年金担保融資 審査基準。 年金担保貸付制度の即日融資について

年金担保貸付制度の即日融資について

年金担保融資 審査基準

年金担保貸付事業の使途と内容 使用目的 具体的な使途 例 保健・医療• 疾病予防のための必要経費• ケガや病気の療養に必要な経費• 出産に必要な経費• その他の保健や医療に必要になる経費• 入院費、診療費、手術費、検査費、薬剤費• 通院、入院などに係る移動費• 医療用・健康用器具の購入費• 通院などに必要な自動車などの購入や修繕費 介護・福祉• 介護福祉サービスを利用する必要経費• 介護福祉に係る物品購入の必要経費• その他の介護福祉の必要経費• 介護施設の利用料• 介護福祉用具の購入費や設置費 住宅改修等• 住宅改修などの必要経費• 住宅や土地の購入に必要な経費• 引っ越しに必要な経費• 改築費、増築費• 住宅土地購入費(新築工事など)• 引越費用 教育• 教育や学習に必要になる経費• 入学金• 授業料(毎月払いは対象外)• 受験費用(移動経費も含む)• 学習教材費• 資格取得経費• 生涯学習経費 冠婚葬祭• 冠婚葬祭に必要な経費• 冠婚葬祭に係る費用と移動費• 墓地・墓石などの購入費• 納骨堂の設置改修費 事業維持• 生業(なりわい)を営む必要経費• 事業運転資金• 店舗などの内外装工事費• 設備・備品購入費や維持費• 事業車両の購入維持費• 事業に係る訴訟費用 債務等の一括整理• 債務などの返済に必要な経費• 滞納している家賃や光熱費の支払い• 滞納税金の納付• 保険料の納付• 消費者金融や親族・知人からの借金の一括返済 生活必需物品の購入• 生活に必要な「耐久消費財」の購入に必要な経費• 自動車購入費(修理代・車検代も含む)• 家電製品購入費• 家具・寝具購入費• 通院や診察に係る費用はもちろんですが、移動に必要になった経費まで融資の対象になっているので、安心して病気やケガを治療に専念できます。 特に、年金担保貸付事業で特徴的な使い道が 債務への返済費用にも利用出来ることです。 消費者金融や銀行カードローンで使用目的を聞かれた時に、借金の返済に使うことを伝えれば、間違いなくカードローン審査で落ちることになります。 さらに債務返済だけでなく、滞納している家賃や光熱費の支払いの費用として貸し付けてくれます。 耐久消費財はピンとこないかもしれませんが、比較的高額で耐久性がある商品の事で、自動車や家電などの商品になりますが、生活必需物品の購入になると限度額は最大80万円までの貸付となるので、とても高額な車などの購入は難しくなります。 年金担保は金利が非常に低く魅力的 公的な融資は金利が低いことが魅力で利用される方も多くいますが、年金担保貸付制度も「 年2. 8%」で他の銀行カードローンや消費者金融と比較しても、非常に低い金利になっています。 年金担保貸付制度とカードローンの比較 金利 限度額 年金担保貸付制度 年2. 8% 最大200万円 年2. 0%〜14. 0% 最大800万円 三井住友銀行 年4. 0%〜14. 5% 最大800万円 三菱UFJ銀行「バンクイック」 年1. 8%〜14. 6% 最大500万円 楽天銀行「スーパーローン」 年1. 9%〜14. 5% 最大800万円 年1. 59%〜14. 79% 最大1,200万円 年4. 5%〜17. 8% 最大500万円 年3. 0%〜18. 0% 最大800万円 年3. 0%〜18. 0% 最大800万円 年3. 0%〜18. 0% 最大800万円 銀行カードローンや消費者金融で下限金利だけをみると年2. 0%近くの金利になっている場合もありますが、下限金利で契約できるのは稀です。 初回の契約できる金利は上限金利の場合が多く、年金担保貸付制度の低い金利で契約できるのは、非常に難しいです。 