韓国 イージス 艦。 軍事的雑学|韓国の打算!韓国次期イージス艦へ最新型「SPY

韓国のイージス艦は128セルものVLSを搭載し、対艦ミサイルも16発を搭...

韓国 イージス 艦

日本が現在6隻保有しているイージス艦を8隻に増やす計画だ。 この場合、日本は米国に次いで世界で2番目に多いイージス艦を保有することになる。 韓国は3隻しかない。 今年12月に発表される日本の防衛計画の大綱に、北朝鮮の核・ミサイル開発と中国の尖閣諸島(中国名・釣魚島)脅威に備え、イージス艦8隻体制を公式宣言するということだ。 すでに相手の音波追跡を避けるステルス潜水艦まで保有した日本は、潜水艦も16隻から22隻体制に拡大するなど、軍事力増強を本格的に推進している。 22隻体制なら、中国の潜水艦が東中国海(東シナ海)・南中国海(南シナ海)に出ていく2つの重要な水路を十分に監視できるという意味だ。 日本のイージス艦は大気圏外で北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃できるSM3ミサイルを搭載している。 弾道ミサイルを迎撃できないSM2ミサイルを搭載した韓国のイージス艦「柳成龍」とは違う。 1隻の建造に1兆6000億ウォン(約1500億円)かかるイージス艦は、米国が第2次世界大戦を終えながら、16機の戦闘機が現れても防げるよう建造した最先端軍艦だ。 太平洋戦争当時、日本のカミカゼ攻撃を受けた米国が戦闘機攻撃に対応できるよう画期的な防御能力を備えたイージス艦を開発することになった。 このため「神の盾」と呼ばれる。 米国は現在60余隻を保有している。 スポンサードリンク 北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)技術は相次ぐエンジン燃焼実験で、時間が経つほどより精巧になり、射程距離が米国に達するほどだ。 中国は尖閣諸島を眺めながら空母を就役させ、韓国と日本の海上物流の80%以上が通過する海上交通路、東中国海・南中国海の制海権掌握に動いている。 中国は大陸南端にある海南島に米国の人工衛星追跡を避ける海底洞窟を掘り、潜水艦が水中で出入りする施設を用意した。 長さ600メートル、幅120メートルの埠頭を建設し、2隻の空母が寄港できる。 中国は現在稼働中の「遼寧」のほか、数隻の空母をさらに建造するという目標だ。 ここには燃料再供給が必要ない原子力空母が含まれると予想される。 中国はすでに水中から発射する射程距離8000キロ以上の潜水艦発射大陸間弾道ミサイル(SLBM)を保有している。 日本がイージス艦8隻体制を準備するという理由だ。 では韓国は何をするべきか。 尖閣諸島で激しく対立する中国と日本は軍備競争を加速させている。 韓国も最小限の防御力を備えるべきだが、投資金額に比べて最も効率的なのが潜水艦戦力の増強と多量のミサイルを韓半島に配備することだ。 中国と日本の戦力増強の要諦は海軍力と空軍力の増強だ。 このため韓国は潜水艦戦力を強化する必要がある。 潜水艦戦力は軍事分野で最も隠密な戦力であり、相手がむやみに接近できない最後の戦力と評価される軍事力だ。 ミサイル戦力は情報技術(IT)が発達した韓国に最も効率的な未来防御戦力と考えられる。 いま北東アジアでは軍備競争の荒波が起きている。 第2次世界大戦後、現在のように中国と日本の激しい対立の局面が形成されたことがなかった。 軍事費を注ぎ込む北東アジア情勢は非常に危険だ。 したがって軍備競争の危険を議論する対話の場を用意することを韓国が先導する時期になった。 韓国は世界9番目の貿易大国であり、国際的な地位が過去とは違う。 したがって自信とビジョンを持って平和の共同繁栄の旗幟を掲げ、軍備競争の解消に率先しなければならない。 韓国は周辺国を侵略したことがなく、対話体制創出の資格があることを彼らも知っている。 joins. html?

