夏川 天心 試合 結果。 【那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円】結果速報「挑戦者は大井洋一と藤崎美樹に決定」

【那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円】結果速報「挑戦者は大井洋一と藤崎美樹に決定」

夏川 天心 試合 結果

年末に行われた総合格闘技RIZINで、ボクシングの元世界5階級王者フロイド・メイウェザーとキックボクシングのチャンピオンで神童と呼ばれる那須川天心が、3分3回のボクシングルールでのエキシビションマッチで対戦した。 メイウェザーを本気にさせた天心の左ストレート メイウェザーは、試合が始まるまで終始ご機嫌でリラックスしているようだった。 入場から国歌斉唱などの試合前のセレモニーでも、笑顔を見せていた。 大舞台を何度も経験しているメイウェザーからは、王者の余裕を感じさせた。 1R開始すると試合中にも関わらず不気味な笑顔を見せながら、ジャブをつき天心との距離を縮めていった。 天心も思った以上の体格差とメイウェザーのオーラを感じたのか、手が出ない。 プレッシャーを掛けてくるメイウェザーに対して、圧倒されているようだった。 1Rの40秒過ぎ、メイウェザーが出した右ストレートに対して、サウスポースタイルの天心がカウンターの左ストレートを放った。 このパンチを機にメイウェザーの目の色が代わり本気モードに変わっていった。 メイウェザーの超人的なディフェンス このストレートは当たったかのように見えた。 しかし、後でVTRで確認すると寸前のところでパンチを交わしていた。 これには驚いた。 天心の渾身を込めたカウンターは、どんぴしゃりのタイミングだった。 しかし、メイウェザーは一瞬の体さばきで、寸前のところでパンチをかわしていた。 普通ならもらっている、そんな絶妙なタイミングで打ったパンチだった。 でも、メイウェザーには当たらないのだ。 完璧なディフェンスの勘が体に染み付いているのだろう。 ボクシング界のトップの選手がいくら打っても当たらないのも納得だ。 メイウェザーがボクシング界のレジェンドと言われる所以は、この超人的なディフェンス力にある。 その後はメイウェザーもギアを変えていって、天心に襲いかかっていった。 越えられなかった階級の壁 やはり階級の壁は大きかった。 前日の計量で天心が62. 1キロ、メイウェザーは66. 7キロで、契約体重の66. 7キロをクリアしたと発表されている。 6キロの体重差だが、それ以上にその差を感じた。 その体重で戦い続けたメイウェザーは、やはりパワーも段違いだった。 上下へのコンビネーション、相手を惑わすフェイントやパンチの打ち分けなど超一流の技術も光った。 パンチでのKOも多い天心だが、パンチしか使えないボクシングルールとキックありのキックルールでは大きく異なる。 メイウェザーも天心のパンチを受けてみて、これなら大丈夫だと感じたのだろう。 怖さが無いので、どんどんプレッシャーを掛け前に出ていった。 生涯で一度もダウン経験が無いという天心も、流石にメイウェザーのパンチには耐えらえなかった。 メイウェザーが放った左フックが完全に効いてしまって最初のダウンとなる。 その後は2度のダウンを追加され、TKOで試合ストップとなった。 天心もリングの上で、越えられない体重という壁を大きく感じただろう。 果たして良い経験になったのだろうか 確かに今回のように、非常に注目が集まる大きな舞台で試合ができた経験は大きい。 しかし、ダメージを考えると、危険だったことを否めない。 また、肉体的なダメージは体を休めれば回復するが、ダウンを喫した経験は体が覚えてしまう。 一度倒れると倒れグセがついてしまう事もある。 ボクサーでも不死身のように強かった選手が、一度ダウンを経験してから打たれ弱くなってしまう場面を何度も見てきた。 一度KOされると脳が覚えてしまい、倒れやすくなる。 打たれ強さは鍛えられないのだ。 天心はこれまで生涯無敗を貫いてきた。 それが選手としての大きな自信になっていただろう。 そのため今回の試合結果が、いい意味でも悪い意味でも転機となる可能性は否めない。 今回の試合の経験がどうなっていくかは、今後の彼次第だ。 しかし、ボクシング界のレジェンドに、勇敢に立ち向かっていった勇気は素晴らしい。 ボクシングに転向する可能性もあるので、今後の彼に注目だ。

