福知山 花火 事故。 2013年福知山花火大会露店爆発事故

ドッコイセ福知山花火大会

福知山 花火 事故

ドッコイセ福知山花火大会 2013年8月15日、 京都府福知山市の由良川音無瀬橋河畔でドッコイセ福知山花火大会が 開催されていました。 この花火大会は1932年から行われている歴史のある花火大会で、2011年には11万人を超える 見物人が来るなど北近畿地区では最大級の花火大会だったのです。 事故当日も大勢の見物客でにぎわい、たくさんの露店が出展されていました。 花火大会ということで家族連れで来ている人も多かったことでしょう、夏休みの楽しい思い出に なるはずが一瞬で大惨事に代わってしまったのです。 花火が打ち上げられる直前で花火の音と勘違いした人もいたのだとか。 当時いくつもの露店が出店していて、事故の原因となったベビーカステラの店もありました。 その 露店の裏は階段になっていて、花火がまじかで見られる絶好のスポットとして 場所取りが行なわれるほどの人気の場所でした。 ベビーカステラの屋台の店主がガソリンの携行缶から発電機へガソリンを給油しようとします。 携行缶のふたを開けたとき缶からガソリンが噴出し隣の男性に直撃、焦った店主は携行缶を持ち上げ 人がいないところに持っていくのですが、そのときにガソリンを振りまいてしまっていたのです。 そしてその ガソリンが露店の調理器具から引火。 大爆発を起こしてしまいました。 その爆発はすさまじく、一瞬でテントが消え、火が広まったそうです。 楽しいお祭りが死者3人、負傷者48人という大惨事になってしまいました。 原因は? 当時、ガソリンの携行缶が自家発電機からの熱を浴びていたとの目撃情報がありました。 おそらく高温になっていたのでしょう。 なので 店主は携行缶の圧力調整ネジなどで内圧を開放する必要がありました。 しかし、それをしなかったため ガソリンが噴出し、最終的には引火し大爆発を起こしてしまったのです。 店主はその後業務上過失致死傷罪の容疑で逮捕され禁固5年の判決が下されています。

次の

福知山花火事故の闇...逮捕された「とび職」店主のヤバい噂

福知山 花火 事故

京都府福知山市の河川敷で平成25年8月、花火大会の露店が爆発し、3人が死亡、露店主を含む55人が負傷した事故は、今年8月15日で4年となった。 「いきていてくれて ほんとうによかった」。 事故に巻き込まれた子供たちへ宛てた妻の走り書きを初めて公開した男性は「被害者が声を上げないと伝わらない」と語る。 「事故を風化させたくない」と初めて取材に応じてくれた女性は、やけどの痕が今も残る子供の将来を「傷が負い目にならないだろうか」と案ずる。 被害者の補償交渉も続いており、事故はまだ終わっていない。 (桑村大、南里咲) 「いきていてくれて ありがとう」 「しばらく見つかっていなかったが、(2年前の)引っ越しの際に出てきた。 報道の方にお目にかけるのは初めて」。 京都市の会社員、盛本英靖さん(50)はそう言って、病院のパンフレットを差し出した。 そこにはボールペンで、力強く、こう走り書きがされていた。 「いきていてくれて ほんとうによかった」 25年8月15日、花火大会見物のため京都府福知山市の由良川河川敷にいて重傷を負った妻(45)が、同じく被害に遭い、別の病室に運び込まれた長男(15)と次男(10)に宛てて書いたメッセージだった。 いっしょに にげてくれて ありがとう。

次の

JR福知山線脱線事故

福知山 花火 事故

2013年10月2日、この爆発を起こした屋台店主だった渡辺良平 当時38 容疑者が、業務上過失致死傷罪の容疑で京都府警察捜査1課により逮捕された。 8月15日の爆発事故発生から逮捕まで時間が経ったのは容疑者が入院していたためだった。 その一方で容疑者の身元が「とび職」となっていたことに疑問を持った方もいるだろう。 この意味を某組織関係者が語る。 「今回の事故は行政が暴力団関係者と見抜けなかったことも問題になっている。 これはひとつの落としどころだったんだろう」 とび職の原型は元々江戸時代に派生した有名な火消しが原型だ。 火消しの一方で有名な「め組の喧嘩」など数々の問題を起こしてもいる。 現在の古くからある博徒などはその流れを汲むケースもある。 「とび職」は一般社会が許容できるグレーゾーンの際にいるのだ。 今回の暴発事故を複雑にした要因には暴対法と暴排条例がある。 暴対法は暴力団に対する国が定めた法律だが、暴排条例は各都道府県が施行した地方公共団体の条例でその周辺者及び共生者、つまり暴力団を利用しようとする人物に対して与えられる罰則だ。 福知山花火事故の闇... 逮捕された「とび職」店主のヤバい噂.

次の