次の

日本とアメリカと韓国のイージス艦の性能に違いはどれくらいあるのでしょうか...

韓国 イージス 艦

韓国海軍の運用思想と事情が日米と違うのが大きな要因です。 韓国海軍は元来、対北朝鮮を意識して陸軍に重きを置く陸軍国家で、海軍は小型の哨戒艦艇やフリゲートが中心となって近海での活動で必要十分とされました。 ですが近年では南シナ海方面からの海上輸送路の護衛も求められるようになり、外洋航行能力のある駆逐艦クラスの艦艇が多数求められるようになりましたが、駆逐艦建造ノウハウの弱い韓国海軍はその過程で比較的大型の駆逐艦にどうしても任務の多くを求めるようになってしまいました。 90年代前半まで韓国海軍主力の駆逐艦はいずれも米海軍がWW2期及びそれ以降に建造し友好国に提供していたフレッチャー級及び本級の発展型でしたので、能力は近代では陳腐化していましたが搭載しているボフォース40mm機銃の威力や完成された駆逐艦としてのシステムは健在でしたので、それが30mmゴールキーパー選択に繋がり、そこから自国開発されたのが広開土大王級で3隻建造されました。 ですが本級は韓国海軍の駆逐艦の中では建造時からの標準搭載としては初めてシースパロー発射機をMk48で装備しましたが、16セルでむらさめ型と同等レベルでした。 本級以外のフリゲートには対空ミサイルも無い状態であり、その後に建造されたのが李舜臣級駆逐艦で、本級には初めてMk41VLSとSM-2スタンダードミサイルが搭載されて6隻建造され、それに続いてイージス駆逐艦世宗大王級が建造されました。 これら艦艇を組み合わせて外洋進出可能な艦隊として第7機動船団は編成されましたが、逆を言いますと韓国海軍の中でミサイル戦が行えるのはこの艦隊のみです。 他のフリゲートなどは対艦ミサイルこそ装備すれども、一定距離で対空戦闘出来るミサイルもそれら火器管制装置も搭載していませんでした。 それがRAM搭載に積極的な理由であります。 なので周辺国で近代化の進んでいる中国、強力な海軍有するロシア、敵国視している日本などと比較した場合、駆逐艦には防空だけなく多くの能力が必要となってしまい、必然的に重装備となりました。 例えば韓国海軍で防空SAMを撃てるのは上記各駆逐艦12隻ですが、韓国海軍が敵視している海自の外洋進出する護衛隊群32隻の中で逆にSAMを撃てないのは、実質空母扱いされているいずも型2隻のみで他の護衛艦は全て短SAM、ESSM及びSM-1,2が撃てるので防空能力が個艦全てに搭載されているだけでなく、SUMやSSMも運用出来る文字通り汎用駆逐艦として行動出来ますので、1隻辺りに搭載する火力は韓国海軍と比べて少なくても、建造費用や運用費の面からも問題無いと判断されています。 なので、旧来からの名残で韓国海軍は個艦に強力な射撃管制装置が無くとも運用可能なRAMと、40mmボフォースの名残で30mmゴールキーパーを搭載するようにしていますし、国産の巡航ミサイルを運用出来るだけの母体となれるのが排水量的にイージス駆逐艦世宗大王級駆逐艦のみであったが為に合計128セルのミサイルと16発のSSMを搭載させる仕様になりました。 ですが設計母体が巡洋艦設計のタイコンデロガ級ならともかく、駆逐艦設計のアーレイバーク級を元にしているので、これだけの重武装化によるトップヘビー化が機動性の低下を招いていると指摘されています。 これは韓国はインドと同様に西側だけでなく東側兵器の導入も行っていますので、その中でソ連海軍のように単艦毎の戦闘力を増やして少ない運用艦数をカバーしようという思想が入った可能性があります。 実際に16発のSSMを運用している西側艦艇なんてアイオワ級戦艦以外で聞いた事がありませんが、東側ではキーロフ級20発、スラヴァ級16発のように搭載実績がありますが両級共に巡洋艦として開発運用されていますので、やはり駆逐艦サイズでは無理があるようには思えます。