次の

江幡塁 天心に完敗「那須川天心vs江幡塁」試合結果&江幡塁の戦績 ~ 新日本キック界の至宝 日本人最強キックボクサー江幡塁 ~【格闘技RIZIN】

夏川 天心 試合 結果

もくじ• そもそも今回の夢のカードが実現された経緯は何だったのでしょうか? AbemaTV3周年記念 という中での 1000万円シリーズの企画として組まれたようです。 このシリーズは2017年に亀田興毅さんに勝ったら1000万円という企画で人気を集め、対戦者には人気youtubeeのジョーブログさんが出場したことでも話題になりました。 このあと、ホストの神風永遠さんの企画が組まれたり、ジョーブログさんがプロを目指す企画が組まれたりと反響は非常に大きいものがあります。 さらに2019年5月18日には那須川天心さんに勝ったら1000万円という企画で、その強さを存分にアピールしました。 なので両者とも 1000万円を奪われない側を経験していることになります。 今回は亀田興毅さんが那須川天心さんにKOしたら1000万円獲得となります。 なのでプレッシャーが大きいのは那須川天心さんの方なのかな?って気がします。 これが逆の立場だった場合、精神的にもまた違ってくるのでしょう。 那須川天心さんのパンチが当たりすぎて、亀田興毅さんが距離を掴めない…そんな展開でした。 第3Rでは、亀田興毅さんがヘッドギアを取ったことに答える形で、那須川天心さんもヘッドギアを取るといった、パフォーマンスがあり、見ごたえと興奮を覚えました。 しかしキックの選手でここまで強いというのは、やはりメイウェザーとの1戦が、那須川天心さんに自信を持たせているのでしょう! マジ強すぎ!! 試合結果的には両者ともKOはしなかったので、ドローと言えますが、ルール的には1000万円を守り抜きました! 2人の対戦前の記者会見がヤバイ! 対戦前日の6月21日に計量をし、2人は意気込みを語りました。 -何かメッセージは 亀田氏 計量するのも久しぶり。 今後何があっても(リングに)あがることはないので。 今回、天心くんも20歳で、これからの格闘技界を背負っていく素晴らしいファイターだと思う。 でも、そもそも次元の違うところに自分はいる。 亀田興毅の時代が終わることはないから。 最後の瞬間まで輝き続けて、きれいに終わらせてあげようかな。 そういう気持ち。 これからの時代を作っていくファイターたち、格闘界のすべての人たちに亀田興毅の姿を見て、いろいろと感じ取ってもらえたらと思います。 -倒す自信は 亀田氏 自信がなかったらここにいてないので。 圧倒的な勝利で終わらせますよ。 チャンスがあればいつでも仕留めにいきますよ。 -連戦の中でどういった試合をしたいか 那須川 メインは7月の試合。 ここで落とせない。 でも、今回の試合のためにいろんなこと用意してきたので。 自分の実力がわかると思う。 通用するのか、しないのか。 明日になってみないと分からない。 変に自信はもっている。 まだ若いので思いっきりいくだけ。 -倒す自信は 那須川 倒すための練習をしてきたのでいけると思います。 とにかく全力でいくというのがテーマ。 今まで見せてない技術、パンチの種類も増えますし、パターンを変えないと当たらない。 それが当たれば。 ボクサーにもないパンチをもっていると思うので、それも当てられたら。 -事前に公開された動画では「天津飯」を食べていたが 亀田氏 天津飯食べさせられたんですよ。 まぁまぁおいしかったですよ。 明日も亀田興毅にとって、この戦いはおいしい戦いじゃないですかね。 格闘技を知らない人たちもこの戦いを注目しているわけで。 1度は引退して一線退いているけど、その中で、若い天心くんに圧倒的な勝ち方をすれば、ちょっとした勇気や希望を与えられるのかな。 自分にとって、すべてにおいておいしい舞台。 あの時食べた天津飯よりおいしいのかな。 -どんな調整をしてきたか 亀田氏 期間短かったですけど、見ている人たちが裏切らないコンディションまでもってこれたかな。 那須川 自分はキックの練習もしてきた。 多少はボクシングの練習を多めに。 サウスポーの選手との多めにマス(ボクシング)を入れたり、スパーリングしたりしました。 -視聴者予想では亀田有利となっている 那須川 周りが思っているのと自分が思っているのは違う。 自分を信じて、戦いたい。 -意気込み 亀田氏 明日で亀田興毅劇場は完全に終わり。 プロとして、エンターテイナーとして、天心くんにいろいろと見て、肌で感じて、学んでもらえたら。 プロである以上、お客さんをどれだけ楽しませるか。 興味をひかせるか。 自分たちは格闘技の世界に生きている中で商品。 勝つだけじゃない。 強かったらいいだけじゃない。 そこが足りていないところだと思う。 そういった本当のプロがどういうもんなのか、圧倒的なカリスマ性でみなさんを楽しませようと思います。 那須川 僕も格闘技を背負っていく以上、ここでつまずいてはいられない。 亀田さんは世代交代させないつもりでしょうけど、僕は世代交代しなきゃいけない。 自分の今後がどういう風になるのかというのが明日わかる。 ここでしっかりと決着つけて、那須川天心強いな、という印象だけで終わらせたい。 当然ながら両者とも負ける気はないようですね。 でも亀田興毅さんの場合はKOすれば1000万円を手に入れることができるわけですし、そういった意味でも亀田興毅さんの方が気合入ってるでしょうね! 逆に言えばこのプレッシャーの中で那須川天心さんが勝てれば、その強さが改めて世間に認められることでしょう。

