抱っこ紐 人気。 エルゴの抱っこ紐人気色ランキングTOP5|おしゃれで可愛い柄ものは?

抱っこ紐マニアの私が勧める、本当におすすめの抱っこ紐! [ママリ]

抱っこ紐 人気

「抱っこ紐」の比較方法 4ブランドの抱っこ紐について「価格」「対象年齢」「抱き方」「メッシュ素材」の4要素を比較していきますので、購入する際の参考にしてください。 1.価格 安いにこしたことはありませんが、機能性の高い抱っこ紐はどうしても高価です。 そのため値段と機能のバランスで納得のいくものを選びましょう。 なお、一覧表に記載の価格は2019年4月4日現在のamazonにおける販売価格です。 (amazonにて販売がない場合にはメーカー価格を掲載) 2.対象年齢 抱っこ紐の対象年齢は、主に 「0か月」の新生児から使えるものと、 「生後1か月」から使えるもの、そして首が据わった 「生後4か月」から使えるものがあります。 また、意外に見落しがちですが、抱っこ紐には必ず体重制限があり、主に 「15kg」まで使えるものと 「20kg」まで使えるものの2種類があります。 どれだけ長い期間使えるかも比較のポイントになります。 3.抱き方 抱っこ紐を使ってできる抱き方は5通りあります。 横抱き 授乳と時と同じような横抱きです。 首に負担がかからないため新生児を安全に運ぶことができます。 4.メッシュ素材 抱っこ紐を冬と夏のどちらの季節に合せて買うかと言えば、断然、 夏です。 冬の寒さは、ブランケットなどで覆えば何とでもなります。 一方で、蒸し暑い日は、抱っこ紐で体を密着させていると、赤ちゃんもママもたくさん汗をかきます。 抱っこすること自体が嫌になります。 そのため、通気性の良いメッシュ素材を選ぶのがおすすめです。 メッシュは、主に3か所に使われます。 赤ちゃんの 背中が当たる部分と、 肩ベルトの内側、そして 腰ベルトの内側です。 この3か所の内、使われている箇所が多いほど、値段が高くなります。 抱っこ紐・メーカー別全商品一覧 1.エルゴベビー(ergobaby) 抱っこ紐の人気NO1海外ブランド言えば「エルゴベビー」です。 しかし、日本人向けの商品も開発されており、特に肩紐をクロスして着用することができます。 対応しているのはADAPTシリーズとオムニ360シリーズです。 オムニ360クールエアは対応していない。 肩幅が狭い小柄な人でも肩紐がずり落ちるストレスがなくなるので日本人女性には嬉しい機能です。 新生児を抱っこするときにインサートが必要だったオリジナルシリーズと360シリーズの新商品はなく、今後はインサート不要のADAPTシリーズとオムニ360シリーズに集約されていくようです。 アップリカの抱っこ紐は、4か月未満までは横抱きのみの対応でしたが、新商品の「コアラ」シリーズの登場によって生後14日から縦抱きもできるようになりました。 その他、前抱っこ、おんぶ、横抱きとあらゆる抱き方に対応しています。 また、CTS(キャリートラベリングシステム)対応商品は、肩ベルトを外さずにベビーカーに乗せ換えることができます。 中でも抱っこ紐はベビービョルンが最も得意とする製品で40年前から作り続けています。 日本での人気も年々高まり、ついに今年は日本市場向けに日本人の体格にあった商品が販売されました。 シリーズ名 価格 対象 抱き方 メッシュ素材 19438円 1か月~ 15kgまで 対面・前向・おんぶ なし 23758円 1か月~ 15kgまで 対面・前向・おんぶ 背中・肩紐・腰紐 15800円 1か月~ 15kgまで 対面・おんぶ 背中・肩紐・腰紐 7363円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 なし 9629円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 背中・肩紐・腰紐 10806円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 背中・肩紐・腰紐 メッシュ生地の上にジャージ生地を張っている 4.コンビ(Combi) コンビは「ニンナナンナ」ブランドで抱っこ紐を販売していましたが、同ブランドはなくなり、現在は1種類のみ抱っこ紐を取り扱っています。 そこから見えてきた最近のトレンドは大きく2つあります。 1つは オールメッシュ化。 アップリカが夏の高温多湿な気候に合わせてメッシュ生地を使った商品を販売していましたが、海外メーカーのエルゴもベビービョルンも日本の市場に合わせて、ここ数年でオールメッシュタイプの商品を続々と投入してきています。 2つ目は、 新生児の縦抱きでインサート不要。 もともとエルゴベビーの商品はインサートを使って新生児を縦抱きするという仕様でした。 また、アップリカもインサートは使わないものの4か月未満の赤ちゃんは横抱きのみの商品展開となっていました。 しかし、インサート不要で新生児の縦抱きができるベビービョルンが人気となり、エルゴベビーでは「アダプト」、「オムニ360」というインサート不要の商品を続々と販売してきました。 そして、アップリカは横抱きにこだわっていたのですが、新生児はともかく生後3か月でも横抱きを強いられるというのは、親のニーズとはずれていましたし、エルゴとべビービョルンの人気に押されて、ついに新生児の縦抱きが可能な「コアラ」を販売し始めました。 ただし、「ホールディングパット」と言う、事実上のインサートを付ける必要があるのが残念な点です。 また「コアラ」にも、こだわりの横抱き機能を入れているのですが、個人的には横抱き機能をなくして、インサートも不要の低価格な「コアラ」をラインナップしたほうが間違いなく売れると思います。 と言うわけで、おすすめしたいのは以下の3つの条件を満たす抱っこ紐です。 1.オールメッシュ 2.インサートなしで新生児から縦抱き可 3.価格が安い 具体的にはエルゴの「オムニ360クールエア」、ベビービョルンの「ONE KAI Air」となります。 (ベビービョルンの「MINI AIR」と「WE AIR」も縦抱き可能なオールメッシュなのですが、「MINI AIR」は12か月までしか使えない、「WE AIR」は生産終了したのかほぼ手に入らないため除外しています。 ) 価格は2019年4月現在で、「オムニ360クールエア」が31320円、「ONE KAI Air」が23758円となります。 エルゴは8000円も高いのですが、体重制限が20kgまでとなっており48か月頃まで使えます。 ベビービョルンは15kgで36か月頃までです。 使用期間が長い分を考えると高くはないのですが、さすがに3歳を過ぎると使用することがかなり少なくなるため、「ONE KAI Air」でも十分かなと思います。 ただし、男の子で遺伝的に体重が大きくなりそうな赤ちゃんであればエルゴをおすすめします。 ベビーキャリア ONE KAI Air.

