膀胱 留置 用 カテーテル と は。 膀胱留置カテーテルの看護|目的や種類、感染・合併症、看護技術、看護計画

膀胱留置カテーテルの手順 男性の時と女性の場合~看護技術チェックリスト

膀胱 留置 用 カテーテル と は

コンテンツ• 膀胱留置カテーテル挿入中は清潔にすることが大切 実習では、 膀胱留置カテーテルを挿入している患者さんと出会う機会も多いです。 患者さんの中には長期間留置しなければならない人もいるので、清潔を保つことが必要になります。 膀胱留置カテーテルは感染の原因となる 膀胱留置カテーテルは、手術や長期間の床上安静、自立度に合わせて適応されますが、 感染の原因になってしまうことが考えられます。 膀胱留置カテーテルを挿入していることにより、 尿道から膀胱へ逆行性感染を引き起こしてしまいます。 そのため、長期間留置している患者さんは、 尿路感染のリスクが高くなるため清潔ケアが重要になります。 膀胱留置カテーテルを挿入している患者さんは、基本的に毎日陰部洗浄を実施します。 そして尿道カテーテルは、 挿入部位から10cm程度の長さの部分まで洗います。 カテーテルを洗うときは、無理に引っ張らず、優しく洗うことがポイントです。 女性の場合は、おりものなどの分泌物がカテーテルの刺入部位に付着しやすいので、清潔にすることが大切です。 女性の場合と同様に、 亀頭を洗うときに尿道カテーテルの挿入部もしっかり洗います。 そして、尿道カテーテルの挿入部位から10cmほどの長さの部分まで洗います。 男性の時も、女性と同様にカテーテルは無理に引っ張らず、優しく洗いましょう。 膀胱留置カテーテル挿入中の陰部洗浄のポイント 膀胱留置カテーテルを挿入している患者さんの場合は、いくつかの ポイントに注意しながら行うことが大切です。 膀胱留置カテーテル挿入中の陰部洗浄のポイントを見ていきましょう。 尿道カテーテル挿入部位はしっかり洗う 尿道カテーテルが挿入されている部位に、 細菌などが付着して逆行感染を起こしてしまうため、刺入部位はしっかり洗うことがポイントです。 女性の場合は、 おりものなどの分泌物によって汚染されやすいので注意が必要です。 尿道カテーテルは引っ張らない 尿道カテーテルは、 引っ張ると痛みや出血を生じることがあります。 カテーテルの脱却を防ぐためにも、引っ張らず優しく扱うことが大切です。 尿道カテーテルも清潔にする 尿道カテーテルの刺入部位だけでなく、 刺入部位から10cm程度の部分も清潔にすることがポイントです。 尿道カテーテルは膀胱内でカフによって固定されていますが、体動によりカテーテルが深く尿道内に入ってしまうことも考えられるため、 刺入部位付近も洗いましょう。 膀胱留置カテーテル挿入中の陰部洗浄時の観察ポイント 膀胱留置カテーテルが入っている時の陰部洗浄で見ておきたい、 観察のポイントを押さえておきましょう。 陰部の汚染状況 陰部は汚染されやすい部位でもあり、 感染の原因になるため汚染状況を観察しておきましょう。 女性はおりものなどにより汚染されやすい環境であり、 汚染の程度がひどい場合は適宜洗浄を行うなどのケアも必要です。 尿道カテーテルの尿もれの有無 尿道カテーテルが入っているのにも関わらず、 尿もれが起こる場合もあります。 この場合は、体動やカフ水の減少などが考えられるため、対処することが必要になります。 尿もれを起こしてしないかもしっかり観察しましょう。 尿道カテーテル挿入部位のトラブルの有無 尿道カテーテルが挿入されていると、 挿入部位付近に皮膚にトラブルが起こることがあります。 出血や潰瘍、かゆみ、かぶれなどの皮膚トラブルが起きていないか、なども観察することが必要です。 膀胱留置カテーテル挿入中のケアを理解するために 実習では、膀胱留置カテーテルが挿入された患者と遭遇する機会も多いので、 膀胱留置カテーテルが挿入されている場合のケアの方法も知っておくことが必要です。 特に、 膀胱留置カテーテルからの尿路感染も多いので、ケアを行い清潔に保つことが大切になります。 意思疎通ができない患者さんは、症状を訴えることができないので、しっかり観察を行い 看護者が気づくことが重要になります。

