鈴木先生 小川。 『映画 鈴木先生』小川蘇美役の土屋太鳳が告白!「鈴木先生にお嫁に行かなきゃいけない!」

【鈴木先生】第6話 感想

鈴木先生 小川

Contents• 「鈴木先生」とは 「鈴木先生」は今から7年前、2011年4月~6月にテレビ東京系列にて、長谷川博己主演で放送されたドラマです。 平均視聴率は2%ほどながら、数々の賞を総なめしています。 中学校の教師である鈴木(長谷川博己)は、『ごく普通』の生徒たちの心の問題に向き合うことを自身の教育方針として、自分の受け持つクラスや教え子たちの周りで起こる些細な、ときに重大な事件の数々を誠実に、情熱的に対応している。 しかし、その一方では教え子の一人である小川蘇美(土屋太鳳)に対する歪んだ欲望や交際相手である麻美(臼田あさ美)との関係など、自身の心の問題にもひたすら悩む日々を送っている。 そうした鈴木の内面を饒舌にかつ克明に描写していく。 「鈴木先生」の素晴らしいところ 「鈴木先生」という作品のすばらしいところは大きく分けて以下の3つです。 一人の人間として教師を描いている 上にあげてきたような学園ドラマ、つまり一般的な学園ドラマにおける主役となる教師って「熱血教師」が大半です。 金八先生しかり、ルーキーズしかり… 教育に全てをかけているような教師を描いており、確かに面白いのですが、リアリティがないんです。 しかし、「鈴木先生」は勿論教育熱心ではありますが、鈴木の心理描写が多く、教師と言っても一人の人間であるところが鮮明に描かれているので、よりリアリティがあります。 一人の女子生徒に憧れてしまうというのも、教師であっても一人の人間である以上、倫理的にはどうあれ、あり得ることですし。 生徒のみならず教師の葛藤やストレスも描く作品ってなかなかない。 教育におけるタブーに切れ込み、多様な価値観を提供している 日本という国は、「性」について口に出すことがタブーとなっている国だと思います。 だから、中学校においても、形式的な性教育しか行っていないように感じられます。 でも、この「鈴木先生」においては、様々な問題を通じて、生徒同士で性に関する活発な討論が行われており、タブーに思いっきり切れ込んでいます。 また、それでいて「性」に関する問題のみならず、一つの価値観で物語を完結させることがない。 すべての価値観が「許されている」、そしてひとつの価値観によって支配されるのが最も怖いことである。 鈴木先生がこのように場面が印象的でした。 ホリエモンが「すべての教育は洗脳である」と言っているように、学校という場所は、「学習指導要領」の下、あらゆる価値観の可能性を消してしまう場所でもあるということも否定できません。 少なくても、僕は15歳まで義務教育を受けてきて、今そう感じる部分があります。 教師と生徒という垂直関係の下では、生徒は教師の影響を良くも悪くも強く受けてしまいます。 それが一つの価値観の押し付けになってしまうことも。 「現代の学校教育は手のかからない生徒の心の摩耗の下に支えられている」 僕が最も印象に残った鈴木先生のセリフがこれ。 いま、教師の労働時間について色々な問題が叫ばれています。 そんな中でも、問題のある、手のかかる生徒に対しては、教師は沢山の時間を割かないといけません。 今までの学園ドラマは、教師は不良生徒に向き合って更生させていくパターンが非常に多いですし、実際に僕が中学生の頃を思い出しても、不良にばかり先生の労力が割かれていて、普通の生徒はある意味ないがしろになっていたように感じます。 でも、手のかからない普通の生徒も心には問題のある生徒と同じくらい、いやそれ以上の闇をかかえているのかもしれません。 生徒みんな対して同等の力を注ぐことができたら…という鈴木先生の視点は今までにない非常に斬新かつ納得させられます。 教育の現場はドラマとは違い、不良生徒に手をかけるしかないのかもしれません。 ただ、こういう視点はすべての教師が持つべきものだと思います。 「鈴木先生」はすべての教育者が絶対見るべき 教師という仕事はとても大変だと思います。 日々の授業の質的な向上は勿論、色々な性格の生徒と向き合い、保護者へも対応しなければならない。 また、一般的な社会人以上に倫理感も求められる。 そんな中でも、この「鈴木先生」絶対に見てほしいと思えるドラマです。 日々の業務に忙殺されているのかもしれませんが、このドラマを見ることで、教育について再考してほしい、そう思います。

次の

テレ東系のドラマ『鈴木先生』を観ている人へ質問 周りの評価がすごく高い...

