スピードテスト。 BNRスピードテスト 画像読込み版(iPad iPhone などのFlash非対応版)

インターネット速度測定ツール9選!スピードテストを総レビュー!

スピードテスト

ドコモスピードテストは、NTTドコモが公式に公開しているスマートフォン用スピードテストアプリです。 「動作が遅い」「動画がカクカクする」のトラブルの中で一番多いの原因は回線の遅さです。 スピードテストの結果で回線速度が遅いとわかれば、対策も打ちやすくなります。 ドコモスピードテストはスマホ向けの無料の「アプリ」です。 キャリアはau、Softbankやmvnoでもホーム画面にインストールして使います。 頻繁に行く場所のスピードを測っておけば、回線の速さが重要な動画を見たいときでも行く場所に悩むこともありません。 NTTドコモを使っている方には特にお勧めの「ドコモスピードテスト」を詳しくご紹介します。 ちなみにスピードテストは「」で詳しく解説しています。 測定項目や目安を知りたい方はご覧ください。 「ドコモスピードテスト」アプリとは? 「ドコモスピードテスト」最大の特徴は、NTTドコモが公式に公開しているスピードテストアプリという点です。 スマートフォン向けに特化しており、Android用とiPhone用のアプリがあります。 推奨OSはAndroid OS 6. 0以降、iOS 9. 0以降となっています。 ・ドコモスピードテスト Android用アプリ ・ドコモスピードテスト iPhone用アプリ ドコモ製アプリながら、ドコモ以外のキャリアや格安SIMのスマートフォンでも使うことができます。 通信キャリアが提供しているアプリですから、セキュリティー上の心配なく安心してインストールできます。 計測できる項目は「ダウンロードスピード」と「アップロードスピード」に絞られている上、ワンタップで計測できます。 専門知識のない方でも使いやすいアプリになっています。 ドコモLTE回線の周辺平均速度が表示されたり、周辺のドコモショップが表示されたりと、ドコモユーザーならさらに便利に使える公式アプリならではの機能もあります。 ドコモスピードテストの料金は無料 ドコモスピードテストの料金は無料です。 計測にお金はいっさいかかりませんので、安心してお使いいただけます。 「ドコモスピードテスト」で計測できる項目 「ドコモスピードテスト」では、スピードテストで重要な2つの項目が計測できます。 ダウンロードスピード 「ダウンロードスピード」とは、サーバーからスマートフォンへデータを受信する速度を表した値です。 この値が大きいほど、動画やウェブサイトがスムーズに表示されやすくなります。 インターネットを使うほとんどの時間は、サーバーからデータを受信しながら使っています。 インターネットを快適に使う上で最も重要になるのが「ダウンロードスピード」といえます。 アップロードスピード 「アップロードスピード」は、スマートフォンからサーバーに向けてデータを送信する速度を表した値です。 この値が大きいほど、画像や動画を送信する時間が短くなります。 特に動画はデータ量が大きいため、撮影した動画を投稿するような使い方をする場合に重視すべき値です。 ドコモスピードテストは不要?必要性や削除方法 ドコモスピードテストは、スマホキャリアに関わらず使えるアプリ。 ただ、ドコモユーザーにはアップデートで勝手にインストールされる場合もあるようです。 ドコモスピードテストはいる?必要かどうか 消しても問題ありません。 初期にインストールされるアプリが多いのがドコモも特長です。 ドコモスピードテストも勝手にインストールされるアプリの一つですが、回線速度をチェックするだけのアプリなので残しておいても問題はありません。 アンイストール・削除の方法 アンイストールはホーム画面からできます。 「ドコモスピードテスト」で通信速度を計測してみよう 「ドコモスピードテスト」にはAndroid版とiPhone版があります。 ここではAndroid版を使ってご説明しましょう。 スピードテストの結果は計測する時間帯で大きく変わります。 モバイル回線でもWi-Fiでも、多くの人が同時に使う時間帯ではスピードが遅くなりがちです。 特にモバイル回線では顕著に現れます。 一般に、平日の12時から13時の昼休みや夕方から夜にかけての時間帯は遅くなりやすいといわれています。 計測した結果が遅い場合、時間帯の影響を受けたためかもしれません。 スピードが出やすい早朝や深夜の時間帯でも計測して、結果を比べてみましょう。 アプリのインストール まず、Google Play ストアからインストールをしてください。 「ドコモスピードテスト」アプリを開きます。 利用規約の同意を求められます。 下までスクロールして「利用規約を確認しました」にチェックをして「同意する」をタップ。 使用方法の説明画面が現れます。 「次へ」をタップして進めましょう。 メインの画面が現れます。 このアプリではスマートフォンの位置情報が重要です。 計測の前にアプリが位置情報を使えるようにしましょう。 右上に赤丸で示したところをタップします。 位置情報へのアクセスの許可を求められるので「許可」をタップ。 現在位置が表示されます。 計測方法 通常の計測方法を説明します。 「ドコモスピードテスト」では「ノーマルモード」と呼ばれています。 下にある「測定」をタップします。 