ファイル マネージャー android。 AndroidでNASに接続出来る使いやすいファイルマネージャー

Android 用の ファイルマネージャー APK をダウンロード

ファイル マネージャー android

Contents• Androidに危険アプリが多い理由 以前から、iPhoneアプリに比べてAndroidアプリは危険なアプリが多いと言われています。 本当のところは不明ですが、Androidアプリの70%は危険とも言われています。 その理由は、AndroidアプリとiPhoneアプリのアプリ登録の違いにあります。 iPhoneアプリとAndroidアプリの登録の違いを見てましょう。 iPhone Android アプリ登録料 $99 $25 審査 厳しい 緩い この表は現在のもので、Androidアプリの審査は今でもiPhone(iOSアプリ)に比べて緩いと言われていますが、当初から危険アプリが多いと言われていたGoogleは2011年にアプリの審査を厳しくしました。 とはいえ、iPhone(iOSアプリ)に比べたらまだまだ緩いものです。 また、中華製アプリが多いことも危険であるひとつの要因かもしれません。 Androidアプリに危険なアプリが多いとは言っても、Androidユーザーは多いですよね。 XpeiraもGalaxyもAndroidだし、格安SIMフリースマホもAndroidです。 筆者もiPhoneの他にAndroidを所持しています。 Windows Phoneなどもありますが、スマホのシェアとしてはiPhoneとAndroidが主流なのでAndroidを避けることはできません。 でも、危険なアプリを知っていれば、危険を回避することはできますよね。 現在わかっているAndroidの危険アプリをご紹介しますので、このアプリはインストールしない!または即アンインストールして、Androidスマホを安全に使いましょう。 Androidの危険アプリ一覧 QuickPicギャラリー QuickPicギャラリーは、画像ビューアプリで大人気でした。 ですが、2015年に中国のCheetah Mobileに買収されました。 スマホに詳しい人なら、「中国アプリ」と聞いた時点でピンと来るかもしれませんが、QuickPicギャラリーも買収後、中国サーバーに個人情報を送っています。 大体、アプリはそのアプリと関係のある情報にはアクセスしますが、危険アプリはそのアプリと関係のない情報にもアクセスをします。 個人情報は自分だけでなく、友人・知人にまで及ぶので、「自分の個人情報くらいたいしたことない」とは思わないで下さいね。 ESファイルエクスプローラー ESファイルエクスプローラーはファイルマネージャーとして大人気でした。 本当に優秀なファイルマネージャーです。 なのですが、無料版が中国のBaidu(百度)に個人情報を送っていると言います。 少し詳しい人なら、Baidu(百度)と聞いたら「危険!」と感じますよね。 BaiduはAndroidアプリに限らずパソコンでも個人情報を取得していることで有名です。 また、不正通信だけでなく、かなりのRAMとCPUを食うのでやめた方がいいですね。 DU Speed Booster Cleaner DU Speed Booster Cleaner は、「キャッシュや不要ファイルを削除して電話を高速化する最高のキャッシュクリーナー&メモリブースター」と言われています。 ですが、実態は、個人情報を入手するためのアプリをダウンロードさせようとするアプリです。 そして、個人情報が送られているといいます。 Androidアプリの中にはこの手のキャッシュクリーナー&メモリブースターアプリというのは数多くありますが、実はそのほとんどが危険アプリです。 CleanMaster CleanMasterは、キャッシュクリーナー&メモリブースターとして大人気で常にトップにあるようなアプリです。 そのアプリが危険と聞いたら、「え?」と思うかもしれませんが、このアプリは本当に危険です。 インストールして使ってみるとわかりますが、すごく便利なアプリです(本当に効いてるのかは不明ですが)。 ただ、無料アプリには当然付きものの広告が出るのは仕方ないのですが、問題は、他のアプリ(もちろん危険アプリ)をダウンロードさせようとしてくるところで、気をつけていても気がついたらインストールされていたりします。 ちなみに、このCleanMasterもQuickPicギャラリーと同じく、Cheetah Mobileの開発です。 Baiduと同じく、Cheetah Mobileも要注意ですね。 CM Security CM Securityも人気のあるアプリなのですが、CleanMasterなどと同じく、スマホが危険!