オルンガ。 「オルンガ高いなー」「移籍金3億6千万、年俸2億」

オルンガが柏レイソルに「もっと貢献したいと思う」きっかけとなったチャント…

オルンガ

[11. 24 J2第42節 柏13-1京都 三協F柏] 前半33分でハットトリックを完成。 しかし、のFWはそれだけに留まらなかった。 後半に入っても12分、20分、22分、33分と得点者の欄にはケニア人ストライカーの名前が並び、後半アディショナルタイムにダメ押し。 1試合で8得点という偉業を成し遂げた。 これまでのJリーグの個人での1試合最多得点記録は、野口幸司 平塚、1995年 、エジウソン 柏、1999年 、中山雅史 磐田、1998年 、呂比須ワグナー 名古屋、1999年 が記録していた5得点 所属は当時、すべてJ1。 それを大幅に更新する大記録だった。 「Jリーグ記録になったことは本当に嬉しく思います」。 昨年8月に中国の貴州智誠から完全移籍で加入したオルンガ。 降格争いを繰り広げるチーム状況もあってか、10試合3得点と思うような活躍はできなかった。 しかし、ネルシーニョ監督体制になった今季は、序盤こそ負傷したこともあって出たり出なかったりの状況だったが、中盤以降は定位置を確保。 とくにオルンガ、FW江坂任の2トップに、中盤両サイドにMFクリスティアーノ、MF瀬川祐輔の並びが定着してからは得点力が爆発し大量得点の試合が続く。 オルンガの27得点に続いて、クリスティアーノ19得点、江坂11得点、瀬川8得点とゴールを量産。 シーズンを終えて、リーグトップの85得点を挙げた。 第41節終了時のJ2得点ランキングでは、オルンガは19得点で4位。 トップのFWレオナルド 新潟 とは8ゴール差だった。 しかし、最終節でレオナルドもまた1ゴールを挙げて28得点まで延ばし、得点王のタイトルは新潟のストライカーに譲った。 「目標としていた20得点を越えた」とひとつの指標を達成したことは認めつつも、「どのFWでも得点王を目指して試合に出ているかと思う」と悔しさを吐露した。 6月、9月、10月、11月の4度、ケニア代表に招集されてチームを離脱。 30試合の出場にとどまったオルンガだが、27得点という驚異的な決定力を見せつけている。 「印象深い成績を残すことができたと思う」と胸を張ったたが、「何が大事かというと、優勝したこと、J1に復帰したこと。 個人のパフォーマンスはチームの次になると思う」とチームが今季のミッションをクリアしたことを喜んだ。

