シュフティ。 【シュフティ】初心者必見!実際に仕事を始めよう

シュフティ(shufti)とは|特徴や口コミ評判、メリット・デメリットを紹介!

シュフティ

シュフティ基本情報 基本情報 運営会社 株式会社うるる 運営年数 10年以上 最低換金額 300円~ 振込手数料 540円 システム利用料金 受注した仕事の報酬10%の利用料 紹介制度 なし 年齢制限 16歳以上 未成年は保護者の同意 登録者数 36万人 登録料 無料 シュフティは2007年から運営されている老舗クラウドソーシングサイトです。 名前の通り、主婦の登録者数が多い印象。 お仕事内容も主婦の方でもできる仕事が数多く掲載されています。 例えばアンケートやデータ入力、ライティングなど誰にでもできる簡単な作業も豊富です! シュフティは主婦の味方といっても過言ではありません。 危険性はないの? ここでは、運営会社のセキュリティ面や個人情報の管理に関する安全性と、シュフティを利用する上での危険性について話していきたいと思います。 まず初めに、運営会社のセキュリティ面や個人情報の管理についてみていこうと思います。 運営会社のセキュリティ対策 シュフティの安全性を判断する上で最も重要視するのは、セキュリティ対策が有効かどうかという所です。 セキュリティ面では SLLが導入されているかどうかで安全性の判断をすることができます。 シュフティでは、 全てのページでSSLの確認をすることができます。 ) SSLとは・・・インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。 個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。 運営会社の個人情報の取り扱い 次に安全性を判断する上で重要なのは、個人情報の取り扱いについてです。 個人情報の取り扱いが適切かどうか判断するには、プライバシーマークやISMS(ISO27001)などの、第三者機関から個人情報の取り扱いについて認証取得したかどうかで判断することができます。 ただ、認証取得を行ってないからと言って、必ず個人情報の取り扱いが適切ではないとは限りません。 シュフティでは、個人情報保護に関する第三者機関からの認証取得を行っていません。 シュフティの個人情報の取り扱いについて気になる方は、下のリンクで確認して下さい。 プライバシーマークとは・・・日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム—要求事項」に適合して、 個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。 サービスを利用する上での危険性 ・報酬が支払われない可能性 シュフティを利用するうえで一番気になるのが、 仕事を受けて完遂したのにクライアント(発注者)から報酬が支払われないことです。 シュフティでは、そのような金銭トラブルを防ぐため仮払い方式を行っています。 仮払い方式(エスクローサービス)とは、 報酬を保証する仕組みです。 仕事の報酬を仕事を行う前にシュフティが一旦代金をお預かりして、仕事が完了した段階で、シュフティから受注者に報酬が支払われる仕組みです。 仕事をしたのにお金が払ってもらえない、お金を払ったのに仕事がされないといったトラブルを未然に防止できます。 これにより、安心してシュフティで仕事を受注することができます。 ・怪しいクライアント クライアントの中には、必要以上に個人情報を聞いて来たり、始めは実力がわからないので無料で仕事を請け負ってください。 という怪しい仕事があります。 そのような仕事は後々トラブルの原因になることがあるので、応募しないことをお勧めします。 まず仕事を請け負うときは、クライアントの評価をチェックしましょう。 クライアントが様々な方と、取引実績があるかないかで安心感は全然違います。 評判は?メリット・デメリット シュフティの評判・口コミ情報を元に、メリット・デメリットにまとめてみました。 メリット ・仮払いにより、不払いのリスクがない これに関しては、上記で説明したので省かせていただきます。 ・空いた時間に仕事をすることができる これがクラウドソーシング最大のメリットと言えます。 自分の好きな時にお金を稼ぐことができるので、副業をしたい方におすすめです! ・在宅で仕事ができる 社会には、クラウドソーシングのみで生計を立てている人も多く存在します。 家に居て仕事ができるので、子供がいる主婦の方や会社に縛られて働くのが嫌な方におすすめのサービスです。 クラウドソーシングでは、自身のスキルを思う存分発揮することができ、適正な評価を得ることができます。 案件にはそれぞれの必要なスキルがあります。 どのメリットもクラウドソーシング全体に共通するところがあります。 このほかに挙げられるメリットとして ・スキルを必要しない仕事が多い シュフティでは、主婦の方でも安心してお仕事ができるように、データ入力やアンケート、ライティングなどといった特別なスキルはなくても大丈夫なお仕事が多く掲載されています。 ・システム利用料が安い クラウドソーシングは、仕事をメンバー(受注する側)とクライアント(発注する側)のマッチングサービスですので、仲介業者へ手数料がかかります。 シュフティのシステム利用料は一律10%となっており、他のクラウドソーシングサイトと比べると安くなっています。 デメリット ・仕事の単価が低い 全ての案件がこれに該当するわけではありません! 仕事単価が低い案件は、【誰にでもできる】【簡単作業】などの条件に多いです。 反対に、【誰にでもできない】【スキルが必要な】案件は仕事の単価が高いです。 ・振込手数料が高い シュフティの振込手数料が一律540円となっており、他の大手クラウドソーシングサイトの場合、楽天銀行は100円・その他の銀行は500円となっています。