「ライトモードを使用」にはチェックを入れずに「測定開始」をタップします。 スピードテストが始まります。 30秒程度で計測が終わります。 データ通信量を抑えた「ライトモード」計測 アプリの説明によれば、通信速度が速い環境で計測を約40回行うとデータ通信量が3GBに達する場合がある、とされています。 そこで、精度を落とす代わりにデータ量を抑えて計測できる「ライトモード」が用意されています。 何度も繰り返し計測したいという場合には「ライトモード」がお勧めです。 ライトモードで計測するには、計測を開始する画面にある「ライトモードを利用」をタップします。 ライトモードの説明が表示されます。 「OK」をタップします。 「ライトモードを利用」にチェックが入ります。 「測定開始」をタップするとライトモードで計測ができます。 30秒くらいで計測完了です。 「ドコモスピードテスト」の計測結果を確認しよう 計測結果の見方や目安をご紹介します。 「1秒間にダウンロードできたデータの量をメガビットで表した」単位で、「メガビーピーエス」と読みます。 数値が大きいほど、ダウンロードのスピードが速いことを示します。 「1秒間にアップロードできたデータの量をメガビットで表した」単位です。 ダウンロードスピードと同様に「メガビーピーエス」と読みます。 数値が大きいほど、アップロードのスピードが速いことを示します。 Wi-Fiかモバイル回線かのどちらが計測に使われるかはスマートフォンの設定によって変わります。 多くのスマートフォンでは、Wi-FiにつながっていればWi-Fiが使われ、そうでなければモバイル回線が使われます。 もし計測結果が目的の回線ではなかったときは、スマートフォンのWi-Fiを停止するか、モバイル回線を停止することで切り替えることができます。 計測した結果を比較する際の目安として使うことができます。 平均値は直近の30日間に収集したノーマルモードの結果を使っているとのことです。 詳細はウェブサイトで公開されています。 表示されるのはドコモのLTE回線の平均値のみです。 インターネットを快適に使う目安 通信速度は以下を目安にしてください。 動画配信サービスを見る場合・・・ダウンロードスピードが3. 0Mbps~5. 0Mbps以上 ウェブサイトを見る場合・・・ダウンロードスピードが3. 0Mbps以上 動画の投稿・・・アップロードスピードが10Mbps以上 ドコモスピードテストで時間帯・場所を変えて測定 スピードが遅い原因はいろいろです。 次のことを試してみましょう。 時間帯を変えて計測してみましょう。 お昼どきや夕方から夜にかけての時間帯は遅くなる傾向があります。 場所を変えて計測してみましょう。 「サポートエリアマップ」を使うとスピードが出やすい場所を見つける参考になりますよ。 計測結果がかなり遅いときは別のキャリアへの乗り換えを考える時期かもしれません。 計測履歴の確認方法 「ドコモスピードテスト」では計測場所も踏まえた計測の履歴が確認できます。 お気に入りの場所の速度を測っておいて見返すときなどに便利です。 地図が表示されている画面の右下にあるマークをタップします。 過去の履歴が表示されます。 数値の部分をタップすると、計測した場所の地図も表示することができます。 【応用編】ドコモスピードテストの使い方 「ドコモスピードテスト」には、NTTドコモ公式アプリならではの便利な機能があります。 慣れていない場所でショップを確認しておく場合などに便利です。 モバイル回線では速度が遅いときやデータ通信の残量が心配なときなど、不意にWi-Fiを使いたいときに便利です。 モバイル回線が速い場所を探す際の参考にすることができます。 凡例はダウンロードスピードの理論値を示しています。 バッテリーの減りが速い 「ドコモスピードテスト」はプライバシーに関わらない範囲で回線に関するデータを定期的に収集しています。 バッテリーの減りが速いときはこの機能を停止してみましょう。 右上の設定マークをタップします。 メニューが出るので「設定」をタップします。 「デフォルト設定」をタップします。 「通信品質の定期送信」のチェックを外して完了です。 VPNだと計測できない 「ドコモスピードテスト」は、仕様としてVPNを使った状態では計測ができません。 VPNを切ってから計測しましょう。 まとめ 「ドコモスピードテスト」は、NTTドコモ公式アプリならではの機能が付いたスピードテストアプリです。 ワンタップで計測ができる使いやすさや周囲のWi-Fiスポット確認機能など、ドコモユーザーはもちろんドコモ以外のユーザーでも便利な機能が多いアプリになっています。 スマートフォンユーザーなら試す価値のあるアプリです。 一度、使ってみてはいかがでしょうか。

次の

回線速度を計測する│接続・設定方法|eoユーザーサポート

スピードテスト