次の

『韓国軍の装備はどうもおかしい。北朝鮮に備えるのだったらイージス艦はいらない。』渡部悦和 元陸上自衛隊・第36代東部方面総監

韓国 イージス 艦

防衛省の関係者は、「北朝鮮のミサイル威嚇」を理由に、日本が弾道ミサイルを迎撃するイージス艦を2隻追加建造する準備に入ったと明かした。 完成後、日本が保有するイージス艦は8隻に増加し、アジア最大規模のイージス戦艦群となる。 中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。 共同通信社によれば、防衛省が新「防衛計画の大綱」でミサイル防衛システムの強化を提案した。 イージス艦の建造費は1隻あたり2000億円にのぼる見通し。 防衛省は、「北朝鮮のミサイル威嚇の長期化」を防ぐための措置だと表明している。 海上自衛隊は現在、「こんごう」4隻と「みょうこう」2隻の計6隻のイージス艦を保有。 うち4隻がミサイル防衛システム「SM-3」を搭載し、その規模は米国に次いで世界2位だが、「北朝鮮のミサイル威嚇」に対抗するにはまだ不十分なようだ。 防衛省は、北朝鮮のミサイル打ち上げに対応するため、SM-3を搭載したイージス艦を少なくとも2隻運用する必要があると発表したが、北朝鮮の長距離ロケット打ち上げの際、同型のイージス艦2隻が修理中だったため、運用できるのは2隻しかなかった。 スポンサードリンク 共同通信社によると、防衛省は新「防衛計画の大綱」の検討時、弾道ミサイルを迎撃するイージス艦を増やす必要があるとの見解を示した。 残りの2隻へのSM-3搭載を迅速に行い、改修を2019年までに終えるほか、追加建造する2隻のイージス艦については15年度と16年度に契約を結び、21年に就役させる計画だ。 searchina. cgi? shtml 日本はイージス艦をアメリカに次いで導入した国家であり、保有数も世界で2番目の6隻である。 「こんごう型」の就役により、8艦8機体制(新八八艦隊)が完成するなど、イージス艦の配備は海上自衛隊にとっても大きな時代の節目となった。 自衛隊のイージス艦はアメリカ海軍と異なりトマホークミサイルを搭載しておらず、純粋な防空艦として運用されている。 48隻の護衛艦のうちイージス艦は6隻だけで、建造費も1200億円と護衛艦史上最高額である。 海上自衛隊の護衛艦の名称は旧日本海軍の艦のものを使用する場合が大半であるが、イージス艦にはそれ以前のミサイル護衛艦(DDG)で使われていた駆逐艦の名称ではなく、戦艦と重巡洋艦の名称が使われており別格の扱いを受けている。 自衛隊インド洋派遣の際には高性能なイージス艦の派遣を巡って議論が発生し、政治的問題化したため一時期派遣が見送られた。 「こんごう型」の4隻はミサイル防衛に対応した改修がおこなわれ、日本におけるミサイル防衛の一翼を担う重要な存在となっており、北朝鮮によるミサイル発射実験に対して発令された破壊措置命令4回すべてに出動している。 「あたご型」2隻も2013年現在、ミサイル防衛機能の追加改修を行っている。 イージスシステム イージスシステムは、イージス艦のイージス艦たる所以であって、その戦闘システムの中核である。 イージス艦が搭載する全ての兵器はイージスシステムに接続され、組み込まれる。 このため、イージス艦が搭載する戦闘システム全体を指してイージスシステム(イージス戦闘システム; Aegis Combat System)と総称することもある。 イージスシステムは、SPY-1レーダー、情報処理システム、スタンダード対空ミサイル・システムによって構成されている。 SPY-1レーダーはイージスシステムの中核であり、八角形のフェーズドアレイ・レーダーが4枚、四方に向けて艦の上部構造物に固定されている外見は、イージス艦の特徴ともなっている。 最大探知距離450キロ以上、最大探知目標は200以上である。 