脂肪燃焼スープ 痩せない。 脂肪燃焼スープは痩せない原因や理由は?効果やレシピは?

【実体験あり】脂肪燃焼スープダイエットとは? 痩せられるけれども、痩せられない

脂肪燃焼スープ 痩せない

脂肪燃焼スープダイエットとは 脂肪燃焼スープとは、コンソメや鶏がら、トマトなどをベースにした野菜たっぷりのスープのことを言います。 基本的に脂肪燃焼スープを食事のメインとし、副菜として炭水化物やたんぱく質をプラスするというダイエット方法です。 また、脂肪燃焼スープダイエットは1週間の期間限定で行うことで、集中的に身体の代謝を上げ、痩せやすい身体づくりの土台を作ることができます。 短期間のダイエットはリバウンドしやすいですが、脂肪燃焼スープダイエットなら痩せやすい身体づくりができるため、ダイエット後も快調が続くようになるでしょう。 脂肪燃焼スープで痩せない理由 脂肪燃焼スープダイエットでは、1日に食べる食べ物を具体的に制限していきます。 より効率を上げるためにも、ダイエット中の1週間はその他の嗜好品も節制するようにしましょう。 飲酒、甘いもの、揚げ物、清涼飲料水、炭酸飲料、缶ジュース、などは控える。 パンやパスタなどの小麦粉類を控える。 甘味料は控えることで、よりダイエットは成功しやすくなります。 少し物足りなさを感じることもあるでしょうが、身体に溜まった脂肪や老廃物をデトックスする期間ですから、余計なものを身体に取り入れないようにしておきましょう。 1週間という期間限定の理由と効果 脂肪燃焼スープダイエットは、1週間の期間限定で行います。 それは、1週間以上続けると極端に炭水化物やたんぱく質を制限してしまうため、栄養バランスが崩れてしまうからです。 脂肪燃焼スープダイエット中は、食べるものを限定する代わりに、身体に溜まった脂肪や老廃物を燃焼し体外へ排出していきます。 身体の中からキレイになってリセットされるからこそ、痩せやすい身体づくりを実現できるのです。 長く続ければ体重はどんどん減っていきますが、身体に必要なエネルギーが不足し、たんぱく質も足りていないので筋肉も落ちてしまいます。 その結果大幅にリバウンドしてしまいますので、長期間は行わないようにしましょう。 脂肪燃焼スープリバウンドの可能性 脂肪燃焼スープダイエットを行うと、便通が良くなり身体の中からスッキリしてくるでしょう。 ただ、ダイエット期間を終えて以前と全く同じように食事をとってしまえば、大幅にリバウンドしてしまう可能性はあります。 脂肪や老廃物が溜まってダイエットが必要になったのは、今までの食事が偏っていたということですから、脂肪燃焼スープダイエットを行った後は、ヘルシーな食事に切り替えるようにしましょう。 炭水化物を控えめにし、野菜を多く取り入れ、少しのたんぱく質をプラスすることでバランスの良い食事をとることができます。 脂肪燃焼スープを副菜として、1品取り入れるのも良いでしょう。 スープを食事にプラスすることで満腹感を得やすくなりますし、身体も温まり消化や脂肪燃焼が促進され、太りにくい身体になっていきます。 このことからも、脂肪燃焼スープダイエットが終わった後は、副菜として野菜たっぷりのスープを加えるようにしましょう。 効果がない場合 定期的に行う 脂肪燃焼スープダイエットは、1週間と限定されていますが、定期的に行うのもオススメです。 ダイエット中は飲酒や甘いものも制限されるため、最近暴飲暴食が続いたなと感じたときはリセットも兼ねて実行すると良いでしょう。 定期的に行うことで、身体に溜まった不要な脂肪や老廃物も除去されますし、新陳代謝も活発になるため、アンチエイジングにも繋げることができるので一石二鳥ではないでしょうか。 脂肪燃焼スープの効果 脂肪燃焼スープは、コンソメや鶏がら、トマトをベースにし、たくさんの野菜を入れています。 脂肪燃焼スープに入れる野菜は、玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト(もしくはトマト缶)にんじん、ピーマン、ショウガなどです。 味付けとして、かつお節、鶏がらスープかコンソメスープの素、昆布、塩などを使用します。 具沢山の野菜でできたスープはお腹いっぱい食べてもカロリーが低く、それぞれの野菜が持つデトックス効果により脂肪燃焼が促されます。 それぞれの野菜にはどんな効果があるのか、詳しく見ていきましょう。 最後に塩、コショウなどで味付けし完成となります。 脂肪燃焼スープ 玉ねぎの成分効果 玉ねぎに含まれている成分には、ジアスターゼ、硫化アリル、メチルメルカプタン、ビタミンC、グルコシノレート、カリウム、食物繊維などがあります。 ジアスターゼには、解毒作用備わっているため、身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する働きがあります。 硫化アリルには、血液をサラサラの状態にする働きがあるため、ドロドロで血流が悪くなっていた部分を改善してくれる作用があります。 メチルメルカプタンにも、血液をサラサラの状態にする働きがあり、解毒作用もあるため身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する作用があります。 ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。 グルコシノレートには、解毒強化作用があり身体に溜まった脂肪や老廃物を体外に排出する働きが非常に強くあります。 カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなるでしょう。 食物繊維には、腸内にいる善玉菌を活性化する働きがあり、便通を改善する作用があります。 フラボノイドには、抗酸化作用があるため身体の組織が酸化するのを防ぎアンチエイジングに役立ちます。 カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなるでしょう。 ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。 ビタミンB1には、糖質を分解する作用があるため、体内に吸収された糖質が脂肪として蓄積されるのを防いでくれる働きがあります。 ビタミンB2には、脂質を分解する作用があり、代謝を促進する作用があるため、体内に溜まった脂肪を積極的に燃焼してくれるでしょう。 アリルイソチオシアネートには、血液をサラサラの状態にする働きがあるため、ドロドロで血流が悪くなっていた部分を改善してくれる作用があります。 また、活性酸素を除去する働きもあるため、疲れにくく錆びない身体を作り上げてくれるでしょう。 カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。 ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。 カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。 ビタミンCには、解毒作用があり、抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果を発揮してくれるでしょう。 リコピンには、強力な抗酸化作用と血液をサラサラにする作用、脂肪燃焼作用があるため、身体に不要な脂肪を燃焼させ身体が酸化して老化するのも防いでくれます。 クエン酸には、代謝を活性化する作用と疲労回復作用があるため、持久力のある身体づくりに貢献してくれます。 アントシアニンにも、抗酸化作用が含まれており、身体を温める作用もあるため、脂肪燃焼をサポートしてくれるでしょう。 クロロフィルには抗酸化作用と造血作用があるため、身体を健やかな状態に保ってくれるでしょう。 カプサイシンは、辛味成分のことで、脂肪を燃焼させる作用があります。 ルチンには、毛細血管の血流を改善させる作用があるため、老廃物をスムーズに排出しやすくなるでしょう。 カリウムには、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する作用があるため、むくみなども改善しやすくなります。 脂肪燃焼スープ ショウガの成分効果 ショウガに含まれる成分には、ジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールなどがあります。 ジンゲロールには、血管を拡張させて血液の循環を改善する作用があるため、身体のむくみや冷えを取り除くことができます。 また、殺菌作用や疲労回復作用があるため胃腸や体調を整えてくれるでしょう。 ジンゲロンは、加熱や乾燥によりジンゲロールが変化したもので、発汗作用や抗酸化作用、脂肪分解作用があります。 ショウガオールも、加熱や乾燥によりジンゲロールが変化したもので、新陳代謝の促進や抗酸化作用、消炎効果、鎮痛効果、抗腫瘍効果などがあります。 7日脂肪燃焼スープダイエットの方法 スープと組み合わせる食べ物が重要です。 7日脂肪燃焼スープダイエットでは、スープにプラスする食べ物を下記のように行うことが効果的です。 ダイエット1日目は、脂肪燃焼スープとバナナ以外の果物のみ。 ダイエット2日目は、脂肪燃焼スープと野菜(夕食はベイクドポテトに少量のバターをプラスしてもOK)。 ダイエット3日目は、脂肪燃焼スープとベイクドポテト以外の野菜とバナナ以外の果物のみ。 ダイエット4日目は、脂肪燃焼スープとバナナを1食につき1本、スキムミルク500ml。 ダイエット5日目は、脂肪燃焼スープとたんぱく質(鶏肉、茹でた赤身の牛肉、煮魚など)、トマト。 ダイエット6日目は、脂肪燃焼スープとたんぱく質(牛肉のステーキを1食につき1枚程度)、ベイクドポテト以外の野菜。 ダイエット7日目は、脂肪燃焼スープと玄米、野菜。 この流れに沿ってダイエットを進めていきますが、脂肪燃焼スープに関しては制限がありませんので、お腹いっぱいになるまで食べても大丈夫です。 味に飽きた場合 スープをアレンジ 脂肪燃焼スープダイエットでは、1週間野菜たっぷりのスープを中心に食べ続けていきます。 1日3回同じスープを1週間食べ続けると、いくら好きな人でも飽きてしまうことがあるでしょう。 そんな時は、ショウガを多めに摩り下ろして辛味をプラスしたり、カレー粉をプラスしたり、七味唐辛子をプラスしたりして味に変化をつけるようにすると良いでしょう。 まとめ 脂肪燃焼スープダイエットについて詳しくご紹介しました。 野菜に含まれているさまざまな成分が、脂肪を燃焼させ不要な老廃物を体外に排出してくれるので身体がスッキリとしてくるはずです。 1週間というルールを守り、食生活を見直すことで太りにくい身体の土台を作ることも可能です。 是非定期的に行い、食生活の乱れや溜まった脂肪をリセットしていってください。

