電動 自転車 リコール。 電動アシスト自転車用バッテリーパックの一部製品におけるリコールについて

パナソニック、電動アシスト自転車でリコール バッテリーが発火するおそれ

電動 自転車 リコール

なぜリコールなのか? まず最初になぜリコールなのか?をご説明させていただきます。 パナソニック サイクルテック株式会社は、2012年10月から2014年12月に製造した電動アシスト自転車用および交換用バッテリーから発火する可能性があることが判明したため、事故防止を目的にバッテリーの無料交換を行います。 対象のバッテリーには電動アシスト自転車の一部機種に搭載したものと、交換用に販売したものがあります。 今回の社告は2015年7月27日および2016年9月26日に発表した「リコール社告」の範囲をより拡大しましたので、過去2回のリコール社告で対象外とご確認されたお客様も、再度ご確認をお願いいたします。 なお、過去2回のリコール社告で、すでに交換済みのバッテリーは、そのままご使用いただけます。 引用元:パナソニック バッテリーから発火の可能性なんて恐ろしいですね。 私は2013年にパナソニックの電動アシスト付き自転車を購入しました。 乗る頻度は週2-3回程度で、1度につきせいぜい20分程度しか乗りません。 自転車で遠出することもないので、バッテリーの持ちが良く、2013年から一度もバッテリー交換をしたことがありませんでした。 発火の恐れがあるのに7年も乗っているって怖いですね。 最近、バッテリーの減りが早くなってきたので、そろそろ交換しないとな... と思っていたら、リコールのお知らせがポストに届いていました。 交換品到着と返送 パナソニックに交換依頼の電話をした際、交換品の到着まで1週間~2週間かかると言われましたが実際には中2日で届きました。 到着時の段ボールと返送用の段ボールは同じものを使います。 上記写真のように返送する際の送り状も事前に張り付けられています。 住所や名前も印字されているので、自分で送り状を書いたり段ボール箱を準備したりなどの手間は一切ありません。

次の

リコール関連情報

電動 自転車 リコール

リコール社告 新たなお願い パナソニック 電動アシスト自転車用バッテリー交換のお知らせ• これまでにご確認頂いた方を含め、改めてご使用のバッテリー品番とロット記号のご確認をお願い申し上げます。 日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、弊社は、2015年7月27日に「リコール社告」を発表し、バッテリーの無料交換・回収を進めております。 2012年12月から2013年4月に製造したバッテリーに加え、この度、新たに2013年10月2日から2013年10月4日に製造したバッテリーにおいても、製造上の不具合により、発煙・発火に至る可能性のあることが判明しました。 対象となるバッテリーについて事故防止のため無料交換を行います。 対象のバッテリーには電動アシスト自転車の一部機種に搭載したものと、交換用に販売したものがあります。 誠に恐縮ではございますが、バッテリー品番とロット記号をご確認のうえ、対象のバッテリーをご使用のお客様には、バッテリーを自転車本体から取り外し、周辺に可燃物がない場所に保管していただき、までご連絡をお願い申し上げます。 ご使用のバッテリーが対象品かどうか不明の場合もにご相談ください。 バッテリーが対象の場合、直接交換にお伺いいたします。 なお、保管中にバッテリーの充電はしないようにお願いいたします。 ご愛用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 9 Ah 2013年10月2日 ~ 2013年10月4日 NKY450B02 NKY451B02 13. 2 Ah NKY486B02 8. 9 Ah 2013年1月8日 ~ 2013年4月22日 NKY450B02 2012年12月17日 ~ 2013年4月17日 NKY451B02 13. 2 Ah 2013年1月7日 ~ 2013年4月15日 NKY452B02 2012年12月27日 ~ 2013年4月10日 NKY454B02 17. 6 Ah 2013年1月11日 ~ 2013年3月11日 ・ バッテリー品番の最後に B が付いているものは対象外です。 ・ バッテリー品番の最後に B が付いているものは対象外です。 電動アシスト自転車の機種品番から対象バッテリーの特定はできません。 (対象バッテリーは当社が2005年以降販売した大半の電動アシスト自転車に装着可能です。 ) 『バッテリー品番とロット記号の確認』および『インターネットによる受付』について ご使用いただいている電動アシスト自転車のバッテリー品番とロット記号から交換対象バッテリーをご確認いただくことができます。 なお交換対象バッテリーの場合は、引き続き『インターネットによる受付』ができます。

次の

自転車343万台リコール ブリヂストンとヤマハ

電動 自転車 リコール

なぜリコールなのか? まず最初になぜリコールなのか?をご説明させていただきます。 パナソニック サイクルテック株式会社は、2012年10月から2014年12月に製造した電動アシスト自転車用および交換用バッテリーから発火する可能性があることが判明したため、事故防止を目的にバッテリーの無料交換を行います。 対象のバッテリーには電動アシスト自転車の一部機種に搭載したものと、交換用に販売したものがあります。 今回の社告は2015年7月27日および2016年9月26日に発表した「リコール社告」の範囲をより拡大しましたので、過去2回のリコール社告で対象外とご確認されたお客様も、再度ご確認をお願いいたします。 なお、過去2回のリコール社告で、すでに交換済みのバッテリーは、そのままご使用いただけます。 引用元:パナソニック バッテリーから発火の可能性なんて恐ろしいですね。 私は2013年にパナソニックの電動アシスト付き自転車を購入しました。 乗る頻度は週2-3回程度で、1度につきせいぜい20分程度しか乗りません。 自転車で遠出することもないので、バッテリーの持ちが良く、2013年から一度もバッテリー交換をしたことがありませんでした。 発火の恐れがあるのに7年も乗っているって怖いですね。 最近、バッテリーの減りが早くなってきたので、そろそろ交換しないとな... と思っていたら、リコールのお知らせがポストに届いていました。 交換品到着と返送 パナソニックに交換依頼の電話をした際、交換品の到着まで1週間~2週間かかると言われましたが実際には中2日で届きました。 到着時の段ボールと返送用の段ボールは同じものを使います。 上記写真のように返送する際の送り状も事前に張り付けられています。 住所や名前も印字されているので、自分で送り状を書いたり段ボール箱を準備したりなどの手間は一切ありません。

次の