イージス艦のスタンダード対空ミサイル・システムは、改良型のスタンダード・ミサイル2型を使用し、また新型の射撃指揮装置が組み込まれているため、同時に多数(10個以上)の目標と交戦することができる。 現在就役している艦では、ミサイル・ランチャーとしてMk 41垂直発射装置が採用されており、即応性や速射能力などが向上している。 さらに近年、イージスシステムはミサイル防衛任務にも対応できるように改修されつつある。 ミサイル防衛は極めて困難な任務であるため、スパイラル開発のコンセプトに基づいて、漸進的に開発が進められており、2009年3月現在、イージスBMD3. 6と呼ばれるバージョンが配備されている。 イージスBMD3. 6搭載艦は、弾道ミサイル迎撃専用に開発されたスタンダード・ミサイル3型(SM-3)を搭載し、高度150kmの目標と交戦できると言われている。 その他の搭載兵器・機器 これまでに建造されたイージス艦は、イージスシステム以外にも、その時点において標準的な各種の兵器を搭載してきた。 ミサイル 現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。 ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。 (ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能) Mk 41では、どのミサイルをどれだけ搭載できるかが任意に決められるので、イージス艦の兵装構成は非常に多様である。 例えば、防空艦としての活動が多いタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦においては、ミサイル搭載数の大部分をスタンダード対空ミサイルが占めているのに対し、汎用艦としての活動が多いアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦では、トマホーク巡航ミサイルの搭載数が増えていると言われているし、対潜戦闘を重視する日本の艦ではVLAがある程度の比率で搭載されており、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン級フリゲートはESSM(発展型シースパロー)のみ搭載する。 また、アーレイ・バーク級35番艦以降を除いて、Mk 41のほかに対艦ミサイルの4連装発射筒を搭載している。 対艦ミサイルの機種は、あたご型がSSM-1B、フリチョフ・ナンセン級がNSM、世宗大王級がSSM-700Kであり、他の艦はすべて、アメリカ海軍で標準的なハープーンである。 近接防空システム(CIWS) アーレイ・バーク級35番艦以降を除いて、全てのイージス艦は、従来艦と同様に近接防空システム(CIWS)を搭載する。 その機種は通常ファランクスだが、スペインのアルバロ・デ・バサン級フリゲートは国産のメロカを、韓国の世宗大王級駆逐艦はオランダ製のゴールキーパーおよびRAM近接防御ミサイルを組み合わせて搭載する。 また、CIWSを搭載していないアーレイバーク級35番艦以降では、ESSMをもってその代用とするとされているが、アーレイバーク級35番艦以降の中には後部にCIWSを1基のみ搭載している艦も存在する。 砲熕(ほうこう)兵器 イージス艦の主たる兵器はミサイルではあるが、汎用性が高く、即応性にも優れることから、通常型の艦砲も搭載する。 その機種は、こんごう型がオート・メラーラ社製の127 mm 単装砲、フリチョフ・ナンセン級が同じくオート・メラーラ社製の76 mm 単装砲を搭載している他は、全てのイージス艦がアメリカ製のMk 45 5インチ砲を搭載している。 これは、現代のアメリカ軍でもっとも一般的な艦砲である。 伝えられるところでは、こんごう型で、オート・メラーラ社製の砲をイージス・システムに接続する際には、通常使われる砲とは違っていたために、若干の困難があった、とのことである。 