年金担保貸付事業では、10万円の貸付を行った場合でも年2. 8%の金利が適用されるので、他のカードローンでは有り得ない金利と言えます。 年金担保貸付制度の申込対象者は年金受給者のみ 年金を担保に入れる必要があるので、 必ず現在年金を受給していることが絶対条件になります。 年金受給者が 年金を受け取る権利を独立行政法人に渡すことで融資してもらうのが大まかな流れになります。 年金を受け取っていることを証明する書類として「年金証書」も合わせて福祉医療機構に預ける必要があります。 申請が断られる理由• 生活保護受給中である• 年金担保貸付を利用中に生活保護を受給し、生活保護廃止後5年間が経過していない• 使い道が投機性が高い若しくは公序良俗に反する• 借入申込者の利益に反する• 年金支給が全額停止されている• 同一年金で借入残高がある• 現状届や定期報告書が未提出または提出遅延• 特別支給の老齢厚生年金を受給している人で65歳時の年金手続き期間中の場合• 反社的勢力の人や関係を持っている人または同様の行為をする人 年金と生活保護は同時に受給できるケースがありますが、 生活保護を受け取っている人はお金に困っていても年金担保貸付制度は利用できません。 1つでも当てはまると申込できないので絶対に確認してから申し込むようにしてください。 連帯保証人を立てる必要があるのか? 「年金を担保にするから連帯保証人は必要ないでしょ?」と思う人もいるはずです。 カードローンの融資では担保も必要なく保証人も立てる必要はありません。 しかし、 年金担保貸付制度では担保以外にも連帯保証人を1人立てる必要があります。 連帯保証人(審査基準あり)が必要となります。 なお、連帯保証人をたてる以外に信用保証機関による、信用保証制度(保証料が必要)を利用する方法も有ります(公益財団法人年金融資福祉サービス協会が保証します。 引用元: 「融資のあらまし」に書いてある通り、連帯保証人は必要であると明記されています。 さらに、連帯保証人にも審査基準があるので、保証人として審査基準を満たしていない場合は認められません。 連帯保証人になる条件• 3等親以内の親族• 年齢が70歳未満• 申込者と同じ都道府県内に居住している• 一定額以上の年収がある 急に3等親の親族と言われても分かりくいですが、下の画像の範囲内がすべて3等親の家系図になります。 赤い範囲内にある「両家の父母」や「子どもの配偶者」までが1親等です。 3親等までになると「叔父叔母の配偶者」や「甥っ子や姪っ子の配偶者」までなのでかなり広範囲になります。 申込者本人が年金を貰っている年齢なので、 70歳未満の条件があるので「兄弟姉妹」や「子や孫」の下の世代に連帯保証人をお願いする必要があります。 年齢に当てはまる条件から同じ地域に住んでいて、年収も一定以上ある親族を連帯保証人に立てる必要があります。 福祉医療機構が年金から返済金額を天引きします。 残りの金額が指定口座に入金されます。 年金担保貸付制度の申込は簡単で、借入申込書は公式サイトからダウンロードして記述するのではなく、代理店になっている金融機関に置いているので、出向いてから書くようにしてくだだい。 審査基準は厳しいのか? 申し込むのは簡単ですが審査が厳しいと申し込むのは嫌になりますよね。 しかし、年金担保貸付制度の審査はそれほど厳しくなくて、利用できない人の条件に当てはまらず変な使い道を希望しなければ、断られることはありません。 福祉医療機構は年金受給者の年金から返済額を天引きすれば良いだけなので、返済が滞りにくいので審査は比較的通りやすくなっています。 