パパ は ニュース キャスター 子役。 小川彩佳アナ第1子妊娠、出産予定日発表。NEWS23降板危機? 視聴率低迷でTBS社長も厳しく批判し…画像あり

「パパはニュースキャスター」と「ママはアイドル」ではパパは~に軍配!

パパ は ニュース キャスター 子役

パパはニュースキャスター 第1話 こんばんわ、田村正和です! bs-tbs. -------------------------------------------------------- 鏡竜太郎 と 米崎みゆき は、 "ニュースチャンネル" のキャスター。 この日も下田温泉でマイクロバスが事故にあった報道が行われ る。 現場から大多記者が報告。 事故の原因は居眠り運転だと 告げる中、テレビカメラを意識した女の子・西尾愛が記者の 邪魔をする。 竜太郎は仕事が終わると自分のマンションへと帰宅。 疲れて いるために服も着替えずにソファーに寝そべる。 すると隣人の 松本保 がやってくる。 保は竜太郎のニュースを見た事を告げ、 テレビは太って見えると指摘。 そんな中、大量の荷物を預かって いるのだという。 荷物は熊本の 鈴木愛 という人物からのもの。 この大量の荷物は何なのか? という問いかけに、仕事の資料だ と答えるが、竜太郎には心当たりがなかった。 保は竜太郎を食事に誘う。 保は妻・ 文子 が国際線の客室乗務員 で仕事をする変わりに、主夫をしていたのである。 竜太郎に結婚はしないのか? と尋ね、自分も最初は子供や家庭 を否定していたが、娘の サヤカ が生まれた事で可愛いものだと 実感したという。 食事には長男の 悠作 も共に食卓を囲むが、 悠作は親への口の聴き方も知らず、保は全く気にならない様だ が、竜太郎はとても鼻につく。 竜太郎に本田美奈子に会ったこ とが有るか? と尋ね、それが誰だか分からないとすると、本当に テレビ局で勤めているのか? と悪態を付く。 竜太郎が親に対する 口の利き方を説こうとすると、親子の話にクビを突っ込むなと 生意気な言葉を発してくる。 竜太郎は帰宅すると家中のテレビが付いていた。 ベッドには職場の同僚である米崎みゆきが居た。 米崎はテレビ にニュースの仕事に就いたことで知らない人から声を掛けられる ようになったという。 私たちの関係を知られないよう気をつけて と竜太郎に語る。 そんな中竜太郎の家のチャイムが鳴る。 女の子は 大塚愛。 しかし彼女は自分が何者か名乗らず、話があ るとしながらも、来客中だとしってお楽しみならば帰ると 告げ何処かに行ってしまう。 竜太郎は荷物を送ってきた物かと 思い追いかけるが、彼女は既に居なくなっていた。 竜太郎とみゆきは情事に耽るが、竜太郎はうまくいかず。 みゆきは初日だから疲れたのでしょうとして気遣いを見せる中、 ベッドの枕の下からイヤリングを見つけたとして目の前に差し 出す。 みゆきは明日は午前中から一本仕事が入っているので 今日は帰るという。 みゆきが 本田美奈子 と共演すると聞いて、 竜太郎は局アナとはいえ、ニュースと芸能は区別すべきだと 忠告。 みゆきは視聴者の方で割り切っているだろうと語る。 翌朝、10時に目覚ましの音で目覚める竜太郎は、ステレオの 音楽を流し、シャワーを浴び、新聞を見てテレビのニュース をチェックする。 そこに玄関のチャイムが鳴る。 突然目の前に現れた女の子・ 西尾愛 は、竜太郎の事をパパと 告げ始めましてと挨拶する。 勝手に部屋に入ってくる彼女を 止めるが、私たち似ているでしょう? という。 ママは死ぬ間際 にこの人が貴方のパパだとして、クビからぶら下げているロケ ットの中には写真が入っていた。 それは竜太郎が若いときの 写真だった。 手紙の内容が全て同じである辺りがちょっぴり恥ずかしい。 髪の毛が黒いだけで新鮮に感じる。 このころから既に主夫の存在がドラマの題材として使われて いたのね。 息子が実に憎たらしい。 落合監督の福嗣くんを彷彿とさせる。 そんな彼女と付き合っているのに、家には婦警の宮前真知枝を 連れ込んでいたりするし、竜太郎はどれだけ遊びなんだか。 みゆきが3人の子の存在を知ったとき、果たしてどんなリアク ションを取るのか。 それよりも世間がキャスターである彼の 隠し子の事実を知ったときどういう反応を示すのか。 それにしても西尾麻里さん、鈴木美恵子さんは子役時代から 頑張っているのね。 今でも一線級に残っている所は凄いな。 フジテレビのアナウンサーのアイ ドル化の現状をさりげなく否定しているところが笑える。

