鬼滅 年間売上。 『ONE PIECE(ワンピース)』を超える異例の売上。『鬼滅の刃』が大ヒットした理由|ferret

鬼滅の刃、現在の年間売上、完全にバグってしまうwwwwwwwww

鬼滅 年間売上

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された、吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)による漫画『鬼滅の刃(きめつのやいば)』が、異例の大ヒットを遂げています。 2016年から連載された本作の累計発行部数は、2019年11月時点で2500万部を突破。 2019年12月4日発売の第18巻は初版100万部を超える勢いで、これは2013年の「黒子のバスケ」と「暗殺教室」以来の快挙。 また『オリコン年間コミックランキング 2019「作品別」』では、期間内の売上が1,205. 8万部を記録し第1位となりました。 参考: では、この『鬼滅の刃』は、いつ、どのようにして、このような大ヒットとなったのでしょう? 今回は Googleの検索ボリュームをもとに、ヒットの要因を探ります。 ONE PIECE(ワンピース)との比較 まず、同じく『週刊少年ジャンプ』の看板作品であり、12月発売の95巻をもって全世界累計発行部数が4億6000万部を突破すると言われる『ONE PIECE(ワンピース)』と比較し、『鬼滅の刃』がどれだけヒットしているのかを探ってみます。 『鬼滅の刃』は、コミックスの同年年間累計売り上げが推定1080万部で、『ONE PIECE』に続く2位を記録したことは、近年のコミックス業界では異例の快挙と言えます。 直近の1ヶ月ではONE PIECEを凌ぐ検索ボリュームがあることがわかります。 なお、『ワンピース』に関する検索数は通年を通して大きいですが、この検索の中には、ワンピースのIPを使ったゲームやCM放送に関連するものが多いです。 今後、IPヒットにともないゲームやグッズ、その他コラボによって『鬼滅の刃』の検索ボリュームがさらに上昇・維持する可能性は大いにあります。 時系列で探る『鬼滅の刃』大ヒットの理由 ここで、検索ボリュームの推移と『鬼滅の刃』の2019年の動きをみていきましょう。 アニメ放送をきっかけに検索数が上昇 漫画連載が開始されたのが2016年2月15日。 この時点では大きな検索数上昇はみられません。 検索ボリュームが急増したのが2019年4月。 ここでの 人気爆発の要因となったのが、2019年4月から放送されたテレビアニメです。 制作したのは、「空の境界」や「Fate」シリーズなどを手掛ける映像制作会社ユーフォーテーブル有限会社(ufotable)。 美しい映像描写も一役買い、少年漫画ジャンルではあるものの女性ファンが多いのも特徴です。 また、テレビアニメの主題歌『紅蓮華』を歌うLiSAの存在も大きく、人気アニメのタイアップ曲の多いLiSAのファンが本作品の人気を後押ししたとも考えられます。 なお、LiSAは2019年の『第70回NHK紅白歌合戦』にも出場し、さらに『鬼滅の刃』への注目も集まると考えられます。 Google Googleとは、世界最大の検索エンジンであるGoogleを展開する米国の企業です。 1998年に創業され急激に成長しました。 その検索エンジンであるGoogleは、現在日本でも展開していて、日本のYahoo! Japanにも検索結果のデータを提供するなど、検索市場において圧倒的な地位を築いています。

