妊娠 中 カフェ イン 摂取 量。 カフェインの過剰摂取について:農林水産省

コーヒーに含まれるカフェイン量をランキング形式で紹介

妊娠 中 カフェ イン 摂取 量

A.1 カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。 このため、食品からのカフェインの摂取に関しては、国際機関などにおいて注意喚起等がなされています。 例えば、世界保健機関( WHO)は、 2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁( FSA)では、 2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、 WHOよりも厳しい 200mg( コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。 同様に、カナダ保健省( HC)においても、 2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で 400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は 300mg( コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。 なお、カフェインを一生涯摂取し続けたとしても、健康に悪影響が生じないと推定される一日当たりの摂取許容量( ADI:Acceptable Daily Intake)については、個人差が大きいことなどから、日本においても、国際的にも設定されていません。 このため、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯まで にすべき」とされています。 妊婦がカフェインを摂り過ぎることにより、出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとし、以前は 300 mg を上限とすることが望ましいとしていましたが、新たな助言においては、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を 200 mg コーヒーをマグカップで2杯程度 、に制限するよう求めています。 また、高濃度のカフェインは自然流産を引き起こす可能性があることを示す証拠があるとしています。 主な内容は以下のとおりです。 ・少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はないが、過剰摂取は不眠症、頭痛、イライラ感、脱水症、緊張感を引き起こすため、特に子供や妊婦、授乳中の女性は注意すること。 ・13 歳以上の青少年については、データが不十分なため、確定した勧告は作成しなかったが、一日当たり 2. また、コーラなどの清涼飲料水にもカフェインが含まれています。 特に、カフェインを多く添加した、いわゆるエナジードリンクなどでは、コーヒー、紅茶、緑茶などより多くのカフェインを含む製品もあります。 いわゆるエナジードリンクなどは、缶や瓶1本当たりにすると、コーヒー2杯分に相当するカフェインを含むものもありますので、製品に記載されている表示をよく確認の上、子供、妊婦、授乳中の方、カフェインに敏感な方などは飲用を控えることや、他のカフェインを含有する製品を併せて喫食しないことのほか、1日に何本も飲まないように注意しましょう。 また、カフェインを含有する医薬品を服用する場合は、多量のカフェインを一度に摂取することから、カフェインを含有する飲料との併用は避ける必要があります。 医薬品の使用方法などを記載した「添付文書」において、コーヒーやお茶などのカフェインを含有する飲料と同時に服用しないよう注意喚起がなされていますので、添付文書をよく読み、用法・用量をよく守って服用してください。 なお、カフェインを多く含む清涼飲料水とお酒(アルコール)の同時摂取について、米国疾病予防管理センター( CDC)は、カフェインがアルコールによる機能低下を隠すことにより、アルコールを飲み過ぎてしまい、結果としてアルコールによる健康への悪影響を受けやすくなると指摘しています。 なお、カフェインはアルコールの代謝に影響しません。 呼気中のアルコール濃度を低下させることもありません。 カフェイン入りのエナジードリンクをお酒(アルコール)と混ぜて飲むと、アルコールを飲み過ぎてしまい、結果としてアルコールによる健康への悪影響を受けやすくなります。 (参考) A.3 いわゆるエナジードリンクのような、添加したカフェインを一定量以上含む清涼飲料水については、清涼飲料水の製造・販売事業者が会員となっている(一社)全国清涼飲料連合会が「カフェインを多く添加した清涼飲料水(いわゆるエナジードリンクを含む)の表示に関するガイドライン」を作成し、これに基づきカフェイン量とともに小児や妊婦等に対して飲用を控える旨の表示が行われるよう取り組まれています(平成31年4月1日公表)。 A2のとおり、製品に記載されている表示をよく確認の上、子供、妊婦、授乳中の方、カフェインに敏感な方などは飲用を控えることや、他のカフェインを含有する製品を併せて喫食しないことのほか、1日に何本も飲まないように注意しましょう。 ・表示 1) 1本あたりのカフェイン量の表示と、適量の飲用を促す表示 (例)「この製品には1本あたり100mgのカフェインが含まれています。 適量の飲用をお願いします。 」 2) 小児ほかカフェインに敏感な方の飲用を控えていただく旨の表示 (例)「お子様、妊婦、授乳期の方やカフェインに敏感な方は飲用をお控えください。 」 ・禁止事項 製品ラベルには、酒類と一緒に飲用することを誘引・促進・想起させる表示を行わない。

次の

気になるお茶の【カフェイン】1日どのくらいなら安全なの?