次の

「パパはニュースキャスター」に出演していた、大塚ちかさん...

パパ は ニュース キャスター 子役

パパはニュースキャスター 第1話 こんばんわ、田村正和です! bs-tbs. -------------------------------------------------------- 鏡竜太郎 と 米崎みゆき は、 "ニュースチャンネル" のキャスター。 この日も下田温泉でマイクロバスが事故にあった報道が行われ る。 現場から大多記者が報告。 事故の原因は居眠り運転だと 告げる中、テレビカメラを意識した女の子・西尾愛が記者の 邪魔をする。 竜太郎は仕事が終わると自分のマンションへと帰宅。 疲れて いるために服も着替えずにソファーに寝そべる。 すると隣人の 松本保 がやってくる。 保は竜太郎のニュースを見た事を告げ、 テレビは太って見えると指摘。 そんな中、大量の荷物を預かって いるのだという。 荷物は熊本の 鈴木愛 という人物からのもの。 この大量の荷物は何なのか? という問いかけに、仕事の資料だ と答えるが、竜太郎には心当たりがなかった。 保は竜太郎を食事に誘う。 保は妻・ 文子 が国際線の客室乗務員 で仕事をする変わりに、主夫をしていたのである。 竜太郎に結婚はしないのか? と尋ね、自分も最初は子供や家庭 を否定していたが、娘の サヤカ が生まれた事で可愛いものだと 実感したという。 食事には長男の 悠作 も共に食卓を囲むが、 悠作は親への口の聴き方も知らず、保は全く気にならない様だ が、竜太郎はとても鼻につく。 竜太郎に本田美奈子に会ったこ とが有るか? と尋ね、それが誰だか分からないとすると、本当に テレビ局で勤めているのか? と悪態を付く。 竜太郎が親に対する 口の利き方を説こうとすると、親子の話にクビを突っ込むなと 生意気な言葉を発してくる。 竜太郎は帰宅すると家中のテレビが付いていた。 ベッドには職場の同僚である米崎みゆきが居た。 米崎はテレビ にニュースの仕事に就いたことで知らない人から声を掛けられる ようになったという。 私たちの関係を知られないよう気をつけて と竜太郎に語る。 そんな中竜太郎の家のチャイムが鳴る。 女の子は 大塚愛。 しかし彼女は自分が何者か名乗らず、話があ るとしながらも、来客中だとしってお楽しみならば帰ると 告げ何処かに行ってしまう。 竜太郎は荷物を送ってきた物かと 思い追いかけるが、彼女は既に居なくなっていた。 竜太郎とみゆきは情事に耽るが、竜太郎はうまくいかず。 みゆきは初日だから疲れたのでしょうとして気遣いを見せる中、 ベッドの枕の下からイヤリングを見つけたとして目の前に差し 出す。 みゆきは明日は午前中から一本仕事が入っているので 今日は帰るという。 みゆきが 本田美奈子 と共演すると聞いて、 竜太郎は局アナとはいえ、ニュースと芸能は区別すべきだと 忠告。 みゆきは視聴者の方で割り切っているだろうと語る。 翌朝、10時に目覚ましの音で目覚める竜太郎は、ステレオの 音楽を流し、シャワーを浴び、新聞を見てテレビのニュース をチェックする。 そこに玄関のチャイムが鳴る。 突然目の前に現れた女の子・ 西尾愛 は、竜太郎の事をパパと 告げ始めましてと挨拶する。 勝手に部屋に入ってくる彼女を 止めるが、私たち似ているでしょう? という。 ママは死ぬ間際 にこの人が貴方のパパだとして、クビからぶら下げているロケ ットの中には写真が入っていた。 それは竜太郎が若いときの 写真だった。 手紙の内容が全て同じである辺りがちょっぴり恥ずかしい。 髪の毛が黒いだけで新鮮に感じる。 このころから既に主夫の存在がドラマの題材として使われて いたのね。 息子が実に憎たらしい。 落合監督の福嗣くんを彷彿とさせる。 そんな彼女と付き合っているのに、家には婦警の宮前真知枝を 連れ込んでいたりするし、竜太郎はどれだけ遊びなんだか。 みゆきが3人の子の存在を知ったとき、果たしてどんなリアク ションを取るのか。 それよりも世間がキャスターである彼の 隠し子の事実を知ったときどういう反応を示すのか。 それにしても西尾麻里さん、鈴木美恵子さんは子役時代から 頑張っているのね。 今でも一線級に残っている所は凄いな。 フジテレビのアナウンサーのアイ ドル化の現状をさりげなく否定しているところが笑える。