次の

鬼滅の刃の売上がワンピース超え!実際どれくらい売れてるのかを比較

鬼滅 年間売上

鬼滅の刃の発行部数 鬼滅の刃の累計発行部数は 6000万部を超えたそうです。 歴代の漫画発行部数ランキングでは29位。 1位のワンピースの4億7000万部には遠く及びませんが、500万部ほどしか売れてなかったものが、ほぼ 1年で6000万部を超えたというのは異常と言える数字。 本屋では単行本が売り切れ、電子書籍の2020年4月の月間ランキングの3位から21位を鬼滅の刃が占めるという異常事態。 鬼滅の刃が人気だということは知ってましたが、全く興味がなかったので完全にスルーしてて、ここまで売れているということはつい最近知りました。 一応、『鬼滅の刃』という名前が気になって、アニメ放送の初回は録画してました。 見始めてキャラクターを見てすぐに思ったのが、 「何だ、少女漫画か・・・」ということで、10分ほどで停止ボタンをポチリ。 それ以来、全く見なかったのですが、最終回目前でネットニュースなどでも『鬼滅の刃』という文字を見ることも多くなり、気になってU-NEXTで一気に見てみることに。 鬼滅の刃を見た感想 U-NEXTで一気に最後まで見ました。 最後まで見れたということはやっぱり人気があるだけあって面白かったです。 初見ですぐに感じた「少女漫画」というのは案外当たっていたようで、どうやら作者の吾峠呼世晴先生というのは女性らしい。 『鬼滅の刃』がここまで大ブレイクしたのは、普段、漫画やアニメを見ない人たちがこぞって見たことが一番の理由だと思うし、それを実現できたのは、女性作者が描いた漫画だったからなのかもしれません。 主人公の炭治郎は味方にも敵にも優しいという、男にはあまりウケないキャラクターなので、普段ジャンプを見てる層に受けてここまでヒットするということは普通に考えてありえない。 「良い年こいてジャンプ読んでるとか・・・」「キモイ」とか言ってる人たちがこぞってジャンプコミックを読んでると思うと、まさに異常事態。 バトル漫画としてはありきたり ストーリーは、敵味方どちらにも感動的なバックボーンがあり、感動的な話が好きなら面白いと思います。 バトル漫画としてはありきたりで目新しさはありません。 終始、主人公の炭治郎の戦闘がメインですが、イチイチ独り言での解説も多く、技もパッとしない。 ただ、 善逸の戦闘はクールで完全に男子好み。 普段は弱くても 「寝たら覚醒して強くなる」というありきたりな設定だが、男は単純だからそういうので良い。 敵を思いやる優しさよりも、圧倒的な強さ。 必殺技、新技、ぞくぞくするような登場シーン。 圧倒的な強さを前にして焦る敵とか超好きです。 あとがき ジャンプでは最終回を迎えましたが、アニメ版はまだまだ序盤のようで、続きのアニメ化が楽しみですね。 2020年の発行部数もワンピースを抜いて1位を獲得し連覇を達成するのか?というのも今後気になるところです。

次の

「ワンピース」VS「鬼滅の刃」、年間売上1位を取ったのは・・・

鬼滅 年間売上

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画『鬼滅の刃』(作者:)。 4日発売の新刊18巻にて累計発行部数が2500万部(電子版含む)を突破し、2019年に「Yahoo!」での検索数が前年に比べ最も上昇した人物・作品・製品などを表彰するアワード『Yahoo!検索大賞2019』では、テレビアニメ『鬼滅の刃』がカルチャーカテゴリー・アニメ部門を受賞するなど、名実ともに今年の顔となった作品だ。 2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載中の同作は、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。 炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで人生が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリーだ。 今年4月から9月までテレビアニメが放送され、来年には続編となる劇場版の公開、舞台公演も控えている。 アニメ化を経てコミックスの部数が伸びることは不思議なことではないが、放送終了後からの短期間で2倍以上になるケースは異例中の異例。 新刊18巻の初版発行部数はヒットの指標でもある100万部でのスタート、これは2013年の『黒子のバスケ』『暗殺教室』以来の快挙となった。 一方、実売数の伸び方もオリコンの集計結果から確認しておきたい。 放送前には累計315. 3万部程度だったが、約8ヶ月が過ぎた現在は2040. 3万部まで伸ばし、売上規模が実に6. 5倍も拡大した。 既刊18巻すべての売上が100万部を突破しており、いかに原作とアニメの相乗効果で短期間に売り伸ばしてきたかがうかがえる。 さらに同じ期間で第1巻だけの売れ行きを見てみる。 9万部で約97. 7万部の増加。 断定はできないが、アニメを経て新たに獲得した読者の規模感として参考になるだろう。 また、『オリコン年間コミックランキング 2019』の「作品別」集計結果(2018年11月19日〜2019年11月17日)では、期間内売上1205. 8万部を記録し、シリーズ初トップ10入りにして初の1位を獲得。 作品別の月間コミックランキングでは、4月に初トップ10入りとなる5位にランクインして以降、毎月上位をキープし続け、8月には初の1位となり、10月まで3ヶ月連続で1位を獲得しており、疑いようもなく今年最大のブレイク作品だった。 最後にアニメのBlu-ray DiscとDVDの売上も確認しておきたい。 ここ数年、配信・ストリーミングの普及や作品数の増加などで、1万枚の大台を突破することがより困難な現状にあって、こちらもヒット作と呼ぶに十分な水準を売り上げた。 制作統括の加藤英明氏は選考理由について同作のヒットをあげて説明し、その言葉通りアニメ主題歌「紅蓮華」(ぐれんげ)を歌うことが先日発表された。 また、『スッキリ』(日本テレビ)、『情報7days』(TBS)、『Nスタ』(TBS)などテレビ各局の情報番組も『鬼滅の刃』の盛り上がりを相次いで特集で取り上げる流れに。 芸能界でもファンが多い中で、タレントのはバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の企画内で「水の呼吸、弐ノ型」と作中のせりふをつぶやき、『スッキリ』では「酒の呼吸の使い手 酒柱 椿鬼奴です」とコスプレ姿で自己紹介するなど、どハマりしていることを明かした。 来年は年明け1月18日から舞台版上演がスタートし、その後年内には映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開も控える。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の