次の

那須川天心が自信「一瞬かも」7・12劇的結末予告

夏川 天心 試合 結果

RIZIN14『フロイドメイウェザーvs那須川天心』 2018年の大晦日『RIZIN14(ライジン)』にて超ビッグマッチが開催された。 それは、 フロイドメイウェザーvs那須川天心である。 フロイドメイウェザーといえば、ボクシング界におけるレジェンドであり、その戦績はなんと50戦無敗。 しかも、スーパーフェザー級からスーパーウェルター級まで5階級制覇を成し遂げている。 これはボクシング史上初めての偉業だ。 そんなリビングレジェンドであるフロイドメイウェザーと、日本キックボクシング界の至宝『那須川天心』がRIZIN14で激突した。 この記事では、その結果を詳細にレポートしていきたいと思う。 また、 対戦ルールの確認や私個人の勝敗予想なども交えてお届けするので、対戦結果だけでなくそういった情報も気になる人はぜひ読んでみてほしい。 この対戦がどれだけすごいのか。 普段、ボクシングやキックボクシングを見ない人には分かりづらいかもしれない。 しかし、声を大にして言おう。 これは相当にすごいマッチメイクであると。 メイウェザーが日本にくるだけでもすごいし、メイウェザーの相手がボクシング選手ではなくキックボクシングの那須川天心であることもすごい。 RIZINの影響もあって、最近では那須川天心が地上波に顔を出すことも珍しくなくなった。 本当なら、キックボクシングの、しかも軽量級の選手がフューチャーされることは滅多にないだろう。 K-1のスター選手と呼ばれる武尊でさえ、地上波に出演することは少なく、ほとんどがネットテレビだ。 神童と呼ばれる那須川天心だからこそ、地上波まで進出することができる。 世界を見渡しても、軽量級において那須川天心レベルの格闘家は少ないだろう。 まさしく、平成最後のBIGマッチと言えるだろう。 『フロイドメイウェザーvs那須川天心』の対戦ルール 対戦ルールはボクシングルールである。 メイウェザーの土俵で那須川天心が戦うという形だ。 そして、グローブのオンス数は、メイウェザーが10オンスで那須川天心が8オンス(オンスとはグローブの厚みや大きさのことで、数字が少ないほどグローブが薄く小さい)。 階級が明らかに違うので、これくらいのグローブハンデがなければきついだろう。 ちなみに、公式の記録が残らないエキシビションマッチで行われる。 メイウェザーも天心も、この試合の結果が戦績に反映されることはない。 最終的な体重差は4. 6kg 前日軽量では、 メイウェザーが66. 7kg・那須川天心が62. 1kg。 ボクシングの階級においては、メイウェザーがほぼウェルター級(66. 68キログラム以下)、那須川天心はスーパーライト級(63. 50キログラム以下)に位置するので、階級の差はおよそ2つ。 さらに、メイウェザーはある程度減量をしているはずなので、当日はもう少し重くなってスーパーウェルター級くらいまでは戻るはず。 那須川天心は、メイウェザーに少しでも階級を近づけるために減量をしていないと思うので、これ以上階級が上がることはない。 実質的な階級の差は3階級くらいだろうか。 危険な体重差 メイウェザーを相手にこの階級差はかなり危険といえるだろう。 現役を退いてからしばらく経っているとはいえ、メイウェザーは最強のボクサーだ。 同じ階級かつUFC最高峰のファイターが完封負けしたわけだ。 以下に那須川天心と言えども、これだけの階級差でメイウェザーと対戦するのは危険極まりない。 天心とメイウェザー、どちらが勝つのか? 勝敗予想 正直にいえば、 9割9分、メイウェザーの勝利だろう。 那須川天心はテレビの番組で、 「舐められている」と語っていたが、それはメイウェザーも同じはずで、 「俺の実力を理解できていないばかりか、階級の差も分からないのか?」くらい思っていてもおかしくない。 というかそれくらい思っても当然だ。 3階級違う選手と対戦することが、どれだけ無謀で危険なことか。 プロの格闘家であれば分かるはずである。 天心が壊されてしまわないか、それだけが心配だ。 フロイドメイウェザーvs那須川天心の対戦結果レポート 1R|フロイドメイウェザーvs那須川天心 リラックスした様子のメイウェザー。 笑いながら手を出し、 天心を小ばかにしたように遊んでいる。 それに触発されたのか、天心がスピードを武器に突っ込んだ。 一瞬の交錯で数発のパンチが行き交う。 