という、一見広告とは見えない広告を出して、他の危険アプリのインストールを促してきます。 というか、このアプリ自体、CleanMasterなどが「Android最新版へアップデート」などと表示させてダウンロードされることが多いアプリです。 なので、やっていることはCleanMasterと同じなのですね。 その他にも、連絡先や電話番号を外部に送信しているとの噂もあります。 ちなみに、このCM SecurityもCleanMaster同様、元Kingソフトでしたが、現在はCheetah Mobileになっています。 360 Security 360 Securityは、中国の奇虎360グループが開発しているセキュリティアプリです。 奇虎360グループは中国大手のセキュリティ企業なのですが、CM Security同様、悪質な広告に誘導されてインストールされることが多いアプリです。 悪質な広告からインストールされるアプリが安全であるはずないですよね? それはもう、説明する必要はないと思いますが、危険アプリだからこそ、同じ危険アプリから誘導されるのです。 安全なアプリは、そのようなことはしません。 UC Browser UC Browserは高速がウリのブラウザで、主に中国をはじめとするアジアで人気のあるブラウザです。 しかし、UC Browserは個人情報がダダ漏れになっていると、アメリカ・カナダ・イギリス・ニュージーランド・オーストラリアの5カ国共同チーム"NTAT" で明らかにされています。 なんでも、諜報機関にとってはとてもありがたいアプリだそうです。 日本では、諜報機関と言うと、映画などの世界のものと思われがちですが、諜報機関のない国という方が実は珍しいのです。 そして、日本は諜報機関にとって、とてもありがたい(スパイ活動がしやすい)国として有名です。 高速なブラウザはとても魅力的ではあるのですが、UC Browserは危険です。 sauce:GIGAZIN「 ドルフィンブラウザ ドルフィンブラウザは、Flash対応、広告無し、HTML5でビデオ視聴可能を謳い文句に、人気のあるブラウザです。 なのですが、このドルフィンブラウザも個人情報、というかスマホの中身全て通信されています。 はい、スパイウェアが仕込まれています。 ブラウザで検索する際に、シークレットモードってありますよね。 検索内容を履歴に残さない検索方法です。 普通、このシークレットモードで検索した内容はどこにも漏れないはずなのですが、ドルフィンブラウザはそのシークレットモードでの検索も筒抜けになってしまいます。 QQ Browser QQと聞いて、もしかしたらピンとくる方もいるかもしれませんが、QQ Browserはその名からわかる通り、中国のインスタントメッセンジャー・QQのブラウザなのですね。 また、中国です。 このQQ Browserは、ユーザーの閲覧したページや検索フレーズ、周辺のWi-Fiのアクセスポイント、ハードディスク HDD のシリアル番号、Android IDなどの個人情報を送信していると明らかになっています。 sauce:GIGAZIN Simeji 今さら説明は不要なのではないか、と思うのですが、日本語入力IMEであるSimejiも危険です。 もう随分と前から、Simejiは、情報をBaiduに送信していることが指摘されています。 確かに着せ替えができたりと、かわいいIMEではあるのですが...。 さいごに Androidを使用していると、セキュリティ警告と間違えてしまう広告が表示されることが少なくありません。 しかし、その表示は広告であり、本当のセキュリティ警告ではないことを覚えておいて下さい。 Android OSがセキュリティ警告を出し、何かのアプリのインストールを促すことは絶対にありません。 また、全てではないと思うのですが、中国製アプリに危険なアプリがダントツで多いです。 中国の企業は全て中国政府が絡んできます。 中国はスパイ活動がとても盛んな国です。 そのため、個人情報を中国サーバーに送るのは普通になっています。 なので、中国製アプリは基本的に避けた方がいいかもしれません。 最後に、Androidスマホを安全に使用したくてインストールするアンチウイルスアプリ。 無料のアンチウイルスアプリは危険なものが多いです。 なので、アンチウイルスアプリをインストールするなら、できれば有料のウイルスアプリがベストです。 もし無料を入れるのなら、Avastなど信頼できるものを選びましょう。 については、こちらで解説しています。

次の

【Android】ファイルマネージャーのおすすめアプリ7選!ファイルを管理しよう!