あなたのインターネットが遅ければ、インターネットInternet Speed Testツールは、速度テストにおけるパフォーマンス問題を診断できます。 スピートテストは、パソコンのアップロード・ダウンロードの実測値を表示するスピードメータです。 これらの速度測定は、とても大事で、遅いダウンロードとアップロードスピードは、インターネットサービスプロバイダーかルーターに問題がある可能性があります。 もし、スピードテスト結果より、回線速は通常であれば、訪問しているサイトに問題があるか、回線速度が特定のブラウジングにサポートできないかのことが考えられます。 Ping測定であるインターネットスピードは数秒しかかかりません、簡単にでます。 それではSpeedcheckを使ってみましょう。 回線速度のチェック(回線速度計測)、ネット速度計測は、Speedcheck. orgにアクセスするので、とても簡単にできます。 青いスタート・テストボタンをクリックし、テストを始められます。 Internet Speed Testの完了時、3つの測定結果がスクリーンの上に表示されます:• レイテンシは、データが目的地到着までの遅延を表しています。 レイテンシは、ミリセカンドで測定されます。 100ms以下のレイテンシは、良好です。 それ以上の場合、例えば200ms以上なら、ビデオチャットなどの活動に影響し、あなたの回線速度は仕様より見かけ上遅くなる可能性があります。 Mbpsで測定されるダウンロードスピードは、どれだけデバイスがデータダウンロードできることを表しています。 もし、スピードがあなたの活動にサポートできない場合、あなたの回線スピードは、落ちるでしょう。 具体的には、ビデオ鑑賞やゲームなどです。 Mbpsで測定されるアップロードスピードは、どれだけデバイスがデータをアップロードできることを表してています。 アップロードスピードは、サイズの大きいファイルのアップロードに影響します。 例えば、写真やビデオなどです。 定期的に回線速度を確認する理由は、下記です。 あなたのインターネットサービスプロバイダー(ISP)との契約は、アップロードとダウンロードスピードを約束しています。 しかし、回線速度は、必ずしも契約通りになっていない場合があります。 むしろ、契約より遅く、あなたのネット機能とネットブラウジング能力に影響する場合があります。 一日中数回契約通りに回線速度が得られる。 ネットパフォーマンスを評価するには、スピードテストを一日に数回インターネット速度テストするしかありません。 ピーク時にサービスが遅くなり、深夜もしくは早期に利用者数が少ない時に、回線速度が速くなることがあります。 回線速度を知るには、一日中に数回のスピードテストを実行する必要があります。 Speedcheck. orgでは過去のスピードテスト結果が記録されています。 過去のすべての結果を確認するのに、とても便利です。 例えば、ISP契約でダウンロードとアップロードスピードは、それぞれ50Mbpsと10Mbpsです。 数回テストをやってもダウンロードとアップロードスピードは、それぞれ48. 9Mbpsと9. 4Mbpsである場合、仕様に近くてとても良いです。 しかし、テスト結果はが50Mbpsと4. 5Mbpsであれば、この大きな差は、あなたのインターネット機能に影響するだけではなく、あなたのシステムにも問題があると考えられます。 異常に遅いアップロードとダウンロードスピードは、サビースプロバイダー、接続、利用者数が多い時間帯に問題があります。 もし、何回通信速度測定を実施しても、一貫にしてスピード測定が遅く、順調なネットブラウジング、速いページローディング及びスムーズなビデオ視聴を求めれば、この問題を対応する必要があります。 回線速度を理解ことは、トラブルシューティングの一つのステップに過ぎません。 つい維新速度診断、わかるほど、回線速度の低下と弱いパフォーマンスの原因を断定できます。 そこから、パフォーマンスを向上する対策を考えることができます。 しかし、Mbpsとはそもそも何でしょうか?遅いネット接続をどのように改善できるのか?ここから、あなたに知って貰いたい情報で、ネット接続の改善ツールを紹介します。 インターネットの仕組みの説明から始めましょう。 我々が行っているトラブルシューティングを理解できるようになるでしょう。 コンピューター、携帯電話及びタブレットといったデバイスは、土地に埋めているケーブル、携帯接続、または衛星を通して、インターネットに接続します。 接続すると、コンピュータ同士がコミュニケーションができ、人と情報のやり取りが秒間でできるようになります。 インターネットの接続は、あなたのデバイスがインターネットサービスプロバイダー(ISP)もしくは、携帯のテザリングにより、実現可能となります。 携帯電話のテザリングは、自動的に携帯をホットスポットとして使います。 通信会社とプランによって、テザリングが制限されることもあります。 また、テザリングは、データ消費するので、注意してください。 ベライゾン、クリケットとスプリントといった通信会社は、テザリングプランを提供しています。 インターネットサービスプロバイダー会社の選びは、通信会社を選ぶことと同様にできます。 一般のインターネットサービスプロバイダーは、コムキャスト、コックス、タイムワーナーケーブルなどがあります。 各社は、ダイヤルアップ、ブロードバンド、DSLなど、異なるインターネットサービスを提供しています。 我々はここかもう少し詳細に、各接続方法はどのようにパソコンもしくは携帯電話の接続に影響するかを説明します。 ISPと契約して、インターネットサービスは始まると、自動的にパソコンにインタネットプロトコルもしくはIPアドレスがアサインされます。 このアドレスは、時間が入っている一列の番号に構成されて、パソコンと他のオンライン活動を特定できます。 