次の

シュフティの評判が気になる主婦多し!詐欺被害には遭いたくない

シュフティ

目次 シュフティ(shufti)の基本情報 シュフティはクラウドソージングサービスの1つです。 「手軽に在宅ワークをできる」として人気があるサイトです。 クラウドソージングサービスというのは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人を引き合わせるマッチングサービスの事で、シェフティだけでなく、多くのクラウドソージングサイトが存在します。 アルバイトの様な雇用と違い、決まった時間や曜日に働かなければ行けないという拘束がないため、副業としてや子育て中の主婦にとっては、賢い稼ぎ方の1つといえるでしょう。 シュフティは、クラウドソージングサービスの中でもわりと歴史が古く、2007年からスタートしているサービスで、既に10年以上の運営歴があります。 運営しているのは「株式会社うるる」で、東京都中央区に本社を構えています。 募集している仕事は、事務作業やライティング、アシスタント業務などで、未経験でもこなしやすい仕事が揃っています。 会員登録料や月額使用料などはないので、興味があるならばとりあえず試してみるというのも手でしょう。 ちなみに報酬の支払いについては常にシュフティを通して行われ、受注が成立した時点で、クライアント(依頼者)からシュフティに仮払いが行われます。 そして仕事完了時に、仮払いされた金額から手数料をひいた報酬が、ワーカー(受注者)側に届きます。 個人取引だと、「 クライアントに逃げられた!」なんてことが起こりやすいですが、このエスクロー(仮払い)のシステムにより、安心して仕事を出来るのはポイント高いです。 もし報酬や仕事について、 明らかな問題が起こった場合はシュフティのサポートセンターが対応してくれるので、副業初心者でトラブルの対処に慣れていない人でも、安心して利用できる仕組みとなっています。 他のクラウドソーシングサービスについて知りたい方は、下の記事からどうぞ。 主婦や副業目的の人がメインターゲット• クラウドソーシングサービスの中では老舗の部類 主婦や副業目的の人がメインターゲット シュフティ最大の特徴は、主婦や副業目的の人をターゲットとしている点です。 仕事を依頼する側もほとんどが、プロのライターやデザイナーが取引相手だとは考えていないようで、「初心者歓迎」や「主婦歓迎」、「未経験OK」、「超簡単」などといった文言がつく募集が非常に多いです。 なので、最低限「仕事を請け負う」という気持ちと責任さえ持っていれば、ライター経験やデザイナー経験が無くても稼ぎやすいですね! シュフティの依頼形式は「プロジェクト」と「タスク」のみで、ランサーズやクラウドワークスで見かける「コンペ」はありません。 タスク形式とは タスク形式はプロジェクトと違って、提案する必要すらありません。 募集された仕事をできるかは早いもの勝ちで、専用のフォームをつかって納品すればおしまい。 簡単なアンケートや記事等の依頼が多く、ものによっては1~2分で終わってしまうでしょう。 報酬額はかなり安いですが、基本的には打ち合わせなども発生しないですし、とても気軽な気持ちで引き受けられるところがメリットです。 大量募集案件がある 業界最大手のランサーズの場合、プロジェクトでは1名しか採用できませんが、シュフティの場合は「募集:発注予定10~30人」といったように、まとめて多く採用するケースが多く見受けられます。 そこまでの人数を採用するとなると、提案内容に問題なければ、全員採用でもおかしくないレベルなので、提案がかなり通りやすいです。 常時募集がある クラウドソージングサービスには珍しく、案件によっては提案の締め切りがなく「常時募集」となっているものがあります。 常時募集の場合は「良い人がいれば、いつでも採用するよ!」という意味合いが強く、簡単に提案が通るものは少ないですが、単価が高いものも多いので、経験をある程度積んだあとや、腕に覚えのある人は提案してみるのもいいでしょう。 手数料が安い• 主婦向けの案件が多い 手数料が安い シュフティはなにより手数料が安いです。 シュフティに限らず、クラウドソージングサービスの多くは、会員登録料や月額使用料が無料ですが、報酬から手数料として何パーセントか引かれます。 たとえば、報酬5,000円の仕事を引き受けた場合、ランサーズやクラウドワークスなら1,000円も手数料がとられるのに、シュフティでは500円しか引かれません。 また、シュフティの案件は簡単なものが多いので、プロのライターやデザイナーでなくても引き受けやすいです。 