審査は時間がかかり融資まで最低4週間は必要になる 消費者金融は即日融資は出来ますが、 年金担保貸付制度は審査は長く融資が受けられるまで最低4週間程度は必要です。 公式サイトの質問集にも融資までの時間の回答があります。 借入金を受け取るまでに、どのくらいの期間がかかりますか。 お申込み締切日からご融資日までの期間は、概ね4週間程度です。 「お申込み締切日」「ご融資日(予定)」について、ご融資のスケジュールを「」のページに掲載していますのでご確認ください。 引用元: 早く申し込んでも早く借りれるわけではなく、 申込受付期間と融資開始日はセットで予め決められています。 例えば、3月30日~4月12日までが申込受付期間で、その受付期間の融資開始予定日が5月17日となります。 申込最終日より約4週間程度で融資されるので、3月30日に申し込む人と4月12日申し込む人では借りられる日は変わりません。 年金担保貸付制度を申し込む時の必要書類 必要書類• 借入申込書• 各年金証書• 支給額を証明するもの• 本人確認書類• 印鑑証明書• 資金使途の確認書類 借入申込書は金融機関に置いている書類で、年金証書は自宅に保管しているはずです。 この2点以外が新たに用意しなければダメな書類です。 支給額を証明する書類になるのは「 年金振込通知書」「 年金額改定通知書」「 年金決定通知書」などがあります。 年金証書は大切な書類になっているので、絶対に保管して行かなければいけませんが、もし無くした場合は「日本年金機構」で再交付も出来ます。 () 本人確認書類は「 顔写真が載っている書類」なので運転免許証やマイナンバーカードやパスポートなどがあり、各種健康保険証では不十分な書類なので注意してください。 あと、使い道を証明しなければ審査に通らないので物を買うのであれば見積書や請求書を併せて提出する事になっています。 令和4年(西暦2022年)3月末で年金担保貸付制度は廃止される 残念なことに年金担保貸付制度は令和4年3月末日で申し込みの受付を終了してしまうことが決まっています。 年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定され、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたる制度の見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきましたが、厚生労働省から「令和4年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されました。 引用元: 平成22年と言うと民主党時代の事業仕分けの時に廃止方向で閣議決定した制度になっています。 限度額の縮小や金利が上昇したりしましたが、期限までは申込受付しています。 令和4年3月時点で借入残高が残っていても一括返済を求められることはないので安心してください。 廃止後の代替策は「生活福祉資金貸付制度」を利用する 年金を担保として借りられる制度は廃止になってしまうと、高齢者でお金に困っている低所得者世帯は借り入れが出来なくなってしまいます。 しかし、年金を担保に入れなくてもお金が借りられる「 生活福祉資金貸付制度」があるので、 65歳以上の高齢者世帯でも融資が受けられます。 生活再建を目指す「 総合支援資金」や緊急性が必要な「 緊急小口資金」であれば自立相談支援機関に相談し、他の 「福祉費」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」でお金を借りる場合は市区町村の社会福祉協議会が窓口になっています。 生活福祉資金貸付制度は 連帯保証人を付ければ無利子で借りれて、連帯保証人が付けられなくても「 年1. 