パソコンがISPに接続している時、あなたはIPアドレスをもち、インタネットにアクセスしたり、サイトに訪問したり、メールを送信したりすることができます。 (これは、自動的にできるので、ご安心してください。 問題はシステムのどこかに故障があった場合、インターネットにアクセスできなくなります。 もしネットスピードが遅くなったら、簡単なネットブウラウジングができなくり、特定なサイトすらアクセスできなくなります。 いつもシステムの故障箇所がわからない場合。 ここから、トラブルシューティングが必要になってきます。 重要なのは、各ISPは、異なる価格、ダウンロードとアップロードスピードを提供していることです。 各ISPが違うので、慎重に評価する必要があります。 また、各ISPが少なくとも2年間契約を要求しており、簡単にISP間に切り替えないので、慎重に決断する必要があります。 ISPプランの評価時、各社のサービスレビューを参考すべきです。 レビューには、信頼性、技術支援、全体パーフォーマンスの情報を提供しています もう一つ重要なのは、各ISPが違うダウンロードとアップロードスピードを提供しているというとです。 このスピードは、あなたのインターネットの使い方に直接影響します。 これも、遅い回線速度の一つ原因となります。 ISPのプラン以外に、下記の理由も考えましょう:• ISPは、特定エリアしかサービス提供せず、また町の特定なエリアにしかサービス提供しないことがあります。 また、ISPのサービスマップにあまり頼らないほうがよいです。 殆どの場合、そのマップに細かい情報が入っていないことが多いです。 そのかわりに、ISPに直接問い合わせして、自分にいるエリアにどのようなサービスがあるかを確認したほうがよいでしょう。 よく遮断することは、あなたの仕事に影響し、特に、インターネットに頼って仕事する方は尚更です。 プランは、スピードと価格で違ってきます。 自分に相応しいプランかどうか確かめて、なければ、他のISPを確認しましょう。 殆どの契約は、最低二年間の縛りがあり、途中の解約に高額な費用を払う必要があります。 また、コストにも確認すべきです。 コストが一定期間に固定されて、その期間を過ぎると、高くなることがあります 他の重要なのは、あなたは、どのような接続方法を希望しているかということです。 インターネット回線速度がいくつの方法で測定され、よく使われている方法は、Mbpsです。 一キロビット毎秒 Kbps は、一番遅いスピードレーティングです。 これは、ダイヤルアップモデムのような古いインターネットによく使われています。 一メカビット毎秒 Kbps は、1,000 Kbpsと等しく、今一番使われている測定です。 一ギガビットは、1,000 Kbpsに等しく、これは、高パフォーマンスネットワークによく使われています。 レーティングが高ければ、高いほど、回線速度は高速です。 ここでは、Mbpsに注目しましょう。 何か普通で、何か異常ということを確かめてみましょう。 ISPに提供されているインターネット契約は、ダウンロードスピードに重視することが多いです。 グローバルから見ると、契約は、10Mbpsから, 20Mbps, 50Mbps, 100Mbps, 200Mbps, 500Mbpsまであり、1000Mbps 1Gbps までいく都市もあります。 自分の回線速度のパフォーマンスを確かめる為に、デバイスをモデムに接続してみましょう。 典型的なイーサネットケーブルは、100 Mbps もしくは 1 Gbps 1000 Mbps をサポートできます。 回線速度にもよりますが、インターネット接続もしくはイーサネットケーブルは、ボトムネックになる可能性があります。 例えば、500 Mbpsで100 Mbpsのイーサネットをモデムに繋いで、速い回線速度に契約したとしても、イーサネットケーブルは、回線速度を下げることができます。 50 Mbpsの契約で、ギカビットイーサネットケーブルを利用する場合、ISPからの回線速度がケーブル仕様より大きく下回り、イーサネットケーブルが使えなくなります。 イーサネットケーブルをパソコン、モデム、ルーターに必ずしも接続する必要がありません。 もし、デバイスがラップトップとスマートフォンのようなWiFi機能があれば、モデムと無線での接続が可能があります。 このケースにおいて、2種類の接続方法があります。 デバイスがモデムに無線で接続して、モデムがISPに接続します。 どちらも回線速度を下げる可能性がります。 ということは、WiFiルーターが回線速度に満たす必要があります。 また、ルーターからの距離も回線速度に影響します。 したがって、ルーターは、ISP回線速度の2倍以上の速度をサポートできるような仕様が必要とされています。 ホームネットワークに、1 Mbps から500 Mbpsまでのインターネットスピードがある。 イーサネットケーブルは、100 Mbps or 1000 Mbps をサポートします。 殆どのWiFiルーター 802. 11g は、少なくでも 802. 11g をサポートできます。 あなたの回線速度は、十分ですか?いい回線速度とは? 誰も正確に回線速度を言えません。 回線速度は、様々原因に影響され、インターネットの使い方、アクセスするサイト、アップロード・ダウンロード量によります。 