フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019。 2019/2020 ISUグランプリファイナル

ポイントランキング|フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2019|テレビ朝日

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

2018-2019年シーズンのフィギュアスケート、グランプリシリーズの日程と開催地・出場選手をお伝えします。 グランプリシリーズは国際スケート連盟開催のシリーズ戦で、日本開催のNHK杯などがあります。 こちらの記事では、シニアとジュニアのGPシリーズから、上位者のみが進出できるグランプリファイナルまで網羅しています。 グランプリシリーズ2018-2019の日程と出場選手 2018年度のグランプリシリーズも例年通り、シニアは全6戦、ジュニアは全7戦からなります。 ジュニア ジュニアのグランプリシリーズの日程と開催地は下の通りです。 ジュニアの出場選手につきましては、シニアのように事前に確定される訳ではありませんので割愛させていただきます。 第1戦 スロバキア大会 8月22日から25日にかけて、スロバキアのブラチスラヴァにて開催されます。 第2戦 オーストラリア大会 8月29日から9月1日にかけてオーストラリアのリンズにて開催されます。 第3戦 リトアニア大会 9月5日から8日にかけてリトアニアのカウナスにて開催されます。 第5戦 チェコ大会 9月26日から29日にかけてチェコのオストラヴァにて開催されます。 第6戦 スロベニア大会 10月3日から10月6日にかけてスロベニアのリュブリャナにて開催されます。 第7戦 アルメニア大会 10月10日から13日にかけてアルメニアのエレバンにて開催されます。 シニア シニアのグランプリシリーズの開催地と日程は下の通りです。 出場選手は、例年6月ごろに国際スケート連盟からアサインと呼ばれるエントリー表が発表されますので、その際に更新します。 第1戦 アメリカ大会2018 10月19日から21日アメリカのエバレットにて開催されます。 日本人選手:宮原知子選手、坂本花織選手、本田真凜選手 主な出場選手:ネイサン・チェン選手、ポリーナ・ツルスカヤ選手 第2戦 カナダ大会(スケートカナダ)2018 10月26日から28日にかけてカナダのラヴァルにて開催されます。 日本人選手:宇野昌磨選手、友野一希選手、樋口新葉選手、松田悠良選手、山下真瑚選手 主な出場選手:キーガン・メッシング選手、ジェイソン・ブラウン選手、エフゲニア・メドベージェワ選手 第3戦 フィンランド(ヘルシンキ)大会2018 中国大会 中国開催ではなくなり、11月2日から4日にかけてフィンランドのヘルシンキにて開催されます。 日本人選手:羽生結弦選手、田中刑事選手、本郷理華選手、白岩優奈選手 主な出場選手:ボーヤン・ジン選手、ミハイル・コリヤダ選手、アリーナ・ザギトワ選手 第4戦 日本大会(NHK杯)2018 11月9日から11日にかけて日本の広島で開催されます。 9月上旬にTBD枠が明らかになりました。 日本人選手:宇野昌磨選手、佐藤洸彬選手、山本草太選手、宮原知子選手、三原舞依選手、紀平梨花選手 主な出場選手:アレクサンダー・クラスノジョン選手、マリア・ソツコワ選手 第5戦 ロシア大会2018(ロステレコム杯) 11月16日から18日にかけてロシアのモスクワにて開催されます。 日本人選手:田中刑事選手、三原舞依選手、紀平梨花選手 主な出場選手:ジェイソン・ブラウン選手、ネイサン・チェン選手、エフゲニア・メドベージェワ選手 シニアの一部の大会については開催国のみの決定で、開催都市については未定です。 分かり次第更新します。 グランプリファイナル2018の日程と出場選手 12月6日から9日にかけてカナダのバンクーバーにて、シニアとジュニアのグランプリファイナルが開催されます。 出場者はグランプリシリーズの通算ポイントによって、それぞれ上位6人が決定しました。