妊娠 中 カフェ イン 摂取 量

コーヒーを毎日飲んでいる人にとって、 1杯あたりどのくらいのカフェインが 含まれているのか気になりますよね。 1日に5杯も6杯も飲んでいると、 自然とカフェインの摂取量が気になってくると思います。 実際、コーヒーにはどのくらいのカフェインが 含まれているのかを把握しないで飲んでいる人は多いです。 カフェインには少なからず体への負担があるので、 自分が摂取したカフェイン量を知っておくことは、 健康を管理するうえでも非常に重要です。 今回の記事ではコーヒーに含まれている カフェイン量を紹介していきます。 またコーヒー以外のカフェインを含む飲料も紹介していきます。 ぜひ参考にしてください。 目次 1. 2-1. 缶コーヒー 2-2. 市販のコーヒー 2-3. 市販のお茶 2-4. 市販の紅茶 2-5. 市販のエナジードリンク 3. 7-1. 母体への影響 7-2. 胎児への影響 8. カフェインとは カフェインはアルカロイドという化合物の1種です。 覚醒作用や利尿作用、解熱鎮痛作用があり、 眠気や尿の排出、倦怠感、頭痛などに対する 効果がある成分とされています。 飲み物の種類別カフェイン含有量 カフェインはさまざまな飲み物に含まれています。 ここではコーヒーに含まれているカフェイン以外にも お茶や紅茶、エナジードリンクに含まれている カフェインの含有量を紹介します。 中には普段飲んでいる飲料もあると思いますので、 「どのくらいのカフェインが含まれているのか?」 を理解しておいてください。 2-1. 缶コーヒー メーカー 品名 カフェイン量 mg サッポロ Black無糖 198 ダイドー THE BLACK 無糖 180 ボス シルキーブラック 165 サントリー 無糖ブラック 165 D-1 キリマンジャロ 155 ボス レインボーマウンテン 152 ボス グッドスタートブレンド 152 ダイドー ブレンドコーヒー 146 伊藤園 Wエスプレッソ 139 ボス エスプレッソ 136 伊藤園 カフェオレ 129 ダイドー ブレンドスペシャル 127 ダイドー デミタスコーヒー 120 ボス カフェオレ 76 サッポロ 生粋Black 47 2-2. 市販のコーヒー メーカー 品名 カフェイン量 mg ダイドー やみつきミルクコーヒー 220 サントリー ボス シルキーブラック 180 ダイドー やみつきカフェオレ 170 キリン 小岩井ミルクコーヒー 170 サントリー ボス ドライブショット 167 ダイドー ブレンドコーヒー 158 サントリー ボス レインボーマウンテン 145 キリン ファイア焼きたて微糖 137 サントリー ボス ゴールドプレッソ 130 アサヒ ワンダ 金の微糖 120 キリン ファイア ブラック 120 ダイドー デミタスコーヒー 114 アサヒ ワンダ モーニングショット 114 サントリー ボス 無糖ブラック 93 アサヒ ワンダ ブラックワンダ 93 アサヒ ワンダ 朝のカフェオレ 93 サントリー ボス カフェオレ 93 2-3. 市販のお茶 メーカー 品名 カフェイン量 mg サントリー ウーロン茶 100 サントリー 伊右衛門茶 濃いめ 100 サントリー 黒糖烏龍茶 70 アサヒ 美スタイル十六茶 70 伊藤園 おーいお茶 65 キリン 生茶 65 ダイドー 葉の茶 清々しい香り 55 サントリー 伊右衛門 50 サントリー 伊右衛門 焙じ茶 50 アサヒ 緑茶 50 伊藤園 おーいお茶 玄米茶 35 コカコーラ 爽健美茶 すっきりブレンド 0 アサヒ 六条麦茶 0 アサヒ 十六茶 0 2-4. 市販のエナジードリンク メーカー 品名 カフェイン量 mg アサヒ モンスターエナジー 142 ロックスター ロックスターエナジードリンク 120 富永食品 SURVIVOR! エナジードリンク 120 レッドブル レッドブル 80 大正製薬 ライジン「RAIZIN」 36 3. カフェインが含まれる食品 カフェインはコーヒーやお茶だけでなく 食品にも含まれています。 