次の

飽きたら試してみて!脂肪燃焼スープのアレンジレシピ7つ|feely(フィーリー)

脂肪燃焼スープ 痩せない

脂肪燃焼スープの基本の作り方 最初に脂肪燃焼スープダイエットの主役となる脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。 脂肪燃焼スープは、使用する材料がとても重要になります。 基本の野菜はキャベツ、玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリ、トマトの6種類を使います。 時期によってはトマトが入手しにくいといった場合もありますが、その場合には、トマト缶やトマトジュースを流用してください。 基本的にこの6種類の野菜をたっぷりと使ったスープを飲むダイエットになります。 味付けは基本的にはコンソメと塩コショウになります。 ある程度作り置きができますので簡単にダイエットする事ができます。 脂肪燃焼スープの効果 脂肪燃焼スープの効果は、やはり脂肪燃焼効果です。 選ばれた6種類の野菜を摂取する事によって、腸内環境を整えダイエット効果を事ができます。 また、炭水化物などを取らないのでプチ断食のようなイメージに近いかも知れません。 腸内環境を整え、疲れている胃を休める効果が期待できますので、体質改善なども期待できます。 脂肪燃焼スープダイエットの方法 脂肪燃焼スープダイエットは、1週間決められた内容で食事を行うダイエット方法ですので、メニューをしっかりと厳守することが必要になります。 1日目のメニューは、スープとバナナ以外のフルーツに決められています。 水分補給する場合には、水か100パーセントのフルーツジュースもしくはお茶に限定されております。 2日目のメニューは、スープとトウモロコシや豆類以外の野菜になります。 3日目のメニューは、スープとジャガイモ以外の野菜とフルーツ、4日目のメニューは、スープとバナナ3本とスキムミルク、5日目のメニューは、スープと350グラムから700グラムくらいで脂肪分の少ない肉とトマト、6日目のメニューは、スープと牛肉とジャガイモ以外の野菜、7日目のメニューは、スープと玄米と野菜とフルーツジュースになります。 これで飽きない!アレンジレシピ7つ 脂肪燃焼スープダイエット、一週間同じ野菜の入ったスープを飲み続けるダイエットになります。 三食同じスープですとどうしても飽きがきてしまいますので、少し味を変えながら楽しむ事が重要になります。 脂肪燃焼スープダイエットに飽きてしまって途中で断念してしまっては、それまでの努力が水の泡になってしまいますので、なるべく飽きさせないような工夫が必要になります。 これから脂肪燃焼スープダイエットにチャレンジする方の為に、一週間しっかりと続けられるような飽きさせないアレンジアイテムをご紹介します。 カレー粉を加える カレー粉を加えるのはとても効果的なアレンジです。 カレー粉といっても軽く振りかけるタイプのカレー粉でして、一般的なカレーライスを作るカレールーを入れてしまうとカロリーオーバーになってしまいますのでNGです。 カレー粉には、様々なスパイスが入っております。 中には脂肪燃焼効果を高めるスパイスなども含まれておりますのでおすすめです。 味噌味で和風に 味噌を少し加えて和風にするのもおすすめです。 トマトベースに味噌なんて合わないと思われるかも知れませんが、トマトは和風味に非常に相性の良い食材です。 最近ではおでんのタネにも使われておりますし、お味噌汁の具などにも登場しています。 昔から慣れ親しんだお味噌の味を堪能する事で辛いダイエット中にも落ち着く事ができます。 チーズも色々な種類がありますが、できれば脂肪分の少ないチーズを選ぶようにしましょう。 