次の

簡単装着のコンパクトな抱っこ紐10選!2本目にはクロスタイプが人気!

抱っこ紐 人気

赤ちゃんが生まれてすぐに必要になるのが抱っこ紐。 家事や仕事などで忙しくしているママは、慣れていたとしても楽だとは言えません。 そこで便利なのが、新生児から使える抱っこ紐。 さまざまなブランドから、新生児から利用できる抱っこ紐が発売されています。 ブランドやアイテムごとに使い方やデザイン、機能などはさまざまあるので、購入前にはいろいろと比較検討したいものですね。 本記事では新生児の抱っこ紐選びに悩んでいるママに向けて、仕事でもプライベートでもベビーグッズ選びに携わっている筆者が、選び方のポイントからおすすめ品までを、実際の経験にもとづいて紹介します。 ぜひ参考にして赤ちゃんとの楽しい生活を実現させてください。 新生児の抱っこ紐とは 一般的に、抱っこ紐で赤ちゃんを抱き、自由にママが動けると感じるのは、首や腰が座った3ヶ月から半年頃以降の赤ちゃんです。 特に生まれたての新生児期の赤ちゃんは、か弱く首も座っていません。 抱っこ紐で固定したからと言って、ママが自由自在に動き回るのは危険です。 それでも抱っこ紐での移動を必要としているママに向けて作られているのが、新生児から使える抱っこ紐。 生後数ヶ月の赤ちゃんに向けた抱っこ紐とは異なり、クッション性や抱っこの補強機能が強化された作りになっています。 ブランドによっては新生児が利用する際には、付属のアクセサリーが必要となるアイテムもあるので、使用時には注意深くチェックするようにしてくださいね! 【こちらもCHECK】抱っこ紐に関連するおすすめ記事はこちら 新生児の抱っこ紐を選ぶ際に、気をつけたいポイント 抱っこ紐を使ってできる抱っこのタイプと月齢を知る 抱っこ紐にはさまざまなタイプがありますが、一般的には次の4種類のものが挙げられます。 新生児期から使えるタテ抱っこタイプ• 新生児期から使えるヨコ抱っこタイプ• 首がすわった頃から使えるタイプ• おんぶができるタイプ 新生児期から使えるタテ抱っこタイプの抱っこ紐の多くは、新生児をガードするクッションなどの付属アクセサリが必要なものです。 一方で、新生児期から使えるヨコ抱っこタイプは、多くがアクセサリなしで使えます。 しかしながら、生後数ヶ月の赤ちゃんは横抱きではご機嫌が悪くなってしまう子が多いので、タテ抱き抱っこに変更する必要があります。 また、首がすわった頃からのみ使えるタイプの抱っこ紐ではあるものの、先述したように追加でパーツを購入すれば新生児期から使えるタイプもあるので、購入時に確認するようにしてみてください。 くれぐれも新生児から使えない抱っこ紐で、無理に新生児を抱くことのないようにしてください。 新生児の体に危険を及ぼす重大な事故に繋がりかねません。 抱っこ紐を利用するシーンを考えて選ぶ 新生児の頃や月齢が低いうちは、ママ向きに抱っこをする機会が多い抱っこ紐ですが、おんぶができる半年以降になるとおんぶの方が移動や家事がしやすくなります。 そのため新生児から使える抱っこ紐を選ぶと言っても、ゆくゆくはおんぶもできる抱っこ紐を選んでおくのが賢明ですね。 また、腰がすわる生後半年頃になると、ママと同じ景色が見られる前向きを好む赤ちゃんもいます。 視界が広がることで機嫌がよくなるので、移動中などのグズり対策にはもってこいです。 移動が多くなるママは、前向き抱っこができる抱っこ紐も選択肢として考えてみるようにしてくださいね! ママの体への負担を考えて選ぶ 抱っこひもの種類によっては、ママの肩に大きな負担がかかる設計のものがあります。 