これによって ちょっと本気になるメイウェザー。 ここからは、一方的な展開となった。 階級の違いが顕著に表れ始め、メイウェザーがちょっと手を出しただけでも、天心が吹き飛んでしまう。 天心も手を出すが、メイウェザーのディフェンスを全く崩すことができない。 傍から見ると、そこまで強打をされているようには見えないのだが、階級が違い過ぎてメイウェザーの軽いパンチでさえ天心をぐらつかせていた。 誤解のないように説明しておくと、 天心のディフェンス技術は世界でも最高峰だ。 これまでに一度もダウンをしたことがない。 天心が弱いのではなく、メイウェザーが強すぎるのと、階級が違い過ぎるのだ。 始めにボディでダウンを奪われ、次に右フックでダウンを奪われる。 天心は何とか立ち上がり、再度ファイティングポーズを取るが、メイウェザーに数発詰められると、 左フックでまたもダウンを奪われてしまった。 今度は完全に効いてしまっているようで、立ち上がろうとするがふらついてしまって立ち上がれない。 レフェリーが間に入り、試合終了。 メイウェザーの1ラウンドKO?勝利となった(KOなのかTKOなのかあいまい)。 結果|メイウェザーが1ラウンドに3度のダウンを奪って勝利 フロイドメイウェザーvs那須川天心という平成最後のビッグマッチは、 メイウェザーが1ラウンドに3度のダウンを奪って勝利という衝撃的な結末となった。 いや、衝撃ではない、当然ともいえる結果だ。 明らかに階級が違い過ぎた。 井上尚弥がメイウェザーとやっても似たような展開になるだろう。 また、メイウェザーそのものが強すぎたこともこのような結果となった要因である。 パンチのスピードは天心と互角かそれ以上に見えたし、パワーも衰えているように見えなかった。 天心は、これまでに味わったことのないパワーとスピードを感じただろう。 那須川天心の将来が心配 天心は、これまでに一度も負けたことがない。 負けどころか、ダウンの経験もない。 接戦の経験はあっても、持ち前のカウンターセンスとスピードで潜り抜けてきたのだ。 それが今夜、 3度のダウンを奪われ敗北するという衝撃的な経験を味わった。 リングの中で悔しそうに顔を歪め、涙を流す天心。 とても悔しかっただろう。 でも、正直いって当然の結果だと思うのだ。 メイウェザーを相手に3階級下の選手がボクシングをして試合になるはずがない。 試合前に周囲から言われていたように、負けても仕方のない試合というやつである。 しかし、当人は試合結果以上に色んなことを感じているだろう。 ダウンすることへの恐怖や、この試合のダメージ。 そして、試合に負けるという経験。 全てが初めてのことだ。 那須川天心はこれまで、若さゆえの勢いや無敗であるという自信を武器に格闘界を駆けあがってきた。 それが、今回の試合を機に崩れ去ってしまわないか、とても心配である。 そもそも、これだけの階級差で試合をすれば、身体的に再起不能になってもおかしくないのだ。 運営の無責任な発言 試合後、解説陣は 「本来であれば危険な体重差だった。 挑戦した那須川天心にリスペクトを!」的なことを言っていたが、それはあまりに無責任な発言ではないだろうか。 エンタメを重視したマッチメイクであるにもかかわらず、「これはガチです!」と言い続け、那須川天心にもそのように触発させた。 ガチの試合ならこんな体重差で試合はしないだろう。 そして、危険な体重差であると認めている。 これでは、興業のために選手を危険に晒したことを認めるようなものだ。 せめて、ガチだったことは最後まで主張してほしかった。 「天心は無謀な挑戦をした」と言ってしまったら、初めから不利な状況からスタートした公平性のないマッチであることを認めているのと同じ。 「よくやったよ。 土台無理な試合だったんだから」なんてなぐさめ方は、天心の挑戦を無謀なものと決めつける失礼な物言いではないだろうか。 そんなことをいうなら、こんなマッチメイクをすべきではなかったと思う。 フロイドメイウェザーvs那須川天心の感想まとめ すこし強めな言い方になってしまったが、本当に那須川天心選手が心配でこんな言い方になった。 キックボクシング界の至宝であることは間違いないのだ。 ファンの多くが天心の心配をしているはず。 今後、どのような展開になるかは分からないが、那須川天心のことは応援していきたい! また、これだけ大きなエンターテイメントを開いてくれたメイウェザーにも大きなリスペクトを。

次の