最近では脂肪分の少ない粉チーズなどもありますのでおすすめです。 豆乳を加えてヘルシーに 豆乳を加える事によって、味をまろやかにする事ができます。 セロリなどが苦手な方の大半がセロリ特有の臭いが苦手というケースが多いので、豆乳を入れる事によって臭いを消すまではいきませんが、かなり抑える事ができます。 中華スープでエスニック風 コンソメなどのスープの元の代わりに中華スープの素を入れると、少しエスニック風の味になりますので脂肪燃焼スープダイエットに飽きてきた頃などに取り入れると、また元気で続けられるようになります。 中華スープの中にも色々とありますが、味をあまり濃くし過ぎてしまうと続けにくくなってしまいますので濃度には十分に注意してください。 キムチを入れて脂肪燃焼 キムチに含まれているカプサイシンには脂肪を燃焼する効果が期待できます。 その為、脂肪燃焼スープにキムチを少し加える事によって味を変えつつ、より脂肪燃焼効果を高めるスープにする事ができます。 キムチの中には臭いが強いものなどもありますので、加えるのは夜がおすすめです。 春雨をパスタ代わりに 脂肪燃焼スープダイエットを続けて行くと、途中で炭水化物が恋しくなってしまう事があります。 そんな時には無理に我慢してストレスをためないように、パスタの代わりに春雨などを入れて気分転換するのがおすすめです。 カロリーが少なく、食物繊維の多い春雨は、脂肪燃焼スープダイエットの終盤のスープに飽きてしまったときなどにおすすめのアレンジレシピです。 脂肪燃焼スープダイエットにオススメの商品 脂肪燃焼スープダイエットを成功させようと思ったら、色々と成功率を高めるグッズなどの力を借りるのが一番です。 歴史のあるダイエット方法ですので、色々とおすすめグッズがありますが、今回はその中でも特におすすめな物を厳選してご紹介します。 やせぐせスープと煮込み200 主婦の友生活シリーズ 主婦の友社から発売されている「やせぐせスープと煮込み200」は、簡単で美味しいスープのレシピが200種類も紹介されている大人気レシピ本です。 非常に低カロリーなレシピが紹介されておりますので、脂肪燃焼スープダイエットが終わった後の食事などに取り入れると、リバウンドする確率を下げる事ができます。 ひかり味噌 おいしさ選べるスープはるさめ ヨーロッパ紀行 8食 ひかり味噌から発売されている「おいしさ選べるスープはるさめ ヨーロッパ紀行」は、脂肪燃焼スープダイエットの終盤のスープに飽きて来て、炭水化物が恋しくなる時期におすすめのアレンジアイテムです。 食物繊維の豊富なはるさめを脂肪燃焼スープに入れる事で、まるでパスタを食べているような満足感を得る事ができます。 お値段もリーズナブルですので、お昼のお弁当のお供などにも最適です。 これらの商品の補助を借りて、この脂肪燃焼スープダイエットを行った方が良いと思います。 より具体的な情報を取り入る事が出来ますし、いつもの食事から急にこの食事に変更することも内臓に負荷をかけてしまう一つになる可能性もあります。 ですので、このような商品の力を借りて努力の成果をしっかりと出すこともやりがいを感じる方法だと思います。 まとめ 脂肪燃焼スープダイエットの最大の敵は飽きです。 空腹感は少ないので食事制限ダイエットの中ではかなり簡単な部類に入るダイエット法となっております。 しかし、色々とアレンジをし過ぎてしまうと、ダイエット効果が薄れてしまいますので注意が必要になります。 また、難易度が低いといっても食事制限系のダイエットですので、やはり注意しなければリバウンドが起こる可能性がありますので脂肪燃焼スープダイエット後には十分に注意するようにしてください。