次の

小川彩佳アナ第1子妊娠、出産予定日発表。NEWS23降板危機? 視聴率低迷でTBS社長も厳しく批判し…画像あり

パパ は ニュース キャスター 子役

パパはニュースキャスター ジャンル 脚本 演出 他 出演者 オープニング 「」 国・地域 言語 製作 プロデューサー 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 1987年 放送時間 金曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 12回 パパはニュースキャスタースペシャル 摩天楼はバラ色に 放送期間 放送時間 金曜 21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1回 パパはニュースキャスター お正月スペシャル 放送期間 放送時間 月曜 21:00 - 22:48 放送分 108分 回数 1回 パパはニュースキャスター 帰って来た鏡京太郎スペシャル 放送期間 放送時間 金曜 21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1回 『 パパはニュースキャスター』は、(62年)から同年まで系列で放映された。 放送時間は、21時から21時54分()。 概要 [ ] を飲むと記憶が飛ぶ、主義の・鏡竜太郎の元に、12年前に酒の席で口説いた3人の女との間に出来た娘が現れ、いきなり3人の父親になるというドラマ。 好評だったため、レギュラー放送終了後も(6年)まで、スペシャル版が3本制作された。 『』(・)でコメディ路線に転向した田村が同作の脚本を手掛けたとプロデュースを手掛けたらと再びタッグを組んで制作された。 鏡は酒に酔って女性を口説く時、「そろそろ身を固めようと思っている。 娘が出来たら名前は決めてある、「愛情の『愛』と書いて『めぐみ』、愛に恵まれるように」と口説いており、3人の娘の名前はすべて「愛(めぐみ)」なのが特徴。 お正月スペシャルで、「愛(めぐみ)」は竜太郎が幼い頃生き別れた(竜太郎は死別だと思っていた)母親の名前であることが判明する。 また、この正月スペシャルにはワンカットのみでの出演であったが、生前最後のワンマンショーの番宣も兼ねて美空ひばりが特別出演しており、これがひばりにとって生前最後のドラマ出演となっている。 こちらも好評だったため、には『』という類似ドラマが制作された。 子役のやの名が世間に広まった作品でもある。 登場人物 [ ] 主人公とその家族 [ ] 主人公 [ ] 鏡 竜太郎 - 生まれ。 TBSテレビ「ニュースチャンネル」のメインキャスター(アンカーマン)。 マンションの6階に住んでいる。 生涯独身を宣言し、悠々自適な生活を満喫する独身貴族である。 子供と甘いものが嫌いな上に気難しい性格。 無口で無愛想。 酒癖と女癖が非常に悪い。 それが災いし自分が知らない(記憶がない)うちに女性を口説き、子供を作ってしまう。 毎回、3人の愛(めぐみ)の無神経さには苛立っている。 愛車はからになる(第7話)。 仕事に対する思いは人一倍だが、新聞のテレビ評ではやなどと比較され「しゃべりが硬く、感情を露にするのは見苦しい」と酷評されている。 『』のことを快く思っておらず、に対して苦情を言う(第8話)。 はA型。 趣味は音楽鑑賞(ただし、ハード系は嫌い)で目覚まし時計代わりとしている位。 身長174㎝。 大のファン。 3人の愛(めぐみ) [ ] 1987年の明け頃に急遽、同時期に竜太郎の家へ押し入り住まいした3人の異母姉妹娘。 