正直な話、ランサーズやクラウドワークスの方が高額案件の数では上です。 しかし、高額案件を勝ち取るにはプロのフリーランサーの提案と争わなければならないですし、報酬が高額な分、内容もハードになるので、「気軽な気持ちで在宅ワーク」とはなかなかいきません。 高額案件が少ない• たまに相手が主婦だからと安い単価に設定している案件がある 高額案件が少ない シュフティには、高額報酬の案件というのがあまり存在していません。 そのため、プロやプロを目指すフリーランサーにとっては、仕事の内容や報酬額について物足りなさを感じることもあります。 とはいえ、元々プロ相手ではなく、主婦や副業したい人向けのサービスに近いので、ターゲットが違うといえばそれまでです。 それより注意したいのは、未経験者や主婦などを想定している手前、ライティングや事務の軽作業が多く、デザインやシステム開発など専門的な技術が活かせる仕事はかなり少ないということです。 もしデザイン系の副業のみをさがしているなら、ランサーズやクラウドワークスで探した方がよいでしょう。 たまに相手が主婦だからと安い単価に設定している案件がある これはあなたが選ばなければいいだけの話ですが、「 主婦だから単価が安くていいだろう」と考えている輩もいます。 そういった案件を見ると、気を悪くされるかもしれませんが、スルーして他の案件を探しましょう。 また、そういった案件を排除するために運営も苦慮していますので、自分のスキルに見合った単価の案件に応募するようにしましょう。 シュフティ(shufti)の評判・口コミ シュフティを単価が安い案件には警告を出しているので、比較的単価の安さは改善されている傾向にあるとの評判・口コミでした(昔はひどかったみたいですが…)。 また、そのサービスの特性上、主婦の方に記事執筆を依頼したい方が多いようでしたが、さらに高単価の案件を狙うなら、クラウドワークスなどを利用したほうがいいとの声が見受けられました。 この間初めてシュフティ クラウドソーシングサービス 使って感動した。 単価低めに設定したら事務局から「その文字数だと見積りが低過ぎるので最低でもこれぐらいの基準でお願いね! 意訳」って連絡きた。 ワーカーさんの利益守ってるんだな〜ってめちゃくちゃ感動したしシュフティ良いなと思った。 — ナノ@元うさぎの人 70nano4 shuftiでは子供が熱出したので納期延期させてくださいとか深夜の納品とか画面の向こう側が想像できるアットホームなやり取りが魅力的な部分があるも、しっかりした仕事はランサーズ、クラウドワークスでやったほうがいいです。 月2、3万は稼げるかな? マクロミルもそれくらい稼げますかね。 シュフティは、その名の通り主婦、女性が多いから安い金額で育児や美容ジャンルを喜んで書いてくれる。 僕は1記事の単価は60円で3000文字書いてもらってる。 単価設定が鬼でしょ(笑) — toshibo toshibo593• シュフティ(shufti)はどういった人にオススメか? シュフティは主婦や副業をしたい方、未経験ながらライターの仕事をしたい人などに向いています。 単なるデータ入力や情報収集、宛名書きなどやる気や根気があれば誰でもできる仕事が多いのも魅力です。 一方で、シュフティだけで生計を立てようというのはかなり難しいので、シュフティの収入だけを頼りに脱サラして独立しようというのは難しいかと思います。 ランサーズやクラウドワークスと比べてどう? ランサーズやクラウドワークスにも主婦向きや副業向きの案件がいくつかありますが、プロのフリーランサーを雇おうとするクライアントがかなり多く、提案が通ったとしても、プロでないと厳しいようなトライアル期間があったりします。 シュフティが得意とするライティング業務に限っていっても、同じくライティング業務が多いランサーズとでは質が全く違います。 ランサーズの案件は少しハードなものが多いので、シュフティに慣れているとストレスやプレッシャーを感じるかもしれません。 もちろん、ランサーズやクラウドワークスを併用するというのもアリですし、とりあえずシュフティでなれて、実力がついてきたら、ランサーズやクラウドワークスに手を出してみるのがよいでしょう。 ただ、同じような報酬額が設定されているなら、手数料の安さから考えてシュフティの方がよいので、シュフティ1本に絞るという選択もあります。 まとめ 以上、シュフティ(shufti)について紹介しました。 家事・育児の合間に、家という快適な環境の中でできる在宅ワークを始めてみるのはいかがでしょうか? パートなどのように、疲れる人間関係はないですし、通勤時間も必要ないのでオススメですよ。