カフェインを含む主な食品はチョコレートです。 チョコレート別のカフェイン量は以下の通りです。 ・ダークチョコレート 100g :59mg ・ミルクチョコレート 100g :20g ・ホワイトチョコレート 100g :5mg チョコレートはコーヒーと合わせて楽しむ人が多いですが、 意識しないと摂りすぎになってしまいますので注意してください。 カフェインの含有量ランキング 今回紹介した飲み物の中で、 カフェインの含有量が多いランキングをつけました。 下記で紹介する飲み物を1日に2本以上飲むと それだけで400mg近いカフェインを摂取することになります。 カフェインの含有量が多い飲み物ばかりを 飲まないように意識しましょう。 順位 仕分け 品名 カフェイン量 mg 1 コーヒー やみつきミルクコーヒー 220 2 コーヒー Black無糖 198 3 紅茶 午後の紅茶 ストレートプラス 182 4 コーヒー THE BLACK 無糖 180 5 コーヒー ボス シルキーブラック 180 5. カフェインの効果と危険性 カフェインは適切な量を守って摂取していれば、 多くの効果効能があります。 ・覚せい作用 ・脂肪燃焼 ・集中力アップ ・片頭痛緩和作用 ・筋肉疲労緩和 ・眠気をなくす ・糖尿病予防 ただし、1日あたりの適切な摂取量を守らないと、 逆に体に悪い影響を与える可能性があり、 ・神経過敏 ・興奮 ・睡眠不足 ・顔面紅潮 ・嘔吐 ・頭痛 などの症状が発生することがあります。 またカフェインには利尿作用があるので、 夏場などの水分補給としてコーヒーを飲むと 水分補給にならず逆効果になってしまいます。 脱水気味の方もカフェインを摂取しすぎると、 脱水症状が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。 カフェインの許容摂取量 1日あたりの目安としては、 500mg以内に抑える必要があります。 コーヒーだと2~3杯程度です。 インスタントコーヒーであれば、 含まれているカフェイン量が少ないので 7杯程度までならOKです。 市販のコーヒーやお茶、紅茶であれば、 先ほど紹介した表を参考にして、 合計500mgをオーバーしないようにしてください。 妊婦にカフェインはOK? 妊娠中にカフェインを摂取してしまうと、 母体や胎児に悪影響が及ぶ可能性があります。 妊娠をしたらカフェインの摂取は控えるようにしましょう。 7-1. 母体への影響 カフェインには体内のカルシウムと尿を一緒に排出する作用があるので、 過剰に摂取してしまうと骨粗しょう症になるリスクが高まります。 さらにカフェインには鉄分の吸収を阻害する作用があります。 妊娠中に限らず、女性は鉄分を多く必要とするので、 貧血予防のためにも摂りすぎには注意してください。 7-2. 胎児への影響 胎児への影響は明確になってしませんが、 カフェインの過剰摂取は赤ちゃんの発育に 支障をきたすと言われています。 また将来の健康へのリスクや 低体重で生まれてくる可能性も 高まってしまうとも言われています。 どちらにせよ、良い効果は確認されていないので、 妊娠中はカフェインの摂取を控えるようにしてください。 まとめ コーヒーやお茶、紅茶に含まれている カフェイン量を紹介しました。 市販飲料にどのくらいのカフェインが含まれているのか、 把握せずに飲んでいた人も多いと思います。 あなたが普段目にする市販の飲料にも 多かれ少なかれカフェイン量が含まれているので、 摂取しすぎないように気をつけてください。 カフェインを取りすぎるとあなたの体だけでなく、 妊娠中の方は赤ちゃんへの影響も少なからずあるので 負担がかからないように配慮してあげましょう。 適切なカフェイン摂取量を守って、 美味しいコーヒーを飲み続けてください。 あわせて読みたい.

次の

気になるお茶の【カフェイン】1日どのくらいなら安全なの?