あまり腕力がない方は、腰部分のベルトが太くてしっかりしたタイプの抱っこ紐がおすすめです。 腰の力で赤ちゃんの体重を支えると、肩の力で支えるよりも楽に感じるので、長時間の抱っこなどがかなり楽になります。 また、細身のママや小柄なママは、海外製の抱っこ紐のサイズがあわない場合があります。 体への負担が少ない設計で、自分の体のサイズにフィットするものを探し出してみてくださいね。 新生児の抱っこ紐おすすめ人気ランキングTOP15 ここまでは新生児の抱っこ紐について説明しました。 ここからはランキング形式で新生児の抱っこ紐を紹介するので、ぜひ参考にしてください。 15位 Cuby ベビーキャリア Amazonの情報を掲載しています こちらの商品は、育児グッズメーカーとして有名な「コンビ」から発売されている抱っこ紐です。 ほかのブランドのものよりも分厚く設計された肩ベルトに加え620gという軽量設計を採用し、ママの肩が楽になることを追求したのがこちらの「ジョイン」。 また、首が据わる前の赤ちゃんの頭を支えるインファントシートをつけると新生児タテ対面抱っこが可能。 首すわり以降も、タテ対面抱っこ、おんぶ、腰抱っこの3通りの使い方ができます。 小物を収納できるファスナー付きポケットや、頭を支えるおやすみフードなどもデザインされていて、細かいところにも使いやすい配慮があるのもうれしいポイントですね。 Amazonの情報を掲載しています こちらの商品は、ベビーバギーなどで有名な育児グッズメーカーの「グレコ」から販売されている抱っこ紐。 グレコ「ルーポップゼロ」は、抱っこ紐の中に「おくるみインサート」をつけることで赤ちゃんを包み込める、おくるみのような抱っこ紐です。 赤ちゃんがぐずっているときに、上半身を包み込んで足の動きを妨げない「おくるみ方式」は対策として有効だといわれています。 赤ちゃんが抱っこ紐のなかで寝てしまっても、おくるみに包んだまま布団に寝かせることができるので、起こしてしまう心配がありません。 抱っこ紐自体が、ペットボトル1本程度の軽さで携帯しやすく、持ち運びしやすいのもママにはうれしいポイントですね! こんな方におすすめ• グズり対策のされた抱っこ紐を探している方• お包み方式で抱っこできる抱っこ紐を探している方• ママの体への負担が少ない抱っこ紐を探している方 5位 抱っこ紐 Mobesy ベビーキャリア 抱っこひも こちらの商品は、シーンや成長にあわせて、パーツの組みあわせなど変更することにより、抱き方を変えれる設計になっている抱っこ紐です。 新生児から、キャリア単体の使用で、寝かせ抱きや横抱きの使用が可能。 首がすわり出す4カ月頃から、タテ抱っこ(対面抱き、前向き抱き)、おんぶなども使えるようになります。 腰ベルトを装着することによって肩ばかりに負担をかけるのではなく、荷重を肩と腰にバランスよく分散してくれることもうれしいポイント。 こんな方におすすめ• 低価格の抱っこ紐を探している方• 1つで4タイプのだっこができる抱っこ紐を探している方 4位 Aprica 抱っこひも コラン ハグ AB コンフォート こちらの商品は、育児グッズメーカーとして有名な「アップリカ」から発売されている抱っこ紐です。 赤ちゃんの首がすわるまでの期間は横抱っこをすると、赤ちゃんと目線をあわせやすくなるため、赤ちゃんとのコミュニケーションが取りやすくなります。 