を起こした高校2年の男子に対する27歳義理の母親の対応次第では、変化すると思うが、果たしてそのような広い心が義理の母親にあるのかどうかである・・.

次の