対潜戦闘システム 全てのイージス艦は、それぞれの海軍で標準的な対潜戦闘システムを搭載している。 対潜水艦戦闘でのセンサーとしては、通常は最近の従来艦と同じくバウ・ソナーと戦術曳航ソナーを装備するが、沿岸海域での戦闘を重視したアーレイ・バーク級フライトIIAでは、ヘリコプター運用設備との兼ね合いから、曳航ソナーが省かれる。 また、攻撃手段としては、舷側のMk 32 短魚雷発射管から発射される短魚雷、Mk 41 VLSより発射されるVLA対潜ロケット、さらに場合によってはヘリコプターが使用される。 ここで用いられる短魚雷としてはMk 46が長く用いられてきたが、現在は、より高速で強力なMk 50や97式短魚雷なども就役している。 これは、スプルーアンス級やオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートにおいて導入されたもので、対潜戦闘を大幅に自動化するものであり、いわば対潜版のイージスシステムということができる。 しかしSQQ-89は機密レベルが高く、海外輸出が制限されるため、こんごう型やアルバロ・デ・バサン級などでは、国産あるいは輸入した別の対潜戦闘システムを使用しており、従ってソナーの機種や構成も異なっている。 航空機 多くの場合、イージス艦も、他の現代水上戦闘艦と同様にヘリコプターを搭載する。 アメリカのLAMPS構想に見られるように、これらはソナーと魚雷を搭載しての対潜哨戒のほか、軽輸送や救難など、多用途に用いられる。 ただし、アーレイバーク級の初期建造艦(フライトI、II)、およびこれをもとにしたこんごう型は、格納庫をもたず、ヘリコプター用飛行甲板と給油設備、データ・リンクのみを設置している。 アメリカ海軍の艦ではSH-60B LAMPSヘリコプターが搭載されており、これを含んだLAMPSシステムは、SQQ-89統合対潜戦闘システムを介してイージス・システムに接続されている。 一方、日本のあたご型護衛艦ではSH-60JかSH-60K 1機を搭載可能であるが、これはLAMPSのように母艦と連携しての運用のほか、独立しての作戦行動も可能になっている。 通信設備 イージス・システムの開発以前より、アメリカ海軍は艦隊全体で一体となって戦闘を行なうため、海軍戦術情報システム(NTDS)を開発・使用してきた。 そのネットワークに接続するための戦術データ・リンク装置は、イージス艦にも当然搭載される。 従来はリンク 11が使用されてきたが、1990年代より新型のリンク 16が運用開始され、既存の艦にも順次装備されている。 海上自衛隊では、こんごう型の4番艦で初めてリンク 16に対応し、続いて建造されたあたご型にも搭載されたほか、既存のこんごう型3隻に対しても搭載改修が行われている(イージス艦以外に、たかなみ型汎用護衛艦やひゅうが型ヘリコプター護衛艦にも搭載されている)。 ただし、リンク 16は見通し線外通信ができないため、艦隊全体での通信にはリンク 11が依然として使われている。 また、より広域での作戦統制のため、アメリカ海軍のイージス艦ではUHF帯とSHF帯の衛星通信回線が設置されている。 これらの衛星通信回線は、アメリカ海軍の骨幹的指揮統制システムである海上用-汎地球指揮統制システム(GCCS-M)や情報資料を配信する統合同軸報送信サービス、多国間作戦を調整するためのCENTRIXSといった情報システムのために用いられている。 ミサイル防衛(BMD)など広域での戦術情報共有が必要な作戦においては、アメリカ海軍はリンク 16をベースにした衛星データリンクであるS-TADIL Jを使用しており、海上自衛隊のイージス艦の一部にもその通信装置が装備される。 海上自衛隊のイージス艦では、このほかに、海上自衛隊の骨幹的指揮統制システムである海上作戦部隊指揮管制支援システム(MOFシステム)のためのSUPERBIRD衛星通信回線が設置されている。 詳細は.

次の