妊娠 中 カフェ イン 摂取 量

Key:RYYVLZVUVIJVGH-UHFFFAOYSA-N 物理的データ 1. ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われているである。 カフェインは、に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 (coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(: Coffein)と命名された。 主に、、、、、、やなどの、などにカフェインが含まれる。 一方で、妊娠期や過敏体質により、などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品ではやなどに用いられる。 その際のとして不眠、などが含まれる。 減量あるいは中止によるとして、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。 カフェインは肝臓の代謝酵素で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出るを示すことがある。 一方、にはCYP1A2の代謝誘導作用があるため、習慣的にニコチンを摂取しているとカフェインの作用は減弱する。 カフェインの作用。 ヒトに対するカフェインの主な作用は、を興奮させることによる覚醒作用および弱い強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果 、脳細動脈収縮作用、利尿作用などである。 体重減少作用を確認した研究がある。 医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるものの、副作用として不眠、めまいなどの症状が現れることもある。 医薬品として [ ] 主に無水カフェインとして、一般消費者向けの総合感冒薬や鎮痛薬に配合されることが多い。 この他に、臨床的に偏頭痛等に用いられる場合があり 、にカフェインが配合された製剤も見られる。 また、カフェインの禁断症状として現れた頭痛に対して、一時的にカフェインを使用する場合もある。 総合感冒薬ではカフェインの作用である鎮痛補助目的が主で、配合されたやなど催眠性の強いの副作用を緩和する目的ではない。 しかし、逆に風邪を引いている時にぐっすり眠れるようにと、意図的にカフェインを配合していない感冒薬もあるように、消費者の心理的作用を利用した製剤もある。 また、はカフェインに安息香酸ナトリウムを加えて水に溶けやすくした物である。 芳香族化合物である安息香酸ナトリウムカフェインは、清涼飲料などの保存料の他に、単体と同じく興奮作用などを期待して使われる。 なお、カフェインの強心作用は非常に弱いため強心薬としては使用されず、むしろ、左心不全に伴って発生した呼吸器の症状を改善するため、主に気管支拡張作用を期待して補助的にカフェインが使われる場合がある程度に過ぎない。 パフォーマンス向上 [ ] カフェインは中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する。 通常の量であれば学習と記憶に影響し、一般的に反応時間、覚醒、集中、運動コントロールを向上させる。 これらの効果を得るために必要な量は個人によりけりであり、体格と耐性に依存する。 これら効果は経口摂取後約1時間で発生し、3時間から4時間後には半分程度に低下する。 外用薬 [ ] に対し血管形成を促し、ランダム化比較試験では浮腫と色素沈着を軽減している。 用クリームには、、、カフェインといったメチルキサンチンがよく配合され 、の結果、大腿部の太さを中程度に減少させたことが示された。 特定集団において [ ] 成人 [ ] 健康な一般成人の場合、1日当たり400 mg以上を摂取しないようは勧告している。 児童 [ ] 健康な児童にとってカフェインの摂取効果は「おだやかで一般的に無害」とされている。 カフェインが児童の成長を妨げるという根拠はない。 12歳以下の児童では、体重1 kg当たり2. 5 mg以上を摂取しないようカナダ保健省は勧告しており、これを子供の平均体重を加味して換算すると以下の値である。 年代 推奨される1日当たり摂取上限 4—6歳 45 mg 標準的なカフェイン含有350 mL飲料に含まれる量よりもわずかに上 7—9歳 62. 5 mg 10—12歳 85 mg コーヒーではカップ半分ほど 青年 [ ] カナダ保健省はデータが不充分であるため青年のためのアドバイスを作成してはいないが、この年齢群については1日のカフェイン摂取量が体重1 kg当たり2. 5 mgを超えないことを提案している。 何故ならば成人におけるカフェイン最大摂取量では、少年または成長中の青年には適切でない可能性があるためである。 1日の摂取量が体重1 kg当たり2. 5 mg以下であれば、大部分のカフェインを消費する青年らに影響を与えないであろうとの考えによる。 これは安全側にとった提案であるため、年長者で体重が充分にある青年では、成人と同じ量のカフェインを摂取しても、副作用の影響はないと思われる。 妊娠と母乳育児 [ ] は妊婦のカフェイン摂取量については、安全側にとって、1日200 mg未満に制限すべきであると勧告しており、これはインスタントコーヒーではカップ2杯、ドリップコーヒーではカップ1. 5~2杯に相当する。 (ACOG)は、妊娠中の女性のカフェインの摂取は1日当たり200 mgまでは安全であると2010年に示している。 授乳中の女性、妊娠している女性、または妊娠する可能性がある女性については、カフェイン摂取は1日当たり300 mg以下にするようカナダ保健省は勧告しており、これはコーヒーカップ(237 mL)2杯分に相当する。 副作用 [ ] カフェインの摂り過ぎは骨を弱くし、酷い場合には死亡する恐れもある。 がある場合には、カフェイン摂取は制限するか控えること。 