ファイル マネージャー android

ファイル・フォルダ・ドライブとは? ファイルアプリを紹介する前に、そもそもファイルやフォルダとは何かということを理解しておく必要があると思います。 まずその点を説明します。 ファイル ファイルというのは、文書とか音楽とかの データ本体のことです。 テキストファイル・音楽ファイル・動画ファイルなど色々な形式があります。 ファイルの形式によって開くアプリが決まっています。 音楽ファイルはミュージックプレーヤーアプリで、文書はワープロアプリで開いてくれます。 フォルダ フォルダというのは、ファイルを分類するための 入れ物のことです。 写真をアルバムに分類することに例えてみると、写真がファイル、アルバムがフォルダということです。 フォルダの中にさらにフォルダを入れることができます。 「写真」フォルダの中に、「修学旅行」「文化祭」「体育祭」「卒業式」などのフォルダを作って、それぞれの写真ファイルを分類したりします。 ドライブ ドライブとは、フォルダを格納する 最上位の入れ物と言えるでしょうか。 アルバムをフォルダに例えるなら、ドライブは幾つものアルバムを並べておく本棚と言えます。 Androidで言うならば、端末本体とSDカードはそれぞれ別のドライブと言うことになります。 ファイルマネージャーは端末内やSDカード、USBメモリーなどの ファイルを操作することができます。 また画像や音楽、動画、文書を探し出して自動的に振り分けて表示してくれます。 他にもDropBoxなどの クラウド上のファイルを操作することもできますし、 PCとも接続してファイルのやり取りができます。 インストールした アプリのバックアップを取ることもできます。 よく開くフォルダを お気に入り登録したり、過去に開いたフォルダの 履歴から再度開くこともできます。 さらに、広告が余り目立たないのも好感が持てるポイントです。 ファイルアプリの中には鬱陶しい広告を表示するものがありますが、このアプリはお勧めできます。 Cx File Explorer.

