韓国 語 基本 単語。 韓国の社会と文化の韓国語単語一覧、単語一覧_ 韓国語 Kpedia

韓国人と話すときに絶対知っておきたい韓国語単語30選!

韓国 語 基本 単語

韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう! 韓国のアイドルたちがリアルタイムでファンたちと交流することも、オルチャンたちがネットで動画を配信することも珍しくなくなりました。 韓国専門チャンネルでも、アイドルが総出演しているバラエティー、次世代のアイドルを発掘するオーディション番組などが配信されています。 アイドルグループのメンバーが韓国語トークで盛り上がっていたり、オルチャンが韓国語でファッションやメイクを紹介していたりするだけで、韓国語の内容がわからなくても楽しめてしまいます。 ですが、ちょっとでも内容を理解することができたら、2倍も3倍も楽しめるはずです。 日本語字幕がなくても、韓国語の基本をおさえるだけで理解することができる内容もたくさんあります。 そこで今回は、「語彙」「文法」「フレーズ」から韓国語の基本をご紹介します。 この記事の目次 韓国語の基本語彙 外国人日本語学習者が、ある程度ペラペラに日本語が話せるようになるためには、およそ10000語彙を覚えなければならないといわれています。 日本人英語学習者が難なく英語でコミュニケーションをとれるようになるには、3000語彙が必要といわれています。 日本人韓国語学習者が、ネイティブスピーカーの韓国語を理解して、流暢な韓国語で会話ができるようになるためには、 5000語彙が必要とされているのです。 英語よりも2000語彙も多いと思うかもしれませんが、日本語は10000語彙も必要だといわれていますし、韓国語の語彙のうち日本と共通する中国語からの借用語もたくさんあるため、日本人にとって韓国語5000語彙は、それほど難しいものでもないと考えられます。 韓国語の基本語彙、つまり韓国語で使用頻度が高いとされる語彙をみていきましょう。 すでに聞き覚えがある語彙もあるはずです。 韓国語会話の語彙で基本となる代名詞を覚えておくと、会話の内容を理解しやすくなります。 また、いわゆる「こそあど」も知っていると便利でしょう。 韓国語の基本語彙から、基本的な名詞もピックアップすることはできますが、どのようなシーンで韓国語を使用するかによって、実際のところは必要な知識が違ってきます。 韓国語旅行で韓国語を使用するのか、韓国語に留学して使用するのか、現地で生活をするために使用をするのか、日本国内で韓国のドラマやバラエティーを楽しみたいのか、自分にとって必要な単語を覚えていくことが、基本的な韓国語の語彙力を増やしていくコツともいえるでしょう。 韓国語の基本文法 韓国語の基本的な文法は、「主語(S)-目的語(O)-述語(V)」の語順となっている 『SOV型』でほぼ日本語と同じ語順です。 複数の語彙を2パターンの基本文法にあてはめるだけで、韓国語の表現を広げることができるでしょう。 韓国語のテキストなどでも、初級では最初の文法として紹介されている基本的な文法です。 自己紹介のシーンでも使うことができるので、韓国人と出会った時には積極的に使いたいものです。 サランヘヨ(사랑해요)というフレーズにするとわかりやすいかもしれませんが、この해요(ヘヨ)は합니다(ハムニダ)よりもカジュアルな敬語になります。 韓国語の基本フレーズ 韓国語の 基本フレーズが応用できれば、ちょっとしたコミュニケーションにとても役立ちます。 韓国旅行でも韓国留学でも、現地で使える基本フレーズをご紹介します。 「감사(カムサ)」は「感謝」の意味です。 YESとNOはきちんと主張できるようにしておきましょう。