彼女達の無神経ぶりに竜太郎に敬遠されながらも、毎回父親への愛情を求めている。 カッと向きになるところは父親の竜太郎似である。 西尾 愛(めぐみ) - 竜太郎がの取材でを訪れたときに知り合った女性との間に生まれた娘。 一緒に暮らしていた義父や実母から敬遠されたのがきっかけで、竜太郎の家に住みつく。 3人の愛の中で特に生意気な性格で、竜太郎に対して特に反抗トラブルを起こす。 将来アイドルを目指したい事もあり(第5話)、子役デビュー(第9話)もした。 しかし、大塚愛からは顔が良くないこと酷評される。 本編終了時に母親の元に戻るが、スペシャル編で母親が夫と共に蒸発、再び竜太郎の元へ。 成人後は芸能リポーターになったが、竜太郎は快く思っていない。 血液型はAB型。 大塚 愛 - 西尾愛と同じく、竜太郎が伊豆半島沖地震の取材の際に知り合った女性との間に生まれた娘。 生まれ()。 母子家庭で育ち、にある木造アパートの一室に母と2人で暮らしていたが判明(第2話)。 母が別な男を作り蒸発したきっかけで、竜太郎の家に住みつく。 3人の愛の中では一番器量が良く、可愛い。 隣人の松本家やかつて住んでいたアパートの隣人からも彼女の美貌が評価される(第2話)。 西尾愛ほどではないが少々生意気な所があり、西尾愛や竜太郎と口論をしばしばする。 本編終了時に母親と、その夫と共にアメリカに移住するも、アメリカでの暮らしに耐えられなくなり、スペシャル編で、竜太郎の元へ戻ってくる。 成人後は美術大学に通いながらクラブでホステスとして働いている。 鈴木 愛 - 竜太郎がの取材でを訪れたときに知り合った女性との間に生まれた娘。 ふっくらとした体型。 3人の愛の中では唯一竜太郎のことを「お父さん」と呼んでおり、母親は他界している。 熊本で実母と2人で暮らしていた事が判明(第2話)。 母が亡くなったのがきっかけで竜太郎の家へ住みつく。 3人の愛(めぐみ)の中では素直な性格だが少々鈍感な所があり、他の姉妹である2人の愛(めぐみ)に注意されることがある。 本編終了時に里子となり、竜太郎の元を去るが、里親(五十嵐:)先の家庭の暮らしに耐えられなくなり、スペシャル編で戻ってくる。 成人後は幼稚園で働いている。 血液型はAB型。 松本家 [ ] 松本 保 - で竜太郎の隣人。 かつては外で働いていたが失業したことに加え、である妻のサポートを兼ねて主夫になったのだという。 竜太郎とは対照的にである。 のドラマのシリーズの中では唯一、所が既婚男性を演じており、家事もまともに出来る人間として描かれている。 3人の愛に対しては父親である竜太郎以上に面倒見が良く、介護したり料理も教えている(第4話)。 松本 文子 - 国際線の客室乗務員。 竜太郎同様『毎度おさわがせします』のことを快く思っていない。 夫のことを好きだと思う一方で、竜太郎のことも気になっている。 松本 悠作 - 保と文子の息子。 少々生意気な性格。 愛たちのことを好きだと思っているが、前述の理由もあって竜太郎や3人の愛からは快く思われていない。 冗談半分に大塚に告白した事があったが、当然酷い云われ様でふられてしまう。 松本 サヤカ 保と文子の娘で悠作の妹。 の娘のにちなんで命名。 テレビ局関係者 [ ] 米崎 みゆき - 「ニュースチャンネル」のサブキャスター(アシスタント)。 竜太郎とは恋人以上婚約者未満のような関係。 愛たちのことを竜太郎の親戚だと考えていたが、第5話で事実を知ってからは陰で支え続けている(第8話終盤でを送るなど)。 第10話終盤にて、愛たちとの関係を竜太郎に明かす。 1994年のスペシャルは1シーンのみの登場でノンクレジット。 大多記者 - TBS記者。 