次の

Androidから不要なファイルを削除する方法

ファイル マネージャー android

強力なファイルマネージャーアプリは、あらゆるAndroidデバイスにとって非常に重要です。 フォルダやダウンロードの場所を特定、デバイスのストレージの管理、ファイルの転送、内部ファイルの変更などに役立ちます。 言いかえれば、有能なファイルマネージャーはユーザーのデバイスを完全に把握できるということです。 しかしながらいくつかの曖昧な理由により、ファイルマネージャーはAndroidベースのデバイスにとって標準にはなっていません。 ほとんどのスマートフォンにはfactory file managerが付属していますが、これらにはスピードとその他必要な機能が不足しています。 このためユーザーには、サードパーティーアプリケーションという選択肢が唯一残されているのみなのです。 10個か15個のアプリから選ぶというのであれば簡単ですが、ファイルマネージャーアプリは何百もあり、これほどたくさんの中から適切なものを選び出すというのは容易ではありません。 でも心配しないでください、この記事を読んでいるのだから大丈夫。 本記事ではAndroid OS用の最新かつ最も便利なファイルマネージャー、ファイルエクスプローラー、そしてファイルブラウザーアプリをご紹介します。 賢い選択を! 15. Amaze File Managerはオープンソースが好きなユーザー向けです。 スムーズかつ軽量で、有能なファイルマネージャーに求める基本的な機能をすべて持っています。 また複数のウィンドウで同時にファイルを検索でき、お気に入りの曲や映画のための素早く簡単なナビゲーションを可能にするショートカットタブも備えています。 特定のフォルダをブックマークする機能もあり、有料のプラグインとのクラウド統合も提供します。 また、直接の操作でバックアップを作成できる優れたアプリマネージャーを備えており、さらに使いやすくするために複数のテーマを選ぶことも可能です。 ES File Explorer File Manageは、あらゆるファイルを管理するシンプルで効率的かつ賢いツールです。 他のアプリケーション、音楽、映画、そしてドキュメントを、ワイアレスで簡単に他のデバイスへ送信できます。 サイドバーは便利で、簡単なナビゲーションのために様々なストレージロケーションへのショートカットキーがあります。 またGoogle DriveやDropboxなどのクラウドサービスやWebDAVやFTPなどのサービスにも対応します。 30の言語のためのシンタックスのサポートとキャッシュクリーナーを備えており、また優れたリモートマネージャ機能によって、デスクトップからすべてのAndroidファイルにアクセスできます。 ルートユーザーはこのアプリを使用してファイルディレクトリ全体にフルアクセスし、許可を変更できます。 総じて便利なアプリといえるのですが、たくさんの広告が玉に瑕です。 Solid Explorerは優れたファイルマネージャーで、ファイルの移動を簡単にするために2つのウインドウを同時に表示するデュアルペインのファイルエクスプローラーを備えています。 Zip、7Zip、Tar形式の暗号化圧縮されたファイルを作成でき、またFTP、SFTP、WebDavにも対応しています。 プラグインを介して利用できる機能はほとんどありませんが、多数のアイコンやテーマ、カラースキームからの選択によって高度なカスタマイズが可能です。 試用版は2週間の使用が可能で、完全版は1. 99ドルで購入でき、大変お買い得です。 FX File Explorerはたくさんの素晴らしい機能とMaterial Design UIを備えた堅牢なAndroidファイルマネージャーであり、スマートフォンのメディアファイルやフォルダ管理から生じる面倒を取り除きます。 また、Wi-Fi経由でドキュメントやファイルを他のAndroidデバイスへ転送できます。 そしてデスクトップのブラウザからもメディアファイルを転送ないし管理することが可能であり、さらにデスクトップからスマートフォンにファイルやフォルダをドラッグアンドドロップできる機能が追加されました。 そのほかの機能としては、デュアルウィンドウモード、ストレージの健全性ステータスの閲覧、クールなホーム画面などあります。 Android File Managerは効率的なAndroidデバイス用ファイルマネージャーアプリケーションであり、無料で使用できます。 このアプリはすっきりとしていてシンプルなインターフェイスを備え、ファイル管理機能をほとんど網羅しています。 シンプルさが際立ち、不要な機能はありません。 必要に応じてデバイスのファイルやフォルダへの直接のアクセス、インストール済みのアプリのスキャン、またそれらの削除ができます。 もしもあなたがルート化したAndroidのユーザーで、自分のデバイス仕様のファイルマネージャーをお探しでしたら、Root Explorerを試してみるべきです。 このアプリを使用することでデバイスのファイルシステム全体にアクセスできます。 また、Googleドライブ、Dropbox、SMBネットワークなどのクラウドストレージサービスをサポートしています。 圧縮されたZipファイルおよびtarファイルの作成やすばやい検索、その他たくさんのことができ、さらに長時間の操作中に落ちるのを防ぐ新機能も追加されました。 MiXplorerは完全なファイル管理アプリで、頭を痛めることなくファイルやフォルダの管理を簡単に行えます。 