アップリカの「コランハグ」は、別売りのシートを使用すれば横抱っこにも対応できる珍しい抱っこ紐。 縦抱っこやおんぶのときに、赤ちゃんの脚が開きすぎないよう自然な形を保持してくれる点もうれしいポイントですね。 また、赤ちゃんの首を支える「ネックサポート」もついているので、首すわり前の赤ちゃんの抱っこにはもってこいの一品。 肩や腰のベルトが、日本人の体型にあわせて設計されているので、小柄なママにもうれしいアイテムです。 こんな方におすすめ• 横抱きにできるタイプの抱っこ紐を探している方• 新生児期から縦抱っこができるヘッドサポートがついていて、首が据わっていなくても、タテ抱っこできることが特徴です。 幅広で厚みのあるショルダーストラップとウエストベルトのパッドの厚みにより、肩に負担がかかりにくいのもママにはうれしいポイント。 ほかのベビービョルンのアイテムとは異なり、赤ちゃんの背中部分がメッシュ素材でできているので、汗っかきの赤ちゃんや暑い時期に抱っこ紐で移動することが多くなる赤ちゃんには、おすすめの一品となります。 新生児の抱っこ紐を使うときに注意すべきこと ブランドごとの使い方をしっかり守る 新生児から使用できる抱っこ紐は、各ブランドからさまざまなものが発売されています。 ブランドやアイテムごとでその使用方法は違うので、使用説明書を読まずに使うと大きな事故になりかねません。 使用開始時には、必ずブランドから出されている使用説明書やホームページなどをしっかり確認するようにしてください。 新生児から使用できることをしっかり確認する 各ブランドから出されている新生児から使える抱っこ紐。 しかし新生児用のクッションなどの、付属のアクセサリーを使わずに使用できるものは稀です。 付属アクセサリーが必要な場合は必ずブランドから指定されているものを利用するようにしてください。 アクセサリーを使用せずに新生児を抱っこする際は気をつけてくださいね! また、新生児のアクセサリーと謳っているものでも、首が座るごろまではあわせて使用するのが好ましい場合もあります。 普段の赤ちゃんの様子をしっかり保護者が確認し、適切なタイミングまで新生児用のアクセサリーを使用するようにしてくださいね! 赤ちゃんの転落や窒息に注意する 新生児期の赤ちゃんは、生後数ヶ月の赤ちゃんと比べても体が小さく、抱っこ紐に埋もれてしまうほどの大きさです。 特に上の子がいるママなどは手足や体がしっかりしている赤ちゃんを抱き慣れているので、その感覚で動いてしまうと思わぬ赤ちゃんの転落に繋がったりします。 靴を履くときなどに屈むと、スルッと抱っこ紐から転落してしまう危険性も……。 新生児期から使用できる抱っこ紐を利用しているからと言って安心することなく、転落に注意して行動するように気をつけてくださいね! また、月齢のある程度進んだ赤ちゃんと異なるのが窒息の危険があること。 新生児期の赤ちゃんはまだ息をする力も弱く、抱っこ紐に埋もれてしまい呼吸がしづらくなることもしばしば。 特に冬の寒い時期などは抱っこ紐の上から防寒具を着用させることもあるので、定期的に赤ちゃんが呼吸をスムーズにできているか確認するようにしてください。 新生児の赤ちゃんの中には、自分で呼吸することを忘れてしまう赤ちゃんもいるほどなので、注意しておきたいポイントです。 Amazon&楽天の抱っこ紐人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