次の

デトックススープ(脂肪燃焼スープ)ダイエットと痩せない時の解決法

脂肪燃焼スープ 痩せない

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットとは、野菜が豊富に含まれたスープを1週間飲み続けることで楽に痩せられるという簡単なダイエット方法です。 しかし、脂肪燃焼スープダイエットについての口コミには、スープダイエットの効果を実感できなかったり、逆に太ってしまったりした意見も見られました。 実は、スープダイエットには間違えがちな注意点があるので、脂肪燃焼スープで痩せない人は、気づかないままダイエットをしているのかもしれません。 そこで今回は、脂肪燃焼スープで痩せない人の原因と、逆に実際に痩せた効果的な正しいやり方についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。 なお、脂肪燃焼スープダイエットの効果やレシピついてまず知りたい方は、先にこちらをご覧ください。 そもそも脂肪燃焼スープダイエットでは、野菜が豊富なデトックススープを飲むことで、• 代謝を高める• 便秘解消• カロリーカット• 免疫力アップ などのダイエット効果を得ることができると言われています。 ではなぜ、脂肪燃焼スープで痩せない人がいるのか。 ここでは、脂肪燃焼スープのダイエット効果が現れない人がいる理由を紹介します。 次の4パターンいずれかに該当していることがほとんどなので、該当しないように注意しましょう。 そのため、スープダイエットでは、野菜スープを何杯おかわりしても良いと言われているのです。 しかし、いくら1杯あたりのカロリーが低いとはいえ、高カロリーな具材ばかりを食べてしまったり、大きいスープ皿によそったり、満腹感を最大限に得られるまで飲んだりすると、当然高カロリーになってしまいます。 2、脂肪燃焼スープの作り方を間違えている 脂肪燃焼スープダイエットでは、使う材料も決められているので、基本的にはそのルールに従って行います。 ただし、1週間同じ野菜スープを飲んでいると味に飽きてしまい、自分でアレンジする方も多いようです。 その時に、糖質の多い根菜を入れてしまったり、勝手に肉や魚を入れてしまったりすると、脂肪燃焼スープで痩せない原因になってしまいます。 また味を濃くしようと、塩分を多く入れた脂肪燃焼スープは、飲むと食欲が湧いてきてしまって逆効果です。 脂肪燃焼スープで痩せるためにも、ダイエット中の1週間はレシピを守るようにしてください。 3、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)で痩せない生活をしている スープダイエットで痩せないのは、飲み物や間食にも原因があるかもしれません。 いくら脂肪燃焼スープが低カロリーでも、飲んだり間食をしたりして、カロリー摂取量が多くなってしまえば、痩せない原因になってしまいます。 特に脂肪燃焼スープダイエットの間は、どうしてもお腹が減って間食が欲しくなりがちですが、食べてしまうと痩せないので我慢するようにしてください。 また普段からお酒を飲む習慣がある方も、スープダイエット中は痩せない原因になるので、飲まないようにしましょう。 飲んでも大丈夫な飲み物については、あとでまとめていますので、そちらを参考にしてください。 4、栄養のバランスが偏っている 脂肪燃焼スープは、たっぷり野菜が入ったスープなので、基本的には栄養バランスに優れています。 ただし、栄養バランスに優れていると言っても、野菜で摂れる栄養に関してだけです。 脂肪燃焼スープばかりに頼ってしまうと、野菜ではなかなか摂取できない「たんぱく質」が不足しがちになり、代謝を落としてしまうので注意が必要です。 1日の総摂取カロリーには注意する必要がありますが、脂肪燃焼スープ以外の食事で鶏肉・牛肉・豚肉・魚などを取り入れ、たんぱく質を積極的に摂取しましょう。 実際に痩せた!脂肪燃焼スープダイエットの正しいやり方 ではここからは、実際に脂肪燃焼スープダイエットで痩せた、正しいやり方を紹介します。 ポイントは4つありますので、ルールを守った上で脂肪燃焼スープダイエットに取り組むようにしてください。 1、まずはスープダイエットを始める準備をする 脂肪燃焼スープダイエットは「プチ断食」に近いので、いきなり始めるとダイエット中に辛く感じてしまいます。 