5%」の非常に低い金利で融資を受けられるのが最大のメリットです。 年金担保貸付制度より審査基準は厳しいですが、高齢者が無利子や低金利で借りられる融資は少ないので、どうしてもお金に困っているのであれば申込を検討すると良いでしょう。 「生活福祉資金貸付制度って知っていますか?」 「お金を借りる」をイメージすると消費者金融や銀行カードローンを思い浮かべますが、キャッシング以外でもお金を借りられる制度があります。 消費者金融などで借り入れ出来ない人が対象 … 返済が困難なら給付される「生活保護制度」を検討しよう 「年金額が少ない」 「そもそも年金支給を受けていない」 「生活福祉資金貸付制度が落ちた」 上のような声を聞く機会もあり、国や自治体の融資制度でも借りたお金は返さなければいけませんが返済が困難と判断される高齢者もいます。 それでもお金を工面しなければ生活が困窮してしまう場合は「生活保護制度」を検討するもの1つの案です。 生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。 引用元: 生活保護制度は給付型なので返済する必要ありませんが、今後の自立に向けて生活再建をしていく必要はあります。 年金と生活保護費の両方を受け取るのは可能なので、 年金支給額が少なければ足りない最低生活費の金額まで保護費で賄うことが出来ます。 気を付けることは貸付条件にもあったように、年金担保貸付制度や生活福祉資金貸付制度は 生活保護制度と一緒に利用できないので注意してください。 年金受給者でもお金を借りられる方法とは? 年金だけが収入源でお金を借りるのは、民間金融機関ではかなり厳しく、ほとんどが融資を断っています。 年金を担保として利用できるのは、このページで解説している「年金担保貸付制度」以外に「労災年金担保貸付制度」と日本政策金融公庫の「恩給・共済年金担保貸付制度」しかありません。 年金以外の収入源があれば消費者金融で即日融資で借りられる 年金以外の収入源がある高齢者であれば、消費者金融で即日融資が受けられます。 収入源は短期収入ではなく「安定した収入」が条件になります。 年金受給者であっても、カードローンを申し込んでお金を借りることは出来ますが、契約できるカードローンは限られています。 年金受給者は受給される年齢を60歳から貰うように早めている方もいますし、逆に受給される年齢を遅くして月 … 年金担保を斡旋する業者や偽装質屋に気を付けて まずは、何度も出てきた「年金は担保として認めていない」というのは法律で決められています。 給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない。 引用元: 保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない。 引用元: 「国民年金法」「厚生年金保険法」ともに同内容の法律が書かれており、独立行政法人 福祉医療機構と日本政策金融公庫の2つ以外の民間金融機関では担保は出来ないようになっています。 しかし、 福祉医療機構や日本政策金融公庫でも審査はあり必ず借りれるわけではないです。 上のような審査に落ちた高齢者を狙って「 年金を担保に貸付」「 立て替えて融資出来ます」と誘い、手数料をだまし取る悪徳業者がいます。 高齢者でお金を工面する時に質屋で金品を質に入れるケースはよくあり、健全な質屋は有効な手段です。 しかし、価値のない品でも質入れして、さらに年金担保も合わせて取り、高金利でお金を貸す「 偽装質屋」があります。 実際に摘発されている事例もあるので、年金担保で簡単に借りれるという誘いには絶対にのらない様にしてください。