エルゴベビーの抱っこ紐の人気色は?どの色がおすすめ?【お悩み相談】|cozre[コズレ]子育てマガジン

抱っこ紐 人気

出産準備としてそろえる赤ちゃん用品の中でも、どの抱っこ紐を購入するかは重要ポイントですよね。 ママもパパも使いやすく、赤ちゃんも快適なものを選びたいところです。 今回は、「エルゴベビーの抱っこ紐で人気の色はどれ?」というプレママからの相談です。 エルゴベビーのベビーキャリアは、色が豊富な上に柄ものもあり、新生児からインサートなしで使えるエルゴアダプトや通気性の良いメッシュ素材のものなど複数のタイプがあります。 実際にエルゴの抱っこ紐を使用している先輩ママは、どのカラーをセレクトしたのでしょうか?淡い色では汚れや色あせが目立ちにくいグレー、濃い色ではブラックが人気色のようですが…。 おすすめのタイプや選んだポイント、使い心地を聞いてみました。 おしゃれに進化するエルゴに目移りしてしまいます! 私の周りでも、最近はたくさんの色やデザインのエルゴをお持ちのママ達がいらっしゃいます。 ついこの前まではグレーや黒など、いわゆる無難な色をお持ちの方が多かったように思います。 それはきっと、性別を問わないし、ママの服にも合わせやすいからかと。 でも最近では、ラベンダーやグリーンなど、そしてリバティなどの柄が入っているものを持っておられると、ふと目が行きますね。 おしゃれに進化するエルゴに、目移りしちゃいますね。 淡い色は汚れが目立つ、これは分かりきっていますが、それは覚悟でほぼ毎日使うエルゴを、色やデザインで楽しむのも良いかと思います。 (さえもえママさん,ママ,39歳,兵庫県).

次の