次の

【仕訳例あり】シュフティーからの収入は確定申告が必要なの?

シュフティ

株式会社うるるが運営するこのサービスは、『主婦ティ』という名前の通り自宅で副業収入を得たい女性・主婦からも高い評価と厚い支持を受けており人気となっています。 このページでは「なぜシュフティが在宅副業したい女性・主婦に人気なのか」という点を他社のクラウドソーシングサイトと比較しながら、実際に自宅で副業する立場になって検証していきたいと思います。 【詳しくは画像をクリック】 主婦・女性に人気の在宅副業特集です 副業・サイドビジネスで1日1万円を稼ぐ事は可能か?ネットが発達した現代では難しい事ではありません。 空いた時間に入力作業で稼ぐ事が出来る完全在宅型の副業ビジネスです。 全国から応募お待ちしています。 「在宅副業」の募集。 副業で12万円~18万円 本業として月収35万円~50万円程度、18歳以上の方。 女性・主婦NO. 1人気の副業「やってみたい」「私にもできそう」と大変人気が高まっている副業です。 自宅の副業で稼ぎたい方を募集しています。 時給換算で4200円~のテープ起こし・文章起こし業務です。 在宅副業として月収50万円も可能。 1通あたり1000円~高い単価が自慢の副業です。 高齢者にも人気! 副業としては 高額の報酬も稼げる葉書の発送のお仕事。 ご自宅作業~発送・1通あたり800円!副業で稼ぎたい方を全国から募集中! 在宅で副業をお探しの方、 塗絵製作の緊急募集です。 簡単な作業で報酬が高めな副業の為、とても人気が有ります。 働きたいけど、子供が居るから拘束時間が長いと困る・・ ご主人の給料が上がらず、ボーナスも少ない、残業代もカット、家計は苦しいのに子供にはお金が掛かって、自分も働きたい・・だけど、時間のやり繰りが出来なくて働きに出れない、どうしたら良いの・・? こうした主婦・女性の『働きたい・働かなきゃいけないのに、働けない』という悩みに応えられるのがここで紹介している「シュフティ」です。 シュフティ(Shufti)が人気の副業として主婦の方、女性に注目されるのにはいくつか理由が有りますが、最も大きな理由は 自分の都合に合った仕事を探しやすく、しかも在宅で収入まで完結するという事でしょう。 仕事が多く、女性・主婦向け多数 自由に選べるシュフティの在宅副業 シュフティはクラウドソーシング業界では、と共に「最大手」の一角との認識をされています。 ここでは実際に「仕事の量」を比較してみます。 自宅で空き時間を活用して副業収入を得られる仕事に関して、2017年8月13日の時点で「エントリー出来る」(募集が終了していない)仕事の数を比べてみる事にしましょう。 あまりに多過ぎて自分に合った仕事探しが難航するかも知れないという贅沢な悩みも発生します。 なお、データ入力・データ分類の欄は少なめの件数になってしまっています。 ランサーズ ランサーズは「募集が終了した案件」を 表示しない設定に変更しないと、本当の件数(いますぐエントリー出来る仕事の件数)が見えて来ない所がとても不親切だと思います。 それさえ直してくれればね・・・。 シュフティ ここではシュフティの「在宅ですぐ始められそうな」仕事のジャンルに合わせて件数を抜き出しています。 クラウドワークス・ランサーズの件数に及ばないものの、初心者向けで最も需要が有る副業の「ライティング・記事作成」に於いては十分な仕事の提供量だと言えます。 また、 シュフティは「常時募集」がとても多く、いつアクセスしても すぐ仕事を開始でき副業収入を得られる事が、最大の強みです。 仕事量の次は、システム利用手数料を比較してみましょう。 10万円なら、1万円引かれて手取り9万円です。 クラウドワークス・ランサーズより 1万円、得をする事になります。 まず、クラウドソーシングで1万円稼ぐ事は結構大変な事である、という前提で考えましょう。 1か月で10万円をクラウドソーシングを使った副業で稼ぐ事も、かなり大変です。 その上で この利用手数料の差はとても大きい! 利用手数料の差で失った1万円、 取り戻すのは大変な労力を要するでしょう。 特に家計を預かる主婦の方なら分かるハズ。 