次の

オルンガ

オルンガ

オルンガを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる 昨年、本サッカーダイジェストwebの「19年の5大ニュース」で、オルンガ(柏)はエムボマ以来の衝撃だと書いた。 オルンガは、久しぶりに見た個で組織を破壊できる選手。 エムボマと同じく単独でゴールを奪い取れるストライカーであり、それが最大の魅力だ。 昨年、J2最終節・京都戦での8得点はもちろん、30試合・27得点のゴールは、どれも相手を寄せ付けない、相手が防ぎ切れないゴールだった。 「反則ですよ。 すべてが規格外で、防ぎようがない」 昨年、3-0で敗れた東京Vの山本理仁は呆れた口調で、そう言っていた。 規格外という言葉を紐解くと、「強くて、でかくて、速い」の3拍子に加え、巧くて、決定力が高い、ということだろう。 個人能力の5本の柱が揃った怪物だ。 193センチ、85キロ、ケニアの大地で磨かれたフィジカルの強さと走力は、日本人選手ひとりではとても太刀打ちができない。 裏のスペースにボールを出されるとトップスピードに入るまで時間が早く、しかもリーチが長いので先にボールに触れられて持っていかれる。 横から身体をぶつけても体幹が強く、倒れない。 優れた武器満載の重戦車がF1レベルのスピードで走るのだから、パワーに劣る日本人選手が何もできないのは当たり前と言えば当たり前だ。 しかも両足、頭とバランス良くゴールを決めており、決定力が高い。 軽くジャンプしただけで頭ふたつ抜け出ているので、フリーで当たるのと同じ状況でのヘディングが可能になる。 身体を寄せてもぶつけても鋼の肉体はフラつきもしない。 シュートは常に落ち着いているし、ゴールの再現性を持っている。 それらのシーンを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる。 今や伝説にもなったデビュー戦の平塚戦で見せた一撃は、まさに衝撃的だった。 186センチ・86キロの大きな身体ながら軽やかな動きを見せ、リフティングでボールをコントロールしながら左足のボレーを決めた。 その後も裏にスペースにボールが出ればエムボマが5本の柱を駆使して、相手を置き去りにしてゴールを決めていった。 「ひとりでゴールまで完結できる選手はそういないと思う」 宮本恒靖は当時、エムボマの神がかり的な能力をそう語った。 その頃は、日本がまだフランス・ワールドカップに出場する前で、Jリーグ全体のレベルは今ほど高くはなかった。 それでも攻撃をひとりで牽引して28試合・25得点で得点王になり、関西のお荷物クラブと言われたガンバを97年の第2ステージで優勝争いに導いたことは彼の功績だ。 その背景には、エムボマのピッチ上での厳しさにあった。 エムボマは優しい笑顔と神対応でファンに愛されていたが、その一方でピッチでは妥協を許さなかった。 1本のパスのずれ、タイミングのずれには、選手を容赦なく叱責した。 パリSGなどでプレーしてきたが監督の信頼を得られず、出番は限られていた。 1本のパスが自分の生死を分ける、そんな厳しい環境でプレーしていたので、味方には厳しく要求した。 ガンバの選手もその要求に徐々に応えていったことでチーム力が上がり、戦える集団になっていった。 柏ではクリスティアーノや江坂任から良いパスが出てくるので、それをしっかりと料理し、得点を取ることに集中。 それが昨年は良い結果につながった。 もちろん攻撃だけではなく、守備もハードワークをこなし、「チームのために犠牲になることが多い展開の時こそ、何ができるかだと思う」とチームの勝利に貢献する意欲と意識が高い。 だが、J1の選手はやられっ放しにはならないので、研究され、思うようにいかないことが出てくるだろう。 性格的に真面目ゆえに悩みの淵に落ち込むとプレーに影響が出るかもしれない。 また、現実に自分が点を取りにくくなった時、味方の攻撃をどのようにサポートし、チームを活かすことができるか。 それは個人戦術の引き出しがポイントになるが、その点、エムボマは多彩な才能を見せた。 当時のガンバは戦術らしいものがなかったので、ある意味、自らが戦術となり、攻撃パターンを組み立てた。 そうして結果を出し、チームメイトに多くの財産を残した。 エムボマは、ガンバに1年半しか在籍していなかったが、今もなおファンに愛され、記憶に残る選手になった。

次の

【ウイイレ2019】柏レイソル「マイケル・オルンガ」のモンタージュ&能力

オルンガ

ケニア代表アタッカーは近い将来欧州へ? 「自身の価値を証明した」 世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、現在各国リーグが中断を余儀なくされている。 試合開催の延期措置を取っているJリーグは25日、J1は5月9日を再開の目処とすることを発表。 米メディアは「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕しており、欧州へ行くべき」と、J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガの欧州挑戦を推奨している。 中国を発生源とする新型コロナウイルスは世界で猛威を振るい、日本ではJ1、J2が開幕節を消化したのちにリーグを中断。 Jリーグは25日、J3が4月24日、J2が5月2日、J1が5月9日と段階的に再開していく方針を発表した。 昨季J2リーグ2位の27得点を挙げた輝いたオルンガは、今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦で前半20分、後半20分にゴールを奪って4-2の勝利に貢献した。 幸先の良いスタートを切ったオルンガは今季の得点王候補の1人ともされるが、米メディア「The Union Journal」は「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕したため、欧州へ行くべき」と見出しを打って取り上げている。 「戦術家は、手ごろな価格が設定されたリーグで自身の価値を証明したケニア人の世界的な需要を断言」 記事では、同胞である元ケニア代表DFサミー・オロモ氏がオルンガの欧州挑戦を推奨していると紹介。 「日本でのプレーをネットで確認すれば、欧州の強豪クラブを相手に戦える能力を備えていることを確認できる」と主張している。 また、インテルなどで活躍したDFマクドナルド・マリガ(現レアル・オビエド)、トッテナムなどで活躍したMFビクター・ワニアマ(現モントリオール)らのケニア代表選手の名前を挙げ、オルンガも同様に欧州のトップリーグでプレーするだけのポテンシャルを秘めていると太鼓判を押していた。 新型コロナウイルスの影響でJリーグは大幅な日程変更が強いられているが、オルンガは近い将来欧州に挑戦することになるのだろうか。 (Football ZONE web編集部)• 柏FWオルンガ、同胞代表OBが欧州挑戦を推奨と海外報道 「世界的な需要を断言」• All Rights Reserved.

次の