次の

フィギュアスケートGPシリーズ2019・カナダ大会

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

スポンサーリンク グランプリシリーズ(GPS)とは? ISUグランプリシリーズは、国際スケート連盟(ISU)が主催する、フィギュアスケートのシリーズ戦で、 1. アメリカ 2. カナダ 3. フランス 4. 中国 5. ロシア 6. 日本 の6カ国で開催される6大会と、 6大会で付与されるポイントの上位選手6名が出場する 「グランプリファイナル」を指します。 グランプリシリーズへは、各選手(組)最大2大会への出場が可能です。 情報の訂正・更新も日々していますので、 私の管理の行き届かない一部分を切り取って(スクショ、キャプチャ)の転載や、 私の努力を盗む卑劣なパクリ行為は一切お断りします。 お役に立つと思って頂けた場合はページへリンクする形でご紹介下さい。 当サイトへリンクして頂く事自体は問題ありません。

次の

2019/2020 ISUグランプリファイナル

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

男子シングル表彰式 大会概要 ISU Grand Prix of Figure Skating Final ISUグランプリシリーズ 800 創設年 主催 参加人数 36 前回優勝者 男子前回優勝 女子前回優勝 ペア前回女子 ペア前回男子 ダンス前回女 ダンス前回男 最多優勝者 男子最多優勝 4回 4回 女子最多優勝 4回 4回 ペア最多女子 6回 ペア最多男子 6回 ダンス最多女 5回 ダンス最多男 5回 関連大会 最新大会 ISUグランプリファイナル(アイエスユー・グランプリファイナル、: Grand Prix of Figure Skating Final)は、 ISU が承認するの競技会で、を構成するのひとつ。 前身はISUチャンピオンシリーズファイナル。 概要 [ ] 歴史 [ ] 1995-1996シーズンの「ISUチャンピオンシリーズ」創設時に、一連の競技会の上位者による大会として「ISUチャンピオンシリーズファイナル」が創設された。 第1回目は1996年2月23日から25日にかけフランスのパリで開催された。 1998-1999シーズンから「ISUチャンピオンシリーズ」がと改称すると、同時に「ISUチャンピオンシリーズファイナル」も ISUグランプリファイナルと改称した。 開催時期は当初一定していなかった。 例えば、オリンピックシーズン(1997-1998シーズン、2001-2002シーズン)には12月に開催され、オリンピックシーズン以外(1995-1996シーズン、1996-1997シーズン、1998-1999シーズン、1999-2000シーズン、2000-2001シーズン、2002-2003シーズン)は1月や2月に行われていた。 しかし、2003-2004シーズン以降は12月中旬に行われるようになった。 なお、従来開催地はグランプリシリーズ開催6ヶ国の持ち回りであったが、2007-2008シーズンには初めてグランプリシリーズ開催国以外で開催されることになった。 2008-2009シーズンからはとの同時開催となった。 出場資格 [ ] 詳細は「」を参照 競技形式等 [ ] 1999-2000シーズン、2000-2001シーズン、2001-2002シーズン、2002-2003シーズンの4シーズンを除き、やと同じ競技形式である。 1999-2000シーズンと2000-2001シーズンの大会では、男女シングルおよびペアはと、アイスダンスはとを行い暫定順位を決定し、暫定1位と暫定2位、暫定3位と暫定4位、暫定5位と暫定6位が再度フリースケーティングおよびフリーダンスを行って順位を決定する直接対決方式が採用された。 2001-2002シーズンと2002-2003シーズンの大会では、およびのあとにまたはを2度行う形式であった。 またこの大会からアイスダンスにおいてが省略され、オリジナルダンスとフリーダンスで順位を決定するようになった。 大会の位置づけ [ ] ISUランキングの算出のために各大会の入賞者に与えられるポイントは、高い順にオリンピックと世界選手権(同率)、と(同率)、それからISUグランプリファイナルであり、当大会は4番目に位置する大会である。 なお、世界チャンピオンは世界フィギュアスケート選手権優勝者の呼称であり、ISUグランプリファイナルの優勝者には特に決まった呼称はない。 やは国際スケート連盟が国 地域 に対し出場枠を与えるものであり、選手は国 地域 を代表する。 オリンピックや世界選手権は、有力選手の多寡に関わらず一ヶ国 地域 から3名までの出場しか認めていない。 