例えば、wifi速度測定一日数回ニュースサイト、天気情報、メールの利用は、写真のアップロード、毎日ネットフィリックスの鑑賞、ゲームといった利用方法と違う回線速度が必要とされます。 ISPは、ダウンロード及びアップロード速度を広告しますが、上記に述べた理由より、いつも同じ速度が得られません。 マニュアル的にテストする必要があります。 Speedcheck は、リアルタイムかつ正確な回線速度を測定できます。 Speedcheckは、ダウンロード及びアップロード速度のデータを提供し、回線速度のトラブルシューティングに貴重なデータとなります。 Speedcheck は、回線速度を数秒でテストでき、あなたは、朝に速度が落ちると思ったら、数回テストを行うことができます。 Speedcheckは、結果を記録し、将来アクセスしたり、レビューしたりすることが可能です。 遅い速度は、一般的にあるインターネットスピード問題を説明できます。 回線速度問題として認識すれば、トラブルシューティングにも役に立つでしょう。 今まで回線速度について話したので、速い回線速度がより良いインターネット経験に繋がることは、理解したと思います。 遅い回線速度をトラブルシューティングし、スピードテストを行う必要がある時に、回線速度とブラウジングへの影響について、少しでもわかれば、とても役に立ちます。 回線速度と言えば、アップロードとダウンロードスピードのことです。 ダウンロードスピードは、インターネットからパソコンにデータをダウンロードする速さです。 ダウンロードスピードから、ビデオ鑑賞、複数写真があるサイトのローディング、書類ダウンロードのタスクに使われている時間を求められます。 アップロードスピードは、自分のパソコンからコンテンツをアップロードプロセスを指します。 アップロードスピードは、写真、書類、ビデオをアップロードする時間に影響します。 インターネットブラジングに発生している作業は、アップロードより、ダウンロードの方が多いです。 従って、殆どのISPは、アップロードスピードより速いダウンロードスピードパッケージを提供しています。 一般ユーザは、あまりアップロードスピードに影響されません。 しかし、ビデオ、写真のようなサイズ大きいなファイルを大量かつ頻繁にアップロードする時、通常より速いスピードサービスを使う必要があります。 パソコンからインターネットに接続できる方法の説明を覚えてますか?これらの接続は、インターネットサービスのスピードと機能に影響します。 一部のISPは、一つまたは二つだけの接続タイプを提供しています。 我々は、これらの利点・欠点を知る必要があります。 Dialダイヤルアップ-up ダイヤルアップは、一時期よく使われていましたが、今殆ど使われていません。 ダイヤルアップは、モデムの利用が必要とされ、固定電話線を通して、インターネットと接続します。 ダイヤルアップは、とても遅く、固定電話を使えなくします• DSLデジタル加入者線 A デジタル加入者線(DSL)は、同時にインターネットと電話を使えます。 DSLは、都市の方によく使われるが、田舎の方にあまり使われていません。 現在一番普及しているオプションです。 ケーブル ケーブルは、固定電話線に頼らず、テレビケーブルを通して、インターネットに接続することが可能です。 ケーブルは、電話とインターネットを同時に使える利点があるので、とても人気の選択肢となっています。 光ファイバー 光ファイバーは、他の選択肢より遥かに速いので、人気となっています。 大都市においてはとても普及していますが、田舎の方は、あまり使われていません。 WiFi 無線ブロードバンド接続(略語:WiFi)は、DSL、ケーブル、光ファイバーと同様にデバイス間に電波を送信します。 これは、高速接続になり、図書館、レストラン、公衆建物などのホットスポットとして使われています。 自宅でも同じようにWiFiスポットをセットアップできます。 様々な接続があるの中、もし、回線速度を最大にしたいなら、自分の所に一番速い接続方法の選択をお勧めです。 パソコンがISPに接続すれば、インターネットセービスを使える。 これは、とても簡単ですが、しかし、自宅またはオフィスにWiFi信号を作り、無線ルーターを選別する時に、一層難しくなります。 セットアップ時に間違いがあると、回線速度が遅くなります。 それにもかかわらず、無線ルーターを使う理由が複数存在します。 無線ルーターは、自宅インターネットの使い方に多様性をもたらします。 無線ルーターがなければ、パソコンとモデムにイーサネットを使って接続する必要がす。 これによって、ラップトップを使う時、自由に移動することができなくなります。 無線ルーターがある場合、ラップトップ、電話、タブレットなど、様々なデバイスが同時にインターネットに接続できます。 (殆どのISPは、無線ルーターのモデムを提供し、新たに購入する必要がない。 無線ルーターは、優れている理由が沢山あり、ただ、機能にいくつかの要因に影響されていることを覚えてください:• 距離—ルーターから遠ければ、遠いほど、接続が弱くなります。 自宅が大きければ、複数のルーターの設置が必要です。 障害—もし、壁や障害物がルーターとデバイスのパスを邪魔するなら、Wi-Fi範囲が制限されています。 あなたは、ルーターから二つ、三つぐらいの部屋に離れているなら、Wi-Fi範囲が短くなり、インターネットに接続できなくなります。 