君の名は オタク臭い。 新海誠監督や作品を嫌いと言われる理由は?オタク臭いし気持ち悪いから?

映画『君の名は。』公式サイト

君の名は オタク臭い

あの男 新海誠 はーっ!! 劇場に若者たちが大勢やってきて大入りだった。 あの新海誠のアニメにだ。 今でもちょっと信じられない。 以前だったらマイナー配給のサブカル系映画館で上映されてオタクの男性客ばかりで埋まっていたはずなのに 偏見 !! なのに今回はいきなり天下の東宝の大作として大規模公開である。 周りが友達連れとカップルの若者ばっかりで私は居心地が悪かったぞバカヤロオオオオオオ 泣き !! 今までの過去作はどれも、決して手の届かない遠く離れた所へ行ってしまった想い人との思い出に囚われ未練を引きずり「どうしてこの世界は僕を孤独にするんだろう。 どうして時は過ぎてしまうんだろう」と自意識をこじらせナルシズムに浸るまさに非リア充と非モテ層のためにあるような作品ばかりだった。 共感しつつも最後には死にたくなる気分になるんだよね・・。 散々アニメファンとオタクにトラウマを与えたまま評価を集める踏み台にして置き去りにして、リア充の若者向け・大衆向けを作るメジャー作家の位置に羽ばたいちまうのかよ!!新海誠のバカヤロオオオオオオ!! そのくせオタクが過剰反応しそうな萌えアニメみたいなあざといお色気シーンもしれっと今回で初めて入れたりしている。 商売上手でいやらしいぞコノヤロオオオオオオ!! 初めて新海アニメを観て衝撃を受けたのであろう初々しい高評価のレビューが並んでいてそーだそーだ凄いだろ私は前から凄い作家だって知ってたんだぞと自慢したくなる誇らしい気持ちになっちゃうぞオメデトオオオオオオ!! 序盤の明るく軽いコメディ調のノリにはニヤニヤしつつも、ああもう私の知る以前の新海アニメじゃないんだなと少し寂しい気分にもなった。 ・・が、お互いが入れ替わっていることに気づいた瞬間に歌が流れ疾走感溢れるスピードで入れ替わり生活のあれこれを一気に描き切ってしまう。 そして雰囲気がガラッと変わって決して手の届かない遠く離れた所にいる人に想いをはせる物語に移行していく。 なんだよ「ほしのこえ」じゃないか!! やっぱり私の知っている新海アニメじゃないか!! やること憎いよコンチクショオオオオオオ!! 記憶が失われていく焦燥感と絶望感も合わさり切なさは過去最高。 序盤にニヤニヤさせられたおかげで二人に愛着が湧き応援したくなる気持ちでいっぱいになり胸が高鳴っていく。 リア充爆発しろといわんばかりに落ちてくる隕石にだって二人は引き裂けない。 リア充めまぶしすぎるぞコンチクショオオオオオオ!! ラストシーン付近の雰囲気には「秒速5センチメートル」のデジャヴを感じて、結局いつもの新海アニメで終わってしまうのかと思いきや・・ハラハラさせやがってコノヤロオオオオオオ!! 過去作を知っているからこそ、本作のハッピーエンドが長い長い憂鬱を乗り越えてようやくたどり着いた特別なものに感じられて感慨深いのである。 新海の代名詞である美しい背景も健在でありながら一味違う。 以前は背景の美しさをこれ見よがしに強調しようとキャラクターを呑み込んでしまうほどの大きさの静止画でじっくりと映され、時間が止まっているような奇妙な情感が生まれ憂鬱な雰囲気をより強めていた。 本作では背景が自己主張をやめアニメであることを忘れてしまうようなリアルさを感じさせる映像になっており、長い長い寂しい夢から覚め止まっていた時間が遂に動き出し何かが始まるようなワクワクする感覚がある。 これもまた過去作を知っているからこその感慨である。 上映終了後、友達に泣いてねーよ!と強がっている男の子がいた。 ああ青春だなぁ。 ピュアだなぁ。 泣いていいんだよ!泣いちゃえよオオオオオオ!! この映画もピュアで若々しくて青臭い。 だからこそ素晴らしいんだ。 成熟した大人の視点がないからこそ輝くものがある。 ああそれは今の私には決して届かないものなのだ・・。 結局死にたくなる気分になったじゃないかバカヤロオオオオオオ 笑 !!.

次の

君の名は。は「童貞くさい」と言う理由で女オタクから叩かれまくってましたが...

