コロナ ウィルス 予言。 新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

コロナ ウィルス 予言

破綻というキーワードを聞いて、真っ先に思い浮かべるのは過去のバブル崩壊や リーマンショックなど経済的なことでしょう。 過去の事例に学び「右肩上がりの時代でもあるまいし、浮かれてなんかいない」 と気を引き締めている人もいるかもしれません。 でも、どこかでオリンピック景気や外国人観光客増加のニュースを聞いて 「まだ大丈夫でしょ?」「パーティ中は楽しめばいい。 昨今の世相から、今一度読み返しをどうぞ。 — 江原啓之 eharahiroyuki 恐ろしい言葉ですね破綻と崩壊って。 江原啓之さんは嘘が明るみに出ると予言しています。 ただ、2020年はオーストラリアの大火事に始まり、現在大流行中のコロナウイルスが世界中を崩壊させています。 これにより、世界中の経済が破綻するのではないかといわれてるほど。 コロナウイルスを直接予言はしていませんが、まさに破綻と崩壊という予言は当たっていますね。 ここまでの大流行を予言していたとは思いませんが、崩壊や破綻というキーワードを予言していただけあってさすがに全くのデマだとは思えない。 まだ2020年は始まった3ヶ月しかたっていませんが、破綻と崩壊の道に進んでいってるようにも見えますね。 東京オリンピックも延期になる可能性が非常に高い。 そうなると経済的なダメージも大きく日本経済が崩壊するという声もあるほど。 【五輪延期で損失3兆円も 試算】 国際オリンピック委員会(IOC)は、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、東京五輪は延期を含めて検討と発表。 来年以降に延期となれば、経済損失は3兆円以上との民間試算もある。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 江原啓之さんの予言当たっていますね今のところ。 2020年は崩壊と破綻がキーワード。 常に備えが必要ということですね。 江原啓之 コロナウイルス予言を否定? スピリチュアルカウンセラーとしてお悩みを解決している江原啓之さん。 江原啓之さんのコロナウイルスの予言が話題になっています。 江原啓之さんは2019年の 年末に女性誌で『来年は破綻と崩壊の年になる』と予言。 見事その通りとなっており、これがコロナウイルスを予言していたという説が流れています。 ただ、江原啓之さんはこの予言を否定というか、どうでもいいといっています。 江原啓之さんは、ここ数年次のことをず~と言っていました。 ・『あなたは物質主義的価値観にまみれていませんか?』 ・『一人ひとりが真の豊かさに目覚め、丁寧に生きようと改心しなければ、取り返しのつかない事態を招くことになりかねません』 特別、コロナウイルスが流行るとかそういったことはいってなく、こういう世界が今後やってくるという大まかな予言と警告しかしてないんですよね。 なので、確かにコロナウイルスによる影響え経済破綻などが起きていますが、コロナウイルスを予言していたわけでなく破綻を予言していたのです。 ここ近年の丁寧差を欠いた生き方に警告をだしてたに過ぎないんです!! それでも破綻を予言していただけでもすごいですけどね。 江原啓之さんはコロナウイルスに打ち勝つには次のことが必要と言っています!! 江原啓之さんの2020年の予言は破綻と崩壊! コロナウイルスによって今までの常識が次々と崩壊しています。 新しい生き方をみつけるタイミングなのかもしれませんね!! 江原啓之 コロナウイルスを去年から予言 毎年話題になる江原啓之さんの予言。 江原啓之さんは2020年にコロナウイルスを予言してると話題になりましたが、実は昨年からコロナウイルスの予言をしていたのです。 江原啓之さんは毎年年初めに予言を行います!! 2017年は不安の年、2018年は爆発の年と予言しています。 そして、昨年の2019年には 平安に足元救われると予言していたのです。 確かに2019年までは平安でした。 ただ、2020年になりコロナウイルスにより世界は変わっていきましたね。 当初はここまでの被害は想定しておらず、完全に足元を救われた形となります。 2019年は複雑というキーワードを予言していましたが、まさにそのとおりになってきています。 元々、江原啓之さんの過去の予言も当たっていると言われています。 2017年は不安というキーワードを予言。 2017年はトランプ大統領の就任で全世界が不安に陥りました。 【1月18日(木)夜10時〜「アメリカ銃・鎮痛剤乱用のリアル トランプ大統領就任1年 その闇と光」】現地取材から見えた銃と鎮痛剤乱用社会に苦しむアメリカの実像。 山川編集委員が1週間にわたり取材。 トランプ大統領就任から1年経って見えた病巣とそこに刺す希望の光とは? — nikkeiplus10 nikkeiplus10 世界各地でテロがあったり、日本では衆議院が解散と政治不安に! 安倍晋三首相の会見 -28日の衆院解散を表明すると見られている — ブルームバーグニュース日本語版 BloombergJapan こういった意味では不安な年ではありましたね。 特に衆議院解散とかは政治不安になりますからね。 また、2018年は爆発の年と予言した江原啓之さん。 北朝鮮とアメリカが戦争になりかけ本当に第三次世界大戦が勃発するかと世の中が緊張状態に。 それ以外にも、江原裕之さんは火山の噴火を予言とおり的中させました。 1月10日の5時に夢中の江原啓之さん。 キーワードなので予言の取り方によるところもありますが。 ただ、過去に江原啓之さんは原発を予言していました。 早い段階で原発に頼らないエネルギーに移行しないと「カルマの法則」に反することになると予言。 そして、その1年後にまさかの東日本大震災が発生! 久しぶりに江原啓之さんの本読んでます。 新書の予言という本ですが。。 震災や原発事故は物質至上主義の人間への警告と書いてあって納得する部分があった。 人間が変わらないとまた大変なことが起こるかもしれない。。 それ以外にも芸能人の離婚を予言したりと予言があたりやすい江原啓之さん。 2020年の崩壊と破綻の予言が当たらないように気をつけないといけませんね。 まとめ 江原啓之さんの2020年予言についてまとめてみました。 いかがでしたでしょうか。 コロナウイルスが本当に世界の経済を破綻させ崩壊に導くのか。 日本も対応次第では崩壊してしまうかもしれません。 また、オリンピックも気になりますね。 延期となったら今後どうなるのか課題はたくさん。 それこそ破綻してしまうかもしれないですねオリンピック自体が。 ぜひ、そうならないように日ごろから備えておく必要がありますね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【2020年オカルト】新型コロナウイルスは予言されていた【都市伝説】