これは、電波干渉です。 ルーターも電波送受信しているので、電子レンジのような電波が発生している環境においては、ルーターと回線速度が影響されています。 もし、ルーターを購入したければ、自分のニーズに合うようなルーターを購入すべきです。 ルーターは、異なる仕様に作られて、アップロードとダウンロードスピードに影響し、回線速度を下げる可能性があります。 ルータースピードは、メカビット毎秒 Mbps に測定され、レーティングが高ければ、高いほど、スピードが速いです。 ルーターのレーティングは、54 Mbps から1 Gbps 1,000 Mbps までとされている. ルータースピードは、どれぐらいで良いでしょうか?それは、ケースバイケースです。 遥かに遅いルーターなら、回線接続を遅らせます。 ISPが提供しているスピードより速いルーターを購入しても、役に立たないこともあります。 速いルーターを購入することが大事ですが、良いルーターに投資したら、もし、ISPがそこまで速いスピードを提供しない限り、速いインターネットスピードを得られることができません。 ルーターを評価する時にもう一つ考慮すべき項目:ルーター技術基準。 ルーターのような無線ネットワークデバイスは、技術基準で測定されています。 この基準は、802. 11で識別できる。 番号の後ろに文字がついています。 番号と文字の組み合わせは、ルーターの技術を特定できます。 これで、適用されるスピード範囲もわかります。 802. 11g は、ルーターに見つけるベース技術である。 これは、2. 4 GHz技術のみです。 一般の技術なので、最大54 Mbpsまでしか達成できません。 802. 11n は、一個上の技術である。 この2. 8 GHzの技術においては、ルーターが600 Mbpsスピードまで達成できます。 802. 11acは、もっと先進的な技術で、500 Mbpsまで達成できます。 自分に適用するルーターのアセスメントをしたければ、一番良い方法は、ネットの口コミを読むことです。 これらのレビューは、ルーターのパフォーマンスとスピードについて、書いています。 一般的に、廉価、低パフォーマンスルーターを避けるべきです。 これらのルーターは、質が悪い場合があります。 それでは、ルーターのトラブルシューティングについてもっと詳細にご説明しましょう。 回線速度が大丈夫と思ったら、実は、他の要因で回線速度が落ちることがあります。 これらの要因で、パフォーマンスイシュー、サイトの読み込みが遅い、ビデオバッファリング数分かかり、その他の問題などが発生します。 あなたのネット接続方法。 ダイヤルアップは、DSL,光ファイバー、ブロードバンドで体験できるスピードと全く違います。 接続によって、限られているスピードしか提供されていない。 スピード要求をよく考えた上、自分に一番適している接続方法を選ぶ必要があります。 あなたのISP。 ISPがそれぞれ異なるアップロードとダウンロードスピードを提供する。 速いプランは、高いが、より良い、安定なブラウジング経験できます。 もし、いつも遅いスピードを経験しているならば、ブロードバンドスピードテストで確認し、より速いプランにアップグレードして、問題改善しましょう。 時間帯。 回線速度は、複数の人が使う時に落ちます、特に昼間の時。 これはよくある問題です。 利用者が少ない時、例えば、深夜または朝早くの時に、回線速度が正常に戻ります。 トラフィックが多いサイト。 サイトのトラフィックは、ブラウジングの時の回線速度に影響します。 トラフィックが多いサイトは、とても遅いです。 もし、トラフィックが過負荷の状態になると、サイトがクラッシュする場合があります。 これは、待機と再アクセス以外の対策がありません。 あなたのデバイス。 速い回線速度があるが、しかし、あなたのデバイス、例えば、パソコン、スマートフォン、タブレットが古くて、ウィルスがあり、処理速度が遅い原因で、回線速度が遅くなることがあります。 対策として、パソコンをアップグレードする。 または、自宅にある他のパソコンを試して、古い機体が原因なのかかどうか、識別できます。 遅い回線速度ブラウジングに問題を起こす。 これらの問題は、悪化する問題でもあります。 回線速度がとても遅くなると、完全機能できなくなります。 遅い回線速度のせいで、下記の問題が発生する:• サイトタイムアウトと正常にローディングできない• ビデオストリーミングができなく、もしくは、スカイプとネットフィリックスの利用ができない。 ビデオも長時間バッファリングして、おかしい状態となっている• 大きなサイトが遅くローディングする(複数大きなイメージがある場合)• ページレスポンスは、タイピングもしくはマウスの動きと比べ、遅延している もし、上記の問題がある場合、あなたの回線速度は、ブラウジングにサポートできないことが考えられます。 回線問題に初めて気づくのは、サイトに接続できなく、メールのアクセスに長い時間がかかった時です。 この時、おそらくサイトがあまりにもローディングが長くて、サイトアクセスできないメーセージが出てきます。 トラブルシューティング始まる前に、サイトクラッシュしているかどうか確かめましょう。 URLを二回クリックしたり、他のサイトに訪問したりして、同じ問題があるか確認します。 