2児の父親(第6話より)。 スペシャルではポストを移動し名前は 大多亮と設定された。 モデルは当時のドラマプロデューサーだった(現・フジテレビ常務取締役)。 局長 - 「ニュースチャンネル」スポーツキャスター 「ニュースチャンネル」お天気キャスター 愛の母親たち [ ] 西尾 麻里(西尾愛の母) - 家庭内不和で娘(西尾愛)が邪魔になり、竜太郎に押しつける。 さらに西尾愛の妹、千恵子を置いて、夫と共に蒸発してしまう。 旧姓は前原。 大塚 ちか子(大塚愛の母) - 生まれ。 身長158cm。 体重45kg。 血液型B型。 娘(大塚愛)を置いて蒸発してしまうが、日向勝也:()と、結婚。 一旦は娘を引き取り、アメリカに移住する。 鈴木 美恵子(鈴木愛の母) 保険会社の外交員をしながら、娘である愛を女手一つで育てていた。 父親が竜太郎であることを告げて他界する。 写真のみの登場。 その他 [ ] 宮前 真知枝 - の婦人警官。 竜太郎とは恋人以上で婚約者未満であり、米崎みゆきとは恋敵な存在であるが、3人の愛達の存在を知りさらに竜太郎の娘だと知ると竜太郎の関係を断ち切る。 今西先生 - 3人の愛の担任。 竜太郎のファン。 - 受付 - 編集長 - 運転手 - ホステス - 、、 ナレーション - ゲスト出演者 [ ] 第1話• (当時TBSアナウンサー) - 第7話にも出演• - 第2話• アパートの隣人 -• 司会者 -• 第3話• 店員 -• 雑誌記者() -• 雑誌記者() -• 雑誌記者() -• オジさん -• オバさん -• 電話の女(声のみ) - 第4話• 佐藤 ひとみ - 竜太郎の家に来た家政婦。 「めぐみ」という名前の娘がいる。 池田 裕子(後の)• 肉屋の店員 -• 女教師 -• めぐみ - 佐藤ひとみの娘。 第5話• (当時TBSアナウンサー)• 第6話• 中学生 - 第7話• 本人役。 竜太郎に頼まれて、サインを書く。 店員 - 第8話• 人形店の主人 - みゆきに対して下心を持っている。 田代編成部員(本人役) - (現・) ドラマの中では『毎度おさわがせします』担当ディレクターという設定だったが、実際は異なる。 放送当時、の夫であったためそのことが字幕で表示された。 配送員 - 第9話• 父親 -• 母親 -• 中年の主婦 -• 仲居 -• 中曽根首相の秘書 - 、、 第10話• 工藤 今日子 - 文子の同僚の客室乗務員。 竜太郎の婚約者という誤った情報が報道されてしまう。 レポーター - 、、• スチュワーデス - 、、 第11話• 五十嵐 -• 日向 勝也 -• 五十嵐の妻 -• 西尾 千恵子 -• 医者 -• 校医 - 最終話• 高橋 悦子 -• 新聞勧誘員 -• タクシー運転手 - 、• 小学4年生の愛 - 、、• 最終話終盤に現れた竜太郎の娘と名乗る3人の愛(めぐみ)。 スペシャル()• 石田 奈々美 - 新人女子アナ役。 竹田 静子 -• 竹田 トオル -• 雑誌記者 - 佐戸井けん太• レティシア -• (特別出演)• お正月スペシャル()• 安達 康子 -• 安達 愛 -• 古賀 愛 - 竜太郎の母親と名乗る。 ハワイ在住。 (当時TBSアナウンサー)• 後藤康夫• (特別出演)生前最後のワンマンショーの番宣も兼ねて出演、ワンカットのみであったがひばりにとってこの作品が生前最後のドラマ出演となった。 帰って来た鏡竜太郎スペシャル()• 草薙 吾郎 - 竜太郎の同僚で鈴木愛の婚約者。 小暮 秀夫 -• 中原 みどり - 竜太郎が日本に戻ってきた際キャスターになっていた。 竜太郎と愛人関係になるが、途中で3人の愛の同級生と判明する。 