コロナ ウィルス 予言

画像は「」より引用 あの大預言者ノストラダムスが「 新型コロナウイルスを 予言していた」と海外でニュースになっていた。 だが、新型コロナウイルスを予言していたのはノストラダムスだけではない。 日本人の誰もが知る偉人であり、大予言者でもある 聖徳太子もまた、新型コロナウイルスを予言していたのだ。 飛鳥時代の政治家である聖徳太子は、あのイエス・キリストと類似点が多いことでも知られ、数々の奇跡を起こしたといわれる超人である。 一方で謎多き人物でもあり、はるか未来を予言する能力さえ持っていたという。 予言研究家である白神じゅりこは、これまで聖徳太子の予言の成就についてたびたび言及してきた。 ご興味がある方は、ぜひ過去記事をチェックしていただきたい。 そして、聖徳太子は聖書のハルマゲドンをも超える、恐るべき最終予言を残していた。 その最終予言とは、 釈迦が入滅してから2500年後に、世紀末の悪鬼「クハンダ」がやって来て、日本を八つ裂きにしてしまうというものだ。 釈迦入滅の時期は諸説あるが、最近の研究によると、紀元前480年前後ではないかと言われている。 ということは、クハンダがやってくる時期はそこから2500年後……つまり、今年2020年前後となるのだ。 この「クハンダ来襲の予言」について、筆者はこれまで何度も言及してきた。 しかし、今回はまた別の衝撃的な予言についてもご紹介したい。

次の

新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

コロナ ウィルス 予言

画像は「」より引用 あの大預言者ノストラダムスが「 新型コロナウイルスを 予言していた」と海外でニュースになっていた。 だが、新型コロナウイルスを予言していたのはノストラダムスだけではない。 日本人の誰もが知る偉人であり、大予言者でもある 聖徳太子もまた、新型コロナウイルスを予言していたのだ。 飛鳥時代の政治家である聖徳太子は、あのイエス・キリストと類似点が多いことでも知られ、数々の奇跡を起こしたといわれる超人である。 一方で謎多き人物でもあり、はるか未来を予言する能力さえ持っていたという。 予言研究家である白神じゅりこは、これまで聖徳太子の予言の成就についてたびたび言及してきた。 ご興味がある方は、ぜひ過去記事をチェックしていただきたい。 そして、聖徳太子は聖書のハルマゲドンをも超える、恐るべき最終予言を残していた。 その最終予言とは、 釈迦が入滅してから2500年後に、世紀末の悪鬼「クハンダ」がやって来て、日本を八つ裂きにしてしまうというものだ。 釈迦入滅の時期は諸説あるが、最近の研究によると、紀元前480年前後ではないかと言われている。 ということは、クハンダがやってくる時期はそこから2500年後……つまり、今年2020年前後となるのだ。 この「クハンダ来襲の予言」について、筆者はこれまで何度も言及してきた。 しかし、今回はまた別の衝撃的な予言についてもご紹介したい。

次の