クラウドワークスは「クイック出金」が有るが・・ シュフティの「報酬振込み」は何日? 振込み手数料も計算にいれておこう クラウドソーシングの泣き所、「システム利用手数料」は シュフティの圧勝で、安く済む事が分かりました。 今度は在宅で頑張った副業報酬の、振込みに掛かる日数や振込み手数料についても比較してみましょう。 賢い主婦が選択する副業としては、振込み手数料なども最低限に抑えたいところです。 まず、シュフティの報酬の支払い日について。 「出金基準額」を設定し、副業として働いた報酬が 以下の金額に達したら振込みされるよう変更出来ます。 報酬の振り込み手数料は 540円掛かります。 ムッ、ちょっとお高いですわね奥さま・・・ では、他社サービスとも比較してみましょう。 キャリーオーバー方式を選択している状態から出金を行う場合、「随時出金方式」または「50,000円以上出金方式」に変更する。 払出はされません。 出金を行う場合は「自動出金方式」へ変更してください。 ・ 40,000円 ・ 50,000円 残念ながらシュフティは報酬の出金に掛かる 手数料は高いですね。 通常なら40円の差ですが、楽天銀行の口座だと440円もの差が付いてしまいます。 どうやら シュフティはある程度のまとまった金額を1度で口座振込みして貰う事がお得な出金方法と言えそうです。 頼むから楽天銀行なり、ジャパンネット銀行なりに対応して振込み手数料を安くしてくれ! シュフティの在宅副業で稼ぐ シュフティの「常時募集」でいつでもお仕事 さて、仕事の量やシステム利用手数料、振込み手数料などをクラウドソーシングの大手3社で比較して来ました。 シュフティは「常時募集」という仕事がとても多く、いつアクセスしても仕事を始められる安心感が有るように思います。 考えてもみてください。 どちらがより多く、毎月副業で手元に残せるか一目瞭然です! 一つネックを挙げるとするなら、 やはり540円という振込み手数料。 高い! でも女性・主婦目線での仕事の提供量が多いシュフティですから、家計の財布の紐を握っている在宅副業主婦から既に多くの苦情・要望が届いているに違いありません。 いずれ解消してくれるのではないでしょうか。 シュフティは主婦・女性が自宅で空いた時間に副業したいと思った時に、最もオススメ出来るクラウドソーシングのサービスだと思います。 シュフティをメインに、自分の都合に合った仕事が見当たらない時はクラウドワークス・ランサーズの仕事募集も覗いてみる、というスタイルが良いと思います。 (シュフティだけ、ランサーズだけ、という仕事の探し方は自宅で副業する際に、「仕事の幅」を狭めてしまいます。 ぜひお気に入りのクラウドソーシングサービス・副業探しサイトを複数利用して自分にの都合に合う仕事を探してみてください) 副業・副収入に関する人気の記事• 21,038件のビュー 2017年2月28日 に投稿された• 3,583件のビュー 2017年7月20日 に投稿された• 2,463件のビュー 2017年8月23日 に投稿された• 1,525件のビュー 2017年8月12日 に投稿された• 1,350件のビュー 2017年7月1日 に投稿された• 1,138件のビュー 2017年7月1日 に投稿された• 1,023件のビュー 2017年6月9日 に投稿された• 995件のビュー 2017年6月27日 に投稿された• 893件のビュー 2017年8月25日 に投稿された• 815件のビュー 2017年6月15日 に投稿された• 796件のビュー 2017年6月20日 に投稿された• 688件のビュー 2017年9月11日 に投稿された• 672件のビュー 2017年6月8日 に投稿された• 657件のビュー 2017年6月19日 に投稿された• 651件のビュー 2017年8月25日 に投稿された• 608件のビュー 2017年9月28日 に投稿された• 577件のビュー 2017年6月5日 に投稿された• 577件のビュー 2017年6月7日 に投稿された• 552件のビュー 2017年6月16日 に投稿された• 545件のビュー 2017年8月21日 に投稿された.

次の