鈴木先生 小川

土屋太鳳(2019年7月撮影)、北村匠海(2020年2月撮影)、松岡茉優(2019年3月撮影) 現在、大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公・明智光秀を演じるが連続ドラマ初主演を務めた2011年放送の「鈴木先生」(テレビ東京)。 学園のマドンナを演じたや優等生役のをはじめ、今をときめく俳優陣の顔ぶれを振り返ってみた。 本作は、2007年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したの同名コミックが原作。 胸キュンのシーンが詰まったきらきらの青春ものとは一線を画すのが、長谷川博己が演じた中学校教師・鈴木先生のキャラクター。 「問題児」ではなく、一件問題のなさそうな「普通の子」に気を留める独自の教育理論を持つゆえに教師間での衝突もあり、受け持つクラスの美少女に妄想を抱いたりと人間臭い教師像が親しまれ、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞など数々の賞に輝き、翌2012年には映画版も公開された。 脚本は「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」などの。 [PR] そんな鈴木先生の2-A組の生徒役には、現在テレビや映画で第一線で活躍する面々が集結していた。 鈴木先生を魅了する聡明な美少女・小川蘇美を演じたのが土屋太鳳。 本作で注目を浴びた土屋は映画『』シリーズの巻町操役や朝ドラ「まれ」のヒロインに抜擢され、現在に至るまで快進撃が続いている。 その土屋演じる小川に憧れる優等生の出水正にふんしたのが北村匠海。 映画版では生徒会選挙の在り方に異を唱えるキーパーソンとして鮮烈な印象を放った。 2017年の映画『』でブレイクし、今後主演映画『』をはじめ6本の新作映画が待機中だ。 ちなみに土屋とは2018年の映画『』で再共演し、ボーカルユニット「TAOTAK」を結成していた。 バレー部所属でおおらかな性格の堀之内七海役に松岡茉優。 おさげ姿もかわいらしく、ドラマ出演時には「こんだけたくさんの人数でやるのは初めてだから、もうそれだけでドキドキです。 楽しい(音符マーク)わくわく!」と初々しいコメントを寄せていたが、翌2012年公開の映画『』や朝ドラ「あまちゃん」などで徐々に知名度をアップ。 2017年の初主演映画『』で高い評価を受け、近年は映画を中心に活躍中。 [PR] そのほか、が正義感の強い女子のリーダー的存在の中村加奈に(当時は未来穂香)。 ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」のヒロインがアタリ役となり、近年では監督の映画『』などで演技の幅を広げ、現在主演ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」が放送中。 監督のアニメーション映画『』で主題歌のボーカルを務めたことも記憶に新しいは、「カバ」というあだ名で呼ばれる食いしん坊キャラの樺山あきらを好演していた。 次世代スターを輩出するのも学園ドラマの醍醐味。 今や主役を張るスターとなった面々の初々しい時代を振り返ってみてはいかがだろうか。 (編集部・石井百合子).

次の

「鈴木先生」小川役の美少女・土屋太鳳は本当にいい子!共演の清水富美加が力説

鈴木先生 小川

鈴木先生 その他• 「」と名のつく人物への敬称。 による「」のPVに登場する。 概要 『漫画アクション』 にて、2005年6月7日号から不定期連載された。 全11巻。 その後、同誌にて『鈴木先生外典』が連載された。 最初のエピソードに当たる『げりみそ』前後編が、読みきりとして掲載。 それが好評を呼び、連載化。 作者の連載デビュー作となった。 今作のキーキャラクターである小川蘇美は、作者がそれ以前に描いていた短編『ポケットにナイフ』が初出であり、劇中のエピソードとして転用されている。 同様に、短編『掃除当番』もセルフされ、・鈴木の教育方針を変えた重要なエピソードとして登場する。 上記二作は『掃除当番 武富健治作品集』に収録されている。 2007年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。 ドラマ化され、2011年4月から6月まで系列で放送。 2012年秋に同キャスト・スタッフによるが放送予定。 あらすじ 鈴木先生は、緋桜山2年A組の担任。 一部の問題児に時間が割かれがちな教育の現場に疑問を抱き、独自の教育方針を実践するべく、教鞭をとる毎日。 優等生や普通の生徒にこそ、心に闇を抱えていることがある。 給食時間の問題行動、給食メニュー廃止の是非、小学生との性の問題……。 それらの問題に、鈴木先生は教師として、ときに一人の人間として悩み、取り組んでいく。 そんな日々でに蝕まれた鈴木に、A組の優等生で、鈴木にとって理想の生徒である 小川蘇美が、の中で語りかけてくるようになる。 小川を性の対象として見てしまう"小川病"に悩まされ、の 秦麻美との関係もギクシャクしてしまう……。 テレビドラマ 2011年4月から6月まで、テレビ東京系列で放送された。 全10回。 初回は15分拡大版。 原作者の武富健治いわく、実写化は悲願だったという。 当初は河合勇人が化の企画を進めていたが、テレビ東京がドラマ化を提案した。 ドラマ化にあたって、原作では名前のない登場人物にもフルネームが設定された。 平均視聴率は2. これはゴールデンタイムの番組としては著しく低い。 ただ、実際に視聴した層からは好評を得ており、その高評価と低視聴率のギャップがさらに話題を呼んだ。 でのは「教育ドラマの教師像としては『』以来のエポックでは」と評した。 2011年6月のギャラクシー賞月間賞受賞。 キャスト 鈴木章: 秦麻美: 山崎潔史: 桃井里香:田畑智子 足子瞳: 伊福部直孝: 小川蘇美:土屋太鳳 中村加奈: 岬勇気: 竹地公彦: 主題歌 テーマ 「光射す方へ」 テーマ 馬場俊英「」 - のカバー曲 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の