次の

【韓国語の単語一覧】よく使うハングルの単語まとめ

韓国 語 基本 単語

助詞編 続いては会話に重要な助詞を勉強していきます。 よく使う助詞をまとめました。 この表で言うと、 スラッシュの左側がパッチム無の時 スラッシュの右側がパッチム有の時 に使います。 単語カードで復習 ここで出てきた単語の復習用です。 下の水色のラインをタップすると問題がスタートし、?マークをタップで解答が表示されるようになっています。 Iframe対応ブラウザでご覧ください。 まとめ 以上が韓国語初心者入門5日目の 「必ず覚えておきたい基本単語ドリル」でした。 この記事では問題を解いていく形式でしたが、ノートに書いたり声に出しながら覚えると単語がどんどん定着していくと思います。 韓国語の語順は日本語と一緒なので語彙量が増えるほど会話のバリエーションも広がっていきます。 私も自分なりにカテゴリー分けして覚えやすくまとめたりして少しずつ語彙を増やしていきました。 ぜひ自分なりのアレンジで語彙を増やしてみてください。 韓国語初心者入門一週間のプログラムはこちらからどうぞ!.

次の

韓国語のあいさつ・基本フレーズ

韓国 語 基本 単語

韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう! 韓国のアイドルたちがリアルタイムでファンたちと交流することも、オルチャンたちがネットで動画を配信することも珍しくなくなりました。 韓国専門チャンネルでも、アイドルが総出演しているバラエティー、次世代のアイドルを発掘するオーディション番組などが配信されています。 アイドルグループのメンバーが韓国語トークで盛り上がっていたり、オルチャンが韓国語でファッションやメイクを紹介していたりするだけで、韓国語の内容がわからなくても楽しめてしまいます。 ですが、ちょっとでも内容を理解することができたら、2倍も3倍も楽しめるはずです。 日本語字幕がなくても、韓国語の基本をおさえるだけで理解することができる内容もたくさんあります。 そこで今回は、「語彙」「文法」「フレーズ」から韓国語の基本をご紹介します。 この記事の目次 韓国語の基本語彙 外国人日本語学習者が、ある程度ペラペラに日本語が話せるようになるためには、およそ10000語彙を覚えなければならないといわれています。 日本人英語学習者が難なく英語でコミュニケーションをとれるようになるには、3000語彙が必要といわれています。 日本人韓国語学習者が、ネイティブスピーカーの韓国語を理解して、流暢な韓国語で会話ができるようになるためには、 5000語彙が必要とされているのです。 英語よりも2000語彙も多いと思うかもしれませんが、日本語は10000語彙も必要だといわれていますし、韓国語の語彙のうち日本と共通する中国語からの借用語もたくさんあるため、日本人にとって韓国語5000語彙は、それほど難しいものでもないと考えられます。 韓国語の基本語彙、つまり韓国語で使用頻度が高いとされる語彙をみていきましょう。 すでに聞き覚えがある語彙もあるはずです。 韓国語会話の語彙で基本となる代名詞を覚えておくと、会話の内容を理解しやすくなります。 また、いわゆる「こそあど」も知っていると便利でしょう。 韓国語の基本語彙から、基本的な名詞もピックアップすることはできますが、どのようなシーンで韓国語を使用するかによって、実際のところは必要な知識が違ってきます。 韓国語旅行で韓国語を使用するのか、韓国語に留学して使用するのか、現地で生活をするために使用をするのか、日本国内で韓国のドラマやバラエティーを楽しみたいのか、自分にとって必要な単語を覚えていくことが、基本的な韓国語の語彙力を増やしていくコツともいえるでしょう。 韓国語の基本文法 韓国語の基本的な文法は、「主語(S)-目的語(O)-述語(V)」の語順となっている 『SOV型』でほぼ日本語と同じ語順です。 複数の語彙を2パターンの基本文法にあてはめるだけで、韓国語の表現を広げることができるでしょう。 韓国語のテキストなどでも、初級では最初の文法として紹介されている基本的な文法です。 自己紹介のシーンでも使うことができるので、韓国人と出会った時には積極的に使いたいものです。 サランヘヨ(사랑해요)というフレーズにするとわかりやすいかもしれませんが、この해요(ヘヨ)は합니다(ハムニダ)よりもカジュアルな敬語になります。 韓国語の基本フレーズ 韓国語の 基本フレーズが応用できれば、ちょっとしたコミュニケーションにとても役立ちます。 韓国旅行でも韓国留学でも、現地で使える基本フレーズをご紹介します。 「감사(カムサ)」は「感謝」の意味です。 YESとNOはきちんと主張できるようにしておきましょう。

次の