身体的影響 [ ] カフェインは一時的にを止める働きがある一方で、常用するとかえって頭痛が起こりやすくなる。 これは、カフェインの脳血管収縮作用により頭痛が軽減されるためで 、時間の経過と共にこの血管収縮作用が消えると、反動による血管拡張により頭痛が生ずることがある。 カフェインの常用で血圧が4〜13 mmHgほど上昇する可能性も報告されている。 カフェインはの分泌を亢進させる働きがあるため、などのエストロゲンによる症状がある場合、カフェインの摂取を控えることで症状が改善する場合がある。 非喫煙者でコーヒー、カフェイン摂取量が高いほどのリスクが高くなるとの報告あり。 なお、では、「カフェイン」及び「コーヒー(飲用)」は「グループ3:発がん性を分類できない」に分類されている。 中毒 [ ] 詳細は「」を参照 カフェインのには、頭痛、短気、集中欠如、疲労感、過眠、胃・上半身・関節の痛みなどがある。 カフェインの禁断症状は、カフェインに依存の状態にある者がカフェインの摂取を中断してから12時間から24時間後に発生し、ピークはおよそ48時間後で、通常は2日から9日間で収まるとされる。 カフェインの禁断症状としてありふれた症状に頭痛が挙げられる。 長期間のカフェインの摂取者では、禁断症状として、不安、胃腸不快感、筋肉痛、カフェイン摂取の欲求などが報告されている。 経験者の知識・助言・支援などは禁断症状からの離脱の助けになるであろう。 市販の鎮痛薬に含まれるカフェインや他の成分への依存や禁断症状が、の発症に寄与する。 カフェイン離脱は、における診断名である。 過去の版ではカフェイン中毒があったものの、離脱は存在しなかった。 薬理 [ ] カフェインは、クモに作用し、巣作りに影響を及ぼす。 (下写真) カフェインはヒトにおいて経口摂取を始めとして、様々な経路から吸収され得る物質である。 カフェインが吸収されて血中に入ると、を通過することができる。 こうして脳内に移行したカフェインが脳内でを遮断することにより、脳内にATPの代謝物であるが蓄積しても睡眠の誘発が起こり難くなり、結果としてを維持しやすくなる。 アデノシン受容体は、ドパミン神経系のシナプスの後ニューロンに発現しており、ドパミン受容体と共役の関係にあることから、アデノシン受容体にアデノシンが結合すると、ドパミン受容体が不活性化され、シナプスでのドパミンによる刺激伝達が抑制されるわけだが、この時にアデノシン受容体のであるカフェインを服用すると、ドパミンによる通常の刺激伝達が行われるようになる。 つまり、脳内でカフェインそのものがヒトを覚醒させるわけではなく、脳内でアデノシンがヒトを眠らせようとする作用をカフェインが邪魔しているのである。 なお、シナプス間隙近傍のアデノシンは、覚醒時に次第に増加してゆき、睡眠時に減少する性質を持っている。 また、通常の状態ではドパミン刺激によって覚醒効果が得られるのだが、実際の覚醒はドパミン神経系の下流にあるヒスタミン神経系の放出するヒスタミンによって維持されているため、抗ヒスタミン薬による眠気には拮抗作用を持たない。 この他に、カフェインを始めとする誘導体に共通の活性として、の非選択的な阻害作用があり、細胞内濃度の上昇を引き起こす。 これにより、収縮力の増大、の弛緩、脳細動脈の収縮のような興奮様作用を示す。 これらの作用の結果、血管拡張により GFR が増大し、さらにでの水分の再吸収の抑制により利尿作用を現わす。 またに取り付いてその作用を抑制しているアデノシンの働きをカフェインが妨害するために頻尿になるという説もある。 さらに、cAMPの濃度の増大はを産生する細胞では、を活性化し、胃酸分泌を亢進する。 また、わずかではあるが骨格筋収縮力を増大させる作用もあり、2004年まではに対する禁止薬物リストにも含まれていた。 薬物動態 [ ] ヒトがカフェインを経口摂取した場合、最大血中濃度に達するのは、30〜45分後である。 ヒトの成体において、体内でのカフェインの半減期は通常、約4. 9時間程度とされている。 ヒトの体内でカフェインは代謝されて、主にに変換された状態で、尿中へと排泄される。 ただし、ヒトの場合、カフェインの代謝に関わる肝臓に発現している薬物代謝酵素の一種であるシトクロムP450のは、妊娠すると、その量が減ることが知られており、カフェインの代謝は遅くなる。 また、CYP1A2は、ヒトでは1歳になる前までに成体と同じレベルの量に達するものの、それ以前は少なく、特に出生前(胎児)のカフェインの排除能力は成体と比べて著しく低い。 その反面、1歳過ぎから思春期の頃までは、カフェインの排除能力が成体よりも高くなることが知られている。 なお、カフェインの排除能力の低いヒトの胎児では、CYP1A2による酸化とは全く別に、メチル化するという代謝経路も利用されることが知られている。 なお、カフェインの代謝産物は、最終的に尿中へと排泄される。 薬物相互作用 [ ] 「」も参照 カフェインは一部の薬とも相性が悪く、を阻害する薬剤(、、など)との併用では中枢神経作用が強く出現することがある。 MAOI との併用では頻脈・血圧上昇が見られやすい。 これは、カフェインがCYP1A2を阻害するとともに、カフェインのはCYP1A2およびにより行われることに起因する。 コーヒーや紅茶と一緒に薬を飲んでいけないと言われている理由は主にここにある。 一方、ニコチンはCYP1A2を誘導するため、カフェインの代謝が促進される。 そのため、喫煙者はコーヒー等で眠け覚まし目的にカフェインを摂取しても、非喫煙者よりその効果は低い。 また、カフェインは最終的にへと代謝され体内から排泄されるため、代謝が促進されると、それだけ尿酸の生産量も促進される。 また、カフェインには利尿作用もあるため、体内水分量が不足し、尿酸が析出しやすくなる。 尿酸はの原因物質である。 したがって、喫煙者でコーヒー等を日常的に摂取している人は痛風を発症する危険性が通常より高くなる。 痛風は男性に多い疾患ながら、女性にも起こり得る疾患であり、特に女性の痛風発症は喫煙およびコーヒーの日常的な過剰摂取が原因ともされている。 