次の

尿道カテーテル|病気について

膀胱 留置 用 カテーテル と は

【定義】 (1) 定義 次のいずれにも該当すること。 )であること。 (2) 機能区分の考え方 構造、使用目的、対象患者、材質及び表面コーティングにより、2管一般(5区分)、特定(2区分)及び圧迫止血(1区分)の合計8区分に区分する。 ただし、温度センサー用の管は機能区分上の管に該当しない。 ア ダブルルーメン(カテーテルの構造が2管であるもの。 以下同じ。 )であること。 イ 材質又は表面コーティングが、ラテックス(材質)、熱可塑性エラストマー(材質)又はシリコーンエラストマーコーティングラテックス(材質・表面コーティング)であること。 ア ダブルルーメンであること。 イ 材質又は表面コーティングが、シリコーン(材質)、親水性コーティング(表面コーティング)又はシリコーンエラストマーコーティングポリ塩化ビニール(材質・表面コーティング)であること。 ア ダブルルーメンであること。 イ 材質又は表面コーティングが、シリコーン(材質)、親水性コーティング(表面コーティング)又はシリコーンエラストマーコーティングポリ塩化ビニール(材質・表面コーティング)であること。 ウ 膀胱留置用カテーテルと採尿バックがあらかじめ接続されシールされており、一連の操作を無菌的に行うために消毒剤等とともにキット化されたものであること。 ア ダブルルーメンであること。 イ 材質又は表面コーティングが、抗菌剤混合ラテックス(材質)、抗菌剤混合シリコーン(材質)又は抗菌剤コーティング(表面コーティング)であること。 ア ダブルルーメンであること。 イ 材質又は表面コーティングが、抗菌剤混合ラテックス(材質)、抗菌剤混合シリコーン(材質)又は抗菌剤コーティング(表面コーティング)であること。 ウ 膀胱留置用カテーテルと採尿バックがあらかじめシールされており、一連の操作を無菌的に行うために消毒剤等とともにキット化されたものであること。 ア 小児用、尿道狭窄用又はトリプルルーメン(カテーテルの構造が3管であるもの。 以下同じ。 )であること。 イ 材質又は表面コーティングが、ラテックス(材質)、熱可塑性エラストマー(材質)又はシリコーンエラストマーコーティングラテックス(材質・表面コーティング)であること。 ア 小児用、尿道狭窄用又はトリプルルーメンであること。 イ 材質又は表面コーティングが、シリコーン(材質)、親水性コーティング(表面コーティング)、シリコーンエラストマーコーティングポリ塩化ビニール(材質・表面コーティング)、抗菌剤混合ラテックス(材質)、抗菌剤混合シリコーン(材質)又は抗菌剤コーティング(表面コーティング)であること。 ア 圧迫止血を目的に使用するディスポーザブルカテーテルであること。 イ 次のいずれかに該当すること。

次の

製品

膀胱 留置 用 カテーテル と は

こうした事例が、2013年6月から2018年7月までに、なんと49件も報告されていることが、日本医療機能評価機構の調べで明らかになりました(機構のサイトは)。 患者はすべて「男性」です。 2011-13年には同様の事例が14件報告されていたので、年間「3件弱」のペースで事故が発生していましたが(関連記事は)、2013-18年には、年間「10件弱」に増加しています。 各医療機関において、後述の取り組みなどを確認・徹底し、事故防止に努める必要があるでしょう。 膀胱内にカテーテルが届いたか、「尿の流出」などで適切に確認を 日本医療機能評価機構は、全国の医療機関(国立病院や特定機能病院等は義務づけ)から医療事故やヒヤリ・ハット事例(事故に至る前に気づいたものの、ヒヤリとした、ハッとした事例)を収集し、その内容や背景を分析して事故等の再発防止に向けた提言等を行っています(医療事故情報収集等事業、関連記事はとと)。 また事故事例などの中から、毎月、とくに注意すべき事例等をピックアップし、「医療安全情報」として公表しています(最近の情報はとと)。 9月18日に公表された「No. 142」では「膀胱留置カテーテルによる尿道損傷(第2報)」がテーマとなりました。 ある病院では、看護師が全身麻酔導入後の患者に14Fr(外径では4. 7mmに相当)の膀胱留置カテーテルを根元まで挿入しました。 尿の流出はなかったものの、抵抗なく挿入できたため、「膀胱内に入っている」と判断しました。 しかし、バルーンに滅菌蒸留水を注入した直後に出血があったため、カテーテルを抜去。 その後、泌尿器科医師が診察を行ったところ、尿道損傷と診断され、6日間入院が延長しました。 また別の病院では、看護師が全身麻酔導入後の患者に14Frの膀胱留置カテーテルを挿入したところ、抵抗があったため抜去しました。 次いで12Fr(外径では4. 0mmに相当)のカテーテルに変更して再度挿入しましたが、やはり抵抗があったため、10Fr(同3. 3mmに相当)のカテーテルを挿入しました。 その際、尿の流出は確認できませんでしたが、根元まで挿入できたことから「膀胱内に入っている」と判断しました。 しかし、バルーンに滅菌蒸留水を注入したところ出血があったため、カテーテルを抜去しました。 泌尿器科医師が診察を行ったところ、尿道損傷と診断され、予定手術が延期となってしまいました。 機構が、報告された49例を分析したところ、「尿の流出が確認されなかったにもかかわらず、『膀胱内に入った』と思い、バルーンの拡張を行った」背景は、主に次の3パターンに分類できることが分かりました(重複あり)。 (1)挿入したカテーテルの長さが十分であると思った(27件) (2)カテーテル挿入時に抵抗がなかった(15件) (3)排尿直後や禁食のため、膀胱内に尿が溜まっていないと思った(15件) カテーテルが膀胱にまで届かず、尿道にある間にバルーンを拡張すれば、尿道が損傷してしまうことは明らかで、「膀胱内にまで到達した」ことを適切に確認することが求められます。

次の