君の名は オタク臭い

新海誠監督の作品には、純粋で心がピュアな感じの少女(中高生)が登場する傾向があります。 おそらく、新海誠監督は「人間本来のあるべき姿」、もしくは、「心のピュアさ」を表現しているのだと思いますが、その綺麗な登場人物の心が、現実的ではなく、妄想的であるという意見があるのです。 実際に映画をよく見てみれば、綺麗な心を持っているキャラクターは、女性キャラクターだけではないのですが、女性キャラクターの綺麗な心をあまりにも美しく「感じ取れるほどに」表現している新海誠監督の作品を、気持ち悪いと感じる方がいらっしゃいました。 逆に、美しくピュアな心を持つ新海誠監督作品に登場する男性キャラクターについて、「妄想的だ」と感じている女性はほとんど見受けられませんでした。 もしかすると、新海誠監督が表現するような女性像が、妄想的で気持ち悪いと感じるのかもしれません。 今まで、大々的に人に認められることがなく、一部のファンに支えられてきた新海誠監督ですが、映画「君の名は。 」という空前の大ヒットを放ち、瞬く間に世界中に注目されるスターとなりました。 この突然の成功を、「自分とそんなに変わらない存在なのに、なんで突然成功するわけ?」と納得がいかないという感情を経験している方がいるようです。 中には、「新海誠監督の突然の成功が気に入らない」と公言している方もいれば、単純に「別に凄くないじゃん」と感じる方もいらっしゃいました。 また、似た意見で、「新海誠監督の作品が嫌いだけど、見てみたら思ったよりおもしろかったって思うと思うから、嫌い」というタイプの方も見受けられました。 映画の結末を見てすっきりしないとか、結局何が言いたいのかが分からないから嫌いだという声があります。 また、単に世界観が気持ち悪いというコメントも頂きました。 新海誠監督の世界観は、野田洋次郎さんがおっしゃっていたように、好き嫌いがはっきりと分かれるようです。 」を公開した後ですが、以前から「新海誠監督ファン」という人々は存在していました。 もともとの新海誠監督ファンの方は、他の作品を見たり、小説を読んだりして、新海誠監督の世界観を見てきた訳ですが、映画「君の名は。 」をもってしても、新海誠監督の世界観は出し切られていなかったという声があります。 つまり、新海誠監督の世界観はもっと広くて深くて素晴らしいのに、映画「君の名は。 」は、新海誠監督の世界観をもっともっと表現してもらいたかったという意見があるのです。 このタイプの人々は、新海誠監督を嫌いな訳ではありませんが、作品をあまり好きになれないという意見の一部であるようです。 というのは、映画「天気の子」に登場する女子大生・夏美役を、本田翼さんが担当しているのですが、声の演技が下手すぎるという辛辣な意見が飛び交っています。 新海誠監督自身が、「Vコンテ(動く絵コンテで自分が演じた夏美から)どんどん違うキャラクターになっていく。 キャストの中で一番遠いところにいった。 予想もしないアクセント、言い方ばかりが出てきて。 」とコメントしたことで、世間は「演技が下手ということか?」という憶測や意見で賑わいました。 この「声優としての演技を見ずに、声だけで俳優を声優として起用する作品作りが嫌い」という意見があるのです。 本田翼さんの演技力についての評価は、それぞれ個人の感じ方によって異なると思いますが、いずれにしても、声優の評価が新海誠監督の評価に繋がることがあるようです。 もともと、新海誠監督や彼の作品は好きだったけど、あまりに世間に騒がれすぎて、「大勢のうちの1人」になりたくないという方がいました。 このような理由で「新海誠監督の作品が嫌い」になってしまう方もいるようです。 新海誠監督の作品は、心に響く作品なので、人生の中で今まで辛い経験をしてきた方には、新海誠監督の作品を見ることが辛い体験になるということのようです。 つまり、今まで心を強く閉じた状態で大丈夫なふりをして生きてきたのに、新海誠監督の作品によって心を開かれ、辛い感情が溢れ出し、それなのに、その溢れた感情をどうしていいか教えてくれない新海誠監督を嫌いと感じる方がいるようです。 新海誠監督といえば、光源を細かいところまで操作したり、整合性を重視した背景画を作ることで知られています。 要は、実際の色使いをたくさん操作して、色調や明度にコントラストを強くかけたり、光源を増やしてみたりと、実際にはありえない色使いや表現をしているということです。 こういった「嘘」の色使いが本物とかけ離れていて、好きになれないということなのかもしれません。 もしくは、色彩が単純に嫌いなのかもしれません。 そのため、その層を通り越した大人にとっては、内容が未熟すぎて嫌いと感じることがあるようです。 新海誠監督の焦点を合わせているところは、たしかに、独特なので、精神年齢が高い方からすると、浅はかな精神年齢感だと感じることがあるようです。 まとめ 新海誠監督の世界観は、ある意味強いですからね・・・。 それを好きになるか、嫌いになったり気持ち悪いと感じるかは、本当に意見の分かれるところですね。

次の

映画『君の名は。』公式サイト

君の名は オタク臭い

先頃、学習塾「W早稲田ゼミ」(群馬県太田市)のチラシに描かれているキャラクター「のぞみちゃん」が、 「君の名は。 」のヒロイン「宮水三葉」に酷似しているのではないかと話題になった。 (略) 両者を比べてみると、ポーズや構図など、多くの点が一致しているというのだ。 「たまたま似ているというだけで、『君の名は。 』のキャラクターを使ったということは ありません」と広報の担当者は回答。 同社では、「君の名は。 」が上映される以前から、「のぞみちゃん」を 使用しているとのこと。 このたび、上記の記事の内容を疑問視する意見と情報が、当サイトに寄せられた。 「君の名は。 」の 上映前から「のぞみちゃん」が存在しているというのが事実であったとしても、そのことは今回の「酷似」の件とは 別ではないかと、情報提供者は指摘する。 (略) また、先述のものとは別のチラシがあり、それについても学習塾に確認してほしいという。 そのチラシでは、 「夢人くん」というキャラが「のぞみちゃん」に「君の塾は」と尋ねていること、構図も「君の名は。 」に似ていることを、 情報提供者は挙げる。 当サイトでは、早稲田学習研究会に取材を申し込んだ。 担当者曰く、受験シーズンで繁忙期のため社内が 非常に慌ただしい状況にあり、取材には応じられないという。 そこで、一段落してからでもよいので取材を 受けてもらえないかと依頼した。 (略) 一方、同社として「意図していない、本意でない部分もある」という。 それならば、そうした点に関する明確な説明が なされることで、世間の誤解も解けるのではないかと提案した。 しかし、本件についてはこれ以上の回答は 控えたいと、担当者は述べるにとどまった。 記事全文とそのほかの画像一覧.

次の