downforeveryoneorjustme. com. というサイトにアクセスしてもいいでしょう。 ここに訪問しているサイトのURLを入力して、クラッシュしているか確認できます。 クラッシュしてなければ、接続に問題があると言えます。 他のサイトも同じようにローディングできなくて、もしくは、インターネット接続ありません・サイトにアクセスできないメーセージをもらう時、あなたのインターネットに問題があります。 パソコンとルーターの接続を確認 初めは、パソコンがインターネットに確実に繋いでいるかどうか確かめよう。 パソコンは、イーサネット経由に繋いでいるかWiFiに繋いでいるか、もし、イーサネットの場合、ケーブルが確実にデバイスとモデムに繋いでいることを確かめよう。 もしWiFiを使う場合、パソコンのデバイスセッティングに行って、ネットワーク接続状態を確認してください。 次に、パソコンがネットワークに繋いでいる証拠を探し、ネットワークが使えることも確かめよう。 これは、ネットワークに、もしくは、パソコンからの接続方法に問題がある。 パソコンからネットワークを切り、繋ぎ直すことで問題解決できるかもしれない。 もし、まだ解決できない場合、パソコンのIPアドレスを確認する必要がある。 二つのIPアドレスがあり、一つは、デバイスとモデム・ルーター、もう一つは、モデムとインターネットである。 ここで言っているIPアドレスは、ローカルIPであり、デバイスとルーター・モデムの方である。 自分のIPアドレスに分からない場合はどうしたらいいか?それを探すのは、とても簡単です。 デバイスのIPアドレスをチェックするのに、セッティングにまず行ってください。 そして、ネットワークもしくはWiFiを選んでください。 次に、その他の情報を選択する。 もしモデム・ルーターからIPアドレスがアサインされているなら、そこに表示されてます。 IPアドレスの有効性を確かめよう。 このアドレスは、一連の数字でできており、192. 168. 104もしくは10. 8 といった期間で区別されている。 もし、あなたのアドレスが0. 0であれば、これは、無効なアドレスである。 インターネットに繋ぎ直す為に、あなたはIPアドレスを更新したりIPアドレスを再構成したりする必要がある。 やり方は、インターネットネットワーク種類に依存する。 ルーターにインターネットに繋いでいることを確かめよう Iもし、ルーターは、モデムもしくはインターネットに繋がらなければ、パソコンも接続できない。 全部のケーブルチェックから始めよう。 全部のケーブルは、確実にルーターとモデムに接続していることを確かめよう(もし、ルーターとモデムが別れている)。 次に、ルーターとモデムのライトを見よう。 赤い・黄色・光が消滅しているサインがあれば、問題がある。 そして、モデムを繋ぎ直して、システムをリセットし、接続問題を解決できるかもしれない。 もし、まだ繋がらない場合、ルーターを繋ぎ直す。 予備のルーターがあれば、それと交換して、問題を解明する。 もし、まだ繋がらない場合、パソコンとモデムをイーサネットケーブルで繋ぎ直す。 タブレットと電話など他のデバイスを無線で繋ぐことを試すこともできる。 他のデバイスは、問題なく繋がる場合、あなたのパソコンのワイレスカードもしくはパソコンのセッティングに問題がある。 しかし、あなたは、パソコンでイーサネットケーブルで繋げるなら、ルーターのWiFi信号に問題がある。 もし、パソコンと他のデバイスが全部繋がらない場合、それは、恐らくISPのほうで工事を実施している。 ISPに連絡して、問題を説明しよう。 ISPは、住んでいる地域の工事情報について、教えてくれる。 衛星インターネットについて もし、あなたのインターネットは、衛星より提供されている場合、インターネットトラブルシューティングが複雑になる。 衛星は、雨、雪、厚い雲までに影響されている。 もし、あなたのインターネットは、気候が悪い時に発生しているなら、これが原因の可能性が高い。 ディスクに障害物を確認し、積もっている雪を取り除く。 イライラするかもしれないが、天気がよくなるまで有効なトラブルシューティングができない。 天気が良くなったら、すぐにインターネットが回復することもある。 ISPに電話したら、自分に住んでいる地域の工事情報を提供されるかもしれない。 もし、あなたは、遅い回線速度に直面したら、いくつか診断ヒントがあり、回線速度を上げる方法を決められます。 一日中に数回インターネットスピードテストを行う。 Speedcheckは、自動的にテスト結果を記録します。 将来、あなたは結果をレビューするのにとても簡単です。 これらのテストから、実際に直面しているスピードをモニタリングしたり、理解できたりもできます。 もし、これらのスピードがとても遅い場合、インターネットサービスプランをアップグレードするか、新しいルーターを購入するかによって、改善できると考えられます。 ルーターをアセスメントする。 遅いもしくは故障のルーターは、インターネットスピードを下げ、接続問題を起こす場合があります。 つねにルーターのバージョンを確かめ、希望しているスピードが提供されているか確認しよう。 予備のルーターがあれば、そちらと交換し、スピードに差があるかどうか確認すします。 ネットワークの利用者数を削減する。 