これに対し、ISUグランプリシリーズは国際スケート連盟が選手個人に対して出場権を与える。 選出基準において一ヶ国から多数出場することに対する難しさは残っているとはいえ、選手の所属国・地域は基本的に出場に無関係であり、決勝大会であるグランプリファイナル出場選手が一ヶ国の選手のみであることもありうる。 歴代メダリスト [ ] 男子シングル [ ] 年 開催地 金 銀 銅 女子シングル [ ] 年 開催地 金 銀 銅 ペア [ ] 年 開催地 金 銀 銅 and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and アレクサンドル・ガリャモフ アイスダンス [ ] 年 開催地 金 銀 銅 and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and and 各国メダル数 [ ] 男子シングル [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 5 4 17 2 5 9 6 20 3 4 2 8 14 4 4 6 1 11 5 2 0 0 2 6 1 0 2 3 7 0 2 1 3 8 0 0 1 1 8 0 0 1 1 女子シングル [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 8 9 25 2 6 7 5 18 3 5 6 4 15 4 3 1 0 4 5 1 1 2 4 6 1 0 0 1 7 0 1 0 1 8 0 0 3 3 9 0 0 1 1 ペア [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 7 11 9 27 2 7 9 9 25 3 6 2 4 12 4 3 1 2 6 5 1 1 0 2 アイスダンス [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 8 6 2 16 2 6 4 4 14 3 5 7 2 14 4 3 4 9 16 5 1 1 2 4 5 1 1 2 4 7 0 1 0 1 8 0 0 3 3 テレビ放送 [ ] グランプリファイナルは2004年まではNHKが放送し、2005年から系列で放送している(翌2006年より日本大会を除くグランプリシリーズもテレビ朝日系列で放送され、2009年度は全大会を放送している)。 テレビ朝日はこの大会に「世界一決定戦」とのキャッチコピーをつけているが、世界一を決める大会は世界選手権であり、これは虚偽広告に当たる。 実際、トップ選手がファイナルを欠場することも多い。 は2006年のGPファイナルで優勝した際のインタビューで「(ファイナルが)欧州選手権と世界選手権のいい練習になった」と話している。 概ね金・土・日曜の3夜連続生放送(欧米・アフリカ・中東で開催する場合はによる録画放送となる大会あり)でゴールデンタイム枠・2-3時間枠を取って放送される。 なお日曜日に開催される場合、21:00-23:10(原則)と被る場合はその時間帯に「」(「」を含む単発枠)が組まれているが、本大会を含むスポーツの国際大会がこの時間に放送される場合は必ず「日エン」を休止扱いにした別枠特番となる。 なお、2014年度のグランプリファイナルはと急遽日程が被ることになったため12月14日の男女フリー演技の模様は当初 より1時間17分繰り上げの17:40-19:58に変更されることになり 、後半に生中継を予定していたエキシビションの模様はの放送終了時間を早めた上で23:30-翌1:30に録画中継で放送した。 なお、男女フリー演技・エキシビションの完全版は後日改めてで放送された。 NHKが1時間30分の間に男女シングル、アイスダンス、ペアの3位までの演技を全て放送し、かつ日本人選手の演技も全て放送していたのに対し、2005年時のテレビ朝日の放送では男女シングルの日本人選手及び優勝者しか放送しなかった。 また、演技中にアナウンサーが絶叫を繰り返すなどしたため、同局に批判が殺到した。 2007年より男女シングル出場者全員の演技を放送している。 では男女シングルに加えてアイスダンス、ペアも録画放送している。 グランプリファイナルの開催に合わせて、2015年以降の大会期間中には『』(テレビ朝日系)で『フィギュアスケートの音楽会』と題した関連企画を放送している。 脚注 [ ] []• 予定していた放送時間は18:57-23:10での放送だった。 急な放送時間変更に伴い「」は17:30-17:40に大幅縮小し、「」と「」を急遽休止した。 なおこの日は先述のとおり元から「日曜エンタ」の放送はなかった。 こちらも急な変更により「」と「」を臨時休止した。

次の