次の

生活福祉資金貸付制度でお金を借りるには?借り方と審査のまとめ

年金担保融資 審査基準

年金を担保に貸付を行っている公的な組織は、 「独立行政法人福祉医療機構」と 「日本政策金融公庫 」の2つがあります。 これ以外の組織・団体・企業で年金を担保に融資している所は、怪しい金融業者ではないか良く調べてから借りるようにしましょう。 年金担保貸付制度 窓口 () 貸付条件 国民年金、厚生年金などを受給している人 貸付限度額• 10万円~200万円(1万円単位)• 受給している年金額の0. 8倍以内• 1回あたりの返済額の15倍以内 金利 1. 8%(平成27年4月1日現在) 返済方法 年金を機構が受け取り、定額返済額を返済に充当し、残りの額を口座振込みされる 連帯保証人 必要 融資までの期間 申込みから融資まで概ね3週間 元々サラリーマンや個人事業主などで、申込時点で厚生年金や国民年金を受け取っている人が対象になります。 連帯保証人が必要になることや、金利がかかることを考えると、 よりも条件が厳しいですが、年金受給者でまとまった金額が必要な場合に役立ちます。 申込みに必要な書類• 借入申込書• 年金証書• 現在の年金支給額を証明する書類• 実印・印鑑証明書• 本人確認書類(写真付きの証明書)• 生活資金には使えないので注意しましょう。 追加融資は受けられる? 借入金を全額返済しないと追加融資は受けられません。 年金担保貸付はいつまで利用できますか? 令和4年3月末で申込受付を終了します。 令和4年3月までに借りたお金は、事前に決められている返済期間内に返済すればOKです。 令和4年3月末で一括返済を求められるわけではありません。 恩給・共済年金融資で融資を受ける 恩給・共済年金融資 窓口 () 貸付条件 恩給、共済年金・厚生年金(共済組合が支給する厚生年金に限る。 )を受給している方 貸付限度額• 250万円以内 (資金の使い道が生活資金の場合は100万円)• 恩給や共済年金などの3年分以内 金利 年0. 45%(恩給) 年1. 年金担保貸付制度も恩給・共済年金融資も、借り入れを行うと、支給される年金は機構や公庫が受け取ることになります。 今までどおり年金を受け取り、自分で返済していく形ではありません。 返済が終わるまでは、自分で年金を受け取ることができなくなるので注意しましょう。 追加融資は受けられる? 追加融資は受けられません。 平成31年1月4日で追加融資の取扱が終了しました。 年金担保貸付はいつまで利用できますか? 現在のところ制度の停止などは発表されていません。 年金受給者がカードローンで借りたい場合 ただ、年金受給者の場合、年齢的な問題と収入の問題でカードローンの審査に通るのが難しくなります。 カードローンの申込条件に「20歳~65歳まで」といった年齢条件が付いています。 はありますが、年金収入のみで利用できるところは少ないです。 銀行 年齢条件 年金のみ 三井住友銀行 20歳以上69歳以下 不可 auじぶん銀行 20歳以上70歳未満 不可 ジャパンネット銀行 20歳以上70歳未満 不可 オリックス銀行 20歳以上69歳未満 不可 三菱UFJ銀行 20歳以上65歳未満 可能 イオン銀行 20歳以上65歳未満 不可 楽天銀行 20歳以上62歳以下 可能 住信SBIネット銀行 20歳以上60歳以下 不可 りそな銀行 20歳以上66歳未満 — メガバンクでは三菱UFJ銀行が年金収入のみでも利用できますが、年齢制限が厳しくなっています。 年齢制限が65歳以上の銀行は、年金収入のみでは申込みできないことが多いです。 基本的には60歳以上でも現役で働いている人が対象ということなのでしょう。 年金収入も安定収入と言えますが、「年金受給者は年金以外の収入が必要」といったような注意書きが付いていることがあります。 消費者金融系カードローンは年金収入のみでは申込みできない所が多いです。 一部の銀行カードローンでは年金収入のみでOKとなっています。 収入が年金のみですが申し込みできますか? A. お申し込みいただけます。 原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。 年金収入のみでも申し込みできると書かれているので、バンクイックであれば年金受給者でも安心して申し込めます。 ただし、年齢条件が65歳未満となっているので、65歳以上の方は申込みができません。 65歳未満で年金を受け取っている人は働いている人も多いと思います。 64歳以下で年金収入のみで生活している人がどれだけいるのかわかりませんが、該当する人はバンクイックがおすすめです。 年金以外の収入がある人は消費者金融 消費者金融 年齢条件 年金のみ ジェイスコア 20歳以上70歳以下 可 20歳以上70歳以下 不可 20歳以上69歳以下 不可 20歳以上69歳以下 不可 20歳以上69歳以下 不可 20歳以上 69歳以下 不可 ノーローン 20歳以上69歳以下 不可 消費者金融は69歳や70歳まで借りることができます。 しかし、年金収入のみの人の申込みは受け付けていないため、バイトなどの副収入が必要になります。 70歳以下の働いている人で即日融資を希望する人は、消費者金融系カードローンを利用しましょう。 Score(ジェイスコア)は70歳OK みずほ銀行とソフトバンクの共同出資で創られた新しい消費者金融「J. Score(ジェイスコア)」は、年齢制限が満20歳以上満70歳以下となっています。 年金収入のみでも借り入れが可能で、公式サイトのFAQにも書かれています。 収入が年金のみなのですが申込みできますか? 収入が年金のみの方でも、一定の安定した収入がある場合は、お申込みできます。 なお、年齢制限がございますので、ご留意ください。 70歳で消費者金融から借りたい人は、レイクALSAとJ. Score(ジェイスコア)が候補になります。