もし、複数の人とデバイスがネットワークにアクセスするなら、回線速度を下がっています。 同時に電話、タップレート、パソコンを利用している時、パソコン一つだけと比べたら、より速い回線速度が求められ。 同時に利用しているデバイス数を削減して、状況が変わるかどうか確かめよう。 もし、速度が変われば、インターネットプランをアップグレードする必要があります。 インターネットを異なる時間で使ってみよう。 インターネットが忙しい時間に、回線速度が落ちる。 深夜か朝早くかのような利用者数が少ない時に、インターネットを使ってみよう。 戦略的にダウンロードを計画する。 大きなプログラムをダウンロードする必要がある時に、利用者数が少ない朝早くにダウンロードしよう。 これは、時間節約にもなり、速い回線速度のアドバンテージをフルに活用できます。 ISPに問題がある時にトラブルシューティングしても問題解決できません。 なぜならば、インターネットがないためです。 ISPが問題の原因なら、直接に会社に連絡してください。 カスタマサポートセンターに電話するより、多くの場合、現地のオフィスに行って、スタッフと直接に話したほうがより良い結果が生まれます。 もちろん、これは、近くにオフィスがあり、時間に余裕がある時に限ります。 電話するか、直接にオフィスに訪問するか、どちらでもケースナンバーを控えてください。 将来、この情報は、問題フォローアップの問い合わせに時間短縮ことができます。 もし、数日にわたるネット障害が場合、殆どの会社は、そのダウンタイムにクレジットを提供します。 ただ、自分からは、問い合わせする必要があります。 使えない日数をトラッキングして、ISPに連絡して、クレジットをリクエストしましょう。 インターネットに何かあったか分からない、スピードがとても遅い、接続が完全にできない。 残念ながら、他に複数のトラブルシューティングしにくい問題があり、下記を含みます:• パソコンのセッティングが間違っている• ネットワークが正しく設定されてない• ワイレスカードの故障• ルーター・モデムの故障• その他 もし、イライラして、何をやればわからない時に、IT会社もしくは専門家を雇ったほうが良い場合もあります。 IT専門家は、自宅まで接続問題をトラブルシューティングしに来ます。 彼らは、装置をアセスメントしたり、改造したり、設置をやり直したり、一番安定なパフォーマンスを得られる方法を推薦したりします。 (これもトラブルシューティングしているビジネスに適用。 ITサポートを探す時に、近くのパソコン修理屋から始めよう。 彼らは、恐らくこのようなテックサポートを提供しています。 もし、提供してなければ、誰かを紹介してくれるはずです。 またわからなければ、ローカルビジネスディレクトリもしくはグーグルに助けを求めましょう。 小さいビジネスの方が安価であり、大手IT会社と比べたら、自宅まで足を運ぶ可能性が高いです。 これらのトラブルシューティングヒントは、回線速度を上げることに役に立てれば幸いです。 グッドラック!

次の

Wild Speed インターネット回線 スピード測定

スピードテスト

このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールしないままでのバージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールできていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 正しく測定できない、または、測定後に測定結果が表示されない場合 次の環境にて動作を確認しております。 iOS、Androidなど、下記以外の環境では動作いたしません。 なお、いずれの環境もJavaの最新版が必要です。 また、Javaアプレットを有効に設定する必要があります。 Internet Explorer7、8、9、10、11• FireFox 最新版 Mac OS X 10. 4以降 日本語版• Safari 最新版• Firefox 最新版 NURO 光回線の通信速度について 最大2Gbps」という通信速度はネットワークからお客さま内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度です。 機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。 有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は通信規格IEEE802. 11acにおける通信で1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 なお、記載の最大通信速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により低下する場合があります。 接続数について 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、1セッション 論理回線 で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。 測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。

次の