山本 弘。 山本弘 (やまもとひろし)とは【ピクシブ百科事典】

Webミステリーズ! : 【特別掲載】山本弘『BISビブリオバトル部』第5部連載開始!

山本 弘

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年3月) 山本 弘(やまもとひろし、 - )は、日本の。 概要 [編集 ] (現)に生まれた。 まもなく父親について長野県へ転居する。 1945年に入ると言って上京するが入隊しなかった模様で、帰郷してまもなく終戦を迎えた。 戦後ヒロポン中毒に苦しみ、山本も何度か自殺未遂を繰り返していった。 帝国美術学校(現)に入学するが中退した。 沿線に住み、らと交流する。 菊華女子高等学校で開かれた第1回杉並文化展に出品する。 20歳代早いころ飯田市へ帰る。 等に出品する。 相変わらず何度も自殺未遂を繰り返した。 34歳で結婚し以後に苦しみながら油彩を制作し続けた。 山本はその後、飯田市で何度も個展を開き、40歳代後半、2度アル中治療のため飯田病院へ入院するが完治には至らなかった。 最後に1年余の入院から退院後から間もなく1981年7月15日、山本は自殺を遂げた。 51歳だった。 山本の死後、に50点余が収蔵された。 また美術評論家のにも絶賛され、東京都京橋の東邦画廊で遺作展を繰り返し、ワシオトシヒコ等美術評論家より高い評価を受けた。 その後、銀座や日本橋の兜屋画廊、77ギャラリー、ギャラリー汲美、ギャラリーMoMo六本木、ギャラリーゴトウ、戸村美術、ギャラリー403、銀座K'sギャラリー-an、道玄坂アートギャラリーで個展を開いている。

次の

楽天ブックス: プロジェクトぴあの 上

山本 弘

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 風狂無頼の画家山本弘との半世紀 - mmpoloの日記はてなブックマーク - 風狂無頼の画家山本弘との半世紀 - mmpoloの日記 プレビュー 風狂無頼の画家山本弘との半世紀 - mmpoloの日記 私はのだった。 はのだがそれほど多くの民に知られてなかった... 概要を表示 私はのだった。 はのだがそれほど多くの民に知られてなかった。 知っている人もあののかという程度のだったろう。 いつも酔っ払った姿で市内を、雑言は毎度のことだった。 人のを見に行って、こんなの絵じゃないなんて言っていた。 絵は売れずのさんなどがさんの色紙、とくにの色紙を売り歩いていたので、民はの弘さんと呼んでいたと聞く。 で開かれたの際も、来場した知人が弘の絵が分かるのはで3人くらいだと言っていた。 まんざら誇張でもないように思われた。 私はを後1年ほどしてを訪ねになった。 し、に僕はは採らならと呼ぶなと言われたので終始さんと呼んでいた。 も私は絵を描くつもりはなかったので絵のというわけではない。 では何を習っていたのかと聞かれたは酒.

次の

[B!] 風狂無頼の画家山本弘との半世紀

山本 弘

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。 毎月5日ごろに更新しています。 創刊は2006年3月8日。 最初はwww. tsogen. jp内に設けられました。 創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。 桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。 〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。 それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。 09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。 それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。 また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。 紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。 2009年4月10日/2016年3月7日 編集部 【ビブリオバトル公式ルール】• 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.• 2.順番に一人5分間で本を紹介する.• 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.• 78年「スタンピード!」で第1回奇想天外SF新人賞に佳作入選。 87年、ゲーム創作集団「グループSNE」に参加、作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。 2003年発表の 『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また07年発表のが第29回SF大賞の候補作となり、06年の 『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がる。 11年 、『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を受賞。

次の