次の

生活福祉資金貸付制度でお金を借りるには?借り方と審査のまとめ

年金担保融資 審査基準

障害厚生年金1級 月額平均158,000円• 障害厚生年金2級 月額平均120,000円• 障害厚生年金3級 月額平均59,000円• 障害基礎年金1級 月額平均81,000円• 障害基礎年金2級 月額平均66,000円 受給者増加で減額・支給停止の対象者が多くなった 障害年金の受給額が少なくなった原因のひとつに、精神障害や知的障害による受給者が増えていることが挙げられます。 厚生労働省の「」をみると、2003年度から10年間で国民年金は計340,635人も増加、さらに厚生年金保険は計56,506人になっています。 障害年金受給者の増加に伴い、2015年に年金の新方針が導入されて障害認定基準(更新の審査)が厳しくなっています。 たとえば障害基礎年金の障害等級が1級から2級にされるなど、障害年金の支給減額や支給停止が全国レベルで促されています。 国の予算が限られているとはいえ、症状が変わらないのに突然支給減額をされたら困惑する人も多いのではないでしょうか。 カードローンは、働いていれば障害者年金者でも借りれる• 一般的な企業で仕事をしている• 共同作業所で月に数万円の収入を得ている• 短時間のパート収入がある うつ病などの精神障害により、体調面を考えてパートなどの短時間勤務で収入を得ている人も多いと思います。 このように福祉的就労・臨時・パートで、労働収入が少なくても継続した収入が見込めるのであればカードローンで借り入れできる可能性があります。 申し込みを検討されてはいかがでしょうか。 症状別の借入方法 一括りに障害といっても、身体障害・知的障害・精神障害によって日常生活のうえで難しいと感じるポイントが違ってくると思います。 たとえば外出が難しい場合は、スマホだけで契約ができる金融機関を選ぶなど、症状に合わせてカードローンの借入方法を選択することをおすすめします。 精神障害者 スマホ完結のできる借入先がおすすめ 知的障害者 オペレーターの電話で対応してもらう 身体障害者(視覚) オペレーターの電話で対応してもらう 身体障害者(聴覚・肢体不自由等) スマホ完結のできる借入先がおすすめ 金融機関の中には、スマホのみで契約が完了するカードローンもあります。 うつ病やパニック障害などで対人を苦手とする場合は、一歩も外出する必要のない「スマホ完結」ができるカードローンを利用されるといいでしょう。 また盲目で文字の入力が困難な場合は、直接電話連絡をすることで申し込みに対応してもらえる金融機関のカードローンを検討されてはいかがでしょうか。 金融機関以外の借入方法 年金担保融資制度を利用する 福祉医療機構の「」は、障害年金を担保にお金を借りられるという制度になります。 主に年金支給者を対象とした制度になりますが、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持っていれば、障害年金受給者でも利用することができます。 融資額は、受給している年金の年額を範囲内として、金利年1. ただ、融資実行までに3〜4週間以上かかったりと、融資までのスピードはあまり期待できません。 くわえて生活保護を受給中は融資が受けられないなど、貸付条件がやや厳しい印象があります。 生活福祉資金貸付制度を利用する 生活福祉資金貸付制度は、国から融資を受けられる制度になります。 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者も対象となりますので、障害年金受給者でもお金を借りられます。 生活福祉資金貸付制度は、なんといっても低金利で借り入れができるのが特徴で、連帯保証人を立てたなら無利子、連帯保証人を立てなかった場合でも金利年1. 先ほどの年金担保融資制度よりも低金利に借り入れができるため、こちらのほうが利便性が良いと思います。 生活福祉資金貸付制度を検討する場合は、下記を参考にしてください。 その他の金策方法 特別障害者手当を利用する 精神または身体に重度の障害があり、介護を必要とする場合は「」を受給できる可能性があります。 特別障害者手当は、月額26,810円を支給できますが、所得規制が設けられていますので収入が多いと受け取れない場合もあります。 申請をしていないと受給できない手当になりますので、該当する場合は各市区町村の窓口で申請手続きをするといいでしょう。 マル優制度を利用する 障害者手帳の交付を受けている場合は、マル優制度の対象になります。 マル優は、障害者手帳の交付を受けている、遺族年金を受給されているなどを対象として預貯金の元本350万円までの利子が非課税になる制度です。 たとえばゆうちょ銀行では、マル優を利用することができ、定期預金に大きなお金を預けてもその金額分の利息に対して税金がかからなくなります。 就労支援事業所を利用して働き口を見つける 就労支援事業所は、障害者を対象として職探しをサポートしてくれる事業団体です。 たとえば気分障害や統合失調症で働くのが難しい場合でも、障害を開示したうえで安定して働ける職場を提案してもらえます。 全国各地で相談会やセミナーが実施されていますので、まずは「働いてみる」という大きな一歩を踏み出してはいかがでしょうか。 無職の場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。 無職における金策方法を紹介しています。

次の