エタノールとの併用 [ ] DSST試験においては、エタノールはパフォーマンス低下を及ぼす一方で、カフェインは有意な改善を示す。 エタノールとカフェインを同時に摂取すると、カフェインによる影響は変化するが、エタノールによる影響はそのままである。 たとえば酒類にカフェインを加えたところで、エタノールの作用は変化しない。 しかしエタノールが追加された場合、カフェインに起因する不快感、注意力低下は減少する。 エタノール単独の場合は、行動制御の抑制と活性化の両方の側面が低下した。 カフェインは、行動抑制の活性化を低下させるが、行動制御抑制には効果が無い。 タバコ [ ] 喫煙は、カフェインを含む様々な薬剤の代謝に関与するを誘導し薬の効能を弱める作用がある。 バースコントロール [ ] の半減期は、カフェインにより延長されるため、カフェインを摂取する際は注意が必要である。 医薬品 [ ] カフェインは幾つかの医薬品の効果を増強させる。 例えば頭痛薬など。 また、脳内のアデノシン受容体は、ドパミン神経系のシナプスの後ニューロンに発現しており、ドパミン受容体と共役の関係にあることから、アデノシン受容体にアデノシンが結合すると、ドパミン受容体が不活性化され、シナプスでのドパミンによる刺激伝達が抑制されるわけだが、この時にアデノシン受容体のアンタゴニストであるカフェインを服用すると、ドパミンによる通常の刺激伝達が行われるようになる。 なお、シナプス間隙近傍のアデノシンは、覚醒時に次第に増加してゆき、睡眠時に減少する性質を持っている。 そのため、やを使用して、何日も睡眠していないと、これら薬物によりシナプス間隙のドパミン濃度が高値に保たれていても、後ニューロンが刺激を受容できない状態になり、覚醒効果の低下が生じてくる。 こうした状況では、カフェインの服用によって劇的な覚醒効果が得られる。 カフェイン含有量 [ ] カフェインは初めて単離されたコーヒーの原料の以外にも、やややなどにも含まれている。 したがって、これらから作られた飲食物、例えば、各種、、、、、などの飲料や、などの加工食品にもカフェインは含まれる。 さらに、やなどの飲料や、一部ののように、人工的にカフェインを添加した食品も散見される。 また、一部ののように、カフェインはとしての利用もなされている。 なお、茶に含まれるカフェインはと結びつくためにその効果が抑制されることから、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかに作用する。 ここで言う「天然のカフェイン」とは、コーヒーの種子又はチャの葉から得られたカフェインのことである。 から人工的に合成したカフェインなど、合成品のカフェインは使用できないと定められている。 代替品 [ ] カフェインの副作用を考慮して、嗜好品の中には、カフェインの含有量を通常の物より抑えた代替品が存在する。 これらはカフェインレスとして知られ、コーヒー、コーラ、茶類などのうち、カフェインの含有量の少ないもしくは含まない物としては、ノンカフェインコーヒー()、ノンカフェイン紅茶、ノンカフェインコーラ、またや、、、、、、、、、などがある。 デカフェ [ ] 詳細は「」を参照 東洋人とは異なり、西欧人にはやの代謝活性の高い者が多く、酒を飲んでも表情に出ず酔い潰れにくいということがあるが、反面、 カフェインへの耐性が無い、または低い人が多く、このような人はしばしばコーヒー酔いを起こす [ ]。 (カフェイン除去済みのコーヒー)の需要も存在し、21世紀初頭において、そのような製品も流通している。 デカフェの方法としては、例えば超臨界流体を利用して、カフェインを抽出するといった手法が存在する。 2005年にアメリカ合衆国で発売されたは、カフェイン入りの甘い酒であり、ガラナなど興奮成分も含有し、若年層に人気があったが、その若者でも飲みやすい味や12%以上のアルコール度数などから、多数の患者を出したことで、政府当局も問題視する声明を発表し、後にノンカフェインなど対策品も発売された。 歴史 [ ] (一説には1820年)にのによってコーヒーから世界で初めて単離された。 分析化学者であったルンゲに、コーヒーの薬理活性成分の分離を勧めたのはであったと伝えられている。 この化合物はコーヒー(coffee)に含まれていることから、カフェイン(: Coffein)と命名された。 ウードリーはに含まれる化合物を テインと命名したが 、 及びカール・ジョブスト によってテインはカフェインと同一であると確認された。 脚注 [ ]• Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience 2nd ed. New York: McGraw-Hill Medical. 2009. 375. "Long-term caffeine use can lead to mild physical dependence. A withdrawal syndrome characterized by drowsiness, irritability, and headache typically lasts no longer than a day. True compulsive use of caffeine has not been documented. Boca Raton: CRC Press. 2009. 