そのためまずは、スープダイエットを始めるための準備期間をつくりましょう。 準備期間の目的は、徐々に食事の量を減らして体を慣らすことで、3日間ほどかけて行います。 食事の内容は、「消化の良いもの」、「柔らかいもの」、「温かいものを」を中心に食べるようにして、胃の負担を減らしてあげることが大切です。 動物性たんぱく質は、消化するのに時間がかかってしまうので、スープダイエットの2日前までには、控えるようにしましょう。 そして前日は、20時までに食事を終えて、消化器官をしっかり休ませることを意識すれば、ダイエット中に辛くなるのを抑え、脂肪燃焼スープで痩せることができると思います。 2、材料は決まったものを使う 脂肪燃焼スープダイエットでは、低カロリーで痩せる効果のある野菜を選ぶ必要があるので、基本的に材料が決められています。 何も考えずに野菜スープをアレンジすると、脂肪燃焼スープで痩せない原因になるので注意してください。 まず野菜は• キャベツ• 玉ねぎ• にんじん• ピーマン• セロリ• トマト この6種類を脂肪燃焼スープに使うのですが、この中では、玉ねぎとにんじんは糖質が高いので、あまり入れすぎないようにしましょう。 味付けはコンソメベースになりますが、豆乳ベースや中華風にしたりと、アレンジはできるようです。 ただし、塩分が多くなってしまうと食欲が増してしまい、むくみなどの原因にもなるので注意してください。 3、食事と置き換える スープダイエットのやり方は、1日3食の食事を、脂肪燃焼スープと置き換える方法になります。 毎食で野菜スープを飲むことになるので、味に飽きたり、スープダイエットが辛く感じるかもしれませんが、1週間の中でその日によってお肉やフルーツ、玄米などを食べる日を設定してもOKとされています。 詳しいルールは、記事最後の関連記事で紹介しています 栄養バランスを考えることで、脂肪燃焼スープの効果をより高めることができるでしょう。 また、脂肪燃焼スープは保存もできるので、仕事が忙しくて作る時間がない方は、作り置きしておくのが良いと思います。 保存方法については、別の記事で紹介しているので、一度目を通しておいてください。 4、スープダイエット中の生活にも気をつける 脂肪燃焼スープで痩せない理由でも説明しましたが、スープダイエット中は食事以外にも注意が必要です。 まずは飲み物について、飲んでも良いのは「水・炭酸水・お茶・ブラックコーヒー」と言われています。 糖分が入っているとダメなので、微糖や加糖のコーヒーしか飲めない方は、スープダイエット中はコーヒーを飲まないでください。 市販の野菜ジュースも同じ理由で太る原因になるため、健康的に思えますが控えるようにしましょう。 また脂肪燃焼スープには、脂肪を燃焼させる効果がないので、体を動かしてカロリーを消費する必要があります。 スープダイエット中は、たんぱく質をあまり摂取していないので無理は禁物ですが、日常生活の中に軽い運動を取り入れてください。 脂肪燃焼スープダイエットでは、回復食が大事! スープダイエット後は、消化器官があまり働いていないので、3日ほどかけて、食事を元に戻して行く必要があります。 いきなり元の食事に戻してしまうと、胃に負担をかけるだけでなく、リバウンドもしやすくなり、脂肪燃焼スープの効果がなくなってしまいます。 脂肪燃焼スープで痩せた体型を維持するためにも、ダイエットが終わってしばらくは、回復食を食べるようにしましょう。 回復食の内容は、野菜・果物・発酵食品など、消化が良くて低カロリーの食べ物を選ぶようにしてください。 肉や魚のたんぱく質も徐々に摂取する必要がありますが、回復食で固形物を食べることに慣らしてからの方が良いと思います。 回復食のオススメは「玄米」 回復食の中でもオススメは、玄米を使った食事です。 玄米は白米と比較して「ビタミンB群」が豊富で、代謝を高める効果があるので、リバウンドを防ぐ効果があります。 また新陳代謝をサポートする「ミネラル」や、腸内細菌のエサにもなる「食物繊維」も多く含まれているので、脂肪燃焼スープで痩せるにはぴったりの回復食です。 玄米はそのまま食べるのではなく、最初はお粥にして食べる方が、お腹にも優しいので良いと思います。 ただし、玄米は薄皮が付いており、白米よりも消化器官に負担をかけやすいので、スープダイエットの後は、特によく噛んで食べるようにしましょう。

次の