報道局長 -• 亀山 哲夫 - ()• ナレーター - (当時TBSアナウンサー) スタッフ [ ]• 脚本:• オープニングナレーション:• プロデューサー:• 演出:、、• 主題歌:「」• 第1話には本田が本人役でゲスト出演し、当曲を歌う場面もあった。 製作著作:TBS 放送日程 [ ] 各回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1回 1987年1月9日 こんばんわ、田村正和です 吉田秋生 19. 衝撃の告白 吉田秋生 21. 脚本家の伴一彦の紹介で、逸見政孝が田村正和にテレビキャスター役のアドバイスをした。 『パパは年中苦労する』の第11話にて、本作の登場人物のうち鏡竜太郎・米崎みゆき・太多の3人がワンシーンのみではあるが登場する。 製作の流れとしては、『』『』『』に続くものであり、本作を経て『パパは年中苦労する』で完結するようになっている。 伴一彦が脚本を担当し、田村正和が主演、所ジョージがレギュラー出演している点も他の作品と共通しているところである。 ただし、『パパは年中苦労する』以外の作品はストーリー上のつながりはなく登場人物同士が絡むシーンもない。 なお、本作は前述の流れで制作されたドラマの中では唯一が発売されている。 また、松本留美はこの流れで製作されたすべての作品に出演しているが、レギュラー出演は本作のみ。 DVDでは第7話でゲスト出演していたのシーンがカットされている。 お遊び [ ] 上記の『うちの子にかぎって…』同様、要所要所に「お遊び」が入れられていたのも特徴である。 代表例として以下のものがある。 3人の"愛"の名字は実際にそれを演じる子役の姓からつけられ、かつ母親たちの役名は子役達の本名がつけられている。 大部分の放送回で共通して行われたこととして、実在の店や出版社、著名人が登場したことが挙げられる(名前のみのものも含む)。 登場人物が、視聴者に対して語りかけるという場面も散見される。 竜太郎がCMに入る旨を伝えた直後、実際にCMが流れるということもあった。 第1話ではテーマ音楽を歌った、本田美奈子が西尾愛に対して「今度始まるドラマのテーマ」として『Oneway Generation』を歌い、「ドラマがヒットするといい」と会話する場面があった。 第11話の「おたよりコーナー」における出演者のやり取りの中では、悠作役の石堂穰が『うちの子にかぎって…』で演じた岡田和人の真似(『子どもホットライン』)をした。 なお、このコーナーはシナリオ段階では田村、西尾、大塚、鈴木の4人のみの登場予定だったが、実際の放送ではレギュラー陣全員で最終話について予想するというものに変更された。 フジテレビによる盗作騒動 [ ]• 住所:東京都渋谷区代々木5-7-3-サザン代々木607• 本放送当時は『』の司会を担当していた。 OPクレジットでは、「オバさん」と表示• OPクレジットでは「女の子」と表示。 『うちの子にかぎって…』に生徒役で出演。 、で逝去。 本人役。 『』の宣伝を兼ね「ニュースチャンネル」にゲスト出演するという設定。 本人役で、ドラマ内でも逸見が当時務めていた『』のキャスターという設定。 当時はフリーになった直後。 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。 244)• 『うちの子にかぎって…』はのみ、『子供が見てるでしょ! 』と『パパは年中苦労する』はソフト化されていない。 外部リンク [ ]• (脚本家)• - 連続ドラマ、スペシャルのシナリオを公開 前番組 番組名 次番組.

次の