229—230. "The suggestion has also been made that a caffeine dependence syndrome exists... In one controlled study, dependence was diagnosed in 16 of 99 individuals who were evaluated. The median daily caffeine consumption of this group was only 357 mg per day Strain et al. , 1994. Since this observation was first published, caffeine addiction has been added as an official diagnosis in ICDM 9. This decision is disputed by many and is not supported by any convincing body of experimental evidence. All of these observations strongly suggest that caffeine does not act on the dopaminergic structures related to addiction, nor does it improve performance by alleviating any symptoms of withdrawal"• American Psychiatric Publishing. 1—2. 2015年7月10日閲覧。 Additionally, the diagnosis of dependence caused much confusion. Most people link dependence with "addiction" when in fact dependence can be a normal body response to a substance. DSM-5 will not include caffeine use disorder, although research shows that as little as two to three cups of coffee can trigger a withdrawal effect marked by tiredness or sleepiness. There is sufficient evidence to support this as a condition, however it is not yet clear to what extent it is a clinically significant disorder. Abingdon: CRC Press. 2007. 222—223. Psychopharmacology Berl. 176 1 : 1—29. の29 January 2012時点におけるアーカイブ。 Pharmacological Reports 68 1 : 56—61. February 2016. DrugBank. University of Alberta 2013年9月16日. 2014年8月8日閲覧。 Pubchem Compound. NCBI. 2014年10月16日閲覧。 ChemSpider. Royal Society of Chemistry. 2014年10月16日閲覧。 Brain Research. Brain Research Reviews 17 2 : 139—70. 1992. Engl. Med. 327 16 : 1109—14. 池ケ谷 賢次郎「茶の機能と衛生」『食品衛生学雑誌』第30巻第3号、1989年、 :、。 Greenway 2001-8. Obesity reviews : an official journal of the International Association for the Study of Obesity 2 3 : 199—211. 治療薬マニュアル2010 p. 385,• 治療薬マニュアル2016 p. 397,p. 407• 治療薬マニュアル2016 p. 455,p. 456• 治療薬マニュアル2016 p. 438• Orthomolecular Psychiatry 10 3 : 202—211. 1981. Journal of Alzheimer's Disease 20 Suppl 1: S85-94. 2010. "Caffeine does not usually affect performance in learning and memory tasks, although caffeine may occasionally have facilitatory or inhibitory effects on memory and learning. Caffeine facilitates learning in tasks in which information is presented passively; in tasks in which material is learned intentionally, caffeine has no effect. Caffeine facilitates performance in tasks involving working memory to a limited extent, but hinders performance in tasks that heavily depend on this, and caffeine appears to improve memory performance under suboptimal alertness. Most studies, however, found improvements in reaction time. The ingestion of caffeine does not seem to affect long-term memory. Its indirect action on arousal, mood and concentration contributes in large part to its cognitive enhancing properties. Ivan Vrcek, Omar Ozgur, Tanuj Nakra 2016. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 9 2 : 65—72. Sadick, Neil 2019. International Journal of Women's Dermatology 5 1 : 68—72. Turati, F. ; Pelucchi, C. ; Marzatico, F. ; et al 2014. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology 28 1 : 1—15. 2010年3月. 2010年11月8日閲覧。 Castellanos, F. ; Rapoport, J. 2002. Food and Chemical Toxicology 40 9 : 1235—1242. Levounis, Petros; Herron, Abigail J. 2014. American Psychiatric Pub. 2009年8月3日閲覧。 American College of Obstetricians and Gynecologists August 2010. Obstetrics and Gynecology 116 2 Pt 1 : 467—8. 中屋豊『よくわかる栄養学の基本としくみ』秀和システム、2009年6月、• 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、「」、2016年7月13日閲覧• 、2016年7月17日閲覧• 安藤健二 2015年12月21日. ハフィントンポスト. 2016年1月30日閲覧。 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』、2004年、625-626頁。 Caffeinedependence. org. 2012年5月25日閲覧。 Pharmacol. Rev. 51 1 : 83—133. 柴田護、鈴木則宏「」 pdf 『日本内科学会雑誌』第96巻第8号、2007年、 1634-1640頁、 :。 Matt Peckham 2013年5月31日. Time. 井上 雄一、林 光緒 編集 『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』 p. 46 - p. 48 朝倉書店 2011年1月25日発行• Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Penny Cameron Le Couteur、Jay Surreson 著、小林 力 翻訳 『スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質』 p. 267 中央公論新社 2011年11月25日発行• Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Medscape Multi-Drug Interaction Checker. 2012年1月5日閲覧。 高折修二、福田英臣、赤池昭紀、石井邦雄・監訳『グッドマン・ギルマン 薬理書〜薬物治療の基礎と臨床 〜(上巻)』第11版、廣川書店、2007年。 150, 151. 有吉範高、北田光一、「」『臨床薬理』 Vol. 34 2003 No. 4 P. 141-148• Mackay M, Tiplady B, Scholey AB April 2002. Human Psychopharmacology 17 3 : 151—6. Drug and Alcohol Dependence 63 2 : 123—9. July 2001. 11 3 : 228—36. August 2003. Clinical Pharmacokinetics 36 6 : 425—38. June 1999. Annual Review of Medicine 41: 277—88. 1990. American Family Physician 83 3 : 271—80. February 2011. Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Nutrition Action Health Newsletter. 1996年. 2007年6月14日時点のよりアーカイブ。 2009年8月3日閲覧。 2006年7月7日. 2009年8月3日閲覧。 Caffeine Informer. 2013年12月8日閲覧。 J Anal Toxicol 32 8 : 702—4. Elmwood Inn. 2012年1月12日閲覧。 水出しにした場合、抽出時間にもよるが、これよりずっと少なくなる "" 2015年11月16日閲覧。 Guayaki Yerba Mate. 2010年7月17日閲覧。 平成8年4月16日厚生省告示第120号• 中村洋、「」 『化学と教育』 2015年 63巻 12号 p. 588-591, :• (グリー・ニュース2010年10月19日)2012年5月19日閲覧• Weinberg, BA; BK Bealer 2001. The World of Caffeine. Routledge. Dictionary. com 2010年. 2010年7月10日閲覧。 Oudry M 1827. French. Mulder, G. 1838. Jobst, Carl 1838. Liebig's Annalen der Chemie und Pharmacie 25: 63—66. 参考文献 [ ]• , 関連項目 [ ]• - カフェインと構造が似ており、カフェインと同じくによって代謝される。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• (英語).

次の