ファイルのコピーや移動、個々のフォルダのカスタマイズなどの基本的なファイル管理機能に加えて、高度な機能も提供されます。 ZIP、7z、TAR、RAR、ISOなどのほとんどすべての一般的なarchive file形式でファイルを作成および抽出でき、さらにクラウドストレージアカウントへの接続も簡単です。 ほとんどのAndroidデバイスで完璧に動作しますが、とりわけルート化したものには最適です。 GM Filesは無料で非常に優れたAndroid用ファイルマネージャーアプリです。 すべてのデバイスファイルをよりよく管理するのに役立つ便利な機能が満載で、基本的なファイル操作に加えてWi-Fiを介したデータ転送、ジャンクや未使用のアプリケーションやファイルの内部メモリの分析などの高度な操作が可能です。 携帯電話でアプリケーションの作成、削除、バックアップおよび共有することをができ、また直接クラウドに保存することを容易(複数アカウントに対応)にします。 さらにFTP、FTPS、SFTPサービス、GIFファイルを含むメディアフォーマットに対応しており、なにより完全に無料で広告がないのが最高です。 Astro file managerは人気でとても機能的で完全に無広告のファイル管理ツールです。 デバイスの完全な操作を実現し、ファイルおよびフォルダの作成、移動、コピー、圧縮ができます。 高度なストレージアナライザー機能があり、スペースを解放するためにジャンクアプリやファイルについて通知してくれます。 スマートクラウドマネージャの機能により、バックアップの作成や、デバイスのローカルストレージからSDカードやクラウドへのファイルの移動が簡単であり、メディアプレーヤーを内蔵しているために画像や動画を開くことができます。 Asus File ManagerはASUS ZenUIスマートフォンのデフォルトのファイルマネージャアプリですが、他のほとんどのAndroidデバイスと互換性があります。 シンプルですっきりとしたユーザーインターフェイスを持ち、クラウドストレージのサポートを備えています。 たくさんの便利なディスクツール、デバイスのストレージを調べるためのストレージアナライザー、そして削除したファイル回復するためのごみ箱を備えており、さらにファイルマネージャーのホーム画面から簡単にファイルの閲覧ができます。 いくつかの互換性の問題を除けば、このアプリに文句の付けどころはありません。 File Expertを使用すると、本当の意味でデバイスをフルコントロールできます。 内部、SDカード上またはクラウドストレージ上にあるフォルダやファイルの管理できます。 ファイルをカテゴリ別、classicのツリー構造別、または修正日別に表示することができます。 削除したファイルの回復から、機密ファイルをロックしておくsafeボックスまでとしての機能を果たすごみ箱が特徴です。 またルートユーザーはファイルのアクセス許可の操作、システムファイルの変更が可能であり、さらにいつでもどこでもそれにアクセスできる個人用のホームベースのクラウドストレージを作成できるというクールな機能を備えています。 Ghost Commander File Managerはファイル管理に関わるあらゆるニーズに対応するために特別にデザインされたオープンソースのツールです。 デュアルペインシステムを採用しており、操作がローカルか他のデバイスからのリモートかに関わらず、簡単にファイル管理ができます。 FTPやSFTPサーバー、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージサービス(プラグインを通じて)をサポートしています。 その他の機能としてはテキストエディタが内蔵されており、またZIPアーカイブへも対応しています。 高度なカスタマイズが可能で、好みに応じて外観を変更できます。 単純な名前にだまされてはいけません。 File Managerは、強力で人気のあるAndroidデバイス用ファイルマネージャーアプリケーションです。 デバイスにインストールされているすべてのアプリケーションにアクセスして管理でき、またデスクトップから直接デバイス内部のストレージにアクセスできます。 さらに内部メディアプレイヤーが付属しており、画像のプレビューや音楽の再生が可能です。 すっきりしていてクラシックなインターフェイスの頼もしいファイル管理アプリをお探しですか?それならX-plore File Managerがぴったりです。 デュアルペインのファイルエクスプローラーとフォルダの階層ツリービューが、切り替えとファイル転送を容易にしてくれます。 コピー、貼り付け、そして他のアプリケーションのアンインストールなど基本的なファイル管理機能がすべて用意されており、デスクトップブラウザからファイルにアクセス可能、そしてFTPおよびFTPSサーバーもサポートしています。 ルート化されたデバイスのユーザーは機密デバイスデータを調べて変更することも可能です。 SSHファイル転送、WiFi経由のファイル共有、音楽やビデオのためのメディアプレーヤーなどの機能を取得するために、アプリ内購入(1. 60ドル)を選択することもできます。 最後に、すべてのAndroidスマートフォンのための理想的なファイルマネージャーとしてTotal Commanderをご紹介します。 FTPとSFTPクライアントとしてこのアプリを使用し、プラグインを使ってLANアクセスをできます。 テキストエディタとメディアプレイヤーを内蔵しているのでお気に入りのビデオをLANから直接再生できますし、30以上の言語と方言に対応しています。

次の